噂:「アクアノートの休日」が今秋発売?


play-asiaにてPS3版「アクアノートの休日」が9月25日発売と記載されています。
もともと開発はアナウンスされていましたし、プレアジはAFRIKA以外にも国内発売日をいち早く掲載していた事を考えると可能性は高いでしょう。

しかし今だに曖昧なのは「AQUA」と「アクアノートの休日」の関係性です。昨年のTGS2007でAQUAが明らかになった際には別物として認識していましたが、プレアジではSCEブランドとして登録されています。開発会社が同じでジャンル(系統)も近いタイトルですからSCEJブランドのタイトルとして統合されている可能性もあります。

これでどうやら私の鋼PS3は「四季庭」「AFRIKA」「アクアノートの休日」や所有している環境系Blu-ray用として多忙な日々を送る事になりそうです。やっぱり秋に予定されている新型PS3も入手しないと私の需要を完全に満たす事は難しそうですね・・・。

関連記事
Rumor: Aquanaut's Holiday remake coming to PS3? - PS3 Fanboy

Aquanaut's Holiday (PS3)

ブログ内記事
PS3 AQUA

       
 

「FIFA 08」で一足先にEURO2008決勝 6/30


そろそろ「EURO2008」決勝戦がキックオフになります。残念ながら月曜日は仕事ですので早起きして見るとして、私はEAの「FIFA 08」にてスペイン×ドイツのプレ決勝戦を楽しみました。もちろんモードはcom対comです。

試合展開は下記のとおり
前半8分:セルヒオラモスからのクロスにトーレス先生合わせきれず。
前半13分:トーレスのスーパーダイブ(笑)でPK獲得、大会MVP候補のビジャが落ち着いて決めてスペイン先制
前半25分:バラックが高い位置で奪い取って前線のクローゼに送り決定機を迎える。カシージャスが一度は反応するもポドルスキに押し込まれてドイツ同点
後半10分:セットプレイから中央にこぼれたボールをファブレガスがグラウンダーで流し込んでスペイン勝ち越し
後半27分:クローゼが抜け出して決定的な状況、豪快なシュートがネットを揺らす。ドイツ再び同点。
後半32分:ビジャがドイツ守備陣をかき分けて技ありゴール、スペインが3-2で再度突き放す。
試合終了:3-2で見事スペインがEURO2008の王者に輝きました

テクニカルなスペイン、フィジカルに勝るドイツと持ち味が発揮された面白い試合でした。途中からトーレス師匠が完全に消えていたりと、ゲームとは思えないリアルっぷりに少し笑ってしまいましたね(笑)後半はスペインの緩めのディフェンスからドイツにシュートを連発されながらもカシージャスが孤軍奮闘で止めまくっていたのも凄かった。

実況も西岡さんで、ちょうど直前まで見ていた「ガンバ大阪×コンサドーレ札幌」と同じでしたので不思議な感覚でした。解説が川勝さんなら完璧でしたね(笑)

しかし、改めて「FIFA 08」の完成度の高さを再認識しました。私はcom対comをギャラリーモードで観戦する事が多いのですが、ダイナミックなカメラワークも含めて「ギャラゲー」としてかなりのレベルに到達しています。

「FIFA 09」ではどこまで進化するのでしょうか?私はギャラリーゲームはコンピュータゲームの一つの方向性だと考えています。コンピュータ同士の対戦だけではなく、オンライン対戦を観客として観戦するモードは「home」あたりで将来的には実現されるのでは?と期待しています。

       
 

「Naruto: Ultimate Ninja Storm」ゲームプレイ動画


他サイト様より少し遅めの記事ですが、Gametrailersの独占HD映像を見て感激してしまいましたので改めて記事を書きなおしました。現時点では直接のオブジェクトは再生できないようですので、下記リンクからHD映像を閲覧してください。

「Naruto: Ultimate Ninja Storm」Gametrailers.com

うーむ、原作は全く興味の無かったNARUTOですが、ゲーム映像を見るとプレイしたくなるのは不思議なものです。同じバンナムで、尚且つ作品も大好きだった「ドラゴンボール バーストリミット」が、少なくとも体験版のレベルではOP以外に価値が感じられない内容だった事と比較すると面白いですね。

まぁ「ドラゴンボール バーストリミット」が3D対戦格闘ゲームから一歩も踏み出せていない事に対し、「NARUTO」は原作の世界観や魅力を映像だけではなくゲーム内容にも盛り込んでいる事が大きな違いと思われます。(もちろん原作の世代の違いがゲームとしてのスタート地点の違いである事も影響しているでしょう)

開発スタッフも原作の大ファンを公言していますし、大いに期待できるタイトルになりそうです。体験版の感触が良ければ漫画原作をすべて読み込んでからゲーム購入しようかなと考えています。

なお、その体験版は7月上旬に配信される「Qore」にまずは独占配信され、2週間後には通常のPSNにおいても配信されるようです。今後はこのようにQore優先の配信体制が確立されるのかも知れませんね、ますます北米PSNへの課金手段を入手しなければ・・・と思います。

NARUTOは海外でも人気のある作品ですので、国内外の戦略商品としての価値も相当に期待できます。販売本数の目標はお金大好きクリエイター離脱の某忍者ゲーム続編ですね。

関連記事

Images of Naruto Ninja Storm - Gamersyde

Naruto demo available exclusively in Qore next month - PS3 Fanboy

SCRAWL: First Naruto: Ultimate Ninja Storm Gameplay, Demo in July

SCRAWL: Next GT.TV Features Protoype, Naruto PS3, More

       
 

Team ICOの近況 6/28


相変わらず情報規制が厳しいSCEJタイトルですが、著名なクリエイターが関わる作品の場合は情報が皆無というわけではありません。Team ICOの上田文人氏も同様で、海外イベントに出席したりインタビューに答えたりしています。もちろん具体的な話は期待できませんが、コメントの中にも次回作の姿がおぼろげながら見え隠れしています。

海外サイトでは、ゲーム雑誌「GamePro」8月号にTeam ICO最新作の情報が掲載される?との噂レベルではありますが期待してしまう情報が流れています。

勿論SCEJタイトルですから先行して海外誌に掲載される事は考えられません。要するに7月~8月までに日本国内においてTeam ICO最新作の正式な発表がSCEJから行われる可能性がありますし、同時に発表された時点で90%近い完成度になっているであろう事です。

また「Nordic Game 08」の場において上田氏は映像(ムービー?)とゲームプレイがシームレスに融合されたゲームに取り組んでいる事をコメントされているようです。ゲームプレイ画面とムービーの画質が乖離したゲームには否定的でした。PS3では既に「アンチャーテッド」や「メタルギア ソリッド 4」のような素晴らしい成功例も存在する訳ですから、PS3次世代ゲームの標準スタイルとなるのかも知れません。

SCEJのサプライズ発表も最近は「Dress」「ゆうなまor2」と個人的には2連続でガッカリしている状況ですので、そろそろ「おお」と声を上げたくなるタイトルを期待したいところですね。(ゆうなまor2には不満はありませんが、現在のSCEJが注力するべきなのはPS3だと思っていますので・・・)

関連記事
SCRAWL: GamePro August Issue Comes With Contest for Resistance 2 Beta Codes, Team ICO Game?

PS3 News: Rumor: Team ICO Next-Gen Project In August GamePro

Team ICO game revealed in Gamepro August edition (rumor) - GameGrep

Is an ICO 2 and Shadow of the Colossus 2 mixed game in development for PS3? - VideoGamesBlogger

       
 

「トラスティベル ~ショパンの夢~ ルプリーズ」


日本国内の発売日が正式に9月18日に決定した事は書きましたが、各サイトにも詳細が紹介されていますので改めて記事にしました。

PS3版トラスティベルが移植に留まらない「決定版」である事は移植決定時から情報が出ていましたが、現時点では下記の内容がオリジナルに比べて強化(追加)されています。
・追加コスチューム
・新クエスト
・追加イベント
・マルチエンディング
・ブーニン氏による新演奏楽曲の収録
・書き下ろし新曲を収録
・新ダンジョンの追加
・プレイアブルキャラクタ追加
・予約特典「トラスティベル ナビゲーションDISC」

移植というよりは「リメイク」に近い充実ぶりです。正直なところ絵柄に関しては好みの傾向からは大いに外れています、むしろ真逆と言える状況ですが久々の非アクションRPGですから文句は言いません。

そしてトラスティベルには打倒ヴェスペリアと言う大きな野望もあります。もちろん相手は人気フランチャイズの最新作ですし、こちらは新規フランチャイズで尚且つ1年半遅れの移植作品ですから本来ならば10倍以上の売り上げ差をつけられる相手でしょう。

しかし、PS3ユーザの「RPG求心力」にも期待したいところではあります。本体普及率とフランチャイズとしての力量を加味するとヴェスペリアの1/3以上売れれば「大健闘」でしょう。

そして、その勢いが同じ「トライ」を冠する母体デベロッパにも伝われば・・・との期待もあるのです。

公式サイト
PS3/Trusty Bell ~ショパンの夢~

関連記事
バンダイナムコ、9月18日に発売日が決定PS3「トラスティベル ~ショパンの夢~ ルプリーズ」

生まれ変わったショパンの夢の物語! 『トラスティベル』PS3版の新要素を紹介


トラスティベル ~ショパンの夢~ ルプリーズ 特典 トラスティベルナビゲーションDISC付きトラスティベル ~ショパンの夢~ ルプリーズ 特典 トラスティベルナビゲーションDISC付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

ネタバレ回避、情報遮断のススメ


先の話ですが年末予定の「ラストレムナント」は他機種が先行発売されます。更に「スターオーシャン4」に至っては独占の報は無いものの現時点ではPS3版に関して前向きなコメントは出ていません。

私は個別のゲームタイトルにそれ程執着しないタイプのようで、ドラクエ9はハードを購入してまでプレイしようとは考えていませんし、他のRPGに関してもPS3/PSPでリリースされるまではプレイする予定はありません。私個人がPS3やPSPに傾倒しているのは事実ですが、それはRPGにも最適な素晴らしいハードだからです(※)

少なくとも、私は静かなイベントシーンの最中にも「ブイ~ン」と不快指数を極限まで高める異音・怪音を発生する機械で和風RPGをプレイしようと考えるほど耳が悪い訳でも図太い人間でもありません。例えるならば隣のフロアが常に工事中の映画館のようなものでせっかくの映画がぶち壊しです。勿論FPS等の「静かさを要求しない」ゲームには向いているし、素晴らしいハードだとは思っていますが。

ということで私は「ラストレムナント」も「スターオーシャン4」もPS3版を気長に待つ事が決定しています。「トラスティベル」のように大幅に作り直された新作として生まれ変わる可能性にも期待できますしね。

そうなると気になるのは「ネタバレ」攻撃です、特に某匿名掲示板が顕著ですね。関連するスレッドでネタバレを読んでしまうのは自己責任ですから仕方ないですが、関係のないスレッドで悪意のある書き込みを踏んでしまう事もあります。悪意の有無に関係なくネタバレを回避するコツを書いておきますので、有効活用してPS3版RPGを待つ事にしましょう(笑)

1:匿名掲示板をダラダラと徘徊しない
2:ゲーム、アニメ等はユーザ層が重なるので注意する
3:RSSリーダを有効活用する
4:URLジャンプ前にアドレスを一度確認する
5:不要な情報だと思ったら瞬時に目を背ける練習をする

うーん、別に大したこと書けないなぁ・・・。まぁ私は最初からゲハには行かないですし、最近はゲーム関係のスレッドも全く読まなくなりました。RSSリーダでブログやサイトのタイトルだけを一覧表示すれば危険そうなページは回避できますし、匿名掲示板等でもヤバそうなネタの時はサッと目を背ける習慣が出来ればネタバレで悲しい思いをする事は無いでしょう。

※余談ですが、私はATHLONが素晴らしいパフォーマンスの製品を出していた頃はアムダーでしたが、今は自宅のPCすべてがインテルCPUです。良いものに傾倒する性格のようです。

       
 

ゲーム関係の雑談 6/28


久々の休日は良いですね。いつもは休日はやる事が多すぎてドタバタしてしまうのですが、今日は敢えてBlu-ray「世界遺産の癒し 水」を流しながら部屋でのんびりと過ごしました。思えば直前の休日はMGS4をクリアして「ぷは~」となっていた訳です。

その中でもゲームは忘れずにプレイしました。今週話題となった「スクエニ、アーカイブス祭り」から「レイストーム」「ゼノギアス」の2本で、もちろん初代PS時代に大好きだったソフトです。

プレイ環境は恒例の「PS3+XEL-1」です。何度も記載している事ですがXEL-1は改めて不思議なテレビだと再認識させられます。

今はプラズマテレビも設置していますので、以前のようにXEL-1オンリーというわけではありません。実際にベンチマークで調べてみると、数字は明らかにクォーターHDパネルである事を示しています。しかし、二つのモニタで同じソースを流して見ると「解像度の低さを感じさせない解像感」に驚かされる事が少なくありません。

それでいて11型というパネルサイズの効果で、逆に「SD映像の粗が消えてしまう」効果さえ獲得してしまっているのです。これは他社が数年後に計画している大型パネル有機ELテレビでは得る事が出来ない「XEL-1」だけの魅力になるかも知れません。もちろんSonyも大型パネルの製品を発表・発売していくでしょうが、XEL-1のような11~14型サイズの小型テレビのラインナップも残してほしいものです。もちろん相応に入手しやすい価格を期待しますが。

       
 

「電撃オンライン」がPS3のアンケートを募集しています(30日締切)


リンク先のページタイトルがアスキーになっているので「間違えたか?」とついつい思ってしまいますが、今やファミ通も電撃も系列会社なんですよねぇ。今だに「アスキー=西社長」のイメージが強いのですが・・・。

締切は6月30日の午前10時になっていますので、興味のある方はどうぞ。

しかしPS3の所有ゲームソフト本数の回答最大値が「20本以上」てのは少ないですぞ。私のようなライトゲーマーですらパッケージタイトルのみで20本以上を所有していますし、DLタイトルを含めるともっと増えます。質問内容もパッケージなのかDL含めるのかも記載されていないですしねぇ。

アスキー読者アンケート - marketing

       
 

「世界遺産の癒し1 水」


「世界遺産の癒し1 水」が到着しました。発売前の紹介では本放送からナレーション抜きで収録されていると書きましたが、パッケージには下記のとおり記載されています。

「このブルーレイは、放送未公開素材を中心に、
"癒し"というコンセプトで世界遺産の素材を再編集したものです。」

どうやら4回分の放送をぶっ込んだだけでは無かったようです。視聴した感じでは、完全に別物の環境系映像ソフトに仕上がっています。ただしTV放送版「世界遺産」のノリとは違いますので、そのあたりはご留意ください。

AVCで常時35Mbps~をキープしていますので画質に関して不満はありません。世界遺産シリーズの空撮は画質も良好で安心して見る事が出来ますね。

さて、シリーズ第2弾の「世界遺産の癒し2 大地」に続いて「世界遺産の癒し3 鳥Part.1」も予約が始まっています。発売日は8月27日です。もちろん私は注文しております。

これを機に世界遺産の膨大な映像資産を活用した更なるシリーズ化にも期待したいところです。

公式ページ
世界遺産の癒し Part.1 水

世界遺産の癒し Part.2 大地

世界遺産の癒し Part.3 鳥


世界遺産の癒し1 水 (Blu-ray Disc)世界遺産の癒し1 水 (Blu-ray Disc)
趣味


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界遺産の癒し2 大地 (Blu-ray Disc)世界遺産の癒し2 大地 (Blu-ray Disc)
趣味


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界遺産の癒し3 鳥Part.1 (Blu-ray Disc)世界遺産の癒し3 鳥Part.1 (Blu-ray Disc)
趣味


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「HOME」最新映像 6/28


「ソニーグループ経営方針説明会」に放映されたビデオのカム撮り映像のようです。

後半のゲームランチャーとして機能している映像が印象的でしたね、とにかく起動が速いのに驚かされます。数か月前にも「home」内からPSP風インタフェイスを経由してゲームを起動する映像を見た時も同様に爆速で起動していましたので、イベントムービーだからという訳でもないようです。「home」が単なるソーシャルコミュニケーションに留まらず、オンラインゲームの総合的な集合場所として盛り上がる事が出来れば本業のゲームとの相乗効果も期待できます。

       
 

「Life with PlayStation」映像 6/28


こいつも「ソニーグループ経営方針説明会」に放映されたビデオのカム撮り映像です。

ビジュアライザー地球を任意にグリグリと動かしていたのは印象的でしたね。具体的なサービス内容についてはこれからと言った感じですが、SONYらしいハイセンスに魅せるサービスが期待できます。

ネット記事等を見ると「ゲーム以外」という言葉が少し変な方向に歩きだしているような気もしますが、日本国内のゲームソフト拡充にも当然のように期待して良いのですよね?SCEJさん。

       
 

「魔界戦記ディスガイア3」DLC配信開始、そして・・・


「魔界戦記ディスガイア3」のダウンロードコンテンツが6月27日を皮切りに来年1月まで定期的に配信されます。そういえばRPG不足のPS3市場とは言え、「デビル メイ クライ 4」と同日発売というハンデを乗り越えて現時点で10万本を超える売り上げを記録した訳ですから息の長い人気が伺えます。

そして正式発表はまだのようですが、「戦場のヴァルキュリア」にも8月にダウンロードコンテンツ配信が決定したようです。人気キャラの断章やゲームモードの追加との事です。ヴァルキュリアは私も大好きなゲームですし、クリアしただけで終わってしまっては勿体ない程良く出来た世界観のゲームですので嬉しい限りです。

勿論、売り上げ次第では更なる追加コンテンツや続編開発への期待も膨らみます。

そういえば、スクエニの株主総会でもFF13の人気タイトルは中古売却防止策の一つとしてオンライン要素を掲げていました。最初からDLC用にアイデアやコンテンツを残すような開発姿勢は避けて欲しいと思いますが、私個人の見解としてはゲームソフトは正規のルートで新品で購入するべきだと考えていますので中古ロンダリングが少しでも縮小傾向になればと思います。

これはゲームを開発したクリエイターや会社に少しでも利益を得ていただき、更なるゲームの開発に注力して貰いたいからです。

少し話は逸れますが、近々開始される?「ダビング10」騒動の時にも権利者と称する輩が補償金を強固に推し進めようとしている姿勢に虫唾が走りました。価値のあるコンテンツを創り上げたクリエイターや会社は相応の利益を得る権利がありますが、「補償金」という行き先不明な金銭が回収される事には到底納得が出来ないのです。権利者の椎名という輩も現実的には損な役割を演じている事も理解は出来ます。しかし、実演家を名乗るのならば自らの作品で稼げば良いと思われるだけなのも事実なんですよねぇ。

話を戻しますが、ようやくPS3にもダウンロードコンテンツが活発に動きだせる土壌が出来上がりつつあるのでしょう。今後のオンライン対応ソフトの動向に注目ですね。

関連記事
『魔界戦記ディスガイア3』の世界が広がります! 毎月1回の追加ダウンロードコンテンツ配信開始 - ファミ通.com

日本一ソフトウェア、PS3「魔界戦記ディスガイア3」。追加コンテンツで「アデル」と「ロザリンド」が登場

       
 

「WHITE ALBUM」のPS3への移植が正式発表


98年にPC用として発売されたアドベンチャーゲーム「WHITE ALBUM」のPS3への移植が正式に発表されました。発売は2009年との事でまだまだ先ですが、「ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地-」でもアクアプラスさんは相当に気合を入れてPS3版を作成しているようですし、「WHITE ALBUM」もファンにとっては大いに期待できる作品になると思われます。

現実的な話としては複製リスクがほぼ皆無なコンシューマビジネスへのシフトもある程度は見込んでいるのかも知れません。現世代のHD機ならばPCと遜色のない高解像度なグラフィックが表現できますし、PS3ならばBlu-ray標準搭載のメリットを活かして容量を気にする必要が無い訳です。

「ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地-」の売り上げによってはアクアプラスさんの今後の新作はPS3版も同時に発売される可能性すらあるのです。

関連記事
アクアプラス、PS3「WHITE ALBUM」発売決定! テレビアニメ化も発表。コミック連載開始

さまざまな恋愛を描く『WHITE ALBUM(ホワイト アルバム)』 - ファミ通.com

名作アドベンチャー『WHITE ALBUM』が10年の時を経てPS3でよみがえる!


ティアーズ・トゥ・ティアラ -花冠の大地-(初回限定版:「原画設定資料集」&「オリジナルサウンドトラック」同梱) 特典 「スティックポスターセット」&「キャラボイスCD」&Amazon.co.jpオリジナル「スティックポスター」付き ティアーズ・トゥ・ティアラ -花冠の大地-(初回限定版:「原画設定資料集」&「オリジナルサウンドトラック」同梱) 特典 「スティックポスターセット」&「キャラボイスCD」&Amazon.co.jpオリジナル「スティックポスター」付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

新たな「テイルズ」シリーズがPS3に?


スキャン記事からの情報です。Wii用のシンフォニア、Xbox360用のヴェスペリアに続くPS3用「テイルズ」が7月の「XDay」に発表されるとかも?との事です。

元ネタ自体が希望要素を含んだ記事ではありますが、次世代機種それぞれに同じブランドの別作品を用意する事が現時点のバンナムの戦略だとするならば、私はバンナムを見直す必要があるかもと考えています。

これはPS3ラバーとしてRPGタイトルが増える事への純粋な喜びもありますが、HDマルチタイトルの新たな方向性として期待したい部分もあるのです。

少なくとも昨今の主流である「同じソフトをPS3/Xbox360で同時開発」する事は多くのソフトハウスが苦労している事実です。共通点はHD機でコントローラが類似しているぐらいのもので中身は全く別の考え方で設計されていますし、しかもDVDという低容量メディアに足を引っ張られるのですからPS3ユーザとしてはたまったものではありません。

一番スマートな解決方法はアクティビジョンのように最初から別開発を行って高い品質のソフトを開発する手でしょう。もちろん大手ソフトハウスだけが可能な力技ですが、バンナムがもしPS3用新テイルズを開発していたとするならば実に面白い展開です。

とりあえず期待しながら私は「ゼノギアス」をプレイでもしようと思います。

関連記事
SCRAWL: Rumor: New Tales Of PS3 Title to Be Announced?

videogaming247 ≫ Blog Archive ≫ PS3 to get new Tales game?

       
 

ここ数日間のニュースをまとめてみる 6/27


今週に入ってから殆どニュースをチェックできなかった結果がRSS未読数3000だったりします(笑)既に旬な話題ではありませんが、その中でも気になるニュースをピックアップしておきます。

・「トラスティベル ~ショパンの夢~ ルプリーズ」9/18決定
週の半ば恒例のファミ通フラゲ情報からです。オリジナルから強化されるとは事前情報がありましたが、殆ど新作に近いほど作り直されています。マルチエンディングが採用されているとの事ですので、オリジナルをプレイした人でも楽しめそうですね。でも、予約特典はBlu-rayだったら良かったのに・・・。

・「God of War 3」がE3でデビュー?
現時点では開発アナウンスだけで画像も詳細も未公開の「God of War 3」がE3でデビューを果たすとの噂が流れています。一部サイトではほぼ確定のような記載もされていますので実現の可能性は高いのかもしれません。

ライバル機も秋にはTPSの大作を投入しますので、GoW3の話題はPS3にとっても大きな援軍となります。今までもハードの限界を超えた映像でゲームファンを驚かせてきたGoWシリーズですから期待せずにはいられません。

God of War III Set for E3 Debut? : Next Generation

・スクエニPS1タイトルを一気に蔵出し
今までSCE以外のサードタイトルは結構渋めだったアーカイブスですが、スクエニが一気に過去の作品を蔵出ししてきました。

「ゼノギアス」
「アインハンダー」
「アストロノーカ」
「ラクガキショータイム」
「RAYSTORM」
「FIGHTERS' IMPACT」

とりあえず「ゼノギアス」と「RAYSTORM」は購入しました。でも「ゼノギアス」は意外でしたね。「サーガ」が他社から出ている関係もありましたのでアーカイブスでの復活は嬉しい限りです。トラスティベルが発売される9月まではギアスをのんびりプレイしようかな。

しかし見事なまでに続編の可能性が限りなく低いタイトル達・・・。タイトー作品の蔵出しは嬉しいですが、そろそろカプコンのように過去作品のHDリメイク等にも力を入れてほしい。

プレイステーション3のゲームアーカイブスに『ゼノギアス』や『アストロノーカ』など6タイトルが追加 - ファミ通.com

       
 

「Life with PlayStation」が発表


ようやく地獄のような業務が終了しましたので通常更新に戻れると思います。決して某匿名掲示板に張られすぎて嫌気がさしたというわけではありませんので(笑)

さて、本日開催された「ソニーグループの経営方針説明会」にて平井社長による今後のPSビジネス展開が発表されました。色々と興味深い内容ではありましたが、その中でも新しいサービス「Life with PlayStation」に注目したいと思います。

「Life with PlayStation」はPS3のオンライン機能や映像能力を活かし、世界中の天気やニュース等がリアルタイムで入手できるサービスです。平井社長のコメントは下記のとおり。

「朝起きてテレビのスイッチを入れるように、プレイステーション3のスイッチを入れて、世界のニュースをリアルタイムで知り、旅行先の天気や気温を調べるといった新しいライフスタイルを提案するのがLife with PlayStationなのです」

既存のゲーム機でも実現されている機能ではありますが、やはりPS3の最先端の映像能力とSonyのセンスでどのようなサービスになるのかがポイントになるでしょう。私はゲームをしていない時でも(要するに平日)ほとんどの時間でPS3を起動していますので、「Life with PlayStation」のような機能は大歓迎ですね。サービスの詳細や開始時期の追加発表が待ち遠しいです。

また、他にもPS3/PSPを活用したゲーム以外のサービスが発表されています。ビデオ配信サービスは色々と噂になっていましたが、ようやく正式に発表されましたねぇ。

・ビデオ配信サービス
・PlayStation Home
・ゲーム内動的広告
・PSPのさらなるネットワーク化

関連記事
ソニー、2010年度までの中期経営方針を発表 ー BRAVIA/PS3への映像配信を強化 AV&ホームシアターNews

プレイステーション3に映画やテレビ番組を配信――ソニーの経営方針説明会 - ファミ通.com

       
 

「メタルギア ソリッド 4」欧州では初週100万本


このニュースを取り上げない訳にはいかないでしょう。

MS以外は基本的に低く集計されるVGですら全世界で140万本以上を突破したMGS4ですが、コナミによると欧州だけで初週100万本を突破したとの事です。欧州市場では人気タイトルは息長く売れ続ける傾向がありますので、さらにセールスを延ばす可能性もありますね。

気になるのは日本です。初週47万本ということで、さすがに50万本突破は確実でしょうが初期需要を満たした後の勢いが気になります。国内200万台超の市場でどこまで販売を伸ばせるのか、本体の勢いは少しでも上向きになるのか、国内PS3の動向からも目を離す事が出来ません。

「メタルギア ソリッド 4」は小島監督が「逃げずに」最後まで表現し尽した「渾身の大作」です。人によって感じるポイントは違うでしょうが、「よくぞここまで・・・」と言葉を失うようなゲームはそれ程存在しません。名作ぞろいのメタルギアシリーズのラストを飾るにふさわしい「真の傑作」です。

メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット(スペシャルエディション)メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット(スペシャルエディション)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

PLAYSTATION 3(40GB) メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット プレミアムパック MGS4オリジナルカラーモデル(鋼-HAGANE-)PLAYSTATION 3(40GB) メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット プレミアムパック MGS4オリジナルカラーモデル(鋼-HAGANE-)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「Pro Evolution Soccer 2009(ウイイレ2009)」スクリーンショット 6/24


忙しい中でもEUROのスペイン×イタリアは見ました。点を決めて勝負をつけてほしかったですが、トップクラスのGK同士のPK対決は見ごたえがありました。オランダとポルトガルは残念な結果になりましたが、是非ともスペインには決勝まで進んでもらいたいものです。

さて、ようやくウイニングイレブン2009(PES2009)のスクリーンショットが公開されました。
1677_0012

まぁサッカーゲームの場合は止め絵の美麗さよりも動きです。ライバルのFIFAは昨年時点でほぼ文句なしの次世代サッカーゲームを作り上げていましたし、FIFA2009に関しても何ら心配はしていません。

要するに、ウイイレ2008もスクリーンショットは美麗だったのです。下記はPES2008の発売直前スクリーンショットです。
Winningelevenproevolutionsoccer2008
※これはウイニングイレブン2008(昨年)のSSです。

今年のコナミがウイイレ2009の体験版を配信するかどうかで出来栄えが判断できるでしょうね。さすがに昨年のように購買意欲を失わせるような完成度では配信できないでしょう。体験版で購入を見合わせた人は私以外にもそれなりにいたと思います・・・。

勿論サッカーファンとして、PS3ラバーとしてウイイレは貴重なヒットフランチャイズです。昨年はPS2版の方が売れていましたが、今年はそろそろ拮抗するぐらいまで盛り上げて欲しいですね。

関連記事
PES 2009 announced - news - www.mcvuk.com

First PES 2009 images - Gamersyde

videogaming247 ≫ Blog Archive ≫ First official PES 09 shots released

News: First PES 2009 info and screens - ComputerAndVideoGames.com

       
 

ゲーム関係の雑談 6/23


月末に入ると業務が忙しくなります。しかも今はEURO2008のTV観戦もありますし、Jリーグも再開します。ガンバ大阪の関東アウェイの試合は行きたいですし、関東に住んでいる期間に有名なラーメン屋を巡りたい。本当に時間が足りません。しかし本当にヒディングは常に私が応援していない側の監督だったりするよなぁ(笑)

・スクエニ株主総会レポートを読んで
うーん、ドラクエ9。私はDSを所有していないし、DQ6以降はガッカリ続きでブランドイメージは下がる一方ですから期待はしていません。しかし、今となっては同じ会社ですからFF13の発売タイミングがDQ9次第だと考えると重要なタイトルではあります。

敢えて無責任な立場として書かせていただくと「DQ9は満足いくまで作り込んで欲しい」ですね。そうすればFF13は2008年度に発売されますし、ドラクエ大好きな人たちは高い品質の作品が楽しめるわけですから誰も困りません。

2008スクウェア・エニックス定時株主総会レポート

・「メタルギア ソリッド 4」クリア後
MGS4をクリアしてから他のゲームをプレイしていない状態が続いています。MGS4が素晴らしすぎたというのもあります。クリア後に色々なサイトで感想や批評を読みましたが、批判的なサイトも結構ありましたね。正直「最初から楽しんでプレイしようと思っていないだろうなぁ」と感じましたね、贔屓目と言われても仕方ないですが。

まぁ、このあたりはプレイヤーの年齢にも影響されるかもです。老いを感じた事がない若者では、ラストに向かう悲壮感漂うスネークに胸が締め付けられるような感覚を覚える事は出来ないでしょう。そのうち判ることです。

・中断されてしまったもの
一方で完全に割を食ったのがPSP版「スターオーシャン2」です。転勤等のドタバタでプレイを中断していたままにMGS4に突入してしまいましたし、MGS4発売前にはスターオーシャンショックもあった為にSO2の継続意思は完全に途切れました。SO2は良作との評判も聞いていますし、今までのプレイ感覚も悪くないだけに残念ですが、最新作がPS3で発売される事が発表されるまでは遊べる気分にはなれません。

好意的に解釈しようとしてもPSP版を購入させるためにハード発表を遅らせたとしか受け取りようがありません。私もXbox360のみで発売されるとわかっていたらPSP版を購入することは無かった訳ですから。

ゲームは趣味だけに、気分よくプレイ出来ないならば止めるべきだと思っています。

・次にハマるソフト
次にじっくりとプレイするゲームは「SIREN: New Translation」になるのかな。勿論それまでにチョロチョロとプレイしますが、MGS4のようにがっつりと連休体制を取ってプレイしきってしまうソフトはそうは無いですしねぇ。「AFRIKA」はのんびりと雰囲気を楽しむゲームですし。

まぁ山のようにある積みゲーをのんびり楽しんでいくとしますか。


SIREN: New Translation 特典 サイレン サウンドコレクションCD付きSIREN: New Translation 特典 サイレン サウンドコレクションCD付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

PS3によるPS2エミュレータについて雑感


今更のようにPS2エミュレータの話題が再燃していますので、私も便乗(笑)

正直、GIGAZINEあたりが取り上げた時は目新しい情報も無かったのでスルーしましたが、J-CASTがSCEJへ直接コメントを求めていたのは興味深かったですね。SCEが珍しく完全否定では無かった事をどのように受け取るかは人それぞれです。

勿論PS2エミュの研究・開発は行っているものと思われますが、現時点ではどのあたりの再現性に仕上がっているのでしょうか、はたして。

しかし、少しでもPS3の事を知っている人ならばGIGAZINEの記事は突っ込みどころ満載だったと思います。1年以上前から海外の80GB版は既にEEレス仕様になっていますし、PS3のLTH対応を「不可能を可能にした」ような表現で纏めているのはどうなのかと。まぁゲームハードに詳しくない人が記事を書いたのか、もしくは某匿名掲示板受けを狙った表現であえて道化を演じたかのどちらかでしょう。

関連記事
「PS3」で「PS2」ソフトが遊べる SCEのエミュレーター開発本当か?

ソニー、40GBモデルの新型PS3にもアップデートでPS2との互換性を搭載か - GIGAZINE

ブログ内記事
噂 現行40GB版PS3が10月のアップデートでPS2互換に?

       
 

「PAIN」がVer1.67にアップデート 6/22


「PAIN」がアップデートされています。追加機能は下記のとおり。

・ジュークボックス機能
・ダウンタウンのレイアウトがリニューアル
・マルチプレイ強化
・ロゴスキップ機能

残念ながら私は多忙モードに入ってしまい、日曜日も当然のように仕事だったりしますので殆どの追加機能を試せていません。

「ジュークボックス機能」はPS3内の音楽データを流しながらプレイ出来る機能です。しかし、現時点では英語版しか存在しない為、日本語フォルダは文字化けしてしまいます。一応メールにて要望は出す予定ですが、日本語版が登場すればすべて解決するんだけどなぁ。

更に来週には追加コンテンツが配信されます。ニューキャラクター「Nigel」とニューモード「Platinum Club」です。ちょうど業務が落ち着くタイミングですので、時間を取って遊んでみようと予定しています。

ちなみに日本版のクレジットカードしか所有していない人でも、香港アカウントを取得すればVISA等のカードが登録できますのでPAINを購入することが出来ます。北米のMGS4バンドルパックにはPAINのクーポンが付いていたりしますし、SCEのダウンロードタイトルの中でも地味ながらも進化し続けているソフトです。

まぁSCEJには「まいにちいっしょ」という化け物のように進化し続けるダウンロードコンテンツが存在するのを忘れがちだったりします。いつもはSCEJに厳しいコメントを書いてしまいますが、「まいいつ」だけは素晴らしいと思います。

PAIN公式

関連記事
PlayStation.Blog ≫ New Updates Bring the PAIN

Pain gets some free content - Joystiq

SCRAWL: New PAIN Updates On Their Way

       
 

噂:「ファイナルファンタジーXIII」は12月発売、 TGSにデモ出展?


FF13の周辺が騒がしくなってきました。日本語記事を誤訳した海外サイトによる拡大解釈情報もあったりと(私も取り上げてましたが)、いろいろと騒ぎの中心になっています。でも、それだけ期待されている証拠でもあります。

大ヒットしたMGS4とは違い、日本以外ではマイナージャンルである和風RPGの代表として堂々と世界で通用させてしまう稀有なタイトルの一つなんですからやはり凄いことです。。

さて、今回の噂は下記のとおり

・FF13日本版は2008年12月発売
・「東京ゲームショウ2008(TGS2008)」にてプレイアブルデモが出展される
・TGS2008の前にはデモの配信(配布)も行われる
・世界同時リリースでは無いが、2008年度中には北米/欧州で発売される

まぁ12月には「ラストレムナント」のXbox360版が発売予定ですので、重複する時期になる時点で怪しいのですが・・・。それでもスクウェアとエニックスが全く別で動いているとなると可能性は無いわけでもありません。それにPS3ラバーとしてはじっくりと「ラストレムナント」PS3版を待つ事も出来るわけです。

ちなみに私は、今でもFF13体験版が無料で入手できるとは考えておりません(笑)

しかし、気がつけばTGS2008まで3か月ちょっとだったりします。せっかく幕張メッセの近所に住んでいる訳ですし、PS3ラバーとして何度でも足を運びたくなるようなイベントになって欲しいものです。

関連記事
FF13 december in Japan, demo at TGS | Talk Playstation.com

PS3 News: Rumor: FFXIII Hits Japan In December

videogaming247 ≫ Blog Archive ≫ Rumour: FFXIII for December in Japan

       
 

噂:「ダーククラウド 3」は来年3月?


ビッグイベントが近づくと噂情報も増えてきます。

かなーり昔にも取り上げましたが、イタリアのゲーム誌によるとレベル5がダーククラウドの最新作をPS3で開発しているとの情報を出しています。しかも今度は来年3月発売との刺激的な内容です。

しかし、レベル5と言えば「白騎士物語」。一体どのタイミングでリリースされるのでしょうかね?FF13が12月との噂もありますし、白騎士はその前にリリースしてPS3市場を少しでも暖めておく事がSCEJとしては最低限の務めでしょう。

まぁSCEJもレベル5もFF13の露払いをしようなんて思っていないでしょうが・・・。

また、「SIREN」「AFRIKA」と定期的に続いてきたSCEJの情報公開第3弾が「Dress」で終了するとは誰も考えていないでしょう。

余談ですが、「白騎士物語」の英題は"White Knight Chronicles"で、"White Knight"を日本語に直訳すると「救世主」になります。

救世主が登場するタイミングは今しかないのでは無いでしょうか。

関連記事
Rumor: Dark Cloud 3 in the works for PS3 - Joystiq

       
 

ゲーム関係の噂をいろいろと


月末まで仕事の関係で縮小更新になります。その前にMGS4をクリアできて良かった・・・。

・PSP「マクロス エース フロンティア」が発売決定
正式発表ではありませんので未確認情報ですが、ほぼ間違いないようです。開発はアートディンクで販売はバンナムということです。

PS3でなかった事は残念ですが、現在のバンナムの開発力で番組放送中の販売という事を考えると現実的には厳しいという事は理解できます。

過去作品の機体も登場するとの事ですが、あまり多くの機体を出してしまうと私が楽しみにしていたVF-25のバリエーション別ミッション等は期待できないのかなぁと少し心配ではあります。それでもVF-19には期待してしまいますね。もちろん、VF-19改にも。

・PS3「トラスティベル -ショパンの夢-」は9/18発売?
ソースが少ない状況ですが、トラスティベルが9/18発売との噂が流れています。また、「クロスエッジ」の発売も若干延びて同日になるとの事です。

トラスティベルに関しては「9月でも遅いよ・・・」としか言いようがありません。8月の夏休み時期にリリースしておけばとも思いますが、バンナムとしては8月上旬にテイルズが発売される為にシフトさせられたと考える方が自然でしょう。

現時点では国内PS3の9月リリースタイトルは殆ど確定していませんが、久々のRPGですし購入予定です。目標はヴェスペリア以上の売り上げですね。さすがに厳しいとは思いますが。

・PS3新型「分離型」コントローラのイメージ動画?
何を言っているのかは理解できませんが、映像を見れば一目瞭然です。音が安っぽいのでモックでしょうが・・・。

まぁ誰でも考えることではありますが、商品化することは難しいだろうなぁという事だけは理解できます。バッテリ、分離/合体ギミック、強度、重量、コスト・・・。今は試行錯誤を繰り返していただき、「さすが!」と言われるようなコントローラを発表して驚かせてほしいですね。

       
 

「METAL GEAR SOLID4 DATABASE」が配信開始


ようやく「メタルギア ソリッド 4」クリアしました。
もうね「凄い」としか表現のしようがありません。感想を書くと物凄く長くなってしまいそうですし、バグ取り(推敲とも言う)をしている最中にも修正(書き足しとも言う)が加わるという「一人コジプロ」状態に陥るのが目に見えているので断念しました(笑)

でもまぁ一つだけ書かせていただくとすると・・・「メイ・リンの可愛らしさはガチ」でしょうか。

しかし、MGS4をクリアした直後の私は、「ファイナルファンタジー13」がこの傑作を超えるのは難しいのでは?と余計な心配すらしてしまいました。ゲームジャンルは違いますがPS3を有効活用した制作手法は近いものがありますからねぇ。

本題に移ります。ちょうど私がクリアした日に「METAL GEAR SOLID4 DATABASE」がPSNに配信されました。数多く存在するシリーズ物ゲームの中でも登場人物や設定が複雑に絡み合い、独自の専門用語も乱れ飛ぶMGSシリーズを満喫するための必須ツールです。そして純粋に読み物としても面白いと思いました。

更にゲームの進行状況で解説がアンロックされていく仕組みになっています。しかし、出来ればゲーム中にリアルタイムで閲覧できるようにして欲しかったですね。2台目のPS3で閲覧するという手もありますが、セーブデータがないのでアンロックされないですし。

関連記事
【メタルギア ソリッド 4】「メタルギア サーガ」がよくわかるデータベースを無料配信 - GameSpot Japan

『MGS4』をプレイ中、アレ? と思ったら…… ”メタルギア サーガ”7作品のデータベースがPLAYSTATION Storeで無料配信 - ファミ通.com

KONAMI、PS3用ソフト「METAL GEAR SOLID4 DATABASE」。「MGS4」をより楽しむためのデータベースソフトを配信

メタルギア サーガの情報が詰まった「MGS4 DATABASE」配信中


メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット(スペシャルエディション)メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット(スペシャルエディション)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「ファイナルファンタジー XIII」が優先開発、「Versus XIII」は保留(追記あり)


今日はスクウェエニックス関連の記事で固めました。

ファミ通ソースによると並行で開発されていた「ファイナルファンタジー XIII」と「ファイナルファンタジー Versus XIII」のうち、「Versus XIII」は現在保留されて開発リソースを「ファイナルファンタジー XIII」に集中させているとの事です。

どうやら発売時期の着地点も具体的に見据えた開発状況のようですね。こうなるとソフト自体に興味はありませんが、ドラクエ9がどの時期に発売されるかだけが気になります。2008年度中(2009年3月)までに発売されるならばFFXIIIは2009年度中の発売が濃厚になりますし、もしずれ込むようならば・・・・。

「FFXIII」が2009年冬、「VersusXIII」が2010年夏、「FF7リメイク」が2011年とかなら嬉しいのですが(笑)

まぁ「メタルギア ソリッド 4」は国内PS3所有者の1/4が初週に購入した結果になりましたし、質の高いソフトをきちんとプロモーションすれば売れる市場である事は証明できました。スクエニ様もFFXIIIの情報を定期的に出してPS3への期待値を高めておかないと自らの首を絞める結果になるような気もします。

追記:スクエニ側から「保留ではない」とのコメントが出ているようです。FF13完成のためにVersusスタッフも手伝っているというニュアンスが拡大解釈されたようです。

関連記事
Versus XIII suspended, Final Fantasy XIII is priority - PS3 Fanboy

FF Versus XIII placed on hold :: PlayStation Universe (PSU)

videogaming247 ≫ Blog Archive ≫ FF Versus XIII on hold

SCRAWL: New Final Fantasy XIII & Versus XIII Scans from Famitsu

       
 

「DKΣ3713」の出展タイトルが公開


私も期待している「DKΣ3713」の出展タイトルが公開されました。PS3/PSP関連のタイトルだけ抜粋しました。

・FINAL FANTASY XIII(PS3)【映像】
・FINAL FANTASY Versus XIII(PS3)【映像】
・KINGDOM HEARTS Birth by Sleep(PSP)【映像・試遊】
・DISSIDIA FINAL FANTASY(PSP)【映像・試遊】
・FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE(映像作品/Blu-ray)【映像】

Blu-ray版「FF7 アドベントチルドレン」が映像公開されるのですね、一応予定が残っている事に安心しました。となると、やはりFF7ACにFF13体験版が添付される可能性もゼロでは無いのですよねぇ。そこまで考えないと延期理由が思いつかない(笑)

一時は「ラスト レムナント」PS3版にFF13体験版が添付するのでは?と勝手に予想していましたが、今回の遅延発表でエニックスサイドのデベロッパである事も判りましたし可能性はゼロに近いでしょう。

しかし、場所が原宿なんですよねぇ。会社の同僚に聞いたのですが、東京に20年以上住んでいても原宿に行く用事は無いし行きたいとも思わないと言っていました。どうやら私のような素晴らしいオッサンには敷居の高い場所のようです・・・。

まぁ逆に考えると普通なら行かない場所に行かざるを得ない状況が出来る訳ですから、スクエニ様は私を当選させてあげても良いと思う(笑)

関連記事
「FFXIII」は映像出展に――スクエニイベント「DKΣ3713」 - ITmedia +D Games

スクエニの招待制イベント「DKΣ3713」の出展タイトルが公開

       
 

「ラスト レムナント」PS3版は「開発理由」で遅れるそうです


Xbox360版が先行して発売される事が発表された「ラスト レムナント」ですが、PS3版が遅れる理由は「Unreal Engine 3」に起因する開発の遅れが原因だとの事です。

今更すぎる理由で驚きもしませんが、「スクエニよ、お前もか・・・」と言いたくなるような恥ずかしい理由です。まぁUE3とPS3の開発相性が悪い事は周知ですし、仕方ないのでしょうかね。本家が開発したUT3は文句のない出来でしたが、それでも苦労はしていたようですしね。

まぁ後から出る分にはバランス調整や追加要素にも期待できますし、本体やドライブが静かでコントローラが軽量なPS3版をのんびりと待ちたいですね。DVD何枚分がBDに収まるのかが楽しみです。

しかし、エニックスサイドはトライエースがPSP版SO1/SO2を売りたいがために今までプラットフォーム発表を延ばしていたとしか思えない程の悪意を感じてしまいましたし、「ラスト レムナント」に関しては開発能力の低さを露呈する結果となりました。

逆に考えるとするならば、これ以上に悪いニュースがスクエニから流れる事も無いとも言える訳です。スクウェアサイドの逆襲に期待したいですね。

関連記事
Last Remnant PS3 delayed due to "development reasons" :: PlayStation Universe (PSU)

       
 

ついにVG累計でもPS3が欧州シェア逆転


VGChartzは便利で面白いサイトです。私も毎日情報はチェックしているのですが、VGで扱われている数字には要注意だなと最近は特に感じるようになりました。

実際に先月のNPD集計では北米のハード販売でPS3がXbox360を上回ったとアナウンスされていましたが、VGによる集計では逆でした。現状のPS3とXbox360はどちらかが圧倒している状況では無いだけに真逆の結果を導き出す事もあるのです。

欧州シェアに関しても同様です。5月に開催された「Playstation Day」でSCEEは欧州シェアの逆転を発表しましたが、直後にMSからは否定するコメントが出された事も記憶に新しい。

しかしそのVGでも欧州シェアが逆転したようです。ちょうどMGS4販売週でしたし、本体販売も伸びましたしね。

PS3:5,450,869(65週)
360:5,415,053(132週)

ちょうど倍のペースです。欧州ではソフトも順調に売れていますし、一番スムーズにPS3が展開されていますね。

ちなみにVGの集計カテゴリは「欧州+その他」になっている為に見かけ上は60万台強の差があります。このあたりも今年中の逆転は間違いないでしょう。

次なる興味はMGS4の初週全世界販売本数です。日本ではファミ通ソースで47万本、欧州はVGソースで42万本、残る北米は確定ではありませんがVG暫定ソースでは75万本程度が計上されていますので、合計すると165万~170万本の素晴らしい売上を記録しそうです。最終的には200万~250万の売り上げを期待したいところですね。

関連記事
Cumulative PS3 Sales Pass Cumulative Xbox 360 Sales in Europe

『メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット』の国内初週販売本数は47万6334本! - ファミ通.com

       
 

「D+PAD」最新号を読む


ボリュームたっぷりのオンラインゲームマガジン「D+PAD」の最新号が配信されています。

今号では「Tom Clancy's H.A.W.X.」や「Prince of Persia」の記事は目新しい内容は特になかったと思いますが、興味深く読む事ができました。

「Tom Clancy's H.A.W.X.」は実に期待大のソフトになりそうです。記事内でも「エースコンバット6」に似ていると記載されていますが、現状のバンナムソフトは軒並みアレな状況ですからいきなり本家越えをしてしまう可能性は十分にあります。そうなると、もうPS3版AC6を待ち望む必要もなくなる訳ですし、実に気楽なものです。

下記サイトで最新のゲームプレイ動画が閲覧できます。
Tom Clancy's H.A.W.X. Gameplay Clip 1

あと「Prince of Persia」に登場するElikaがなかなかに可愛らしいと感じました。洋ゲーヒロインで日本人に受けそうなデザインに仕上がっているのが珍しい。このあたりはタイトル通りオリエンタルな雰囲気がキャラデザにも反映されている結果なのでしょう。いや、勿論ゲーム自体も実に楽しみなんですよ(笑)
Princeofpersia20080523032040730_640
Elika女史のアートワーク

両タイトルとも期待大のソフトなんですが、いちばん怖いのはUBIのマルチタイトル開発能力です。アサクリから1年経過している訳ですから、さすがに開発技術も向上している事を信じるしかないのですが・・・。

ゲームレビューにはMGS4も登場しており、4.5点(5点満点)と高評価を獲得しています。某忍者ゲームが3.5点、「ECHOCHROME」が4.0点とMSタイトルが贔屓されている感じでもありません。しかし「HAZE」と「IRON MAN」は低評価だなぁ。

ブログで海外情報を取り上げるようになってから高性能なRSSリーダー等のおかげもあって世界中の最新情報が効率よく収集できるようになりました。しかし、ネットニュースは迅速ですが文章構成も適当ですし全体的に味気ない印象が残るのも事実です。「D+PAD」は電子書籍ではあるものの誌面構成やレイアウトは従来の雑誌媒体と同様で安心感が伝わってきます。

本来であれば日本のゲーム雑誌を読めば済む話なんですが、どうにも読むところが少なすぎるのが問題なんですよね・・・。

D+PAD Magazine

Three Speech ≫ New issue of D+PAD magazine is out now…

       
 

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン


Amazonチャージ 2回目以降も最大2.5ポイント

【お知らせ】
当サイトはリンクフリーですが、掲示板やブログ等に転載する際は必ずリンクを張って下さい。
RSS登録
ツイッター
相互リンク

毎日開催!5,000商品以上の品揃え!最大50%ポイント還元!