今週のフラゲより 5/21


あくまでもフラゲ記事ですので真偽の程は購入してご確認下さい。ちなみに私は今週はスルー予定。


・コジプロのカウントダウンは?
どうやら、現時点の情報では「コジプロのカウントダウン」はファミ通とは連動していないようです。

金曜日にカウントダウン終了と聞いた時点で「ファミ通」を連想した人が大半でしょうし、二重三重にファンをやきもきさせてくれます。この調子なら、5月22日にも具体的な発表は無さそうだな・・・。

さて、次は6月2日開催のE3までどのような手段で引き延ばしにかかるのか?に期待しましょう(笑)

・フロムのカウントダウンは?
フロムのPS2作品を6作品、PSPに移植するという内容だったようです。明らかになっているラインナップは下記の通り。

・アーマードコア・3 ポータブル
・天誅参 ポータブル
・アーマード・コア サイレントライン ポータブル
・風雲新撰組 ポータブル
・忍者活劇 天誅 紅 ポータブル
・アーマード・コア ラストレイヴン ポータブル

値段も手頃なようですし、PS2時代のフロム作品がまとめてPSPに移植される事は素直に喜びたいところですが・・・、やはり国内サードは積極的にHDタイトルに挑戦して欲しいところです。

「デモンズソウル」のフロムも、「白騎士物語」のレベルファイブもSCEJタイトルのデベロッパとして素晴らしい仕事をしましたが、自社パブリッシャタイトルでHD作品が中心になる時代はもう少し先のようです。


あと、J-RPG好きとしては「End of Eternity」の戦闘システムや「Tales of Vesperia」の追加情報は見逃せないでしょう。私も「End of Eternity」についてはもう少し調べてから書く予定です。

       
 

「ファイナルファンタジーXIII」は頑張って出します、との事 5/20


スクウェア・エニックスの「2009年3月期 決算説明会」の場にて、ファイナルファンタジーXIIIの発売時期について和田社長が下記のようにコメントしています。

ファイナルファンタジーXIIIが今期出るかは神のみぞ知る……いや、頑張って出します

いやいや、開発側は2009年冬に発売出来る準備を着々と進めていますし、年度内に出すかどうかを決めるのは和田社長の判断のような・・・。

自らを神に例えるセンスもそうですし、FF13発売時期について「やきもき」しているゲームファンを尻目に軽々しく笑いを取ろうとするあたり、相変わらず「夢を与えない社長」の異名に相応しい言動には目眩がしました。

まぁ2010年度の計画は「ドラゴンクエスト9」と「ファイナルファンタジーXIII」を含めた売り上げを見込んでいるようですし、少なくとも日本国内で年度内に発売する予定であることは確認出来ました。

勿論、予定通り「2009年冬」に発売して欲しい気持ちは強いのですが、現在判っているだけでも「ルナ」「ヴェスペリア」「エンド オブ エタニティ」が秋以降に発売されますしねぇ。それに、今後発表されるタイトルも多数割り込んでくるでしょうから、2009年度内であればそれでいいかなーと思いつつある昨今です。

4月の体験版以降は目新しい情報がありませんが、E3に向けて新しい情報公開が期待出来そうです。海外インタビューは日本国内の雑誌やメディアとは違った内容で読み応えあるんですよね。劣化マルチ版の情報には興味ありませんけど。

関連記事
スクウェア・エニックス、「2009年3月期 決算説明会」を開催 + -GAME Watch


ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート(限定版:PS3版「ファイナルファンタジーXIII」体験版同梱) Blu-ray Disc ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート(限定版:PS3版「ファイナルファンタジーXIII」体験版同梱) Blu-ray Disc


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「アイドルマスター続編(仮)」の開発が明らかに 5/20


当ブログでは滅多に取り上げないジャンルのゲームについて書きます。

アーケード及びPSP他機種で発売された「アイドルマスター」の続編制作がイベントで発表されたようです。まぁ具体的な発表が行われるのは更に1年後になるようですが、それまでに情報は小出しにされていくのでしょうかね?今から1年間の沈黙はさすがに長すぎるでしょうし。

現時点では「続編」としか情報がありませんので、オリジナルであるアーケードの展開も考えられます。でも個人的にはコンシューマ、勿論PS3を含めた展開に期待したいところです。

「ヴェスペリア」「エースコンバット」「アイマス」「塊魂」の「バンナム負の遺産群」も二つが抜けてラストツーピースとなりました。今後、どちらの破片が先に埋まるのでしょうかね?そのあたりも興味深くチェックしていきます。あ、マグナなんちゃらは別にいいです。

まぁ私にとってアイマスといえば「ほめ春香」のイメージしか無かったりします。あのお面のセンスは凄いわ・・・。

関連記事
2010年の5周年へ向けて制作『アイドルマスター続編(仮)』発表/ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム
つぎなるステージに向けて、『アイドルマスター続編(仮題)』が制作開始! - ファミ通.com
バンダイナムコ、「PROJECT IM@S 2nd VISION」始動! 続編も制作開始! 「アイドルマスター」は次のステージへ -GAME Watch

       
 

小島プロダクションのティザーサイト、その正体は・・・ 5/19


雷鳴の中、「5」か「S」を連想させる模様が時折浮かび上がる印象的なカウントダウンサイトが公開されました。「ティザー」→「カウントダウン」→「フラゲ」・・・あれ?

KOJIMA PRODUCTION "NEXT"

真っ先に「メタルギア ソリッド 5」を思い浮かべる方が大半でしょうが、個人的には今回の予告広告を打ったファミ通ウェブサイトをはじめ、各メディアも同様の予想をしている事が気になります。

既に内容を知っているはずのメディアサイトが敢えて核心を突いた予想をする事も芸がないし、コジプロとメディアによるミスリードの可能性もあるかなと考えています。まぁ単純に盛り上げ優先なのかもですけど、待たせるからには何か捻って欲しいのも本音。

そして、やはり気になるのは開発ハードです。作品の質やボリューム、コジプロの開発経験を重要視するならばPS3専用タイトルに期待したいところですが、さすがにパブリッシャとしてのコナミが黙っているとも思えません。マルチが妥当なところなんでしょうかね。私はPS3版が発売され、待遇面で不利な状況に陥るようでなければ不満はありません。

ちなみにカウントダウン終了は5月22日(金)になります。と言う事は恒例の水曜日には何らかの情報が明らかになるのでしょうか?気がつけばE3開催まで2週間を切っていますし、「E3で新作発表!」というアナウンスかも・・・はたして。

関連記事
小島プロダクションのティザーサイトに変化が キーワードは“5”? - ファミ通.com
4Gamer.net ― 小島プロの謎のティザーサイトで5月22日10:00に“5”の謎が明らかに?(METAL GEAR 20th ANNIVERSARY METAL GEAR SOLID PORTABLE OPS)
小島プロダクション公式サイトに謎のページ出現――新作発表か? - ITmedia +D Games
『5』浮かび上がる「小島プロダクション"NEXT"」カウントダウン開始/ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム

       
 

携帯サイト「SQUARE ENIX NEWS」リニューアル、今週はFFXIII待受! 5/19


5月18日より携帯サイト「SQUARE ENIX NEWS」がリニューアルされ、キャンペーンとして週替わりで携帯待受が配信されています。

オープン最初のオリジナル待受画像は「ファイナルファンタジーXIII」です。週替わりですので下記期間のみの配信になります、興味がある方はお早めにどうぞ。

【ファイナルファンタジーXIII待受配信期間】
5月18日(月)11:00 ~ 5月25日(月)11:00

私も早速待受画面を入手しました。無料の会員登録が必要ですが、性別・年齢・都道府県を登録するだけですので簡単です。思ったよりも美麗な待受画像で気に入りました。最近愛用していたヘルガスト待受から変更してしまうほどに。

今後も「ファイナルファンタジーXIII」を盛り上げるべく、キャンペーン情報は随時紹介していきます。

公式サイト
FINAL FANTASY XIII

関連記事
週替わり配信「SQUARE ENIX NEWS」第1弾は『FF XIII』/ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム
ケータイサイト“SQUARE ENIX NEWS”がリニューアル - ファミ通.com

       
 

「NINJA GAIDEN Σ2」の新要素はPS3版のみ


Kikizoに新生TeamNINJA・早矢仕洋介氏のインタビューが掲載されています。

色々と興味深い内容ですが、私が興味を引いたポイントは下記の通り。

・Σ2の新要素は他機種版には提供されない
・「NINJA GAIDEN 3」も計画中


PS3ラバーとしては朗報・・・ではありますが、結局「他機種版買った人も、PS3版を買って下さいね」という事なんだよなぁ。今はネットワーク経由でFIXやDLCが入手出来る時代ですから、既存ユーザが納得するような説明(言い訳)もなかなかに難しい。「侍道3」のようにパブリッシャ側の対応に問題があれば、即座にユーザから批判されてしまいますし。

私はハードありきの人ですので、「このソフトをプレイしたいからハードを買う」といった考え方は持っていません。ですから他機種で発売された後発ソフトが優遇されても「まぁ仕方ないか」で済むのですが、大半の人はソフトありきでハードを選ぶわけですからねぇ。やるせない気持ちになる事も理解は出来ます。

「NINJA GAIDEN 3」については市場が求めるならば作るべきでしょう。しかしTeamNINJAがハード専用開発に拘っている事は過去のコメントからも伺えるだけに、「NINJA GAIDEN 3」がどのような形態で開発・リリースされるのかに注目したいところです。まぁ今のところは「Σ2」に全力投球といった感じでしょうか。

そして、6月中に「NINJA GAIDEN Σ2」の体験版がPSNに配信されるとの情報もあります。前作「NINJA GAIDEN Σ」も製品発売の2ヶ月程前には体験版が配信されていましたし、開発が順調ならば十分に可能性はあるでしょう。Σはヌルゲーマーに対するフォローもありましたので、「Σ2」にも同様の期待をしてしまいます。

板垣某の呪縛から解き放たれた新生TeamNINJAの動きには今後も注目していきます。

16

関連記事
Kikizo | Interview: New Team Ninja Head Yosuke Hayashi

       
 

Home「ゲームかなー」クラブからのお知らせ 5/18


えーと「ゲームかなー」クラブからお知らせです。

5月18日早朝にクラブメンバーを一旦リセットします

クラブを開設して1ヶ月以上が経過しました。最近はコスプレ大会に変貌しているような気もしますが、ゲーム関連を中心としたチャットは実に楽しいものです。

しかし、今後も活発なクラブ活動を維持していくためにはアクティブメンバーの確保が重要で、32名というメンバー上限から考えても定期的なメンバーリセットが最善策であるとの結論に達しました。参加希望していただいた方には申し訳ありませんが、ご了承いただきますようお願いいたします。

ここで改めて「ゲームかなー」クラブについてご案内します。

・基本はダラダラとチャットをするだけの場です。
・コアタイムは夜10:00~11:00過ぎになります。
・管理人は曜日問わず大抵の日はコアタイムに入室します。
・欠席する場合はメッセージボードに事前案内いたします。
・PS系が好きな方が集まる場にしたいと考えています。
・少なくとも週に1度以上はコアタイムに参加できる方歓迎。

クラブに参加希望される方は下記手順にて申請して下さい。

homeのメインメニュー(スタートボタン)
→「クラブ」
→「クラブを探す」
→名前欄に「ゲームかなー」と入力して「検索開始」
→「参加リクエストを送る」を送信

※参加希望が多数来た場合は、先着順に承認いたします。

       
 

「Heavy Rain」は他機種では困難との事です


フランスを拠点とするデベロッパQuantic DreamのDavid Cage氏が、現在開発中の「Heavy Rain」は他機種では動作させることが出来ないだろうとコメントしています。

「KILLZONE 2」の時にも開発側から同様の発言がありましたし、E3を直前に控えて盛り上げようとしたリップサービスという事は理解しています。しかし個人的にはどうにも品が無いようにも感じるのですよねぇ。全く同じ内容のゲームタイトルを双方のハード性能を引き出した状態で開発する事は今後も無いでしょうし、独占タイトル同士ならば尚更比較は難しい訳です。

一番判りやすいPS3ハードのメリットである「BDの大容量」も、ディスクの頻繁な入れ替えがゲームの醍醐味という神主張の前ではデメリットになるわけですしね。まぁ金で買い取った独占しかアピールしない陣営と比べると、まだゲームの品質をアピールしているだけマシだと考えておきましょう。

さて、発売前からSCEの自信が伺えた「KILLZONE 2」は実に「面白いゲーム」でしたし、ファーストタイトルの品質は相当に高いレベルにあります。「Heavy Rain」にも同様の期待をしてしまいますが、具体的なゲーム内容を含めて情報が少ない訳ですから「E3 2009」における大々的な情報公開が待ち望まれます。

残念ながら、絵柄を含めて日本では数が出ないタイトルだとは思いますが、日本語吹き替えは当然としてSCEJにはローカライズに力を入れていただきたいところ。多分、TGS2009の場で日本国内版が具体的に発表される事になるでしょうね。

関連記事
David Cage: Heavy Rain can't run on 360 | NowGamer

       
 

「Uncharted 2: Among Thieves」最新ゲームプレイ映像 5/17


「Uncharted 2: Among Thieves」の5分40秒にわたるシングルプレイのゲーム映像が公開されています。

まぁ何も言わずに見てください。5分が短いと感じたのは私だけでは無いでしょう。前作「Uncharted」も実に美麗なグラフィックと演出でゲームを盛り上げましたが、最新作の進化っぷりは半端ではありませんね。

今年以降のSCEタイトルは「Heavy Rain」「God of War III」、そしてこの「Uncharted 2: Among Thieves」とPS3の本領発揮とも言えるタイトルが目白押しです。同時に国内ではJ-RPGの数も揃ってきている訳ですから時間がいくらあっても足りません。

以前書いたとおり、私は「Uncharted 2: Among Thieves」のマルチプレイヤーベータ権を入手しています。日本国内から参加できるかどうかは判りませんが、これ程までの映像を見てしまった訳ですから参加不可だったときのショックは大きいだろうなぁ(笑)

関連記事
Uncharted 2: Among Thieves - New Single-Player Video - PlayStation.Blog

       
 

「白騎士物語-古の鼓動-」今更ながら気付いたこと 5/17


「白騎士物語-古の鼓動-」初の大型アップデート"1st.WAVE"に下記の項目があります。

◇ 経験値取得計算式を調整しました。(ライブパートは変更ありません)

アップデートの時は読み流してしまいましたが、これってパーティメンバーにレベル差が有る時、各々のメンバーが取得する経験値に差が出るように調整されるという事だったんですね・・・。会社の同僚君から話を聞くまで気付いていませんでした。

と言う事で試してみました。パーティ構成は下記の通り。

レナード LV50
エルドア LV45
アバター LV47

エルドアの経験値で対比しました。アップデート前は二つ目のロジックストーンまでの敵を殲滅して「200」前後の経験値でしたが、"1st.WAVE"適用後は「2000」前後と10倍の経験値が取得できるようになっています。

再度必要時間を計算してみたところ、エルドアLV50までに必要な経験値稼ぎ時間が当初の「300時間前後」から「60時間前後」にまで短縮されました。うわ、いきなり簡単になったな・・・。

あまりに敷居が低いのも面白くないので、目標を「アバターの転生4回をオフラインのみで実現」に変更しました。とりあえず1回は転生しないと必要時間は算出できないのですが、300時間前後は必要だと思われます。目標は高く設定してこそ「騎士道」だと思うのですよ。

公式サイト
白騎士物語-古の鼓動-

       
 

「PS Store」のスクエニタイトルに同社メンバーズポイントを付与開始


アーカイブスにFF7が配信されたときにアナウンスされていたとおり、「PlayStation Store」にて配信されているスクウェア・エニックスを購入すると、「スクウェア・エニックスメンバーズ」のメンバーズポイントに加算されるサービスが5月15日より開始されました。

やり方は下記サイトより「PSNアカウント」と「スクエニメンバーズID」を関連づけるだけです。

PlayStation®Store×SQUARE ENIX MEMBERS | SQUARE ENIX MEMBERS

PSNの購入履歴から過去の対象タイトル分のポイントが加算されるようになります。私も関連づけましたが、「ファイナルファンタジー7」以外にも過去に購入した「ゼノギアス」もポイント加算されていました。

ちなみに私は未だにブロンズ会員のままです。最近のスクエニはアーカイブスタイトルの値段が話題になっていましたが、PS3ラバーとしては「PS3用国産パッケージタイトル」が未だに発売されていない事の方が大問題だったりするのです。

関連記事
4Gamer.net ― スクエニのPS Store配信ソフトすべてがメンバーズポイントの対象に
スクエニ「PS Store」販売作品にメンバーズポイントを付与開始/ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム

       
 

コジプロ・フロムがティザーサイトを公開 5/16


小島プロダクションとフロム・ソフトウェアがティザーサイトを公開しました。

KOJIMA PRODUCTION "NEXT"
2009.5.22 OPEN | FROMSOFTWARE

コジプロに関してはファミ通フラゲの広告ページで5月18日に何らかの情報公開が行われるとの告知がありました。早速ティザーサイトのメタキーワードにMGS等の文字が含まれている事が話題になっていますね。他にも雲の模様等から様々な予想をしている方がいらっしゃって実に面白い、最近では「エンドオブエタニティ」のティザーサイトに隠しキーワードが埋め込まれていましたからねぇ。

フロムについては全く見当が付きません。PSP版「アーマードコア」が発表されたばかりですし、今度こそHDタイトルに期待したいところですが・・・こちらは5月22日にオープンされるとの事ですので、5月20日(水)には明らかになるでしょう。「エンチャントアーム2」だったらどうしよう・・・カメラが改善されていたら買うけど。

コジプロのティザーサイトはファミ通で「予告」を行い、実際のアナウンスはサイト発にしている事が興味深いです。フラゲによる事前流出を防ぐ目的がどこまで含まれているのかは判りませんが、今後は同様の手法が増えることも考えられますね。

関連記事
もしかして『メタルギア』新作発表!? 小島プロダクションの謎のティザーサイトが出現 - ファミ通.com
4Gamer.net ― 小島プロの公式サイトに謎のティザーサイトが出現(METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS)
フロム・ソフトウェアが謎のティザーサイトをオープン - ファミ通.com

       
 

Amazon新着情報 5/15


Amazonの新着情報です。


【PS3用タイトル】
07/16 プロ野球スピリッツ6(コナミデジタルエンタテインメント )

       
 

噂:薄型PS3の画像がリーク?


中国のゲームフォーラムに掲載されている、薄型PS3の画像が話題になっています。画像は下記リンクからどうぞ。

Slim PS3 Revealed Via Chinese Factory Leak?: News from 1UP.com

流出された写真にはスリム化された本体及びパッケージが撮影されています。筐体に関してはパーツのみで、パッケージに印刷されている完成型でしか判断できないのですが・・・「はっきり言って格好悪い」。

このデザインでは4台目購入!には踏み切れないなぁ。

曲線を優雅に使ったプレイステーション3のデザインは、大柄でありながらピュアスポーツカーのようなしなやかさを感じさせる秀逸なものです。その洗練された初代のデザインを単純に薄くしたらここまでバランスが崩れるのかと感じましたね。

噂ではデルのPCと並べても違和感が無いデザインの据え置きゲーム機もあるようですが、日本製のハイテク機としてはデザインにも力を入れて欲しいところです。

まぁ現実的なところとして、PS3本体の「逆ざや」が完全に解決される前に、フルモデルチェンジ本体の生産に踏み切るというのはタイミング的にも少し不自然かなと。PS3ロゴも適当って感じですし。どうやらSCEも否定しているようですが、ハード関係の噂は必ず否定しますからアテにはならなかったり。

個人的には、本当に新型筐体モデルが登場するなら来年秋ぐらいかな~と勝手に予想しています。それに、1年に2台も本体を買い足しするのは少し買いすぎですしね(笑)


       
 

今週のフラゲより 5/14


「脅威の特大スクープ7連発」の全貌が明らかになりました。

Wii「モンスターハンター3」
NDS「スパロボ学園」
NDS「高校野球道DS」
PSP「実況パワフルプロ野球ポータブル4」
PSP「おおかみかくし」
PSP「ルナ ~ハーモニーオブシルバースター~」
PS3他「F.E.A.R.2 PROJECT ORIGIN」

まぁいつものことですが・・・「ハードル上げすぎ」

個人的には「F.E.A.R.2 PROJECT ORIGIN」の国内ローカライズや、「ルナ ~ハーモニーオブシルバースター~」のリメイクは嬉しい情報でした。発売時期や同時期タイトルにもよりますが、「F.E.A.R.2 PROJECT ORIGIN」は是非とも押さえておきたいタイトルです。勿論ルナはデフォ買い決定。

また、PS3関連では昨年末から待っていたタイトルがようやく発表されました。

PS3「ボンバーマン ウルトラ」 PSN 2009年夏配信予定 1000円

オンライン8人対戦については記載されていますが、オフライン同時対戦が4人までの制限って改善されてないのでしょうかね?PCエンジン版の5人対戦が私は大好きでしたし、オフラインのパーティゲームとして4人対戦と5人対戦では面白さが違いますので対応していただきたいところです。


さて「モンハン3」の発売日が2009年8月1日に決定したようです。当サイトには直接関係ない話ですが、7月の「ドラゴンクエスト9」と8月の「モンスターハンター3」が2ヶ月連続で発売される状況を無視するわけにはいきません。

要するに「2009年夏のJ-RPGには期待が出来ない」状況になり、WiiもDSも所有していない私のようなPS3ラバーはRPG涸れの状況に陥る可能性が高いでしょう。

まぁ開き直ってその時期は「白騎士物語、エルドアLV50プロジェクト」に全力を尽くしても良いかなと。

       
 

パズルゲーム「Critter Crunch」が今夏PSNに配信予定 5/14


カナダ・トロントを拠点とするデベロッパーCapyが手がけるパズルゲーム「Critter Crunch」がPSN用タイトルとして今年の夏配信されることが明らかになりました。

パッと見の印象では可愛らしいキャラクタのパズルゲームと思ってしまいますが、上記トレイラーを見てしまうと「なんか違う・・・」と異文化のゲームである事を認識してしまいます。上手く説明できません、キモカワとも少し違うようだし。

このゲーム、もともとiPhone用としてリリースされたゲームのようで、今回PS3用タイトルとして制作されるにあたり「1080p」と「60フレーム」が実現されているようです。オン・オフ両方のマルチプレイヤーモードにも対応しています。

Crittercrunch20090512004124263

なお、現時点では日本国内の配信予定は未定です。

関連記事
Critter Crunch! PlayStation Network! Barf! - PlayStation.Blog
capybara games » Critter Crunch PSN
Critter Crunch Announced by Capy for PSN | SCRAWL

       
 

「Zen Pinball」体験版配信が決定


北米PSNにて5月14日より配信予定の「Zen Pinball」に体験版が同時配信されることが明らかになりました。

なお、体験版では1テーブルが利用可能になります。

私はもともと購入予定でしたが、事前にプレイ感がチェックできるのは嬉しいですね。

Zenpinball20090414112454481
これはどのようなテーブルなんでしょうか・・・

関連記事
IGN: Zen Pinball Demo Confirmed for PSN
ゲームかなー: 「ZEN Pinball」

       
 

「白騎士物語 -古の鼓動-」追加クエスト第7弾が4月14日より配信


白騎士物語の追加クエスト第7弾「城下に潜む危機」が4月14日(木)より配信開始されます。クエスト内容は下記の通り。

【城下に潜む危機】
何者かに占拠されてしまったバランドールの地下宝物庫を奪還するのが目的。

配信日 2009/5/14
必要ギルドランク 8~
推奨レベル 41~

Shiro_20090414

公式サイト
白騎士物語-古の鼓動-
白騎士物語-古の鼓動- プレイヤーズインフォメーション | 配信クエスト

       
 

「白騎士物語」が2009年E3の目玉タイトルの一つに? 5/13


E3開催中に実施されるSCEAプレスイベントの招待メールらしき画像が海外サイトに掲載されています。

Blurb_wkce3announcement

資料の下部をご覧頂きますと、右から「Infamous」、「Uncharted 2: Among Thieves」、そして「White Knight Chronicles(白騎士物語)」と3タイトルの画像が掲載されています。

なお、現時点で判明しているSCEAのE3発表ラインナップは下記の通り。

Fat Princess (PS3)
God of War III (PS3)
Heavy Rain (PS3)
Infamous (PS3)
Jak and Daxter: The Lost Frontier (PS2, PSP)
MAG (PS3)
MotorStorm: Arctic Edge (PS2, PSP)
Pain! Sore Spots (PS3)
PixelJunk 1-4 (PS3)
PixelJunk Monsters Deluxe (PSP)
Ratchet and Clank Future: A Crack in Time (PS3)
SOCOM: U.S. Navy SEALs Fireteam Bravo 3 (PSP)
Singstar: Queen (PS2, PS3)
Uncharted 2: Among Thieves (PS3)
White Knight Chronicles (PS3)

「白騎士物語」が「God of War III」や「Heavy Rain」を押しのけて掲載されていることになります。まぁ発売時期が不確定な「God of War III」や「Heavy Rain」よりも、ローカライズタイトルの方が発売時期が近いと言う事もあるのでしょうけどね。

それにしても騎士アップの画像だけが掲載されると、別ゲームみたいですな(笑)
更に英語版トレイラーを見ると・・・「何の映画だ?」。本当に音楽と音声でイメージって変わりますね。

他人の評価に関心を持たない私も「White Knight Chronicles」の海外レビューには注目したいと思います。まぁ日米ゲームファンの価値観の違いを再認識するだけになりそうですが、海外からも続編を待ち望む声(というか「いつ発表するんだ」という声)が高まれば実に嬉しいところです。

私も現時点は「白騎士物語」プレイを中断している状況ですが、「エルドアLV50」プロジェクトを断念したわけではありません。「テイルズ オブ ヴェスペリア」や「ラスト リベリオン」が発売されるまでに完遂したいと考えています。

関連記事
News: White Knight Chronicles Announcement at E3 - Kombo.com

       
 

サイバーコネクトツーがPS3用タイトルを開発中


PS3「NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム」を開発したサイバーコネクトツーの会社説明会ポスターが話題になっていますので紹介。

Poster

ポスターの中央部分を良く読むと・・・

「現在、ニンテンドーDS、PLAYSTATION3のゲーム開発に取り組んでいるサイバーコネクトツーの単独会社説明会開催!」

と表記されていることが判ります。

まぁ現状はこれだけですが、「NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム」で高い開発力を示したサイバーコネクトツーが何らかのPS3用タイトルを開発している事が判っただけでも実に嬉しい限りです。

関連記事
求人情報 | 福岡のゲーム会社サイバーコネクトツー

       
 

「CEDEC 2009」の開催日程が発表


「CEDEC 2009」の開催日程及び会場が発表されました。
今年は2009年9月1日(火)~3日(木)にパシフィコ横浜で開催されます。

CEDECは「CESAデベロッパーズカンファレンス」の略で、北米のGDCと同様に開発者のためのカンファレンスです。当然ながら新作ゲームの発表会ではありませんが、東京ゲームショウと近いタイミングで開催される事もあって新鮮な情報が目白押しです。

今年から会場移転に伴い規模が拡大されますし、セッション数は前回の1.5倍となる150が予定されているようです。そろそろ本格的に中小デベロッパもHDゲーム開発に着手しなければいけない時期でしょうし、どのようなクリエイターのセッションが開催されるのかに注目していきましょう。

公式サイト
CEDEC 2009 | CESA Developers Conference

関連記事
CESA,2009年9月にゲーム開発者向け会議「CEDEC 2009」を開催:ITpro

       
 

「Uncharted 2: Among Thieves」ベータコードが来ました


「Qore Episode 12」をダウンロードした翌日に「Uncharted 2: Among Thieves」マルチプレイヤーベータのアクセスコードが電子メールにて送信されてきました。

まぁ実際にベータが開始されるのは6月3日からだったりしますが、体験版ではなく期間限定のベータ権ですからなるべく時間を作ってプレイする予定です。北米ユーザが多い時間帯に突撃するのも面白いですね。

なお、5月15日までにQoreを年間購読した人には「Uncharted 2」マルチプレイベータ権が送信されるようですが、「日本国内ユーザが確実に参加できる保証は無い」事を認識しておきましょう。

実際、昨年秋にQore年間購読者に配信された「北米Homeクローズドベータ権」はダウンロードは出来たものの、肝心のサーバに接続することが出来ませんでした。このあたりが事前に発表される事も、相手に確認する事も出来ないでしょうからベータ開始のタイミングに全てが明らかになる訳です。


ちなみに、今回のベータ権以外にもQore年間購読者には特典があります。私が年間購読を開始してから半年の期間に、下記のダウンロードタイトルが提供されています。(タイトル横は北米PSNで通常購入した時の価格)

・Calling All Cars (Full Game) $9.99
・Linger in Shadows (Full Game) $2.99
・High Velocity Bowling (Full Game) $9.99

年間購読料24.99ドルは上記フルゲームだけで「元を取った」と考えることも出来ますね。既に持っていたタイトルばかりというのは内緒・・・ですが。

勿論、Qore本来のコンテンツも高品質な独占映像が盛り込まれ、ヴェロニカさんの突撃インタビューも見ているだけで楽しめます。そして、先行して配信される注目ソフトの体験版も魅力十分です。興味のある方はQore年間購読をオススメしますね。

       
 

「ジェム・インパクト」公式が修正されている件


以前「E3 2009関連のウワサ」という記事で取り上げた「株式会社ジェム・インパクト」公式サイト内の「制作実績」から未発表タイトルが削除されています。

問題になったのは「グラスホッパー・マニファクチュア」のPS3タイトルと「コナミ」の他機種タイトルですが、既に発表されている「ベヨネッタ」までがリストから削除されています。既発売タイトルのみに表記を切り替えたのでしょうかね?

まぁE3では何らかのヒントや発表が行われる可能性もありますし、今回の顛末を記憶に留めておくと新作発表がより興味深いものになるでしょう。

公式サイト
[ GEM Impact | 株式会社ジェム・インパクト ]

関連記事
ゲームかなー: 噂:E3 2009関連のウワサ 5/7

       
 

ゲーム関係の雑談 5/11


2009年に入ってからPS3の勢いが少しずつ感じられるようになりましたね。ロンチ時からPS3を観察してきた私としては「まだまだこんなもんじゃない」と思う部分もありますが、ハード売り上げが好調に推移して定期的に新作タイトルが発表される好循環を今後も継続してもらいたいところです。


・がんばれプレイステーション2
最近注目しているのがPS2の販売台数です。今のところは劣勢ですが毎週据え置きのライバルハードと1000~2000台近い販売台数でデッドヒートを繰り広げています。

PS3ラバーとしてはPS2互換性復活で乗り換え需要に期待したいところではあります。しかし、後継機の敵に対して引退間近の先輩機が奮闘するというのもヒーロー物としては熱い展開だなぁと思ったり。最後は敵と差し違えたと思わせて、しばらくしてから「危ないところを久夛良木さんに助けられた」と何事もなかったかのように復活するギャレン橘さんのような展開を希望。

日本国内でもPS2の値下げが行われれば更に互角以上の勝負が出来るでしょう、がんばれプレイステーション2。

・戦場のヴァルキュリア
PS3ゲーム「戦場のヴァルキュリア」が海外ではゲーム性が評価され、日本ではアニメ化&ベスト版効果もあって好調な売り上げを維持しています。いよいよ日本国内の累計20万本が目前となりましたので、メディアミックス戦略だけではなくゲーム版の新しい展開もそろそろ期待したいところです。

さて、第6話を見終わった訳ですが・・・今回ってゲーム未プレイの方は付いていけるのでしょうかね?やっと喋ったイーディや、やたらと存在感のあるマリーナ、本編だけでなく予告でも野菜推しのラルゴあたりでクスリと出来るのは原作ファンだけのような。

余談ですが、GW中に挑戦した「キルゾーン2」でも頻繁に「博愛主義者」や「パニック」のポテンシャルが発動していたのは内緒です。


戦場のヴァルキュリア PLATSTATION 3 the Best 戦場のヴァルキュリア PLATSTATION 3 the Best


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
戦場のヴァルキュリア コンプリートガイド 戦場のヴァルキュリア コンプリートガイド
ファミ通書籍編集部


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「ファイナルファンタジーXIII」の日本語音声はPS3版のみ 5/10


IGNによるスクエニ・北瀬氏インタビューの中で、「ファイナルファンタジーXIII」海外版の日本語音声収録についてコメントされています。日本の声優は上手い人が多いので海外ゲーマーにも人気が高いようです。

結論から書くと下記の通り。

PS3版:海外版にも日本語音声収録
他機種版:現地音声のみ

※日本国内ではPS3版のみ

理由としてはDVDの容量的な問題で、Blu-rayの大容量が使えるPS3版には日本語音声の収録が予定されているようです。まぁ契約的な問題が大きいのでしょうけどね、他機種用海外版に日本語音声が収録されていたら日本国内独占の意味がない。

これでゲームの醍醐味である頻繁なディスクの入れ替えが心ゆくまで楽しめ、尚かつ語学力まで強化できるFFXIII他機種版の需要は更に高まったと言えるでしょう。

関連記事
No Japanese Voice Option In Final Fantasy XIII For Xbox 360 - News - Final Fantasy Union

       
 

「LAST REBELLION」 5/9


日本一ソフトウェアの子会社であるNIS AmericaよりPS3用新作RPG「LAST REBELLION」が発表されました。ただし現時点では北米で公式に発表されたのみで、日本国内の展開については全くの未定です。

本作品の戦闘システムは自由に操作可能なアクション要素とターン制戦闘の要素が複合されているとの事で、リアルタイム性の高いアクションRPGでは無いようです。戦略的な要素として部位破壊が紹介されており、これは敵の足を攻撃すれば動きが遅くなったり手を攻撃すれば攻撃力が下がるといったものです。

幾つかのスクリーンショットが公開されています。

Lr

まぁ率直なところグラフィックは平均以下かな・・・と感じる部分もありますが、開発期間やコストとのバランスが取れた開発が行われているならば「有り」でしょう。ハイエンド機の性能は十分に発揮させなければいけないという訳ではありませんし、PS2で最高クラスのグラフィック表現+α程度ならばPS3の方が手軽に開発出来るはずです。

ガストの「ロロナのアトリエ」や日本一の「ディスガイア3」も同様で、PS3の扱いやすい部分を効率よく使って開発している印象があります。大容量ディスクや高解像度グラフィックやHDDやネットワーク機能が標準で使える訳ですからメリットは大きいですよね。

そろそろ国内デベロッパも将来に向けた技術の投資を進めないとヤバイという事は認識しているはずでしょうし、中小ソフトハウスからアイデア豊かなHDゲームが登場することを期待しています。

さて、前述の通り「LAST REBELLION」の国内発売時期は未定で、北米の発売予定は2009年秋との事です。8月には「トリニティ・ユニバース」が、秋以降には「テイルズ オブ ヴェスペリア」「エンド オブ エタニティ」「ファイナルファンタジーXIII」が待ち受けていますので、RPG同士が競合しないように調整していただきたいものです。

次週のファミ通「驚異のスクープ7連発」に含まれていると嬉しいですね。

公式リリース
NISA Press Event 2009

プレスリリース
LastRebellion_Support_20090507.pdf

       
 

「ZEN Pinball」


ハンガリーのデベロッパ"ZEN STUDIOS"が開発したピンボールゲーム「ZEN Pinball」の北米PSN配信日が来週5月14日に決定しました。ダウンロード料金は9.99北米ドルになるようです。

初期ダウンロード分には4つのテーブルが用意され、その後DLCによってテーブルが追加される予定になります。ティルト時にモーション操作が効果的に使えそうですし(使えるかどうかは不明)、グラフィックが大幅に進化した定番ゲームですから安心して遊べるでしょう。

Zenpinball0001

以前購入したPSN用ボウリングゲーム「High Velocity Bowling」も手頃に遊べる気の利いたゲームですが、未だに北米以外の地域で配信されていません。ボウリングもピンボールもルールは知れ渡っていますしローカライズの必要性が殆ど無いゲームですので、「スパイク ワールドメジャーセレクション」のように、説明書(ドキュメント)のみ日本語化するとかの方法で手軽に遊べるようにして欲しいところです。

北米PSNのチャージも残り少なく無闇な購入は控えようかなと思っていたところですが、どちらにしても半年後のQore年間購読を継続する際には再チャージが必要だったりしますので「ZEN Pinball」の購入を検討中です。

関連記事
ZEN Pinball coming to PSN next Thursday - PlayStation.Blog

       
 

Amazon新着情報 5/8


Amazonの新着情報です。


【PS3用タイトル】
08/31 トリニティ・ユニバース(通常版)(アイディアファクトリー)
08/31 トリニティ・ユニバース(限定版)(アイディアファクトリー)
【PSP用タイトル】
08/06 流行り神3 警視庁怪異事件ファイル(日本一ソフトウェア)

       
 

ファミ通を読む 5/8


週刊ファミ通を久々に買いました。
PS3関連の記事が多くて読み応えはありましたが、下品な髭のオッサンの写真が3枚も掲載されている事に驚き。なんとなく湯川専務を思い出しましたので、そのうち本体パッケージとか出張ってくるかもですね。


・レベルファイブ、日野社長インタビュー
自社パブリッシャのタイトルが話題の中心ですが、「ハイエンド機向けタイトル」に向けた取り組みについても言及されています。まぁ「白騎士物語」続編は作っているでしょうし、発表を気長に待つとしますか。

・「クルトン」PS3/PSP SCEJ 6月18日配信予定
ナムコで「ミスタードリラー」を制作したスタッフ2名が中心になって開発したPSN用パズルゲーム。それにしても、全く全貌が見えないジャパンスタジオにはどれだけ多くの開発スタッフが在籍しているのでしょうかね、現状から考えると数名ぐらいなのかな?と勝手に想像していましたけど(笑)

クルトン

・「ぼくのなつやすみ4」PSP SCEJ 7月2日発売予定
既報のとおり「ぼくなつ」最新作がPSPで登場します。2年前のPS3版「ぼくのなつやすみ3 -北国編- 小さなボクの大草原」の時にも感じたとおり、PSPの方が作風に合ってますね。

ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団、ボクと秘密の地図

・「トロともりもり」PS3 SCEJ 2009年夏発売予定
ファミ通では「夏」と表記されていますが、Amazonでも7月23日と掲載されていますのでほぼ確定でしょう。まぁ開発状況60%というのが少々不気味ですが。

個人的にはこのタイトルもPSPで出して欲しかったところです。「まいいつ」のエンジンがあるので開発しやすいとは思うのですが、7月のPS3用SCEJタイトルがこのタイトル1本で埋められてしまったのがなんとも・・・。

・龍が如く最新作 PS3 SEGA 発売時期未定
名越氏独占インタビューにより「龍が如く」最新作が明らかになりました。たった2ページのインタビュー記事ですが、取り上げるべき項目の多さに驚きました。

「龍が如く4」では無いが次回作
「現代劇」「神室町」のキーワードは外さない
「現代」「桐生一馬」を活かす
最新作ではより立体的に遊べるようにする
見参2ではない
ハードは「プレイステーション3」
2年は待ってくれない、1年半でも怒られる
「みんなが参加できる」新しいプロモーション
出演者オーディションを開催

残念ながらイタリアンマフィア「カズマトーレ・キリューニ」の物語では無いようです(笑)色々と含ませる発言が多いですし、大まかな全体像は出来上がっているようですね。名越氏も「1年半でも怒られる」とコメントしていますし、次回作も2010年春頃の発売になりそうです。

どこまでを「現代劇」と呼べるのかは不明ですが、20年前ぐらいを舞台にする可能性もありますね。ディスコのミニゲームとか馬鹿馬鹿しくて面白そう。当時のSEGA体感アーケード「アフターバーナー2」「ギャラクシーフォース」あたりが遊べたらなぁ。

それにしても2005年12月の「龍が如く」から3年半弱で4作品、しかも途中でハードウェア変更、それでいて全作フルボリュームのパッケージ作品というのは改めて驚異的なペースです。ユーザに「飽きさせない」作品作りを心がけているようですし、慣れたPS3プラットフォームですから品質やボリュームには何ら心配していません。

・「トリニティ・ユニバース」 PS3 アイデアファクトリー 2009年8月発売予定
「クロスエッジ」に続くクロスオーバーRPGの第二弾。今回はガスト・日本一ソフトウェア・アイデアファクトリーの3社が関わっており、前作?からカプコン・バンナムが抜けました。まぁ企業カラーも違うし、最初から3社で良かったんじゃないかな?と思います。発売時期は2009年8月との事ですし、頑張って盆休暇前に発売すれば需要も増すでしょうね。

・「塊魂トリビュート」 PS3 バンナム 7月23日発売予定
別段書くことは無いのですが・・・。
「ダウンロードでコンテンツを追加する必要が無いフルボリューム作品でありながら、この低価格を実現したバンダイナムコゲームスに感謝」って煽りに違和感を感じたのは私だけ?ソフト単体でも極端に安いという訳でもないし、露骨なDL商法やってる大手ソフトハウスってバンナムだけのような・・・。


知らない間に芸能人のコラムが増えていますね。次長課長の井上氏は白騎士物語のライブパートもプレイされていたようですが、メジャー誌向けとしてはモンハンとかのネタで終始するんだろうなぁ。

さて、次週の「驚異の特大スクープ7連発」って何でしょうね。新作発表も含まれていると思いますので、来週水曜日に期待しましょう!


トロともりもり トロともりもり


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
塊魂トリビュート 塊魂トリビュート


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団、ボクと秘密の地図 ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団、ボクと秘密の地図


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「Qore Ep12」に「UNCHARTED 2」マルチプレイベータ権が!


PlayStation.Blogにて、今週配信予定の「Qore Episode 12」に「UNCHARTED 2: Among Thieves」のマルチプレイベータ権が付いてくることが明らかになりました。

PS.BLOGの記事によると、マルチプレイベータ権が与えられるのはQore年間購読者のみのようで、5月15日までに加入登録を済ませる必要があります。私は既に年間購読済みですので、「UNCHARTED 2」の映像世界が一足早く楽しめる事になりそうです。

まぁリージョンロック等が無ければ・・・の話ですが。

なお「Qore Episode 12」には色々と話題の「Ghostbusters」特集映像も収録されているようですし、久々に楽しめる号になりそうです。

関連記事
Qore Episode 12 – Featuring Batman: Arkham Asylum, DiRT 2, Ghostbusters and Euphoria - PlayStation.Blog

       
 

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン


Amazonチャージ 2回目以降も最大2.5ポイント

【お知らせ】
当サイトはリンクフリーですが、掲示板やブログ等に転載する際は必ずリンクを張って下さい。
RSS登録
ツイッター
相互リンク

毎日開催!5,000商品以上の品揃え!最大50%ポイント還元!