スクウェア・エニックス、謎のカウントダウンサイトをオープン 6/27


スクウェア・エニックスが謎のカウントダウンサイトをオープンしました。

NEW GAME

Newgame

カウントダウン終了予定は7月6日(月)12:00前後、田舎風の背景と「4」という数字?が表記されています。BGMは懐かしいファミコン風RPGの音楽が流れていますが、私のダメ耳では何も思い当たりませんでした。

さて、スクウェア・エニックス関連で「4」という数字を引き出せるタイトルと言えば・・・。

「ロマンシング・サガ 4」
「グランディア 4」
「スターオーシャン 4」(移植)

こんなところでしょうか?最後は私の希望も含まれていますが(笑) なにやらGIGAZINEによると「ロマンシング・サガ 4」ではないか?との予想も・・・。

「グランディア 4」でも大歓迎ですが、今度は本職声優を使っていただきたいところですね。スクエニも「グランディア3」「ファイナルファンタジーXII」のダブルコンボで痛い目に合っているはずなので、さすがに学習しているでしょう。

まぁ正直なところE3のMSGR騒動の余韻もあって「カウントダウンサイト」に対して若干の不信感が残されています。やっぱりアレはやりすぎだったよなぁ。

       
 

Amazon新着情報 6/26


Amazonの新着情報です。


【PS3用タイトル】
09/17 FUEL(フューエル)(コードマスターズ)
09/17 魔界戦記ディスガイア3 ラズベリル編はじめました。(日本一ソフトウェア)
09/17 ティアーズ・トゥ・ティアラ 外伝-アヴァロンの謎-(通常版) 特典 スペシャルCD「アロウン様の大魔王ラジオ」付き(アクアプラス)
09/17 ティアーズ・トゥ・ティアラ 外伝-アヴァロンの謎-(初回限定版:「ビジュアルカードコレクション」、「卓上カレンダー」、「カスタマウスパッド」同梱) 特典 スペシャルCD「アロウン様の大魔王ラジオ」付き(アクアプラス)

       
 

次なる戦場は9月17日らしい・・・


この記事は6月25日に書いています。皆さんもご存じのとおり2009年6月25日には大量のPS3ソフトが発売されました。私は楽しみにしていた「ロロナのアトリエ」が何故か発注ミス(知らない間にキャンセル?)していたようで、到着は来週頭になりそうです。まぁ今週は色々とドタバタするから丁度いいかな・・・。


さて、「2009年6月25日」に続く新たな戦場は「2009年9月17日」になりそうです。フラゲ情報等も含めて明らかになっているタイトルは下記の通り。

【PLAYSTATION 3】
・テイルズ オブ ヴェスペリア
・ティアーズ・トゥ・ティアラ外伝 アヴァロンの謎
・ディスガイア3 アベンドディスク ラズベリル編
・FUEL

【PSP】
・イース7

更には前週である9月10日は「トリニティユニバース」が発売される事もあって、PS3/PSPにJ-RPGがガッツリと固まってきました。この中でも「FUEL」はレースゲームですので競合しないのですが、私のようにレースゲームもRPGも大好きな人にとっては実に厳しい。

まだ3ヶ月近く先の話ですし、あと数本は入ってきそうな予感がします・・・。まぁ10月以降はどの週も激戦になりそうですが、2009年7月~8月の近年まれに見る超不作期間が待ち受けている事を考えると「もう少しリリースタイミング考えて欲しいよなぁ」と思うのです。


テイルズ オブ ヴェスペリア(初回封入特典:スペシャルバトル先行ダウンロードカード同梱) 特典 テイルズ オブ ジアビス なりきりコスチューム ダウンロードカード付き テイルズ オブ ヴェスペリア(初回封入特典:スペシャルバトル先行ダウンロードカード同梱) 特典 テイルズ オブ ジアビス なりきりコスチューム ダウンロードカード付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
イース 7(通常版) 特典 イース・ミュージックヒストリー & 英雄伝説 7 極秘設定画集付き イース 7(通常版) 特典 イース・ミュージックヒストリー & 英雄伝説 7 極秘設定画集付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
FUEL(フューエル)FUEL(フューエル)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
魔界戦記ディスガイア3 ラズベリル編はじめました。魔界戦記ディスガイア3 ラズベリル編はじめました。


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ティアーズ・トゥ・ティアラ 外伝-アヴァロンの謎-(通常版) 特典 スペシャルCD「アロウン様の大魔王ラジオ」付きティアーズ・トゥ・ティアラ 外伝-アヴァロンの謎-(通常版) 特典 スペシャルCD「アロウン様の大魔王ラジオ」付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ティアーズ・トゥ・ティアラ 外伝-アヴァロンの謎-(初回限定版:「ビジュアルカードコレクション」、「卓上カレンダー」、「カスタマウスパッド」同梱) 特典 スペシャルCD「アロウン様の大魔王ラジオ」付きティアーズ・トゥ・ティアラ 外伝-アヴァロンの謎-(初回限定版:「ビジュアルカードコレクション」、「卓上カレンダー」、「カスタマウスパッド」同梱) 特典 スペシャルCD「アロウン様の大魔王ラジオ」付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

コードマスターズ「FUEL」の発売日が決定


コードマスターズの新作レーシングゲーム「FUEL」の発売日が9月17日に決定しました。

本作品はバイク・ATV・ジープ・バギー・マッスルカー等のバラエティ豊かな車種を駆使して自然のフィールドを走り抜けるレーシングゲームです。

当ブログ的には「モーターストーム」系のゲームと一言で説明してしまいそうなところですが、14000平方キロメートルを超える極めて広大でリアルな北米フィールド(衛星データを利用)や、天候の変化や昼夜のサイクルによる走行環境の変化がゲーム上の大きなアクセントになりそうです。

勿論オンラインマルチプレイにも対応、最大16人までのレースが可能になります。

個人的にコードマスターズブランドのレースゲームは相当信頼しています。勿論購入予定ですが、発売日が色々とアレですので後ほどになりそうです・・・。

Fuel

公式リリース
CODEMASTERS

関連記事
4Gamer.net ― コードマスターズ,X360/PS3「FUEL」の発売日を9月17日に決定(FUEL)
スリル満載のレースを体感!--PS3/Xbox 360「FUEL」が2009年秋発売 - GameSpot Japan
北米の自然を駆け抜けろ! PS3/Xbox 360『FUEL』は今秋発売
コードマスターズ、PS3/Xbox 360「FUEL(フューエル)」を発売 14,000平方キロメートルの高大な土地を自由に駆けるレースゲーム -GAME Watch

       
 

「ファイナルファンタジーXIII」公式サイト更新 6/26


「ファイナルファンタジーXIII」公式サイトが更新され、「MESSAGE」に鳥山ディレクターのコメントが追加されています。

鳥山氏によるとFFXIIIの召喚獣のコンセプトは「キャラクターとのコンビネーションとドライビングバトル」との事です。一番最初に紹介された「シヴァ」はバイク形態に変形して戦闘中に大暴れしますが、他の召喚獣のドライビングモードにも期待しましょう。

E3のプレゼンで操作をミスしたとの事で、「次回の機会」に向けての意気込みも語られています。これは「東京ゲームショウ2009」を指しているのでしょうかね?正式な国内発売日もTGS2009か直前には発表されるでしょうし、今年はスクエニブースに張り付く時間も増えそうだなぁ。昨年はクローズドシアター以外には何の価値も感じなかったスクエニブースだっただけに・・・。

公式サイト
FINAL FANTASY XIII

       
 

「Uncharted 2: Among Thieves」が賞に輝く


日本国内でも発売が決定している「Uncharted 2: Among Thieves(アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団)」が「Game Critics Awards Best of E3 2009」をはじめとする数多くのメディアで賞に輝いています。

特に、北米の29メディアにより決定された「Game Critics Awards Best of E3 2009」においては「Best of Show」「Best Console」「Best Action/Adventure」の3部門を受賞しており、「E3で最もインパクトを与えたゲームソフト」である事を証明したと言えるでしょう。

なお、PlayStation.Blogには当タイトルが受賞したメディアが掲載されています。


Game Critics Awards: Best of E3 2009
“Best of Show”
“Best Console Game”
“Best Action/Adventure Game”

GameSpot
“Best Graphics”
“Best PS3 Game”

GameTrailers
“Best 3rd Person Shooter”
“Best Graphics”

1UP
“Best Of Show”
“Best PS3 Game”

Crispy Gamer
“Best PS3 Game”

IGN
“PS3 Game of Show”
“PS3 Best Action Game”
“Best Graphics Technology”
“PS3 Best Multiplayer Experience”
“PS3 Achievement for Technical Excellence”

G4 Tech TV
“Best PS3 Game”
“X-Play’s Game of Show”

GamePro
“Best of E3” Gold

GameSpy
“PS3 Game of Show”

Platform Nation
“Game of Show”

Yahoo! Games
“Best of E3 2009”

3654117625_bc199f63a6

そういえば、6月3日から開始された「オンラインマルチプレイβ」も今週末で終了ですし、後悔しないように遊んでおかなくては・・・。でも、マルチプレイも十分に魅力的なんですが、個人的にはやっぱりシングルプレイが楽しみですね。戦闘ヘリに追いかけ回されるE3トレイラーを日本語吹き替えし、地上波の洋画劇場等にスポットCMで流してくれないかなぁ。日本でも是非とも売れて欲しいタイトルの一つです。

公式サイト
アンチャーテッド® 黄金刀と消えた船団

関連記事
UNCHARTED 2: Among Thieves Wins Big at E3 09 - PlayStation.Blog

       
 

「白騎士物語 -古の鼓動-」追加クエスト第11弾が6月25日より配信


白騎士物語の追加クエスト第11弾「闇夜の咆哮」が6月25日(木)より配信開始されます。クエスト内容は下記の通り。

【闇夜の咆哮】
ブラスタ平原にモンスターが住みついて、夜になると森や畑を荒らしまわっている。
このままではパーモ村の名産のワインにも影響が出てしまいそうだ。
モンスターの討伐に力を貸して欲しい。

配信日 2009/06/25(~2009/07/09の期間限定配信)
必要ギルドランク 9~
推奨レベル 46~

090625_2

何故か今回のクエストは期間限定(7月9日まで)です。

公式サイト
白騎士物語-古の鼓動-
白騎士物語-古の鼓動- プレイヤーズインフォメーション | 配信クエスト

       
 

「鉄拳6」海外リリース日が決定


「鉄拳6」の海外リリースが10月27日(火)に決定したようです。日本及びアジア地域は「すぐ後」との事ですので、10月29日(木)になるのですかね。

20090622_143201580

また、上記写真のとおりHORI製のワイヤレスジョイスティックとアートブックをセットにしたパッケージも明らかになりました。海外では150ドルの値段が設定されています。最近の格闘スティックは結構高いのでワイヤレスならば安いのでしょうかね?有線とレスポンスの差は体感できるのだろうか?

更に、新たなスクリーンショットも公開されています。首取れてますよ・・・。

Tekken6

さて、「鉄拳6」からは話が逸れてしまいますが、こうなるとバンナム秋の3大PS3タイトルの残された1本「機動戦士ガンダム戦記」の発売日が気になります。香港サイトからの情報では「9月中」との噂もありますが、「テイルズ オブ ヴェスペリア」が9月17日である事、東京ゲームショウ2009が開催される事からも「10月1日or10月8日」あたりが妥当なところだと思うんですけどね。

公式サイト
TEKKEN OFFICIAL :: TEKKEN 6 for PLAYSTATION 3 / Xbox 360 / PSP(PlayStation Portable)

関連記事
Tekken 6 wireless sticks revealed, priced
VG247 » Blog Archive » Tekken 6 gets October 27 release date

       
 

Amazon新着情報 6/23


Amazonの新着情報です。


【PSP】
07/23 PSP「プレイステーション・ポータブル」 新米ハンターズパック ラディアン・レッド(PSPJ-30006) 特典 オリジナル携帯クリーナー付き(SCE)
07/23 PSP「プレイステーション・ポータブル」 新米ハンターズパック バイブラント・ブルー(PSPJ-30007) 特典 オリジナル携帯クリーナー付き(SCE)

       
 

噂:「ファイナルファンタジーXIV」のβテストが9月スタート?(海外)


今週は縮小更新中です。


2009年E3で発表されたばかりの「ファイナルファンタジーXIV」の相当に気の早い噂が流れています。

Ffxiv_g

タイトル通りですが、FFXIVのβテストが早くも今年の9月から開始されるのでは?と海外ファンサイトにて予想されています。

E3の発表では「FFXIVのサービスインは2010年」で、βテストはそれよりも前に行われる事しか明らかになっていません。私も2010年春~夏あたりからのベータインで、4~6ヶ月のテスト期間を経て2010年末あたりのサービスインかなと漠然と考えていただけに、大胆な「2009年9月」予想には驚かされました。

しかし、FFXIVは発表されるまでに5年間近い開発期間が費やされたことや、海外で運営スタッフが新規募集されていたりする事が根拠による噂のようで、私たちが考えているよりも開発が進められている可能性も否定できません。

勿論、海外サイトからの噂ですので日本国内については何も判りませんが、本当に9月からベータインならばスクウェア・エニックスのTGS2009ブースによる試遊ベータ台が設置されるかも知れませんね。FFXIIIと併せてスクエニブースもPS3一色になれば素晴らしい事です。

去年のスクエニブースはMSの隣でしたが、今年は5bpやグレフやプロトタイプやD3PUBLISHERのような取り巻き企業にMS周辺を固めてもらい、スクエニブースは隣エリアに移動していただきたいところです。

早いうちにスクエニメンバーズのランクをシルバーぐらいにしておかなくては・・・。

公式サイト
FINAL FANTASY XIV

関連記事
Rumor: FFXIV beta may kick off in September
FFXIV beta in September? -- PlayStation Universe

ブログ内記事
「ファイナルファンタジー XIV」合同インタビュー 6/7: ゲームかなー

       
 

「Left 4 Dead 2」PS3版が登場? 6/21


EA公式の「Left 4 Dead 2」ページが話題になっています。問題のページショットを張っておきます。

L4d2
Left 4 Dead 2

正直、PS3版が登場する可能性が低いタイトルについて調べるほど暇ではなかったのですが、今回話題になったページを見ると確かに「PS3版」がきっちりと表記されていますね。

しかし、残念ながらオリジナルの開発会社Valveは他機種優先(中心)の開発体制で知られていますので、PS3版が並行開発されている可能性は限りなく低いでしょう。ですが、EAは過去にも「The Orange Box」PS3版をEA自らが移植して発売した事がありますので、今回も同じケースが適用される可能性も残されています。

とまぁ、今回の公式サイト表記が誤りである可能性は限りなく高いのですが、「Left 4 Dead 2」がPS3に来ることも公平なサードパーティのための市場とも言えるでしょう。続報?に期待したいところですね。

追記:記事をアップした直後に修正されています。誤植なのか、先走ったのか・・・。

関連記事
Left 4 Dead 2 On PS3? | PS3Vault - Playstation 3 News Site PS3 Games
EA official site lists PS3 version of Left 4 Dead 2
EA Lists Left 4 Dead 2 for PS3 with placeholder art | SCRAWL

       
 

「God of War III」最新トレイラー 6/21


「God of War III」の最新トレイラーが公開されています。これはE3で発表された衝撃的な実機デモ映像の完全版とも言えるもので、13分の実機映像が収録されています。

E3トレイラーと大差は無いのですが、やはり見入ってしまいますね。
発表当時は過激な残虐シーンが各サイトで話題になりました。私も最初観たときは「やりすぎでは・・・」と感じた部分もありましたが、何度か繰り返してみると過激演出の一つ一つが実に凝っていてユーモアに満ちあふれている事が判ります。少なくともGoW3に関しては「過激演出もゲーム性の一つ」と言えるでしょう。

しかし、残念ながら私も含めた日本国内のゲームファンは、海外ゲームの過激な演出は「規制されるんだろうな・・・」と知らない間に思い込んでしまいます。その為、ゲームソフトを純粋に単純に期待することが出来なくなりつつあるんだろうなぁ・・・とも。

3641519209_7dce0cf0e6

現時点では日本国内におけるリリース体制については明らかにされていません。東京ゲームショウ2009で何らかの発表を期待したいところです。

関連記事
Set your TiVo: God of War III on G4TV’s X-Play Tonight! - PlayStation.Blog
13-minutes of God of War III in all its gory glory -- PlayStation Universe
News: 13-minutes of God of War III - ComputerAndVideoGames.com
VG247 » Blog Archive » God of War III - 13 minutes of gameplay

       
 

「機動戦士ガンダム戦記」公式サイトグランドオープン 6/20


「機動戦士ガンダム戦記」公式サイトがグランドオープンされ、「ストーリー」「キャラクター」「モビルスーツ」「ムービー」の各コンテンツが公開されています。

更に、発売時期が「2009年秋」と今年中に発売される事が明らかになりました。今までは「発売時期未定」だったはずですので、何気に一番嬉しい情報です。まぁガンダム30周年でもありますし、今年中の発売になるとは思っていましたけどね。

あと、公式ブログも同時スタートしています。開発ブログは情報の宝庫ですので定期的なチェックは不可欠ですね。ブログ単体でRSS登録も可能ですので、興味がある方は登録しておきましょう。

発売時期は「テイルズ オブ ヴェスペリア」が9月であることを考えても10月か11月になるでしょう。「東京ゲームショウ2009」のバンダイナムコブースは是非ともPS3一色に染め上げていただきたいところです。

公式サイト
ガンダム戦記 / トップ

       
 

「戦場のヴァルキュリア」DLC第3弾が配信決定 6/20


「戦場のヴァルキュリア」久々のダウンロードコンテンツ第3弾「イーディ分隊の挑戦状」の配信が決定しました。ファミ通フラゲで判明していましたが、正式に発表されたのでご紹介。

Val20090619

配信日は6月26日で、価格は300円と値段も良心的ですが、過去の2回と違ってストーリー性は殆ど無いようです。お陰でコストもそこそこに抑えることが出来たのでしょう。

当作品のファンとしては、アニメ放送時期に無事DLCが配信されたことを喜びたいところです。どのような形でもゲーム関連の開発が止まっていなかった訳ですから。

セガの戦略発表会は毎年「東京ゲームショウ」直前の9月に開催されますので、その時に「龍が如く」最新作と「戦場のヴァルキュリア」続編が発表されたら嬉しいですな。

関連記事
イーディ分隊からの挑戦状――『戦場のヴァルキュリア』ダウンロードコンテンツ第3弾が配信決定 - ファミ通.com
『ヴァルキュリア』ファンに向けイーディ様からパない挑戦状が!!
4Gamer.net ― 「戦場のヴァルキュリア」,DLC第3弾“イーディ分隊からの挑戦状!”を6月25日に配信開始(戦場のヴァルキュリア)
イーディ分隊から挑戦ですわ!!『戦場のヴァルキュリア』DLC第3弾/ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム
セガ、PS3「戦場のヴァルキュリア」DLC第3弾「イーディ分隊の挑戦状」配信決定 -GAME Watch


戦場のヴァルキュリア PLATSTATION 3 the Best 戦場のヴァルキュリア PLATSTATION 3 the Best


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

PS3リモートプレイ対応携帯「Aino」実演映像


5月末に発表されたソニーエリクソンのPS3リモートプレイ対応携帯「Aino」の実演映像が公開されています。お目当てのPS3リモート操作は1:10あたりからです。

XMB操作は思ったよりもスムースでしたが、肝心の動画再生についてはフレームレート不足が感じられましたね。このあたりは通信速度の影響もあって仕方ない部分もあるのでしょうが・・・。

しかし「Aino」が発表された当時と違って、今では「PSP go」のBluetoothに対応した高速携帯モデムの方が日本国内では期待出来そうです。WiMAXやイーモバイルの高速通信ならば満足できるフレームレートでのコンテンツ再生も可能でしょう。

Aino

関連記事
Sony PS3 Modding - Homebrew, Upgrades, Mods, and Hacks: Sony Ericsson Aino PlayStation 3 Media Streaming

ブログ内記事
PS3リモートプレイ対応携帯「Aino」が発表(海外): ゲームかなー

       
 

グラスホッパーのPS3開発タイトルが確認される


5月上旬に噂になった「グラスホッパー・マニファクチュア」が開発するPS3タイトルの存在が再浮上してきました。今回はパブリッシャのマーベラスエンターテイメント・和田康宏氏によるコメントでもあり、少なくともPS3用に何らかのゲームソフトが開発されている事は間違いないようです。

タイトル名及びPS3以外のハードについてはまだまだ秘密のようです。個性的なゲームソフトで海外を中心に人気の高いグラスホッパータイトルがPS3に登場する事は心強いのですが・・・。

個人的には今回も名前が出たマーベラス・和田氏の最近の発言はどうなのかな?と首を傾げています。「勝ち組」ハードと勝手に期待して次世代SD機にソフトを投入するも「ソフトの品質」や「本体普及台数」から予想する程は売れていない現状はどこも同じです。

ゲームファンとしては、クリエイターの泣き言に一切の興味はありません。同じ名字の某社長同様「夢を与えない」発言としか受け取れませんし、誰も望んでいませんし、誰も得をしません。

ともあれ、PS3向けにソフトを開発しているなら期待しない訳にはいけませんし、「PS3専用開発」なら尚のことです。残念ながら状況が急速に好転する訳でも無いのですが、HDへのシフトを急がないとますますヤバイ状況になるかもですね。

関連記事
Siliconera » Marvelous Entertainment Publishing A PS3 Game Made By Grasshopper Manufacture
VG247 » Blog Archive » Marvelous publishing “risky” Grasshopper PS3 title
Grasshopper's PS3 game may make Marvelous 'bankrupt'

ブログ内記事
噂:E3 2009関連のウワサ 5/7: ゲームかなー
マーベラス、HDゲーム開発に本腰: ゲームかなー

       
 

「龍が如く」シリーズ、1年1作リリースの秘訣が紹介される 6/17


6月15日に開催された「Game Tools & Middleware Forum」にて「龍が如く」シリーズの開発スピードの秘訣がセッション内にて紹介されています。

内容は5月末に日本HPの公式サイトに掲載されたものに近く、高性能ワークステーションをフル活用し、生成に時間の掛かる多量のポリゴンモデルを力業で作り上げていた事を中心に紹介されています。

しかし、開発機材が話題になった際、私は「こんな事を知りたい訳じゃない」と感じました。高性能開発機材の力でポリゴンモデルやデータを1年間で作り上げたとして、クリエイター達が人間の力で創り上げたり調整していく部分が1年間で仕上がるのか?という事です。

今回のセッションでは「龍チーム」の大規模タイトル開発ノウハウについても紹介されています。セガ・第一デザインセクションのリードデザイナー、友田大介氏によるポイントは下記の通り。

・各種作業の徹底的な効率化
・ミーティングをしっかり行う
・ワークフローをシンプルにする
・クオリティは上げるつもりで挑む
・準備をしっかりとし、一直線にゴールを目指す

特に、クオリティに関してはチーム全体の士気に影響するとの事で、「時間がない」からと妥協してしまうと全体に悪影響を及ぼす結果になるわけです。

まぁ何度読んでも「当たり前」の事ばかりなんですが、チームが大きくなるとその「当たり前」を実行する事すら困難になります。チーム全体が高い目標意識を共有し、チームリーダーによるモチベーション維持を含めたプロジェクト管理能力が作品の品質や納期に影響する事が良く判ります。

これは「ものづくり」の仕事は勿論、私のような事務畑の業務に従事する会社員にとっても頭が痛いと言いますか・・・参考にしなければいけませんね。

Ryu01

関連記事
「GTMF2009レポート」1年1作リリースという驚異的な開発速度を誇る「龍が如く」シリーズの秘密
日本HP Workstations-導入事例(株式会社セガ 「龍が如く3」)
「Game Tools & Middleware Forum 2009」東京会場開催 マイクロソフト、SCEは次のステップへ -GAME Watch

       
 

SCEは15本の「とんでもない」ファーストタイトルを開発中 6/17


SCEAプレジデントJack Tretton氏がインタビュー内で、PS3には15本の「とんでもない」ファーストタイトルが開発中であるとコメントしています。サードタイトルの「Agent」と「FinalFantasy XIV」はインタビュー内で明らかにされていますが、更にファーストから15本も準備されているようです。

これは「Insomniac」「Sucker Punch」「Naughty Dog」「Quantic Dream」あたりのセカンドパーティ?は含めていないとの事です。「とんでもない」はSCEA恒例の大げさな表現として、現実的にはPSN向けの小規模なタイトルも含まれているのでしょう。

ようやく、早期から「独占タイトルはSCEが先導する」と内製タイトルの拡充に取り組んできた効果が現れてきたようです。更に、SCEのPS3ソフト開発能力はセカンドを含めて相当高いレベルに到達していますし、今後は「PS3の能力を活用してゲームをいかに面白くするか?」の勝負に突入しているのです。SCEから発売される専用タイトルがますます楽しみになりそうですね。

そして、どうしても気になるのはジャパンスタジオの開発タイトルです。現時点で明らかにされているのは「グランツーリスモ」「人喰いの大鷲トリコ」ぐらいですが、ジャパンスタジオの規模からも数本は開発されているはず・・・ですよね?

一応「東京ゲームショウ2009」には色々と期待しておきますか。

関連記事
PS3center.net - Story: Tretton: 15 first party PS3 exclusives in development

       
 

「テイルズ オブ ヴェスペリア」予約開始


Amazonの新着情報です。


【PS3用タイトル】
09/17 テイルズ オブ ヴェスペリア(ナムコ )

       
 

「アサシン クリード II」公式サイトオープン 6/16


ユービーアイの大ヒットアクション「アサシン クリード」の続編、「アサシン クリード II」国内公式サイトがオープンされました。E3で公開された実機映像をどうぞ。

「アサクリ」と言えばPS3ラバーにとっては良い思い出が少ないタイトルです。元々PS3専用タイトルがマルチにされ、更に発売前からPS3版の開発苦がデベロッパ側から漏らされる始末、無事発売されるもバグ持ちの悲惨な出来、更に日本国内では他機種版よりも1ヶ月以上遅れて発売される・・・と良い事を書くことが実に難しい。

しかもイベント時には怪しい美人プロデューサーとやらが出しゃばってくるとあって、UBIモントリオール作品に対する期待値は限りなく低い訳です。

まぁそんな状況でも日本国内では最終的にPS3版の方が売り上げてたりするのですが。

さて、「アサシン クリード II」は西川善司氏のコラムによると前作のエンジンを熟成させたものを採用しているとの事です。前回の失敗もありますし、今度こそはまともに仕上げてくるだろう・・・と期待したいところなんですけどねぇ。

Assasins11

そして、ユービーアイのタイトルを取り上げる時の定番ネタになりますが、PS3ラバーを悩ませ続けたMS優遇措置からの脱却が完了しているかどうかがやはり気になります。ユービーアイ日本法人社長のインタビュー記事にも掲載されているように、EAをライバル視するのであれば中小企業のような腰巾着体制から完全に脱却するべきでしょう。カプコンがあれだけヒットタイトルを抱えていても2流感が漂うのは、中途半端な提灯持ちのイメージが付きまとうからですし。

なお、公式トップページの左下に「株式会社 キュービスト」という見慣れないロゴが表記されています。調べてみると攻略本やマニュアルを製作している会社との事で、「アサシンクリードII」のマニュアル制作等に関わるのでしょうかね?それにしてもスクエニとの関係はどうなったんでしょうか、私はてっきりローカライズもスクエニが受け持つものだと思っていたのですが、未だに不透明なままです。


うーん、アサクリと言うよりはユービーアイに対する思いが全開の記事になってしまいましたね。時差マルチが判明した時点で購入する事も取り上げることも無くなるでしょうから、今のうちに書いておかないと(笑)

公式サイト
Assassin's Creed 2 - アサシン クリード II | トップページ | Ubisoft
株式会社 キュービスト

関連記事
目指すは海外タイトルの意識改革! ユービーアイソフト社長の本音インタビュー - ファミ通.com
西川善司の3Dゲームファンのための「E3 2009」グラフィックス講座 今期注目の3Dゲームグラフィックスはこれだ! -GAME Watch

       
 

「ファイナルファンタジーXIII」公式サイト更新 6/16


「ファイナルファンタジーXIII」公式サイトが更新され、メニューに「SUMMON」の項目が追加されました。

Ffxiii_shiva

今回紹介されているのはスノウ専用?召喚獣「シヴァ」です。マウスで拡大縮小も出来ます。有機的なデザインのバイクが無駄にハイセンスですな。

次回は「オーディン」が紹介されるとの事ですが、現時点ではシヴァのような特殊ギミックは明らかにされていません。いつものように雑誌で紹介されてからの更新になりそうですね。

公式サイト
FINAL FANTASY XIII

Destructoid - Final Fantasy XIII for 360 is two months old New Xbox Coming Fall 2010? | Edge Online

       
 

「ロロナのアトリエ」カウントダウンフェスタがスタート 6/16


6月25日発売予定の「ロロナのアトリエ~アーランドの錬金術士~」公式サイトにて「カウントダウンフェスタ」スペシャルサイトがオープンされています。

ロロナのアトリエ カウントダウンフェスタ

「カウントダウンフェスタ」では、6月15日から発売日まで毎日更新されていく岡村ディレクターが紹介するプレイムービーの他に、キャラクター着ボイス、お絵かきコラム、プレゼントコーナーなどが公開されています。

しかし、この記事を書いているオープン直後(6月15日夜)時点では公式サイト全体が非常に重く、特にカウントダウンフェスタのページは動画視聴もままならない状態です。着ボイスとかも聴けないですねぇ。

このあたりは「期待の表れ」と好意的に受け取っておきたいところですが、せっかく興味を持って頂いた方々を逃がさないようにして頂きたいところですね。

公式サイト
ロロナのアトリエ~アーランドの錬金術士~公式サイト
ロロナのアトリエ カウントダウンフェスタ


ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術師~(通常版) 特典 特製ポスター小冊子付き ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術師~(通常版) 特典 特製ポスター小冊子付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ロロナのアトリエ プレミアムボックス(「特製クリスタルペーパーウェイト」同梱) 特典 特製ポスター小冊子付き ロロナのアトリエ プレミアムボックス(「特製クリスタルペーパーウェイト」同梱) 特典 特製ポスター小冊子付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「エンド オブ エタニティ」公式ブログ更新 6/15


6月12日に「エンド オブ エタニティ」公式サイト内のブログが更新されています。今回はトライエース・則本真樹氏のブログが配信されています。

これはむしろ謝罪文」と題されたブログ記事を読んだ感想は・・・「よー判らん」の一言です。

とりあえず一通り読む限り、「ありがち」と受け取られやすい世界観やシナリオの要素要素を敢えて「あるべき」位置から外してしまう手法を取っているようです。エルフっぽい外見なのに剣士向きな種族が登場するゲーム・・・とか判りやすい一例ですが、どのように我々の予想から外してくるのでしょうかね。

世界観や設定の一部要素を一般的な配置から外すパターンは多々ありますが、それも程度問題です。正直、あまりに多くの要素をかき混ぜてしまった創作世界ってどうなるんだろう?といった不安みたいなものは感じます。ある程度最初から許容・理解・覚悟?しておかないと「電波」の一言で片付けられてしまう可能性もありますしね。

まぁ則本氏のような経験豊富なデザイナーが敢えて挑戦した世界観やシナリオに期待するとしますか。

公式ブログ
EoE OFFICLAL BLOG|エンド オブ エタニティ 公式ブログ | これはむしろ謝罪文

       
 

「テイルズ オブ ヴェスペリア」PS3版発売日と映画公開日が正式発表される


6月14日に横浜で開催された「テイルズ オブ フェスティバル2009」にてPS3版「テイルズ オブ ヴェスペリア」の発売日(9月17日)が正式に発表されました。発売日発表はイベント待ちだったんですねぇ、来週のファミ通にも記事が組まれそうです。

また、同イベントにて劇場版「テイルズ オブ ヴェスペリア ~The First Strike~」の公開日が2009年10月3日である事も発表されました。タイミング的にもTOV発売日と映画公開日の間に「東京ゲームショウ2009」が開催されますので、バンナムブースでの大々的な宣伝をよろしくお願いしたいところです。

ちなみに「テイルズ オブ フェスティバル2009」の来場者のうち女性が8割だそうで、PS3版TOVの売り上げを左右するのは女性ゲーマーになるのかも知れません。

そういえば、「イース7」も同じ発売日だったんだよなぁ・・・。ファン層は違うとは言え、どちらも売れて欲しいタイトルだけに少し微妙だったり。

公式サイト
テイルズ オブ ヴェスペリア | バンダイナムコゲームス公式サイト

関連記事
『テイルズ オブ ヴェスペリア』PS3版発売日と劇場版公開日が一挙に発表!
『テイルズ オブ』シリーズの最新情報も明らかに、“テイルズ オブ フェスティバル 2009”が開催 - ファミ通.com

       
 

「Uncharted 2: Among Thieves」最新ゲームプレイ映像 6/14


「Uncharted 2: Among Thieves(アンチャーテッド® 黄金刀と消えた船団)」の最新ゲームプレイ映像がPlayStation LifeStyleに公開されています。直撮り映像ですが、迫力は十分です。

相変わらず水や雨の表現も素晴らしいし、大がかりな仕掛けをごく自然にゲームプレイに挿入しています。演出のダイナミックさやスムースさは前作より相当強化されている部分ですね。そして、E3トレイラーの戦闘ヘリに執拗に追いかけ回されるシーンは映像だけでも凄まじいのに、実際にはこの状況でプレイヤーはネイトを操作できる・・・いや操作しなければいけないのです(笑)「うわぁぁ」と叫びながら何度もプレイするんだろうなぁ。

Unch20090614

海外ゲーム情報を積極的に入手するようになって2年以上経過しますが、今更ながら国内ソフトハウスと海外の大きな違いは単純な開発力だけじゃないなぁと感じます。情報開示のタイミングや情報の出し方、要するにゲームソフトのプロモーション力でも大きな差があります。日本制作でも負けてないと感じるのは今年に入ってからのFFXIIIぐらいですね。

そういや7月に発売予定だったはずのスクエニ看板ソフトは本当に発売されるのだろうでしょうかね?私や当ブログには関係もないし興味もないソフトですが、予定日にリリースされないと周囲や業界に迷惑かけるだけなんだよなぁ。私もDQ3までは大好きでしたので、老害扱いされるのも寂しいものがありますし。

公式サイト
アンチャーテッド® 黄金刀と消えた船団

関連記事
PlayStation LifeStyle - On PSP, On PS3, Videos PSP, Videos PS3, PS3 Trophies, PS3 Trophy, Trophy Guide, PS3 Sony Games, PSP Sony Games, PS Home, Metal Gear Solid 5, MGS5, Team ICO, Project Trico, Hacks PS3, Hacks PSP » Naughty Dog Gives PSLS A Detailed Walkthrough of Uncharted 2

       
 

「メタルギアソリッド ライジング」は新規マルチ用エンジンを採用


E3による不自然な持ち上げ方から一転、小島監督自身の「殆ど関わっていない」発言により結果的に適正レベルまで期待値が下がった感のある「メタルギアソリッド ライジング」。暫くは新情報も無いままに放置されるのかな?と思っていましたが、更なるマイナス要素が明らかになりました。

どうやら開発エンジンもマルチプラットフォーム用に新たに構築するらしく、数年掛けて築き上げてきたPS3専用開発の経験が殆ど活かされないという残念な情報でした。まぁMGS4を作り上げた小島監督直下のスタッフはPSP「メタルギア ソリッド ピースウォーカー」に移っているようですし、PS3版が専用開発される可能性は低いだろうなぁと覚悟はしていましたけどね・・・。

しかし、これでMGSRに関するマイナス要素は全て出きったと考える事も出来ます。私は最初から「新機軸アクション」にメタルギアのフランチャイズを被せた最近の流行スタイル(フロントミッションやジルオールのような)の一種だと受け止めていますし、最初から「過度な期待」をしやがらなければ良いのです。

関連記事
PS3 News: Metal Gear Solid: Rising Won't Use Engine From MGS4
Metal Gear Solid: Rising to Get All-New Engine | Ripten Video Game Blog
Metal Gear Solid Rising Will Use All New Engine: News from 1UP.com
すべての謎が公開!小島監督『メタルギア ソリッド』最新作インタビュー【伏せ字解除バージョン】 - ファミ通.com

       
 

PS3モーションコントローラは既存ゲームでも活用可能? 6/13


SCEAのCEOジャック・トレットン氏は、E3で発表されたPS3モーションコントローラについて「任天堂Wiiのコントローラよりも柔軟で多様な運用が可能になる」「WiiコントローラによるGod of War IIIのプレイは想像が難しいが、PS3モーションコントローラは現在発売されているあらゆるゲームに対応する」とコメントしています。

具体的な対応方法は明らかにされていませんが、トレットン氏の発言からも「モーション操作」と「標準コントローラ操作」との乖離感について何らかの解答を準備していると思われます。

Wiiの現状を見て「モーション操作」を標準化(強制化)した事による功罪はSCEも十分把握しているでしょうし、後発組としては物珍しさだけではハードを牽引する効果が薄い事も理解しているでしょう。「まずはノーマルコントローラ前提」から必要に応じてフルモーション操作へと柔軟に使い分け出来る仕組みを模索中であれば嬉しいのですが。

これで、Joystiqの記事にもあるように、昨年から話題になっていた「分離型コントローラ」の可能性も残されていると考えて良いのでしょうかね?1年前にも張ったイメージ映像?が残っていましたので張っておきます。

E3で発表されたモーションコントローラはまだまだ試作段階との事ですし、夢の?分離コントローラとして登場するならば、少なくとも私の食いつき方が違います(笑)
TGS2009で進化したコントローラ形状が登場する事を期待しましょう。

関連記事
Tretton says PS3 motion controller can work with existing games

       
 

ファミ通を読む 6/13


今週号のお目当て「ファイナルファンタジーXIII」特集は予想以上に充実した内容でした。興味がある人は必読の内容ですし、情報をそろそろ絞りたいと考えている人には線引きの頃合いかも知れません。私もFFXIIIファンとして、とことん情報を追求したいとは考えていますが、逆にある程度のラインで情報遮断したいような気持ちもあったりするのです。

・「E3 2009」4つのまさか!!
「4つのまさか!!」うち「PSP go」と「FFXIV」でPS関連が半分を占めました。まぁカンファレンスの順番が早かっただけで「世界初の召喚シーン」と持ち上げられてしまう陣営とは比べるまでもなくハード・ソフト共に充実した発表内容でしたからねぇ。

FFXIV直撃取材に「毎日いろいろなクエストを提供する」とありました。あれ、E3直後の合同インタビューでこんな事言ってたっけ?と思って読み直してみると「どんどんいろんなクエストを提供する」でしたね。ほぼ同じ内容ですが、「毎日」と「どんどん」では印象が違います。まぁアイデアの段階なんでしょうけど。

・次長課長、井上氏コラム
白騎士スキーで有名な井上氏がコラムにて「挫折」宣言されました。「紅炎石」ってそんなに出ないのか・・・。今後ドロップ率等のバランス調整もあると思うので復活宣言を楽しみにしています。

しかし、「レジに並ぶ」という表現に違和感を感じてしまった私は完全に通販人間だなぁと感じましたね。井上氏が慣用句的に使った表現なのか、「ゲームは店頭で買うべし」の人なのかまでは判りませんが。

・ソウルキャリバー Broken Destiny
E3の場にてクレイトスの参戦が明らかになりましたが、日本版でクレ様が収録されるのかどうかについては半信半疑でした。今週のファミ通に掲載されたことでほぼ確実になった事は良いのですが、「カプコンのゴッド・オブ・ウォー」と紹介されていた事は少し悲しい。経緯を知らない日本のゲームファンは「何故カプコンキャラがナムコの格闘ゲームに出てくるの?」と疑問に思うでしょうね。

       
 

「QUANTUM」がPS3専用開発になった理由


TGS2008で発表されたテクモの「QUANTUM THEORY(仮題)」は海外では「QUANTUM」の名称に変更されていました。日本国内でも同じ名称で商標取得されていましたので、近々正式に発表されるかも知れません。個人的には「QUANTUM THEORY」の方が言葉の響きが好きだったんだけどなぁ。

Quantum20090601051033620

さて、ご存じのとおり「QUANTUM」はPS3専用開発タイトルです。私は「独占タイトル」を必要以上に敬う趣味は持ち合わせていませんが、「専用開発タイトル」は素直に歓迎しています。PS3の本来の性能は専用開発ソフトでこそ発揮されるものですからね。

テクモのTeam Tachyonプロデューサー・柴田氏のインタビューでも「QUANTUM」のPS3独占の理由について「単純に、最もパワフルなハードウェアだから」と回答されています。マルチ並行開発よりも単一ハード専用開発で能力を引き出していくテクモの開発ポリシーが伺えますね。

また「Gears of War」と類似しているのでは?との指摘に対して下記のようにコメントされています。

『我々は「QUANTUM」をテクモならではのTPSに作り上げようとしています。アクションゲームを熟知しており、「NINJA GAIDEN」を保有しています。これらアクションゲームの要素もTPSに組み込もうとしています。』

まぁ今後もMSシンパが大多数の海外メディアからの攻撃が予想されますが、我々ゲームファンはテクモならではのTPSタイトルに期待するだけです。ローカライズの心配が不要なだけでも嬉しいものです(笑)

公式サイト
QUANTUM THEORY(仮題)

関連記事
PlayStation LifeStyle -  Tecmo Has Kind Words for the PS3
Quantum Isn't A Gears Of War Clone - News - Gaming Union

       
 

「テイルズ オブ ヴェスペリア」発売日が決定!


雑誌フラゲ情報により「テイルズ オブ ヴェスペリア」PS3版が9月17日に発売される事が明らかになりました。価格は7800円。なお、フェイクの可能性も有りますので、確定情報ではありません。

時期的には東京ゲームショウ2009の開催直前週になりますね、TGS2009のバンナムブースでも大いに盛り上げていただきたいところです。

さて、発売時期が思ったよりも早かったのは良い事なんですが、9月10日発売予定の「トリニティユニバース」が完全に割を食う事になりそうです。まだまだ発売まで期間がありますので、1週間でも発売時期を前倒しにすることが出来れば・・・なんですけどね。

残念ながらHD他機種からのPS3移植タイトルがヒットした試しはありませんが、国内で「テイルズ」クラスの知名度を持つタイトルが移植されることは初めてのパターンです。熱心なシリーズファンならハードごと購入しているでしょうし、その後中古で相当数がロンダリングしているはずです。私のように「PS3で発売するならプレイしてみようかな」と考える新規顧客よりも、既に他機種版をプレイしたユーザに対してPS3版の追加要素をどこまでアピール出来るかが勝負の分かれ目になるでしょう。

そういやPS3版ファーストトレイラーも他機種版からの追加要素中心に紹介されていましたね。

幸い「テイルズ」シリーズの魅力の本質と、Blu-rayの大容量との相性は良いはずですので、バンナムやSCEには気合いを入れて宣伝していただきたい所です。8月に発売されるPSP「テイルズ オブ バーサス」の発売タイミングでもPS3版TVOに繋がるような大プロモーションに期待したいですなぁ。

関連記事
テイルズ オブ ヴェスペリア | バンダイナムコゲームス公式サイト

       
 


Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン


Amazonチャージ 2回目以降も最大2.5ポイント

【お知らせ】
当サイトはリンクフリーですが、掲示板やブログ等に転載する際は必ずリンクを張って下さい。
RSS登録
ツイッター
相互リンク