Amazon新着情報 1/5


Amazonの新着情報です。


 

B0032UX9HQ ゴッド・オブ・ウォー トリロジー
ソニー・コンピュータエンタテインメント  2010-03-25

by G-Tools
       
 

Amazon新着情報 1/5


Amazonの新着情報です。


 

B002C1ARGW ゴッド・オブ・ウォー III(初回生産版:主人公クレイトスの「スキン」ダウンロードプロダクトコードチラシ封入)
ソニー・コンピュータエンタテインメント  2010-03-25

by G-Tools
       
 

Amazon新着情報 1/5


Amazonの新着情報です。


B0032JTHG4アンチャーテッド TWIN PACK(エル・ドラドの秘宝 PlayStation3 the Best & 黄金刀と消えた船団 同梱パック)
ソニー・コンピュータエンタテインメント 2010-02-18

by G-Tools

       
 

「HEAVY RAIN -心の軋むとき-」最新プレイムービー:2010/1/5


2010年2月18日発売予定のダークスリラー「HEAVY RAIN -心の軋むとき-」最新カム撮り映像が6本公開?されています。少し重いかもですが、久々の動画ですので一気に張ってしまいました。

今までに色々な3Dグラフィックのゲームを見てきましたが、「HEAVY RAIN」のリアルタイム3D表示の自然さには驚かされました。細かな仕草等のモーション一つ一つを丁寧に作り込むことでなるべく違和感を廃し、我々プレイヤーをゲームに没頭させる手助けをしています。

残念ながら私は東京ゲームショウ2009に出展された「HEAVY RAIN」の試遊は並べる状況では無かった為に諦めました。その為に未だに正確なゲーム内容を把握しているわけでは無いのですが・・・公開された映像や情報からは、街や428のように複数の主人公の物語が基本は別々に進行し、様々なフラグで相互連動するアドベンチャーゲーム(開発側はADVではないと否定している)。そしてキャラクタはリアルタイム操作とQTE(Quick Time Event)により選択肢や行動が決定されていくシステムになるでしょう。

また、たとえ主人公の一人(もしくは全員)が死亡したとしてもゲームオーバーにはならずに物語は続いていくとの情報もありますが、この辺りがアドベンチャーゲームにおける「Bad END」、そして「True END」や幾つかの「Good END」等とどのように違うのかは判りません。実際にプレイしてからのお楽しみですな。


私は年明けからようやく始めたFFXIIIも今は急がずに「HEAVY RAIN -心の軋むとき-」発売前までにクリアしたらいいや的なペースで進めています。今月も再度謎の小旅行があったりしますのでゲームに没頭出来る休日は結構少なかったりしますし。

過激な表現に伴う年齢制限ではなく、真の「大人向け」ゲームタイトルはコンシューマでは意外と少ないものです。その点でも「HEAVY RAIN -心の軋むとき-」には大いに期待しています。

公式サイト
HEAVY RAIN -心の軋むとき-

関連記事
Heavy Rain leak: Detective Scott Shelby walkthrough


B002M76PG2 HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-
ソニー・コンピュータエンタテインメント  2010-02-18

by G-Tools
       
 

Amazon新着情報 1/4


Amazonの新着情報です。


B0032JTHGODemon's Souls(デモンズソウル) PlayStation 3 the Best
ソニー・コンピュータエンタテインメント 2010-02-25

by G-Tools
B0032JTHJ6ガンダムアサルトサヴァイブ
バンダイ 2010-03-18

by G-Tools
B0032JTHI2絶対ヒーロー改造計画(初回限定版) 特典 原田たけひと氏描き下ろし、秘密のミッション入り特製プラスチックカード付き
日本一ソフトウェア 2010-03-11

by G-Tools
B0032JTHIM絶対ヒーロー改造計画(通常版) 特典 原田たけひと氏描き下ろし、秘密のミッション入り特製プラスチックカード付き
日本一ソフトウェア 2010-03-11

by G-Tools

       
 

「MASSIVE ACTION GAME(MAG)」のオープンベータは1/5から


既報の情報ですが、年跨ぎで忘れがちなので改めてご紹介。

2010年1月28日に発売予定の「MASSIVE ACTION GAME(MAG)」のオープンベータが1月5日より開始されます。記事を書いている時点では公式サイトには記載が無く、詳細はSCEJオンラインタイトル情報のみになります。

「MASSIVE ACTION GAME(MAG)」のオープンベータ開催概要は下記の通り

・開催期間:2010年1月5日(火)~1月11日(月)
・過去のβ参加者:1月4日配信予定のVer.1.50アップデートを実施
・初めての参加者:1月5日配信予定の「MAGβ版」をダウンロード

今回のオープンベータでは最大64人での「Sabotage」モードと最大256人の「Domination」モードがプレイ可能になります。前回のように時間帯によってモードが制限されるかどうかは明らかにされていません。Mag20090602033807526

「MASSIVE ACTION GAME(MAG)」は昨年末には既に開発が完了し、現在は生産段階に入っている事が明らかにされています。私が昨年11月のβテストに参加した時点で既にプログラムに問題を感じることもなく、ローカライズの完成度にも期待出来るレベルでした。今回のオープンβも「テスト」というよりは、オンライン専用ソフトのデモ版と呼ぶに相応しい内容になるでしょう。

さて、前述の通りMAGはオンライン専用ソフトにつき、オフラインのキャンペーンモードやbotモードは用意されていません。要するに「人が集まらないと遊べない、楽しめない」ゲームです。

残念ながら日本ではFPS自体の人気が高くないこともあり、MAGにおいても海外プレイヤーとの混在プレイが前提となるでしょう。しかし、各隊毎の意思疎通や連携が勝敗の鍵となる大人数モード(128人や256人)ではボイスチャットによる直接的な指示・連絡が出来るかどうかは大きい。

更に、欧米プレイヤーとの時差も問題になります。プレイ人数が増える時間帯が日本と欧米ではどうしても噛み合わない現実もあり、オンライン専用FPSが日本で定着する為には「国や文化の違い」を乗り越えなければいけないのです。

私自身はFPSが不得手ではありますが「MASSIVE ACTION GAME(MAG)」は一人でも多くのゲームファンに体験していただきたい。今度のオープンベータはオンライン接続されたPS3があれば誰でも参加出来ますので、興味のある方は是非とも参加してみて下さい。

しかし、それにしても何故日本だけではなく海外でもダウンロード販売されないのでしょうかね?容量的にそれ程多くを使っているという感じでも無いですし。

公式サイト
MASSIVE ACTION GAME (MAG) ™
PlayStation.com(Japan) | SCEJオンラインタイトル情報

関連記事
MAG is Gold, Beta for Everyone Soon – PlayStation.Blog

256人対戦の「MAG」が生産段階に--オープンベータは2010年1月4日より開始 - GameSpot Japan

大規模マルチプレイシューター『MAG』の開発が完了!年明けにはオープンベータも実施予定 - Game*Spark
PS3ゲームβテストレポート「MASSIVE ACTION GAME(MAG)」(前編)-GAME Watch
PS3ゲームβテストレポート「MASSIVE ACTION GAME(MAG)」(後編)-GAME Watch

ブログ内記事
「MASSIVE ACTION GAME(MAG)」βテストにちょこっと参加してみる: ゲームかなー


B002T068BE マッシブ アクション ゲーム(MAG)(オンライン専用)
ソニー・コンピュータエンタテインメント  2010-01-28

by G-Tools
       
 

2010年最初のカウントダウンはプラチナゲームズから:2010/1/3


2009年にリリースされた「ベヨネッタ」で批判と賞賛を受けたプラチナゲームズが年明け早々に謎のカウントダウンサイトをオープンしています。

Pg
PlatinumGames inc. Official WebSite

カウントダウン終了は来週の金曜日になりそうで、どうやら12月はどのソフトハウスも形を潜めていただけに年明け早々から新作発表ラッシュが期待出来そうな予感です。ただし現在のカウントダウンサイトだけでは何も情報がありません。ハードも不明ですし、新作なのか、ゲームかどうかすら。

さて、2009年は様々なゲームサイトでも指摘されているとおり「カウントダウン=がっかり」が定着してしまった年でした。個人的に一番ガッカリしたのは「メタルギアソリッド ライジング」です。

カウントダウンの期間が長い上に一旦リセットまで行って終了時期をミスリードした挙げ句に発表されたのが、小島監督の手を殆ど離れたMGSスピンオフ作品だったりした訳ですからガッカリ感は大きい。オマケに弾がないMSのE3カンファレンスで御輿に担がれてしまった小島監督を見る羽目になりました。せめて「メタルギアソリッド ピースウォーカー」のカウントダウンならまだ良かったんですけどねぇ。あれこそが小島監督謹製作品ですし。

更に今回のカウントダウンでの不安要素は「プラチナゲームズ」だという事です。周知の通り「ベヨネッタ」はゲーム性の高さは世界的に評価されたものの、PS3版はセガが並行移植するという異常事態でリリースされたソフトです。

残念ながらPS3版の出来は他機種版と比較すると見劣りするものだったようですが、今回の責任はセガではなくプラチナゲームズにあります。企画当初がどのような開発体制だったのかは判りませんが、正式に発表された時点ではマルチだった訳ですから早期の段階でマルチ向けの設計に切り替える必要があったはずです。

もしプラチナゲームズの新作が同様にPS3を含むマルチ開発ならば、今度こそは汚名を返上できるようなソフトに仕上げていただきたいし、もし無理ならば素直に独占タイトルで開発していただきたい。その方が当サイトとしても取り上げる必要も無くなるので気が楽です。

カウントダウンに限らず、ゲーム業界のプロモーションがどのように変革していくのかにも注目したいですね。

公式サイト
PlatinumGames inc. Official WebSite

       
 

PS3版「Thexder Neo」の行方:2010/1/2


本来は今更ながらの「ファイナルファンタジーXIII」プレイ記事でも書く予定だったのですが、天皇杯決勝だったり色々とドタバタした事もあって始めてから30分しかプレイ出来ておりません(笑)さすがに何も書けねー。

ということで、今回はPS3ラバーをヤキモキ?させているPS3版「Thexder Neo」について書きます。

1980年代の名作シューティング「テグザー」がリメイクされる?と話題になったのは2009年8月末です。ESRBにタイトル名「Thexder Neo」と「Platform: PlayStation 3, PSP」が発見されたときには、すわ一大事と大騒ぎになったものです。若干大げさかもですが。

そしてその「Thexder Neo」も東京ゲームショウ2009では無事プレイアブル出展され、2009年10月1日にはPSNにてダウンロード販売されました・・・が、あくまでもPSP版の話。肝心?のPS3版「Thexder Neo」については国内公式でもPS3プラットフォームアイコンは表示されず、期待していた立場としては行方が気になりつつある状況でした。

しかし2009年末なってようやく鋭意開発中である事がスクウェア・エニックスのFacebookページに開発中の画面写真と共にポストされた事で明らかになりました。

Thexder_ps3

とにかく、無事開発は継続されていたようで嬉しい限りです。

スクエニ・國生玲さんのコメントによるとPS3版「Thexder Neo」は正月休み明けあたりに正式に発表されそうな感じですねぇ。値段はPSP版が1000円である事、今冬リリース予定の「レイストームHD」が1500円である事から1200円~1500円あたりに落ち着きそうです。

で、その「レイストームHD」はいつ頃リリースなんでしょうかね。同じスクエニでも「レイストームHD」はタイトーブランドですし、またもや「スクエニから同じジャンルのゲームが同時期にリリース」される可能性も有るのか・・・。

公式サイト(現時点はPSP版のみ)
THEXDER NEO
レイストームHD

関連記事
PlayStation LifeStyle » Thexder Neo Getting More Thexder on PS3
Thexder Neo transforming into a PS3 game

       
 

明けましておめでとうございます


明けましておめでとうございます。
当ブログは今年もマイペースで日々更新を目指してゆる~く続けていきますので、今後ともよろしくお願いします。

この記事は12月29日~31日の謎の小旅行から戻ってきてドタバタした中で書いています。全ての終わりと新たな全てが始まる瞬間に立ち会えた良い旅でした。


さて、昨日(12/31)の記事にも書いたとおりPS3にとって2009年は節目の年でした。9月にPS3本体は3万円を切る本格的な普及価格に突入し、12月17日に発売された「ファイナルファンタジーXIII」との相乗効果で本体台数を大幅に伸ばしました。

本体の普及台数はある程度以上を超えてしまえばソフトの売り上げに大きな影響は与えません。その事は現時点でもサードパーティタイトルの売り上げを見れば答えは既に出ていますし、PS3が昨年末に突破した400万台はその「ある程度以上」の台数に到達していると考えることが出来ます。

まぁ本体台数が今後サードパーティにとっては開発ハード選択の一つの目安になるわけですから今後も順調に増えて貰わないと困るわけですが・・・。後は定期的に魅力的なタイトルをリリースし、並行して非ゲームサービスの魅力も積極的に訴求していく事で地盤は固まっていくはずです。勿論、簡単な話では無い訳ですが。

前述の通りPS3にとって最大の目玉タイトルだったFFXIIIは既にリリースされましたし、現時点の有力タイトルも殆ど2009年度内の発売が予定されています。更に、2010年度に発売されるタイトルの具体的な情報が殆ど出ていない事もあり、「次の弾はあるの?」とやや不安に感じてしまうのも仕方ありません。ヴェルサスXIIIも2010年度内に発売される可能性は不透明ですし。

そしてPS3陣営が次なる手として用意している「モーションコントローラ」や「3Dゲーム対応」が現時点でPS3を購入していない層に対して高い訴求効果を示すかどうかも不明瞭です。特に「3Dゲーム」に関しては専用テレビが必要な事もあり、購入対象層を考えると既に大半はPS3を購入しているでしょう。要するに3Dテレビを購入検討していて、尚かつ現時点でPS3を購入していない人は今後も購入しないと考えられるのです。多分、色々な理由を付けて(笑)

今後はユーザの限られた時間やテレビの占有権を奪い合う戦いが更に激化しそうです。SCEも既に所有しているユーザが「出番だよ、PS3」と本体に電源を入れる機会をいかに増やしていくかに注力していくでしょう。定期的に魅力的なゲームソフトやblu-rayソフトをリリースする事も、PSNのサービスを拡充することも全てはそこに繋がるのです。と言ってもゲーム機で健康になりたいとは思っていませんが。

私は2010年のテーマは「国内向けHDタイトルの強化」と考えています。海外でも売れるタイトルは品質を落としてでもマルチ化の道を避けることは難しいでしょうが、国内向けHDタイトルがPS3専用としてリリースされる可能性は低くありません。もはや国内タイトルに関してはマルチ化のメリットは存在しないでしょう。

とまぁ、年明け直後から色々と不安になりそうな事を色々と書いてしまいましたが、まだ2009年度内と考えるならば1月~3月には数多くの期待作や大作が発売されます。それに年明けからは色々な新作発表で2010年度以降も我々をワクワクさせてくれると期待しています。


B002LZTX0U PlayStation 3(120GB) チャコール・ブラック(CECH-2000A)
ソニー・コンピュータエンタテインメント  2009-09-03

by G-Tools
       
 

2009年の「ゲームかなー」を振り返ってみる:2009/12/31


恒例?の今年を振り返る記事でも書こうかなと。まぁ実は30日~31日と謎の小旅行に出かけていますのでニュース記事は書けないってのもありますけど。ちなみに、最初から最後までブログの話ですのでご注意を(笑)


・200万アクセスに到達
2009年5月24日に200万アクセスに到達しました。2008年9月半ばに100万に到達してから約250日での達成になります。記念としてブログのトップバナー文字をプロの方に書いて頂き、バナー作成の際に配置したクラウドブラックと鋼のPS3も良いアクセントになっていると思います。でもまぁ気が付けば今は購入したばかりのライトニングエディション含めて4台のPS3持ちだったりしますので、300万アクセスの時にはどうしょうかなと。

ちなみに12月29日の時点では「ゲームかなー」が275万アクセス、「PSデイリーニュース」が58万アクセスになります。合計するといつの間にか300万は超えていたりするんだよなぁ。

・連続1000日更新に向けて
2007年8月14日からスタートした連続更新も本日で870日目という事で、2010年5月9日にはいよいよ念願?の連続更新1000日に到達します。まぁだからといって何も無いのですが(笑)ブログを続けていたモチベーションの源も一区切りってところです。

・PS Home「ゲームかなー」クラブを設立
アイデンティティが特定できないブログのコメント欄については開放する気にはなりませんが、ブログを読んでいただいている人達とのコミュニティの場が欲しいと考えて2009年4月12日から開設しました。それにPS Homeならば、とある事情でSony製品に近づけないような人達がやってくることも無い訳ですし。

当初は毎日夜10時~11時まで定例で開催していたのですが、そのうち土曜日を除外し、秋からは水・金・日の3曜日に、時間も9時~10時に縮小・変更しました。現在の運用ルールは下記の通り。

【定例について】
・定例曜日:毎週「水」「金」「日」
・コアタイム:21:00~22:00

【大まかなクラブのルール】
①基本はダラダラとチャットをするだけの場です。
②欠席する場合はメッセージボードに事前案内いたします。
③コアタイムへの出席が億劫ではない方

まぁぶっちゃけますと、メンバーに登録していただいた大半の方とHome上で一度もお会いしていないような気もします。「まだまだ」メンバーには余裕がありますので、上記ルール③に当てはまる人は是非ともお越し下さい。なお、クラブへのメンバー申請はHome内から行う必要があります。

・更新頻度減少
今年の夏頃から更新回数が減りました。これは色々な諸事情もあって日々のブログに費やせる時間が減少した事が理由になります。まぁゲームニュースの速報サイトとしては以前から機能していなかったですし、個人的に興味が薄いタイトルやニュースを取り上げていくのも当ブログの主旨じゃ無いんだよなぁ・・・と、少し考えた結果記事数を減らす判断をしました。

私が運営する別サイト「PS デイリーニュース」はPS系最新情報を掲載した企業/個人サイトが日々チェックできるようにしています。今後も更に見やすいサイト構成を工夫していきますし、携帯用のページ改良にも取り組みたいですねぇ。

・2010年はどうしようか
当ブログはPS3の発売日直前の2006年10月に開始しました。ゲームブログとしてPS3と同じ時を歩んできた訳ですが、ロンチ前からPS3の目玉タイトルとして注目されてきたFFXIIIも無事2009年12月17日に発売された事もあり、2009年は色々な意味で「一区切り」がついた年という印象があります。

勿論国内のPS3市場はこれからが本番ですし、国産ゲームは未だにSDからHDへの移行途上です。2010年は更に充実していくであろうHDゲームに新たな潮流を期待したいですし、ハード面でも「モーションコントローラ」や「3Dゲーム対応」等の手を打ってくるPS3には今後も注目していきます。

twitterとの統合はどうしようかな。twitterクライアントのTweetDeckが完全に日本語対応されたらブログ用アカウントとの連動も考えています。


今回の記事が2009年最後の更新になります。皆さん良いお年を。

       
 

雑記:「観るゲーム」なんてものも有り


ファミ通.comで定期的にPSP「機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT PLUS」の機体別攻略が掲載されています。私自身は当ソフトの購入予定は無いのですが、ダブルオーライザーは大好きな機体ですので興味半分に攻略ページを観ました。

よく考えれば私はガンダムファンとは言いながらもガンダムゲームのプレイ経験は少なく、特に色々な作品の登場機体がごちゃ混ぜで登場するゲームは初代ガンダム無双ぐらいです。ターンエックスとダブルオーライザーが同時に存在するような危険な世界に納得できるわけが無い(笑)

ということで、ガンガンNEXTPLUSのスクリーンショットを1枚どうぞ。

Ph01_4

うーん、私がガンダムゲームにそれほど興味が無い理由がようやく判ったのかも。どうやらモビルスーツの後姿やコックピット視点を見続けるゲーム映像が原因だったようで、特にダブルオーライザーやリボーンズあたりは後姿がややアレだったりするのも大きい。
じゃあお前はどのようなガンダムゲームならプレイしたいのだ?と自問自答すると全く答えが出てこない。スパロボのスタイルも違うんだよなぁ。

結局、私は「モビルスーツが格好良く戦っているところをステキな角度から観たい」だけで、自分自身が操縦する欲求は特になかったりするのです。モビルスーツを自由な視点で操作すると所謂ラジコン操作になる訳ですが、ゲームオペレーションとしては最適ではありません。初期のバイオハザードのように操作性の悪さを逆手に取ってゲーム性を高めたという例もありますが、ロボットゲームの求めるカタルシスとは別のカテゴリです。

更に考えると、私の求める理想のロボットゲームは『他人のプレイ映像を第三者視点で観ること』ではなかろうかとの仮回答が出てきました。まぁ「プレイヤー自身の操作」をゲームの大前提から外す事で「インタラクティブ要素=ゲーム要素」であると話していたSCE・平井社長の分類する「ゲーム」すら超越してしまうのですが、コンピュータエンタテイメントとして考えるならば辛うじて包括されるとしておきましょう。

思えば私がゲームセンターに足繁く通っていた80年代も、他人のプレイを観る事は実に楽しい「ゲーム体験」の一つでした。自分自身のプレイのヒントを得ることもありましたが、全くプレイしないゲームでもギャラリー中心で楽しんでいたゲームもあります。ゲーム映像はエンタテイメントコンテンツとして立派に成立するのではなかろうかと。

対戦格闘やレースゲーム、FIFA10等のスポーツゲームのオンライン対戦映像の視聴権なら是非とも購入したい。色々と話題になっているPSNの有料サービスあたりで実現していただけないでしょうかねぇ。

関連記事
機体別攻略 ダブルオーライザー『機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT PLUS』 - ファミ通.com

       
 

「エンド オブ エタニティ」の積み体験版を今更ながらプレイ


2009年12月22日に配信されている「エンド オブ エタニティ」の体験版を今更ながらにプレイしました。思えば1ヶ月前の11月15日に大阪ATCで開催された「Games Japan Festa 2009」での試遊では取りあえず評価は保留してしまったタイトルですが、じっくりと自宅でプレイする事で印象は変わったのでしょうか。


んー、まずは2時間程度はブツブツ言いながらでも取りあえずプレイするしか無いですねぇ。それである程度「自分に合っているのかどうなのか?」が見えてくると思います。「インビンシブル・アクション」も「レゾナンス・アタック」も首を傾げながらでもやるのだ(笑)

この辺りは公式ブログにも記載されていますが、体験版はある程度進んだ状態を切り取って制作されている為に戦闘中に出来る事が多く、最初のプレイでは理解できなくて普通のようです。要するに1回だけプレイして「あー何だか訳判らん」と感じるのは至極当然なのです。

確かにある程度システムやコツ(のようなもの)が見えてくると戦闘の面白さも判ってくる(気がする)のですが・・・何故このような判りにくいシステムにしたのかは理解できません。勝呂ディレクターのコメントにもあるとおり「賛否両論は覚悟」していたシステムのようですが、試行錯誤の上で敢えて判りにくいシステムを組み上げたようにも感じるのですよね。

あと「インビンシブル・アクション(IA)」実行時には攻撃を受けない事に関しても納得できていない状況です。通常攻撃の時には自分自身の行動中でもエネミーから攻撃を受けるのですが、IA発動時は何故か敵さんの動きはピタリと止まっています。当然、使う側としては圧倒的に有利なIAを多用したい訳ですが、使用回数は「I.Sゲージ」によって制限されているので通常攻撃と使い分けをして戦う必要があります。

戦闘中にゲージを貯めて特殊攻撃や効果を発動させるRPGは多いですが、EoEのIAは少し毛色が違うどうにも不条理な何かを感じてしまうのです。はたして作中でその理由は語られるのかどうか・・・。やはり、このあたりは「説明がない」ままの不条理な状況を「そういうモノ」と受け入れてしまう人間的な度量が必要なのですかね。


多分、多分ではありますが、この辺りの不条理さを全て受け入れ、判りにくさを乗り越えた時には・・・素晴らしいゲーム体験を味わう事が出来るのかも知れません。だから、まずはブツブツ言いながらでも2時間はやりましょう、といいますか2時間以上プレイ出来る状態で体験版に取り組むことをオススメします。

私は・・・「スターオーシャン4 インターナショナル」に魂を捧げようかなと。どうやら私は人間としての器が小さいようだ(笑)

公式サイト
End of Eternity|エンド オブ エタニティ OFFICIAL SITE

関連記事
EoE OFFICLAL BLOG|エンド オブ エタニティ 公式ブログ | 体験版の補足など


B00266QNZC End of Eternity (エンド オブ エタニティ) 特典 スペシャルサウンドトラック「RESONANCE OF SOUNDS」付き
セガ  2010-01-28

by G-Tools
       
 

「Dante's Inferno」の積み体験版を今更ながらプレイ


本来は本日からFFXIIIをプレイ開始する予定だったのですが、年末の小旅行の準備をしていたら中途半端な時間になってしまいました。次のプレイまで日も空きますのでどうせなら・・・と、積みまくっている体験版を幾つか遊んでみようかと。

今回は2010年2月18日の発売が予定されている「Dante's Inferno(邦題:ダンテズ・インフェルノ ~神曲 地獄篇~)」の海外体験版をプレイしました。まぁゲーム内容自体が「ゴッド・オブ・ウォー」に似ていると言うのは色々なサイト等で指摘されているとおりですが、制作側は堂々したもので既に開き直りの境地に至っています。むしろプレイヤー側が逆に相手の開き直り具合に気圧されているぐらいで(笑)

実際に体験版をプレイしてみると・・・確かに似てると言いますか本当にソックリです。ゲームプレイ中の舞台演出や戦闘システムが似ているのは予想範囲内としても、体験版の終盤では巨大モンスターの上に飛び乗ってモンスターを意のままに操ったりする本家の最新作でも早期から公開されていた要素も盛り込まれているあたり「これってどうなのか」と感じてしまったのも事実。

せめて自由視点ならば印象はガラリと違ってくるんですけどねぇ。

Dante04

その辺りのモヤリとする部分を全て念頭から消し去ることさえ出来れば・・ゲームとしては結構面白かったです。オリジナルは傑作で名高いゲームですからね(笑)しかし、プレイヤーの動きが軽快すぎる事や、舞台演出も派手にしようとするあまりに地に足が付いていない印象でした。ムービーも和ゲーが好きな人にはあまり受け入れられない作風で、しかもグロ成分が強いです。

私も、発売日前後にめぼしいソフトがなければ購入していたかもですが、どうしても同日発売の「HEAVY RAIN -心の軋むとき-」を優先してしまうなぁ。3月に入れば本家「ゴッド・オブ・ウォーIII」や「GOWコレクション」も予定されていますし。

公式サイト
ダンテズ・インフェルノ~神曲 地獄篇~ | EA エレクトロニック・アーツ

関連記事
EA、「ダンテズ・インフェルノ ~神曲 地獄篇~」早期購入特典はサントラCD。最新PVを公開 -GAME Watch


B001XCW5JS ダンテズ・インフェルノ ~神曲 地獄篇~ 特典 サウンドトラックCD「ワールド オブ インフェルノ」付き
エレクトロニック・アーツ  2010-02-18

by G-Tools
       
 

「週刊トロ・ステーション」をようやくインストール


実に今更ではありますが、ようやく「週刊トロ・ステーション」をインストールしました。11月11日のリニューアルから1ヶ月半が経過し既に7回目の更新が行われている訳で本当に今更ですね(笑)

とりあえずは購入したばかりの新型PS3に「週刊トロ・ステーション」をインストールし、まずは無料会員からスタートしました。

実際に見るのはトロステだけですしねぇ・・・と思ったら無料会員では最新号しか再生できないのですな。ふむ、過去アーカイブを再生するには有料(プラチニャ)会員になるしか無いのか。この辺りはコンテンツの質を見て判断だな、毎月800円は何気に高いし。

さて、今週配信された週刊トロステはクロ枠「らき☆すた ネットアイドル・マイスター」とのコラボ企画と、まさかのピエール枠「ファッションうんちく」でした。クロ枠コンテンツに期待していたのですが、思ったよりも濃くもなく長くもなくで拍子抜けでした。他サイト様を参考にさせて頂いたところ、どうやら今週は少しボリュームとテンション不足だったようです。

まぁ実際のところ、ダラダラと長いのも少し困るといいますか途中で飽きてしまうのですけどね。

正直なところ、オタク向けコンテンツはリッチにすればするほど成立が難しくなると考えています。ボリューム増をアピールする為には精通したファンでも唸るほどの情報量や正確さ、もしくは独自入手の新情報が欲しくなりますしねぇ。「まいにちいっしょ」時のトロ・ステ担当ライターさんは基本的には「広く・浅く」のスタンスですので毎日の配信コンテンツには最適だったと思いますが、週刊でリッチコンテンツにすると同じやり方では少し厳しいのかなと。

一つのネタを掘り下げるのではなく、軽めの紹介系記事を数本掲載とかの方が持ち味が発揮できるかも知れませんね。

あと、「週刊トロ・ステ」のアーカイブ再生だけが可能になる新課金体制も欲しい。月300円ぐらいんら迷わず課金しますぞ。

公式サイト
どこでもいっしょ.com|週刊トロ・ステーション

       
 

「白騎士物語」発売1周年を記念していろいろと


12月25日は「白騎士物語 -古の鼓動-」発売記念日という事で、前日の12月24日に色々と配信されていますので紹介いたします。

【2009年12月24日の配信内容】
・ダイナミックカスタムテーマ第1弾が配信
・ジオラマパーツ第4弾が販売開始
・冬休み限定!期間限定クエスト全開放!
・追加クエスト『結束の傭兵団』が、12月24日(木)より期間限定で配信開始

ダイナミックカスタムテーマは200円で配信されています。カメラが白騎士と黒騎士を交互になめるように映し出す趣深いカスタムテーマです。もう少し躍動するようなカスタムテーマにも期待したいところですが、白騎士ファンならオススメ。

そして、2009年12月24日(木)~2010年1月14日(木)のメンテナンスまでの期間限定にて、これまで配信されたクエストが全て再配信されます。期間限定にする理由ってサーバの問題だと思っていたのですが、どうやら違うようですね。まぁどちらにしても私はGR1ですので参加出来る追加クエストは存在しないのですが・・・


最新の追加クエスト『結束の傭兵団』の内容は下記の通り。

【クエスト概要】
バンヘイブン荒野にウィザードの軍勢が押し寄せている。
どうやら、地下水脈がウィザードに占拠されているようだ。現地に協力者もいるようなので、力を合わせ占拠された地下水脈を取り戻して欲しい。

配信日     2009/12/24(木)~2010/01/14(木)
必要GR     9~
推奨LV     46~

Shiro20091225

さて、今週のゲーム雑誌ではさりげなく白騎士関連で「1月24日になにかある」と記載されていますが当日って日曜日なんですよね。プレス向けの新作発表会あたりが開催されるのでしょうか?曜日的にゲーム雑誌とは連動していないと思われますので、思わぬタイミングで速報が流れてくる可能性も有りますので要注意です。

思えば、E3 2009のSCEプレスカンファレンスのテキストLIVEで「Final Fantasy XIV is coming to the PlayStation 3」の文字を見たときは実に興奮しました。フラゲ云々の是非とは別として、受け取る側としても二次的な情報になるためにどうしても驚きが薄れてしまうのですよね。

気がつけば発売日や発売時期が明らかにされていないPS3用SCEJパッケージタイトルは「人喰いの大鷲トリコ」と「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」だけです。2009年度内に予定されているタイトルは息苦しいまでの過密状態で、そこから延期されるソフトが幾つか出てくると思いますが、それ以外の真っ新な新規タイトルにも期待したいですね。

公式サイト
白騎士物語-古の鼓動-
白騎士物語-光と闇の覚醒-

関連記事
ダイナミックカスタムテーマ第1弾 販売開始のお知らせ|お知らせ|プレイヤーズインフォメーション|白騎士物語® -古の鼓動-
ジオラマパーツ第4弾 販売開始のお知らせ|お知らせ|プレイヤーズインフォメーション|白騎士物語® -古の鼓動-
冬休み限定!期間限定クエスト全開放!さらにプレゼントも!|お知らせ|プレイヤーズインフォメーション|白騎士物語® -古の鼓動-
追加クエスト『結束の傭兵団』が、12月24日(木)より期間限定で配信開始!|配信クエスト情報|お知らせ|プレイヤーズインフォメーション|白騎士物語® -古の鼓動-


B002NKN9TO 白騎士物語 -古の鼓動- EX Edition
ソニー・コンピュータエンタテインメント  2009-10-08


by G-Tools
       
 

「ファイナルファンタジーXIV」キャラメイク情報が明らかに


2010年より正式サービスインが予定されている「ファイナルファンタジーXIV」の最新情報が公開されています。今回はキャラメイキングについてです。

思えば「ファイナルファンタジーXI」のキャラメイクは貧弱なものでした。フェイスパターンは種族・性別に各々8種類(色違いを合わせると16種類)で、選択肢としては多いように感じますがフェイスの人気差が大きかった記憶があります。特にヒュムは人気フェイスに偏る傾向が強く、野良のレベル上げPTで私以外が全員同じ顔だった事すらあります。

さて、前作から8年が経過した最新作XIVではどのように進化しているのでしょうか。今回発表されたFFXIVのキャラメイキングの特徴は下記の通り。

・種族の選択(現時点では5種族)
・フェイスパターンや髪型の選択
・髪や目、肌の色を選択
・目鼻口の形状を変えることが可能
・傷やタトゥーの追加が可能

※現時点で発表されている5種族(ヒューラン,ミコッテ,ララフェル,エレゼン,ルガディン)以外に新種族が存在するかどうかは不明。

Ffxiv_20091224

今回発表された内容だけでは、ようやく今風に追いついたという感じですかねぇ。飛びぬけた要素は感じられませんが、日本人ゲーマーにとってFFXIVの最大の魅力は「国産MMORPG」である事です。FFXIが国内で人気を博したのはFFナンバリングタイトルである事だけではなく、日本人に受け入れられやすいフェイスパターンやデザインも影響しているはずです。

海外製MMORPG等のキャラメイキング画面を使っていて思う事としては、ランダムで適当に作ったフェイスは大抵変ですし、じっくりと調整しても好みの顔を作り出せる気がしないのです。FFXIVのキャラメイキングもただ選択肢を増やして「パターンを無限大」にするだけでは、ユーザが愛着のある(プレイし続ける気になる)キャラクタを作り上げることには繋がらない可能性も有るのです。

FFXIがリリースされた2002年程では無いにしても、初めてのMMORPGとしてFFXIVに挑戦するゲームファンも数多いはずです。最近ではPS3「白騎士物語」のように自由なカスタマイズで日本人好みのフェイスを作り出せるゲームも登場していますし、人気RPGのナンバリングを冠したMMOタイトルとしてはキャラメイク一つとっても自由度と見栄えのするメイキングを両立させる工夫が求められるでしょう。

その中で、RPGタイトルではありませんがキャラメイクにおける一つの方向性を示したのが「FIFA10」で採用されたゲームフェイス作成機能でしょう。これは実際の顔写真を取り込んで加工することで自分自身に似た(自分よりも格好良い?)フェイスモデルを生成する機能です。使い勝手やフェイスの完成度はまだまだ発展途上だと思われますが、毎年改善され続けているFIFAシリーズの事ですから今後の更なる進化に期待できます。

「ファイナルファンタジーXIV」のキャラメイキング機能はこの程度で終わるとは思っていませんので、今後の続報に期待したいところです。

026

少しだけFFXIの昔話をします。私は比較的数が少ない(人気の少ない)髭ヒュムだった訳ですが、それでも町を歩くと同じ顔のキャラとすれ違うことは珍しくありませんし、ノートリアスモンスター戦でアライアンスを組んだときも同じパーティに髭キャラが3名入っていただけで「髭パーティ」と命名されていました(笑)

まぁ髭キャラだけでLSを作って公式イベントを開催したりと、不自由なキャラメイキングによる副産物的な楽しみ方もあった訳ですけどね。

私は多分・・・FFXIVでも髭キャラにするだろうなぁ。

Hige
こいつが髭ヒュムだ。

公式サイト
FINAL FANTASY XIV

関連記事
4Gamer.net ― ついにβテスター募集もスタートした「FINAL FANTASY XIV」。今回は導入ストーリーとキャラメイク情報をお届け(FINAL FANTASY XIV)
写真で見る「ファイナルファンタジーXIV」 - ITmedia Gamez
『ファイナルファンタジーXIV』2009年最後となるビッグな情報をお届け - ファミ通.com
スクエニ、「ファイナルファンタジー XIV」の最新情報を公開 - GAME Watch
肌の色や傷、タトゥーまで『FF XIV』キャラメイクの詳細が判明/ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム

       
 

Amazon新着情報 12/24


Amazonの新着情報です。


B0031U0MPO信長の野望・天道(2010年3月発売予定)
コーエー 2010-03-31

by G-Tools
B0031U0MIGレッド シーズ プロファイル
マーベラスエンターテイメント 2010-03-11

by G-Tools

       
 

「ゴッド・オブ・ウォー コレクション」が国内でも発売


この記事を書いている時点ではフラゲ情報になりますので、真偽の程は購入してお確かめ下さい。


カプコンより「ゴッド・オブ・ウォー コレクション HDリマスター版」が発売される事が明らかになりました。これは2009年11月17日に北米で発売された「God of War Collection」の日本語ローカライズ版になります。

最新作「ゴッド・オブ・ウォーIII」はSCEJのローカライズによって2010年3月に発売される事が発表されています。正直なところ「今さらカプコン?」と思いましたが、過去にPS2で発売された「ゴッド・オブ・ウォーI・II」はカプコンがローカライズを手がけた関係もあるのでしょうね。

GOWI/IIの頃にも話題になった規制の具合とか気になる部分はありますが、取りあえず日本語化されて販売されることを喜びましょう。出来れば「ゴッド・オブ・ウォーIII」より前に発売されて欲しいとは思うのですが、パブリッシャが違いますので連携を取って頂けるのかどうか・・・。

Godofwarcollection20091106001505515

下記が現時点で明らかになっている2010年3月度発売ラインナップになります。

【2010/3/11】
・バトルフィールド バットカンパニー2

【2010/3/18】
・龍が如く4 伝説を継ぐもの

【2010/3/25】
・アーミーオブツー
・QUANTUM TEORY
・PowerSmash ライブマッチ

【未定】
・ゴッド・オブ・ウォーIII
・グランツーリスモ5
・トリニティ ジルオール ゼロ
・北斗無双
・信長の野望 天道
・ゴッド・オブ・ウォー コレクション

2010年3月中に予定されているタイトルが更に増えてきました(笑)現状は各ソフトハウスが開発状況を考慮しながら発売日を模索しているところなんでしょうなぁ。

そして、コーエーからはニューカマー「信長の野望 天道」が2010年3月商戦に入り込んでくるようです。しかし、「トリニティ ジルオール ゼロ」や「北斗無双」も同じコーエーですが、取りあえず年度内の発売予定タイトルを放り込んできましたって感じなんですかね。2010年3月25日に発売が決まっているテクモの「QUANTUM TEORY」も同じコーエーテクモグループですし・・・。まぁさすがに全部スケジュール通りに発売されるとは思いませんが。

そのような中でカプコンは先手を打ってきました。あくまでも海外のスケジュールになりますが、「ロストプラネット2」や「スーパーストリートファイターIV」の発売時期を2010年度以降に延期するとの発表が有りました。恐らくは国内のスケジュールにも影響してくるでしょう。個人的にはどちらも購入予定ではないソフトですが、例年ソフト日照りが酷い4月~8月のタイミングにそれなりに力を入れたタイトルを投入して頂けるならば市場も盛り上がるかもですし、追従するソフトハウスが増えることにも期待出来ます。

それにしても、うーん2010年1月24日の「白騎士物語の何か」も気になるぜ。


B00292AQQ0 龍が如く4 伝説を継ぐもの 特典 Kamutaiマガジン付き
セガ  2010-03-18


by G-Tools
B002T0687S 北斗無双(2010年3月発売予定)
コーエー  2010-03-31


by G-Tools
B0030NK8K6 Power Smash ライブマッチ!
セガ  2010-03-25


by G-Tools
       
 

CODMW2の署名活動が話題に


日本でも2009年12月10日に発売された「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2(CODMW2)」における署名活動が海外のサイトにて実施されているようです。と言っても規制云々の内容では無く、より多くの人に快適なゲームプレイを提供するための改善提案です。

そのサイトによるとCODMW2のオンライン対戦モードでの敵味方の判別は、プレイヤー文字が「赤か緑」であるかで分けられているようで、一部の色覚異常者にとっては判別できない状況に陥ってるようです。サイト内では判別カラーの種類をオンラインパッチにより増やして欲しいとの要望が上げられており、現時点では有志による2800件以上のオンライン署名が寄せられています。

下記が署名サイトのURLになります。
Colour-Blind option in Call of Duty: Modern Warfare 2 Petition

さて、当ブログでも何度か書いているとおり私も「先天性赤緑色覚異常」です。CODMW2は未プレイですが、上記のとおりの仕様なら確実に敵か味方か判りませんね・・・「とりあえず誰彼構わず撃ってみる」訳にはいかないですし(笑)

日常生活では会社の電話機で保留の色が判らない事ぐらいしか困ることはありませんが、趣味の分野での影響は小さくありません。何より「自分自身の目で見ているもの」は他の人よりも鮮やかではないという漠然とした劣等感はこれからも一生付きまとうでしょう。
という事でゲームにおいても色合わせのパズルゲームは最初からプレイ不可ですが、この辺りは事前に判ることだけに大きな問題ではありません。問題なのは今回取り上げたCODMW2のように「プレイし始めてから気付いてしまう色判別が必要とされるゲーム要素」が何気なく組み込まれている場合です。

ここ数年でプレイして色要素が気になったゲームはPS3「FolksSoul 失われた伝承」やPS2「ゼノサーガEP3」でしょうか。「FolksSoul」は体験版の段階で赤緑の判別が戦闘システムで重要な要素である事が判りましたので回避できましたが、「ゼノサーガEP3」は物語の中盤で遭遇するパズル要素ですから始末が悪い。ネタバレですし、こんな情報を購入前情報として入手出来るわけがありません。

まー普通のゲームならば確実に投げ捨てているところですが、EP1~EP2と楽しんできたゼノサーガ3部作の最終章とあってはさすがに放棄する気にもなりません。結局は運と勘を頼りに1時間以上も当てずっぽうに動かしてようやくクリアした記憶があります。

さて、CODMW2の改善署名運動は世界的なビッグヒットタイトルだからこそ実現出来る(かも知れない)事です。たいていのプレイヤーは私のようにゼノEP3を涙目でクリアするか、途中で諦めてしまうかになるでしょう。これは自分自身の意思でプレイを断念する場合とは違い、なんともやるせない気持ちになるのです。Killzone2の挫折は自分自身の腕前が原因ですから文句はありませんが、ゼノEP3での当てずっぽうプレイの尋常ではない苦しみは二度と経験したくないレベルです。

Callofdutymodernwarfare220091109113

関連記事にもあるように今後は「カラーユニバーサルデザイン」に配慮したゲーム開発が一般的に広まることを期待したいところです。私もCODMW2の署名サイトにデジタル署名させていただきました。

関連記事

Colour-Blind option in Call of Duty: Modern Warfare 2 Petition

ブログ内記事
PS3「FolksSoul失われた伝承」体験版2: ゲームかなー


B002NX0FU2 コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2
スクウェア・エニックス  2009-12-10

by G-Tools
       
 

今週発売のソフト:2009/12/22


FFXIIIが初週150万本を突破したとの報道がありましたね。本体の牽引効果も抜群だったようで、FFXIIIはとりあえずの成功を収めたと言えるでしょう。アフターFFXIIIについても先週開催されたジャンプフェスタでヴェルサスXIIIの映像が公開されていたとの事ですし、大きな情報公開も来年早々に期待出来るかもですね。


さて、今週は年末商戦の最終週になります。

【PS3用ソフト】
12/23 PixelJunk シューター(DL専売)
12/25 ぽっちゃりプリンセス(DL専売)

【PSP用ソフト】
12/23 アサシン クリード ブラッドライン
12/23 メタルスラッグ XX
12/24 ダライアスバースト
12/24 らき☆すた ネットアイドル・マイスター

12/24 モンスターハンターポータブル 2nd G(PSP the Best)


今週のPS3用タイトルはDL専売の2本だけ。元々予定されていた「PixelJunk シューター」に加え、11月から配信が延期されていた「ぽっちゃりプリンセス」が12月25日に配信されることが急遽明らかになりました。延期の理由は色々とウワサされているようですが、どうせ手直しするなら年明けでも良かったような。正直、正月休みに家族と一緒にプレイするソーシャルなゲームタイトルでもありませんし。

一方、PSP用には個性的なタイトルが揃いました。「アサシン クリード ブラッドライン」は初代「アサシン クリード」の後を描いた作品になり、発売されたばかりのPS3用「アサシン クリード II」との連動機能も用意されています。シリーズファンならば興味を持つ方も多いのでは無いでしょうか。

しかし、最近はHDタイトルのスピンオフ系作品(中には正当なる続編を喧伝している作品もありますが)としてPSP版が制作されるパターンが増えつつありますが、PSPが携帯機として高い映像性能を持っているだけに「逆にHDタイトルから見劣りしてしまう」ジレンマが生じつつあるような気がしています。私もPSP版グランツーリスモは「PSPとしては頑張っている」とは理解しつつも食指は動きませんでした。

映像の美麗なHDタイトルが数多く制作されていますし、知らず知らずのうちに映像の美しいタイトルに慣れてしまったゲームファンも多いのかもしれませんね。

そして、その中でも「ダライアスバースト」は「Gダライアス(1997年)」以来の新作となり、上記のようなパターンは当てはまりません。私もGJF2009で実際に体験プレイしましたが、実に魅力的な映像を楽しむことが出来ました。しかしヘボシューターの私にはPSPのコントローラで満足するプレイをする事は困難で、鉄拳6同梱版の無線ジョイスティックがBT対応だったらPSPgoに接続してプレイすることが可能だったんですが・・・。新型PSPにはUSBコントローラ接続機能が欲しいですなぁ。

「らき☆すた ネットアイドル・マイスター」は全く読めません。タイトルの色々な意味での胡散臭さ(笑)は狙ってのものでしょうが、アニメや原作の熱心なファンは食いついてくるのでしょうか?それに最近感じるのですが、流行の深夜系アニメを題材にしたゲームを作ろうとしてもメタに陥ってしまう作品が多そうです。80年代のように何でも横スクロールアクション、90年代のように何でも対戦格闘にしてしまう訳にもいかないですし、「とらドラP」のようなアドベンチャー形式に持ち込める作品は限られてしまいます。「良質なファン向けゲーム」である事と「高いゲーム性」の両方を求めるのは難しい事でしょうねぇ。

最後の「モンスターハンターポータブル 2nd G」は再廉価版になります。いや~まだまだ売る気です。私自身、MHシリーズは未プレイですが国内PSP躍進の原動力となった最功労タイトルですから無碍にも出来ません。期待していたPSP版モンハン次回作「モンハン日記 ぽかぽかアイルー村」が発表されたときにはかなりガッカリした記憶がありますが、MHP2Gとの連動もあるようですし、よい流れでMHP3へ繋いでいただきたいところです。


翌週は年末年始を挟みますので発売予定のタイトルはありません。そういえばPS用初代「闘神伝」の発売日は1995年1月1日でした。発売時は帰省していましたので、故郷の友人達と正月から営業しているゲームショップや玩具屋を数店回って捜し求めた記憶があります。

今は木曜日以外で発売されるソフトって少ないですね。DQ9はプレイヤー年齢層も考慮してか土曜日の発売でしたが、PS3時代でも「真・三國無双5」や「ラチェット&クランク FUTURE」は2007年11月11日(日)のPS3発売記念日にリリースされています。まぁ木曜日発売からずらしたとしても流通の関係やランキング集計の関係でメリットは少なそうです。ネット等で毎週の売上げランキングの速報も簡単に入手できる時代ですから、そのあたりも考慮する必要があるのでしょう。


B002QQ755O アサシン クリード ブラッドライン【CEROレーティング「Z」】
ユービーアイ ソフト  2009-12-23


by G-Tools
B002RL9754 メタルスラッグ XX 特典 一文字百太郎のパンツ付き
SNKプレイモア  2009-12-23


by G-Tools
B002MZYERG ダライアスバースト
タイトー  2009-12-24


by G-Tools
B002FL43BY らき☆すた ネットアイドル・マイスター DXパック(「アイドル応援5大グッズ」同梱) 特典 もどきろいど「泉こなた」&Amazon.co.jp限定特典「らき☆すたカスタムテーマ集」CD-ROM付き
角川書店  2009-12-23


by G-Tools
B002FL43D2 らき☆すた ネットアイドル・マイスター(通常版)
角川書店  2009-12-23


by G-Tools
       
 

雑記:もう、ある意味ゲームだね:2009/12/21


久々に雑記でもつらつらと。

FFXIIIが発売されてから4日目、早い人なら5日目が経過しました。時間に余裕のある人ならそろそろクリアされた方もいらっしゃるのかも知れません。私自身は完全に情報遮断モードに入っていますので何ら状況は判りませんが、事前情報で「慣れた人でも50時間」との話もありましたので1日10時間ペースならばそろそろなのかな・・・と。

この情報遮断モードを維持することはネットに関わらなければ実に容易いことなんですが、正直なところテレビ放送は無くても平気だがネット無しの生活なんぞ考えられないのが現実です。知りたいことは検索する癖がついてしまってますし、ブログやデイリーニュースを書くために関連する企業サイト及び相互リンクサイト様の更新状況を日々チェックしていますしね。

そして流石はFFXIIIというべきでしょうか、慣れているはずのネタバレ回避生活においても色々な場所から危険が忍び寄ってくるのです。まさに師走の交通事情のようなもので、こちらが交通ルールの遵守を心がけていても無事故無違反でいられる保証はなく、むしろ「思わぬ被害事故」への細心の注意及び周囲への配慮が大切な時期だなと感じつつあります。

最近ハマっているtwitterもクライアントソフトに除外ワードを登録している関係でFFXIIIをプレイされている方のツイートは大半が見えなくなっていたりします。まぁ除外ワードを多量に設定しすぎた為、私自身の何気ないツイートですら消えていることがありますが(笑)多分「召」の一文字を除外にしているのが原因だろうな。

更に匿名掲示板の恐怖を再確認しつつあります。勿論私自身は某匿名掲示板にはいっさい近づいていないのですが、グーグルあたりで検索しても匿名掲示板情報が検索結果としてツラツラと表示される事がこれ程までに恐ろしいことだったとは・・・。こちらも除外キーワードで検索結果から除外されるようにと心がけています。

さて、ここまで読まれた方はお気づきかもですが、私は今の状況を結構楽しんでいます。現時点では私自身のFFXIII初プレイは12/27(日)を予定していますが、その日まで完全に情報を遮断し続けることが出来るのか?腹を空かせてから旨い料理を食べる心境ですな。


12月17日には到着していた訳ですが、ようやく「LIGHTNING EDITION」PS3を箱から出してセッティングしました。

Myroom20091220

こうやって並べてみると本当にスマートになったなぁと実感出来ます。新型になってもPS3本体のシャープなデザインは健在ですので、白色になってもビジネスPCと間違われるような事もなく、それなりの大きさがありますので玩具っぽい印象も受けません。新型に移り変わってもリビングや自室でハイテクガジェットとしての存在感を存分にアピールしています。

そして、実際に自室にセッティングして初めて判りました。「新型PS3悪くない、いやむしろ気に入った・・・」と。しかし4台体制になると本体間のスペース確保が難しくなりますね、次なる本体購入の際には置き方を再考する必要があるようです。

ついでにPS3本体の箱も積み重ねてみました。箱も同様に小さくなっています。

まぁ今回のFFXIII同梱版もオリジナルデザイン(カラー)だから購入した訳ですが、今度の新色は何色になるのでしょうかねぇ。個人的には濃い青色のデザインとか欲しいのですけど、コントローラのメタリックブルーは少し違うのよね。

勿論、次の限定カラーも気に入れば購入予定。PS3がどこまで増えていくのか、私自身も楽しみであります。


B002LZTX0U PlayStation 3(120GB) チャコール・ブラック(CECH-2000A)
ソニー・コンピュータエンタテインメント  2009-09-03

by G-Tools
B002LZTX14 PlayStation 3(CECH-2000シリーズ)専用 縦置きスタンド(CECH-ZS1)
ソニー・コンピュータエンタテインメント  2009-09-03

by G-Tools
B002QQ7536 ワイヤレスコントローラ(DUALSHOCK3) メタリック・ブルー
ソニー・コンピュータエンタテインメント  2009-10-29

by G-Tools
B002QQ753G ワイヤレスコントローラ(DUALSHOCK3) ディープ・レッド
ソニー・コンピュータエンタテインメント  2009-10-29

by G-Tools
       
 

今週はFFXIIIがリリース、そして次のJ-RPG商戦が本格化:2009/12/20


今週は「ファイナルファンタジーXIII」が発売されました。既に初日販売本数が100万本以上との報道もあり、PS3の国内普及台数を考えると順調な滑り出しと言えるでしょう。私も入手済みではありますがプレイ開始は大晦日からになり、正月休み期間中のクリアは既に諦めています(笑)

さて、FFXIIIはビッグタイトルにふさわしく?発売週は勿論、12月のPS3用新作に関してはスクエニ以外から一本もソフトが発売されていない程の見事な回避されっぷりでした。当ブログでも発売時期については色々と書いてきましたが、逆にここまで徹底して回避されてしまうと当然のようにしわ寄せがやってきます。

そのしわ寄せ先である2010年1月28日発売予定のPS3用J-RPGタイトルは下記の通り。

・End of Eternity
・アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く
・ラストリベリオン

そして、今週はこれら激戦週発売タイトルのプロモーション情報が色々と公開されています。


・「エンド オブ エタニティ」の店舗別特典と応援キャンペーン
「エンド オブ エタニティ」は店舗毎に予約特典が異なります。テレホンカードや図書カード、そしてPC壁紙やTシャツと多岐に渡った特典には相当力が入っています。音楽CDなら特典目当てで複数購入するファンも珍しくありませんが、単価の高いゲームソフトではそこまでの強者は少ないでしょう。予約する前に特典内容を確認しておきましょう。

また、EoEを応援する「サポーターズ店舗」で予約すると先着で「エンド オブ エタニティ 特製クリアファイル」がプレゼントされます。

End of Eternity|エンド オブ エタニティ|オリジナル特典告知
リーンベルがいっぱいの『エンド オブ エタニティ』販売店別予約特典 - ファミ通.com
End of Eternity|エンド オブ エタニティ|応援キャンペーン

・「ラストリベリオン」は予約特典と店舗特典
「ラストリベリオン」の予約特典は「ミニサントラ付きビジュアルブック」。更にAmazonで予約すると2枚組のポストカードが別途付属します。

Last Rebellion
日本一ソフトウェア、PS3「ラストリベリオン」予約特典と店舗特典の情報を公開 -GAME Watch

・「アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く」
「アルトネリコ3」はソフト発売前日に関連アルバムが3枚同時リリースされることがアナウンスされました。既報の予約特典は「オフィシャルビジュアルブック」になります。

アルトネリコ3|豪華予約特典オフィシャルビジュアルブック RPG『アルトネリコ3』関連アルバムが3枚同時リリース! 発売日は来年1月27日


FFXIIIが発売された今週から来年発売タイトルの新作プロモーションが活発になってきましたね。どうやら「アフターFFXIII」の戦いはこれからが本番のようですが、当日は他ハードで強力なRPGタイトルも発売されますし今まで以上に厳しい週なんですよねぇ。

勿論、PS3で発売される3本ともヒットして欲しいのですが、どうしても絞られてしまうでしょうね。その中でも発売時期の影響が一番少なそうなのは「アルトネリコ3」ですかね、固定ファンも多いでしょうし。

私は来週のEoE体験版で再評価して購入を決める予定です。

【おまけ】
・「ファイナルファンタジーXIV」がβテスターを募集開始
既報の通りFFXIII初回封入特典でFFXIVのβテスターに応募することが出来ます。以前の記事では発売日まで伏せていた理由は思いつきませんでしたが、考えてみるとFFXIII発売前にFFXIVの情報はなるべく抑えておきたかったのかも知れませんね。

「ファイナルファンタジーXIII」パッケージ同梱の「ファイナルファンタジーXIV」キャンペーンコードについて

公式サイト
FINAL FANTASY XIV
End of Eternity|エンド オブ エタニティ OFFICIAL SITE
Last Rebellion

アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く|バンダイナムコゲームス公式サイト


B00266QNZC End of Eternity (エンド オブ エタニティ) 特典 スペシャルサウンドトラック「RESONANCE OF SOUNDS」付き
セガ  2010-01-28


by G-Tools
B002SW3MZS アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く 特典 オフィシャルビジュアルブック付き
バンプレスト  2010-01-28


by G-Tools
B002MZYEQM ラストリベリオン 特典 ミニサウンドトラック付きビジュアルブック & Amazon.co.jpオリジナル ポストカード(2種)付き
日本一ソフトウェア  2010-01-28


by G-Tools
       
 

PS2互換機能の行方:2009/12/19


「トリック劇場版3」が予定されているようですね。私はTVシリーズと劇場版の全てを観た一応「ファン」だとは思うのですが最新作はどうだろうか、今のところ興味はわかないなぁ・・・。実は唐突に出してきたトリックの話題は「なんどめだPS2互換」という表題のネタに誘導する為だったりするのです。意味ねー。


さて、その「PS2互換機能復活」の噂は互換機能が削除された40GB版PS3が発表された2007年冬頃から定期的に噴出しています。

しかし、PS2互換機能の復活については本当に無いのかも・・・と最近は感じさせます。関連する(と思われる)技術の存在が明らかになる度に我々ユーザも期待してしまうわけですが、最近はSCEサイドから先手を打つように「互換機能復活否定」のコメントが出されています。PS2ソフトエミュレーションの開発も打ち切られる事は無いにしても、「次世代機への技術研究」の名目で相当に縮小され、いや最初からそうなのかもですが。

SCEAのマーケティング担当John Koller氏による主張は「PS3ソフトは充実しているし、PS2互換は現段階では求められていない。だからもういいだろう?」と受け取れるものです。コメントのニュアンスは今年夏ごろのコメントと大きく変わりはありませんが、値下げした新型PS3の好調な売上げが方針を後押ししているのでしょう。

インタビュー記事によると2010年プレイステーションビジネスは「モーションコントローラ」「3Dゲーム」「PSN」が3つの大きな柱になるとの事です。


まぁ、確かにPS3が発売されて3年以上が経過した今となっては「PS2互換機能が搭載されたら台数が伸びる」とも「搭載されないから台数が伸びない」とも感じません。

これはSCEの牛歩戦術の甲斐あってか「無くても困らない」機能になってしまった訳です。確かに私も初代PS3を所有していながらPS2ソフトを起動した事は今年に入ってまだ一度も無いというのも現実ですが、「有っても困らない」機能でもあるんですよね。やっぱり技術的に困難なんでしょうかねぇ。

将来のPS4がどのようなビジョンを持ったハードになるのかは全く明らかにされていませんが、PS2→PS3の時に生じたSD→HDへのシフトは無いでしょう。ビジュアル面で極端な差が生じないとなると、尚更PS3タイトルの完全互換性は次世代PSには「必須」になるはずです。

過去資産のアーカイブス配信は今後も継続されるでしょうし、満足できるPS2互換機能は次世代PSへの「宿題」とでも考えておけば、PS3のライフサイクル中に「互換性復活」がやってきたとしても素直に喜べるというものです。

関連記事
ソニー「PS2ソフト後方互換性の必要性はなくなった」 - Game*Spark
Sony Talks 2010: "Project Natal and Wii are going to have trouble", Feature Story from GamePro

       
 

「ファイナルファンタジーXIV」βテスターの募集が開始


ようやく我が家にも「FFXIII LIGHTNING EDITION」が到着しました。白い新型PS3は実物で観るとなかなかスタイリッシュで気に入りました。縦置きにするとライトニングさんのデザインが微妙な感じになりますが、これは以前より想定内(笑)

さて、先日「ファイナルファンタジーXIII」初回パッケージに封入のキャンペーンコードでFFXIVのβテスト特別枠に応募できると書きましたが、2009年12月17日よりFFXIV公式サイト内に応募フォームが正式にオープンされました。

【PlayStation 3版】
「ファイナルファンタジーXIII」パッケージ同梱の「ファイナルファンタジーXIV」キャンペーンコードについて

【PC版】
ファイナルファンタジーXIV βテスター応募サイト

応募資格は下記の通り

・18歳以上であること
・スクウェア・エニックス アカウントを所持していること
・インターネットに接続できる環境にあること
・大容量のデータをダウンロードできること
・積極的に参加し、日・英・独・仏語のいずれかで不具合報告などを行えること

現時点で明らかにされている情報は下記の通り

・今回のβテスター募集の選考は「先着順」ではなく「抽選」
・プラットフォームに関わらず一人一回の応募
・PS3版の応募は、FFXIII初回購入特典のコード入力が必要
・βテストに落選した場合でも次の選考に繰り越される
・βテストに当選した時点からテスト終了まで参加可能
・複数応募が判明した場合は選考対象から除外
・βテストの開始時期は現在未定
・PS3版のβテストはPC版よりも後に開始

どうやら募集サイトがオープンされた直後は相当アクセスが集中したようですね。「抽選」との事なので、私は落ち着いてから応募登録する予定です。あと、スクウェア・エニックスメンバーズの会員ランクが選考に影響するかどうかは不明ですが、この辺りも公式に発表されない限りはオカルトのような感じになりますね。落選した場合は「やっぱりブロンズだから後回しにされたのかなぁ」と思ってしまうのは仕方ないですし。勿論私はブロンズ会員(笑)

現時点ではPS3版FFXIVのβテスト応募には「FFXIII初回パッケージのコード」が必要です。もしかすると後ほどコード未所有者に対する一般応募も開始される可能性はありますが、FFXIIIの初回出荷本数は180万本との事ですし特別枠からの応募者の大半が落選する可能性すらあります。FFXIV正式サービスイン後の想定プレイヤー数以上のテストを行う必要は無い訳ですし。

なお、PS3版とPC版を同時に申し込むことはできませんが、私は所有しているPCのスペックを考えるまでもなくPS3版のβテストに申し込みます。私のPC環境で満足できるパフォーマンスでプレイする為には新型PS3が何台購入できるか判らないぐらいの追加費用が必要になりますしね。

さて、開発チームは違えど、これでFFXIIIからFFXIVにバトンは受け継がれました。私としては初めてのMMORPGだったFFXIの初期プレイ時の興奮を上回ることは難しいでしょうが、ベータインのタイミングに合わせて自分自身のゲームへのモチベーションを高める努力をしてからFFXIVに臨もうと考えています。

年明けからは「アギトXIII」や「ヴェルサスXIII」の情報にも期待ですね。

C20091217_ff14_01_cs1w1_640x360

公式サイト
FINAL FANTASY XIV

関連記事
スクエニ、PS3/WIN「ファイナルファンタジーXIV」。日本など5カ国でβテスターの募集を開始 - GAME Watch
4Gamer.net ― 「FINAL FANTASY XIV」(ファイナルファンタジーXIV)公式サイトでβテスター募集がスタート! 「XIII」同梱のキャンペーンコードがあればPS3版βテスト特別枠への応募も可能!(FINAL FANTASY XIV)
経験は不問です――「ファイナルファンタジーXIV」βテスター募集開始 - ITmedia Gamez
『ファイナルファンタジーXIV』のβテスターが募集開始! - ファミ通.com


B000FNQXEO ファイナルファンタジーXIII
スクウェア・エニックス  2009-12-17


by G-Tools
       
 

「ファイナルファンタジーXIII」がようやく発売、そしてPS3も大台に:2009/12/17


今回の記事が公開される2009年12月17日にはいよいよPS3「ファイナルファンタジーXIII」が発売されます。発表されてからの期間が長かったこともあって色々と紆余曲折はありましたが、まずは無事に発売される事を喜びましょう。

さて、恒例の「物語に関係しない」FFXIII関連の情報をピックアップして紹介します。


・PS3が400万台を突破
少し前の記事にも書きましたが、予想?通りPS3がFFXIII発売直前に国内累計400万台を突破しました。なんとなくFFXIIIも発売されて一区切りがついた感がありますが、PS3ラバーとしての気分はそう・・・エースをねらえ最終回、桂コーチの「なにもかもこれからだ!」 の一言がピッタリ来るのです。

2010年年明け以降のソフトラッシュ、そして現時点では不透明な2010年度のソフト及びハードの展開に期待しています。

・FFXIIIの3DシネアドがTOHOシネマズで上映
FFXIII本編中の映像を3D化した2分ほどの広告映像が全国のTOHOシネマズで上映されます。期間は12月23日から1月5日までになり、「アバター」の上映前シネアドとして公開されます。

既にPS3は本体バージョンアップのみで3Dテレビへの対応をアナウンスしていますが、将来的には3D映像対応の最新FFがリリースされるかも知れません。映像表現に拘り続けるナンバリングFFチームなら可能性は十分にありますね。今回制作されたFFXIIIの3D映像もPS3が3Dに対応した後にPSN配信されたら観てみたいものですね。

・FFXIVキャンペーンコードは同時にβテスト特別枠応募コードだった
フラゲした人からの情報によると、初回版パッケージに封入されているFFXIVキャンペーンコードはPS3版「ファイナルファンタジーXIV」βテスト特別枠への応募コードでもあることが明らかになりました。勿論、既報のFFXIVゲーム内シークレットアイテムのコードも兼用していますので大切に保管しておきましょう。

なお、キャンペーンコードの仕様やβテスト応募等の情報はFFXIV公式サイト
に公開されるようです。

正直なところ、今回の初回特典封入コードがFFXIVのゲーム内アイテム用であることが判明した時は少しガッカリしました。βテスト応募コード云々についてはFFXIII発売日まで伏せられていた訳ですがサプライズにする必要性ってあったのでしょうかね?

特別枠という表現から一般枠もあるのでしょうが、特別枠はどれぐらい用意されるんでしょうね。正直、FFXIII購入者のうち何割がFFXIVに興味を持っているのか見当もつきません。FFXIの頃はオンラインゲームに対する物珍しさも含め一般層の興味も高かった記憶がありますが、今ではMMORPGも氾濫してますからねぇ。FFXIの後継としてのブランド力も高いとは思いますが。

しかし、この調子ならPS3版βテストの開始も我々が思っているより早いのかも知れません。FFXIIIもリリースされたことですし、来年年明けあたりからFFXIV関連の情報が色々と公開されそうで期待は高まるばかりです。

・FFXIIIとPS Homeがコラボ
FFXIIIとのコラボレーション企画が下記の内容で実施されるようです。

・ライトニング、スノウ、サッズなどのアバター衣装
・武器、モンスターなど各種アイテムが配信
・FFXIII仕様の自室が期間限定で提供(2010年1月14日まで)


2009年12月17日のPS Homeメンテ後からのスタートになるでしょうね。Homeのメンテナンスは大抵延びるので、明日に確認する事は難しそうだな・・・。


さて、私も注文していた「FFXIII LIGHTNING EDITION」は本日(12/17)到着予定です。匿名掲示板等では悪意の塊のようなネタバレの被害も発生しているでしょうが、不要な情報を遮断する事もこれからの社会では必要なスキルです。情報から身を守る術を身につけましょう。

評価についてもそうです。例えどれだけゲームに精通しているレビュワーであっても結局は他人の評価にすぎません。自分自身がゲームを楽しむ上ではむしろ邪魔になる事すらありますし、自分でプレイして感じ得た感想や評価を大切にしていきましょう。

公式サイト
FINAL FANTASY XIV
FINAL FANTASY XIII

関連記事
販売台数PS3は400万台を突破! - ファミ通.com

「FFXIII」の3D映像シネアドがTOHOシネマズ各館で公開 - ITmedia Gamez
明日発売『FF XIII』の3DシネアドがTOHOシネマズで上映決定
「ファイナルファンタジーXIII」全国のTOHOシネマズで3D対応シネアド(劇場広告映像)公開! - GameSpot Japan


B000FNQXEO ファイナルファンタジーXIII(特殊仕様ジャケット: 「ファイナルファンタジーXIV」キャンペーンコード同梱)
スクウェア・エニックス  2009-12-17


by G-Tools
4757527683 ファイナルファンタジーXIII ワールドプレビュー
スクウェア・エニックス
スクウェア・エニックス  2009-12-10


by G-Tools
4757527764 ファイナルファンタジーXIII バトルアルティマニア
スタジオ・ベントスタッフ
スクウェア・エニックス  2010-01-28


by G-Tools
4757527756 ファイナルファンタジーXIII シナリオアルティマニア
スタジオ・ベントスタッフ
スクウェア・エニックス  2010-01-28


by G-Tools
4757527705 小説 ファイナルファンタジーXIII エピソード0 -約束-
スクウェア・エニックス  2009-12-24


by G-Tools
4757527713 ファイナルファンタジーXIII ポストカードブック
スクウェア・エニックス
スクウェア・エニックス  2009-12-17


by G-Tools
       
 

「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」のPSN配信概要が明らかに


「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」のPlayStationStoreにおける配信概要が明らかにされました。OVAとしてリリースされるガンダムUCは2010年2月20日より全国5都市にて2週間限定でプレミア上映されます。そして上映開始と同日にPSNに有料配信される事は既に発表されていましたが、ようやく配信料金や視聴方式が下記の通り発表されました。

配信日:2010年2月20日
「機動戦士ガンダムUC」第1話 700円(SD:72時間レンタル)
「機動戦士ガンダムUC」第1話 1,000円(HD:72時間レンタル)

※購入したコンテンツは最初に再生を開始してから72時間の時限レンタル方式。
※再生しなければ購入から30日間は保持される。

私は以前の記事でも書いたとおり、ガンダムUCのDL販売(レンタル)価格や配信方式の発表を待ち望んでいました。作品に対する興味は勿論ですが、PSN独占で先行配信された「忘念のザムド」以上にPSNの映像配信が世に注目される可能性があり、今回発表された価格等の方策が今後の動画配信ビジネスに対しても大きな先鞭をつける事になるだろうからです。

結果として「72時間レンタル1000円(HD)」に落ち着きました。以前は「ワンタイムレンタルで800円」と予想していましたが、最悪?ワンタイム1500円ぐらいもあるかなと思っていただけに個人的には良心的な価格だと感じました。

BD/DVDのパッケージ販売は2010年3月12日から、そして2月20日からのプレミア上映は5都市のみによる実施になります。現時点ではPSN以外での動画配信展開は発表されていないだけに、映画館までなかなか足を運べないガンダムファンに対する唯一の視聴方式になる可能性も有ります。

私は劇場での視聴かPSNによるレンタル視聴かで迷っていましたが、今回の発表で自宅視聴に決めました。やはり3日間以内なら何度も視聴できるのはメリット大きいですよね。


なお、ガンダムUCの公開スケジュールは下記の通りになります。

【2010年2月20日】
・全国5大都市で2週間限定のプレミア上映
東京 新宿ピカデリー
大阪 なんばパークスシネマ
名古屋 ミッドランドスクエアシネマ
札幌 札幌シネマフロンティア
福岡 福岡中洲大洋

・「PlayStation Store」にPS3/PSP用コンテンツとして有料配信
 第1話 700円(SD:72時間レンタル)
 第1話 1,000円(HD:72時間レンタル)

【2010年3月12日】
・DVD/Blu-rayが発売(2/20公開の劇場内で先行販売)

公式リリース
PlayStation.com(Japan) | お知らせ | PlayStation®Storeビデオカテゴリにて 『ガンダム』シリーズ最新作「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」を2010年2月20日(土)より提供開始

関連記事
『機動戦士ガンダムUC』がプレイステーション3、PSPでいち早く観られる! - ファミ通.com
総合ゲーム情報サイト Online Player EX : アニメ『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』は“PlayStation Store”で2010年2月20日から配信 [ 最新ニュース ]
新OVA「機動戦士ガンダムUC」、PSN配信の価格発表 -AV Watch
PlayStation Store ビデオカテゴリにて「機動戦士ガンダムUC」提供 - ITmedia Gamez
4Gamer.net ― PlayStation Store,OVA「機動戦士ガンダムUC」の配信を決定
SCE、Playstation Networkで最新作「機動戦士ガンダムUC」を配信 - Phile-web
「機動戦士ガンダムUC」PlayStation Storeでは'10年2月20日配信/ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム

       
 

Amazon新着情報 12/15


Amazonの新着情報です。


B0030NK8K6Power Smash ライブマッチ!
セガ 2010-03-25

by G-Tools

       
 

「SO4 インターナショナル」には追加キャラクタが用意されるとか


2010年2月4日に発売が予定されている「スターオーシャン4 インターナショナル」に新たなPS3版追加要素が用意されている事が海外Square Enixのニュースレターから明らかになったようです。

So4i

上記画像からは「改善された戦闘システム、メニューの見直し、追加キャラクター、英語及び日本語ボイスを収録したマルチ言語」と読み取れます。「追加キャラクター」以外は既報の情報ですね。

現時点ではSO4インターナショナルの追加キャラクタについて詳細は全く不明(というか真偽も不明)ですが、どこまで本筋に絡んでくるキャラクタになるのでしょうかね。最近では追加キャラと言えば、2009年9月に発売されてオリジナル以上に売れた事が記憶に新しいPS3版「テイルズ オブ ヴェスペリア」のパティを真っ先に思い出す方も多いでしょう。どうしてもパティのようにガッツリとシナリオに食い込んでくるキャラクタを期待してしまいますが、情報公開が遅いことからも「ささやか」な扱いであろうことが予想されます。

個人的にはMD版シャイニングフォースの「ヨーグルト」のようなストーリーに絡まないネタキャラでも面白いですけどね。


さて、発売まで2ヶ月を切った「スターオーシャン4 インターナショナル」ですが、正直なところ盛り上がりに欠けています。元々オリジナルの評判が芳しくない事に加え、今までに発表されている追加・改善要素がTOVと比較するまでも無く地味な為に話題性に乏しいのが現状です。

更には発売日の前週2010年1月28日にはPS3だけでも「End of Eternity」「アルトネリコ3」「ラストリベリオン」と3本の新作J-RPGが発売されますし、他ハードではスクエニ自ら有力タイトルと強力タイトルを2本リリースするという超激戦週だったりする事がSO4Iの状況を一層悪いものにしています。

私自身、焼け野原のような週に発売される「スターオーシャン4 インターナショナル」を発売日に購入するかどうかは迷っています。「最初に開発するハードを間違った」と言ってしまえばSO4の不遇さに理由を付けることは簡単ですが、ゲームは商品である前に作品として扱うべきだし、あくまでも評価は自分自身でプレイして答えを出したいという気持ちに変わりはありません。

当ブログでも何度も書いている事ですが、年度明けの2010年4月~6月あたりには殆ど新作タイトルが発売されない可能性もある訳で、SO4Iを無理矢理2009年度内に発売する必要性って有るのかな・・・。

公式サイト
STAR OCEAN 4 スターオーシャン4<INTERNATIONAL> OFFICIAL SITE

関連記事
『スターオーシャン4 インターナショナル』には追加キャラクターを用意 - Game*Spark
PlayStation LifeStyle » New Characters Abound for Star Ocean: The Last Hope International
Star Ocean: The Last Hope International PS3 Will Have "Additional Characters" - GameGrep
Star Ocean: The Last Hope PS3 has “additional characters” | SCRAWL

関連記事
『スターオーシャン4 THE LAST HOPE インターナショナル』待望のインターナショナル版が登場 - ファミ通.com 『スターオーシャン4 -THE LAST HOPE- インターナショナル』行動の幅を広げる多彩なスキル - ファミ通.com


B002PAQCS2 スターオーシャン4 インターナショナル
スクウェア・エニックス  2010-02-04

by G-Tools
       
 

VGA 09にて「Uncharted 2」が"Game of the Year"に輝く


毎年恒例の"Spike TV's Video Game Awards(VGA)"が開催され、SCEの「Uncharted 2: Among Thieves(邦題:アンチャーテッド黄金刀と消えた船)」が"Game of the Year"の栄冠に輝きました。

GOTYにノミネートされていた作品は下記の通り。

・Assassin’s Creed 2
・Batman: Arkham Asylum
・Call of Duty: Modern Warfare 2
・Left 4 Dead
・Uncharted 2: Among Thieves

上記5本のうちハード専用開発タイトルはPS3とHD他機種で各々1本ずつで、「Uncharted 2」が爆発的な売り上げを記録中の「Call of Duty: Modern Warfare 2」等を退けてGOTYを受賞した事は、2009年がPS3躍進の年であった事を端的に現しているのでしょう。

アンチャ2に関しては以前も軽く書いたとおり、「ゲームバランス」「演出」「シナリオ」等が極めて高いレベルで調和する事で「傑作」たらしめているタイトルです。この絶妙なバランスを成立させたのはNaughty Dogの職人的なゲーム制作の上手さだけではなく、PS3のハード性能を引き出したプログラム技術も大きな要因でしょう。そしてそれは勿論「PS3専用開発」だから実現できたことでもあるのです。

日本ではともかく海外ではサードのPS3専用タイトルは殆ど期待出来ないのでSCE中心になりますが、発表されているめぼしいタイトルは2009年度中に発売されてしまいます。発表は年明け以降になると思いますが、2010年度以降のSCEタイトルには期待せずにはいられません。

公式サイト
アンチャーテッド® 黄金刀と消えた船団

関連記事
Uncharted 2 wins Game of the Year « Icrontic Gaming PlayStation LifeStyle » Full VGA Awards List, Winners & Nominees


B001N2LWCE アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団
ソニー・コンピュータエンタテインメント  2009-10-15


by G-Tools
       
 

PCエンジンアーカイブスに「邪聖剣ネクロマンサー」が登場


PS3/PSPのPCエンジンアーカイブスに「邪聖剣ネクロマンサー」が追加されます。配信日は2009年12月16日(水)で、DL価格は600円になります。記事にするのが数日遅いような気もしますが、キニシナイ。

【邪聖剣ネクロマンサー】
ジャンル:ロールプレイングゲーム
メーカー:ハドソン
発売日:1988年1月22日

うーん「邪聖剣ネクロマンサー」発売された当時、色々な意味で相当ハマった記憶があります。同時期の他機種よりも同時発色数が多い鮮やかなグラフィックを活かしたPCエンジン初のRPGとして、私も含めたPCエンジンファンの期待を背負いまくったタイトルで、80年代に流行していたH・R・ギーガーの絵も印象的でした。

さて、このゲームを語る上で絶対に外せないのが「パスワード」です。当時のファミコンはバッテリーバックアップが主流になっていましたが、PCエンジンのオサレなHuCARDは薄すぎてバッテリが内蔵不可という事もあってパスワード方式が生き残る羽目になっていました。

ちなみにPCエンジンの本体セーブが可能になるのは「邪聖剣ネクロマンサー」が発売された約1年後(1988年12月)になります(勿論ゲームソフトの対応が必要)。

そして、悪名高い「邪聖剣ネクロマンサー」のパスワードは平仮名カタカナ英字が混在し、尚かつ嫌になるほど長い(50文字~80文字程度)もので、パスワードを書き写すのが苦痛でその日のゲームを終わらせたくない・・・と思わせたソフトは後にも先にも存在しないのではないか?と思わせるほどです。今なら画面キャプチャや画撮とか色々方法はありますけどねぇ。

更に当時のTV事情が加わってきます。「邪聖剣ネクロマンサー」が発売されたタイミングではPCエンジンは初代モデルが継続販売されていました。実は初代PCエンジンは「RF出力」しか使用出来ず、コンポジット出力(黄端子)が標準になるシャトル・コアグラ・スパグラが発売されるのは1989年末の話です。テレビの画面サイズにもよるでしょうが、パスワードの読み取りが困難なユーザも多かったのではないでしょうか。

私は当時発売されていた雑誌を参考にしてPCエンジン本体を改造し、21ピンRGB接続のPC用モニタでゲームを楽しんでいました。その為に比較的パスワードは見やすい環境だったと思われますが、それでも「ひらがな・カタカナ」混じりのパスワードは嫌になりました(笑)。更に私は字が強烈に下手という事もあって相当数パスワードを間違えた記憶が・・・。

と言う事で色々な意味で「邪聖剣ネクロマンサー」は思い出深いタイトルです。ゲーム内容・・・すいません、殆ど覚えてませんね(笑)むしろ今プレイしたら新鮮に遊べるのでしょうが、「ネクロマンサーとの思い出の99%以上」を占めるパスワード地獄から解放されたゲームを遊ぶ気になるのでしょうか?それに配信日の翌日はFFXIII発売日だし。

でも懐かしいので買います。パスワードモードも再現されているのかな?ネットで検索すると最強パスワードとかも入手出来ますしね。

Nekuro

どうでもよい昔話のついでに、私が最初に小遣いで買ったテレビは白黒でした。中学生の小遣いで買えるテレビは白黒の中古しか無かったのよね。

公式サイト
HUDSON´s PC Engine Archives

関連記事
4Gamer.net ― PlayStation Store最新情報。PCエンジンアーカイブスに「邪聖剣ネクロマンサー」が登場

       
 
PS4 Pro モンスターハンター ワールド リオレウスエディション


【お知らせ】
当サイトはリンクフリーですが、掲示板やブログ等に転載する際は必ずリンクを張って下さい。
RSS登録
ツイッター
相互リンク
毎日開催!5,000商品以上の品揃え!最大50%ポイント還元!