PS3 エンチャントアーム3 何だろうこの既視感


※攻略ページではありませんのでネタバレは極力控えてます。

エンチャントアームの物語はエンチャント総合付属大学の学生3人組を中心として始ります。現在は序盤も序盤ですが、いきなりラスボスっぽい敵も登場して主人公のアツマは平和な学生生活から一変した環境を強いられます。はたしてアツマは離れ離れになった学友達と再会出来るのでしょうか、話は結構面白くなってきました。

さて、ストーリーの大半はムービーを多用したイベントにて語られますが、最初の頃からずっと気になっていた事があります。何だろうかこのデジャヴュ感は、このB級臭さは・・・。しかも確信犯ではないチープさ。何年か前に同じような感覚のゲームをプレイした事がある・・・。

やっとの事でこの感覚の正体が「シャドウハーツ2」である事を思い出しました。良い意味で痛いソフトでしたな(褒め言葉です)

ちなみに序盤に出てくる「ラスボスっぽい」敵の名前は「デビルゴーレム」自己再生能力を有する古代の最強ゴーレムとの設定ですが、「デビル」と付けるだけでここまで安っぽくなるのは凄いかも。お笑い界の味の素「なんでやねん」と同列に語っても良さそうなレベルですな。

そいや「デビルガン○ム」も、「自己進化」「自己再生」「自己増殖」の能力を有してましたな・・・。でも「機動武闘伝」は狙ったB級だからチープ感は無いんだよなぁ。

       
 

PS3 エンチャントアーム2 良いところも有る


初回で悪いところばかりを書いてしまいましたので、今回は少しは良いところを書きたいと思います。

セーブがどこでも自由に出来ます。
イベント以外ではダンジョンの中であろうがどこであろうがセーブできます。尚且つ戦闘で敗退しても戦闘開始前に戻されるのでペナルティは低い方でしょう。

会話イベントはテンポが良くて軽快。
会話シーンは画面の両端にキャラが大写しになって会話するスタイルです。レスポンスが悪いゲームが多いので私は余り好きではないのですが、エンチャントアームの会話シーンはレスポンスが良くて素晴らしく快適です。音声も○ボタンで飛ばせるのですが、この軽快さは他のゲームも見習って欲しいですね。

モーションセンサーの使いどころ。
PS3版エンチャントアームではSIXAXISの6軸モーションセンサーを活用する場面があります。現在わかっているのは「エンチャントダンス」と「エンチャントワイヤー」です。「エンチャントダンス」は特殊技を使うためのEXポイント(FF11のTPみたいなもんですな)を戦闘以外で溜めることが出来るミニゲーム?です。L1ボタンを押すことにより主人公が30秒間ダンスすることが出来るのですが、そのときにパッドを上下に振ることによりEXポイントを獲得していくシステムです。戦闘以外で溜めることが出来るのですが、エンカウントする場所では敵に狙われやすくなると言うデメリットがあります。とまぁここまで書くとアホっぽいのですが、実際にやるとまさに「アホそのもの」です。回りに人がいないことを確認して、決して見られないようにしたいものです。
「エンチャントワイヤー」は徒歩では進めない場所に行く時に、ワイヤーを引っ掛けて移動するアクション時に使用します。ワイヤーアクションのトリガーがパッドを上下に振る動作になります。ちなみに○ボタンでも同様の操作が出来ますので「とりあえずモーションセンサー使ってみました」的な要素です。

ゴーレムとは。
エンチャントアームの売りは「ゴーレム」です。有体に言えば「女神転生の仲魔」なんですが、維持コストは不要ですし人間キャラと同様にレベルアップもします。また、カスタマイズして好きなパラメータを成長させることも出来ます。ゴーレムといえば石像っぽいイメージがありますが、今仲間にしているウェアウルフというゴーレムは名前のとおり狼っぽいスタイルで結構格好良いです。合成シーンも悪くありません。
エンチャントアームの舞台は人間とゴーレムが共存している世界なのです。

さて、カメラ操作の左右移動については試行錯誤した結果「右スティックによるカメラ操作は極力行わない」事で解決することにしました。左スティックで移動をすれば緩やかにカメラは移動するので別段使わなくても問題ない事に気づいたからです。しかし同じフロムのAC4は左右のカメラ操作もFF11方式(リバース)に変更できるんですけどね・・・。

シナリオとかはまた別の機会に。

       
 

PS3 ENCHANT ARM エンチャントアーム おまけ


Ea_g 昨日書いた可愛くない店員をデジカメで撮影したので掲載しておきます。

何度見ても怖いです。

       
 

PS3 ENCHANT ARM エンチャントアーム1 波乱の幕開け


仕事から帰るとAmazonからメール便で到着していましたので早速プレイしてみました。ちなみに、このゲームをプレイするにあたりXBOX360版を含めて事前情報は何も収集していません。

BD-ROMをセットするとクロスメニューにアイコンが表示されます。最近のPS3ソフトはクロスメニューでアイコンを合わせてもBGMが流れないので安心できます。モタストとか爆音のBGMが流れて毎回驚けますから(笑)ゲーム起動後に流れるムービーは720pというのもあるのでしょうが全体的にフォーカスの甘い映像です。バックの歌も実に微妙だったりします。

ゲームスタート時のイベントムービーが終了すると戦闘チュートリアルに入りますが、そのときの文字が非常に読み辛く感じました。グレーの背景に細めの白文字で表示されている為です。表示しているTVはフルスペックではありませんがハイビジョンTVですのでモニタ性能に問題があるとは思えません。オプションで画面の明るさを少し上げると少しは見やすくなりますが、画面の明るさ調整で結構イライラ出来ます(笑)これは実際にやってみたらわかります。

ゲームオプションでカメラ操作のタイプを「ノーマル」と「リバース」の2種類から選択できます。FF11タイプに慣れているので選択できるのは有り難いと思ってリバースにしたのですが、どうやらリバースで切り替わるのは上下のカメラだけで、左右のカメラ移動についてはどちらを選んでも「ノーマル」だったりします。こ・れ・は・つ・か・い・づ・ら・い・で・す・よ・・・。(ここで半分ぐらい心が折れそうになる)

当然ですが、エリア移動するとロードが発生します。しかしロード時間の長さが少々気になります。確かにモーターストームもロードは相当に長いのですが読み込んでいるデータ量を考えれば納得のいく時間です。しかしエンチャントアームに関しては元々DVD-ROMだったXBOX360版のデータの大半を流用していると思われますので、BD-ROMの性能を考えると納得し難いロードの長さです。ただ、ソニックもロードの長さは気になりましたので、今後のXBOX360ベースのマルチタイトルに手を出すときはロードの長さに要注意でしょう。

とまぁ若干テンション下がり気味なんですが、大ハマりしたブルードラゴンも最初は結構ガッカリしつつのスタートでしたので、エンチャントに関しても今後どのように化けるかわかりません。カメラの違和感に関してもブルドラのABボタンのように落ち着けば若干戸惑う程度で済みますし、ロードの長さについても許容するしか無いでしょう。

しかし、カフェテラスの店員の女の子が能面のように可愛くない上にスタイルが変なのは許せません。

       
 

PS3 ガンダム無双 その後


暫く情報収集をサボっていたのですが、知らない間にプロモムービーやら戦闘ムービーが公開されていってますね。戦闘ムービーは現在は「初代ガンダム」だけですが、2月7日にはシャア専用ゲルググ 、2月9日にはゴッドガンダムが公開されるみたいです。

プロモムービーを見てみたのですが、相当にテンション上がります(笑)と言いますかこの映像で欲しいと思わなければ買う必要は無いですね、はっきり言って。イベントシーンも予想以上にクオリティが高いし楽しみになってきました。

しかしプロモムービーを3回ほど見ていると、最初はゲテモノと思われていたガンダム+無双が「ロボットゲームの究極の形」なのでは?と錯覚してしまう自分がいます。一騎当千の設定も人間よりロボットのほうがしっくりきますしね(実際の作品もそういう設定だし)

欲を言うならばGTHDみたいに720pのHDムービーを公開して欲しいですね。勿論PS3のStoreだけではなくホームページで見れるようにすれば新規層開拓にも繋がるかと。

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20070206/gm.htm

ガンダム無双のホームページ
http://gundam-musou.jp/

       
 

オフラインRPGについて


FF11を解約してから1ヶ月以上が経ちますが、正直なところこのままフェードアウトしそうな勢いです。レベル上げやミッション等、人を集めなければ何も出来ない「絆」仕様にはもう戻れそうもありません。

とは言えFF11のBCやミッションの戦闘が好きだったのは事実。LV65キャップ時のカムラナートやLV70キャップ時のエルドナーシュとの緊張感のある戦いは今までのオフラインRPGでは一度も味わったことが無い「手から汗が滲む」経験でした。

このような戦いはオフラインRPGでは実現できないものでしょうか?FF12でそれに近いシステムを構築しようと試みてましたが、レベルを上げてしまうと結局は従来のオフラインRPGと同様に力任せで攻略できてしまいます。

最高レベル+最高装備でもレベルが近い敵にソロでは勝てない。この点だけでも残念ながらオフラインRPGとしては世に出せませんな・・・。FF12の完全版をリリースして、スーパーハードモードとか追加シナリオで更なる強敵が追加されたら面白いかも。

でも久々にFF11のことを思い出してみたのですが、つくづく「マゾ仕様」ですな(笑)

       
 

PS3 PS2互換機能


2月2日のPS3本体VUPで「PLAYSTATIONR3 および PlayStation2規格ソフトウェアを遊ぶための機能を強化しました。」とありますが曖昧な表現ですね(笑)過去のVUPでPS2ソフトの映像表現が良くなった(マシになった)との情報もあります。ブルドラが終ってメインで遊ぶソフトがありませんので昨年に買ったまま放置していた「WILD ARMS4」をPS3でプレイすることにしました。

PS2本体での画面と見比べてみましたが、PS3で表示したほうがポリゴンも若干滑らかに表現されています。ややフォーカスが甘いという気もしますが・・・。また、私の使っているTV機能の問題かもですが、PS2の4:3比率の映像がワイド比率で横に伸ばされて表示されます。勿論TVのモードを切り替えれば問題ないのですが。

PS2ソフトを起動したときや終了したときに無線パッドとの接続が切れます。PSボタンを押すだけですが、結構忘れてしまいます。でも無線パッドで操作が出来るのは便利ですね、振動機能についても「最初から無い」と思っていれば気になる要素でもありませんし。
肝心のゲームの内容ですが、さすがにブルドラをプレイした後ですので映像的には相当に見劣りしますが、操作感覚は軽快で悪くないですし久々にジャンプ出来るRPGをプレイしたので、やたらと飛び回ってます。しかし3Dマップで視点移動が出来ない上に街中以外では殆ど自由に動けず、一本道移動なのはストレスが溜まります。

シナリオについては序盤も序盤ですので評価する段階ではありませんが、演出についてはWA1/2に比べてもどうなんだろう?と思ってしまうぐらいに微妙になっています。2は今見ると初代PSだけにグラで見劣りしますが、演出は本当に素晴らしかったのですけどね。

ということでエンチャント・アームを買いに行ったのですが、近所の3店とも売り切れでしたので仕方なくAmazonで注文しました。あー結局買ってしもうたか(笑)

       
 

XBOX360 ブルードラゴン13


大量のネタバレを含みますので終了していない方は見ないほうが賢明かも。

       
 

PS3 Virtua Fighter5 プロモムービー


Storeに「Virtua Fighter5 プロモムービー」が2本アップされてましたので早速落としてみました。

正直バーチャにはハマった経験が全く無いので思い入れとかはありません。プレイしたことがあるのはVF3までですし、システム的には鉄拳の方が好みなんで買うことは多分無いでしょうねぇ。

でも映像はやっぱりスゴイので知人が買ったら是非とも遊びに行きたいですな(笑)

でもシステムVUPの詳細はなんだったんだろう。PS2機能の強化らしいですが。http://www.jp.playstation.com/ps3/update/

       
 

X68000 PHALANX(ファランクス)


社会人の人に質問します、最初の給料で何を買ったか覚えてますか?両親や彼女へのプレゼントでしょうか?堅実に貯金でしょうか?

私は最初の給料の半分以上をX68000購入の頭金に費やしました。はっきりとした金額は覚えてませんがモニター併せて30万前後の高い買い物だったはずです。しかし1991年当時のX68000を取り巻く状況はそれ程芳しいものではありませんでした。Windowsの波が押し寄せるのは更に数年後ですが、エンタテインメント系パソコンとしては富士通のFMタウンズもCD-ROMの魅力を前面に押し出して人気がありましたし、世界的にシェアが拡大していたインテル社CPUに対し、モトローラ社の68000系CPUには殆ど先が無いのが見えていた状況でした。

「X68000の明日は如何に!?」的な空気の中、新卒社会人が初任給をはたいてX68000を購入するのは明らかに「アホ」の所業でした。しかし私は高校生だった当時マイコンショップで初めて見たX68000で動作するグラディウスの素晴らしさに衝撃を受け「自分で稼げるようになったらX68000を買う!」と決めてしまったのです。それから4年経ち、ようやく自分で稼いだ給料でペケロクを買うことを止めることは出来なかったのです。

相変わらず前置きが長いのですが、思い入れたっぷりなX68000のゲームソフトでも一番のお気に入りが「PHALANX(ZOOM)」です。後にSFCやGBAとかにも移植されてますが正直別物と思っていただいて結構です。音楽とかも違うしね。

残念ながらゲームの難度が高く私はクリアすることが出来ませんでしたが、演出や音楽がとても素晴らしく、PCオリジナルゲームでありながらアーケードゲームに比べても何ら遜色の無い出来栄えでした(当時のアクションゲームはアーケードが頂点でしたしね)

PHALANXの音楽について書いておきます。全体的にノリが良くてシューティングらしい曲が沢山あるのですが、特にオープニングの曲は最高です。下記URLでBMGの試聴が出来るのですが、一番盛り上がるパートが試聴では聞けないのが残念です。ちなみにSTAGE5の曲とほぼ同じですな。

http://www.amusement-center.com/project/emusic/album/zoom_phalanx/index.html

なお、ZOOM社では過去のX68000ライブラリが無償公開されているとの事です。
http://www.zoom-inc.co.jp/

ところで、何故今頃16年前のPCゲームソフトを書いたかというと、今朝シャワーを浴びている時に思わず口ずさんだ曲がファランクスのOP曲だったからなんですが(笑)

       
 

XBOX360 ブルードラゴン12


久々の平日の休日でしたのでブルードラゴンをエンディングまでプレイすることが出来ました。ディスク3枚目で早めに終るかな?と思ってたのですが、質・量共に予想以上で最後まで満足できる仕上がりだったと思います。

記録されているプレイ時間は130時間ぐらいでしたが、丁度ラストバトルの最中に2回目のパッド電池切れが発生しましたので、実プレイ時間は80時間程度でしょう。結構放置して買い物に行ったりしてますから(笑)

エンディングを迎えてからの感想は「良くここまで作ったな」の一言です。これだけのボリュームの作品を最後まで質を落とさずに作り上げた事は本当に素晴らしいと思います。昨年はFF12で少し残念な思い(※1)をしただけに、こうやってきっちりと仕上げた作品に出会うと嬉しくなりますし、オフラインRPGもまだまだ期待できるなと感じました。

少々残念だったのはレベルを上げすぎていた為に最後のセーブポイントからラストバトルに至るまでの戦闘全てが非常にヌルく、イベントバトル化してしまったことです。私としては必要以上にレベル上げした認識は無いのですが、欲しいスキルを一通り覚えていたら自然に強くなりすぎてました。まぁ元々シビアなバランスのRPGというわけでもありませんし、「自分が強くなると敵も強くなる」システムで面白かったソフトって記憶に無いですから。

あと、ラストバトル直前のイベント途中で初めてのハングアップが発生しました。丁度連戦が続いている所でしたのでセーブポイントからやり直しでしたが、戦闘自体はヌルかったのが救いでした。もしアークザラッド2のラストバトル後半でハングしていたら泣くに泣けなかったでしょう(※2)

大団円のエンディングを迎えた直後で気が早いのですが、ブルードラゴン続編制作の噂もあるみたいですね。「かげ」やスキルシステムはほぼ完成していますし、RPGを作りなれた坂口氏ですから当然期待できます。キャラデザは別の人に変更しても面白いかもですが、安易に美少年美少女キャラを多用するのは勘弁して欲しいですな・・。

最初の頃にも書きましたが、これだけの良作ソフトがXBOX360ユーザだけの「知る人ぞ知る」的ゲームとして終るのは勿体無いです。将来的には他機種に移植とかもあるかもですが(天外魔境シリーズとか)、早期にPS3やWindowsへの移植も進めて欲しいものです。

今日は取りあえず終了直後の感想を書いてみました。攻略日記では無いのでプレイ内容についてはなるべく控えましたが、機会があれば後日書いてみたいと思います。

さてと週末は何をやろうか・・・。

※1 FF12自体は良く出来たソフトだと思うが、最後のほうの「やっつけ仕事」が素人目にも判ってしまう作りにガッカリさせられたから。

※2 PS1「アークザラッド2」のラストバトルは2時間ぐらい掛かる耐久バトルだった。充分にレベルを上げていた為に全滅の危険は少なかったものの2時間延々と攻撃を続けていくのは苦痛だった記憶しかない。でもアーク2は好きなソフトの一つ。

       
 

PS3/XBOX360 マルチタイトル


既に発売されているPS3版「エンチャントアーム(ENCHANT ARM)」ですが、ネットでの評判を一通り見た感じではどうもイマイチの出来みたいです。残念ですが現時点でソニック、NFS、エンチャントとXBOX360からの移植(マルチ)タイトルはことごとく出来が芳しくありません。

まぁ今後のソフト開発は最初からマルチ前提で設計するでしょうし、PS3開発ノウハウも蓄積されてくると思われるので悲観はしていません。GTHDやモーターストームでPS3の高い潜在能力は既に証明されているので、ソフトハウスの慣れの差だと思いますからね。

しかし3月1日発売予定の「ガンダム無双」は既に予約しているのですが、ブルドラクリア後のメインソフトが決まっていません。少し前に買って未プレイのワイルドアームズ4でもやるとするかな・・PS3でのPS2画質も向上してるらしいし。

       
 

Microsoft Windows Vista 発売前夜


といっても以前のブログにも書いたとおり買う気は全然無いんですが(笑)今朝のめざましTVにてVistaの事が少し取り上げられてました。Aeroのフリップ3D等が紹介されてましたが、パソコンに興味が無い人には「ふーん」程度だし、パソコンがある程度詳しい人は「どれだけのスペックが必要やねん」と突っ込むだけに終わる内容でした。

正直なところ今までVistaには興味が無く全然チェックしてなかったので、これを機会に少し調べてみましたが、うわ「本当に目玉が何も無いや(笑)」としか言葉が出てきませんでした。重くしてシステム要件上げただけですな、こりゃ。そもそもXPですらクラシックスタイルの最速モードで使用している私には殆ど意味が無い機能のオンパレードです。

とは言ってもシステム要件を上げて、より高性能なハードが安価に入手できるようになるのは非常に有益な事です。より快適にXPが動くわけですからね(笑)

つーことで私は買わないけど出来るだけVistaには売れて欲しいと言うのが私の本音だったりします。

       
 

XBOX360 ブルードラゴン11


前回で飛行手段(メカット)を入手したために一気に自由度が広がりました。それまではモニュメント間のワープはあったものの基本的には一本道のストーリーを追いかけていくだけだったのですが、今後は自由に移動しながらストーリーを収束させていく事になります。

いきなり放り出された形になりますが、マップを見ると黄色や青色に点灯している場所が各所にあります。丁度セーブしていた街の上も黄色く光ってましたので、街中を探索してみると黒色バリアの宝箱しかありませんでした。別の場所を探索してみると同様に黒色バリアで先に進めないエリアがありましたので、バリア解除アイテム「ブラックデバイス」を入手する必要がありそうです。

更に探索を進めていくと、いきなり中ボスとの戦いになる所も何箇所かありましたが幸い平日の時間にレベル上げとスキル上げは十分行ってましたのでそれ程苦労することも無く次々と撃破することが出来ました。各地の黄色い光のポイントをクリアしていくと宝箱から「メカット」強化アイテムをいくつか入手しました。やっぱり「メカットシューティング」の悪夢はもう一度あるんやろうなぁ・・・と思いながら攻略を進めていくと、海の上にあるポイントで案の定悪夢再びとなりました。5回ほど挑戦しましたが強化パーツが足らないのもあり失敗に終わりました。これ以上の挑戦は時間の無駄だと思ったので他の場所のクリアに注力し、なんとか日曜日のうちにブラックデバイスの入手及びにメカットシューティング場所以外の黄色ポイントはクリアすることが出来ました。

これで全てのバリアポイントを出来るようになったのですが、場所をメモしている訳でもないので判りやすい数箇所の黒色バリアを解除しただけです。平日の間に過去のポイントを再探索しておかなくては。

プレイ日誌だけではなんですので、現時点での気になるポイントを書きたいと思います。
①スキルシステム採用により好み通りのキャラに成長させることが出来るのですが、バトルバランス的に魔法が非常に有効ですので雑魚敵・ボス敵双方とも黒魔法攻撃で押す戦闘パターンに偏ってしまいます。特に地に足の付いた雑魚敵はグランド系の全体魔法、宙に浮いている雑魚はウォータ系を唱えるだけで殆どの敵を1ターン目に一掃することが出来ます。開発側が想定しているレベルよりも私のレベルが高いのかもですが、それ程苦労せずにレベルやスキルがガンガン上がるのですから上げすぎと言う程では無いはずです。

②終盤の目玉「テンションシステム」ですが、最初のイベントバトル以外で発動したことがありません。上記同様レベルを上げすぎたのかもですが、もう少し発動率を上げても良かったのでは?と思います。さすがにラストボス戦では発動するかな、いっそのことラストバトル専用システムにしても良かったかも。

メカシューリベンジは次の休みやな・・・とか思いつつ、青色ポイントを先にクリアしておこうかなとか嫌な事を先延ばしにする悪い性格が出てしまった日曜日のプレイでした(笑)

       
 

PS3 初Edyチャージ


24日のPS3システムVUPにより電子マネー「Edy」でPLAYSTATION Storeのウォレットチャージが出来るようになりました。最近の高機能な携帯電話なら「FeliCa」に対応している機種も多いですし、私が所有しているSoftbank911SHも当然対応しています。「Edy」のリーダ・ライタも4000円弱で購入できるので買ってみました。以下がEdyチャージからStore購入に至るまでの経緯です。

①FeliCa携帯でEdyの初期設定を行う。911SHの場合「ツール⇒生活アプリ⇒Edy」と選択するとEdyの画面が開きますので、簡単な必要事項を登録すると使用できるようになります。クレジットカード情報を登録するとクレカからチャージが出来ますが、今回はクレカを使わない方法でチャージするコンセプトなので設定せず。

②Edyへのチャージを行う。チャージ方法はクレカ以外なら大きく二つ。
A:サンクス/am/pm 等のEdy対応店にてチャージ。店員さんに現金を渡してチャージする場合と、チャージ機が別途置いてある店もあるみたいです。私の近所(でもないけど)サンクスはレジでお姉さんにお金を渡してチャージしてもらいましたが、どこからともなく「しゃりーん」と言う微妙な音がしました。

Edyの使えるお店
http://www.edy.jp/search/index.html

B:PaSoRi(FeliCaリード/ライタ)を使う。今回PS3が対応したのもこのUSBリーダ・ライタです。イーバンク銀行に口座を持っている方なら自宅PCで直接預金からチャージできます。試してみましたが、気持ち悪いぐらいに簡単にチャージできました(笑)この手軽さはちょっと怖いなー、でも便利ですが。ちなみに1000円以上なら1円単位でチャージできます。

イーバンク銀行
http://www.ebank.co.jp/kojin/service/edy/index.html

③チャージした電子マネーを使う。上記Bで使用した「PaSoRi」を今度はPS3に接続します。すると設定メニューにも「Edy Viewer」と言うアイコンが。ここでチャージ金額等を管理することも出来ます。あとはPLAYSTATION Store上のウォレットチャージの選択肢にクレカとEdyが選択できるようになります。チャージ金額は1000円からです。

で、結局買ったのは「まいにちいっしょ」のコスプレアイテム350円也。
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20070125/psn.htm

以前のブログで「クレカ持っていない人への救済措置ですかねー」と書いてしまいましたが、実際にEdyでチャージしてみた感想としては「めんどくせ」の一言でした。Edy自体は悪くないと思うんですよ。通販とかでも使えるし、振り込み手数料とかもいらんし。

Edyの使える通販サイト
http://www.edy.jp/edy_site/index.html

ただ、クレカ未所有者への措置としては、やはり近いうちにWEBマネーやプリペイドカードにも対応してもらわないとね。学生だけじゃなく、OLさんとかでもクレカ持ってない人は結構いますし。

       
 

WindowsXP Homeのサポート期間延長


一気に5年間もサポート期間が延長されました。当初の2009年のサポート打ち切りという情報はWinXPパソコンを8台所有している私としては切実な問題だった訳ですが、ひとまず安心することができました。マイクロソフトは早々にXPサポートを打ち切ってVistaへの移行を促すようなネガティブな方法ではなく、新OSの魅力そのもので移行を進めていってもらいたいものです。

とは言え、未だにXPもクラシック仕様を愛用している私にとっては処理が重くなる新機能は全て不要なんですけどね・・・。まぁ2年も経てばエントリークラスのPCでVistaが普通に動くようなスペックになっているでしょうし。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0125/ms.htm

       
 

LaVie LL350/9 リストア


久々にパソコンの話。2年ほど前、父親が定年退職をきっかけに「パソコンを覚えたい」と言ってきたので適当にパソコンを見繕ってネット接続の準備をしました。その後何も連絡が無かったので「調子よく使っている」と思っていたのですが、最近話していると「壊れたので修理に出したら5万掛かると言われたので捨てる」との事。

LaVie LL350/9 ◆Athlon XP/2200+ 40G 256M 14.1TFT DVD-RAM/RW

まだまだ現役スペックで勿体無いのでタダで貰ったのですがHDDが故障していました。調べてみると純正品は東芝製の40GBですが、今なら日立IBM製とかで80GBが8000円ぐらいで購入できます。早速購入して差し込んでみると普通に認識されたのでLaVieから作成したバックアップDVDからリストアしてみたのですがエラーが出て止まってしまう。「ドライブが認識されない」と英語でエラーメッセージが出てしまいます。仕方ないので別のPCに接続してフォーマットしてから再度リストアしたら成功しました。どうやら新規HDDからフォーマットしてリストアする機能は無いようです(説明書にもその旨は記載されていない)

無事復旧を終えたので軽く触ってみましたが、今でも十分に実用的な速度で動いています。WinXPは十分に完成されたOSだと思うので、正直Vistaに切り替える気にはならないですよね・・・。

直ったので返そうと思い両親に連絡したのですが「もうPCは飽きたからいらない」と言われてしまいました。まぁ使わないなら仕方ないので私が貰うことにしました。

しかし私はPCを現時点で7台所有しているので、このノートPCは仕事が忙しくて自宅に戻れない(会社の寮で寝泊りしている)知人に有効利用してもらおうと思ってます。

       
 

PS3 システムソフトウェアVUP


明日24日にPS3のシステムソフトウェアがVUPしてVer1.50になるとの発表がありました。今回のVUPの目玉は「Edy」によるウォレットチャージ対応。今まではクレジットカードのみでチャージ可能でしたのでクレカが持てないユーザに対する措置でしょう。この調子でWebMoneyにも対応して欲しいものです。そいや911SHにもedy機能あったな、試してみよう。

ついでに24日の「まいにちいっしょ」に山内さんがゲスト出演との情報も(笑)はたしてどのような出演方法になるのやら、楽しみです。

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20070123/ps3.htm

       
 

XBOX360 ブルードラゴン10


ブルードラゴンのプレイ日記も10回目を迎えました。先週も仕事が忙しく平日はランク上げぐらいしか行っていないので、今日は朝からイベントを進めていきました。

ディスクもついに最終の3枚目に突入しました。おそらくは最終決戦ももう少しだと思われます。ストーリーの展開上PTメンバーが欠けている時間帯が結構ありましたので、なるべく経験値を稼がずに進めていきました(※1)。

現在はようやく5人目のゾラが再加入して自由に移動が出来る状況になったのでレベル上げやランク上げを集中的に行っています。以前も書きましたがブルドラは強制イベントに入ってしまうと別の場所で鍛えなおしたりする事すら出来なくなるので、自由に移動やレベル上げが出来る状況の時にある程度やっておかないと後々痛い目に遭います。

本日進めたイベントは非常に内容が濃く、最初から出てくる敵「ネネ」の正体やシュウ達が魔法の力を得た本当の理由が判ります。そして一旦失った力を彼らは再度手に入れるのですが、このイベントが「ブルードラゴン」の中核を成す部分であり、作り手側のメッセージが一番色濃く出ている部分だと思いました。「感動的」とは違うのですが、確かに作り手の意図をプレイヤーとして「受け取った」のは間違いないです。

しかし、現在プレイ中の私が「進行日記」として敢えて書きますが、最後に戻ってきた「ゾラ」が魔法の力を失っておらず、尚且つ他4名と同様の新能力(※2)を普通に使えているのは明らかにオカシイです。しかも戻ってきたときの会話に何となく違和感を感じたので、なにやら彼女には訳がありそう。どうやら話はもう一展開ありそうです。何も無ければちょっと嫌だな・・・(笑)

次に話を進めるのは来週の日曜日になりそう、多分日曜日にエンディングまで行くかなー。

※1 個人的嗜好として、メンバーのLVに格差が生じるのが余り好きじゃない為。ちなみにFF11では後衛がメインだったので自分よりLVが高いパーティで不味い思いをする事も、自分が一番LVが高いNAパーティで死にまくった事も数知れず。

※2 テンションゲージ。失った魔法を再度入手するイベント時に会得した新能力。

       
 

ブルードラゴン 余談


ブルードラゴンと言えば鳥山・坂口・植松のトリオで有名ですが、私にとってのブルドラ音楽は「異常にハイテンションな中ボス曲」が99%を占めてたりします。迫力のある高音シャウトは「聞いたことあるなー」とは思ってましたが、実はイアン・ギラン氏本人だったのですね(驚)私の父親とあまり変わらん年齢のはずですが・・・。

世代的にそれ程熱心に聴いていたわけではありませんが、ディープパープルは当然知ってますし、CDも何枚か持っています。聞いたことある訳だ(笑)

久々にパープルのCDを聞いてみました、DP第二期の名曲「Smoke on the Water」や「Highway Star」はやっぱり良いですなぁ。

と言いますか、ヤフーで検索したら直ぐにブルドラの挿入歌がイアン・ギランだって出て来ますね。調べてないにも程がありますが、逆に事前情報が無かったからこそ最初の中ボスで「Eternity」を聞いたときの衝撃は大きかった訳です。

       
 

リンカーン(1/16放送)


企画によって波が大きいTBS「リンカーン」ですが、1月16日放送分の「フレンドリー」企画は久々に腹を抱えて笑わせていただきました。フレンドリーゲストは「よゐこ」の二人。いわずと知れた松竹のサブカルチャー芸人です。

ダウンタウンに無理やりコスプレをさせて秋葉スポットを紹介していくのですが、「ツンデレ喫茶」「秘密基地カラオケ」と行く先々で笑えるスポットばかり。以前私が住んでいたマンションの隣に「メイド喫茶」が出来ていたのを知って驚いていたのですが、秋葉はやっぱり何かの最先端を行っている場所だなと思いました。

しかし私が本当に書きたいのはそんな事ではありません。秘密基地カラオケで有野が「PS2に外付けHDD」を付けていると発言していた事に注目したい。「もしや有野もFF11やってるのか?」と気になり調べてみると、知人でやってる人はいるけど・・・的なコメントのみ。多分、知人に薦められてHDDユニットと一緒に買って入れてみたけど時間無くてハマる前にフェードアウトパターンかな?とか勝手に予想。

http://www.4gamer.net/news.php?url=/specials/arino_int/arino_int_001.shtml

確かに私も最初の頃は面白さが全く分からなかったですな、FF11は。

       
 

XBOX360 FF11 ABボタン問題決着?


既に解約してしまったので「何を今更」と言う感じでもありますが、インプレスでプラットフォーム別のFF11を検証していました。

PS2版とPC版については特筆する内容はありませんでしたが、PS2版をPS3にインストールした場合について記載されてました。

インストール時にはまず10GBのHDDが事前確保されるらしく、20GB版をそのまま使用しているユーザには厳しい状況となります。まぁXBOX360のように現時点では20GB版しか無いにも関わらずFF11で半分以上を占有する状況に比べれば60GB版やHDD換装の手段があるPS3はまだマシと言えるでしょう。私は100GBにHDD換装済みなので問題は無し。また、インストールやVUPの早さについても記載されてました。実際FF11をプレイした人ならわかりますが、時間がかかるのはファイル転送であったりファイルチェック等のOS部分の処理だったりしますので、PS3になって基幹部分が強化されているのがわかります。

勿論グラはPS2のままですので、出来れば1080p対応のFF11もプレイしてみたいものです。お金を出せばPCでも可能ですが、性能の高いPCは騒音もそれなりになります。高性能と静音を兼ね揃えるPS3専用のFF11も早期に発売して欲しいものです。発売されれば復帰しようかな。

XBOX360版に関しては私が何度か書いてます「ABボタン問題」について公式見解が記載されてます。「Xbox 360本体およびXbox Live!などですべての操作がA=決定、B=キャンセルとなっていて、ユーザー側でカスタマイズできないため、「FF XI」だけコンフィグで変えてしまうとかえって誤操作しやすくなってしまうためあえて入れていない」との事です。

あのーマイクロソフト純正の「ブルードラゴン」はABボタン入れ替え設定がコンフィグにあるんですが・・・。まぁこれでABボタン問題は決着がつきました、最悪の結果ではありますが(笑)まぁ同一アカウントで複数プラットフォームを楽しもうなんてユーザは最初から相手にしてないって事ですかね。

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20070117/ff11_16.htm

       
 

PS3/XBOX360 ENCHANT ARM エンチャントアーム


ブルドラが終了した後に何をメインでプレイしようかと考える。出来るならば次世代機ハードのソフトをプレイしたい、となると自然と限られてきます。

考えているのは「ENCHANT ARM(フロムソフトウェア)」ですが、このソフトXBOX360とPS3のマルチタイトルなんですよね。現時点ではマルチタイトルのPS3タイトルで満足がいくソフトは出ていない状況です(明らかにPS3の方が見劣りするタイトルしか出ていない)この辺りはソフトハウスがノウハウを掴んできたら解消するとは思いますが、現時点では物好きな私でもマルチタイトルに関しては手を出したくない気分です。

両方持ってますけど、出来るならばPS3のソフトを買いたいんですよね、私は。

まぁブルドラクリアまではもう少し時間掛かりそうなんで、評判聞いてからかな購入検討は。

http://www.em-game.net/

       
 

PS3 まいにちいっしょ 久々に


久々に書きますがちゃんと欠かさず毎日見ています。トロとクロの掛け合い漫才に加え、中の人は間違いなく同世代と思われるコアなネタ満載ですから見逃すわけには行きません。どうせタダなんだしプリインストールしていても良いと思うんですけどね。

今日はバンナムとのコラボ企画と言うことで「リッジ7」用のトロクロステッカーと「まいにちいっしょ」用のリッジポスターが紹介されてました。単なるソフト紹介だけではなく、このような企画モノも面白いですね。出来ればAC用エンブレムもお願いしたいところ。

ついでに正月アイテムも片付けてリッジポスターを貼りました。

更についでにPS3版セガラリーのSS。うーんちょっと微妙な感じかな・・・、モタスト作ったところの新作WRCシリーズの発売が待たれます。

http://ps3.ign.com/articles/755/755534p1.html?RSSwhen2007-01-16_035900&RSSid=755534

       
 

ゲームセンターCX #41 ファン感謝デー


新年最初のCXは昨年12月23日に東京一ツ橋ホールにて開催された「ファン感謝デー」イベントにおける公開録画放送でした。

まず最初に音声須田、カメラマン阿部ちゃん、続いてAD井上が紹介されながら舞台に登場していくのですが、正直このあたりの演出が若干やりすぎで「ズレ」ていると感じました。同様に番組スタッフが時折出役として登場している「ガキの使い」のような「絶妙なやらされてる感(※)」が伝わらないので、私には嫌味に感じてしまいます。

舞台上は会議室テーブルの左に50型程度のワイドTV、右側にはプロジェクタからおよそ220インチの映像が投影されてました(有野の身長180cmから算出)。そこに有野の顔が映し出されていたのですが、プロジェクタは4:3でワイドTVは16:9になります。しかしワイドTVではそのまま画面を横に引き伸ばして映し出していました。他の番組の事は知りませんが、TV番組制作に関わるプロが集まっている場で「これはオカシイ」と誰も思わなかったのでしょうか?サイドバーを映したくないのなら大型4:3TVを用意すればいいだけです。

相変わらず前置きが長くなってしまいましたが、ようやく「マイティボンジャック」の公開ゲームプレイが開始しました。残33機の12面からスタートするも有野・AD井上両名ともに精彩を欠き、残21まで減らしたところで助っ人浦川登場。久々の登場ですが、今でも当番組のADなんでしょうか?その浦川も若干緊張しながらも持ち前のセンスで美技を見せながら13面まで進めたところで有野にチェンジ。しかし場の雰囲気と焦りから残機をどんどん減らしていきます。

ここで会場から助っ人を募集するも番組的配慮からかボンジャックが発売された時代には生まれていないであろう少年をセレクト。勝手にプレイして勝手に死んで、結局名乗りすらせずに勝手に去っていく現代っ子ぶりは苦笑するしかありませんでしたが、次にセレクトしたのも9歳の少年。助っ人募集のはずが「全然プレイしたことが無いけど行けるだろう」的なゆとり教育の賜物としか思えないクソガキぶりには最早苦笑すら出ない。さすがに懲りたのか次の2名はそれなりの年齢の方でしたが面を進めるには至らず。結局は残機一桁の状態でプレイヤーは井上に、そして最後は有野に託されるも無念のゲームオーバー。

会場はここで一旦休憩を挟み、その間に無限増殖を開始して2回目の挑戦に移ります。しかし、時間のかかる無限増殖ですので、TBS「リンカーン」の巨大シリーズのように失敗時に備えて別のファミコンで無限増殖を予備で行っておくぐらいの手際の良さが欲しかったですね。

別イベントを挟みながら残13機で再開。再開後は気合が入ったのか13・14面を調子よくクリア、15・16面も若干減らしながらも8機残して最終面手前まで到達しました。苦労しながらも観客からのアドバイスもあり残2機でマイティボンジャック最終面にたどり着きました。最終面は若干の休憩を入れてからプレイして無事クリア。おめでとうございます。

でも、ひとこと書いてよかですか?「ゲームはそこまでしてやらんでもよかですとよ」

昔は関西でもゲーム関連のイベントが多かったのですが、今は殆どが東京開催のみになってます。カプコン・コナミ・任天堂と関西にも有力なソフトベンダーがありますし、関西人の有野のプレイを是非とも関西の舞台で一度見てみたいと思います。

※ 日テレ「ガキの使い」のスタッフはほぼ全員が「外車」を乗り回すような「社会的成功者」の集まりだが、番組内では「やらされてる感」を撒き散らしている為に嫌味な感じに映らない。

       
 

XBOX360 ブルードラゴン9


この1週間は仕事も忙しく帰宅しても時間が取れなかったので「かげ」のランク上げばかりやっていたと言うのは前述したとおりです。一応目標としたスキルを取得してから話を進めたかったのですが、このランク上げが非常に単調な作業でした。

ブルドラは「かげ」のタイプ別ランクが上がると「スキル」を取得していきます(よーするにアビリティ)。キャラのスロット空きが許す限り好きな取得スキルをセットして自分好みの能力のキャラを作ることが出来るのですが、その中に「フィールドスキル」と言う特別なスキルがあります。これは敵が表示されているフィールドやダンジョンで使用できるスキルの事で、「コイオーラ(敵を呼び寄せる)」「ステルス(姿を消して見つからないようにする)」「オラオーラ(敵が逃げていく)」などがあります。これらのスキルは発動時にMPが消費されていくのですが、上手に使えば移動やレベル上げを効率よく行うことが出来ます。

そのフィールドスキルの中でも特殊なのが「バリバリア」で、発動時に弱い敵と接触するとそのまま倒してしまうのです。経験値は取得できないのですがSP(かげのランク上げに使うポイント)が普通に倒した場合の1/3~1/2取得できます。早い話一番最初のエリア辺りの弱い敵をバリバリア発動させてなぎ倒していった方がランク上げが効率よく行えるのですが、非常に退屈な作業を強いられます

じゃ普通にレベル上げすりゃいいやん。と言われそうですが、楽して確実に稼げる方法を使うのが人情というものです。それにバリバリアがSPのみ取得という仕様になっている以上、「ランク上げはバリバリア使用」前提で調整されている訳でしょうし。

全員が目標のスキルを入手しましたので、ようやく昼から話を進めていきました。しかし確実にヌルくなってしまいました。まぁある程度予想はしていたことですが・・・。

今までレベル上げと同時に(しかも適当に)ランクを上げていた状態で丁度良いぐらいのバランスだったのですが、現状は一人を除いたメンバーが強力な魔法剣士となってしまい、大抵の雑魚敵は最初の全体魔法攻撃で蹴散らしてしまえます。少し話を進めた後に出てくる中ボスですら上位魔法を連発するだけで沈んでしまったので、「こりゃ失敗したかな・・・」と思ったぐらいです。まぁ今までランク上げをサボってただけですので、今後は本体レベルと「かげ」ランクが離れてきたなと感じたら少しずつランク上げをすれば良いだけですけどね。

しかし久々に話を進めたのですが、イベントムービーとプレイ画面の違和感が殆ど感じられないのは相変わらず素晴らしいなと感じました。FF7のキャラの等身がギャグ漫画の如く切り替わるイベント(※)でも衝撃を受けていた時代が懐かしいです。でも丁度10年経つんですね、FF7から。

今はとある「ロボットの町」にいます。やっと青色バリアの解除に成功しましたので、今まで放置せざるをえなかった宝箱を探しに行かなくては・・・・。

※ 自身も衝撃を受けたFF7は今でも大好きなRPG。だがムービーイベントとポリゴンイベントと操作画面とで3種類ぐらいの等身が違うキャラが出てきて「お前は奇面組か」と突っ込んだ記憶があるプレイヤーは沢山いるはず。(奇面組の部分は世代によって違うと思われる)

       
 

XBOX360 初の電池切れ


相変わらずブルドラをプレイしている訳ですが、ここ数日間でパッドの反応がやや鈍くなったような気がしてました。中央のXボタンも時折点滅するようになりましたので、電池を交換してみたら反応も良くなり、元気に振動するようになりました。

本体添付の単三電池も怪しいメーカながらも一応アルカリ電池でしたが、購入して1ヶ月弱で電池が切れました。実質ブルドラにハマり出してから使用頻度が上がった事を考えるとフル稼働は3週間程と言うことになります。(スペック的には40時間稼動らしい)

同様の無線パッドを採用しているPS3はUSBケーブルによる充電式です。画面で充電状況がチェックできますので、こまめな充電を心がければ余程放置しない限りは電池切れという状況はありません。XBOXパッドにも充電池はオプションで有るみたいですが、取り外して充電するのはスマートじゃないなぁ。

まぁ、ディスカウント店で安い単三アルカリ電池を予備として購入しておけば安心ですね。

しかし改めてXBOX無線パッドのスペックを見るとABXYLRボタンも256レベルのアナログボタンやったんやね。あのクリック感はどう考えてもデジタル2値ですが(笑

       
 

次世代DVDニュースいろいろ


新年になってから次世代DVD関連のニュースが大量に流れてきました。ヒカリモノマニアとしては当然見過ごせる訳がありません(笑)しかし各社の思惑は様々で業界全体の今後の方向性は全く見えないというか、益々混沌としてきた状況と言えるでしょう。

以前のブログ「Blu-ray関連いろいろ」にも書きました、ワーナーのBlu-ray&HD DVD両対応ディスクの発表会の模様が掲載されてました。

まず残念なことは当初の情報とは違い両面に別々の記録層を設ける方式であったこと。レーベル印刷がなくなるのも寂しいですが、それよりも扱いが面倒になるのがマイナスですね。

あと両対応ディスクは明らかにコストが高くなることを匂わせていること。あくまでも個人的な感覚ですが、500円ぐらいのコスト増ならば許せる範囲だと思いますが、これが1000円の差となってくると拒否反応が出てきます。大半のユーザにとってはどちらか片面しか再生しないのですから、余分な機能にお金を払う気は無いのは当然でしょう。

かと思えばLG電子から「Super Multi Blue」コンパチプレイヤーが発表されました。シングルピックアップに別々のレンズシステムを搭載したもので1200ドル程度。両方再生できるのだから安いだろうとは思えず、それならPS3とHD-XF2を買ったほうが場所は取るけど安いし。

東芝からは3層HD DVD技術が発表、容量で負けているBlu-rayへの対抗ですな。この辺りは既存技術の拡張であるHD DVDと、大容量と高速転送量を見据えた規格のBlu-rayとの素性の違いですからHD DVDはどこかで無理をしないといけないのは仕方ないですね。でも、東芝は当初は2層で充分って言ってなかったけ?(笑)

益々混沌としてきた次世代DVDを取り巻く環境ですが、ヒカリウォッチャとしては楽しみでなりません。勿論私はBlu-ray派ですので、どちらか片方に統一されるならば素性の良いBlu-rayにして欲しいと思いますが、コンパチドライブや両対応ディスクが主流になるならそれでもいいかなと。まぁ国内での両者の戦いはアナログ放送が終了する間際の2010年辺りまで続くと思います(その前に北米で決着ついてるかもですが)。以前も書きましたが家庭用デジカムが勝敗の行方を握ると睨んでるんですけどね。

HDパッケージを強化するワーナー、「Total Hi Def」の詳細を発表
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0701/11/news008.html

BDとHD DVDのコンパチプレーヤー「Super Multi Blue」
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0701/08/news001.html

ROMのフォーマット拡張を目指すHD DVD陣営
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0701/08/news016.html

以前のブログ
http://mandom.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/bluray_7142.html

       
 

PS3 GripShift デモ


久々に北米アカウントでStoreを見てみましたが「GripShift」と言うゲームのデモが追加されてました。ちなみに国内Storeは今年に入ってからの新規UPは無しです・・・。

取りあえずダウンロードしてプレイしてみましたが、空中に特設されたコースをゴールまで走るレースゲーム?としか言いようがありませんね(笑)2ステージほど遊んでみたのですが現時点では面白さが伝わってきませんでした。

まぁモタストですら体験版はイマイチ(製品版に比べると)だったりしますので、製品版では化けるのかもですが・・・。

それよりもコナミがPS3撤退?まぁ、MGSとウイイレさえ出してくれたら別にいいんですが・・・。

http://www.gripshiftgame.com/

       
 

Wii98万台に対しPS3は46万台


ヤフートップニュースにも出てましたし、めざましTVでも取り上げられてましたね。私の正直な感想としては「PS3結構売れてるなぁ」です。年内30万ぐらいで上出来かなと思ってましたし。

両者は値段も違うし志向も違います。PS VS セガサターンのようなガチンコの戦いでは無いですからね、マスコミは勝手に煽りますけど。「これからはWiiの時代や、PS3に未来は無いんじゃ」と思うような人も多いんでしょうけど。踊らされるのは、まぁ可哀想な人達としか・・・(笑)心配されなくてもPS3買った人はちゃんとソフトを楽しんでますし、買って良かったと思ってますよ。

SCEもPS3が最初からバカ売れするなんて幻想を抱いているはずも無いでしょうし(経営者はリアリスト)、買った人に少しでも喜んでもらえるサービスを絶やさず、少しずつでもユーザを増やす努力を怠らなければ大丈夫です。

PS3は既に日本ではハイデフゲーム機のファーストチョイスになっています。コンピュータゲームソフトの多様化は今に始った事ではありませんし、今後はWii向けのゲーム、PS3(XBOX360)向けのゲームに分かれてソフトベンダーはソフトを作っていくことになるでしょう。それもまた5年ぐらいの短いスパンに過ぎません。

ここからは妄想(笑)

N64のパッドを進化させ、PS2デュアルショックと言う史上最高のノーマルコントローラを完成させたSCEですから、実はPS4のパッド(もしかしたらPS3の追加パッドになるかも)には期待しているんです。Wiiコントローラの致命的な欠陥は「従来ソフトの操作はクラコンに頼るしかない」事ですので、この辺りを上手く解決してくれそうなんですけどね。
勝手に予想しているのは
「デュアルショックの真ん中から二つに分離して使えるコントローラ。両手に左右対称型のコントローラを握って持つようにするスタイル。特徴は両方にアナログスティック+6ボタンが搭載される事。形状的な工夫としては手のひらに挟み込む持手の部分を若干長くして片手でホールド出来るようにする。両方のコントローラに6軸センサー搭載。勿論合体させれば従来のデュアルショックと同様の操作が出来る。合体は男のロマンみゃ」

絵心が無いのが悔やまれる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070109-00000031-reu-bus_all

       
 
【お知らせ】
当サイトはリンクフリーですが、掲示板やブログ等に転載する際は必ずリンクを張って下さい。
RSS登録
ツイッター
相互リンク
毎日開催!5,000商品以上の品揃え!最大50%ポイント還元!