「白騎士物語」が2009年E3の目玉タイトルの一つに? 5/13


E3開催中に実施されるSCEAプレスイベントの招待メールらしき画像が海外サイトに掲載されています。

Blurb_wkce3announcement

資料の下部をご覧頂きますと、右から「Infamous」、「Uncharted 2: Among Thieves」、そして「White Knight Chronicles(白騎士物語)」と3タイトルの画像が掲載されています。

なお、現時点で判明しているSCEAのE3発表ラインナップは下記の通り。

Fat Princess (PS3)
God of War III (PS3)
Heavy Rain (PS3)
Infamous (PS3)
Jak and Daxter: The Lost Frontier (PS2, PSP)
MAG (PS3)
MotorStorm: Arctic Edge (PS2, PSP)
Pain! Sore Spots (PS3)
PixelJunk 1-4 (PS3)
PixelJunk Monsters Deluxe (PSP)
Ratchet and Clank Future: A Crack in Time (PS3)
SOCOM: U.S. Navy SEALs Fireteam Bravo 3 (PSP)
Singstar: Queen (PS2, PS3)
Uncharted 2: Among Thieves (PS3)
White Knight Chronicles (PS3)

「白騎士物語」が「God of War III」や「Heavy Rain」を押しのけて掲載されていることになります。まぁ発売時期が不確定な「God of War III」や「Heavy Rain」よりも、ローカライズタイトルの方が発売時期が近いと言う事もあるのでしょうけどね。

それにしても騎士アップの画像だけが掲載されると、別ゲームみたいですな(笑)
更に英語版トレイラーを見ると・・・「何の映画だ?」。本当に音楽と音声でイメージって変わりますね。

他人の評価に関心を持たない私も「White Knight Chronicles」の海外レビューには注目したいと思います。まぁ日米ゲームファンの価値観の違いを再認識するだけになりそうですが、海外からも続編を待ち望む声(というか「いつ発表するんだ」という声)が高まれば実に嬉しいところです。

私も現時点は「白騎士物語」プレイを中断している状況ですが、「エルドアLV50」プロジェクトを断念したわけではありません。「テイルズ オブ ヴェスペリア」や「ラスト リベリオン」が発売されるまでに完遂したいと考えています。

関連記事
News: White Knight Chronicles Announcement at E3 - Kombo.com

       
 

サイバーコネクトツーがPS3用タイトルを開発中


PS3「NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム」を開発したサイバーコネクトツーの会社説明会ポスターが話題になっていますので紹介。

Poster

ポスターの中央部分を良く読むと・・・

「現在、ニンテンドーDS、PLAYSTATION3のゲーム開発に取り組んでいるサイバーコネクトツーの単独会社説明会開催!」

と表記されていることが判ります。

まぁ現状はこれだけですが、「NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム」で高い開発力を示したサイバーコネクトツーが何らかのPS3用タイトルを開発している事が判っただけでも実に嬉しい限りです。

関連記事
求人情報 | 福岡のゲーム会社サイバーコネクトツー

       
 

「CEDEC 2009」の開催日程が発表


「CEDEC 2009」の開催日程及び会場が発表されました。
今年は2009年9月1日(火)~3日(木)にパシフィコ横浜で開催されます。

CEDECは「CESAデベロッパーズカンファレンス」の略で、北米のGDCと同様に開発者のためのカンファレンスです。当然ながら新作ゲームの発表会ではありませんが、東京ゲームショウと近いタイミングで開催される事もあって新鮮な情報が目白押しです。

今年から会場移転に伴い規模が拡大されますし、セッション数は前回の1.5倍となる150が予定されているようです。そろそろ本格的に中小デベロッパもHDゲーム開発に着手しなければいけない時期でしょうし、どのようなクリエイターのセッションが開催されるのかに注目していきましょう。

公式サイト
CEDEC 2009 | CESA Developers Conference

関連記事
CESA,2009年9月にゲーム開発者向け会議「CEDEC 2009」を開催:ITpro

       
 

「Uncharted 2: Among Thieves」ベータコードが来ました


「Qore Episode 12」をダウンロードした翌日に「Uncharted 2: Among Thieves」マルチプレイヤーベータのアクセスコードが電子メールにて送信されてきました。

まぁ実際にベータが開始されるのは6月3日からだったりしますが、体験版ではなく期間限定のベータ権ですからなるべく時間を作ってプレイする予定です。北米ユーザが多い時間帯に突撃するのも面白いですね。

なお、5月15日までにQoreを年間購読した人には「Uncharted 2」マルチプレイベータ権が送信されるようですが、「日本国内ユーザが確実に参加できる保証は無い」事を認識しておきましょう。

実際、昨年秋にQore年間購読者に配信された「北米Homeクローズドベータ権」はダウンロードは出来たものの、肝心のサーバに接続することが出来ませんでした。このあたりが事前に発表される事も、相手に確認する事も出来ないでしょうからベータ開始のタイミングに全てが明らかになる訳です。


ちなみに、今回のベータ権以外にもQore年間購読者には特典があります。私が年間購読を開始してから半年の期間に、下記のダウンロードタイトルが提供されています。(タイトル横は北米PSNで通常購入した時の価格)

・Calling All Cars (Full Game) $9.99
・Linger in Shadows (Full Game) $2.99
・High Velocity Bowling (Full Game) $9.99

年間購読料24.99ドルは上記フルゲームだけで「元を取った」と考えることも出来ますね。既に持っていたタイトルばかりというのは内緒・・・ですが。

勿論、Qore本来のコンテンツも高品質な独占映像が盛り込まれ、ヴェロニカさんの突撃インタビューも見ているだけで楽しめます。そして、先行して配信される注目ソフトの体験版も魅力十分です。興味のある方はQore年間購読をオススメしますね。

       
 

「ジェム・インパクト」公式が修正されている件


以前「E3 2009関連のウワサ」という記事で取り上げた「株式会社ジェム・インパクト」公式サイト内の「制作実績」から未発表タイトルが削除されています。

問題になったのは「グラスホッパー・マニファクチュア」のPS3タイトルと「コナミ」の他機種タイトルですが、既に発表されている「ベヨネッタ」までがリストから削除されています。既発売タイトルのみに表記を切り替えたのでしょうかね?

まぁE3では何らかのヒントや発表が行われる可能性もありますし、今回の顛末を記憶に留めておくと新作発表がより興味深いものになるでしょう。

公式サイト
[ GEM Impact | 株式会社ジェム・インパクト ]

関連記事
ゲームかなー: 噂:E3 2009関連のウワサ 5/7

       
 

ゲーム関係の雑談 5/11


2009年に入ってからPS3の勢いが少しずつ感じられるようになりましたね。ロンチ時からPS3を観察してきた私としては「まだまだこんなもんじゃない」と思う部分もありますが、ハード売り上げが好調に推移して定期的に新作タイトルが発表される好循環を今後も継続してもらいたいところです。


・がんばれプレイステーション2
最近注目しているのがPS2の販売台数です。今のところは劣勢ですが毎週据え置きのライバルハードと1000~2000台近い販売台数でデッドヒートを繰り広げています。

PS3ラバーとしてはPS2互換性復活で乗り換え需要に期待したいところではあります。しかし、後継機の敵に対して引退間近の先輩機が奮闘するというのもヒーロー物としては熱い展開だなぁと思ったり。最後は敵と差し違えたと思わせて、しばらくしてから「危ないところを久夛良木さんに助けられた」と何事もなかったかのように復活するギャレン橘さんのような展開を希望。

日本国内でもPS2の値下げが行われれば更に互角以上の勝負が出来るでしょう、がんばれプレイステーション2。

・戦場のヴァルキュリア
PS3ゲーム「戦場のヴァルキュリア」が海外ではゲーム性が評価され、日本ではアニメ化&ベスト版効果もあって好調な売り上げを維持しています。いよいよ日本国内の累計20万本が目前となりましたので、メディアミックス戦略だけではなくゲーム版の新しい展開もそろそろ期待したいところです。

さて、第6話を見終わった訳ですが・・・今回ってゲーム未プレイの方は付いていけるのでしょうかね?やっと喋ったイーディや、やたらと存在感のあるマリーナ、本編だけでなく予告でも野菜推しのラルゴあたりでクスリと出来るのは原作ファンだけのような。

余談ですが、GW中に挑戦した「キルゾーン2」でも頻繁に「博愛主義者」や「パニック」のポテンシャルが発動していたのは内緒です。


戦場のヴァルキュリア PLATSTATION 3 the Best 戦場のヴァルキュリア PLATSTATION 3 the Best


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
戦場のヴァルキュリア コンプリートガイド 戦場のヴァルキュリア コンプリートガイド
ファミ通書籍編集部


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「ファイナルファンタジーXIII」の日本語音声はPS3版のみ 5/10


IGNによるスクエニ・北瀬氏インタビューの中で、「ファイナルファンタジーXIII」海外版の日本語音声収録についてコメントされています。日本の声優は上手い人が多いので海外ゲーマーにも人気が高いようです。

結論から書くと下記の通り。

PS3版:海外版にも日本語音声収録
他機種版:現地音声のみ

※日本国内ではPS3版のみ

理由としてはDVDの容量的な問題で、Blu-rayの大容量が使えるPS3版には日本語音声の収録が予定されているようです。まぁ契約的な問題が大きいのでしょうけどね、他機種用海外版に日本語音声が収録されていたら日本国内独占の意味がない。

これでゲームの醍醐味である頻繁なディスクの入れ替えが心ゆくまで楽しめ、尚かつ語学力まで強化できるFFXIII他機種版の需要は更に高まったと言えるでしょう。

関連記事
No Japanese Voice Option In Final Fantasy XIII For Xbox 360 - News - Final Fantasy Union

       
 

「LAST REBELLION」 5/9


日本一ソフトウェアの子会社であるNIS AmericaよりPS3用新作RPG「LAST REBELLION」が発表されました。ただし現時点では北米で公式に発表されたのみで、日本国内の展開については全くの未定です。

本作品の戦闘システムは自由に操作可能なアクション要素とターン制戦闘の要素が複合されているとの事で、リアルタイム性の高いアクションRPGでは無いようです。戦略的な要素として部位破壊が紹介されており、これは敵の足を攻撃すれば動きが遅くなったり手を攻撃すれば攻撃力が下がるといったものです。

幾つかのスクリーンショットが公開されています。

Lr

まぁ率直なところグラフィックは平均以下かな・・・と感じる部分もありますが、開発期間やコストとのバランスが取れた開発が行われているならば「有り」でしょう。ハイエンド機の性能は十分に発揮させなければいけないという訳ではありませんし、PS2で最高クラスのグラフィック表現+α程度ならばPS3の方が手軽に開発出来るはずです。

ガストの「ロロナのアトリエ」や日本一の「ディスガイア3」も同様で、PS3の扱いやすい部分を効率よく使って開発している印象があります。大容量ディスクや高解像度グラフィックやHDDやネットワーク機能が標準で使える訳ですからメリットは大きいですよね。

そろそろ国内デベロッパも将来に向けた技術の投資を進めないとヤバイという事は認識しているはずでしょうし、中小ソフトハウスからアイデア豊かなHDゲームが登場することを期待しています。

さて、前述の通り「LAST REBELLION」の国内発売時期は未定で、北米の発売予定は2009年秋との事です。8月には「トリニティ・ユニバース」が、秋以降には「テイルズ オブ ヴェスペリア」「エンド オブ エタニティ」「ファイナルファンタジーXIII」が待ち受けていますので、RPG同士が競合しないように調整していただきたいものです。

次週のファミ通「驚異のスクープ7連発」に含まれていると嬉しいですね。

公式リリース
NISA Press Event 2009

プレスリリース
LastRebellion_Support_20090507.pdf

       
 

「ZEN Pinball」


ハンガリーのデベロッパ"ZEN STUDIOS"が開発したピンボールゲーム「ZEN Pinball」の北米PSN配信日が来週5月14日に決定しました。ダウンロード料金は9.99北米ドルになるようです。

初期ダウンロード分には4つのテーブルが用意され、その後DLCによってテーブルが追加される予定になります。ティルト時にモーション操作が効果的に使えそうですし(使えるかどうかは不明)、グラフィックが大幅に進化した定番ゲームですから安心して遊べるでしょう。

Zenpinball0001

以前購入したPSN用ボウリングゲーム「High Velocity Bowling」も手頃に遊べる気の利いたゲームですが、未だに北米以外の地域で配信されていません。ボウリングもピンボールもルールは知れ渡っていますしローカライズの必要性が殆ど無いゲームですので、「スパイク ワールドメジャーセレクション」のように、説明書(ドキュメント)のみ日本語化するとかの方法で手軽に遊べるようにして欲しいところです。

北米PSNのチャージも残り少なく無闇な購入は控えようかなと思っていたところですが、どちらにしても半年後のQore年間購読を継続する際には再チャージが必要だったりしますので「ZEN Pinball」の購入を検討中です。

関連記事
ZEN Pinball coming to PSN next Thursday - PlayStation.Blog

       
 

Amazon新着情報 5/8


Amazonの新着情報です。


【PS3用タイトル】
08/31 トリニティ・ユニバース(通常版)(アイディアファクトリー)
08/31 トリニティ・ユニバース(限定版)(アイディアファクトリー)
【PSP用タイトル】
08/06 流行り神3 警視庁怪異事件ファイル(日本一ソフトウェア)

       
 

ファミ通を読む 5/8


週刊ファミ通を久々に買いました。
PS3関連の記事が多くて読み応えはありましたが、下品な髭のオッサンの写真が3枚も掲載されている事に驚き。なんとなく湯川専務を思い出しましたので、そのうち本体パッケージとか出張ってくるかもですね。


・レベルファイブ、日野社長インタビュー
自社パブリッシャのタイトルが話題の中心ですが、「ハイエンド機向けタイトル」に向けた取り組みについても言及されています。まぁ「白騎士物語」続編は作っているでしょうし、発表を気長に待つとしますか。

・「クルトン」PS3/PSP SCEJ 6月18日配信予定
ナムコで「ミスタードリラー」を制作したスタッフ2名が中心になって開発したPSN用パズルゲーム。それにしても、全く全貌が見えないジャパンスタジオにはどれだけ多くの開発スタッフが在籍しているのでしょうかね、現状から考えると数名ぐらいなのかな?と勝手に想像していましたけど(笑)

クルトン

・「ぼくのなつやすみ4」PSP SCEJ 7月2日発売予定
既報のとおり「ぼくなつ」最新作がPSPで登場します。2年前のPS3版「ぼくのなつやすみ3 -北国編- 小さなボクの大草原」の時にも感じたとおり、PSPの方が作風に合ってますね。

ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団、ボクと秘密の地図

・「トロともりもり」PS3 SCEJ 2009年夏発売予定
ファミ通では「夏」と表記されていますが、Amazonでも7月23日と掲載されていますのでほぼ確定でしょう。まぁ開発状況60%というのが少々不気味ですが。

個人的にはこのタイトルもPSPで出して欲しかったところです。「まいいつ」のエンジンがあるので開発しやすいとは思うのですが、7月のPS3用SCEJタイトルがこのタイトル1本で埋められてしまったのがなんとも・・・。

・龍が如く最新作 PS3 SEGA 発売時期未定
名越氏独占インタビューにより「龍が如く」最新作が明らかになりました。たった2ページのインタビュー記事ですが、取り上げるべき項目の多さに驚きました。

「龍が如く4」では無いが次回作
「現代劇」「神室町」のキーワードは外さない
「現代」「桐生一馬」を活かす
最新作ではより立体的に遊べるようにする
見参2ではない
ハードは「プレイステーション3」
2年は待ってくれない、1年半でも怒られる
「みんなが参加できる」新しいプロモーション
出演者オーディションを開催

残念ながらイタリアンマフィア「カズマトーレ・キリューニ」の物語では無いようです(笑)色々と含ませる発言が多いですし、大まかな全体像は出来上がっているようですね。名越氏も「1年半でも怒られる」とコメントしていますし、次回作も2010年春頃の発売になりそうです。

どこまでを「現代劇」と呼べるのかは不明ですが、20年前ぐらいを舞台にする可能性もありますね。ディスコのミニゲームとか馬鹿馬鹿しくて面白そう。当時のSEGA体感アーケード「アフターバーナー2」「ギャラクシーフォース」あたりが遊べたらなぁ。

それにしても2005年12月の「龍が如く」から3年半弱で4作品、しかも途中でハードウェア変更、それでいて全作フルボリュームのパッケージ作品というのは改めて驚異的なペースです。ユーザに「飽きさせない」作品作りを心がけているようですし、慣れたPS3プラットフォームですから品質やボリュームには何ら心配していません。

・「トリニティ・ユニバース」 PS3 アイデアファクトリー 2009年8月発売予定
「クロスエッジ」に続くクロスオーバーRPGの第二弾。今回はガスト・日本一ソフトウェア・アイデアファクトリーの3社が関わっており、前作?からカプコン・バンナムが抜けました。まぁ企業カラーも違うし、最初から3社で良かったんじゃないかな?と思います。発売時期は2009年8月との事ですし、頑張って盆休暇前に発売すれば需要も増すでしょうね。

・「塊魂トリビュート」 PS3 バンナム 7月23日発売予定
別段書くことは無いのですが・・・。
「ダウンロードでコンテンツを追加する必要が無いフルボリューム作品でありながら、この低価格を実現したバンダイナムコゲームスに感謝」って煽りに違和感を感じたのは私だけ?ソフト単体でも極端に安いという訳でもないし、露骨なDL商法やってる大手ソフトハウスってバンナムだけのような・・・。


知らない間に芸能人のコラムが増えていますね。次長課長の井上氏は白騎士物語のライブパートもプレイされていたようですが、メジャー誌向けとしてはモンハンとかのネタで終始するんだろうなぁ。

さて、次週の「驚異の特大スクープ7連発」って何でしょうね。新作発表も含まれていると思いますので、来週水曜日に期待しましょう!


トロともりもり トロともりもり


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
塊魂トリビュート 塊魂トリビュート


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団、ボクと秘密の地図 ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団、ボクと秘密の地図


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「Qore Ep12」に「UNCHARTED 2」マルチプレイベータ権が!


PlayStation.Blogにて、今週配信予定の「Qore Episode 12」に「UNCHARTED 2: Among Thieves」のマルチプレイベータ権が付いてくることが明らかになりました。

PS.BLOGの記事によると、マルチプレイベータ権が与えられるのはQore年間購読者のみのようで、5月15日までに加入登録を済ませる必要があります。私は既に年間購読済みですので、「UNCHARTED 2」の映像世界が一足早く楽しめる事になりそうです。

まぁリージョンロック等が無ければ・・・の話ですが。

なお「Qore Episode 12」には色々と話題の「Ghostbusters」特集映像も収録されているようですし、久々に楽しめる号になりそうです。

関連記事
Qore Episode 12 – Featuring Batman: Arkham Asylum, DiRT 2, Ghostbusters and Euphoria - PlayStation.Blog

       
 

E3 2009:出展タイトル一覧 5/8


「E3 2009」の最新出展タイトルです。
※LAST UPDATE: 2009/5/6 20:08(日本時間2009/5/7 12:08)
※PS3/PSP関連タイトルのみを抽出しております。

【2K Games】
・Bioshock 2 (PS3他)
・Borderlands (PS3他)
・Mafia II (PS3他)

【Activision】
・Marvel: Ultimate Alliance 2 (PS2/PS3/PSP他)

【Capcom】
・Dark Void (PS3他)
・Dead Rising 2 (PS3他)
・Fate/Unlimited Codes (PSP)
・Lost Planet 2 (PS3他)
・Marvel vs. Capcom 2 (PS3他)
・Monster Hunter Freedom Unite (PSP)

【Disney Interactive Studios】
・Hannah Montana: Rock Out the Show (PSP)
・Split/Second (PS3他)

【Electronic Arts】
・Army of Two: The 40th Day (PS3/PSP他)
・Battlefield: Bad Company 2 (PS3他)
・Brütal Legend (PS3他)
・Madden NFL 10 (PS3/PSP他)
・NCAA Football 10 (PS3/PSP他)
・Need for Speed Shift (PS3他)
・Tiger Woods PGA Tour 10 (PS3/PSP他)

【Ignition Entertainment】
・The King of Fighters XII (PS3他)

【KOEI】
・Warriors Orochi 2 (PSP)

【Konami】
・Kojima Productions Project [untitled] (tba)

【Namco Bandai】
・Soulcalibur: Broken Destiny (PSP)

【SEGA】
・Alpha Protocol (PS3他)
・Bayonetta (PS3他)
・Planet 51 (PS3他)
・Vancouver 2010: The Official Videogame of the Winter Olympic Games (PS3他)

【Sony Computer Entertainment】
・Fat Princess (PS3)
・God of War III (PS3)
・Heavy Rain (PS3)
・Infamous (PS3)
・Jak and Daxter: The Lost Frontier (PS2/PSP)
・MAG (PS3)
・MotorStorm: Arctic Edge (PS2/PSP)
・Pain! Sore Spots (PS3)
・PixelJunk 1-4 (PS3)
・PixelJunk Monsters Deluxe (PSP)
・Ratchet and Clank Future: A Crack in Time (PS3)
・SOCOM: U.S. Navy SEALs Fireteam Bravo 3 (PSP)
・Singstar: Queen (PS2/PS3)
・Uncharted 2: Among Thieves (PS3)
・White Knight Chronicles (PS3)

【Sony Online Entertainment】
・DC Universe Online (PS3他)
・The Agency (PS3他)

【THQ】
・Darksiders: Wrath of War (PS3他)
・Red Faction: Guerrilla (PS3他)
・UFC 2009 Undisputed (PS3他)


カプコンが追加されました。「Lost Planet 2」はIGNではPS3も含まれていますが、E3のタイミングでマルチ発表になるのでしょうか?

関連記事
IGN: The Big E3 List: 2009 Edition

       
 

Amazon新着情報 5/7


Amazonの新着情報です。


【PS3用タイトル】
07/23 トロともりもり(SCE)
07/30 ユービーアイ・ザ・ベスト レインボーシックス ベガス2(ユービーアイ ソフト)
07/09 SIREN: New Translation PLAYSTATION 3 the Best(SCE)
07/23 塊魂トリビュート(ナムコ)
【PSP用タイトル】
07/02 ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団、ボクと秘密の地図(SCE)

       
 

過酷な罰ゲームを自らに課してみる


昨日ブログにも書いたとおり「キルゾーン2」の攻略に失敗してしまいました。

この悔しさを忘れないように・・・と

Homekz2
ノリノリなのは気のせい

「ゲームかなー」クラブは惑星ヘルガーンの侵略を受けてしまいました。

罰ゲームとして、暫くHome上ではヘルガスト兵の格好で過ごすことにしました。いや、コレは過酷な罰ですよ・・・夏は暑いし。

       
 

噂:E3 2009関連のウワサ 5/7


2009年6月2日~4日の期間で開催されるElectronic Entertainment Expo(E3) の事前情報(噂)を取り上げます。タイムリーに取り上げた方がゲームサイト的には盛り上がるのですが、ウワサ情報は日を追う毎に二転三転する事が多々ありますので少し寝かせてから書く方が好きだったり。

E3公式
E3 Expo: June 2-4 2009


・PS3用モーションコントローラが発表?
過去に何度も噂になっているPS3用モーションコントローラがいよいよE3 2009にて発表されるのでは?との話です。まぁ昨年の「E3 2008」開催前にも同様の噂が出ていましたが、北米ではDUALSHOCK3が発売された直後と言うこともあって事前から「あり得ない」情報であることが明らかでした。

それから1年経過した今年はどうでしょうか?

今回はLEDセンサーバーとカメラ(PS Eyeなのかは不明)によって複雑な動きを読み取る事が可能との事ですが、従来のPSコントローラとの形状互換が無ければ「ニッチ向け」周辺機器に留まるでしょう。

ノーマルコントローラとしても利用可能な「分離コントローラ」だったら大歓迎なんですけどねぇ。耐久性を考えたら厳しいのかな、やっぱり。

The Cut Scene - Video Game Blog by Variety on Variety.com

・「Rockstar」がPS3独占タイトルを開発中
2007年7月(要するに2年前)にRockstar GamesがPS3専用タイトルを開発中とPlayStation.Blog上で発表しています。

その後、続報は全く無いようですがPS.BLOG上での発表から2年が経過していますし、更に2008年4月にGTA4が発売されてからも1年以上が経過している訳です。「そろそろ発表されるだろう」と予想しても不思議ではありません。

まぁGDC2009の「ラストレムナント」事件みたいな恥ずかしい出来事は大手海外デベロッパではあり得ないでしょうし、何らかのアナウンスが行われることを期待しています。

New Rockstar Games Franchise Exclusive to the PS3 - PlayStation.Blog

・グラスホッパーがPS3タイトルを開発中?
MGS4の音楽で有名な日比野則彦氏が代表の「株式会社ジェム・インパクト」公式サイトから派生した情報のようです。

公式サイト「制作実績」には下記のようなタイトルが記載されています(PS3関連タイトルのみ抽出)

・Grasshopper Manufacture "未発表タイトル" (PS3、全世界)
・Sega / Platinum Games "Bayonetta" (PS3、全世界)

グラスホッパー・マニファクチュアは須田剛一が代表のソフトハウスで、昨年もEAをパブリッシャとしたワールドワイドタイトル(タイトル未発表)が発表されて話題になっています。

さて、グラスホッパー制作のPS3専用タイトルが本当に開発されているのであれば興味津々ではありますが、「ベヨネッタ」がPS3タイトルと表記されていることが気になります。ご存じのとおり「ベヨネッタ」は他機種とのマルチタイトルになりますので表記が誤っている訳です。

更にグラスホッパーの規模から考えると、前述したEAパブリッシャのタイトルと平行して別途ソフトを開発しているとは考えにくいのが現状です。「ベヨネッタ」同様にマルチタイトルの表記誤りである可能性が高いでしょう。

ちなみに他機種情報につき当ブログでは取り上げていませんが、同じソースから派生している別の話題も誤記の可能性がありますね。

[ GEM Impact | 株式会社ジェム・インパクト ]
Rumour: No More Heroes developer moving to PlayStaiton 3 - Gamezine.co.uk


そいやコナミの「悪魔城ドラキュラ」最新作はどうなったんでしょうね・・・。そろそろティザートレイラーぐらいは見たいところですが、最初の発表がTGS2008だったから続報もTGS2009になるのかなぁ。

       
 

「キルゾーン2」プレイしました 5/6


SCEの大作FPS「キルゾーン2」を入手し、ある程度納得行くまでプレイしましたので簡単にレビューします。現在はキャンペーン(ストーリーモード)の5章で止まっていますので、今回の記事はあくまでも5章までのプレイを元に書いています。


・グラフィック/演出
ハードなSFの世界観を隅々まで再現したグラフィックは雰囲気十分、ライティングや爆発等のエフェクトを含めたゲーム演出も実に見事でプレイヤーをゲーム世界に引き込みます。残念ながら私には他FPSタイトルとの比較が不可な事もあり、当作品のグラフィックがコンシューマFPSとして最高レベルなのかどうかまでは判断できません。

とにかく渋くて格好良いの一言で、個人的には技術云々よりも「ハイセンス」な映像に心惹かれました。

ゲーム開始時や章間にはカットシーンが挿入されます。和ゲーのようなボリュームはありませんが「物足りない」訳でもなく必要十分だと感じました。日本語の吹き替えも効果絶大で、ゲームプレイ中にステージに流れる演説等は字幕のみでは伝わらない部分でしょうね。

そして特筆すべきは敵兵であるヘルガスト兵の格好良さと恐ろしさです。特徴的なヘルメットと不気味に光る目がゲーム的な記号性を超えて敵味方の視認性を高めています。とくに接近戦で飛びかかられた時の恐ろしさは尋常ではありません。

日本ではゲオのみの特典だったHome用のヘルガスト兵コスチュームが今更ながら欲しくなりました・・・。

少し気になった事を書きます。
FPSゲームとしては普通なのかも知れませんが、現在プレイした5章まではステージの色調や雰囲気が似ているために「少し見飽きてきました」。J-RPG等では一つのシナリオエリアが終了したり、ダンジョンを抜けたりすると全く違う雰囲気のフィールドや敵モンスを登場させたりします。このあたりのプレイヤーを飽きさせない工夫は若干少ないのかな?と。(6章以降は判りませんけど)

・ゲームスタイル
ゲームプレイの大半は障害物に隠れながら敵兵を倒して進行していくスタイルになります。カバーアクションは「アンチャーテッド」等で親しんでいたため私は違和感が無かったのですが、聞くところによるとFPSでは少数派のゲームスタイルのようです。確かに「爽快感」は感じられないのですが、私はじっくり攻略する方が楽しいかな。

敵兵の動きは相当に賢いと感じました。キッチリと隠れて狙い撃ってきますし、ただの的ではありません。これで更に難易度を上げていくとどうなるのでしょうね・・・。

・戦闘やシステム
私は何故FPSが苦手なのか?
とにかく右スティックによるエイムが異常に下手で、照準が合わなくてイライラし冷静にプレイが出来なくなります。更にイラついた状態で画面を凝視すると目眩が・・・大抵はこのコンボでお手上げになります。

このように自他共に認める程にFPSが苦手な私ではありますが、前述のとおり「キルゾーン2」は隠れながら少しずつ敵兵を倒していく戦闘スタイルのおかげで、何度も死にながら少しずつでも攻略を進めることが出来ました。勿論これは難易度が「イージー」だからこそ可能なのでしょうし、結局のところ私自身のエイム技術はこれっぽっちも向上していない事に気付いてしまうのです。

終盤では無限に敵兵が沸くシーンも登場するようですし、私のようなヌルプレイで攻略することは厳しいんだろうなぁ。

でも、FPSに慣れた方には「簡単」な部類に入るのかも知れません。

・シナリオ
タイトル通りPS2/PSP「KILLZONE」の続編になるものの、物語的に前作をプレイしなければ困るという事はないようです。公式サイトにストーリーが説明されていますので、興味がある人は読んでおきましょう。

まぁ洋ゲーらしく、シナリオは相当にアッサリしています。素晴らしい世界観が勿体ないなぁと思う部分もありますが、海外ゲームファンやメディアには「濃密なストーリー」や「過剰なカットシーンでの演出」は求められておらず、批判の対象になる事すらあります。今後も洋ゲーアクションで和ゲーのような方向性のゲームが登場することは無いでしょうなぁ。

登場キャラでは僚友であるガーザ君が実に面白い。プレイヤーの近くで戦っている時には色々な言葉でゲームを盛り上げてくれます。特に一方的に攻撃を受けているときのガーザ君の断末魔の叫びには思わず笑ってしまいます。ついつい放置してしまいがちになることも・・・(笑)

・このゲームは買いか?
心が折れてしまったレビュワーの評価に説得力があるのかどうかはさておき・・・。

まず、私は「キルゾーン2」をFPSとして評価することは出来ません。エイムが下手なのは私の技量不足ですし、残念ながら今回のプレイで私のFPS操作技術が向上することもなく、結局は「キルゾーン2」のゲームバランス上で「途中まで遊ばせて貰った」に過ぎない訳です。

しかし、いつもならば1章で投げ出していたかも知れないFPSタイトルを半分だけでも進めることが出来ました。カバーアクションでじっくりと考えながら攻略できたのも大きいのですが、「キルゾーン2」のゲーム性が優れていることの証だと私は受け止めています。正直、反射神経が重要なFPSならば10分で諦めていたでしょうね。

全てのFPSファンにオススメ出来るゲームなのかまでは判りませんが、「FPSが苦手」と豪語している私が(半分とは言え)十分楽しめたわけです。これから始めるプレイヤーは、オフラインモードがカバー重視のFPSである事さえ認識していれば、殆ど不満は感じられないと思われます。


最初に書いたとおり5章の最後、章末の中ボスに30回近く挑むも未だ勝利ならずにとうとう心が折れてしまいました(プレイ時間約12時間)。攻略方法は判っていますので根気よくプレイすればいつかは先に進めるとは思いますが、「キルゾーン2は全10章」である事を考えると「ここで頑張っても最終クリアは無理だな・・・」と悟った事で心がポキンと折れてしまったかな。

相互リンク様をチェックしてもクリア出来なかったのは私だけのようです。苦手なジャンルとは言え、ゲームサイト管理者として忸怩たる思いです。

あと、オンラインモードについて書くことはありません。前述の通り「キルゾーン2」というゲームに「遊ばせて貰った」だけで、実質的なFPS素人が負けるためだけにオンライン対戦に突入するほど私はマゾではありません。

※スペシャルサンクス
今回「キルゾーン2」をプレイするにあたり、会社の同僚である我亜座君(仮名)とのリアルCo-Opを実施しました。まぁ疲れたら操作を交代していただけですが、貴重なGWの1日をありがとうございました。

公式サイト
KILLZONE®2


KILLZONE 2(キルゾーン2)(初回生産分限定:PS3用カスタムテーマ プロダクトコード同梱) KILLZONE 2(キルゾーン2)(初回生産分限定:PS3用カスタムテーマ プロダクトコード同梱)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

E3 2009:出展タイトル一覧 5/6


「E3 2009」の最新出展タイトルです。
※LAST UPDATE: May 5, 2009 10:51 PDT(日本時間2009/5/6 2:51)
※PS3/PSP関連タイトルのみを抽出しております。

【Activision】
Marvel: Ultimate Alliance 2 (PS2, PS3, PSP他)

【Disney Interactive Studios】
Hannah Montana: Rock Out the Show (PSP)
Split/Second (PS3他)

【Electronic Arts】
Army of Two: The 40th Day (PS3, PSP他)
Battlefield: Bad Company 2 (PS3他)
Brütal Legend (PS3他)
Madden NFL 10 (PS3, PSP他)
NCAA Football 10 (PS3, PSP他)
Need for Speed Shift (PS3他)
Tiger Woods PGA Tour 10 (PS3, PSP他)

【Ignition Entertainment】
The King of Fighters XII (PS3他)

【KOEI】
Warriors Orochi 2 (PSP)

【Konami】
Kojima Productions Project [untitled] (不明)

【Namco Bandai】
Soulcalibur: Broken Destiny (PSP)

【SEGA】
Alpha Protocol (PS3他)
Bayonetta (PS3他)
Planet 51 (PS3他)
Vancouver 2010: The Official Videogame of the Winter Olympic Games (PS3他)

【Sony Computer Entertainment】
Fat Princess (PS3)
God of War III (PS3)
Heavy Rain (PS3)
Infamous (PS3)
Jak and Daxter: The Lost Frontier (PS2, PSP)
MAG (PS3)
MotorStorm: Arctic Edge (PS2, PSP)
Pain! Sore Spots (PS3)
PixelJunk 1-4 (PS3)
PixelJunk Monsters Deluxe (PSP)
Ratchet and Clank Future: A Crack in Time (PS3)
SOCOM: U.S. Navy SEALs Fireteam Bravo 3 (PSP)
Singstar: Queen (PS2, PS3)
Uncharted 2: Among Thieves (PS3)
White Knight Chronicles (PS3)

【Sony Online Entertainment】
DC Universe Online (PC, PS3)
The Agency (PC, PS3)

【THQ】
Darksiders: Wrath of War (PS3他)
Red Faction: Guerrilla (PS3他)
UFC 2009 Undisputed (PS3他) 


SCEAのタイトルが大幅に追加されましたね。「God of War III」の実機映像がGDC09の実演デモからどこまで進化しているのかに期待しましょう。

追記:コナミからは小島監督の新作が登録されました。ハード未定ではありますが、期待を込めてリストアップしておきます。

関連記事
IGN: The Big E3 List: 2009 Edition

       
 

E3 2009:出展タイトル一覧が公開 5/5


過去最大規模になる事が予想されている「E3 2009」の出展タイトル第一弾が明らかになりました。なお、下記一覧は5月4日現在のもので、PS3/PSP関連タイトルのみを抽出しております。

【Disney Interactive Studios】
Hannah Montana: Rock Out the Show (PSP)
Split/Second (PS3他)

【Electronic Arts】
Army of Two: The 40th Day (PS3/PSP他)
Battlefield: Bad Company 2 (PS3他)
Brütal Legend (PS3他)
Madden NFL 10 (PS3他)
NCAA Football 10 (PS3他)
Need for Speed Shift (PS3他)
Tiger Woods PGA Tour 10 (PS3他)

【Ignition Entertainment】
The King of Fighters XII (PS3他)

【KOEI】
Warriors Orochi 2 (PSP)

【Namco Bandai】
Soulcalibur: Broken Destiny (PSP)

【SEGA】
Alpha Protocol (PS3他)
Bayonetta (PS3他)
Planet 51 (PS3他)
Vancouver 2010: The Official Videogame of the Winter Olympic Games (PS3他)

【Sony Computer Entertainment】
Heavy Rain (PS3)
MotorStorm: Arctic Edge (PS2/PSP)
SOCOM: U.S. Navy SEALs Fireteam Bravo 3 (PSP)
Uncharted 2: Among Thieves (PS3)
White Knight Chronicles (PS3)

【THQ】
Darksiders: Wrath of War (PS3他)
Red Faction: Guerrilla (PS3他)


昨年も開催1ヶ月前に出展リストの第一弾が発表されていますが、今年もほぼ同様の面子です。あ、去年はカプコンが初期段階で多量にリストアップしていましたね。ナムバンは去年もソウルキャリバー1本だけだったのか(笑)「とりあえず・・・」といった感じですね。

さて、SCEAに関しては既発表のタイトルに加えて「White Knight Chronicles(白騎士物語)」が登場します。まぁ海外で高い評価が得られる可能性は低いのですが「1stWAVE」適用後の最新バージョンになるでしょうし、騎士のダイナミックな戦闘が意外と受けるかも知れません。ライブパートの仕様がどのようになるのか?にも注目しましょう。

後、「Heavy Rain」はE3での大々的な情報公開が期待されます。現時点でも謎の多いゲームプレイの詳細が明らかになるでしょうし、具体的な発売時期もそろそろ発表されると思われます。私もシナリオや演出に拘ったゲームソフトは大好きで、フランスのデベロッパ「Quantic Dream」がドラマティックなミステリーアドベンチャーをゲームとしてどのように味付けしてくるのか?に興味津々です。

勿論、既にタイトルを発表したソフトハウスからも出展タイトルは順次追加されていきますし、ソフト以外にもハードウェアや価格関連の発表は開催当日までシークレットになる事が通例です。今年はSCEA側が色々と事前に煽っていますが、自分自身のハードルを上げすぎないように、かといって下げすぎないように・・・とコントロールがなかなかに難しい(笑)

今後もE3の出展予定リストを随時追いかけていきます。

関連記事
IGN: The Big E3 List: 2009 Edition

E3 2008の第一弾リスト
ゲームかなー: E3出展リストが少しずつ明らかに

       
 

噂:E3でPS3用「ペルソナ」が発表?


E3でアトラスの「ペルソナ」最新作がPS3独占タイトルとして発表されるのでは?との噂が流れています。

何故にJ-RPGがE3で発表?と思う部分もありますが、「ペルソナ4」は珍しく海外でも評価の高いJ-RPGタイトルですし、SCEAがE3発表ラインナップに含めていても不思議ではありません。それに海外と同じタイミングで日本国内でも正式発表というパターンは過去にもありますしね。

更に、現在公式で明らかになっているアトラスの新作は5月14日発売予定のPSP「グローランサー」が最後である事からも、近日中にある程度の作品群が発表される可能性は高いでしょう。SCEJの発売予定タイトルと同様のスッカスカな状況ですし、それを気にしないのはSCEJぐらいでしょうし。

さてさて、過去シリーズを見ると「ペルソナ3」は2006年7月に、「ペルソナ4」は2008年7月に発売されています。開発プラットフォームの変更やアトラス初のHD制作になる事を考えると開発スパンは更に長くなりそうですが、PS3ロンチ時に発表された「真・女神転生(仮称)」が細々と開発されていたと課程するならば、遠くない未来に発売される可能性はまだ残されています。

まぁ発売は2010年でも2011年でも構いませんので、アトラスからの正式な発表を待ち望みたいですね。欲を言えばPS3専用開発ですが、マルチでもいいかな・・・。他機種版はなんちゃらサンオーだけで販売すれば、売れなくてもどこぞやが補填してくれるでしょうし。

関連記事
New Major Titles To be Announced At E3. | Criousgamer
Persona PS3 Announcement Bound for E3? | SCRAWL


真・女神転生(仮称) 真・女神転生(仮称)

アトラス 
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

今更だけど「PSP Go!(仮称)」の話


E3開催1ヶ月前と言う事もあり多量の噂情報が流れています。その中でも一番ホットで一番胡散臭いネタである「新型PSP」について書きます。

噂らしく若干情報にブレがありましたが、初出の1UP.comの情報を元に纏めると

・「E3 2009」で正式発表
・「PSP GO!」という名称になる
・内蔵メモリ容量による2種類のパッケージが用意
・日本では9月、北米ではホリデーシーズンに
・UMDは廃止
・100本のクラシックタイトルがDL可能になる
・「グランツーリスモ モバイル」がロンチの目玉タイトル
・スライド形式で、収納時はボタン等は画面下に隠れる
・アナログスティックは従来通り?

※ストレージは高速メモリースティックになるとの噂もあります。
※現行PSPアーキテクチャと予想されています。


確かに、ここ2年はPSP-2000/3000と1年毎にブラッシュアップされた新型PSPが発売されているだけに、2009年も「PSP-4000」が登場する可能性は高い訳です。しかし、「PSP Go!(仮称)」関連の噂につきまとう胡散臭さはなんでしょうかね?

ドラスティックな形状変更は悪くないとして、やはり「UMD廃止」が引っかかります。正直なところ、代わりとなるパッケージ流通手段が提示されていない段階では真剣に受け取る気になりません。DL専用機で喜ぶ人っているのかな?

更に「現行のUMDパッケージが動かない=買い換え需要が期待出来ない」訳で、日本では確実に売れませんし海外でも同様でしょう。海外サイトや自称ゲーム通が述べる「UMD不要論」に中身があると感じたことは無く、SCE側が抱えるコピーコントロール問題の解決策としては「今のタイミングじゃない」と思っています。

これから北米/欧州のPSP市場を盛り上げていく観点から考えると「新規PSPユーザならDL専用機でも問題ない」という意見があるかも知れません。しかし、SCEの現状から考えるとニッチ向けの新路線ハードを登場させるとも考えにくく、ワールドワイドで無難に受け入れられるマイナーチェンジで十分でしょう。今年こそはPS3コントローラとの接続機能は追加して欲しいですけど。

まずは、E3で気合いの入ったPSPソフトウェアラインナップを発表する事が重要ですね。


まぁ本気でUMDレスモデルを作っているならば、もっと薄い小型モデルになるでしょう。現時点で登場している予想図は「世界で一番美しいもの」の継承機としては、どれも「イマイチ」で期待する気になりません。

E3 2009の開催まで1ヶ月を切りました。各陣営も最大規模のE3には力を入れているようですし、今年も交錯(乱立)する事前情報(噂)と発表時の驚き(ガッカリ感)に振り回される時期になりましたね。

あ、「VIRTUAL PFP」でも可(笑)これなら買うぞ。

関連記事
New PSP Named And Coming This Fall: News from 1UP.com
Rumor: PSP Go! to use Memory Stick HG-Micro or something like it
Exclusive: Sony PSP Go! Storage Tech Revealed - PC World

       
 

「CRY ENGINE 3」講座を読む


毎回楽しみにしているGAME Watchの「西川善司の3Dゲームファンのための「CRY ENGINE 3」講座」を読みました。

詳しい機能等の解説については本記事を読んでいただくとして、もともと驚異のグラフィックを実現していた「CRY ENGINE 2」をハイエンドコンシューマ機に最適化したバージョンだけあって、ゲームエンジンとしての実力については今更書く必要は無いでしょう。物理エンジンまで包括してたんですね。

むしろハイエンドゲームエンジンのライバル「UNREAL ENGINE 3」からどのようにシェアを奪っていくのか?の方が重要です。エンジンの性能差だけでホイホイと乗り換えて頂けるほど甘い業界ではないでしょう。

その点についても、CRYTEK側はライセンシーに対する協力体制の強化を予定しているようです。エンジニアの派遣や、日本国内にもローカルのサポートセンターを設置する予定があるとの事で、CRYTEKの気合いが感じられます。

今はUE3採用と聞いただけで、そのタイトルに対する関心すら薄れてしまいそうになります。良質なPS3タイトルを量産するためにもUE3から少しずつでもシェアを奪っていただきたいものです。

関連記事
西川善司の3Dゲームファンのための「CRY ENGINE 3」講座 -GAME Watch

       
 

恒例の「い~でじ」フライング情報 5/3


「い~でじ」に恒例のフライング情報が掲載されました。


7月2日
ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団、ボクと秘密の地図(PSP)

7月9日
SIREN: New Translation(Best版)

7月16日
ザ・キング・オブ・ファイターズ XII

7月23日
塊魂TRIBUTE
トロともりもり


SCEJ期待の新作第一弾は「トロともりもり」でした。「どこでもいっしょ」公式サイトに告知されていた新作とはこの事でしょうね。いや、まぁ「まいにちいっしょ」はPS3には欠かせませんし、ソフト不足のロンチ時からPS3を盛り上げてきた功績もありますしねぇ。

トロと同日発売の「塊魂TRIBUTE」は購入予定です。どうやら高橋氏は開発に関わっていないとの事ですが、「塊魂」というゲームの骨格は既に完成されているので特に不安は無いでしょう。フルHDの塊魂ワールドを楽しみにしています。

そして「ぼくなつ」最新作はPSPで登場です。SCEJのPSPタイトルはこういった位置づけで良いと思いますね、サードが頑張ってくれていますし。

それでも敢えて書くとすると、あれだけ放置状態だったSCEJのラインナップにようやく動きが!と期待していて「ぼくなつ」と「もりもり」では肩透かしも良いところです。個人的には「もりもり」もPSPで出して頂き、7月のPS3用SCEJタイトルとして気合いの入ったゲーマー向けソフトを出して欲しかった。(「ぼくなつ」や「もりもり」が気合いが入っていないという訳じゃありません)

8月には「inFAMOUS」来るかな・・・。

とにかく、ようやく7月のラインナップが色々と動き出しました。
次の「い~でじ」フライングは6月1日前後になるのでしょうか?今後も月替わりの「い~でじ」情報には要注目です。


下記「い~でじ」のリンク先にゲーム紹介が記載されています。

【PS3】 SIREN: New Translation(Best版) BCJS-70006 7月9日発売予定 予約
【PS3】 ザ・キング・オブ・ファイターズ XII BLJS-10045 7月16日発売予定 予約
【PS3】 トロともりもり BCJS-30034 7月23日発売予定 予約
【PS3】 塊魂TRIBUTE BLJS-10047 7月23日発売予定 予約
【PSP】 ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団、ボクと秘密の地図 UCJS-10095 7月2日発売予定 予約

       
 

「ロロナのアトリエ」公式サイト更新 5/1


激戦の6月25日に発売予定の「ロロナのアトリエ~アーランドの錬金術士~」公式サイトが更新されました。

今回は「スペシャル」にPVが「ダウンロード」に壁紙2種類が配信され、「ブログ」が更新されています。

公式ブログ「岡ブログ」によると既に開発は終了しているようですが、ゴールドという訳では無いようです。もし、発売2ヶ月前の時点でマスターアップしているならば、発売日を前倒しにして欲しいところですね・・・。(追記:その後ブログ記事が修正されたようで、「ラストスパート」と表現が変更されています)

また、同ブログ内でアトリエは「ユルいゲーム」だと表現されています。私はアトリエシリーズは未プレイですので、錬金術や合成と聞けば「レア素材が割れたり」する目も当てられない状況しか思い浮かびません。まだまだセルケトが強敵だった時代に、目の前で劇毒サソリの爪がパリンと割れたときの音を忘れることは出来ないでしょう。

少し余談が長くなりましたが、最新作「ロロナのアトリエ」でもシリーズ特有の「ユルさ」は継承されているようで、このあたりのバランス感覚がどのように調整されているのかにも期待してプレイしようと考えています。

公式サイト
ロロナのアトリエ~アーランドの錬金術士~


ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術師~(通常版) 特典 特製ポスター小冊子付き ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術師~(通常版) 特典 特製ポスター小冊子付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ロロナのアトリエ プレミアムボックス(「特製クリスタルペーパーウェイト」同梱) 特典 特製ポスター小冊子付き ロロナのアトリエ プレミアムボックス(「特製クリスタルペーパーウェイト」同梱) 特典 特製ポスター小冊子付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ロロナのアトリエ~アーランドの錬金術士~オリジナルサウンドトラック ロロナのアトリエ~アーランドの錬金術士~オリジナルサウンドトラック
ゲーム・ミュージック


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「鉄拳6」から(仮称)が取れた


PS3/PSP/他で発売される「鉄拳6」のティザーサイトがオープンされました。

そしてバンダイナムコ「総合ゲームカタログ」にPSP版が正式に追加され、ゲームタイトルから(仮称)が取れました。他にどのようなタイトル案があったのでしょうかね・・・。

現在、ティザーサイトには「MOVIES」に最新トレイラーが、「SPECIAL」に壁紙が掲載されています。3D対戦格闘のゲーム映像を見るのは久々だったりしますが、「3D対戦格闘にこれ以上のハード性能は不要かも」と感じました。まぁ私の興味が薄いジャンルだからかもですが、初代PS/SS時代は3D格闘ゲームでハード性能やプログラム技術を推し測っていた事を考えると実に感慨深いものがあります。

さて、複数の機種で発売される「鉄拳6」ですが、アーケード版がPS3互換ハードで開発されている事や使えるジョイスティックの種類等を考えるとPS3版しか選択肢は無いでしょう。しかし「ディスク交換がゲームの醍醐味」の方々と同様に、「チャレンジしているソフトを遊びたい」といった理由で他機種版を購入する好事家もいらっしゃるかもですね。

Tekken620090429045221447

公式サイト
総合ゲームカタログ
TEKKEN OFFICIAL :: TEKKEN 6


鉄拳6(仮称) 鉄拳6(仮称)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「北米/欧州/香港アカウント取得方法」を一部修正しました 5/1


北米/欧州/香港アカウント取得方法」の内容を一部修正しました。

まぁ気づくのが遅すぎでしたが、香港PSNでクレジットカードからのチャージが不可になっています。前回チャージしたのが昨年末頃でしたので、いつから不可になったんだろうなぁ・・・。

これで自リージョン以外のチャージ手段はPSNカードのみになりました。幸い香港PSNカードはPlay.asia等で取り扱っていますので入手難度はそれ程高くありません。海外PSNカードの入手手段についても調べておかなくてはなぁ。

       
 

256人対戦シューター「MAG」のトレイラーが公開


「MAG(仮称)」の最新トレイラーやスクリーンショットが公開されています。トレイラーには実機映像も含まれていますし、今年のE3では更なる情報が公開されそうですね。

「MAG」のゲーム内容についてはIGNに詳細が記載されています。時間の関係で全ての内容を読んでいる訳ではありませんが、デモプレイのレビューを読む限りでは順調に開発は進められているようです。

昨年のE3で発表されたとき、誰もが256人対戦に驚きつつも「本当に実現されるのか?」と疑問を持ったと思われます。しかし、実質的には8人のチーム同士が局地局地で戦うことを考えれば大きな問題は無いでしょう。

後は小隊規模の局地戦がバランス良く分散するようマップを構成すれば条件はクリアされる訳ですが、今度はPS3本体のメモリ等との戦いになりそうです。Zipper Interactiveにはもう一頑張りしていただいて、オンラインシューターの歴史に残るようなゲームソフトに仕上げていただきたいところです。

既にFPSスタイルである事が発表されている「MAG」ですが、製品版までにTPSモードが追加されるならば是非とも参加してみたいなぁと思いますね。現時点では全く未定の日本も含めたワールドワイド対戦の実現に期待しています。

Magmassiveactiongame200904281105582

関連記事
MAG Screenshots | PS3 Attitude PS3 News: New MAG Gameplay Trailer Surfaces MAG Gameplay Trailer and Screenshots from Sony Gamers Day | SCRAWL IGN: MAG: Massive Action Game Screenshots, Wallpapers and Pics IGN: MAG Preview M.A.G. developer diary and in-game footage -- PlayStation Universe (PSU)

       
 

Home「ゲームかなー」クラブ、その後 4/30


PlayStation Homeの「ゲームかなー」クラブもオープンして2週間以上が経過しました。おかげさまで日々色々な人にお越し頂き、楽しいチャットを満喫しております。人が集まらなければ1ヶ月で閉鎖しようと思っていたのですが、継続決定です。

そして、以前告知させて頂いたようにHomeクラブの会員数に制限(32人)がある関係上「一度来てみたけど合わない」と感じた方や「参加したけど時間的に厳しいなぁ」という方には御一考いただければと思います。

この記事を書いている時点では数名空きがありますので、「我こそは」と思ったチャット大好きなPSラバーは下記手順にて参加希望を出してください。

homeのメインメニュー(スタートボタン)
→「クラブ」
→「クラブを探す」
→名前欄に「ゲームかなー」と入力して「検索開始」
→「参加リクエストを送る」を送信

管理人のコアタイムは夜10時~11時過ぎです。ほぼ毎日出席する予定ですが、やむを得ず欠席する場合は前日までにクラブハウス内の掲示板にコメントを残します。まぁ私が欠席する日は万博スタジアムでナイトゲームが行われた時ぐらいですが(笑)

Home20090429
たまにはトリオでダンスを踊っているかも・・・。

       
 

「大航海時代Online ~Cruz del Sur~」購入しました 4/30


PS3版「大航海時代Online ~Cruz del Sur~」を購入しました。久々に実店舗で買う予定だったのでヤマダ電機に問い合わせたところ「取り扱い無し」との回答に愕然、慌ててAmazonを確認するも1週間待ちでした。幸い近所のショップに入荷していましたので確保することに成功しましたが、大手量販店が取り扱い無しってのは少し寂しいですな。ますます通販依存になりそうです。


さて、今回発売されたPS3版とPC版の違いについてはGAME Watchに詳しくレポートされていますので、興味がある方はどうぞ。

コーエー、PS3「大航海時代 Online ~Cruz del sur~」体験レポート -GAME Watch

私が実際にプレイしたのは2時間程度になりますが、その間で感じたことを纏めておきます。

・BDメディア必須
PS3版のHDD必要容量からフルインストールは不可では?と予想されていましたが、やはりBDメディア必須でした。製品に付いてくるシリアルナンバーが無いと使えないゲームですのでフルインストール対応でも良かったと思うのですけどね・・・。

まぁ私はクラウドブラックPS3を「大航海時代Online」専用として暫くは運用する予定ですので、自動起動を設定しておけば電源起動と同時に本ソフトが起ち上がります。ある意味便利・・・と言えなくも無かったり。

・コントローラ操作は良好
新設計されたPS3コントローラ用のインタフェイスについて書きます。2時間程度しか操作してませんが、コントローラによる操作レスポンスは良好で、リングメニューのネストも程よく配置されていると感じました。キーボードショートカットも使えますし、FF11やHomeのようなコンシューマ機発のMMOソフトウェアに慣れた方なら操作に戸惑うことは無いでしょう。

ただ、リングメニュー選択時に×ボタンでリングメニューが消えてしまうのは少し残念かな。×ボタンでネストを一つ戻る仕様も選択できればいいのに。


・表示文字サイズは問題有り
現時点では文字サイズの変更オプションが存在しないようです。
手持ちのモニタ4種類で試してみましたが、さすがに11型のXEL-1は文字が潰れて読みづらくなります。それ以外は21型のフルHD液晶でも文字の視認性に問題は無く、HDMI接続のモニタならば特に問題は無いでしょう。

更に40型以上のHDTVならばPC版を上回るであろう迫力のある映像で大航海時代が楽しめますが、SDモニタにコンポジットやS端子で接続しているユーザは少し厳しいかも知れません。「エンジェルラブオンライン」のように文字サイズの変更機能が実装されて欲しいと思いましたね。

・グラフィック
映像に関しては「こんなものかな」といった感じです。PS3に最適化されてやたらとハイセンスなPlayStation Homeと比べるのは少し可哀想かなとも思いますし。GAME Watchのレポートで比較画像が掲載されています、陰の処理とか色々と手を加えられていることが判ります。

ただ、カメラ操作中に若干もたつきますので、今後のバージョンアップで改善していただきたい項目です。


開始して1時間の状態で商会(FF11のLSと同じ)に加入しました。学校のクエストが一つしか終了していない状態でしたが、せっかく勧誘していただきましたので軽い気持ちで加入したのですが・・・。

商会に入る為には船に乗って違う都市まで行く必要がありました。

これってカスタネットで"うんたん"しか出来ない人がいきなりギターを演奏するようなものでは・・・と思いつつ、とりあえず指示通りに動こうと頑張りましたが、まだ習っていない操作に戸惑う感覚は変な汗が出つつも新鮮でした。そして、そのような状況でもコントローラだけで一通りの操作が出来たわけですから、リングメニューは優秀だと思います。(まぁエスコートしていただいた方は相当イライラされたとは思いますが)

しばらくは学校で少しずつ操作や基本を学んでいく日々になると思います。幸いソロプレイで大抵のことが出来るようですし、平日も少しの時間で出来る事を見つけていきたいですね。

公式サイト
大航海時代 Online

関連記事
プレイステーション3版『大航海時代 Online』のサービスが開始 - ファミ通.com
4Gamer.net ― PS3で新たな船出,「大航海時代 Online ~Cruz del Sur~」の正式サービスが本日開始(大航海時代 Online ~Cruz del Sur~)
PS3版『大航海時代 Online』本日出航! キャンペーンや特典も
PC版からの引き継ぎにも対応『大航海時代 Online』PS3版サービス開始/ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム
PS3「大航海時代 Online ~Cruz del Sur~」サービス開始! - GameSpot Japan


大航海時代Online ~Cruz del Sur~ 大航海時代Online ~Cruz del Sur~


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

噂:「鉄拳6」PSP版も登場?


IGNによると「鉄拳6」のPSP版が登場するとの事です。

この内容が北米で6月2日より開催されるE3での目玉PSPタイトルの一つなのかどうかは判りませんが、既にマルチ化された「鉄拳6」だけにラインナップの幅を更に広げる戦略は妥当なところです。それにPSPの性能に合わせて開発出来ますから、HD他機種版のように「チャレンジ」とコメントされるような苦労は少ないでしょうしね。

現時点で明らか?になっているPSP版の要素としては、追加ステージやコンテンツ、アイテム及びアドホックモードへの対応。そして「ゴースト」インフラストラクチャー・モードの搭載、これはPSP版「鉄拳 DARK RESURRECTION」で既に実装されている機能です。

当然アドホックパーティには最初から対応してくるでしょう。海外では正式にサービス開始されていないアドパですが、海外PSPタイトルの拡充に伴いワールドワイドでの正式稼働アナウンスがE3で行われる可能性は高いでしょう。

望めるならばPS3との連動機能ですが、こいつも邪魔なHD他機種版のおかげで実現される可能性が限りなく低い事が残念で仕方ありません。2008年バンナムの悪行が未だに尾を引いているのですよねぇ。

Tekken6screenattack20090427044253_2

追記:ソウルキャリバーのPSP版も明らかになっているようです。しかし、こちらは既報扱いだったりします。そんな情報出てたっけ?

関連記事
IGN: Tekken 6 on PSP is Official
Tekken 6 also pummeling PSP
Soulcalibur: Broken Destiny First Look - PSP Previews at GameSpot

       
 

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン


Amazonチャージ 2回目以降も最大2.5ポイント

【お知らせ】
当サイトはリンクフリーですが、掲示板やブログ等に転載する際は必ずリンクを張って下さい。
RSS登録
ツイッター
相互リンク

毎日開催!5,000商品以上の品揃え!最大50%ポイント還元!