古河電工がPS3向け第3世代のヒートシンクを展示


下記リンクは「TECHNO-FRONTIER 2008」で古河電工が展示していたPS3用ヒートシンクの解説パネルです。

3rd-gen Heatsink for PS3 Unveiled

本来のソースは日本語の記事なんですが、日本語サイトは登録制(無料)なので英語サイトを参考にしました。しかし4/22と少し古めの情報ですが、私が初めて知ったのが海外サイトと言うのもなんだか不思議なものです(笑)

現行の40GB版は65nmにシュリンクされたCELLが採用されていますので、2世代目ヒートシンクが搭載されています。世代が上がることにより「部品数低減」「軽量化」が推し進められています。第3世代ヒートシンクは更に省スペース向けに進化しているようですので、噂の「小型PS3」も現実味を帯びてくるものです。

私がPS3を最初に触ったとき「初期ハードとは思えない完成度の高さ」に感激しました。その中でも一番凄いと思ったのが「静粛性」で、当時の分解記事を見ても13cm超の大型冷却ファンをゆっくりと回転させるという「スマートな発想」に驚かされたものです。

勿論コストは掛かる訳ですが、「コストが掛かるから爆音でも仕方ない」と言う安易なトレードオフを選ばなかったことは正解だったと思います。この辺りがソフト屋やおもちゃ屋のハードとは違う「モノとしての価値」も追求したハードなんだなぁと再認識させられます。

「SIREN:New Translation」体験版もプレイしましたが、音響が実に効果的なゲームです。これは映像やサウンド効果は勿論、PS3の「静かさ」もゲーム性の向上に大きく寄与していると感じました。今年中にはお目見えするであろう「新型PS3」は価格や後方互換性だけではなく冷却システム等の進化にも注目したいですね。

そして、「古河電工」と言えば「川淵三郎・日本サッカー協会会長」ですので、ぜひともPS3専用サッカーゲームを・・・とは飛躍しすぎですな(笑)


日本語記事(要登録)
「こんなに小さくなりました」,古河電工がPS3向け第3世代のヒートシンクを展示

       
 

「Iron Man」体験版 4/26


北米PSNに「Iron Man」の体験版が配信されていましたのでプレイしてみました。

元々は人気アメリカンコミックで、北米で5月2日に封切される実写映画と同時にゲームも発売されます。日本での公開は9月予定とのことで、「TRANSFORMERS」は元々日本の玩具が題材のアニメがベースになっている為に潜在的知名度も高かったですし、スピルバークブランドでヒット映画になりましたが、「Iron Man」にはそうしたバックボーンが少ないのでどうなんだろうなぁと思いますね。

話を本題「Iron Man」体験版に戻します。

上記のように事前知識も何も知らないままでプレイした「Iron Man」ですが、これが意外と楽しめました。あくまでも体験版の範疇でのプレイですが、独特の飛翔感が楽しめるアクションゲームです。

残念ながらボスキャラ?が登場した時点で体験版が終了してしまいましたので今後の展開次第で感想も変わるかもですが、少しアッサリした印象を受けました。少なくとも「ド派手」なゲームではありません。まぁ個人的にはこの淡々としたゲーム世界と飛翔感覚がマッチしていると思いますので悪くないと思いましたね。

ゲーム版「TRANSFORMERS」の時も感じましたが、北米ソフトハウス(今回はセガ)は映画のゲーム化に真剣に取り組んでいるのが実に好印象です。映画に興味が無い私が楽しいと感じたのですから、「Iron Man」のファンならかなり楽しめるでしょう。

でも、「好きだからこそ」気に入らない部分てのも結構あるんだろうなぁ(笑)

しかしこういうのをプレイするとバンナムの「マクロスF」HDゲーム化はコンテンツホルダーとしての義務だなと思いましたね。確か過去に1作だけセガ様がマクロスのゲームを出していますので、セガ様が開発してくれるならば更に大歓迎です。

改めて「TRANSFORMERS」のスタースクリームはやっぱりバルキリーだよな。

IGN:Iron Man

開発トレイラー

       
 

「Pure」最新トレイラー 4/26


北米では2008年秋に発売が予定されている「Pure」のゲームプレイトレイラーが配信されています。1ヶ月前に配信されたトレイラーはCG中心でしたので、動いている実機映像を見るのは初めてになるのですかね。




「Pure」の売り?である空中トリックプレイが効果的に演出されています。MotorStormとはまた違った馬鹿馬鹿しい遊び方が追求されたレーシングアクションゲームとして大いに期待できます。IGNによると今年10月発売予定との事ですが、何とか「MotorStorm 2」とは重複しない時期にリリースして欲しいですね。あ、勿論日本語版も年内早期に発売をお願いします・・・・。


関連記事
IGN:Pure

ブログ内記事
「PURE」トレイラー 3/30

       
 

PSN最新情報 4/25


は~、やっと仕事が落ち着きました。2日間溜めていただけでこれだけ情報が蓄積するとは思わなかったです、ある意味仕事よりもハードですな(笑)

北米・欧州・日本は色々なサイトで紹介されていますので、ダウンロードしたコンテンツのみを紹介しておきます。

【北米PSN】
Demo
・Iron Man demo

【日本PSN】
Demo
・SIREN:New Translation TRIAL EDISION

【香港PSN】
Demo
・SIREN:New Translation TRIAL EDISION(japanese ver)
Game Add-on
・Everybody's GOLF 5 Additional course(japanese ver)
Movie
・BattleFantasia PV

関連記事
European PSN update; April 24
American PSN Store update for April 24th

       
 

「戦場のヴァルキュリア」発売記念抽選会を開催


本来であれば発売記念抽選会の大阪会場の様子を見に行きたかったのですが、残念ながら業務の都合で午前様となってしまいました。その私を待ち受けていたのはポストインされた「戦場のヴァルキュリア」と未読数2000を越したRSSリーダーでした。

さて、参加できなかった「戦場のヴァルキュリア」発売記念抽選会の模様が早速アップされています。アリシアのコスプレ姉さんについてはノーコメントですが、楽しそうな雰囲気が伝わってきますね。

日本以外の地域ではGTA4発売直前で殺気立っていますが、このような牧歌的な雰囲気の戦争ゲームが発売されるのも日本らしいと思います。とは言えゲームとしては結構歯ごたえがあるとの事前評判もありますので楽しみです。

とりあえず一番忙しい日は終わったので、明日からまたニュースを追いかけていくとしますか。勿論「戦場のヴァルキュリア」のレポートも忘れないようにしないと。


関連記事
『戦場のヴァルキュリア』発売記念抽選会場にプロデューサー野中氏現る!
「戦場のヴァルキュリア」発売記念抽選会を開催

       
 

「グランド・セフト・オートIV」日本語版発売決定


いよいよ来週には日本を除く大半の地域で「Grand Theft Auto 4」が発売されます。そして日本国内においても、GTA3と同様にカプコンのローカライズにて2008年中に発売されると発表されました。

「GTA」シリーズは世界中で大ヒットしている超人気ソフトですし、日本でも熱狂的なファンが存在するゲームです。しかし、基本「和ゲー」を愛好している私のようなゲーマーにとってはシリーズ累計6500万本と言われても「ピンと来ない」のが本音です。

現在は「自由度の高いゲームを愛好するのが通」と言った風潮もありますが、私はこれからも和ゲーを愛好していくでしょうね。日本独自に醸成された物語性の高いゲームは日本が世界に誇るべき文化ですし、「一本道で何が悪い」と私は逆に思っているぐらいですから。

まぁこのあたりの話は別の機会に書くとしまして、GTA4に関してはMSの力の入れ具合が凄かったです。独占DLCは周知の情報ですが、最近ではライバル機(要するにPS3)バージョンへの誹謗も公的に行われていた記事を読むと、この辺りの下品さがMSたる所以だなぁと再認識しました。昔から周囲から好かれようなんて最初から思っていない輩企業ですから仕方ないのですが。

でも、そこまで力を入れても北米以外では有利に事が運ばないのは面白いですね。肝心の北米地域ですらGTA4発売間近の先週でもPS3が販売台数で上回っています、GTA4のタイミングでXbox360に圧倒されなければ6月のMGS4、そして秋以降の怒涛の作品ラッシュへと良い流れで持ち込めそうです。


関連記事
PS3/Xbox 360「グランド・セフト・オートIV」日本語版発売決定
カプコン、PS3/Xbox 360「グランド・セフト・オートIV」日本語版の発売が決定!! 2008年発売予定

GTA IV: PS3 outselling 360 3:1 at UK’s Asda
PS3 GTA IV outselling 360 3:1

       
 

「Race Driver: GRID」最新トレイラー 4/24


リプレイ映像が配信されています。リプレイ演出については出尽くした感もありますが、Codemastersはさすがに手馴れてますね。


「GRID」はインゲーム広告でも話題になっています。インゲーム広告については色々な意見があると思いますが、私は「ゲーム性に影響が無いなら」気にはなりません。スポーツ、特にモタスポの場合は広告も含めたマシンデザインで評価します。センスが良いデザインならばゲーム内広告は大歓迎です。


関連記事
eBay Motors On the GRID

Race Driver: GRID 公式ページ

ブログ内記事
「Race Driver: GRID」最新トレイラー 3/21
「Race Driver: GRID」in ハラマサーキット 最新トレイラー 4/3
「Race Driver: GRID」最新トレイラー 4/6
「Race Driver: GRID」最新トレイラー 4/13
「Race Driver: GRID」最新スクリーンショット 4/23

       
 

「SBK-08」「WipEout HD」最新スクリーンショット 4/24


今日はプチ・レースゲーム祭りです。「GRID」含めて日本での発売が全くアナウンスされていない状況ですが、レースゲームは英語版でも手軽に楽しめるのが大きいですね。

「SBK-08」の最新スクリーンショット2枚です。若干モデリングに荒さは感じるものの雰囲気は十分伝わってきます。
Sbk08superbikeworldchampionship08pi
Sbk08superbikeworldchampionship08_2
SBK-08: Superbike World Championship '08  (PS3)
 

「WipEout HD」は6枚が配信されていますが、そのうち2枚を貼っておきます。そういえば欧州では5月末ごろの配信予定だったような・・・、そろそろ具体的な配信日等が発表されるかもしれませんね。そして日本は・・・、せめて香港で配信して欲しいところです。
1_604_25
Sbk08superbikeworldchampionship08_3
WipEout HD スクリーンショット

       
 

「Race Driver: GRID」最新スクリーンショット 4/23


転居先がようやく決まりました。部屋探しには色々と拘ったのですが、以前から切望していた「ステアリングコントローラが余裕で設置できる」部屋を見つけることが出来ました。これで引越し後に50型程度のプラズマを購入すれば完璧ですし、「ロジクール ドライビングフォース GT」も心置きなく購入できるというものです。

さて、夏には「HOMEクローズドベータ」と共に楽しみたいゲームが「Race Driver: GRID」です。最新のスクリーンショットが公開されてます。

1370_0001
男性服、音楽専門、ゲーム・・・
1370_0004
鰓(えら)とは・・・
1370_0007
デパートメン・・・

今回はSS内に日本語が映っている映像をセレクトしました。一番最初のショットは都内を想定した市街地サーキットでしょうか?3枚目も日本語の看板が映っていますね、日本を舞台にしたコースを走るのが実に楽しみです。噂ではポルシェGT2あたりも登場するらしいですので、ポルシェ党としても待ち遠しい一本になりそうです。


関連記事
GRID images
Race Driver: GRID 公式ページ

ブログ内記事
「Race Driver: GRID」最新トレイラー 3/21
「Race Driver: GRID」in ハラマサーキット 最新トレイラー 4/3
「Race Driver: GRID」最新トレイラー 4/6
「Race Driver: GRID」最新トレイラー 4/13

       
 

「PLAYSTATION Home」の限定的ベータテストが今夏より実施


下記のリンク数を見れば判りますが、ほとんどのメディアに取り上げられましたね。今回のニュースを良いニュースと受け取るか、またその逆と受け取るかは人それぞれでしょう。

あくまでも結果論ですが、ここまで本体の売れ行きが伸び悩んでいる日本国内の状況で「HOME」サービスを開始しても盛り上がるわけがありません。夏以降はMGS4も発売されますし、少なくとも現在よりは好転するでしょう。

今回のMGOベータはスルーした私ですが、夏の「HOME限定的ベータテスト」に参加したい意気込みは相当なものです。来月の転居先も戸建タイプの光ファイバーが引ける住居をわざわざ探しました。良好な通信回線を用意しておきますので何卒何卒よろしくお願いします(笑)

でもまぁSCEJも今度失敗するとイメージ悪すぎるので、さすがにサーバ等も万全の準備をしてくるでしょうね。期待しています。


公式
PLAYSTATION Home今夏より対象者を拡大してベータテスト実施

SCE、一部PS3ユーザーを対象とした「PLAYSTATION Home」のベータテストを今夏実施
「PLAYSTATION Home」限定的ベータテストが今夏よりスタート
「PLAYSTATION Home」オープンβテストを今秋に実施
SCE、PS3「PLAYSTATION Home」今夏よりβテストを実施。今秋にはオープンβも開始
SCE、今夏に仮想空間サービス「Home」のユーザー参加型テストを実施
PLAYSTATION Home、今夏よりベータテスト対象者を拡大--オープンベータは秋に
【PLAYSTATION Home】PS3のオンラインコミュニティ、夏よりβテスト開始
オープンベータサービスは2008年秋に開始予定
SCE、PS3用コミュニティ「Home」を今秋ベータ提供-限定的ベータテストは今夏開始

       
 

PS3 「PlayTV」スクリーンショット 4/22


PlayTVの最新スクリーンショットがフランスのサイトに配信されています。どのショットもSony製品らしいセンスのよさが感じられますし、実際に使い勝手もよさそうです。ブログでも過去に書きましたが、GC2007時点のプロモーション映像からもレスポンスの良さは際立っていました。

Ps3_1208596486_8_2

Ps3_1208596487_10

Ps3_1208596812_1

Ps3_1208596813_2

フランス語の元ページを機械翻訳してみたのですが、目新しい情報は特にありませんでした。PSPへの転送、オンラインによるバージョンアップ等々が機能としてコメントされています。

また別の情報では英国では7/31にリリースされるとの情報もあります。まぁ3月末リリースの情報が全くのガセだったので(笑)アレですが、昨年8月のGC2007で最初に発表されている訳ですから、1年後のGC2008までには発売しておくのがスジだろう?とも思います。

勿論私も日本版のリリースは期待している一人ですが、過去に何度も書いたとおり欧州版PlayTVの魅力の大半が地デジのコピープロテクトで潰されてしまう事も理解できます。日本で発売されると結局は「ディスクアウト不可のHDDレコーダ(しかも標準HDDが少なすぎる)」と言うネガティブなイメージが先行しそうで、逆にイメージダウンになる可能性もあります。ある程度の情報を持っていれば「見て消し中心でレスポンスの良いHDDレコーダ」として重宝できるでしょうが、そういう人は既にBDレコーダを所有しているでしょう。

ネガティブな要素が先行して喧伝される今の状況では日本版「PlayTV」はリリースされないほうが良さそうな気さえしてくるのです。実に残念な話ですが。

2月ごろに配信された操作映像


ソース
De la tele numerique gratuite ? C'est possible avec PlayTV? et le systeme PLAYSTATION3

関連記事
PlayTV Interface Screenshots
Play TV Interface Pictures Surface
Sony's PlayTV set for July release, UK pre-order now available

ブログ内記事
PS3 「PlayTV」はコピーフリー
PS3 PlayTV最新映像
PS3 「PlayTV」最新PV 1/19

       
 

日興CG証券が「PS3の販売が好転する兆しが出てきた」と予測


なにやら面白い話になってきました。

元々は、日興シティグループ証券が「PS3の販売が好転する兆しが出てきた」と紹介した事が発端で、そこから8月にはコストダウンした新型を発売するのでは?と言った噂まで展開されています。いっそのこと既成事実になって欲しいですな(笑)

日興CG証券がどのような根拠でPS3販売が好転すると予測したのか?真意は不明ですが、PS3の販売に勢いが感じられないのは日本だけで、北米でも欧州でも「2008年はPS3の年」と言うアナリスト達の予測どおり目標に向かって粛々と行動していますし、ユーザの反応も順調です。

本来であれば日本国内でも同様の動きになるはずなんですが、SCEJは2008年年明けから4月中旬の「SIREN」発表まで完全に沈黙しました。おかげで昨年秋の値下げによる販売台数の向上も尻すぼみになった事は皆さんも周知のとおりです。

まぁ当たり前ですね、昨年末までは新作も発売されましたし「そろそろ買っても良いかな」と値下げされたPS3を購入する人が増えたわけですが、それから全く新作の情報が提供されなかった訳ですから。

「SIREN」のように90%まで作ってから直前になってサプライズ発表するより、昨年12月の時点で「SIREN新作を開発中」とだけアナウンスしても誰も困らないはずです。少なくとも「お、PS3でも色々とゲームが出てくるんだな」と感じる人は増えてくるはずですし、開発中の映像を少しずつでも雑誌等に掲載して期待させる事も出来ます。

私のような人の良い(笑)ゲームファンは「色々なプロジェクトが極秘裏に動いているんだろうなぁ」とある程度の予測と願望で期待も出来ますが、一般の人はそこまで熱心に情報を調べたりはしません。何も発表しなければ「PS3はゲームが無い」と思われるのがオチなのです。

なにやら本題から話は相当ずれてしまいましたが(笑)「今時サプライズ発表にメリットなんぞ何も無い」と私は何度でも書きたいです。現在の日本国内のPS3販売台数こそが、SCEJが4ヶ月間沈黙した結果である事を再認識して欲しいですね。

新型の話は別の機会に書きます。


ソース
日興CGは「PS3の販売が好転する兆しが出てきた」と紹介

関連記事
プレイステーション3の次期モデル、夏に登場の可能性
PS3の新型が8月に登場か、部品コスト削減で低価格化も?
PS3 to get smaller Cell and/or RSX chips in August?

       
 

「SOE Fan Fair」(SOEファンの集い)が8月に、但し北米の話


毎年北米で開催されているSOEファンの集いが今年も8/14~17の期間、ラスベガスで開催されるとのニュースです。

今まではそれ程興味が無い話題ではあったのですが、今年は少し状況が違います。そうです1ヶ月ほど前にSOEがSCE傘下に加わることが発表されているのです。

現時点ではSCE傘下に入った事による具体的なビジョンは何ら発表されていませんが、「SOE Fan Fair」で何らかの発表もしくはコメントが期待できます。日本はお盆期間ですが、GC2008直前の欧州は勿論、北米の情報からも目を離す事が出来ませんね。


関連記事
SOE,ファンの集い「SOE Fan Fair」の詳細を発表
Fan Faire Returns to the Las Vegas Hilton,August 14-17, 2008!

ブログ内記事
「Sony Online Entertainment」がSCE傘下に

       
 

オンライン雑感 4/22


昨日から「METAL GEAR ONLINE PREMIERE β」が開始されるとの事で楽しみにしていた方も多いでしょう。私は残念ながら仕事が忙しい時期という事もありましたので最初から不参加を決めていました。しかし現時点では日本も一時中止との事で、ベータではありますが、どうにも先行きが不安になります。

まぁ全くの偶然ですが、昨日は私の会社でも長時間のオンライン障害が発生した為に業務に大幅な支障が出ました。

そのあたりの状況が重なった事もあるのですが、はたしてBD品質の映像配信等「リッチなネット配信」が本格的に普及するのはいつの話なんだろうなぁと少し不安になってきます。

個人的にはMGS4はソリッドスネーク最後の「オフラインで完結した物語」に期待していますので、オンライン要素にはそれ程興味はありません。勿論製品版添付の完成品と正式オープン後には色々と楽しんでみようと思いますけどね。

まぁネットワーク負荷も含めてのベータテストと考えておきましょう(笑)

       
 

PS3 「戦場のヴァルキュリア」 4/21


定期的に配信される「戦場のヴァルキュリア」キャラクタ紹介ビデオ、今回は敵軍の女指揮官であり恐らくは物語上も重要な位置づけと予想される「セルベリア・ブレス」です。

敵である帝国の司令官・ルルーシュマクシミリアンの忠実な部下として、そしてゲームタイトルでもある「ヴァルキュリア人」の超人ユニットとして主人公の義勇軍に立ちふさがる重要なキャラである事が予想されます。

要するに、セルベリアが「戦場のヴァルキュリア」の物語面でもゲーム面でも重要な鍵を握るキャラになる事でしょうし、彼女の味付けに失敗するとゲームとしての「戦場のヴァルキュリア」全体がブレてくるのでは?と考えています。

セガ様のPS3専用ソフト「戦場のヴァルキュリア」は今週4月24日発売予定です。


関連記事
セガ、PS3「戦場のヴァルキュリア」
“伝説のヴァルキュリア人”セルベリアは何を思う――「戦場のヴァルキュリア」
美しき女指揮官――セルベリア! 『戦場のヴァルキュリア』ムービー2本掲載

「戦場のヴァルキュリア」公式

戦場のヴァルキュリア(通常版) 戦場のヴァルキュリア(通常版)

セガ  2008-04-24
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

PSP「スターオーシャン2 セカンド エヴォリューション」4/21


発売同時に購入したSO2ですが、果たして何時間プレイしたのだろうか・・・。

放置時間が大半のために本来のプレイ時間が全く判らない状況ですが、結構楽しめています。PSP版SO1はもともとSFC版のリメイクですのでグラフィックだけではなく戦闘システム等もSO2をベースに大幅に作り変えています。その為SO2はすんなりと入っていくことが出来ましたね。

しかし逆にリメイク版SO1の欠点もSO2に引き継がれているのが気になりました。SO1/SO2では主要キャラの会話シーン大半に顔グラが表示されます。喜怒哀楽等々を表現した複数パターンの顔グラが用意されているのですが、SO1と同様に「哀」の表情の使い方が不自然なのです。レナならばこの表情です。

具体的には書きませんが、とある町でダンジョン深部から依頼主が見たことが無いような珍しいアイテムを採集してくれと言うイベントがあります。入り口付近でそれらしいアイテムを見つけ、クロードが「これで大丈夫だ」発言をすると、レナが上記の表情で「そうかな、町で普通に見かけるアイテムだけど・・・」とコメントします。

おいおい「少し残念」程度の状況でこの顔グラ使うなよな・・・と。

上記のイベントはあくまでも一例ですので、レナもクロードも顔グラの使い方が若干ずれている、もしくは中間の顔パターンが不足していると私は感じました。これはSO1の時も同じ事を感じたんだけどなぁ。

物語はRPGの魅力のひとつですから、演出手法にブレがあると逆にプレイヤーとゲームの乖離が気になってしまうのです。勿論気になる、ならないは人によるとは思いますが、私はSO1に続いて気になったのは事実です。


ここからはPSPの便利グッズの話です。
SO2とほぼ同時期に購入した「Nyko Charger Grip for PSP 2000」は実に便利なアイテムで、PSPゲームスタイルには欠かせない存在になっています。グリップ性向上も大きいのですが、なんと言っても「片手で持てる」事が素晴らしい。行儀は良くないですが食事をしながらプレイできますし、右手でPCのマウス操作をしながら左手でPSPを保持して情報を調べながらプレイできたりと様々な状況でPSPを使うことが出来ます。

同様のPSP用グリップは色々と発売されていますが、バッテリが内蔵されてるタイプは他には見当たらないので少し高くても購入してよかったなと思います。

Nyko Charger Grip for PSP 2000

【PSP】Nyko PSP-2000専用 チャージャーグリップ

       
 

先週の海外ニュースいろいろ 4/21


土曜日に50万アクセスを突破しました。開設して1年半ですが、現在のようなゲーム&ハイテク中心のブログとして方向転換したのが昨年夏からで、アクセス数が飛躍的に伸びたのもそれからです。次なる目標は今年中の100万アクセスですね。

ブログを毎日更新していく中で「情報の選び方」にはこれからも拘っていきたいと思います。私が良いと思った情報は世間的な注目度が低くても積極的に取り上げていきますし、勿論逆のパターンもあります。現在注目しているソフトは「Wardevil」「MotorStorm 2」「GRID」「God of War 3」と日本で発売されるかどうかも怪しいソフトが含まれてますが・・・。

先週書ききれなかった海外ニュースをまとめておきます。



・SCEEが5月6日にプレスのみのイベントを開催?

噂レベルですので真偽のほどは不明ですが、欧州は8月のGCまで大きなイベントはありません(北米は7月にE3があります)。それまでのギャップを埋めるべく独自イベントを開催するのは何ら不自然では無いでしょう。「HOME」「PlayTV」のような目玉もありますし2008年後半に更なる弾みをつけるべく新作ソフトを大々的に発表も出来るわけです。
となると、更に遅い9月のTGSまで何も無い日本で雑誌のみの情報公開だけで良いのか?といつものトーンになりそうなので今日はここまで(笑)

SCEE to hold invite-only Media Event in May
SCEE Schedules Press-Only Event For May 6


・「NARUTO: Ultimate Ninja Storm」は結構スゴイ
漫画は最初の20話ぐらいまでは読んだ記憶があります。確か「うしおととら」に酷似した台詞とかがあって良い印象は持っていませんでしたが、海外では人気があるようですね。(私はうしとらファンですので)

そのNARUTOがPS3専用ゲームとして発売されると聞いた時も、今回始めて詳細が発表された時も、正直なところそれ程興味が無かったのですが配信されたトレイラーを見た時に印象が変わりました。

「あ、面白そうなゲームに仕上げてきている」

バンナムもやれば出来るところを少しは見せてきた感じです。ファンなら確実に楽しめるゲームになりそうですね。日本版の正式な発表が待ち望まれます。

この勢いで「マクロスF」もよろしく。VF25がグリグリと変形しながら動くだけでも良いので、私は。

Namco Bandai Games Announces Naruto: Ultimate Ninja Storm for PlayStation 3
Naruto: Ultimate Ninja Storm


・「Uncharted」続編の舞台はインド?
全世界で100万本以上を売り上げ、2007年に発売されたソフト全体でも上位に評価されている「Uncharted」、続編に期待している気の早いゲームファンは多いでしょう。その続編の舞台はインドになるとの噂が出てきています。

正式にアナウンスすらされていない作品の話ですので話半分以下のレベルですが、私はNaughty Dogの次回作はタイトルを問わず最大限の期待をかけています。それが「Uncharted2」ならば更に嬉しいニュースになるでしょう。

「MotorStorm」「RESISTANCE」と大ヒットしたSCEブランドのロンチゲームは既に年内の続編リリースが決定し、情報が公開されつつあります。この流れから考えると「Uncharted 2」が2009年中に登場する事はほぼ間違いないと確信しています。

Uncharted 2 to be set in India?

       
 

PS3 「PAIN」チュートリアルメニューを紹介 4/20


「ねんがんの PAINをてにいれたぞ!」

昨年冬に北米PSNにてリリースされたものの、日本国内での入手手段が限られていた「PAIN」がようやく香港PSNに配信されました。まだまだ手軽とは言えませんが、それでも以前よりは好転した事を喜びたいです。

入手が難しかったと言うこともあってか、PAINを日本語で紹介しているサイトは殆ど存在しません。公式ページにてゲームモードは紹介されてますので、今回は「CRASH COURSE」と言うチュートリアルメニューを紹介します。

前回も書きましたが「CRASH COURSE」を一通りクリアしないと本編をプレイする事は出来ませんが、簡単な英語で表記されていますので辞書片手に読めば問題ないでしょう。

実際のチュートリアル順に紹介していきます。

「WELCOME TO PAIN」
一番最初のチュートリアル。画面上の指定場所にキャラクタをヒットさせます。
Pain_20080421_01
指定された場所にヒットさせよう

「EYE IN THE SKY」
R2ボタンで「バードモード」に切り替わります。自動車や電車に轢かれたい(笑)場合等にバードモードでタイミングを見計えば思う存分ダメージを食らうことが出来ます。
Pain_20080421_02

「RESET」
R1ボタンでリセットされます。レスポンスがよいので何度でもやり直して思う存分痛い思いが出来るのです。

「POWER」
右スティックで飛ばす力を調整します。考えてみるとキャラが自分の足で移動しているのはジャンプ力調整の時だけだったりするのです。

「REPLAY」
△ボタンでリプレイモードに切り替わります。

「DRIFT」
ジャンプ中に左スティックで方向を調整することが出来ます。

「OOCH」
PAINのキャラクタは歩く事は出来ませんが、特定のタイミングである程度任意に動かすことは可能です。キャラクタが何かに衝突した直後数秒の完全に停止するまでに十字ボタン(上下左右ボタン)を入力するとその方向に「少しだけ」ずれていきます。このずれ方が微妙に絶妙だったりします。
Pain_20080421_03
二つのターゲットにヒットさせる、慣れるまでは結構難しい。

「SUPER OOCH」
強力なOoch機能です。上記OOCHのタイミングでコントローラを振ると画面左下の「Ooch」マークが炎上します。

「POSES」
キャラクタはジャンプ中に任意のポージングを決めることが出来ます。
L1orL2ボタン+×○△□によって発動します。
Pain_20080421_04

「GRAB」
キャラクタはオブジェクトを掴むことが出来ます。タイミング良く×○△□ボタンを押すとぶら下がったりする事が出来ます。
Pain_20080421_05
見事掴みました
Pain_20080421_06
まぁ直後にこうなるわけですが

「BOMBS」
何故か舞台に配置されている爆弾を掴んで投げることが出来ます。タイミングや位置が悪いと自爆しますが(笑)
Pain_20080421_07

「ADV.REPLAY」
リプレイ中にL2ボタンを押すと自由視点になります。上記「POSES」のスクリーンショットが自由視点モードのリプレイですね。

チュートリアルは以上で終了になります。次はゲームモードの紹介を予定していますが、今週は「戦場のヴァルキュリア」の発売週だったりするのですよね・・・。

「PAIN」公式

       
 

PS3 「Wardevil」最新スクリーンショット 4/20


密かに注目している「Wardevil」の最新スクリーンショットが公開されています。1920*1080サイズのあまりに美麗なSSに驚いてしまったので掲載しておきます。クリックすればフルHDサイズで閲覧できます。

Wardevilprojectss68

Wardevilprojectss70

どの映像も印象的ですが、近々トレイラーが配信されるとの情報もあり期待が高まります。このスクリーンショットの映像が動いているところが早く見てみたいですね。リリース予定は2008年末~2009年初頭との事で、開発が着々と進行している事が伺えます。

出来ればスパイク様あたりの神ローカライズを期待したいところですが、日本語版の可能性が無いならば英語版の購入も積極的に検討したいと思わせるゲームの一つです。

関連記事
PSU:スクリーンショット
New Wardevil screenshots, trailer coming soon

       
 

「Lair」体験版 4/20


4月17日(木)に香港PSNに配信された「Lair」体験版。同時に「PAIN」も配信されてますので「香港PSNが祭りじゃぁ」と一気にテンションが上がってしまいました。

実はLairは会社の同僚にレンタル中だったりしますので、アナログパッチのプレイ感を体験することが出来ない状況だっただけに予想外の体験版配信は嬉しかったですね。

今回配信された「Lair体験版」の仕様は下記の通りです。
・アナログスティック操作およびDUALSHOCK3の振動対応
・ダウンロードサイズは1919MB
・マルチ言語仕様。
・ロゴや文字表記だけではなく台詞も日本語が収録。
・最初は簡単なフライトチュートリアル、次に本編同様のミッションが収録。
・合間合間にオリジナル編集のプリレンダムービーが再生される。
・残念ながらPSPでのリモートプレイは未対応

マルチ言語仕様は「アンチャーテッド」体験版と同じですね。下記リンクでも「香港PSNに配信されている体験版は英語表記だ」と記載されてますが、実際にはPS3本体の言語設定が反映されます。ちなみにスペイン語はボイスまで収録、韓国語に設定すると英語音声で字幕になりました。
LAIR Demo Available on Hong Kong PlayStation Store

私にとっては初めての「アナログスティック操作」になるわけですが、全てのモーション操作がコントローラに切り替わった訳ではありません。クイックターンはそのままでしたし、多分引き裂き攻撃も同様でしょう。確かに常時コントローラを動かす必要が無い為に疲れにくくなりますが、Factor5が拘っていたモーション操作中心の方が合理的だとも理解できます。

体験版後半のミッションはTGS2007と同じものだと思われます。勿論アナログパッチや振動対応になっていますので全く同じ内容では無い可能性もあります。クリア済みの私でも十分楽しめたLair体験版、そのまま日本PSNでも配信できる内容ですので早期の配信を期待したいところです。でも来週は「SIREN」体験版が予告されてますので更に遅れそうです、リニューアルStoreと同時に配信しておけば注目もされたのに・・・つくづく不憫なソフトです。

最後に久々のスキャン映像です、クリックするとフルHDサイズで閲覧出来ます。

Lair20080419_1
イベントシーン、飛び立つドラゴン
Lair20080419_2
ロンと愉快な仲間達
Lair20080419_3
ゲームには関係のない砦、だけど妙に存在感
Lair20080419_4
実は敵兵をパクッと

       
 

BD関連ニュース 4/20


今週は戦闘シーンは控えめでしたが相変わらずテンションの高い「マクロスF」。しかしスナイパータイプのVF-25も格好良いですな、オズマ機とミハエル機の変形モデルが欲しくなりました。

本題ですが、次世代フォーマット戦争終了後の方がニュースは多いですね。特に日本は日和見でしたから普及の見込みあるとなれば一気に流れていきそうな雰囲気です。

でも、秋に噂されている「超強力タイトル」って何でしょうね。SW?IJ?EVA?GHIBLI?


・米ユニバーサル、正式に動く
HD DVD一本だったユニバーサルが東芝撤退から2ヶ月で具体的なタイトルを掲げて動き出しました。個人的にはそれ程興味がないタイトルですが、ハリウッド大手の殆どがBlu-ray一本に集約されることになります。残るはパラマウントだけですが、元々BD版をリリースしていた訳ですから発表も近いと思われます。

Universal、今夏からBDソフトをリリース開始 ? 全世界展開は8月から
米Universal、7月22日に米国市場でBlu-ray Discに参入


・マクロス祭り、今度は「マクロス ゼロ」
バンビのマクロス祭りは続きます。個人的には「マクロス プラス」の方が観たかったのですが、順番というものがありますね。あれ、順番というなら「愛おぼ」は?

バンダイビジュアル、OVA「マクロス ゼロ」のBD-BOXを発売
OVA「マクロス ゼロ」がBlu-ray Disc BOX化


・TVドラマ初のBD BOX
アニメのBD化情報が多いですが、実のところ一番ハイビジョンコンテンツが豊富なのはTVドラマです。NHKはデジタルハイビジョン初期の頃から大半のコンテンツをHD化していましたし、民放でも2003年の「白い巨塔」のハイビジョン放送を観た会社の同僚がHD映像に驚いていた記憶があります。最初は人気アイドルタレント出演作等が中心になるでしょうが、今後はTVドラマのBD化も積極的に進めて欲しいですね。

TBS、TVドラマ「花より男子 1&2」をBlu-ray Disc BOX化

       
 

「PAIN」 4/19


以前から日本国内での配信を熱望していたのですが、ようやく香港PSNに配信されました。本当に「やっと」です。残念ながら仕事が忙しい時期ですのでガッツリとプレイする時間は無いのですが、チュートリアルをクリアした時点での感想です。

まず、PAINを最初に起動した時点では殆どのメニューがロックされています。「CRASH COURSE」との名称のチュートリアルメニューを一通りクリアしないと通常のゲームメニューは選べないようになっています。気軽に遊べるゲームだからこそ基本操作は覚えて欲しいと言う意味なんでしょう。

チュートリアルは一通りプレイすると20~30分ぐらいでしょうか、簡単な英語の説明を読みながら操作するとコツが掴めるようになります。チュートリアルをクリアすると一般のゲームモードが選べるようになります。

ゲームモードの紹介はまた別の機会に行いますが、今日はシングルプレイヤーの「SPANK THE MONKEY」と「PAINDEMONIUM」を遊んでみました。以下がスクリーンショットです。

Pain2
サルゲッチュ
Pain1
たまに「あべし」と聞こえるような・・・

楽しみにしていたPAINは予想通りの「不条理ゲーム」でした。自キャラはボウガンの弾のように飛ばされ、町中の様々な物体にぶつかり、クルマに刎ねられ、時には爆弾で吹き飛ばされます。そしてダメージの大きさを競ったり、目当てのサルをゲットしたり、爆弾を投げ合ったりするのです。自キャラはどのようなダメージを食らっても流血も外傷も無いだけにシュールさが際だちます。

確かにこれは日本で配信されないのも判るような気がするなぁ(笑)
そろそろ北米PSNカードも入手できるようになりますし、興味のある人はどうぞ。
週末には追加キャラクターも購入しようと思います。

「PAIN」公式

       
 

PS3 「Siren: New Translation」トレイラー 4/19


「SIREN(サイレン)」のトレイラーが早速配信されています。PS3用のホラーゲームと言えば「忌火起草」が昨年発売されましたが、あちらはサウンドノベルでしたし映像自体はHD映像ではあるものの敢えてシャープさを殺してノイズ感で雰囲気を出した映像でした。

意外に感じる方も多いかもですが、SCEJ制作のソフトでPS3の性能を最大限に発揮しようとしたソフトは現時点では「グランツーリスモ5 プロローグ」だけと言う事実があります。勿論「みんゴル5」も「ぼくなつ」も「THE EYE OF JUDGMENT」も悪いソフトではありませんが・・・。(まぁポリデジが突出していると言うのもあります)

でも、SIRENを見る限りではようやくSCEJのソフト開発も順調に進みつつあるのかな?と感じさせます。そしてトレイラー中に出てくる「Project SIREN」と言った名称に記憶がある方も多いでしょう。もう3ヶ月程前になりますが「Team ICO」「Team Saru」と一緒に表に出てきたプロジェクトチーム名です。TeamICOの存在は今までも見え隠れしていましたが、どうやらサルゲッチュチームも動いている事は確定と考えても良さそうです。

上田文人プロジェクトの新作がGDC2008で発表? 1/24

来週の体験版も楽しみですね。私はよほど操作等が肌に合わない限りは購入決定になりそうです。

公式ページ

       
 

PSN最新情報 4/18


欧州は昨日更新されています。噂されていた「Lair」体験版は結局配信されませんでしたね。まぁせっかくマルチ言語仕様の体験版ですので、そのうち各地で配信されるでしょう。

【北米PSN】
Game
・Gran Turismo 5 Prologue ($39.99)
Game Add-on
・Warhawk: Operation Broken Mirror expansion pack ($7.99)
・Warhawk "Booster Combo pack" ($11.99)
・Rock Band DLC (listed after the break)
Demo
・UEFA Euro 2008 demo
Movie
・Warhawk Operation Broken Mirror trailer
・Condemned 2: Bloodshot "Making Of" video
・Haze "Mantel Corporate Vision" video
・This is Vegas announcement trailer
・Gran Turismo 5 Prologue "Friendly Fires" video
・Gran Turismo 5 Prologue "Beyond the Apex"
・Pineapple Express movie trailer
Other
・Two Warhawk themes
・Lair "Mokai" theme

       
 

PSP「ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲」7月10日発売決定 4/18


最近までスカスカだった7月のPS系ラインナップも埋まりつつあります。

7/03 頭文字D エクストリーム ステージ
7/24 SIREN NEW TRANSLASTION
7/?? ソウルキャリバー4

そしてPSP「ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲」の発売日が7月10日に決定しました。ローカライズがSCEJでは無い事が残念ですが(※)、PSP版も高い評価を得ていますので内容に不安は全くありません。最初から鉄板確定のソフトというわけです。

7月には新生活も落ち着いている頃でしょうし、ゲーム三昧と行きたいところですねぇ。

※カプコンがローカライズすることに問題があるわけではありません(いや、少しはあるかもだけど)。SCEJが自社グループの宝であり最高傑作である「God of War」シリーズをどのような理由があるにしてもローカライズ放棄した事実が大きいのです。


関連記事
カプコン、PSP「ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲」発売日が7月10日に決定
「ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲」7月10日発売決定
神々の戦いを描く『GoW 落日の悲愴曲』が7月10日に発売決定!
『ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲』の発売日が決定


ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲(仮称)
ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲(仮称)
カプコン 
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「Soul Calibur IV」北米/欧州発売日決定


「ソウルキャリバー 4」の北米/欧州発売日が決定したようです。北米は「7月29日」、欧州は「7月31日」との事で、日本版の発売日は未定ですがその辺りの日付になるのは確実でしょう。でも7/24は「SIREN」の発売日ですので、ずらして欲しいですね(笑)


初代PSやSSの時代は「アーケードの3D対戦格闘ゲームがどこまで移植できるか?」がハード性能の物差しとして語られていた訳ですが、現在のHDゲーム機の性能を考えると3D対戦格闘はアクションゲームとしては一番負荷が少ないジャンルかも知れません。時代は変わったんだなぁと感じさせます。

正直なところ「ソウルキャリバー4」がどれだけの本数を売り上げるのかは全く予想できませんが、2008年以降は「スト4」であったり「鉄拳6」であったりと3D対戦格闘ゲームが盛り上がる要素は多々あります。現行機種はどれもネットワーク標準ですし、ネットワーク対戦を軸にした「対戦格闘ブーム」が再来するかも知れませんね。

以前も書いたことですが、「HOME」内でオンライン対戦している模様が「観戦」出来るモードがあれば私は入り浸っているかも知れません(笑)。まぁ回線負荷が凄い事になりそうですが・・・。


関連記事
Soul Calibur IV US release date announced
Soulcalibur IV Dated for US
Soul Calibur IV dated for Europe

       
 

「戦場のヴァルキュリア」4/18


発売前情報としてはそろそろ最終になりそうです。
発売直前と言うことで具体的なゲーム内容もレビューされていますが、「死亡した仲間は生き返らない」と言うことに少し驚いています。久々に「リセット祭り」なゲームになりそうな予感(笑)

さて、発売日には東京と大阪で発売記念抽選会が開催されます。概要は下記の通り。

【東京】
抽選会場:秋葉原GiGO 店頭(10:00~20:00)

対象店舗:ソフマップ本店、ソフマップ秋葉原アミューズメント館、メッセサンオー本館、石丸電気ゲーム・ホビー館、ラオックスアソビットゲームシティ、ラオックス アソビットキャラシティ、ラオックスアソビットホビーシティ、トキワ無線、メディアランド、ゲーマーズ本店、ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba

【大阪】
抽選会場:ソフマップなんば店ザウルス1 店頭(11:00~19:00)

対象店舗:ソフマップなんばザウルス1、ソフマップ日本橋2号店
【抽選対象者】上記「対象店舗」で『戦場のヴァルキュリア』を購入し、抽選会場にレシートを持参した人

【賞品】
特別賞……本庄雷太氏サイン入りイラストパネル
1等……「戦場のヴァルキュリア オリジナルバッグ」
2等……「戦場のヴァルキュリア オリジナルTシャツ」
3等……特製QUOカード+PS3最新タイトルグッズ
参加賞……「戦場のヴァルキュリア 特製クリアファイル+ポストカード」

大阪でも開催される~と喜んでいたのですが、会場はあの「ソフマップなんば店ザウルス1」です。2/2に開催された「セガ店頭体験会」での扱いは最悪レベルでした。しつこいようですが、せっかく「龍が如く 見参!」の体験版のために並んでいる並んでいる人の真横で「ToHeart2」のエンドレスデモを大音響で流していたソフマップの無神経ぶりには呆れかえってしまいました。

まぁ今回は購入者対象のイベントですから少しはマシである事を期待したいですね。私は仕事が忙しい時期ですので営業時間中には参加できそうにないのが残念ですが。

「戦場のヴァルキュリア」公式ページ


関連記事
【今週の1本】見た目はアクション、中身は正統派S・RPG『戦場のヴァルキュリア』
瀕死の仲間を救出せよ! 発売間近『戦場のヴァルキュリア』バトル情報が公開

発売日イベント関連
東京、大阪で『戦場のヴァルキュリア』発売記念抽選会が開催される
「戦場のヴァルキュリア」発売記念抽選会実施
『戦場のヴァルキュリア』発売日に東京&大阪で抽選会を開催

ブログ内記事
「セガ店頭体験会」行って来ました 2/2

戦場のヴァルキュリア(通常版)
戦場のヴァルキュリア(通常版)
セガ  2008-04-24
売り上げランキング : 15

おすすめ平均  star
star期待を込めて
star面白そう!
starやっとPS3のソフトをプレイする時が!!。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

PSN最新情報:香港PSNにPAIN、そしてLair体験版 4/17


今日は「香港PSN祭り」です。PSNカードが入手できる地域で初めて「PAIN」が配信され、尚かつ今まで配信されていなかった「Lair」体験版が登場したのですから。

感想はまた後ほど書きます。でも明日は「マクロスF」を会社行く前に観たいから早く寝たいんだよなぁ。

【香港PSN】
Game
・PAIN
・WarNiChi
Game Add-on
・Warhawk Broken Mirror Pack
Movie
・Elefunk Trailer
Demo
・ARMORED CORE for Answer Trial Version
・Lair Trial Version

【欧州PSN】
Game
・Metal Gear Online Premiere β
Game Add-on
・Warhawk Broken Mirror Pack
Movie
・GTA4 Trailer4

【日本PSN】
Game(PS1)
・アテナの家庭盤~ファミリーゲームス~
・スパイロ×スパークストンでもツアーズ
・マジカルドロップF大冒険もラクじゃない!
Game Add-on
・WARHAWK ブロークン・ミラー
・RISE FROM LAIR 追加コンテンツ
Movie
・戦場のヴァルキュリア キャラクター紹介PV
・ニッポンのあそこで PV

       
 

北米版PSNカードがやっと来る 4/17


昨年12月頃に「クリスマスプレゼント?」と表現されていた北米PSNカードですが、それが年明け早々に延期になった後は音沙汰が無くなり、ついには私たちの記憶から消えつつあるところでした。

しかし今度こそ本当に、北米版「PlayStation Network Card」が近日中にリリースされるようです。遅れた原因は全く不明ですがStoreもリニューアルされたことですし、これで北米版PSNカードでソフト購入が出来れば「何故○○が日本で配信されない」との悲しい思いをする事も少なくなります。

実際に香港PSNカードは私も購入して、無事に使用できることが確認出来ていますので不安は有りません。日本でも気軽に購入できるようになれば良いのですが・・・。


関連記事
Sony "rolling out" PSN Cards to retailers
PSN Cards coming in the spring
PlayStation Cards Heading To Retail
PSN Cards and In-Game XMB are Coming
Sony Confirms PlayStation Cards

       
 

「HAZE」体験版が来る 4/17


現時点で一番のお騒がせソフト「HAZE」の体験版リリースが5月上旬とアナウンスされました。とにかく様々な話題を振りまいてきた「HAZE」ですが、ようやく年貢を納める時が来たようで、これからはゲームソフトとして評価される事になります。(当たり前ですが)

体験版では4プレイヤーの協力プレイも体験できるとの事ですので、FPSファンにとっては実に楽しみですね。個人的には体験版の出来映え(プログラム完成度)が凄く気になります。現時点ではまだまだ珍しい海外サードパーティによるPS3専用ソフトですからね。

今回は体験版の配信アナウンス記念に「HAZE」の輝かしいお騒がせの歴史を残しておきます。

2007年末
「2007年ホリデーシーズンの目玉」から延期される

2008年1月
台湾イベントで展示するもフレームレート不足が指摘される

2008年3月
「延期したおかげで洗練された」とFree Radical(開発)
「HAZEはPS3独占」と英国イベントでFree Radical(開発)
「いやいや"今のところはね"」と直後にUBI(販売)
日本版はスパイクにてローカライズされて5/22発売に決定

そして
2008年4月
「5月上旬の体験版配信」がアナウンス ←今ここ

2008年5月22日
全世界同時リリース

発売までにもう一つぐらい話題を振りまいてくれそうで期待しています(笑)


関連記事
Haze demo coming soon
Four-player co-op Haze demo out early May
Haze Set for May 20 Release, Demo Incoming
Haze demo heading to PSN
Haze demo, 4-player co-op both announced
Haze demo strikes PS Store in early May

HAZE(ヘイズ)
HAZE(ヘイズ)
スパイク  2008-05-22
売り上げランキング : 382

おすすめ平均  star
starこれも
starクライシスではありません
star独創性に欠ける?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 
PS4 Pro モンスターハンター ワールド リオレウスエディション


【お知らせ】
当サイトはリンクフリーですが、掲示板やブログ等に転載する際は必ずリンクを張って下さい。
RSS登録
ツイッター
相互リンク
毎日開催!5,000商品以上の品揃え!最大50%ポイント還元!