「PLAYSTATION 3」発売から2周年を迎えて


結局記念日にサプライズ発表はありませんでした。少し期待していたのですが、既に新型PS3の発売やアドホックパーティの運用が開始されたりしていますので贅沢と言うべきでしょうか。


PS3は私が本格的にゲームに復帰するきっかけになったハードです。普段は「ゲーム歴25年」なんて偉そうに言っていますが、実のところブランクは結構あります。PS3が発売される前に本腰を入れてプレイしたゲームと言えばFF12ぐらいですからね。

PS3が発売される前にXbox360を購入しました。初めてのHDゲーム機と言うこともあり、美麗なグラフィックに一定の満足感を得ることが出来ましたが、コントローラが手に合わないこと、本体やドライブが尋常ではない異音を発していたこと、当時使用していたDELLの小型PCと酷似した形でガッカリしたこと、電源ユニットの大きさに驚いたこと等々。まぁモノとしてプラスアルファの価値は無いハードでした。

PS3はどうでしょう。充電池内蔵で軽量なコントローラ、HDMI標準搭載、汎用HDD換装可能、曲面が美しい官能的なデザイン、静粛な本体・ドライブ等々。「日本が作り上げたエレクトロニクス機器」として所有する喜びを感じさせるアイテムだと感じました。

しかし、PS3の2年間は順風とは言えません。世界はともかく日本では未だに厳しい状況が続いています。特に日本のソフトハウスがHD機タイトルの開発に消極的だったのは計算違いでした。これは海外と違いコンシューマ畑のソフトハウスが多い事が原因でしょう。海外ソフトハウスはPC用ゲーム開発の歴史も古く、コンシューマ用高解像度ゲームの開発ノウハウは最初から持っています。現時点の欧州/北米における新作タイトルの殆どがHD用である事から考えても、日本のソフトハウスが何年も遅れているかが判るでしょう。

要するに欧州/北米ではPS2互換機能は殆ど必要とされていないのに対し、日本の場合はPS2互換を削除したことが大いに裏目に出てしまっています。このあたりワールドワイド戦略を考えると日本だけPS2互換機能復活、日本だけ値段を下げることは出来ない事が状況を更に難しくしています。

でも、日本における現況の打破に必要なのは「値下げ」でしょうか?「PS2互換」でしょうか?

私は「時間」と「我慢」なんだろうなぁと最近は考えています。SCEを中心としたソフト戦略はこのまま進め、日本国内のHD環境の普及に伴いジワジワと普及させていくしか無いでしょう。勿論節目節目で注目タイトルをリリースする事も大切です。ブルーレイも、PSPとの連動も、地道なソフト拡充も、全て進行させて土台を築き上げるしか無いでしょう。土台が固まっていない状況では値下げしても勢いは長続きしません。

やがて日本でもHDゲームが普通になり、任天堂もようやくHD対応ゲーム機を出してくる時代が来るでしょう。その頃、私は逆にゲーム以外の趣味に没頭しているかも知れません。しかしそれは更なる次世代機・PS4への期待を含めた大いなる助走に過ぎないと断言できます。

まぁ、今は目の前の「積みゲー」を何とかしないとねぇ~(笑)

       
 

「FIFA 09 ワールドクラス サッカー」いよいよ今週


「電撃オンライン」に今週発売の「FIFA 09 ワールドクラス サッカー」プレイレポートが掲載されています。ゲーム内容等に関する情報は今までも数多く記事にしましたので、既に欧州/北米では発売されている事も含めて「10vs10」のオンライン対戦について書きます。

電撃のレポートでは「10vs10」のオンラインは実に快適だったとあります。「あっという間に20人が集まった」とありますし、時差を考えると昼間にプレイしたものと思われます。このあたりは日本時間の夜になると欧州/北米ユーザは減る訳ですが、どちらにしてもサーバは北米のみに設置されている為にサーバの負担のバランスは取れているのかも知れません。

EA開発者インタビューでもオンラインレスポンスに対する工夫や改善には余念が無いようですし、「コンシューマ機初のオンライン10vs10対戦」を実現したサッカーゲームとして新たな一歩を踏み出したわけです。

しかし「FIFA」が着実に進化しているだけに、ライバルソフトも真っ向から勝負するためには来年版までに10vs10の実現は急務でしょう。まぁドラクエシリーズのように正当進化を避け、違う土俵で勝負する方向性もありますが・・・。日本国内のデベロッパはこれ以上逃げると競争力を取り戻す事は不可能だと思います。

公式サイト
FIFA 09

関連記事
[レビュー] 【FIFA 09】1人称サッカーの究極形!? 第1回はPS3版とXbox 360版をレポート
TGS2008レポート:「FIFA 09」開発者インタビュー


FIFA 09 ワールドクラスサッカー FIFA 09 ワールドクラスサッカー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

FIFA 09 ワールドクラスサッカー FIFA 09 ワールドクラスサッカー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

ゲーム関係の雑談 11/11


PS3発売から2周年を迎えました。この記事を書いているときはまだ10日ですが、明日は何かアナウンスや発表があれば嬉しいのですけどねぇ。


・「ガキの使い」TVCM
私が関東に引っ越して良かったなぁと感じているのは「ガキの使い」と「やりすぎコージー」がリアルタイムで視聴できることです。でも「やりすぎ」は秋から月曜ゴールデンに枠移動して関西でもリアルタイムになりました。あとはガキだけなんだけどなぁ。

さて、日テレ「ガキの使い」にMSのCMが入っているのは知っていましたので、今までは録画した番組をCMスキップして観るようにしていました。テレビ番組は気分良く観たいですからね。しかし、昨日はついついスキップを忘れてしまったタイミングでPS3の「目覚める」TVCMが流れていることに気づきました。

あれ、スポンサー変わったのかな?と思って早送りで確認したところ、MSのCMも別のスパンで流れていました。一つの番組に両ハードのCMが流れるのは結構面白いなと感じましたね。

改めて観るとPS3のCMは良くも悪くも「上品」、対する相手がスーパーの安売りセールのようなTVCMだけにもう少しインパクトが欲しいところです。

・フレンドが100人到達しました
気がつけばフレンドが100人に到達していたようです。多くの方にフレンド登録していただき、本当にありがとうございました。

次の上限解除はいつになるのでしょうか。Home等の大規模なオンラインの場が普及してくると100人のフレンド上限では厳しいと思いますので、早急に上限緩和して欲しいですね。

       
 

「Qore Episode 06」


先月号(EP5)から年間購読に切り替えた「Qore」ですが、EP6の入手方法に少し戸惑いました。まぁ公式の文章を読めば書いているのですが、年間購読の対象者は自動的にダウンロードリストに追加されるようになります。

さて、EP6に収録されているコンテンツは下記の通り

・PlayStation Home
・Qore’s Holiday Gaming Guide
・Japanamania!
・Need for Speed: Undercover
・Download Center

個人的に面白かったのは「Japanamania!」です。Veronica BelmontさんもTGS2008に取材に来られていたようです。収録されている動画は下記の通り。

・Otaku Nation! (秋葉原オタクレポート)
・Wanna Qosplay? (コスプレメドレー映像)
・Tokyo in Pictures (オフショット写真)
・Babes in Tokyo-land (TGS2008コンパニオン映像)

Veronica Belmontさんが担当するのは秋葉原オタクレポートのみで、残念?ながらコスプレは別の人(Audrey Cleoさん)が挑戦しています。
つーかゲームショウのレポート映像は無しなんですよね(笑)

オフショット写真でこのようなものを見つけました。
Qore
なんてことはないポストペットのモモキャップを被っている写真です。しかし彼女はポスペがDSに進出したことで我々PS3/PSPラバーにとって微妙な感じで受け止められていたことをご存じないだろう。

ダウンロードコンテンツは下記の通り

・MotorStorm: Pacific Rift theme.
・Calling All Cars (Full Game)

モタストのPS3テーマが配信されています。Calling All Carsは年間購読者のみのサービスのようで、フルゲームが入手できます。

Ms2_t

関連記事
PlayStation.Blog ≫ Qore Episode 06 Arrives Tomorrow
Sony PS3 Modding - Homebrew, Upgrades, Mods, and Hacks: Watch PSN Qore Episode 006 November 2008
PS3 News: Qore Episode 6 Features "In-World Tour" Of PlayStation Home

       
 

11月11日と言えば・・・


新型PS3も既に(10月30日)発売されていますので我々も忘れがちですが、11月11日はPS3発売から丸2周年の記念日になります。

2007年11月11日は日曜日にも関わらず「40GB版PS3」や「ラチェット&クランク」が発売され、記念日的な扱いだったのですが今年は現時点では何も予定されていません。

ちなみに昨年を振り返ってみると、40GB版の情報が発表されたのはTGS2007終了後でした。今年はTGS2008に新型を持ってきていますので、11/11には別の情報が用意されていると考えることも出来ます。ここはやはり「PS2互換機能」に期待したいところですねぇ。


記念日週の11月13日(木)には有力な新作PS3タイトル、そしてBestも2本が下記の通り発売されます。

【2008/11/13発売】
・ダービータイム オンライン
・RESISTANCE 2(レジスタンス 2)
・侍道3
・FIFA 09 ワールドクラスサッカー
・メジャーリーグベースボール 2K8

【PLAYSTATION 3 the Best】
・ブレイドストーム 百年戦争
・麻雀大会IV

多岐多様なソフトが発売されますが、ジャンルが重複していないので様々なユーザの期待に応えるタイトル群だと思います。その中でも「RESISTANCE 2」「FIFA 09 ワールドクラスサッカー」を待ち望んでいたゲームファンは多いでしょうし、「侍道3」も従来シリーズファンからの支持が期待出来ます。

私は以前から書き続けているように「FIFA 09 ワールドクラスサッカー」を購入します。どうやら発売日はテンションフォルテッシモで迎える可能性が濃厚になりましたし、来期の「FIFA 10」ACLモードに期待したいところだったりします。


RESISTANCE 2(レジスタンス 2) RESISTANCE 2(レジスタンス 2)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
侍道3 侍道3


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
メジャーリーグベースボール 2K8 メジャーリーグベースボール 2K8


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
FIFA 09 ワールドクラスサッカー FIFA 09 ワールドクラスサッカー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ダービータイム オンライン(オンライン専用ソフト) ダービータイム オンライン(オンライン専用ソフト)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ブレイドストーム 百年戦争 PLAYSTATION 3 the Best ブレイドストーム 百年戦争 PLAYSTATION 3 the Best


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
KOEI The Best 麻雀大会IV KOEI The Best 麻雀大会IV


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「QUANTUM THEORY(仮)」 11/9


TGS2008で発表されたテクモの「QUANTUM THEORY(仮)」に関する情報が4Gamer.netに掲載されています。まずは美麗なスクリーンショットをどうぞ。

Qt1

開発の進捗も気になっていたところですが、現時点では10%程度との事です。プロデューサーの菊地氏やディレクターの柴田氏が所属する「Team TACHYON」が開発を担当されるようですから、今年12月に発売されるSD機用の「アルゴスの戦士」がロールアウトされてからの本格始動になるのでしょう。

テクモはMSのコバンザメ状態だった板垣某が抜けた事により、ようやく健全な方向に向かいつつあると感じました。「NINJA GAIDEN ∑」を開発した早矢仕氏もPS3の能力に対して前向きであったり、安易なマルチ開発に対する危険性もコメントしていますしね。

パブリッシャとしてのテクモの方針までは不明ですが、「QUANTUM THEORY(仮)」はハードの性能を活かしたPS3専用タイトルとして期待出来るかも知れません。確かにTPSは世界的な激戦ジャンルですが、そこに「日本デベロッパのセンス」と「ドラマティックなシナリオ」と「PS3の性能」が相乗されれば世界市場でも輝きを放つことが出来るでしょう。

よく考えれば、MGS4はその3要素に「人気フランチャイズの最終章」が更に相乗されている訳です。そりゃ世界的な大ヒットを記録するのも当然ですよね。

関連記事
4Gamer.net ― テクモならでは,日本ならではの新しいガンシューティングを目指す「QUANTUM THEORY(仮)」とは?(QUANTUM THEORY)

4Gamer.net ― [TGS 2008#028]テクモのプレスカンファレンスにて,PS3用の新作TPS「QUANTUM THEORY」(仮)などが登場(QUANTUM THEORY)

       
 

お知らせ


PS/PS3関連の最新情報は「PS+3DS デイリーニュース」をどうぞ。

題字制作:毛筆・ロゴデザインの"あんず書道教室" 

       
 

「白騎士物語-古の鼓動-」公式サイト更新 11/8


「白騎士物語-古の鼓動-」の公式サイトが更新されました。黒騎士のドレギアス役は大塚芳忠さんでしたね。ヤザンやデネブのイメージしか無かったのですが、公式のサンプルボイスを聴くと渋くて良い感じです。やっぱし「変身」は言わないとアカンのね(笑)

私は黒騎士のネーミングだけで速水奨さんの二枚目声が浮かんでしまいましたが、ベテラン戦士と考えれば設定的にも無理はありません。オッサンキャラは必要ですよ。

しかし、主人公達を序盤から執拗に追い詰める敵役キャラは途中降板が多いんだよなぁ。もしくは仲間フラグとか・・・父親でしたとか。

公式
白騎士物語-古の鼓動-

関連記事
『白騎士物語-古の鼓動-』3つの新情報が判明 - ファミ通.com


白騎士物語 -古の鼓動- 特典 LEVEL-5×PlayStation スペシャルサウンドトラックCD付き 白騎士物語 -古の鼓動- 特典 LEVEL-5×PlayStation スペシャルサウンドトラックCD付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「モーターストーム自動車学校」第1話


気がつけば発売まで2週間に迫ってきた「MotorStorm2(モーターストーム2)」公式サイトに怪しげなスペシャルムービーが公開されています。

モーターストーム自動車学校

「モーターストーム自動車学校」と銘打たれた全6回×7分の壮大なスペシャルムービーの第1回目は・・・「むちゃくちゃ」です。いや私は笑いましたけどね、好きなノリでしたので。

ただまぁ、一般層にどれだけアピール出来るのかは疑問ですが、元々マニア向けのゲームと考えれば妥当な落としどころなんでしょうか。個人的にはモタスト/モタスト2のゲームとしてのポテンシャルはマニア向けに終わらせるには勿体ないと思うのですけどねぇ。

でも、最近は何となくですがSCEJの良い意味で馬鹿馬鹿しいノリが少しずつ戻りつつあるような気もしています。勿論これがPS3の売り上げに直結するわけではありませんが、素人目にも明らかに迷走していると感じられた時期は脱したのかも知れません。

ちなみに「モーターストーム自動車学校」は11月7日の第1回から1週ごとに配信され、12月12日が最終回となります。明らかにやる気のない受講生とインストラクターとの間に和解の道は開かれるのでしょうか?そしてメディア対抗戦の結果も気になります。

とりあえず「あおって なぐって ぶっちぎる」がこれからのモットーのようです。

Ms2_j

この服は少し欲しいね

モーターストーム自動車学校

MotorStorm2(モーターストーム2)

関連記事
SCEJ、PS3「Motor Storm 2」新情報を公開。動画ブログ「モーターストーム自動車学校」開校


モーターストーム 2モーターストーム 2


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

ブルーレイ新作情報 11/8


ブルーレイの新作が色々と発表されています。

・バンダイビジュアル「交響詩篇エウレカセブン」 2009/3/27
DVDは50話をDVD14枚組に収録して52500円、ブルーレイ版は25話をBD5枚組で36750円(BOX1)。枚数こそ全話で4枚少なくなるものの、値段は相当割高になります。BD用に制作したHDマスター映像の画質次第でしょうね。

・VAP「20世紀少年 <第1章>」2009/1/28
出し惜しみのバンビに慣れてしまった為か、いきなりカリオストロの城を持ってきたVAPに驚いたのは私だけではないでしょう。今度は「20世紀少年 <第1章>」をDVD/BDの同時発売する事を発表しました。発売日は2009年1月28日になりますので、第2章公開直前になります。邦画もBD/DVDの同時発売が主流になれば嬉しいですね。特に購買力のある女性層向けの映画やドラマのBD化には期待しています。

・「サザンオールスターズ『真夏の大感謝祭』30周年記念 LIVE」2008/12/17
サザン初のBDタイトルになります。なんと言っても3時間30分がBD1枚に納めているのが素晴らしい。勿論、画質や音質では比較にならないうえに、ディスクチェンジ不要なのですからメリットは大きいですね。私も25年前のクイーンライブのBD版を所有していますが、ライブ映像特有のノイズも感じない良好な画質でした。


しかし、ワーナーショックが2008年の1月5日、東芝のHD DVD撤退が2008年2月だと言うのが未だに信じられませんね。私の記憶の中では既にDCCやVHDと同じ位置づけだったりしますし。

関連記事
「交響詩篇エウレカセブン」がBlu-ray/DVD-BOX化

VAP、「20世紀少年 <第1章>」を早くもBlu-ray化

サザン初のBlu-ray Discが12月発売。30周年ライブを収録


20世紀少年 第1章 終わりの始まり (Blu-ray) 20世紀少年 第1章 終わりの始まり (Blu-ray)
唐沢寿明, 豊川悦司, 常盤貴子, 香川照之, 堤 幸彦


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ルパン三世「カリオストロの城」 (Blu-ray) ルパン三世「カリオストロの城」 (Blu-ray)
山田康雄, 増山江威子, 小林清志, 井上真樹夫, 宮崎駿


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「白騎士物語ティザー篇」TVCM 11/7


毎日のように「白騎士物語 -古の鼓動-」関係の記事が書ける事は実に喜ばしいことです。今回は「ティザー篇」TVCMが公開されていますので紹介いたします。

公式「白騎士物語ティザー篇」

最近のSCEJは発売1週間前ぐらいに申し訳程度TVCMを流すパターンが多いだけに、1ヶ月半以上も先に発売されるソフトのTVCMを流すことは極めて異例です。しかもティザー篇との事ですので、更なるCM展開も期待出来ます。

珍しくファミ通も協力的ですし、年末の発売まで良いムードで引っ張っていって欲しいものです。


動画が続きますが、昨日紹介した「あなただけのレベルファイブツアー映像」を見つけましたので、TGS2008に行けなかった人はどうぞ。

公式サイト
白騎士物語-古の鼓動-


白騎士物語 -古の鼓動- 特典 LEVEL-5×PlayStation スペシャルサウンドトラックCD付き白騎士物語 -古の鼓動- 特典 LEVEL-5×PlayStation スペシャルサウンドトラックCD付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「NARUTO -ナルト- ナルティメットストーム」発売日決定


「NARUTO -ナルト- ナルティメットストーム」の発売日が2009年1月15日に決定しました。

北米では既に発売されました。北米PSNの体験版でもあらかじめ日本語吹き替えが収録されていたりしますので、日本で2ヶ月以上遅れて発売される理由は不明です。バンナムだけに何らかの健全ではない意図があるのかも知れません。

私は「NARUTO -ナルト- ナルティメットストーム」はサイバーコネクトツーのタイトルと考えております。むしろバンナムは版権だけの立場だからこそ、これだけレベルの高いPS3専用ソフトに仕上がったのでしょう。

発売時期も年末商戦こそは外れましたが、現時点で判明している年明けのラインナップは海外タイトルが大半ですので日本人向けタイトルの強みも発揮できます。方向性が全く見えないバンナムの目を覚ますような国内外の売り上げを期待したいものです。

なお、日本版パックショットも公開されていますが、私は北米版パッケージの方が少年漫画っぽくて気に入っています。

Naruto_us北米版

Naruto_jp日本版

公式サイト
NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム

関連記事
4Gamer.net ― 人気の忍道対戦アクションがPS3で登場!「NARUTO -ナルト- ナルティメットストーム」今冬発売予定(NARUTO -ナルト- ナルティメットストーム)

バンダイナムコ、NARUTO、遂にPS3に登場!! PS3「NARUTO‐ナルト‐ ナルティメットストーム」

超美麗グラフィックで忍者アクション 『NARUTO -ナルト- ナルティメットストーム』


NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

ブログリストを追加しました


現時点ではテスト運用ですが、ブログリストを追加しました。リンクサイト様の更新情報がチェックできますのでご活用下さい。

ただ、全体的にサイトが重くなってしまいましたので、ブログリスト等は新設サイト(PS中心のニュースサイト)への移行も考えております。まぁ更新する時間や気力があるかどうかが問題なのですが。

       
 

「白騎士物語-古の鼓動-」TGS2008特典スペシャル動画 11/6


当初は10月31日から配信予定だった、白騎士物語-古の鼓動- 「あなただけのレベルファイブツアー映像」がようやく公開されました。

15分の映像のうち、最初5分はレベルファイルの社屋案内映像で「おいおい、これで終わるのでは無いだろうな・・・」と思っていたのですが、その後は実機映像と日野氏のコメントがたっぷりと収録されており、なかなか見所の多い映像でした。まぁ最初の5分も案内役の女性が可愛らしかったので許せるのですが(笑)一人卓球は少し笑ってしまった。

バトル関連の映像はTGS2008の頃から数多く見ておりますが、オンラインRPGの経験があればすぐに馴染めそうなシステムです。映像を見ていると敵キャラがプレイヤーのターゲットを外す特殊攻撃を出しています、シビアな戦闘時なら確実に舌打ちをしてしまうシーンですね(笑)

こうやって映像を見ていると、お人形キャラが目立ってしまうストーリーモードよりも、オンラインモードにハマってしまいそうです。オートマッチングによるパーティ編成も実装されるようですので、野良でササッとパーティを組めるのは嬉しいですね。また、「白騎士物語」が発売される時期(12/25)にはオープンベータが開始しているであろう「PlayStation Home」上でパーティを募って「白騎士物語」を起動なんて事も実現されるでしょう。

7mの白騎士と人間キャラが共闘するシーンも見所です。実機映像の白騎士はダイナミックで文句なしの迫力ですが、人間キャラも十分に存在感を保って表現されています。確かに画面の収まりも良いですし、日野氏が自慢するだけあってよく考えられたサイズだと思います。でも7mってちょうどオーラバトラーのサイズと同じなんだよなぁ(笑)

「白騎士物語」への期待は高まるばかりです。

公式サイト
白騎士物語-古の鼓動- 「あなただけのレベルファイブツアー映像」スペシャルサイト

白騎士物語-古の鼓動-

関連記事
『白騎士物語 -古の鼓動-』物語の鍵を握る重要人物 - ファミ通.com


白騎士物語 -古の鼓動- 特典 LEVEL-5×PlayStation スペシャルサウンドトラックCD付き 白騎士物語 -古の鼓動- 特典 LEVEL-5×PlayStation スペシャルサウンドトラックCD付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「トロステ24時間マラソン」が開催


本来であれば書きたい記事は山のようにあった訳なんですが、結局仕上がったのは2つだけです。

それもこれもガンバ大阪が悪いのです。1st-LEGで3-0なんて圧勝でACLチャンピオンに王手をかけてしまったものですからさぁ大変。来年のユニはどの選手にしようか・・・とか、12月18日のクラブワールドカップのチケットはいつから発売されるのか?いやいや11月12日のオーストラリア行きのアウェイツアーに申し込もうか、いや今からパスポート取得は無理だろう・・・断念とか。


思いっきり話が逸れそうですが、踏みとどまります。
クラブワールドカップの一般チケット販売は11月15日の朝10時からで、実はその日の昼12時から「トロステ24時間マラソン」が開催されるのです。はい、無理矢理ですね、すいません。

普段は1日1回配信されるコンテンツがこの期間は1時間置きに配信されるという「マラソン企画」ですが、まぁ事前収録したものをタイマー配信するだけ・・・いや何でもありません。

現時点で判明しているゲストは下記の通り

・上田文人(株式会社SCE)
・崎元仁(有限会社ベイシスケイプ)
・高橋名人(株式会社ハドソン)
・名越稔洋(株式会社セガ)
・三宅大輔
・浜村弘一(株式会社エンターブレイン)
・平井一夫(株式会社SCE)
・日野晃博(株式会社レベルファイブ)
・広井王子(株式会社レッド・エンタテインメント)

あの、三宅大輔さんって誰なんでしょうか?wikiで調べてもプロ野球監督(故人)しか出てこないですし。まぁ上田氏は意外でしたが、ICO新作の情報でも語ってくれるのでしょうか?期待はしませんが。

とりあえず場違いに感じるのが「高橋名人」「広井王子」です。現時点ではPS3には全く関係のない人ですので、ただの宣伝目的で登場するのならば勘弁して欲しいですね。高橋名人は「ボンバーマンウルトラ」の情報が最低限、広井王子は「サクラ大戦」新作がPS3専用で開発されている!ぐらいのインパクトがない限りは居場所がないでしょう。

小島監督とスクエニ野村氏はサプライズで登場して欲しいですね。

公式情報
まいにちいっしょ2周年企画「トロステ24時間マラソン」

関連記事
トロ&クロ、24時間マラソンに挑戦――「まいにちいっしょ」サービス開始2周年企画 - ITmedia +D Games

SCEJ、PS3「まいにちいっしょ」サービス開始2周年記念「トロステ24時間マラソン」開催

走りきるのニャ! 「トロステ24時間マラソン」を来週末に実施!!

       
 

「トゥームレイダー:アンダーワールド」発売日決定


「TOMB RAIDER: UNDERWORLD」の発売日が2009年1月29日に決定しました。ちなみに北米では11月18日に発売されます。PS3初のトゥームレイダーの出来映えにも注目ですね。スクリーンショットとゲームプレイ動画を張っておきます。

Tombraiderunderworld200810220533445

1週間前の1月22日には「プリンスオブペルシャ」PS3版も発売されますし、2009年は年明けから期待大の洋ゲーラッシュになりそうです。日本においてもタイトルやソフトハウスの実績は比較的周知されているソフト群です、「世界は既にHDゲームが標準」である事が少しずつでも日本に浸透していけば良いのですが。

1月15日 レースドライバーグリッド
1月22日 プリンスオブペルシャ
1月29日 トゥームレイダー:アンダーワールド

しかし、うーん「ボーン・コンスピラシー」が発売中止になったのが実に残念・・・。

スパイク公式
Tomb Raider: Underworld -トゥームレイダー アンダーワールド-

関連記事
4Gamer.net ― Xbox 360/PS3「TOMB RAIDER: UNDERWORLD」,2009年1月29日に発売決定(TOMB RAIDER: UNDERWROLD)

PS3/Xbox 360「TOMB RAIDER: UNDERWORLD」発売日決定! - GameSpot Japan

プレイステーション 3/Xbox 360版「TOMB RAIDER:UNDERWORLD」の発売日決定 - ITmedia +D Games

       
 

ブルーレイ版「世界遺産」新ラインナップ 11/5


TBS「世界遺産」シリーズの新たなブルーレイ版タイトルが明らかになりました。
ともに12月17日に発売が予定されています。

・世界遺産 日本編 -屋久島Ⅰ/Ⅱ
・世界遺産 フランス編 -パリのセーヌ河岸/モン・サン・ミッシェルとその湾-

「世界遺産の癒し」シリーズとは違い、こちらはTV放送版をそのまま収録しております。私も中国編を購入しておりますが、映像は1080iのAVC収録でビットレートは20~30Mbpsと言ったところです。当時の放送映像は所有しておりませんので比較できませんが、ノイズや破綻は特に感じません。


余談ですが、映画タイトルとかでは数本購入したら1本サービスとか有りますよね。最近ではFOXが下記のようなサービスを実施します。

FOX、BDソフトを2枚買ったら1枚もらえる“ブルーレイ体感キャンペーン”を実施 - Phile-web

環境系ソフトとかで同様のサービスがあったら山ほど購入するのですがねぇ。と言いながら気がつけば環境系ブルーレイタイトルが20本を超えている事に気がつきました(笑)多分、この2本も買うだろうなぁ。

公式ページ
世界遺産 フランス編

世界遺産 日本編 -屋久島Ⅰ/Ⅱ


世界遺産 フランス編 パリのセーヌ河岸/モン・サン・ミッシェルとその湾 (Blu-ray Disc)世界遺産 フランス編 パリのセーヌ河岸/モン・サン・ミッシェルとその湾 (Blu-ray Disc)
オダギリジョー 寺尾聰 緒形直人


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界遺産 日本編 屋久島I/II (Blu-ray Disc)世界遺産 日本編 屋久島I/II (Blu-ray Disc)
オダギリジョー 寺尾聰 緒形直人


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「トラスティベル ~ショパンの夢~ ルプリーズ」ネタバレ無し 11/4


PS3版「トラスティベル ~ショパンの夢~ ルプリーズ」を何とかクリアしましたのでネタバレ無しの感想を書きます。ただ、この作品が大好きな人はスキップして頂いた方が良いかもです・・・。


・キャラクタ、物語、世界観
最初から判って購入していた事ではありますが、最後まで絵柄に馴染むことが出来ませんでした。絵柄と違い、物語自体は一部説明不足かなと思う部分も「夢の世界」と解釈できますし、ある意味哲学的で、登場人物の心の機微を描いたドラマティックな内容になっています。

また、「~ショパンの夢~」とあるようにショパンの曲名が章題に使われていますし、音楽用語がゲームの世界に随所に盛り込まれております。これは、当作品の原案・ディレクターでありトライクレッシェンドの代表・初芝氏が音楽畑のクリエイターである事とは無関係ではないでしょう。

個人的にはもう少し一般受けする絵柄にしておけば間口も広がったのでは?と感じております。絵柄に馴染めるかどうか?で、この作品を最後まで楽しめるかどうかを最初に判断出来てしまうところが実に残念。

・システム全般
フィールド、町中、ダンジョン、戦闘中、全てのモードで視点が固定されているゲームビジュアルには誰もが衝撃を受けることでしょう(戦闘中は視野を変更できますが、視点を動かすことは出来ません)。10年以上前の作品であるFF7ですらフィールド上は自由に視点移動ができたわけですから。

特に敵が出てくるフィールドやダンジョンでは理不尽さに頭を抱えそうになります。当作品はシンボルエンカウント方式ですので、敵の視界に入らないようにする事が効率よく移動するコツでもあります。それなのにダンジョンの奥から手前に移動する時は、目の前に敵がいるかどうかも判らない状態になるのです。

予備知識がない人ならば「15年前の作品をHDリメイク」したと思われても仕方がない古さです。正直なところトップビューの方が見やすい訳で、この画角ならば自由な視点移動を前提とする必要があるでしょう。

・戦闘について
戦闘システムには力が入っています・・・いや、力入れすぎで胸焼けがします。

①とにかくガードが必要
②パーティクラスが上がるたびに難易度が上がる
③レベル上げする拠点が少ない
④敵との位置取りが重要な割に視点に制限がある

このゲームで戦闘を行っていると、「画面に集中していろ!」と半ば脅迫めいた圧力をひしひしと感じてしまいます。ガードをミスすると雑魚敵でも大ダメージを受けますし、強敵なら尚更です。パーティクラスが向上すると戦闘の幅は広がりますが、休む間もなく戦闘に集中しなくてはいけません(ポーズすれば良いという問題ではない)。

更に戦闘中のカメラが最悪です。位置取りが重要な割には操作キャラがどこにいるのかが判りづらく、そのくせパーティクラスが上がるとシンキングタイム(待ち時間)すら無くなるのです。

使い勝手の悪いシステムでストレスだけが一方的に蓄積され、そのくせ肝心な戦闘勝利後のカタルシスは全く感じられません。戦闘をシビアに設定するのならば、その代わりシステム周りは柔軟で使いやすくする必要があるでしょう。

私はRPGラバーですが、この戦闘システムならば「アクションゲームをプレイした方がマシ」と感じました。

・総括
当作品はトライクレッシェンド初の単体開発ゲームになります。それで気負ったのかどうかまでは判りませんが、とにかくこのゲームのシステムには「ゆとり」が感じられません。トライエースとの関わりもあり、数多くのRPG作品に携わってきた事で開発陣全体の感覚が麻痺してしまったのでしょうか。

また、「RPGの戦闘を飽きさせない」は20年前からの課題です。J-RPGのゲームプレイ大半を占める戦闘時間を退屈させない工夫は結構なことですが、それ以前にこの作品ではやらなければいけない事が多すぎます。「飽きさせない」事より、「ストレスを感じさせない」事を優先させるべきです。

「トラスティベル ~ショパンの夢~ ルプリーズ」は、私のような「ダラゲーマー」には実に厳しいタイトルでした。幸い?ナムコRPGともトライ系RPGともしばらくは縁が無さそうなのが逆に救いなのかも知れません。

私個人の感想としては全体的に厳しい内容になってしまいましたが、楽しんでプレイしている人が数多いことも理解しています。私の知人も2週クリアまでプレイされたようで、戦闘も気に入っているとの旨をブログに書いています。なお、こちらの感想はネタバレ全開ですので、あらかじめご了承ください。

       
 

「ストリートファイターIV」発売時期決定


11月3日に東京・品川で開催された「カプコン大格闘祭 ~俺より強い奴に会いに行く2008~」イベントにて、スト4の発売時期が2009年2月であることが明らかになりました。

これで2009年2月~3月と注目の国産HDタイトルが数多くリリースされる事になります。現時点で判明しているタイトルは下記の通り。

「ストリートファイター 4」
「バイオハザード 5」
「龍が如く 3」
「FF7 アドベントチルドレン コンプリート」Blu-ray

※FF7ACCはFF13体験版も含めて勘定。

個人的には「GRID」や「プリンスオブペルシャ」の洋ゲータイトルにも心は惹かれますが、現時点の未成熟な日本市場では国産人気フランチャイズが続々とHD機にシフトしない限り未来はありません。現行のラインナップを考えると「モンスターハンター3」がSD機に留まったのは本当に残念ですねぇ。

STREET FIGHTER IV 公式サイト

関連記事
家庭用版『ストIV』は2009年2月に発売! “カプコン大格闘祭”に注目の対戦格闘ゲームがズラリ - ファミ通.com

       
 

100万アクセス企画の結果発表 11/3


100万アクセス企画として募集した「あなたのPS3設置テクニック」の結果を発表いたします。10月中発表の予定からずれ込んでしまい、気がつけば120万アクセスを超してたりしますし、「何を今更」と言われそうですが・・・。

【あなたのPS3設置テクニック】

1位 MINDSTORMS さん:「ファンファンファン」

Mindstorms1_2

Mindstorms2

Mindstorms3

コメント:静音化の為に、ラックに入れています。熱がこもらない様に、後部に10cmファンを3基設置し、PS3の電源ONに連動して、回転するようにしています。(USBコネクタよりON/OFF状態取得)

2位 karas さん:「空中PS3」

Karas

コメント:熱がこもらないように、設置しました。(よく見るとロボットみたいですw)

3位 ziguroti-ta- さん:「たかがゲーム機とは言わせない」

Zigurotita1

Zigurotita2

コメント:単なるゲーム機としてではなく、インテリアの一部としても意識した設置。AV機器としての使用も多いオヤジゲーマーの「ゲームのためだけの機械じゃないんだぜ」というちょっとしたこだわり。起動していないときは埃の防止のため、ニトリで購入したマットをかけておく気遣いが「PS3ラバーの証」と自負しております。

4位 Rain さん:「違和感なし?」

Rain

コメント:PCの近くにPS3を設置すると、まるでオクトカムでも使っているかのように、その場に溶け込んでしまいます。そんな、PCに擬態しているPS3が意外にステキ。ちなみに、PS3の隣に更にWiiを設置すると、外付けドライブがあるみたいでもっと感じが出たりします(笑)

雪のつもらない道

5位 グレイ さん:「シンプルに~」

Photo

コメント:チラシ見て安かったから買ったメタルラックで配置してます。見栄えもまぁまぁいいと思うんでメタルラックはオススメ!

PS3ゲームやろうぜ!


今回の企画に応募いただいた方には本当に感謝しています。順位は私の独断で決めさせていただきましたが、皆さん実に個性的で選考の時間も楽しませていただきました。

掲載した5名の方には本日、入賞賞金(Amazonギフト券)をメールアドレス宛に送信しております。また、上記5名以外の方にもささやかではありますが参加賞を送信しておりますのでご確認ください。

次こそは敷居が低く、参加しやすい企画にしたいですなぁ。

最後に私の設置写真を掲載しておきます(笑)

番外 Mandom:「やっぱナナメっしょ」

Mandom

       
 

新TVCM、「目覚める篇B」 11/3


10月30日の新型PS3発売と同時に流れている新TVCMに「リトルビッグプラネット」「ファイナルファンタジー13」「バイオハザード5」の映像が少しだけ流れています。

「目覚める篇B」公式映像

「ファイナルファンタジー13」からはツインテールの少女が少しだけ登場します。現時点では名前すら公開されていないキャラクタですが・・・。

Ff1303

しかし、このTVCMを見て大半の方がこう感じるのではないでしょうか、「もっとアピールしろよ・・・」と。肝心のゲームタイトルも画面下にうっすらと表記されるだけでインパクト不足ですし。

ここで、10年以上前に放送された「ファイナルファンタジー7」のTVCMを張っておきます。有名な「ファイナルファンタジー7 始動」篇です。

確かこのTVCM、「FF7がPSで発売される」と電撃発表されてから間も開けずに流れた映像だったと記憶しています。CM内で「1996年12月発売予定」とありますが、最終的には一度延期されて1997年1月に発売されている訳です。

さて、今回の「目覚める篇B」を見ると、FF13の映像がTVCMで使えない訳でもない事が判ります。それだったら上記FF7のように「ファイナルファンタジー13 始動」「2009年発売予定」ぐらいをドババンと一般層にアピールするインパクト重視のTVCMに仕上げて欲しいところです。

まぁ考えたくもない事ですが、地デジのハイビジョンでFF13の美麗なムービー映像を流されることをスクエニ側が嫌っている可能性もあります。「夢を与えない」WD社長ならあり得る事だと思ってしまう事が悲しいですね。2008年中にはバトルシーンが公開されるとの話もありますので、一般層への更なるアピールを強化して欲しいと思います。

       
 

システムソフトウェアVer2.51はまだ?


10月16日に公開されたPS3システムソフトウェアVer2.50は大きな不具合は無いものの、一部AV機器等との組み合わせに問題を抱えています。

また、日本固有?の問題としてはIMEによる漢字変換にバグが発生しています。私はPS3フレンドとメッセージをやりとりする事も多いですし、最近では「リトルビッグプラネット」や「Home」ベータで直接テキストチャットを使用する機会も増えています。メッセージ作成の場合は落ち着いて打ち直せば良いだけですが、リアルタイムの場で必要事項を伝えたい時に第2文節が消えてしまうと相当にイライラします。

幸いSCEJも漢字変換の不具合は認識されていますので、次期FIXの際に便乗して対応してくる事は確実でしょう。しかし、こうなるとVer2.50にワールドワイドで致命的な不具合が発生しなかった事は、日本語ユーザとしてはむしろ「運が悪い」と表現したくなります。英語入力関係の不具合なら速攻で修正されるのでしょうが、このあたりはマイノリティ言語の日本ですから仕方ない部分でしょう。

現時点の情報ではVer2.51は登場したとしても11月中旬以降になりそうです。(2~3週との文章から)テキスト入力のストレスが蓄積しつつありますので、早急にお願いしたいところです。

は、ボイチャに移行せよって事なのか?いやいや。

※店頭デモ用にVer2.51が配信されていますので、次はVer2.52になるかも知れませんね。一応海外記事の表記に合わせました。


最後に少し話は逸れますが、Ver2.50で追加された省電力機能は効果絶大ですね。特に私はPS3を起動したまま放置することが多いので、コントローラのバッテリ持続時間が飛躍的に延びました。でも、最初から実装して欲しかった機能ですよね・・・・。

関連記事
Sony PS3 2.51 Firmware to Fix 2.50 BW Forcing 60Hz Problems : Product Reviews Net

       
 

「リトルビッグプラネット」ユーザクリエイトステージを遊んでみる 11/2


3連休の初日で「トラスティベル」をクリアまで持ち込む事に成功しました。残り2日は「リトルビッグプラネット」「WipEoutHD」を満喫してやるぜ!と思っていた矢先にAmazonからVF-25のプラモ発送のメールが・・・。おや、作業台には既にニッパーと紙ヤスリとデザインカッターが用意されているではありませんか(笑)作る気マンマンやね。


さて、「リトルビッグプラネット」の大きな売りの一つがステージクリエイト機能です。自由度の高いクリエイト機能を駆使して創り上げたステージはオンライン上に登録され、世界中のLBPユーザに公開され、評価されます。

ユーザクリエイト機能自体はそれ程目新しい要素ではありません。ツクール系のソフトは20年の歴史がありますし、ファミコンでも簡易ながらステージクリエイトを実現したソフトは存在していました。しかし、LBPのユーザクリエイト機能は若干意味合いが異なります。LBPでは「創る」「遊ぶ」が同一フェーズで展開され、ユーザ間のコミュニティアイテムに昇華されて我々一般ユーザに提供されているのです。

とにかくLBPをプレイしていて絶妙だと感じた部分は、「シングルプレイモード」「マルチプレイモード」「ステージクリエイト」の各要素が実にバランスよく調整されている事です。

オンライン前提で、シングルプレイがおざなりと言った海外FPSにありがちなソフトではなく、オフラインのアクションゲームとしても十二分に及第点です。「走る」「ジャンプ」「掴む」だけの比較的単純なアクション要素でありながら、ステージの仕掛けや演出で十分に盛り上げてくれます。

アクションはシンプルに、その分仕掛けで変化を付ける味付けは「ステージクリエイト」を意識したものであり、LBPを構成する各モードが密接に絡み合っている事が判ります。

今回は「ミラーズエッジ」風のステージを遊んでみました。

Lbp1

ミラーズエッジ体験版をプレイした人ならばニヤリとしてしまう背景や仕掛けが盛り込まれています。いっそのことミラーズエッジ本編の主人公もリビッツ君にした方が一般に受け・・・うわ何をするやめ(ry

リトルビッグプラネット


リトルビッグプラネット リトルビッグプラネット


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

リトルビックプラネット(DUALSHOCK3セラミックホワイト同梱版) リトルビックプラネット(DUALSHOCK3セラミックホワイト同梱版)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

リトルビックプラネット(DUALSHOCK3サテンシルバー同梱版) リトルビックプラネット(DUALSHOCK3サテンシルバー同梱版)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

リトルビックプラネット(DUALSHOCK3クリアブラック同梱版) リトルビックプラネット(DUALSHOCK3クリアブラック同梱版)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「PlayStation Home」クローズドベータ来ました 11/2


実は10月30日には当選案内を頂いていたのですが、とある事情により参加が遅れてしまいました。半分以上諦めていただけに追加当選の案内メールが携帯に転送されてきた時は震えましたね。ちょうど部署内ミーティング中でしたが、案件が頭からすっ飛んだのはご愛敬で(笑)

とは言え、メインアカウントが当選した訳ではありません。確かこのアカウントで買い物をしたことは1度ぐらいしか無いはずなんですが、本当にランダムなんだなぁと再認識しましたね。まぁメインに近い名前ですので、スクエア近辺でロボットダンスしている中年の髭アバターを見つけたら気軽に声をかけてやってください。

一般対象のクローズドベータが開始してから既に2ヶ月が経過していますので目新しいことは何も無いと思われますが、初日に感じた点を書いておきます。


・ビッグスクリーンの動画演出はやはり素晴らしい
Homeの演出で一番目を引くのはビッグスクリーンの動画でしょう。事前にダウンロードした動画を再生しているだけにすぎませんが、どの距離どの角度から見ても滑らかに再生されている様子には誰もが驚くことでしょう。

・ゲームランチャとしてのHome
HomeはあくまでもPS3をより楽しく、より便利にする為のツールです。これがSecondLife等のソフトと決定的に違うところです。

HomeベータからPS3用ゲームの起動時間と復帰時間を計ってみました。

【リトルビッグプラネット】
XMBから起動 45秒
XMBへの復帰 20秒

Homeから起動 50秒
Homeへの復帰 1分8秒

【WipEout HD】
XMBから起動 35秒
XMBへの復帰 16秒

Homeから起動 37秒
Homeへの復帰 1分10秒

LBPはネットワーク状況によって起動時間にバラツキがありますので、起動時間は殆ど同じと考えても良さそうです。さすがにHomeへの復帰に関してはXMBに比べると相当に遅いですが、仕方ないとは思いつつも本稼働時までには更なる高速化を期待したいところです。

なお、PS1/2のゲームはHomeから起動することは出来ません。

・ボウリングゲームは結構手抜き
日本では配信されていない「High Velocity Bowling」と言うPSN専用ボウリングゲームが結構気に入っています。Home内のボウリングゲームはHVBに類似したものになるのかな?と期待していたのですが、似ても似つかぬ内容でした。操作方法は20年前のファミコンゲームから変化が感じられないもので、せっかくPS3に標準搭載されているモーション操作を全く活用していません。

・Homeベータ版の感想
現時点のHomeは単体のソフトとして提供されていますが、本稼働時はStoreプログラムのようにXMB上の特殊アプリとして常駐させるか、更にはXMBのシェルエクステンションとして強制起動するぐらいの強行措置が必要だと思います。

なぜなら、どれだけHomeが便利で魅力的なツールであったとしても、我々PS3ラバーが予想するよりも遙かに多くのユーザが「Homeの存在」すら認識しないであろう事は明白だからです。「まいにちいっしょ」の存在すら知らないユーザが、したり顔で「PS3はゲーム少ないなぁ」とぼやいている訳ですから・・・。

今はあくまでもベータ版であり、今後更なるブラッシュアップが行われるものと仮定しての話ではありますが、本稼働に向けてHomeは良い方向に向かっていると感じました。

基本性能が最も高いコンソール機の性能を活かしつつ自己満足に終わらない映像表現、PS3コンテンツのためのランチャでありソーシャルコミュニケーションツールとしての味付けが絶妙です。このあたりのバランス感覚を最後まで失わずに作り込めれば、PS3の価値は更に高まることになるでしょう。

公式ページ
PlayStation Home

関連記事
「PlayStation Home」クローズドベータテスト体験レポート

【PlayStation Home】ベータテストプレビュー--オンラインコミュニティー空間を体験 - GameSpot Japan

ゲームかなー: 「High Velocity Bowling」が地味に面白い

       
 

「白騎士物語 -古の鼓動-」TGS2008特典映像配信が延期


TGS2008の「白騎士物語クローズドミニシアター」参加者にはスペシャルサイトのURLとパスワードが印刷されたカードが配布されました。

カードには「あなただけの福岡レベルファイルツアー映像」が視聴できるスペシャルサイトの公開日は10月31日からとなっていましたが、どうやら1週間ほど延期されたようです。実は10月31日に10回ほどURLを入力するも白騎士の公式サイトに飛ばされて焦っていたのは私です(笑)事前に連絡が欲しかったところですなぁ。

なお、新しい公開日時は11月5日(水)15時からになります。

諸事情というのが気になりますが、白騎士物語開発の「最後の追い込み」を優先しているのであれば問題はありません。と言いますか、本当に年内に発売されるのだろうか・・・どんどん不安になってきます。

白騎士物語-古の鼓動- 「あなただけのレベルファイブツアー映像」スペシャルサイト


白騎士物語 -古の鼓動- 特典 LEVEL-5×PlayStation スペシャルサウンドトラックCD付き白騎士物語 -古の鼓動- 特典 LEVEL-5×PlayStation スペシャルサウンドトラックCD付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「リトルビッグプラネット」ようやく到着


発売日から1日遅れて「リトルビッグプラネット」を入手しました。ちなみに現在のPS3フレンドはGTA4派とLBP派とWipEoutHD派に分かれています。こうやってみると「本当にPS3タイトルも充実してきたなぁ」と感じますね。

さて、「リトルビッグプラネット」ですが、今更私が書くことは無いよな・・・と言うぐらいに色々なサイトで紹介されています。幻想的な映像が醸し出す独特の空間は年齢性別は関係なく引き込まれてしまいますね。意味もなく両手を動かしてポージングするだけで結構な時間を費やしていたりします。

今週のファミ通にも「リトルビッグプラネット」ナレーションを担当された方のインタビュー記事がありました。しゃべり方にも声にも味がある良いナレーションです、聞き逃してしまうのは勿体ないですね。

昨年は新型と同時に「ラチェット&クランク」「真・三國無双5」が発売されましたが、今年は「リトルビッグプラネット」の役割になります。発売後に話題性の高い新作CMを流す事からもSCEの力の入れようが伺えます。日本国内で10万本ぐらい売れて欲しいと切に願いたいソフトです。

新型PS3の発売でどれだけ本体需要が喚起されるのかは不明ですが、来年3月の「龍3」「バイオ5」「FF13体験版」に向けて少しでもハードを普及させる努力は継続して欲しいですね。「白騎士物語」がどこまで牽引するかが鍵になりそうです・・・。

なおベータ版で気になっていたBDリモコンが2コン目として認識される不具合?は製品版では解消されています。良かった良かった。

リトルビッグプラネット


B000VZUG7G リトルビッグプラネット

ソニー・コンピュータエンタテインメント  2008-10-30
売り上げランキング : 5

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「FIFA 09 ワールドクラス サッカー」日本語体験版が配信


日本PSNに11月13日発売予定の「FIFA 09 ワールドクラス サッカー」体験版が配信されました。先着10万人までの限定ダウンロードになりますので、興味のある方や日本語ローカライズが気になる方はお早めにどうぞ。

ゲームについては発売を待つばかりで、サッカーが好きならば迷わず購入するべきソフトです。日本語ローカライズに関しても実に丁寧で、キッチリとした仕事はさすが世界最大級のパブリッシャだなと感じさせられます。少なくとも日本語ローカライズに関してはアクティビジョンよりもEAの方が遙かに高いレベルにあります。

話は少し逸れますが、今回の「FIFA 09 ワールドクラス サッカー」の体験版配信について一言だけ書いておきたいことがあります。下記関連記事を読むと「他機種版より1ヶ月半遅れてPS3用体験版が配信された」ような表記になっていますが、それはライターの勘違いか意図的な悪意の込められた記事です。そんな事を恥ずかしげもなく遂行できる企業はMSの腰巾着・UBIぐらいですから。まぁ日本ではナムコというコバンザメ企業もありますが・・・。

今回日本PSN用に配信された「FIFA 09」は日本語ローカライズされた体験版です。そして9月に配信されたデモは海外版で、勿論PS3でも同時期に配信されています。日本アカウントから海外体験版がダウンロード出来ない仕様には大いに問題があるとは言え、EAは日本国内のPS3ユーザに向けての最大限の配慮をしたと考えています。有力タイトルの日本語ローカライズを他機種版より1ヶ月遅らせて発売するようなMSの金魚のフン・UBIとは全てが違います。

私は別段「洋ゲーファン」ではありませんが、EAのゲーム作りへの姿勢やローカライズ等の地道な努力には感銘を受けています。日本国内でもEAのゲームタイトルが世界の他地域同様の評価や売れ行きに近づいていくならば、ゲーム市場は健全でグローバルな方向に向っていると言えるのでしょう。

うーむ、エラく長い一言になってしもうた。

関連記事
リアルサッカーゲーム『FIFA 09』、PS3版の体験版も配信開始

EA、「FIFA 09 ワールドクラス サッカー」PS3版。100,000ダウンロード限定で体験版を配信

4Gamer.net ― 10万ダウンロード限定。PS3「「FIFA 09 ワールドクラス サッカー」日本語体験版,本日より配信開始(FIFA 09 ワールドクラスサッカー)

ELECTRONIC ARTS Japan | ゲーム - FIFA 09 on PlaystationR3


FIFA 09 ワールドクラスサッカー FIFA 09 ワールドクラスサッカー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

北米Homeベータ権は「Qore」年間購読者のみ


少し前に「噂:「Qore EP6」にHomeのベータ権が含まれるらしい」という記事を書きましたが、最新情報では10月29日までに「Qore」を年間購読した人が対象になるとの事です。

RSSリーダーでこの情報を見つけた時は、北米も既に10/30の早朝でした。「なんじゃそりゃ・・・」と思ったのですが、よく考えると私は10月27日に「Qore」年間購読を済ませていたりします。偶然とは言え結構なナイスタイミングですな。

課金コンテンツ(しかも年間購読限定)の餌として「Home」ベータ権は微妙と言いますか、良い印象を持たない人もいるでしょう。

しかし私の本音としては、PSN使用頻度やコンテンツ購入履歴を全く考慮せず、ランダムに当選させる日本方式の方が理不尽です。ベータテストの意味合いを考えるならば、熱心にアクセスしてPSNでコンテンツを購入するユーザの方が適任でしょう。

早くどこの国バージョンでも良いので「Home」の世界を体験したいものです。

関連記事
Annual Qore subscribers to get into Home’s closed beta - Talk Playstation

News: Home access for annual Core subs only - ComputerAndVideoGames.com

ゲームかなー: 噂:「Qore EP6」にHomeのベータ権が含まれるらしい 10/27

       
 

「Mirror's Edge(ミラーズエッジ)」体験版は今週


EA期待のファーストパーソンアクション「Mirror's Edge(ミラーズエッジ)」の体験版が今週、と言いますか本日ですね。北米PSNに配信されるようです。

当初の情報では11月5日との事でしたが、1週間早まりました。体験版の内容はチュートリアルメニューとストーリーモードの一部分になるようで、チュートリアルは私が試遊イベントでプレイした部分でしょう。本編部分も遊べるのは嬉しいですね。

過去にも何度か書きましたが、「Mirror's Edge(ミラーズエッジ)」はPS3がリードプラットフォームで、なおかつ独占DLCまで予定されていたりとPS3ラバーとしては見過ごすことが出来ないタイトルです。EAのPS3リードプラットフォームタイトルと言えば「バーンアウトパラダイス」が有名です。こちらもゲームの出来映えの高さは勿論、定期的なDLC配信により末永くファンを喜ばせているソフトです。

また、「Mirror's Edge(ミラーズエッジ)」はUE3採用タイトルではありますが、PS3専用にキッチリと作ったUE3タイトルはそれ程悪い印象はありません。とにかく出来が悪く、PS3の評判を悪くしているUE3タイトルは同発マルチで制作した場合です。

「Mirror's Edge」がPS3用ゲームソフトとして作品としても商品としても成功すれば、PS3をリードプラットフォームに開発するソフトハウスも増えてくる事も期待できます。

公式ページ
Mirror's Edge ミラーズエッジ | エレクトロニック・アーツ

関連記事
Mirror’s Edge demo will hit today - Talk Playstation

News: Mirror's Edge demo on PSN today - ComputerAndVideoGames.com

D+PAD ≫ Mirror’s Edge demo coming tomorrow

ゲームかなー: 「ミラーズエッジ」試遊イベント 10/27

ゲームかなー: PS3 北米/欧州/香港アカウント取得方法


ミラーズエッジミラーズエッジ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「ワイプアウトHD」が日本国内で配信開始


ようやく「ワイプアウトHD」日本語版の配信が開始されました。何度も書いていますが値段は破格値の1800円、2008年10月末時点の円高を考慮してもなお海外版よりも相当に割安です。この記事を書いている際にPS3フレンドリストをチェックしてみると10人以上の方がプレイされていますね~。

既に海外版を入手している私も祝儀の意味も含め日本版を購入しました。TGS2008で既にローカライズ版は公開されているわけですが、フォントもなかなかに雰囲気が出ていますし適当なローカライズではありません。

そして、ようやく配信日に公式サイトが立ち上がりました。海外サイトを日本語化しているだけなんですが、何故か海外公式サイトから日本語ページへはリンクされていないようです。大きな意味は無いのですが、このあたりは少し残念だなと感じました。

オンラインモードは勿論世界共有サーバに接続されます。時差がありますので、時間帯によって色々な国の猛者達としのぎを削る事になるでしょう。オンライン画面も綺麗に日本語化されており、使い勝手の点からも実に好印象です。

「ワイプアウト」シリーズは洋ゲータイトルとしては日本国内での知名度も高いですし、PS3版の出来映えは「ワイプアウト」としても「レーシングゲーム」としても「HDゲーム」としても最上級の品質です。あらゆるゲームファン、いやゲームファン以外にも一度は体験して欲しいタイトルです。間違いなく何らかのインパクトを見る人に与える事でしょう。

更なる「ワイプアウト」新作の制作や、「ワイプアウトHD」追加トラック等のDLC配信のためにも少しでも多くの売り上げを記録して欲しいものです。

公式サイト
WipEout HD

関連記事
反重力レーシングがフルHDになってPS3に登場。SCEJ、PS3「WipEout HD」配信開始

フルHDになった反重力レーシング『WipEout HD』配信スタート!

WIPEOUT 推進委員会 - ワイプアウト専門情報サイト -

       
 
ドラゴンクエストXI


【PS4版】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて (早期購入特典「しあわせのベスト」「なりきんベスト」を先行入手することができるアイテムコード 同梱)

【3DS版】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて (早期購入特典「しあわせのベスト」「なりきんベスト」を先行入手することができるアイテムコード 同梱)

7/29 ドラゴンクエスト11(楽天)



注目ゲームタイトル!
7/6 オメガラビリンスZ(楽天)
7/6 ガンダムバーサス(楽天)
7/13 ファイナルファンタジーXII(楽天)
7/20 Fate/EXTELLA(楽天)
7/21 スプラトゥーン2(楽天)
7/27 グリザイアの果実 SIDE EPISODE(楽天)
7/29 ドラゴンクエスト11(楽天)
【7/29】PS4 ドラゴンクエスト ロト エディション
【7/29】New2DS LL ドラゴンクエスト はぐれメタルエディション
7/29 ドラゴンクエスト スライムコントローラー for PS4
8/3 大逆転裁判2(楽天)
8/3 クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!(楽天)
8/10 ロックマン クラシックス コレクション 2(楽天)
8/24 新次元ゲイム ネプテューヌVIIR(楽天)
8/24 ザ・ロストチャイルド(楽天)
8/25 モンスターハンター ダブルクロス(楽天)
8/31 New みんなのGOLF(楽天)
8/31 よるのないくに2 新月の花嫁(楽天)
9/6 デスティニー2(楽天)
9/7 この素晴らしい世界に祝福を! この欲深いゲームに審判を!(楽天)
9/14 アンチャーテッド 古代神の秘宝(楽天)
9/14 ウイニングイレブン2018(楽天)
9/22 ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX(楽天)
9/28 英雄伝説 閃の軌跡3(楽天)
9/28 ファイアーエムブレム無双(楽天)
9/28 ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団(楽天)
9/28 限界凸城 キャッスルパンツァーズ(楽天)
10/19 巨影都市(楽天)
10/26 真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY(楽天)
10/27 アサシンクリード オリジンズ(楽天)
11/3 コール オブ デューティ ワールドウォーII(楽天)
11/14 スターウォーズ バトルフロント2(楽天)

ニンテンドースイッチ

※本体
【Amazon】ニンテンドースイッチ
Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー
Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド
【楽天】ニンテンドースイッチ




PS4 PRO ジェット・ブラック 1TB
PS4スリム ジェット・ブラック 1TB
PS4スリム ジェット・ブラック 500GB
PS4 ファイナルファンタジー15 同梱版

新型DS4 ジェット・ブラック
新型DS4 マグマ・レッド
新型DS4 ウェイブ・ブルー
新型PS4専用縦置きスタンド

毎日開催!5,000商品以上の品揃え!最大50%ポイント還元!


【楽天Kobo】全品20%ポイント還元



【お知らせ】
当サイトはリンクフリーですが、掲示板やブログ等に転載する際は必ずリンクを張って下さい。
RSS登録
ツイッター
相互リンク
カテゴリ別アーカイブ

【ブログ内記事検索】