「BIG 3 GUN SHOOTING」


日本では2010年10月21日に発売されるPS Move用タイトル「BIG 3 GUN SHOOTING」がバンダイナムコより発売される事が明らかにされました。これはアーケードで人気のバンダイナムコガンシューティング3本をセットにしたもので、収録タイトルは下記の通り。

・タイムクライシス レイジングストーム
・デッドストームパイレ-ツ
・タイムクライシス4 アーケードVer.

対応デバイスは前述の通り「PlayStation Move」は勿論、007年12月に発売されているガンコン3にも対応しています。既にガンコン3を所有している人は、Moveとの使い勝手や精度の違いを比較することもできますね。

そのガンコン3が同梱されていた「タイムクライシス4」は本作ではアーケードVerという事で追加要素等は控えめになりそうです。製品版TC4がアップデートパッチでMove対応になれば面白いのですが、可能性は低そうです。

そういえば6月19日・20日に開催された「次世代ワールドホビーフェア'10 Summer」にてMoveがサプライズ出展されていたとの事です。そろそろ「体験!プレイステーション」がTGS2010までの期間に開催されそうな予感もしますし、関西を含め色々な地域で体験する機会が増えてくれば嬉しいですね。

関連記事
BIG 3 GUN SHOOTING
PlayStation Move対応のガンシューティング『BIG 3 GUN SHOOTING』 - ファミ通.com
「次世代ワールドホビーフェア'10 Summer」開催。PlayStation Moveの試遊台が初出展 - GAME Watch
SCEJブースでPlayStation Moveが出展! --次世代ワールドホビーフェア'10 Summer - ファミ通.com

       
 

E3 2010:「PORTAL 2」


そろそろ旬が過ぎてしまったような気もしますが、E3関連もマイペースでポソポソと書いていきます。


今回取り上げるのはE3 2010SCEカンファレンスでのサプライズタイトルとして発表されたValveの「PORTAL 2」です。

この映像だけでは何のゲームか判りにくいですが、「PORTAL 2」のゲームジャンルは一人称視点のパズルアクションです。

更にこのタイトルが何故SCEカンファレンスのサプライズとして会場を沸かせたのか・・・今までの経緯をある程度ご存じの方なら理解出来るでしょうね。Valveと言えばPS3に対する辛辣なコメントで有名でした。前作「PORTAL」が収録されている「Orange Box」もPS3版はValveがノータッチでしたし、「Left 4 Dead」の際にも幾度となくPS3版制作の噂を否定していました。

それだけにValveが最新作「PORTAL 2」を引き連れてPS3に参入したことは「一大事」であり、ある意味昨年のE3カンファレンスでFFXIVが発表された時よりも北米におけるインパクトは大きかったかも知れません。「E3はアメリカのためのショー」という平井社長の言葉もありましたが、もう少し解釈を広げると「アメリカ好みのゲームを理解している人向けのショー」になるのでしょう。

私自身、SCEカンファレンス終了直後は物足りなさを感じたのも事実ですが、発表された情報の一つ一つを見ていると、PS3用ゲームソフトがまさに収穫期に入っている事が判るのです。更にE3直前にはBungieのマルチ転身、Valhallaからはまさかのマルチタイトルが発表され、カンファレンスではValveもマルチ参入・・・まさにマルチ時代の到達ですな。日本以外ではサードの独占が殆ど望めない状況ですので、マルチ転身は実に頼もしい。

Ptl03

なお、PS3版「PORTAL 2」はPC版やMac版とクロスプラットフォームでのco-opプレイが計画中とのことです。操作方法等の違いもありますし、理想は360版とPS3版のクロスプラットフォームなんでしょうけどねぇ。未だに実現されているゲームソフトはありませんし、ネットワークサービスの差異が吸収できないのか、技術的に難しいのでしょうか。

ちなみに「PORTAL」のパブリッシャはEAになります。日本語版も問題無く発売されるでしょうし、2011年の発売が今から楽しみだったりするのです。

関連記事
Valve、電撃発表された「Portal 2」を早くもデモ - GAME Watch
SCEAプレスカンファレンス、注目タイトルレポート - GAME Watch
4Gamer.net ― [E3 2010]“サプライズ”はSteamworks対応のPS3版だった。E3会場で「Portal 2」のデモを見てきた&ティザームービーを掲載(Portal 2)

       
 

E3 2010:「Twisted Metal」


今回取り上げるのはE3 2010のSCEカンファレンスのトリを飾ったサプライズタイトル「Twisted Metal」です。

Tm

本来ならばトレイラーを張るところですが、公開されている映像に実機映像は含まれていないのですよね。最近動画ばかりで少しサイトが重めですし、実機トレイラーが公開された際に再度取り上げます。

さてさて、この「Twisted Metal」はゴッド・オブ・ウォーの産みの親であるDavid Jaffe氏の出世作です。今ほど海外ゲームが身近ではなかった時期に発売されたゲームという事もあって、残念ながら私自身は未プレイですが、Jaffe氏の作品ですから「緻密さと豪快さが同居した馬鹿ゲー」であった事は間違い無いでしょう。

「Twisted Metal」のゲームジャンルはレーシングバトルアクションです。PS3で既に3作目が発表されたばかりの「MotorStorm」シリーズと競合する印象を持つ方もいるかもですね、しかし「MotorStorm」はレースゲーム寄り、「Twisted Metal」はバトルアクション寄りの全く違うゲーム(のはずです)。

私がJaffe氏の大ファンと言う事もありますし、新生「Twisted Metal」には大いに期待しています。SCEブランドは一部ローカル色の強いタイトル以外ほぼ例外なく日本国内でも発売されていますので心配はしていませんが、早期の国内発売についても発表されて欲しいものです。

関連記事
Surprise! Twisted Metal Coming to PS3 – PlayStation Blog
4Gamer.net ― [E3 2010]久々に復活した「Twisted Metal」はマルチが熱い! ~ あの「ゴッド・オブ・ウォー」の生みの親デイビッド・ジャッフェ氏も日本でのヒットを熱望(Twisted Metal)
VG247 » Blog Archive » Twisted Metal gets debut trailer

       
 

「torne(トルネ)」アップデートは6月29日


PS3®専用地上デジタルレコーダーキット「torne(トルネ)™」のアップデート日とアップデート内容がアナウンスされました。アップデート日は2010年6月29日(火)になります。

【アップデート内容】
・録画モードに「3倍モード」を追加
・「追いかけ再生」に対応
・「トルミル情報」※4表示機能の強化
・サムネイル登録機能を追加
・オンラインマニュアル機能を追加
・番組表情報の取得率を表示
・録画通知メッセージに番組名を表示
・番組表のデザインを一部変更
・ページ単位移動操作を追加
・BDリモートコントローラでの操作追加
・PlayStation®Networkサインインダイアログの表示
・繰り返し録画エラー通知方法変更
・一時停止アイコンの表示時間変更
・ビデオの番組情報表示追加

AVC対応の「3倍モード」や「追いかけ再生」だけではなく、細かな使い勝手が改善されたアップデートになりそうです。個人的には一時停止アイコンが消えるようになったのが何気に嬉しいですね、ど真ん中で結構邪魔でしたし。

また本日6月18日よりtorne公式twitterアカウントトルネフ (tornev)がサービス開始されています。torneに関する情報をタイムリーに発信するtwitterとの事です。

関連記事
PlayStation.com(Japan) | お知らせ | PS3®専用周辺機器 地上デジタルレコーダーキット『torne(トルネ)™』オンラインでの機能アップデート 6月29日(火)実施決定


B0034KZXBO torne(トルネ)(CECH-ZD1J)
ソニー・コンピュータエンタテインメント  2010-03-18


by G-Tools
       
 

E3 2010:「Gran Turismo 5」


SCEカンファレンスにて発売日が正式発表された「Gran Turismo 5」のE3トレイラーをどうぞ。

今はレッドブルに在籍しているエイドリアン・ニューウェイもちらっと映っていましたね。私はマクラーレン時代のニューウェイマシンが好きだったので少し嬉しかったりします。

E3時点で明らかにされているGT5の商品スペックは下記の通り。

発売日:2010年11月予定
希望小売価格:7,980円(税込)
仕様
・オンライン・コミュニケーション対応
・収録車種数:1,000車種以上予定
・収録コース数:20ロケーション・70バリエーション以上予定
・「グランツーリスモ」PSP版で収集したクルマデータの引継ぎが可能
・3D立体視プレイ対応
・フェイストラッキング機能


「3D立体視」+「ステアリングコントローラ」+「フェイストラッキング機能」を組み合わせると、どのようなゲーム体験を味わうことが出来るのでしょうか?TGS2010では3DTV+ステアリングコントローラのGT5デモ機に人気が集まりそうですね。

公式サイト
グランツーリスモ・ドットコム
PlayStation.com(Japan) | お知らせ | PlayStation®3専用オンラインカーライフシミュレーター『グランツーリスモ5』2010年11月に発売決定

関連記事
It’s Official: Gran Turismo 5 Is Coming November 2, 2010! – PlayStation Blog
総合ゲーム情報サイト Online Player EX : PS3向けオンラインカーライフシミュレーター「グランツーリスモ5」(GT5)の発売時期が2010年11月に決定 [ 最新ニュース ]
SCE、3D対応「グランツーリスモ5」を11月に発売 - Phile-web
4Gamer.net ― [E3 2010]今度こそ本当に本当。ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン,PS3「グランツーリスモ5」の国内発売を2010年11月と発表(グランツーリスモ5)
いよいよ出走時期が決定! 『グランツーリスモ 5』は11月発売 - 電撃オンライン
PS3「グランツーリスモ5」2010年11月に発売決定! - GameSpot Japan
3D立体視プレイ対応――PS3「グランツーリスモ5」は2010年11月発売決定 - ITmedia Gamez


B0032UX9I0 グランツーリスモ 5(通常版)(発売日未定)
ソニー・コンピュータエンタテインメント  2099-01-01

by G-Tools
       
 

E3 2010:「inFAMOUS 2」


Sucker Punchが開発するオープンワールドアクションゲーム「inFAMOUS 2」E3トレイラーをどうぞ。

派手になった能力エフェクトや氷を発生させる新能力にも注目ですが、新たなデザインで若返ったムッチムチなコール君にココロを奪われそうになりますね。

噂されているオンライン対応等を含め、現時点ではゲームの詳細は殆ど明らかにされていません。2011年の発売にむけて少しずつ情報が公開されていくことでしょう。今度は日本版の同時期発売と吹き替えローカライズもお願いします・・・。

「inFAMOUS 2」が2010年度内に発売されるかどうかは不明ですが、今の調子ならば来年の2011年1月~3月辺りに再びSCEの有力タイトル祭りが実施されそうです。「Killzone3」も2月とアナウンスされてましたし、今から楽しみなのです。

関連記事
inFAMOUS 2: See the E3 Trailer Now! – PlayStation Blog
総合ゲーム情報サイト Online Player EX : 超能力を駆使して暴れ回る人気アクションの続編―PS3「inFamous 2」の最新プロモーション映像を公開! [ 最新ニュース ]

       
 

「torne」のAVC圧縮はtorne内蔵チップが担当


AV WatchにE3カンファレンス後のSCE・平井社長インタビューが掲載されています。SCEにおける「E3」がどのような位置づけなのか?が判ります。

そして本題、インタビュー記事の最後に「torne」アップデートについて記載されています。

ワールドカップ前には実施されるかな?と勝手に思っていたAVC圧縮に対応した「torne」アップデートの6月公約は守られるとの事です。ということは6月24日あたりになりそうかな。

また、AVC圧縮はtorne内蔵チップによるものである事も明らかになりました。この辺りは予想通りですね。それにしても「※※※※」って何の番組なんでしょうね?ちなみに関西ではどの時間帯にチェックしてもひらがな四文字の作品がNo1トル数だったりします。

関連記事
【西田宗千佳のRandomTracking】E3 2010特別編 SCE平井社長単独インタビュー+会見詳報 -AV Watch


B0034KZXBO torne(トルネ)(CECH-ZD1J)
ソニー・コンピュータエンタテインメント  2010-03-18

by G-Tools
       
 

E3 2010:「MotorStorm: Apocalypse」


E3 2010で発表されたゲームソフトを紹介していきます。最初に取り上げるのは「MotorStorm: Apocalypse」、ご存じモタストの最新作です。

以前紹介した際にも「ゲーム中のリアルタイムな地形変化に期待」と書きましたがトレイラーを観る限りでは今作の大きな特徴として取り入れられているようですね。都市が舞台という事もあって従来シリーズのような広大なステージと走行自由度が低い地下コース等とのコントラストが楽しめそうです。

「3D立体視」モードなら崩壊するビル等はどのような感じで見えるのでしょうね・・・。あと、現時点では発表されていませんが、このゲームはGT5よりMove向けだと思うので、是非とも対応して頂きたいところです。ナビコンを使った敵車妨害は燃えそうだ。

2011年の発売が今から楽しみなソフトです。

関連記事
MotorStorm Apocalypse Video Interview and E3 Trailer – PlayStation Blog
総合ゲーム情報サイト Online Player EX : PS3向けレーシング「MotorStorm: Apocalypse」のトレイラームービーを公開! 崩壊する街の中を駆け抜けろ!! [ 最新ニュース ]

       
 

E3 2010:PlayStation®Plus 関連


E3 2010のSCEカンファレンスにて発表された「PlayStation®Plus」の日本国内における展開が明らかになりました。


【PlayStation®Plus】
・サービス開始:2010年6月29日
・サービス期間:30日、365日
・サービス料金:30日(500円)、365日(5000円)

【定期更新サービス】毎月第三水曜日に定期更新
・フリープレイ(毎月1タイトル)
毎月変わる特定のPS3用DLタイトル/アーカイブスタイトルから無料で入手可能。但し入手したタイトルはPlayStation Plus利用期間内のみ利用可能。

・ゲームトライアル(毎月3タイトル)
毎月変わる特定のPS3用DLタイトル/アーカイブスタイトルを無料で一定期間試遊可能。期間終了後でも同じタイトルを購入すればセーブデータ等が利用可能。

・ディスカウント(毎月3本)
PS3、PSP向けの特定のゲームコンテンツを特別価格で購入が可能に(20%~50%)

【不定期更新サービス】
・スペシャル
PS+加入者限定の「アバター」や「ダイナミックカスタムテーマ」を無料で入手できる。

・先行体験
新作ゲーム及び体験版やビデオを一般配信よりも早く楽しめる。特定のオンラインゲームベータテストに優先的参加も可能に。

【システムサービス】
・自動ダウンロード
ゲームやシステムソフトウェアのアップデートなどを、自動的にダウンロードしてインストールが可能。指定した時間帯にPS3が起動してダウンロード完了後自動的に電源が切れるようになる。

※6月29日にはPS3システムソフトウェアがVer3.40にバージョンアップされることが明らかにされています。PSN+はVer3.40以上のシステムソフトウェアが必須になるようです。


以前より噂されていた有料のPSN新サービスが正式に発表されましたね。2年ほど前から北米PSN限定で配信されているオンラインマガジン「Qore」が担っていたサービスの一部が強化されてワールドワイドに展開された印象です。

値段もお手頃ですが、やはり気になるのはトライアルやフリーの対象となる「特定」ゲームソフトのセレクションでしょう。月によって当たり外れみたいな感じになるのは避けられないですね。また、スクエニ等の高額なアーカイブスタイトルが対象になる可能性も低いでしょうし、今後の匙加減に注目です。

あと「自動ダウンロード」機能はPS3標準の機能で欲しかったなぁ。5台全部のPS3にPS+を導入する気はさすがに無いし、システムソフトウェアのバージョンアップを予約できるのは助かるのですが・・・。

今回のPS+発表に伴い、北米の「Qore」の行方が気になります。私も1年ほど購読していましたが、独自のインタビュー映像等が魅力的なコンテンツでした。オンラインビデオマガジンの部分だけ無料化してくれないかな。

公式サイト
PlayStation.com(Japan) | お知らせ | PlayStation®Network向け定額制サービスパッケージ「PlayStation®Plus」を2010年6月29日より全世界同時提供開始
PlayStation®Plus|プレイステーション® オフィシャルサイト

関連記事
定額制サービスパッケージ「PlayStation Plus」ってどういうもの? - ITmedia Gamez
SCEJ、「PlayStation Plus」PSN向け定額制サービスパッケージ。6月29日より全世界同時に提供開始 - GAME Watch
「PS Plus」月500円でゲームのトライアル フリープレイ 先行体験が可能に/ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム
SCE、定額制ネットサービス「PlayStation Plus」 -AV Watch
総合ゲーム情報サイト Online Player EX : より充実したサービスを提供! PSN向け定額制サービス“PlayStation Plus”が全世界同時にスタート [ 最新ニュース ]
ソニー、ゲーム向け有料サービス「PlayStation Plus」を発表 - GameSpot Japan

       
 

E3 2010:3D立体視対応ソフト


E3 2010のSCEカンファレンスにて明らかになった3D立体視対応ソフト一覧です。

【ダウンロード】
「SUPER STAR DUST HD」
「PAIN」
「WIPEOUT HD」
「MOTOR STORM PACIFIC RIFT」

【パッケージ】
「MOTOR STORM APOCALYPSE」
「SLY COLLECTION」
「GRAN TURISMO 5」
「CRYSIS2」
「MOTAL KOMBAT」
「SHAUN WHITE SKATEBOARDING」
「TOM CLANCY'S GHOST RECON:FUTUR SOLDIER」
「TRON EVOLUTION THE VIDEO GAME」
「NBA 2K11」

【Moveにも対応】
「KILLZONE3」
「THE FIGHT LIGHTS OUT」
「EYE PET」
「TUMBLE」
「MLB10 THE SHOW」


取りあえずはこの中から日本国内で何本発売されるか・・・。SCEブランドは「MLB10 THE SHOW」以外なら日本でもリリースされるでしょうが、サードは少し怪しいぞ。

個人的に「MOTOR STORM APOCALYPSE」「GRAN TURISMO 5」「CRYSIS2」「KILLZONE3」の4本は無条件に期待してしまいますが、レース×2とFPS×2とジャンル的に偏ってしまいました。RPG等で長時間プレイした時の目の疲れ方とか気になります。

さて、3Dコンテンツの中核としての「ゲーム」には不安がありませんが、もう一つの柱である「Blu-ray 3D」はどうなんでしょうね。先般も国内向けライブBDの3D化が発表されたと思っていたら速攻で修正されて「不確定」情報になっていましたし、国内向けコンテンツ拡充はSonyグループが頑張ってくれるとは思いますが、少し動きが遅いようにも感じます。

もちろん私は日々の3Dテレビ価格相場のチェックを怠っていません。現時点では価格が出始めたパナの42型/46型は少し割高ですねぇ。2D/3D変換機能の影響か、46型が50型よりも高いしSonyの競合機種よりも高い。7月に入るまでは様子見状態ですなぁ。

関連記事
SCEA、2010年度にPS3用の立体視対応ゲーム20タイトル発売。PlayStation Moveと立体視の両対応タイトルも発表 - GAME Watch

       
 

E3 2010:PlayStation®Move 関連


雑感は最初に書いたので、後はE3で発表された興味のある情報を中心にセレクションして書いていきます。


E3 2010にてPlayStation®Moveの製品情報が正式にアナウンスされました。

発売時期
・欧州/アジア:2010年9月15日
・北米:2010年9月19日
・日本:2010年10月21日

価格
・コントローラ単体:39.99ユーロ/49.99ドル/3980円
・ナビゲーションコントローラ:29.99ユーロ/29.99ドル/2980円
・PlayStation Eye:2980円(価格改訂)

パックセット(日本国内)
・PlayStation®Moveスターターパック:5980円
(PS Eye+Move+専用ソフト「Sing and Draw(仮称)」)

パックセット(海外)
・両コントローラ+PS Eye+Sports Championsセット:99.99ドル
・PS3本体同梱パック:399.99ドル

周辺機器
・PlayStation®Move充電スタンド:29.99ドル/2480円
・PlayStation®Move シューティングアタッチメント:19.99ドル

対応ソフト(国内)
・バイオハザード5 Alternative Edition/発売中
・EyePet(仮称)/2010年10月
・Sing and Draw(仮称)/2010年10月
・スポーツチャンピオン/2010年10月
・フレ!フレ!ボウリング(仮称)/2010年10月
・街スベリ/2010年10月
・真説・無限回廊(仮称)/2010年11月
・肉弾/2010年11月
・Moveでパーティー(仮称)/2010年11月
・TVスーパースター/2010年12月
・Sorcery(仮称)/2011年
・Tower(仮称)/2011年
・The Shoot(仮称)/2011年
・Heroes on the Move(仮称)/2011年
・KILLZONE 3/未定
・HEAVY RAIN -心の軋むとき-/未定
・ハスラーキング/未定
・BIG 3 GUN SHOOTHING/2010年秋


さてさて、ようやく具体的な製品情報が出そろいました。私はPS Eyeを所有しているし、お得な組み合わせは・・・残念ながら無いな(笑)結局はスターターパック+ナビコン+充電スタンドで実売1万円前後というところに落ち着きそうです。

E3ではMove専用新規タイトル「SORCERY」のデモが実演されました。

洋風のアクションRPGでMoveのレスポンスも良かったですし、日本版の発売が待ち遠しいですね。対戦格闘の「肉弾」やバンナムの「BIG 3 GUN SHOOTHING」も楽しみです。

最後にPS3ラバーとして「PlayStation®Move」への私見を。

「Move」については、昨年発表された頃からずっと新鮮味が感じられないまま1年が経ちました。私自身のWiiプレイ経験は知人宅で2回ほど、その時は「なるほど」とは思いながらもSD機という時点で購入等の段階には至らなかった訳です。もしかすると幾多のゲームブロガーの中でも一番Wiiを触った時間が少ないかも知れない私ですら「新鮮味に欠ける」と感じたわけですから相当なものです。

私はE3雑感の中でも「Moveはステディなデバイス」と書きましたが、前述の通り多くが「後追い」と感じてしまうようなプロジェクトに対するSCEならではの回答が「Move」だと考えています。精度(基本性能)を高める、奇をてらわない、コンピュータエンタテイメントに対するSCEの取り組みそのものでしょう。

ぶっちゃけ「Move」が本体を牽引する事について期待はしていませんが、既に相当数普及してるWiiのユーザがPS3ソフトに興味を持つきっかけになるかも知れません。海外記事ではBlockbuster(爆弾)といったワードが好んで使われますけど、プラットフォームの維持や拡張は地道な成長の積み重ねである事がゲーム業界を見ていると判ります。「Move」もその積み重ねの一つなのかな・・・と。

とりあえず「Killzone 3」がMoveシューティングアタッチメントに対応しているかが気になって仕方ないですな。エイミングが苦手な私の救世主になるかもです。

公式サイト
PlayStation.com(Japan) | お知らせ | PlayStation®Moveモーションコントローラ 2010年9月より世界各地域で順次発売 ~PlayStation®Move発売に向け、同梱パック、ソフトウェアラインアップ、専用周辺機器を拡充~

関連記事
4Gamer.net ― PS3用新入力デバイス「PlayStation MOVEモーションコントローラ」「PlayStation Moveナビゲーションコントローラ」は10月21日に発売(PlayStation MOVEモーションコントローラ)
【速報】“PS Move”の発売日&価格が判明! 日本では10月21日に発売!! - 電撃オンライン
SCEA、「SCEA 2010 E3 Press Conference」開催 - GAME Watch
ソニー、「PlayStation Move」の価格と発売日を明らかに - GameSpot Japan
PlayStation Moveモーションコントローラ対応ソフト、一挙紹介! - ファミ通.com
【写真追加】PlayStation Move モーションコントローラ、2010年10月21日に発売決定 - ファミ通.com
SCE、PS3用コントローラー「Move」を10月21日に国内発売 - 価格は3,980円 - Phile-web
Playstation Moveは10月21日に日本発売――SCE「E3 2010」で発表 - ITmedia Gamez
Ps Moveモーションコントローラ 10月21日リリース 対応タイトル18/ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム
総合ゲーム情報サイト Online Player EX : 銃型のアタッチメントも発売予定!! “PlayStation Move モーションコントローラ”の発売日は10月21日に決定 [ 最新ニュース ]

       
 

E3 2010:SCEカンファレンス雑感


いや~マイコンのスーパーゴール凄かったですねぇ。SCEカンファレンスのために仮眠しておいて良かった(笑)


さてさて無事?2010年のE3 SCEカンファレンスも終了しました。当ブログでもぼちぼちと記事にしていきますが、まずは雑感から書こうかな。一眠りすると印象が変わるものですな。

相互リンク様やニュースサイトのE3関連情報は2010年6月16日のPSデイリーニュースをご参照願います。テキストライブはFollow The E3 2010 SCEA Press Conference LIVE – PlayStation.Blog.Europeから。

結局カンファレンスは2時間近く行われました。最初は1時間程度で終了するのかな?と思っていただけに途中から時間だけが気になってしまいました。長いようで短い、短いようで長い、なんだか不思議なカンファレンスでした。

twitterのTLを見ていても、私含めて皆カンファレンスに対して自分なりの「期待ポイント」を胸に秘めて夜更かししている訳です。その期待していたポイントが来なかった事だけで「駄目」だったと言い切ってしまえるほど私は若くはないのですが、全体的な時間配分と今年の情報公開戦略には首を傾げてしまったのも事実。

特に、カンファレンス内でも結構な時間を割いて紹介していた「Killzone 3」と「LittleBigPlanet 2」をサプライズタイトルに持ってきただけで印象は変わったのでは?と思うのですが、この辺りSCE側が「3D」や「Move」をカンファレンスの中軸に持ってくていた為、敢えて脇役にされてしまった感じですかね。

個人的に「PlayStation Move」はステディなデバイスだと思っていますし、特に悪い印象は持っていませんが、従来デバイスに対して高精度である事をもう少しコンパクトに紹介して欲しかったです。「Tiger Woods PGA Tour 11」のデモは正直長かったですし、こういうのは人が体験しているのを見ても伝わらないのですけど。

でも、なんだかんだでポイントは抑えています。最後の最後で「グランツーリスモ5」の発売日も発表されましたし、有料サービス「PlayStation Plus」も日本の展開が気になりますが、ローカルサービスだった「Qore」とは違うグローバルサービスに期待してしまいます。

完全な新発表タイトルは「Portal 2」と「Twisted Metal」でしょうか。「Twisted Metal」は今までも散々海外サイトで匂わせていたので「E3に持ってきたか・・・」という感覚ですね。元SCEの社員だったジャッフェ氏がラストサプライズのゲストとしてSCEAカンファレンスに登場した事は何気に感慨深いものでした。パブリッシャもSCEAですし、日本国内での発売も期待出来そうで何より。


2010年のSCEカンファレンスの感想というか印象は「堅実な前進」。更なるソフトの拡充と新たなゲーム体験の提供、押さえるべきポイントは押さえてきたなぁといったところでしょうか。

私は以前からブログにも書いていたとおり、今年のE3カンファレンスは前述の通り「3D」や「Move」に注力した内容になるという事は予想していましたので大きなブレは無いのですが、細かなところで色々と残念なポイントがありました。でもこの辺りも日本人が海外主催のカンファレンスに何を勝手に期待しとんねんの一言で終わってしまうのでしょうけどね(笑)

KZ3・LBP2が完全サプライズ、トリコ・ヴェルサス13の続報があれば、十分満足だったんだけどなぁ。噂の新ハード等についてはGamescomに期待ですかね。

       
 

雑記:SCEカンファレンス待機中


思ったより早く起きたので任天堂カンファレンスも観る。
任天堂関連のカンファレンスは初めてだったので、スピーチの中で「ニンテンドーニンテンドー」と繰り返されるのが印象的だった。この辺りの自己主張の激しさも任天堂が苦手な理由の一つなんだけど、あれだけ繰り返すとすりこまれる人もいるかもですね。

んー関連記事は今回は張らない。俺とは温度差が違うし(笑)

       
 

雑記:キネクトとかSとか


SCEカンファレンス前ということもあって情報が少ないですね。実質的にKinect & Moveに両対応したタイトルもいくつか明らかになっていますが、このあたりはSCEカンファレンス終了後に取りまとめるとしますか。


さて、今のうちにMSカンファレンスの情報でも書いておきます。と言いますか今書かないと、もう書く機会は無いですし。「Kinect」については昨日も書いたとおり日本人の感性にまったく染み込んでこない造語。「Project Natal」のコード名は格好よいと思っていただけに残念でした。性能や機能についてはデモムービーも一切見たことが無いので何も書けないなぁ。本体も持ってないし。でも、例の疑惑はさすがに今の時期にヤラセはやらんでしょ、まぁどっちでも良いけど。

余談ですが造語で一番心が震えたのは「KIRARA BASSO」ですかね。「キララな映像にバッソなサウンド」ってキャッチコピーが馬鹿馬鹿しくて面白かったし、マイケルのCMも格好良かった。別に私はソニーファンでもなんでもないのですが(ここ重要)

あー「PlayStation」も造語でしたな、こちらも優秀な造語だとオモイマス。あ、私は別にソニーファンではないデスヨ(ここ重要)

MSカンファレンスでは新型本体も発表されましたね。このデザインに関してもちょっとなぁ。ちなみに私は昨年秋の新型PS3のデザインについても未だに納得していませんよ(ここ重要)

両ハードとも本体を「小さくする」事と「収納性の向上」が結びついていない事が問題だと思うのです。立てて設置するならば大きさはあまり関係無いですから。ボディが大きい方がデザインにも余裕がありますし、PS3は薄型になる前の曲線が実に優雅で美しいのです。

さて、感じた事をつれづれと書いたので、SCEカンファレンスやブラジル戦に備えて仮眠するとしますか・・・。

       
 

「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」いろいろ


んー、毎年そうだけどE3直前になると噂情報をいちいち取り上げる気力が無くなってきます。「どうせあと1日で判るじゃん」という心境になってしまうのはゲームブロガーとしてどうなのかと。でもまぁ昔からMSのネーミングは昔から日本人には何だか馴染まないよなぁと思っていたけど今回も期待通りでしたね。MSに限らず、コードネームの方が格好良いと感じるのは世の常なのか。


さて、4Gamer.netに「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」の情報が色々と掲載されています。情報自体は先週発表された内容がベースですが、更なる詳報記事で読み応えがあります。

気がつけば発売まで数週間だったりしますし日野さんも主張しているとおり「ストーリー」はゲーム、特にJ-RPGにとって大切な要素です。例の如くストーリーに関してはそろそろ情報を控えめにしたいところです。エルドアさんの出番がある事が判っただけで現時点の私は十分なのですよ。

一方でシステム面については情報が多すぎるのか今ひとつ薄ぼんやりとしています。ファミ通での段階的な情報公開中というのも関係しているのかな?と思いますが現段階で公開されているだけでも半端ではない情報量ですからねぇ。

個人的には要注目ポイントである「ひとりでプレイ」の詳細をもっと知りたいのですが、インタビュー記事等を読んでも殆ど語られていないし情報不足。全てのクエストを「ひとりでプレイ」で受ける事が出来るのか?最大何名のオフラインメンバーで組めるのか?同じクエストでもオンラインとオフラインでは報酬等に違いがあるのか?等々、判らない事だらけです。興味ない人が多いのかなぁ、いやいやオフラインプレイに期待している人も多いはず。

そういえば、前作のクリアデータを引き継いでも「光と闇の覚醒」での古の鼓動パートで「つよくてニューゲーム」モードが使えないっぽいのは残念だなぁ。プレイ時間を考えると「光と闇の覚醒」からスタートすることになりそうです。

公式サイト
白騎士物語 -光と闇の覚醒-|PlayStation.com

関連記事
4Gamer.net ― 圧倒的なボリュームで登場する最新作「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」。新要素“アークナイト”や多数のやり込み要素など,最新情報をお届け(白騎士物語 -光と闇の覚醒-)


B003LVY5CE白騎士物語 -光と闇の覚醒-
ソニー・コンピュータエンタテインメント 2010-07-08

by G-Tools
       
 

雑記:相互リンクについて


うむ、気がつけば本日のPSデイリーニュースに私の記事が無い・・・そっかDSタイトルの紹介だったしなぁ。

ブログの方は基本ハードの縛りは無いのですが、デイリーニュースのルールを崩してしまうと収拾が付かなくなります。理想はPS系、任天堂系でニュース記事を分けてしまう事でしょうが、私が管理しきれなくなるのは明白・・・以前もPS3系とPSP系で分けてましたが結局は統合しましたから。

暫く放置していた相互リンクについても少しだけ整理しました。今年に入ってから更新が無いサイト様や、閉鎖や休止を宣言されているサイト様は一旦リストから除外させていただきました。復帰された際には連絡頂ければ幸いです。

そして、代わりにという訳ではありませんが、今までとは傾向の違うサイト様との相互リンクを増やしています。他ハードを中心的に取り上げているサイト様ですね。別にマルチハード主義に変節する訳ではありませんけどね、ある程度はハードに傾倒するのも縛りプレイの一種として楽しいものです。

       
 

「ゴースト トリック」発売前体験イベントに参加しました


「ゴースト トリック」の発売前体験イベントに参加させて頂きました。 当ブログとしては初めて取り上げるDS作品になるのですかね。私も今年2月に購入したばかりのDSが完全に沈黙していますし、面白いDSの「ゲーム」に巡り会えるまたとないチャンスと思い不慣れな任天堂の世界に足を踏み入れてみました。なお、私は当作品のディレクター巧舟さんの代表作「逆転裁判」シリーズは全くの未プレイです。「ディノクライシス」は遊んだ記憶あるんだけどなぁ。

※「ゴースト トリック」とは

「ゴースト トリック」は、「逆転裁判」シリーズで有名な巧舟氏が手がける完全新作のニンテンドーDS用アドベンチャーゲームになります。発売日は2010年6月19日(土)で、当初の発売日6月24日から5日ほど前倒しになりましたが、これはNDSの価格改訂日にあわせたとの事です。

Gt_rogo_pub

※体験イベントの模様

体験会は東京新宿にあるカプコン東京支店で開催され、ディレクターの巧舟さん及びプロデューサーの竹下さんが参加された濃密な数時間でした。お二人とも大阪のカプコン本社から来られたとのことで、同じく関西在住の身としては何だか不思議な感覚でしたね。

Photo_2

ソフト説明の際、先般発表された「ジューサーバー」とのタイアップ企画についても説明がありました。関東は勿論、関西でも京阪沿線を中心に展開されている駅構内のジュースショップです。私も大阪・京橋に行く用事が結構ありますので是非とも飲んでみたいですね。

Juicer Bar

会場にはイーカプコン限定版に同梱されているサントラCD試聴コーナーが設置され、ゲーム内に登場するおやつが登場したりと最後まで楽しいイベントでした。

※実際にプレイした感想。

まず最初に、「ゴースト トリック」公式にはWEB体験版が公開されていますし、「みんなのニンテンドーチャンネル」でDS用のダウンロード体験版が期間限定で配信されています。

CAPCOM :: ゴースト トリック 体験版

私も体験会前にWEB体験版をプレイしたのですが、マウスとタッチペンの違いはあれど操作感覚等に違和感はありませんでした。ゲームチュートリアルも含まれてますので、是非ともどうぞです。

とまぁゲームの紹介を体験版の紹介で終わらせるつもりもないのですが、このゲーム、もの凄くシンプルで判りやすいだけに文章だけで紹介するのが逆に難しかったりするのですよね。

「ゴースト トリック」は何らかの事変が起きた4分前にさかのぼり、「トリツク」で主人公の魂を動かして、様々なモノを「アヤツル」、そして登場人物達の運命を改変して謎を解き物語を進めていくゲームです・・・説明終わり。ね、もの凄くシンプルでしょ。

でもゲームシステムがシンプルなだけに考えなければ、そして上手くタイミングを計らないと先に進めることが出来ません。一定のポイントまで遡って何度でもやり直しが出来る親切なシステムですので、色々と試行錯誤しながら攻略するスタイルになりそうです。

また、主人公や登場キャラの台詞にも重要なヒントが含まれています。物語を理解していく上で、そしてゲームを攻略していく上でもキャラクタ達の台詞や会話には要注意です。

そして、何よりキャラクタの会話が織りなすストーリーが面白くて興味深い。主人公を中心としたややシニカルな台詞にはニヤリとしてしまうし、ミサイル君やカノンの台詞は実に可愛らしくてニヤニヤしてしまいます。ゲームプレイとシナリオの融合具合が実に見事で、この辺りは後の質疑応答の場でも巧さんがコメントされていますが、ゲーム開発の際でも相当に気を使った部分でしょう。「ストーリーを進める」ことと「謎解きゲームを楽しむ」ことが同時に進行している為に思わず没頭してしまいます。

幸い?「ゴースト トリック」は章仕立てにつき丁度良い区切りが設けられています。没頭しても時間を忘れすぎる事が無いのでご安心を。

全ての操作がタッチペン可能ですが、ボタンだけでもプレイ可能です。タッチペンとボタンを組み合わせた方が効率よく快適にプレイ出来るでしょうね。

※質疑応答
Q:発売日を前倒しした理由は?
A:(竹下P)任天堂さんからハード値下がりや新色の発表の案内があった事で、営業の方から合わせてみてはどうか?との話があり急遽変わる事になりました。

Q:「逆転裁判」を作った際にコラムで「俺の知っている推理ゲームはどれもピンとこない。誰もが納得するゲームという形でのミステリーのスタンダードを作る」とコメントされていましたが、今作品も同じような事を意識して制作されているのでしょうか?
A:(巧D)「逆転裁判」はアドベンチャーゲームというカテゴリでのスタンダードを意識したのですが、今回は最初から似たようなものがないと思っていました。テキストを選択して進めるのとは違うアドベンチャーゲームというものを提示してみたかった。このゲームは「パズルゲーム」や「アクションゲーム」と受け取る方も多いでしょうが、こういう形のアドベンチャーゲームの形式も「あり」なんだよという事が広まっていけば万々歳ですね。

(いくつかゲームを上げ)今作品では「パズル」と「ストーリー」の融合といいますか、パズルの中でシナリオを語れないかを考えて制作しました。

Q:開発期間はどれぐらいでしょうか?
A:(巧D)2年ちょっとぐらいです。構想は「逆転裁判3」が終了した後です。開発期間的にはかけさせてもらっていると思います。

Q:「死」の4分前という設定ですが、どうして4分なのでしょうか?

A:(巧D)最初は10分の予定でしたが、10分だと緊張感が無くなるという事で、2分・3分・4分と考え、結果あまり使われず不吉とされている「4分」を採用しました。

Q:続編は考えて制作しているのでしょうか?
A:(巧D)いつも続編は考えていないです。「逆転裁判2~3」は最初から続き物として制作したのですが、それ以外は基本続編は考えずに作ります。「ゴースト トリック」も全てを注ぎ込みました。

Q:一番気に行っているキャラクターは誰ですか?
A:(巧D)シナリオを書いているとヒロインのリンネさんはかなり近い位置にいますね。あと、後半になると色々と変な動きをするキャラクターが登場します。

Q:どれぐらいの時間でクリアできますか?
A:(巧D)人によりますが15時間~20時間ぐらいだと思います。

Q:ストーリーは全何章ですか?
A:(巧D)今は秘密です。


※最後に
今回の体験会では製品版パッケージが用意されていました。私たち参加者はパッケージのシュリンクを開封するところからスタートしたわけですが、発売1週間前にパッケージを開封することはなかなかに面白い体験でしたね。

イベントを通じて感じた事は巧さんの人柄の良さとゲーム制作に対する情熱です。その人柄の良さが「ゴースト トリック」の面白くも可愛らしいストーリーに反映されていると感じましたし、「違うゲームを作ろう」という熱意も伝わってきました。

私は巧氏の代表作「逆転裁判」シリーズも是非とも遊んでみたいと思いましたね。要するに巧さんのファンになってしまった訳です。という事で図々しくもこんなものをお願いしちゃいました。

Photo

私の新品同様だったDSiLLの裏にサインを頂きました。それにしても裏蓋用の保護シールってあるのかな?せっかくサイン貰ったので巧作品専用DSにしようと思っていたのですが、これじゃ使えないかも(笑)

ともあれ「ゴースト トリック」は実に面白いゲームで、早く続きがやりたいと感じさせるゲームでした。当タイトルもDS自体を購入したのがつい最近で関連情報があまり入手出来ていない事もあり、結果的には購入に至らなかったタイトルでした。やはり所有しているハードの情報は色々と入手しないとなぁと今回のイベントに参加して痛感しましたね。体験会に参加しなければ「ゴースト トリック」の面白さを知る機会も無かった可能性がある訳ですから。

最近、公私ともに忙しくてゲームに没頭する時間があまり取れないのですが「ゴースト トリック」はクリアまで頑張っちゃおう。多分頑張らなくてもクリアまで没頭しちゃうでしょうけど。


この記事はカプコンが開催したイベントに参加して書いています。本イベントへの参加および記事掲載は無報酬です。
また、事実誤認の修正ならびに本文章の掲載以外、メーカー から記事の内容に対する関与は受けていません。

公式サイト
CAPCOM:ゴーストトリック 公式サイト

関連記事
4Gamer.net ― NDS「ゴースト トリック」発売日は6月19日に早まる! 完成披露パーティでサプライズ発表(21:30,内容を追記しました)(ゴースト トリック)
カプコン、DS「ゴースト トリック」登場キャラクターとPVを公開。体験版を公式サイトで3月11日より公開 - GAME Watch
4Gamer.net ― 「ゴースト トリック」,「ジューサーバー」とのタイアップで“謎付き”(?)のミステリードリンクを販売。テレビCM映像の先行公開も(ゴースト トリック)
CM動画もあり! 『ゴースト トリック』味(!?)のミックスジュースがジューサーバーで発売 - ファミ通.com


B003BT4L16 ゴースト トリック
カプコン  2010-06-19


by G-Tools
       
 

「Killzone 3」のゲームプレイトレイラーが公開


先般発表されたばかりの「Killzone 3」のゲームプレイトレイラーがPlayStation Blog上にて公開されました。

今回のトレイラーはKZ3で「Frozen Shores」と呼ばれる4番目のミッションをベースにしたインゲームのみの映像との事です。様々な武器や乗り物、そして今作の特徴の一つである近接戦闘シーンも盛り込まれた魅力たっぷりなゲームトレイラーですね。

そして、KZ3からの新要素、ジェットパック映像も収録されています。情報初出の時は「えー、まんまじゃん」と思ったジェットパックですが、実際に動いている映像を見ると楽しみになってきます。そして空中で羽根?をガシャンと広げるジェットパック装着のヘルガスト兵が格好良すぎるのであります・・・騙されるな・・・あれは敵だ(笑)

Kz3_h

こんな格好良いヘルガストさんを自宅のHDTVで、しかも3D立体視で観たら・・・あっという間に蜂の巣かも知れません。

E3で更なる詳報は発表されるのでしょうかね?E3前に正式発表して、直前でトレイラーまで公開している訳ですからカンファレンス内では新作タイトルとしてリストアップされるだけっぽいですね。

関連記事
Killzone 3: First PS3 Gameplay Trailer – PlayStation Blog

       
 

ヴァルハラが「Devil's Third」を発表、驚きのマルチ


板垣伴信氏の最新作、そして彼が率いるヴァルハラゲームスタジオのデビュー作「Devil's Third」が発表されました。サードパーソンのアクション&シューターで発売時期は未定、そしてなんと「マルチ」でTHQより販売されます。マルチには世界中が驚いたんじゃないかなぁ。

デビュートレイラーが公開されていますのでどうぞ。

日々ゲーム情報を入手している関係もあって板垣氏率いるヴァルハラの新作が土曜日に発表される事は勿論知っていましたが、どうせ彼が大好きなハード独占だろうなぁと勝手に思い込んでいただけにデイリーニュースの方でも取り上げていませんでした。

ファミ通のインタビューでもマルチであることに対する驚きは隠していませんし、PS3版をヴァルハラが手がけるのか?と質問されています。まぁ確かにベヨが業界に与えた衝撃は大きかったよなぁ、国産マルチに対する漠然とした不信感を植え付けてしまった功罪大きなソフトです。まぁ「VANQUISH」を見ていると、ベヨは反面教師というか教訓というか生け贄のような存在として後世のゲームファンから語られるのかもなぁと思ったり思わなかったり。

今回のマルチ発表は確かに驚きましたが実に僥倖な事です。個人的にはPS3独占タイトルはSCEブランドだけでも質・量共に全く不満が無い状況ですのでサードのマルチタイトルが増えてくることは実に嬉しい。

そして板垣氏は「マルチ同発」「両ハード版ともヴァルハラが手がける」と明言されています。日本国内における表現についても色々と考えているようですし、今後の開発進捗に注目していきましょう。

公式サイト
Valhalla Game Studios | Home

関連記事
板垣伴信氏がいよいよ始動! プレイステーション3、Xbox 360向けに『Devil's Third』を発表 - ファミ通.com

       
 

「MotorStorm Apocalypse」が正式に発表


「MotorStorm」最新作がPlayStation Blogにて正式に発表されました。3作目のタイトルは「MotorStorm Apocalypse」で、少し前にリークされていた「MotorStorm 3」のロゴは何だったんでしょうね?日本国内用だったんでしょうか。

4687936165_918d4c734c_b

初代「MotorStorm」はモニュメント・バレー、続く2作目「MotorStorm Pacific Rift」は太平洋の島が舞台でした。3作目となる「MotorStorm Apocalypse」はカリフォルニアのベイエリアにインスパイアされた「都市」が戦いのステージとなります。

4686587346_41bfb3c4e7_b

そして「都市」は天災により荒廃しており、ゲームプレイ中にもリアルタイムに崩壊していくとの事です。思えば「MotorStorm Pacific Rift」のイメージトレイラーが公開された際にもリアルタイムでダイナミックなコース変化がゲームに組み込まれるのでは?と勝手に期待していたわけですが、ようやく3作目にして実現しそうですね。個人的には一番の注目ポイントです。

また、最大16名のオンラインマルチ(前作までは12名)や画面分割とオンラインプレイとのミックスが実現したりと、ゲームシステム的にも色々とブラッシュアップされているようです。

4686587296_0e00083af0_b

少し気になる事はステージバリエーションでしょうか。「MotorStorm Pacific Rift」はEarth・Fire・Air・Waterと4種類のエリアに分類され、ビジュアル的な変化に乏しかった初代「MotorStorm」から大幅にグレードアップしました。

エリア事に大きく風景が変わることで新鮮な気分で楽しめますし、大自然を舞台にしたステージの演出がそのままゲーム性に反映する見事なゲームレイアウトでした。それだけに現段階で公開されている「MotorStorm Apocalypse」のショットからはやや単調に感じてしまうのです。勿論ステージの仕掛け等は更にパワーアップしているとは思いますので、この辺りはE3トレイラーや更なるショットに期待しましょう。

なお、現時点では「3D立体視」のサポートについてはコメントされていません。現時点で明らかにされてないと言う事は後々のサポートになる可能性も有りますが、リーク映像では3Dモードらしきショットもありましたので、こちらも詳報はE3というところでしょうか?

これでほぼ毎週のように発表されていたSCEAの新作祭りは今度こそ一旦終了でしょうかね。気がつけばE3 2010開催直前ですし、後はSCEAプレスカンファレンスを楽しみに待つだけです。

関連記事
Introducing MotorStorm Apocalypse – PlayStation Blog

       
 

「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」ゲーム紹介ムービー2本が公開


この世のブログからコメント機能が無くなれば良いのにと思う、あの機能を人類が手にするには数百年早いと思うよマジで。


「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」公式が更新され、ゲーム紹介ムービー2本が公開されています。

うむむ、この2本のムービーに「光と闇の覚醒」の魅力が濃縮されてます。ゲージのスピードも上がってテンポアップしていますし、白騎士のダイナミックな戦闘がより快適に遊べそうですね。ゲーム紹介としては素晴らしい出来映えのムービーですが、不満点は「エルドア成分」が少ないことぐらいですかね。

ムービーを見ていると、オンラインモードとオフラインモードが更にシームレスになっているように感じられます。「古の鼓動」もシステムをなるべく共有していましたが、「光と闇の覚醒」ではクエストにレナード達をNPCとして参加させる事ができる「ひとりでプレイ」の新モードが搭載されている事もあって、プレイヤーの遊び方に「自由度」が与えられた事も大きいでしょう。

最終的には「白騎士物語」の全てのゲームモードをオンラインでもオフラインでもプレイ出来るようになるかも知れません、まぁさすがにアークナイト6体で太陽王と戦うってのはシナリオ上無理がありますが、クリア後の要素として提供されるかもですね。

「白騎士物語」が最初から2部構成だったのか、結果としてぶった切ったのかが明らかになることは無いでしょうが、現段階としては「2部構成で正解」になりそうです。ゲームに限らず「作り続けること」「熟成させること」の大切さが伝わってきますし、前作が好きになれなかった人にも「光と闇の覚醒」バージョンの「古の鼓動」をもう一度遊んで頂きたいと思いますもの。

来週の新情報にも期待です。

公式サイト
白騎士物語 -光と闇の覚醒-|PlayStation.com


B003LVY5CE白騎士物語 -光と闇の覚醒-
ソニー・コンピュータエンタテインメント 2010-07-08

by G-Tools
       
 

本日より「3D立体視ゲーム」が配信開始らしい


本日2010年6月10日より「3D立体視ゲーム」が配信開始されました。対象タイトルは下記の3本になります。

・Mr.PAIN
・STAR STRIKE HD
・WipEout HD

既にDL済みの方はソフトウェアを起動して最新バージョンにアップデートする事で「3D立体視」に対応します。なお、当初「Mr.PAIN」の3D対応には別途有料(300円)の追加データが必要でしたが、「無料」に変更されています。

私は上記3タイトル全てを所有してますので、早速アップデートしてみたのですが・・・特に変化無いですね、3Dテレビを導入していないから当たり前ですが。「WipEout HD」のオンラインヘルプ内に3D云々の記載がありますので、対応はしているのでしょう。

うーむ、「秋頃」と言ってはいたものの、いざ配信されてしまうとすぐにでも3Dテレビが欲しくなりますね。現在検討しているのはソニー「KDL-46LX900」かパナ「TH-P46VT2」の2機種。値段はソニーが若干高くなりそうだけど機能は上だし3Dメガネも2個付いています。パナの2D/3D変換機能が付け焼き刃でなければパナに傾きそうなんだけどなぁ。あ、「Killzone3」体験版が付いてくるならソニーにするかも(笑)

迷っている間が一番楽しいですな。

公式サイト
PS3®で、3D立体視ゲームを楽しもう!|PlayStation.com
KDL-46LX900 | 液晶テレビ BRAVIA 〈ブラビア〉 | ソニー
VT2シリーズ | プラズマテレビ/液晶テレビ 「VIERA(ビエラ)」 | Panasonic

       
 

「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」体験会が6月10日開催


当ブログでは何度か書いていますが、直前なので改めてご紹介。

2010年7月8日の発売まで1ヶ月を切った「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」の体験会が下記の要項にて開催されます。

場所「GAMESマーヤ」店内
日時:6月10日(木)15:00~21:00

●○イベント詳細○●

「GAMESマーヤ」は関東時代に何度か体験会等で行ったことがあります。更に東西線は当時の通勤ルートですし、体験会は夜9時まで・・・twitterでお馴染みのディレクター・楠田氏も来られるとの事です。

興味がある方は「光と闇の覚醒」を真っ先に体験出来るチャンスです。う、うらやましくなんてないんだからね!

公式サイト
白騎士物語 -光と闇の覚醒-|PlayStation.com


B003LVY5CE 白騎士物語 -光と闇の覚醒-
ソニー・コンピュータエンタテインメント  2010-07-08


by G-Tools
       
 

「VANQUISH」公式リニューアル、日本語トレイラーも配信


2010年冬の発売が予定されている「VANQUISH」の公式サイトがリニューアルされ、日本語に吹き替えされたE3 2010の最新トレイラーも公開されています。

初公開となる実機映像も収録されています。うーん、これは面白そうだ、早く遊びたいですな。

サードパーソンのシューターと格闘アクションがミックスされた戦闘シーンはスピーディでハイテンション。若干動きが軽すぎるような気もしますが、未来のパワードスーツだと考えれておきましょう(笑)新規IPタイトルのファーストルックでこれ程「面白そう」と感じさせたトレイラーもここ最近では珍しいかもです。

しかも、この「VANQUISH」はPS3がリードプラットフォームですからベヨる心配もありませんし、今年の冬が実に楽しみです。

個人的にはベヨよりも売れて欲しいところですが、日本国内のベヨはオリジナルのDMC制作者によるセルフクローン的なタイトルとして受け入れられた部分も大きいと考えているので、完全新規IPである「VANQUISH」は国内では特に厳しいでしょう。海外での売り上げに期待ですね。

公式サイト
VANQUISH -ヴァンキッシュ公式サイト | SEGA×プラチナゲームズ

       
 

パナソニックもリアルタイム2D/3D変換機能搭載「3D VIERA」を発表


パナソニックが「3D VIERA」のラインナップを拡充してきました。今回は42型と46型が追加され、「3D VIERA」シリーズは42/46/50/54/58/65の6機種になりました。

しかも、今回追加された2モデルはSonyの「3D BRAVIA」に続いて「リアルタイム2D/3D変換機能」を搭載しているとの事です。

・TH-P46VT2(46V型)予想実売価格35万円前後
・TH-P42VT2(42V型)予想実売価格30万円前後

既にTH-P50VT2あたりが28万前後で購入できますので、TH-P46VT2なら初値で25万弱あたりが期待出来るかも知れません。ライバルのSonyやシャープに比べてやや地味なプラズマですが、「2D/3D変換」で機能面でも追従し、価格でも勝負できるラインナップになりました。

あとは既存の50型以上のモデルに「2D/3D変換」をいつ搭載するかでしょうなぁ。元々パナソニックは「2D/3D変換」機能に懐疑的だったと聞いていましたが、早々の変節は柔軟と受け止めるべきなのかどうか。少なくとも私が既存モデルに飛びついていたら複雑な心境でしょうね、安い買い物ではありませんし。

発売前にはSonyとパナの「2D/3D変換」機能比較記事が掲載されるでしょう。私の3Dテレビ選びは最終局面を迎えたようです。

関連記事
パナソニック、“3D VIERA”VT2シリーズに46/42V型を追加 - リアルタイム2D/3D変換機能を搭載 - Phile-web
地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ 3D VIERA VT2シリーズに46V・42V型の2機種を拡充、発売 | プレスリリース | ニュース | パナソニック企業情報 | Panasonic

       
 

夏に「テイルズの大発表あり」らしい


2010年6月5日~7日にパシフィコ横浜で開催された「テイルズ オブ フェスティバル 2010」のステージにて「夏に何かが発表になるようです」とのコメントが話題になっています。

今年15周年を迎えるテイルズシリーズを記念した「何か」とのことですが、以前から噂に上っているPS3「テイルズ オブ ユナイティア」である可能性が濃厚・・・だと思いたい。

まぁぶっちゃけ、据え置きハード以外で発売される事が明らかになった「キングダムハーツ」最新作よりも私の興味の中心はテイルズですよ。まぁ最近も「こうなったら良いなぁ」「いやいやどう考えてもこうだろう」と期待していた事が思いっきり外れ、辛うじて最悪の事態だけは免れた事もありますし、発表されるまではどうにもソワリソワリとするものなのです。

と言いますかもう夏なんですが、E3の情報ラッシュが落ち着いた頃に発表でしょうかね。7月3日~4日はアイマスのイベントにて新作発表が確定でしょうし、テイルズ新作はその前後あたりになるのでしょうか。どちらの作品もPS3で登場したならば、国内向けのサードラインナップとしては実に強力なんですけどねぇ。ハード売り上げが加速するかどうかと言われたら微妙ですけど。

関連記事
夏に重大発表!声優陣トーク満載「テイルズ オブ フェスティバル」レポ/ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム
テイルズオブフェスタ「夏にテイルズの大発表あり」と発表
1年ぶりのパシフィコ横浜、今年も“テイルズ オブ フェスティバル”が開催 - ファミ通.com
夏に新情報の発表を予告!? “テイルズ オブ フェスティバル 2010”レポート - 電撃オンライン


B003EO8WYU テイルズオブファンタジア なりきりダンジョンX
バンダイナムコゲームス  2010-08-05

by G-Tools
       
 

Amazon新着情報 6/7


Amazonの新着情報です。


 

B003EO8WYU テイルズオブファンタジア なりきりダンジョンX
バンダイナムコゲームス  2010-08-05

by G-Tools
       
 

「MotorStorm 3」のスクリーンショットが流出?


謎の小旅行の前に「inFamous 2」の記事を書き、無事戻ってきたらこの情報ですよ、しかも帰宅した時には既に古めの情報だとは・・・(笑)E3直前とはいえ、こうも目玉タイトルがボロボロと明らかになる状況はなかなかに面白い。


タイトル通りですが、画撮らしき「MotorStorm 3」のスクリーンショットがフランスのps3genというサイトに掲載されています。

Motorstorm3motorstorm3leakedpictu_3

Motorstorm3motorstorm3leakedpictu_2

Motorstorm3leakedpictures4_09030001

Motorstorm3motorstorm3leakedpicture

あれ、ナンバリングが振られているのは日本だけのはずですが・・・。モタスト2の英題は「MotorStorm: Pacific Rift」ですので3作目からナンバリングされますかね?何だか少し怪しいような気もしますが、2008年秋に発売されたモタスト2以降の動きが明らかにされていないEvolution Studiosの新作が発表されるとしたら今しか考えられないのですよね。

ゲームショットは今までのシリーズと違い、若干なりとも文化の香りがするステージだと感じました。まぁ今までも荒廃した文化を感じさせるステージはありましたが、今回表に出てきたショットでは逃げ惑う?人らしき映像が・・・。更には倒壊しているビルから土煙が確認出来ます。ゲーム中もリアルタイムで倒壊して走行コースが変わってしまうなんていうダイナミックな演出も期待出来るのでしょうか。

ショットを見る限り「3D立体視」対応はほぼ確定として、ゲームジャンル的には「Move」対応の可能性も高いですね。となると、「MotorStorm2」の3D対応は3Dブラビア購入特典としてアナウンスされている「3D版MotorStorm2体験版」止まりになるのでしょうかね。一般にも配信してほしいところです。


さて、今年春以降に発表されたSCEタイトルは下記の通り。

・SOCOM 4: U.S. Navy SEALs
・God of War : Ghost of Sparta
・Little Big Planet 2
・Killzone 3
・Ape Escape 3
・Pixel Junk SHOOTER 2
・inFamous 2


今回のモタスト3が今までと若干違うのは、E3直前のタイミングで画撮らしきリークショットが先行して表に出たことでしょうか。もし本当に「MotorStorm 3」がE3用に残されていたとするならば「Move」対応の有無になるのでしょうかね。


「MotorStorm」はご存じのとおりEvolution Studiosが開発したPS3専用レーシングアクションの代表的ソフトです。特に初代モタストがレジスタンスと共に専用ソフト不足だったPS3黎明期を牽引した功労は計り知れないものです。その実績もあってでしょうか、2007年9月にはSCEに買収されています。

そういえばここ最近はGuerrilla GamesやNaughty DogのようにSCE傘下となってもスタジオ名が継承されていますね。「ゴッド・オブ・ウォー」のように最初からSCEサンタモニカスタジオから産み出されたブランドもありますが、代表作を既に持っているスタジオの場合はそのままの方が効果ありますよね。我々ゲームファンの多くはパブリッシャよりもデベロッパを重視してゲームを選ぶことが多いわけですし。

モタストからモタスト2発売までのスパンで考えるならば「MotorStorm 3」の発売は今年の秋~冬あたりの発売になりそうですが、はたして・・・。正式な発表を待ちましょう。

関連記事
Motorstorm 3 : des images volées d'un jeu toujours pas annoncé
VG247 » Blog Archive » Motorstorm 3: San Francisco pics leak onto the net
Motorstorm 3 leaked? — Scrawl
Rumor: Motorstorm 3 screens look positively apocalyptic -- Joystiq

       
 

「inFamous 2」が正式に発表


今週も謎の小旅行で東京です。この記事を書き終わったら夜行バスに乗る予定・・・。ここ最近休日はずっと遠征しているんですよねぇ、関東に滞在していた時期よりも秋葉に行っているってどういう事よ(笑)


さて、以前から存在が噂され、つい最近も海外誌の予告から発表が確実視されていた「inFamous」続編タイトルがGameInformer7月号の表紙にて確認されました。同時にPlayStation Blogでもアナウンスされました。

3223infamous2cover610

コール君らしき人物の顔が随分と丸くなっているような気もします・・・が、これはそうだ、俗に言う版権絵ですよ、そうだそうだ。いやまぁ、ヒーローなんですから、もう少し精悍にしてやってくだされ。前作より10年後ぐらいなんでしょうかね・・・。

「GameInformer」7月号では10ページの「inFamous 2」特集記事が掲載されるようです。新たな都市、新しい力、強力な敵、いずれも順当なパワーアップ要素ですが、「inFamous」らしさの追求として「新たなルート」に期待したいところです。あまり複雑な条件分岐はゲームの爽快さをスポイルする可能性も有りますので、バランスは若干シビアになるでしょうがヒット作品の続編に求められるハードルは低くはないのです。

オンラインマルチはオマケ的な要素になるんじゃないでしょうかね。もしくは、随時マッチングするオンラインではなく、各プレイヤーが「善」「悪」「?」のパラメータを保持しつつエンパイアーシティーで行動するMMO要素の強いオンラインなら「inFamous」らしいと言えるのでは無いでしょうか。

今年の春頃から、今年のSCEAはE3前にソフトの情報は出し尽くして「Move」や「3D」に注力する戦略なのか、それともE3ではまだまだ新作が発表されるのか読み切れない状況が続いています。タイミング的にも今回の「inFamous 2」が最後の発表になると思いますが、個人的にはめぼしい新作が発表されなくても既にお腹いっぱいな状態なのです。

公式サイト
Sucker Punch Productions

関連記事
inFAMOUS 2 Announced, in the new Game Informer – PlayStation Blog
July Cover Revealed: Infamous 2 - News - GameInformer.com

       
 

「KILLZONE 3」デビュートレイラーが公開


日本国内でもメディア向け試遊会が開催された「KILLZONE 3」のデビュートレイラーが公開されています。

今回のPVは残念?ながらCGです。しかし、近接戦闘メインの映像が実に格好良いので良しとしましょう。素敵なヘルガストショットも撮れたことですし、意外な人物がヘルガストメットを被るという演出も実に意味深で興味深い。

Kz3

また、公式ティザーサイトもオープンされました。TOP絵だけで何の情報もありませんが、こちらも素晴らしいヘルガストショットが入手出来たので良しと・・。まぁ発売は2011年との事ですし、今後は北米E3、欧州gamescom、日本TGSで少しずつ情報を出してくる事になりそうですね。

そういえば、余談ですが6月16日に休日を取ることが出来ましたので、SCEプレスカンファレンスに張り付くことが決定しました。昨年のような詳細なテキストライブも面白いですし、twitterやfacebookでもリアルタイム性の高い情報が流れそうです。Ustream等での動画配信も期待したいなぁ。

公式サイト
KILLZONE®3

関連記事
SCEJ、PS3「KILLZONE3」最新トレーラーを公開 - GAME Watch
『KILLZONE 3』の最新映像で一新された近接戦闘をチェック! - 電撃オンライン
4Gamer.net ― メディア向け発表会が行われた「KILLZONE 3」の最新プロモーションムービーを掲載(KILLZONE 3)

       
 

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン


Amazonチャージ 2回目以降も最大2.5ポイント

【お知らせ】
当サイトはリンクフリーですが、掲示板やブログ等に転載する際は必ずリンクを張って下さい。
RSS登録
ツイッター
相互リンク