「God of War III」新スクリーンショット 5/27


E3での情報開示が待ち望まれる「God of War III」の最新スクリーンショット及びアートワークが多数公開されています。詳細は下記リンクから閲覧していただくとして、私が気に入ったショットを数枚張っておきます。

1708_0005

1708_0008

1708_0009

ご存じのとおり「God of War」シリーズの産みの親であるDavid Jaffe氏はSCEAを離れています。最新作である「God of War III」は中心人物の不在、そしてハードウェアを変更しての開発という事もあり、完成度に若干の不安を感じるファンも多いでしょう。

確かにSCEAが誇る人気ブランドとして最高の品質を追求されるプレッシャーは並大抵では無いでしょうが、現時点では良いモチベーションとして機能していると感じられます。

独創的なCellプロセッサの活用方法にも注目していますし、GoW3は「最高のPS3ソフトウェア」と「最高のゲームソフト」の要素が両立するタイトルである事を期待してしまいます。

発売は2010年の春~夏ぐらいになるのでしょうか?
E3で発売時期(発売日)の発表が噂されていますが、とにかく品質優先でじっくりと作り上げて欲しいと思います。

関連記事
New God of War III images; concept art | PS3 Attitude
God of War 3 images - Gamersyde

       
 

「テイルズ オブ ヴェスペリア」の新たな追加要素 5/26


5月22日発売の週刊ファミ通にて既報ですが、ファミ通.comに掲載されましたので改めて紹介します。

2009年秋発売予定の「テイルズ オブ ヴェスペリア」は他機種からの移植作品ではありますが、数多くの新要素が追加された「決定版」として制作されているソフトです。今回もPS3版の新要素が下記の通り発表されました。

・フレンの活躍度がアップ
・新ボスが追加
・術技が追加

フレンと言えば宮野真守氏ですね。まぁ私が知っている事前情報はこれぐらい・・・後は新規追加キャラがルイスって事ぐらいかな(ダブルオー関連ばかりですが)

収録音声が増えた事からもキャラクター関連要素(エピソード等)が拡充されている事が伺えますし、物語やキャラクター重視のJ-RPGとしてDVD1枚の制約から解き放たれた「本来の姿」に期待してしまいます。

基本的には他機種版を既にプレイした人でも再度楽しめるように作られているようですし、後は某サイコーブログのような巨大企業とメディアをバックに従えた存在からのプレッシャーに屈する事が無いように祈るばかりです。

公式サイト
テイルズ オブ ヴェスペリア | バンダイナムコゲームス公式サイト

関連記事
『テイルズ オブ ヴェスペリア』新たな追加要素が判明 - ファミ通.com

       
 

「ロロナのアトリエ~アーランドの錬金術士~」ブログ更新 5/26


「ロロナのアトリエ」公式ブログ「岡ブログ」が更新されました。
6月25日の発売まで丁度1ヶ月前になり、そろそろ開発状況が気になる時期になりましたがブログを読む限りでは順調のようです。とはいえPS3初開発作品でもありますし、マスターアップの報告が待ち遠しいところですね。

さて、ブログでは調合の「やり込み要素」とゲームとしての「ユルさ」について語られています。この相反する要素がどのように融合するのか?そして「マリーのアトリエ」を彷彿とさせるユルさ・・・正直アトリエシリーズ未プレイの私には未だにどのようなゲームなのかが掴めていません。

敢えて軽く混乱した状態のままで「ロロナのアトリエ」をプレイしようと考えています。

公式サイト
ロロナのアトリエ~アーランドの錬金術士~公式サイト


ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術師~(通常版) 特典 特製ポスター小冊子付き ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術師~(通常版) 特典 特製ポスター小冊子付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ロロナのアトリエ プレミアムボックス(「特製クリスタルペーパーウェイト」同梱) 特典 特製ポスター小冊子付き ロロナのアトリエ プレミアムボックス(「特製クリスタルペーパーウェイト」同梱) 特典 特製ポスター小冊子付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「ファイナルファンタジーXIII」巨大広告 in LA 5/24


海外のSQUARE ENIX MEMBERS BLOGに「ファイナルファンタジーXIII」の巨大広告写真が掲載されています。

News_img_20819_0

場所はE3開催直前のロサンゼルスで、大きさは124フィート(約38m)になるようです。左からバニラ・スノウ・ライトニングと実に目立つ広告になっていますね。

しかし、ビルが3棟だったというのもあるのでしょうが・・・サッズがいねぇ。限定期間配信されている携帯用待受画面のサッズ君は、ACミラン加入直後のロナウドを思い出すような愛らしい表情をしているというのに。

良く見るとスノウ広告の上に「COMMING 2010」と表記されています。まぁこれだけじゃ、日本国内の発売時期の推測は無理ですな。日本で2010年夏発売でも北米の年内リリースは守れそうですし、遅れれば遅れるほど日本と他地域とのリリース間隔は短くなるでしょうしね。

北瀬氏もFFXIII一色になるようなプロモーションを考えているとの事でしたし、日本国内における宣伝活動にも期待しています。まぁ巨大広告等は東京都内限定になると思いますが・・・。


そういや、FFXIII体験版同梱のFF7ACCがお買い得価格になっています。BD本編も素晴らしい内容でしたし、決してFFXIII体験版のオマケではありません。野村FFに興味がある方には是非ともオススメします。

公式サイト
Blog | SQUARE ENIX MEMBERS

関連記事
Giant Final Fantasy XIII characters watch over LA residents
VG247 » Blog Archive » Oversized Final Fantasy XIII posters confirm 2010 US release
Los Angeles Gets Ready For Final Fantasy XIII - GameGrep
FFXIII showing at E3, huge posters in LA and US release window - Final Fantasy XIII: News, Trailers & Screens ~ Final Fantasy-XIII.net


ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート(限定版:PS3版「ファイナルファンタジーXIII」体験版同梱) Blu-ray Disc ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート(限定版:PS3版「ファイナルファンタジーXIII」体験版同梱) Blu-ray Disc


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

ブログバナーを変更してみる


2009年5月24日、当ブログもなんとか200万アクセスを突破しました。

これを機に大幅なレイアウト変更を考えておりましたが、今のレイアウトが気に入っている事や満足できる時間が取れない事もあってバナーの変更のみに落ち着きました。

なお、今回の新バナー題字は「あんず書道教室」様に制作を依頼しました。

毛筆・ロゴデザインの"あんず書道教室" 

さすがに今までの毛筆フォントを組み合わせただけの題字と違って手書きの統一感がありますし、私の希望通りダイナミックな字体に仕上げていただきました。


まぁ実際に携帯アクセスを加算すると300万アクセス近いんだよなぁ。アクセスカウンタがPCサイトのみの集計だから判らないけど(笑)

これからも「ゲームかなー」をよろしくお願いいたします。

       
 

PS3の置き場所を変えてみる 5/24


ディスプレイラックを組み立てて設置した際に、天板上にPS3×3台を並べてみました。

Ps3room

設置場所の高さは気になるものの、ディスプレイラックにゲームソフトや周辺機器が収納出来ますし、なんと言っても部屋のオブジェとして目立ちます。悪くないかも。

       
 

コジプロに振り回される日々 5/23


コジプロのカウントダウンが終了しました。

KOJIMA PRODUCTION "NEXT"

まぁ既報の通り、更なるカウントダウンが開始されましたね。次のカウントダウン終了は5月27日(水)との事です。

更に浮かび上がる文字が増え、「5」「3」「E」「巳」と意味深でもないストレートなキーワードが並びます。様々なサイトで色々と解釈されていますが、ここまでベタなら、「ミスリード」なんて許しません・・・と言いたい気分です(笑)


今回の「コジプロNEXTプロジェクト」の経過は下記の通り。

5月13日 ファミ通フラゲによりティザーサイト告知が明らかに
5月16日 ティザーサイトオープン
5月18日 ティザーサイトがカウントダウンサイトに
5月22日 新たなカウントダウンがスタート(イマココ


5月27日 カウントダウン終了予定、ファミ通フラゲ
5月29日 週刊ファミ通発売
5月30日 「ファミ通 PSP + PS3」発売
6月2日 北米にてE3開催


そして、意外なところから新たな情報が漏れてきました。
5月30日は「ファミ通 PSP + PS3」発売日ですが、一部通販サイトの雑誌紹介文に「メタルギア新作」と表記されていたとの事です(現在は修正されています)。この情報が真実ならば「最悪の事態」だけは免れたと考えて良さそうです。

果たして5月27日には本当にカウントダウンが終了し、正式な情報が公開されるのでしょうか?「ファミ通 PSP + PS3」にてリーク通り新作は発表されるのでしょうか?はたまたカウントダウンはE3開催まで延びるのでしょうか?

どうやらコジプロに振り回される日々がまだまだ続きそうですね。

まぁ結果としてPS3で発売されるならば振り回された日々も楽しい思い出になりますし、PS3専用ならば尚更です。「勝手に期待して、勝手にズコーする」事は本意ではありませんが、少なくとも他機種独占の妄想よりは「現実味のある」材料が提示されている訳ですからね・・・。

関連記事
ついに本日「メタルギアソリッド5」が正式発表か、プラットフォームはPS3? - GIGAZINE
小島プロダクション公式サイトに謎のページ出現続報――「E3」そして「巳」の文字 - ITmedia +D Games


ファミ通 PSP + PS3 (ピーエスピー・プラス・ピーエス3) 2009年 07月号 [雑誌] ファミ通 PSP + PS3 (ピーエスピー・プラス・ピーエス3) 2009年 07月号 [雑誌]


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

ガストがPS3プログラマーを急募 5/23


ガストが公式サイトにてPS3プログラマーを急募している事が話題になっています。

アイテム合成・調合RPGアトリエシリーズ

私もネットで知ってから上記リンクを確認した事もあり、昨年秋からの募集がそのまま残っているだけの可能性もあります。それに、マスターアップ直前のロロナチームからシフトさせれば良いだけのような気もしますし。

しかし、ガストがHDデビュー作「ロロナのアトリエ」から更なるステップアップを考えているのであれば、開発者の増員は必須でしょう。それに「アトリエ」シリーズは元々ゲームファンへの知名度は高いソフトですし、PS2で発売するよりもPS3フォーマットの方が新規ユーザの開拓に繋がる可能性は高いのです(私も新規ユーザの一人)。今のタイミングでのHDタイトルへのシフトは早いわけではありませんが、まだ間に合います。

とりあえずは「ロロナのアトリエ」で景気の良い売り上げを記録していただき、その勢いで第2弾ソフトの開発に注力してもらいたいですねぇ。

公式サイト
ロロナのアトリエ~アーランドの錬金術士~公式サイト


ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術師~(通常版) 特典 特製ポスター小冊子付き ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術師~(通常版) 特典 特製ポスター小冊子付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ロロナのアトリエ プレミアムボックス(「特製クリスタルペーパーウェイト」同梱) 特典 特製ポスター小冊子付き ロロナのアトリエ プレミアムボックス(「特製クリスタルペーパーウェイト」同梱) 特典 特製ポスター小冊子付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

Amazon新着情報 5/22


Amazonの新着情報です。


【PS3用タイトル】
08/27 F.E.A.R2 PROJECT ORIGIN(フィアー2 プロジェクト オリジン)(サイバーフロント)

       
 

「デモンズソウル」が北米で発売決定


高いゲーム性と難易度で話題となった「デモンズソウル」の北米進出が明らかになりました。発売時期は2009年秋との事です。

しかし、SCEタイトルとして発売された日本と違い、北米ではアトラスがパブリッシャになるようです。最初から英語音声だった日本版のテキスト文を差し替えるだけのローカライズにしては時間が掛かっているなぁと感じていましたが、パブリッシャ問題があったのかも知れません。

ハードな世界観、戦略性の高いアクションRPG、独特なオンラインシステム等々、「Demon's Souls」は海外ユーザに受けそうな要素が満載のRPGタイトルです。それだけにSCEAタイトルとしてリリースして欲しかったところなんですけどねぇ。

日本国内でも10万本以上の売り上げを記録しました。これは全く注目されていなかった新規フランチャイズで、しかも洋ゲーテイスト満載のゲームとしては実に珍しい事です。このゲームが「洋ゲーの本場?」北米市場でどのように受け入れられるのか?注目していきたいと思います。

関連記事
Atlus bringing Demon's Souls to US News // PS3 /// Eurogamer - Games Reviews, News and More
Demon's Souls getting US release, courtesy of Atlus

       
 

PlayStation Homeに「Resistance」ラウンジが登場(海外)


5月21日より北米PlayStation Homeに「Resistance」ラウンジが登場するとの事です。紹介ムービーが公開されています。

なんと、ミニゲームまで収録されているのね。バイオハザード5のラウンジも良くできていましたが、「Resistance」ラウンジもなかなか素晴らしい出来映えです。私は「キルゾーン2」ラウンジを期待したいところです。ヘルガスト兵ルックで散策してみたい。

さて、海外だけではなく日本国内のHomeもなかなか活況です。5月21日から日本一ソフトウェアやキューエンタテインメントもHome用アイテムの販売を開始しています。私はプリニーチェアを購入してクラブ内に設置しましたが、ヘルガスト兵やデモンズ兵にプリニーチェアは全く似合わない事が判明しました(笑)

あとは、そろそろスクエニ・コナミ・セガあたりのラウンジやアバターアイテムに期待したいところですね。バンナムからも「ガンダム戦記」の発売タイミングで連邦やジオンの制服アバターが販売されたら買ってしまうだろうなぁ。顔はヘルガストメットだけど。

関連記事
This Week in PlayStation Home: Resistance Space Unleashed, Game Launching Confirmed - PlayStation.Blog

関連記事
4Gamer.net ― PlayStation Homeで「ALO」「ルミネス SN」アバターアイテム配信開始(Angel Love Online)
日本一ソフトウェアのPS Home用新アイテムが今日から登場
キューエンタテインメントがPlayStation Homeへの参入を決定

       
 

Amazon新着情報 5/21


Amazonの新着情報です。


【PSP用タイトル】
08/06 テイルズ オブ バーサス(初回生産限定:「無料プロダクトコード」同梱) 特典 スペシャルDVD付き(ナムコ)

       
 

今週のフラゲより 5/21


あくまでもフラゲ記事ですので真偽の程は購入してご確認下さい。ちなみに私は今週はスルー予定。


・コジプロのカウントダウンは?
どうやら、現時点の情報では「コジプロのカウントダウン」はファミ通とは連動していないようです。

金曜日にカウントダウン終了と聞いた時点で「ファミ通」を連想した人が大半でしょうし、二重三重にファンをやきもきさせてくれます。この調子なら、5月22日にも具体的な発表は無さそうだな・・・。

さて、次は6月2日開催のE3までどのような手段で引き延ばしにかかるのか?に期待しましょう(笑)

・フロムのカウントダウンは?
フロムのPS2作品を6作品、PSPに移植するという内容だったようです。明らかになっているラインナップは下記の通り。

・アーマードコア・3 ポータブル
・天誅参 ポータブル
・アーマード・コア サイレントライン ポータブル
・風雲新撰組 ポータブル
・忍者活劇 天誅 紅 ポータブル
・アーマード・コア ラストレイヴン ポータブル

値段も手頃なようですし、PS2時代のフロム作品がまとめてPSPに移植される事は素直に喜びたいところですが・・・、やはり国内サードは積極的にHDタイトルに挑戦して欲しいところです。

「デモンズソウル」のフロムも、「白騎士物語」のレベルファイブもSCEJタイトルのデベロッパとして素晴らしい仕事をしましたが、自社パブリッシャタイトルでHD作品が中心になる時代はもう少し先のようです。


あと、J-RPG好きとしては「End of Eternity」の戦闘システムや「Tales of Vesperia」の追加情報は見逃せないでしょう。私も「End of Eternity」についてはもう少し調べてから書く予定です。

       
 

「ファイナルファンタジーXIII」は頑張って出します、との事 5/20


スクウェア・エニックスの「2009年3月期 決算説明会」の場にて、ファイナルファンタジーXIIIの発売時期について和田社長が下記のようにコメントしています。

ファイナルファンタジーXIIIが今期出るかは神のみぞ知る……いや、頑張って出します

いやいや、開発側は2009年冬に発売出来る準備を着々と進めていますし、年度内に出すかどうかを決めるのは和田社長の判断のような・・・。

自らを神に例えるセンスもそうですし、FF13発売時期について「やきもき」しているゲームファンを尻目に軽々しく笑いを取ろうとするあたり、相変わらず「夢を与えない社長」の異名に相応しい言動には目眩がしました。

まぁ2010年度の計画は「ドラゴンクエスト9」と「ファイナルファンタジーXIII」を含めた売り上げを見込んでいるようですし、少なくとも日本国内で年度内に発売する予定であることは確認出来ました。

勿論、予定通り「2009年冬」に発売して欲しい気持ちは強いのですが、現在判っているだけでも「ルナ」「ヴェスペリア」「エンド オブ エタニティ」が秋以降に発売されますしねぇ。それに、今後発表されるタイトルも多数割り込んでくるでしょうから、2009年度内であればそれでいいかなーと思いつつある昨今です。

4月の体験版以降は目新しい情報がありませんが、E3に向けて新しい情報公開が期待出来そうです。海外インタビューは日本国内の雑誌やメディアとは違った内容で読み応えあるんですよね。劣化マルチ版の情報には興味ありませんけど。

関連記事
スクウェア・エニックス、「2009年3月期 決算説明会」を開催 + -GAME Watch


ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート(限定版:PS3版「ファイナルファンタジーXIII」体験版同梱) Blu-ray Disc ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート(限定版:PS3版「ファイナルファンタジーXIII」体験版同梱) Blu-ray Disc


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「アイドルマスター続編(仮)」の開発が明らかに 5/20


当ブログでは滅多に取り上げないジャンルのゲームについて書きます。

アーケード及びPSP他機種で発売された「アイドルマスター」の続編制作がイベントで発表されたようです。まぁ具体的な発表が行われるのは更に1年後になるようですが、それまでに情報は小出しにされていくのでしょうかね?今から1年間の沈黙はさすがに長すぎるでしょうし。

現時点では「続編」としか情報がありませんので、オリジナルであるアーケードの展開も考えられます。でも個人的にはコンシューマ、勿論PS3を含めた展開に期待したいところです。

「ヴェスペリア」「エースコンバット」「アイマス」「塊魂」の「バンナム負の遺産群」も二つが抜けてラストツーピースとなりました。今後、どちらの破片が先に埋まるのでしょうかね?そのあたりも興味深くチェックしていきます。あ、マグナなんちゃらは別にいいです。

まぁ私にとってアイマスといえば「ほめ春香」のイメージしか無かったりします。あのお面のセンスは凄いわ・・・。

関連記事
2010年の5周年へ向けて制作『アイドルマスター続編(仮)』発表/ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム
つぎなるステージに向けて、『アイドルマスター続編(仮題)』が制作開始! - ファミ通.com
バンダイナムコ、「PROJECT IM@S 2nd VISION」始動! 続編も制作開始! 「アイドルマスター」は次のステージへ -GAME Watch

       
 

小島プロダクションのティザーサイト、その正体は・・・ 5/19


雷鳴の中、「5」か「S」を連想させる模様が時折浮かび上がる印象的なカウントダウンサイトが公開されました。「ティザー」→「カウントダウン」→「フラゲ」・・・あれ?

KOJIMA PRODUCTION "NEXT"

真っ先に「メタルギア ソリッド 5」を思い浮かべる方が大半でしょうが、個人的には今回の予告広告を打ったファミ通ウェブサイトをはじめ、各メディアも同様の予想をしている事が気になります。

既に内容を知っているはずのメディアサイトが敢えて核心を突いた予想をする事も芸がないし、コジプロとメディアによるミスリードの可能性もあるかなと考えています。まぁ単純に盛り上げ優先なのかもですけど、待たせるからには何か捻って欲しいのも本音。

そして、やはり気になるのは開発ハードです。作品の質やボリューム、コジプロの開発経験を重要視するならばPS3専用タイトルに期待したいところですが、さすがにパブリッシャとしてのコナミが黙っているとも思えません。マルチが妥当なところなんでしょうかね。私はPS3版が発売され、待遇面で不利な状況に陥るようでなければ不満はありません。

ちなみにカウントダウン終了は5月22日(金)になります。と言う事は恒例の水曜日には何らかの情報が明らかになるのでしょうか?気がつけばE3開催まで2週間を切っていますし、「E3で新作発表!」というアナウンスかも・・・はたして。

関連記事
小島プロダクションのティザーサイトに変化が キーワードは“5”? - ファミ通.com
4Gamer.net ― 小島プロの謎のティザーサイトで5月22日10:00に“5”の謎が明らかに?(METAL GEAR 20th ANNIVERSARY METAL GEAR SOLID PORTABLE OPS)
小島プロダクション公式サイトに謎のページ出現――新作発表か? - ITmedia +D Games
『5』浮かび上がる「小島プロダクション"NEXT"」カウントダウン開始/ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム

       
 

携帯サイト「SQUARE ENIX NEWS」リニューアル、今週はFFXIII待受! 5/19


5月18日より携帯サイト「SQUARE ENIX NEWS」がリニューアルされ、キャンペーンとして週替わりで携帯待受が配信されています。

オープン最初のオリジナル待受画像は「ファイナルファンタジーXIII」です。週替わりですので下記期間のみの配信になります、興味がある方はお早めにどうぞ。

【ファイナルファンタジーXIII待受配信期間】
5月18日(月)11:00 ~ 5月25日(月)11:00

私も早速待受画面を入手しました。無料の会員登録が必要ですが、性別・年齢・都道府県を登録するだけですので簡単です。思ったよりも美麗な待受画像で気に入りました。最近愛用していたヘルガスト待受から変更してしまうほどに。

今後も「ファイナルファンタジーXIII」を盛り上げるべく、キャンペーン情報は随時紹介していきます。

公式サイト
FINAL FANTASY XIII

関連記事
週替わり配信「SQUARE ENIX NEWS」第1弾は『FF XIII』/ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム
ケータイサイト“SQUARE ENIX NEWS”がリニューアル - ファミ通.com

       
 

「NINJA GAIDEN Σ2」の新要素はPS3版のみ


Kikizoに新生TeamNINJA・早矢仕洋介氏のインタビューが掲載されています。

色々と興味深い内容ですが、私が興味を引いたポイントは下記の通り。

・Σ2の新要素は他機種版には提供されない
・「NINJA GAIDEN 3」も計画中


PS3ラバーとしては朗報・・・ではありますが、結局「他機種版買った人も、PS3版を買って下さいね」という事なんだよなぁ。今はネットワーク経由でFIXやDLCが入手出来る時代ですから、既存ユーザが納得するような説明(言い訳)もなかなかに難しい。「侍道3」のようにパブリッシャ側の対応に問題があれば、即座にユーザから批判されてしまいますし。

私はハードありきの人ですので、「このソフトをプレイしたいからハードを買う」といった考え方は持っていません。ですから他機種で発売された後発ソフトが優遇されても「まぁ仕方ないか」で済むのですが、大半の人はソフトありきでハードを選ぶわけですからねぇ。やるせない気持ちになる事も理解は出来ます。

「NINJA GAIDEN 3」については市場が求めるならば作るべきでしょう。しかしTeamNINJAがハード専用開発に拘っている事は過去のコメントからも伺えるだけに、「NINJA GAIDEN 3」がどのような形態で開発・リリースされるのかに注目したいところです。まぁ今のところは「Σ2」に全力投球といった感じでしょうか。

そして、6月中に「NINJA GAIDEN Σ2」の体験版がPSNに配信されるとの情報もあります。前作「NINJA GAIDEN Σ」も製品発売の2ヶ月程前には体験版が配信されていましたし、開発が順調ならば十分に可能性はあるでしょう。Σはヌルゲーマーに対するフォローもありましたので、「Σ2」にも同様の期待をしてしまいます。

板垣某の呪縛から解き放たれた新生TeamNINJAの動きには今後も注目していきます。

16

関連記事
Kikizo | Interview: New Team Ninja Head Yosuke Hayashi

       
 

Home「ゲームかなー」クラブからのお知らせ 5/18


えーと「ゲームかなー」クラブからお知らせです。

5月18日早朝にクラブメンバーを一旦リセットします

クラブを開設して1ヶ月以上が経過しました。最近はコスプレ大会に変貌しているような気もしますが、ゲーム関連を中心としたチャットは実に楽しいものです。

しかし、今後も活発なクラブ活動を維持していくためにはアクティブメンバーの確保が重要で、32名というメンバー上限から考えても定期的なメンバーリセットが最善策であるとの結論に達しました。参加希望していただいた方には申し訳ありませんが、ご了承いただきますようお願いいたします。

ここで改めて「ゲームかなー」クラブについてご案内します。

・基本はダラダラとチャットをするだけの場です。
・コアタイムは夜10:00~11:00過ぎになります。
・管理人は曜日問わず大抵の日はコアタイムに入室します。
・欠席する場合はメッセージボードに事前案内いたします。
・PS系が好きな方が集まる場にしたいと考えています。
・少なくとも週に1度以上はコアタイムに参加できる方歓迎。

クラブに参加希望される方は下記手順にて申請して下さい。

homeのメインメニュー(スタートボタン)
→「クラブ」
→「クラブを探す」
→名前欄に「ゲームかなー」と入力して「検索開始」
→「参加リクエストを送る」を送信

※参加希望が多数来た場合は、先着順に承認いたします。

       
 

「Heavy Rain」は他機種では困難との事です


フランスを拠点とするデベロッパQuantic DreamのDavid Cage氏が、現在開発中の「Heavy Rain」は他機種では動作させることが出来ないだろうとコメントしています。

「KILLZONE 2」の時にも開発側から同様の発言がありましたし、E3を直前に控えて盛り上げようとしたリップサービスという事は理解しています。しかし個人的にはどうにも品が無いようにも感じるのですよねぇ。全く同じ内容のゲームタイトルを双方のハード性能を引き出した状態で開発する事は今後も無いでしょうし、独占タイトル同士ならば尚更比較は難しい訳です。

一番判りやすいPS3ハードのメリットである「BDの大容量」も、ディスクの頻繁な入れ替えがゲームの醍醐味という神主張の前ではデメリットになるわけですしね。まぁ金で買い取った独占しかアピールしない陣営と比べると、まだゲームの品質をアピールしているだけマシだと考えておきましょう。

さて、発売前からSCEの自信が伺えた「KILLZONE 2」は実に「面白いゲーム」でしたし、ファーストタイトルの品質は相当に高いレベルにあります。「Heavy Rain」にも同様の期待をしてしまいますが、具体的なゲーム内容を含めて情報が少ない訳ですから「E3 2009」における大々的な情報公開が待ち望まれます。

残念ながら、絵柄を含めて日本では数が出ないタイトルだとは思いますが、日本語吹き替えは当然としてSCEJにはローカライズに力を入れていただきたいところ。多分、TGS2009の場で日本国内版が具体的に発表される事になるでしょうね。

関連記事
David Cage: Heavy Rain can't run on 360 | NowGamer

       
 

「Uncharted 2: Among Thieves」最新ゲームプレイ映像 5/17


「Uncharted 2: Among Thieves」の5分40秒にわたるシングルプレイのゲーム映像が公開されています。

まぁ何も言わずに見てください。5分が短いと感じたのは私だけでは無いでしょう。前作「Uncharted」も実に美麗なグラフィックと演出でゲームを盛り上げましたが、最新作の進化っぷりは半端ではありませんね。

今年以降のSCEタイトルは「Heavy Rain」「God of War III」、そしてこの「Uncharted 2: Among Thieves」とPS3の本領発揮とも言えるタイトルが目白押しです。同時に国内ではJ-RPGの数も揃ってきている訳ですから時間がいくらあっても足りません。

以前書いたとおり、私は「Uncharted 2: Among Thieves」のマルチプレイヤーベータ権を入手しています。日本国内から参加できるかどうかは判りませんが、これ程までの映像を見てしまった訳ですから参加不可だったときのショックは大きいだろうなぁ(笑)

関連記事
Uncharted 2: Among Thieves - New Single-Player Video - PlayStation.Blog

       
 

「白騎士物語-古の鼓動-」今更ながら気付いたこと 5/17


「白騎士物語-古の鼓動-」初の大型アップデート"1st.WAVE"に下記の項目があります。

◇ 経験値取得計算式を調整しました。(ライブパートは変更ありません)

アップデートの時は読み流してしまいましたが、これってパーティメンバーにレベル差が有る時、各々のメンバーが取得する経験値に差が出るように調整されるという事だったんですね・・・。会社の同僚君から話を聞くまで気付いていませんでした。

と言う事で試してみました。パーティ構成は下記の通り。

レナード LV50
エルドア LV45
アバター LV47

エルドアの経験値で対比しました。アップデート前は二つ目のロジックストーンまでの敵を殲滅して「200」前後の経験値でしたが、"1st.WAVE"適用後は「2000」前後と10倍の経験値が取得できるようになっています。

再度必要時間を計算してみたところ、エルドアLV50までに必要な経験値稼ぎ時間が当初の「300時間前後」から「60時間前後」にまで短縮されました。うわ、いきなり簡単になったな・・・。

あまりに敷居が低いのも面白くないので、目標を「アバターの転生4回をオフラインのみで実現」に変更しました。とりあえず1回は転生しないと必要時間は算出できないのですが、300時間前後は必要だと思われます。目標は高く設定してこそ「騎士道」だと思うのですよ。

公式サイト
白騎士物語-古の鼓動-

       
 

「PS Store」のスクエニタイトルに同社メンバーズポイントを付与開始


アーカイブスにFF7が配信されたときにアナウンスされていたとおり、「PlayStation Store」にて配信されているスクウェア・エニックスを購入すると、「スクウェア・エニックスメンバーズ」のメンバーズポイントに加算されるサービスが5月15日より開始されました。

やり方は下記サイトより「PSNアカウント」と「スクエニメンバーズID」を関連づけるだけです。

PlayStation®Store×SQUARE ENIX MEMBERS | SQUARE ENIX MEMBERS

PSNの購入履歴から過去の対象タイトル分のポイントが加算されるようになります。私も関連づけましたが、「ファイナルファンタジー7」以外にも過去に購入した「ゼノギアス」もポイント加算されていました。

ちなみに私は未だにブロンズ会員のままです。最近のスクエニはアーカイブスタイトルの値段が話題になっていましたが、PS3ラバーとしては「PS3用国産パッケージタイトル」が未だに発売されていない事の方が大問題だったりするのです。

関連記事
4Gamer.net ― スクエニのPS Store配信ソフトすべてがメンバーズポイントの対象に
スクエニ「PS Store」販売作品にメンバーズポイントを付与開始/ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム

       
 

コジプロ・フロムがティザーサイトを公開 5/16


小島プロダクションとフロム・ソフトウェアがティザーサイトを公開しました。

KOJIMA PRODUCTION "NEXT"
2009.5.22 OPEN | FROMSOFTWARE

コジプロに関してはファミ通フラゲの広告ページで5月18日に何らかの情報公開が行われるとの告知がありました。早速ティザーサイトのメタキーワードにMGS等の文字が含まれている事が話題になっていますね。他にも雲の模様等から様々な予想をしている方がいらっしゃって実に面白い、最近では「エンドオブエタニティ」のティザーサイトに隠しキーワードが埋め込まれていましたからねぇ。

フロムについては全く見当が付きません。PSP版「アーマードコア」が発表されたばかりですし、今度こそHDタイトルに期待したいところですが・・・こちらは5月22日にオープンされるとの事ですので、5月20日(水)には明らかになるでしょう。「エンチャントアーム2」だったらどうしよう・・・カメラが改善されていたら買うけど。

コジプロのティザーサイトはファミ通で「予告」を行い、実際のアナウンスはサイト発にしている事が興味深いです。フラゲによる事前流出を防ぐ目的がどこまで含まれているのかは判りませんが、今後は同様の手法が増えることも考えられますね。

関連記事
もしかして『メタルギア』新作発表!? 小島プロダクションの謎のティザーサイトが出現 - ファミ通.com
4Gamer.net ― 小島プロの公式サイトに謎のティザーサイトが出現(METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS)
フロム・ソフトウェアが謎のティザーサイトをオープン - ファミ通.com

       
 

Amazon新着情報 5/15


Amazonの新着情報です。


【PS3用タイトル】
07/16 プロ野球スピリッツ6(コナミデジタルエンタテインメント )

       
 

噂:薄型PS3の画像がリーク?


中国のゲームフォーラムに掲載されている、薄型PS3の画像が話題になっています。画像は下記リンクからどうぞ。

Slim PS3 Revealed Via Chinese Factory Leak?: News from 1UP.com

流出された写真にはスリム化された本体及びパッケージが撮影されています。筐体に関してはパーツのみで、パッケージに印刷されている完成型でしか判断できないのですが・・・「はっきり言って格好悪い」。

このデザインでは4台目購入!には踏み切れないなぁ。

曲線を優雅に使ったプレイステーション3のデザインは、大柄でありながらピュアスポーツカーのようなしなやかさを感じさせる秀逸なものです。その洗練された初代のデザインを単純に薄くしたらここまでバランスが崩れるのかと感じましたね。

噂ではデルのPCと並べても違和感が無いデザインの据え置きゲーム機もあるようですが、日本製のハイテク機としてはデザインにも力を入れて欲しいところです。

まぁ現実的なところとして、PS3本体の「逆ざや」が完全に解決される前に、フルモデルチェンジ本体の生産に踏み切るというのはタイミング的にも少し不自然かなと。PS3ロゴも適当って感じですし。どうやらSCEも否定しているようですが、ハード関係の噂は必ず否定しますからアテにはならなかったり。

個人的には、本当に新型筐体モデルが登場するなら来年秋ぐらいかな~と勝手に予想しています。それに、1年に2台も本体を買い足しするのは少し買いすぎですしね(笑)


       
 

今週のフラゲより 5/14


「脅威の特大スクープ7連発」の全貌が明らかになりました。

Wii「モンスターハンター3」
NDS「スパロボ学園」
NDS「高校野球道DS」
PSP「実況パワフルプロ野球ポータブル4」
PSP「おおかみかくし」
PSP「ルナ ~ハーモニーオブシルバースター~」
PS3他「F.E.A.R.2 PROJECT ORIGIN」

まぁいつものことですが・・・「ハードル上げすぎ」

個人的には「F.E.A.R.2 PROJECT ORIGIN」の国内ローカライズや、「ルナ ~ハーモニーオブシルバースター~」のリメイクは嬉しい情報でした。発売時期や同時期タイトルにもよりますが、「F.E.A.R.2 PROJECT ORIGIN」は是非とも押さえておきたいタイトルです。勿論ルナはデフォ買い決定。

また、PS3関連では昨年末から待っていたタイトルがようやく発表されました。

PS3「ボンバーマン ウルトラ」 PSN 2009年夏配信予定 1000円

オンライン8人対戦については記載されていますが、オフライン同時対戦が4人までの制限って改善されてないのでしょうかね?PCエンジン版の5人対戦が私は大好きでしたし、オフラインのパーティゲームとして4人対戦と5人対戦では面白さが違いますので対応していただきたいところです。


さて「モンハン3」の発売日が2009年8月1日に決定したようです。当サイトには直接関係ない話ですが、7月の「ドラゴンクエスト9」と8月の「モンスターハンター3」が2ヶ月連続で発売される状況を無視するわけにはいきません。

要するに「2009年夏のJ-RPGには期待が出来ない」状況になり、WiiもDSも所有していない私のようなPS3ラバーはRPG涸れの状況に陥る可能性が高いでしょう。

まぁ開き直ってその時期は「白騎士物語、エルドアLV50プロジェクト」に全力を尽くしても良いかなと。

       
 

パズルゲーム「Critter Crunch」が今夏PSNに配信予定 5/14


カナダ・トロントを拠点とするデベロッパーCapyが手がけるパズルゲーム「Critter Crunch」がPSN用タイトルとして今年の夏配信されることが明らかになりました。

パッと見の印象では可愛らしいキャラクタのパズルゲームと思ってしまいますが、上記トレイラーを見てしまうと「なんか違う・・・」と異文化のゲームである事を認識してしまいます。上手く説明できません、キモカワとも少し違うようだし。

このゲーム、もともとiPhone用としてリリースされたゲームのようで、今回PS3用タイトルとして制作されるにあたり「1080p」と「60フレーム」が実現されているようです。オン・オフ両方のマルチプレイヤーモードにも対応しています。

Crittercrunch20090512004124263

なお、現時点では日本国内の配信予定は未定です。

関連記事
Critter Crunch! PlayStation Network! Barf! - PlayStation.Blog
capybara games » Critter Crunch PSN
Critter Crunch Announced by Capy for PSN | SCRAWL

       
 

「Zen Pinball」体験版配信が決定


北米PSNにて5月14日より配信予定の「Zen Pinball」に体験版が同時配信されることが明らかになりました。

なお、体験版では1テーブルが利用可能になります。

私はもともと購入予定でしたが、事前にプレイ感がチェックできるのは嬉しいですね。

Zenpinball20090414112454481
これはどのようなテーブルなんでしょうか・・・

関連記事
IGN: Zen Pinball Demo Confirmed for PSN
ゲームかなー: 「ZEN Pinball」

       
 

「白騎士物語 -古の鼓動-」追加クエスト第7弾が4月14日より配信


白騎士物語の追加クエスト第7弾「城下に潜む危機」が4月14日(木)より配信開始されます。クエスト内容は下記の通り。

【城下に潜む危機】
何者かに占拠されてしまったバランドールの地下宝物庫を奪還するのが目的。

配信日 2009/5/14
必要ギルドランク 8~
推奨レベル 41~

Shiro_20090414

公式サイト
白騎士物語-古の鼓動-
白騎士物語-古の鼓動- プレイヤーズインフォメーション | 配信クエスト

       
 

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン


Amazonチャージ 2回目以降も最大2.5ポイント

【お知らせ】
当サイトはリンクフリーですが、掲示板やブログ等に転載する際は必ずリンクを張って下さい。
RSS登録
ツイッター
相互リンク

毎日開催!5,000商品以上の品揃え!最大50%ポイント還元!