「ファイナルファンタジーXIII」ゲームプレイTVCM


2009年12月17日発売「ファイナルファンタジーXIII」のTVCM別バージョンが放送開始されています。今度はゲームプレイを中心にした派手な映像が中心です。

9月辺りからゲーム内容に関する情報はなるべく入手しないようにしているのですが(ファイナルトレイラーも未視聴)、今回のTVCM映像を改めて観ると「ド派手な戦闘シーン」の謳い文句が初めてピッタリ来るゲームじゃないかなと感じさせます。魔法がランクアップすると炎の量が増えましたとかのレベルではない、外連味と疾走感が融合されて今までにないシャープな躍動感がゲーム画面から伝わってきます。

YouTubeを調べると新宿アルタのビジョンで放映されていた30秒バージョンも存在するようですね。こちらもフル画面で見てみたいですね。


11月30日から再々復活したAmazonの在庫も12月2日時点まで生き残っています。今までの例からも在庫はいつ切れるか判りませんので、興味がある方はお早めの確保をオススメします。

公式サイト
FINAL FANTASY XIII


B000FNQXEOファイナルファンタジーXIII(特殊仕様ジャケット: 「ファイナルファンタジーXIV」キャンペーンコード付き)
スクウェア・エニックス 2009-12-17

by G-Tools
       
 

何やら色々と発売日が明らかに:2009/12/2


フラゲ情報も交えてですが、何やら色々と年度内タイトルの発売日が続々と明らかになりました。

・「HEAVY RAIN -心の軋むとき-」2010/2/18
・「100万トンのバラバラ」2010/2/18
・「みんなのテニスポータブル」2010/2/25
・「メタルギアソリッド ピースウォーカー」2010/3/18
・「北斗無双」 2010年3月予定

この中で私が一番の注目するのは「HEAVY RAIN -心の軋むとき-」です。予定通り2010年冬に発売されることになりましたが、欧米では発売日が未だに発表されていません。恐らくは世界同時期発売、同じ週(2/16?)に発売されると思われます。翌週の2010年2月25日は既に激戦週の気配がプンプンしていますが、まぁこの状況ではどの週に出しても売り上げに大きな差は無いでしょうね。フランスのデベロッパQuantic Dreamが開発するインタラクティブアドベンチャー「HEAVY RAIN -心の軋むとき-」は暴力や過激表現に依らない「大人向けのエンタテイメント」として大いに期待しています。体験版の配信も楽しみですねぇ。

そして「メタルギアソリッド ピースウォーカー」が2009年度内に発売される事になりました。発売日は決まっていないものの「グランツーリスモ5」や「ゴッド・オブ・ウォーIII」も2010年3月の発売が予定されていますし、毎週が激戦週になりそうです。「北斗無双」も3月かぁ。普通にGT5は延期されそうですね(笑)


更にはPS3/PS2の新たなベスト版も明らかになりました。発売日は2010年2月4日になります。

・「RISE FROM LAIR(ライズ フロム レア)」
・「ワンダと巨像」(PS2)

「RISE FROM LAIR」は当ブログで相当推していたソフトです。グラフィックもBGMも相当にリッチでハイレベル、PS3の性能を遺憾なく発揮した実に面白いゲームだったのですが、操作性等に若干癖のあるゲーム性の影響もあってかヒットには至りませんでした。今回のBest版発売でLAIRの個性的な世界観やゲーム性に興味を持つ人が増えれば嬉しいです。開発のFactor5が健在ならば来年リリース予定の「モーションコントローラ(仮)」対応のパッチや新DLC等も「期待」出来たんですけどねぇ。

「ワンダと巨像」の再廉価版リリースは最新作「人喰いの大鷲トリコ」の動向と関係があるのでしょうかね。タイミング的にはE3 2010で発売日発表、2011年3月迄に発売されると予想していたので、ワンダの2月再廉価版というのは少し中途半端にも感じます。GDC2010も3月上旬だし。ベスト版とは別にGOWコレクションのようなHDリメイクが来たら嬉しいなぁ。


B002M76PG2 HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-
ソニー・コンピュータエンタテインメント  2010-02-18


by G-Tools
       
 

Amazon新着情報 12/1


Amazonの新着情報です。


B002M76PG2HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-
ソニー・コンピュータエンタテインメント 2010-02-18

by G-Tools

       
 

「信長の野望 Online」のPS3版が発表


「のぶおん」こと「信長の野望 Online」の拡張パック第4弾「新星の章」の発表会の場にて、2010年中にPS3版「信長の野望 Online」がサービス開始されることが発表されました。

最近はフラゲでグダグダのゲーム誌連動発表や、ガッカリ率100%のカウントダウンサイトの乱立に食傷しきっていたということもあって「拡張パック発表のついで」にポンと発表されると逆に驚かされますね。

Nobuon

さて、今回の発表会では2010年中のPS3版リリースが発表されただけのようで詳細は明らかにされていませんが、何やらオンライン販売も予定されているとの事です(最初はパッケージ展開になるようですが)。「大航海時代 Online」はディスク起動のみでしたので、パッケージ版もHDDフルインストール機能を実現していただきたいところです。

ちなみにTGS2008のタイミングで発表された「大航海時代 Online」は翌年2009年4月末にPS3版がサービスインしました。「信長の野望 Online」PS3版のリリースも2010年中と時期は明確にされていませんが、夏休み前に発売される可能性は高いと予想します。最初にのめり込めるだけの時間は必要ですからねぇ。

私もPS3版で「大航海時代 Online」の世界に突入してみたのですが、最初からプレイするには相当の覚悟が必要だったことを思い知らされました。サービスインしてから4年が経過し、既に完成された感のあるMMORPGを甘く見ていましたね。

確かPS2版「信長の野望 Online」がリリースされた頃(2003年6月)、私はFFXIにドハマり中でした。正式オープンから1年が経過し、4月にリリースされた「ジラートの幻影」も実に楽しいコンテンツでしたので他MMOタイトルに目を向ける余裕は全く無かったのですが、一部のフレンドは「信長の野望 Online」に飛びついていましたね。LSメンバーに感想を聞いたところ「すげー未完成」とコメントしていたことが記憶に残っています。

まぁあれから6年以上も経過している訳ですから「のぶおん」も相当に熟成されたMMOに仕上がっていることでしょう。興味がない訳ではありませんが・・・大航海時代と同じパターンになるだろうなぁ。

0131

あとは「三國志 Online」がPS3に移植されたら、コーエーの主要オンラインタイトルはPS3に集約されることになります。2010年には「ファイナルファンタジーXIV」もサービスインされますし、PS3用MMORPGタイトルが拡充されていくことは実に嬉しい限りです。

公式サイト
『信長の野望 Online ~争覇の章~』Official Site

関連記事
4Gamer.net ― 「新星の章」でついに天下統一が実現。PS3版の2010年発売も明らかとなった「信長の野望 Online」拡張パック第4弾発表会レポート(信長の野望 Online ~新星の章~)
『信長の野望 Online』拡張パック第4弾は『新星の章』! - ファミ通.com
ついにPS3版&「天下統一」だ『信長の野望 ONLINE』新拡張パック発表会/ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム

       
 

Amazonで「ファイナルファンタジーXIII」の予約が復活中


Amazonで「ファイナルファンタジーXIII」の予約が復活中です。今度はいつまで持つやら・・・


B000FNQXEOファイナルファンタジーXIII(特殊仕様ジャケット: 「ファイナルファンタジーXIV」キャンペーンコード同梱)
スクウェア・エニックス 2009-12-17

by G-Tools
       
 

今週はPSPの激戦週だったりする:2009/11/30


最近Twitterを始めました。アイデンティティから解放されネットに溶け込んでしまった人々の悪意をフィルタリングし、その上で円滑なコミュニティを築けるオープンなツールとして期待しています。まぁゲーム関係は殆ど書いてないので、現時点では当ブログとリンクする予定はありませんが。


さて、12月3日は「1・2・3の日」という事で初代プレイステーションが発売された日です。と言ってもSCEJからは特に何も無いようですが、PSPは期待作が集結する激戦週となりました。

【PS3用新作】
・アサシン クリードII

【PSP用新作】
・ときめきメモリアル4
・ファンタシースターポータブル2
・リトルビッグプラネット ポータブル
・機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム NEXT PLUS

そしてBestタイトルも多数発売されます。

【PS3用Best】
・Fallout 3:Game of the Year Edition
・FolksSoul -失われた伝承-
・RESISTANCE ~人類没落の日~
・ラチェット&クランク FUTURE
・龍が如く3

【PSP用Best】
・イース -ナピシュテムの匣-
・コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS
・フェイト/アンリミテッドコード ポータブル
・戦国BASARA バトルヒーローズ


PS3新作は「アサシン クリードII」しかありません(笑)
私もゲームジャパンフェスタで2時間以上並んでプレイしましたが、まーなんといいますか「結構単調」だったかなと。製品版に近いバージョンとの事で、壁をガシガシとよじ登って淡々と敵さんをザックザックと切り払っていくプレイで15分は結構長かったです。「単調」という点については前作でも同様の指摘が有ったようなので、アサクリIIでは打開するべく工夫を施しているとは思いますが・・・。そしてエツィオが超人過ぎる事に違和感を感じました。INFAMOUSのコール君を遙かに上回る身体能力には驚きを通り越した何かが芽生えた。

一方PSPはタイトル通り激戦週となります。
売り上げ的には「ガンダムVS.ガンダム NEXT PLUS」と「ファンタシースターポータブル2」の対決になるのでしょうか。2008年7月31日に発売された「ファンタシースターポータブル」は累計60万本以上、2008年11月20日に発売された「ガンダムVS.ガンダム」も累計40万本以上と、セガとバンナムの大ヒットタイトルの続編同士が激突します。

今までにない要素としては「ファンタシースターポータブル2」にはダウンロード版が同日配信され、「ガンダムVS.ガンダム NEXT PLUS」はダウンロード版が予定されていない事をどう捉えるかです。DL版の有無がパッケージの売り上げをどこまで左右するかについては答えが出ていませんが、今後はゲームジャンルによってDL版を選択する人も少しずつでも増えてくるでしょう。後は特典の有無とかがダイレクトに影響しそうですね。

コナミの「ときめきメモリアル4」は2001年12月発売のPS2「ときめきメモリアル3」から8年ぶりのナンバリングタイトルになります。絵柄等も若干古めに感じますが、この手のゲームは据え置きハードで情報や表現をリッチに作り込んだ方が売れそうな気もするのです。その辺りも含めて人気フランチャイズとしての底力に注目が集まります。同じコナミのDS「ラブプラス」は16万本以上を記録していますが、はたして。

最後は「リトルビッグプラネット ポータブル」。冒頭にSCEは「1・2・3の日」に何もしないと書きましたがLBPPがありましたね。洋ゲーでありながら累計16万本以上を売り上げた立派なヒットタイトルのPSP版ですが、さすがに今回は発売時期が悪すぎます。値段の安さでPS3版のファンがどれだけ食いついてくるのでしょうか。更にはDL版も併売されますのでパッケージ版の売り上げは見栄えの悪い数字になりそうです。流行に左右されないコンスタントに遊べるタイトルですし、息の長いセールスを期待したい所ですが・・・


しかし、12/3の「アサシン クリードII」、12/10の「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2」、12/17の「ファイナルファンタジーXIII」と12月のHDタイトルってスクウェア・エニックスの独占状態になりましたな。以前も少し書きましたが「龍が如く3」のベスト版で累計50万本を突破するかどうかが一番の興味かも。


B002C1ARGM アサシン クリードII【CEROレーティング「Z」】 特典 初回限定リファレンスガイド(A5判96ページ)付き
ユービーアイ ソフト  2009-12-03


by G-Tools
B002PK0KOE ときめきメモリアル4
コナミデジタルエンタテインメント  2009-12-03


by G-Tools
B002XUMAMQ ファンタシースターポータブル2(特典なし)
セガ  2009-12-03


by G-Tools
B002C1ARIA リトルビッグプラネット ポータブル
ソニー・コンピュータエンタテインメント  2009-12-03


by G-Tools
B002PAQ87C 機動戦士ガンダム ガンダム VS. ガンダム NEXT PLUS
バンダイ  2009-12-03


by G-Tools
       
 

「ファイナルファンタジーXIII」TVCMが公開


2009年12月17日に発売予定の「ファイナルファンタジーXIII」TVCMが公開されました。スクエニ制作バージョンとSCEJ制作バージョンだと思われます。

プリレンダムービーの美味しい部分を使って印象的に仕上げてきましたね。台詞もFFXIIIの専門用語を敢えて?使わずにドラマティックな要素を強調した内容で好印象です。正直なところ、安っぽいタレントを採用した安っぽいTVCMになるのでは?と恐れていた部分もあっただけに安心しました。ロングバージョンも早く観たいですね。

こちらは初代PS時代のTVCMを思い出させる内容ですが、流すなら発売日が発表された9月~10月でしょう。そして、PS時代はこのようなコミカルなCMも面白いと思っていたのですが、PS3時代のTVCMとしては「古いというか勿体ない」と感じることが多くなりました。地デジやHDTVが普及しつつある現状、映像美を売りとするPS3のゲームCMで「ゲーム画面をアピールしないでどうする?」と考えてしまうのです。スクエニ版TVCMとのセットなら「有り」だと思いますが・・・。


気がつけば私が観ている地上波TVって関西ローカルの「ガンバTV」ぐらいだったりしますので、意識しないとTVCMを観ることは出来ません。日曜夕方の「鋼の錬金術師FA」には流れるかなぁ。

公式サイト
FINAL FANTASY XIII

関連記事
『ファイナルファンタジーXIII』の未知なる大地には巨大モンスターがウヨウヨ! - ファミ通.com


B000FNQXEO ファイナルファンタジーXIII(特殊仕様ジャケット: 「ファイナルファンタジーXIV」キャンペーンコード付き)
スクウェア・エニックス  2009-12-17

by G-Tools
       
 

「Wizardry 囚われし魂の迷宮」配信日と価格が決定


「ウィザードリィ ルネサンス」プロジェクトの一つとして発表されたPS3ダウンロード専用タイトル「Wizardry 囚われし魂の迷宮」の配信日が2009年12月9日(水)に、そしてダウンロード価格が2000円である事が正式に発表されました。

「今秋」から「今冬」へと配信時期が変更になり、年をまたぐ可能性もあったのですがなんとか年内配信にこぎ着けました。「3Dドットゲームヒーローズ」の1ヶ月後、FFXIIIの2週間前になりますので、出来ればもう1~2週間ほど早いほうが良かったかもですが、発売時期がずらされるぐらいですから開発もぎりぎりだったのでしょう。年明けからもJ-RPGは数多く発売されますしねぇ。

さて、PS3用として制作された「Wizardry 囚われし魂の迷宮」はHDグラフィックやボイス収録等、今風にアレンジされていますが基本的な部分はWizの伝統に則ったゲームデザインが施されている・・・との事なんですが個人的には少し違和感。

原因は絵柄とか色々あるのでそが、一番気になるのは「主人公」の存在。さすがに自分語りを始めたりするような自己顕示欲の強いキャラでは無いと思いますが、それでも正統なWiz新作と名乗るのであればタブーなのでは?と不安に感じています。オールドWizファンの感覚かもですけどね。

まぁ値段も2000円と手頃な価格ですし購入予定です。FFXIIIは年末まで封印予定ですので、空いた時間で「Wizardry 囚われし魂の迷宮」をちまちまとプレイしようかなと。

Wiz06

また、発売後にはPlayStation Storeにて追加アイテムやキャラクター及びシナリオが配信される予定です。フェイスパターンが差し替えできるDLCとか用意されないですかね。

余談ですが、私自身のWiz経歴はPC-98版「Wizardry #5 - Heart of the Maelstrom」で止まっています。20年近くのブランクですな。当時はネット普及以前の状態で、攻略本も無かったので殆どノーヒントでクリアしました。確か三遊亭圓丈さんという落語家さんのパソコンゲーム雑誌コラム等が唯一の情報源だったような。今とは情報量が違いすぎますな。

公式サイト
Wizardry 囚われし魂の迷宮 Official Website
Wizardry Renaissance

関連記事
RPGの元祖『ウィザードリィ』がプレイステーション3で復活 - ファミ通.com
総合ゲーム情報サイト Online Player EX : PS3ならではの高品質なグラフィック! シリーズ最新作「Wizardry 囚われし魂の迷宮」の配信日が決定 [ 最新ニュース ]
4Gamer.net ― 「Wizardry 囚われし魂の迷宮」,PlayStation Storeで12月9日配信が決定(Wizardry 囚われし魂の迷宮)
アクワイア、PS3「Wizardry 囚われし魂の迷宮」。配信開始日を12月9日に決定 - GAME Watch
DL専用ソフト『Wizardry 囚われし魂の迷宮』は12月9日に発売

       
 

「ファイナルファイト」がHDリメイクで復活


アーケードやコンシューマで大ヒットを記録したカプコンの「ファイナルファイト」がPSNタイトル「Final Fight: Double Impact」としてリメイクされることが明らかになりました。

「Final Fight: Double Impact」には「Final Fight」と「Magic Sword」の二つのアーケードタイトルがパッケージされています。そして過去に配信されたカプコンの名作リメイクと同様にHDグラフィック化が施されcoopも搭載されるようです。

Finalfightdoubleimpactunveiled20091

うーん、ファイナルファイト大好きだったなぁ。アーケードでもハマったし、SFC版は無印とガイも買った。なるべくハガーのパイルドライバーのみで進めていく縛りプレイとかも楽しかった。でも、その後カプコンはストIIを大ヒットさせた事で「ファイナルファイト」のような2Dベルトスクロールアクションを下火に追いやってしまったんですよね。結果としてはその後リリースした「キャプテンコマンドー」もヒット作品にまでは至らなかったですし。

さて、「Final Fight: Double Impact」の配信時期は2010年4月が予定されています。日本での配信については不明ですが、日本語化の必要性を特に感じないタイトルですので北米版をそのまま入手してしまいそうです。この調子で「キャプテンコマンドー」や「ストライダー飛竜」もお願いしたいところですね。

関連記事
Final Fight: Double Impact (2010)
Oh, my car! Capcom porting Final Fight and Magic Sword to XBLA and PSN

       
 

Amazon新着情報 11/26


Amazonの新着情報です。


B001QCY0NY.hack//Link 絶対包囲パック(DVD「.hack//historical Disc」、Blu-ray「.hack//re-birth Disc」、設定図録「旧約碑文」、設定図録「新約碑文」同梱) 特典 スペシャルDVD付き
バンダイ 2010-03-04

by G-Tools

       
 

「のびのびBOY」ついに木星ステージに到達


2009年2月19日に配信された「のびのびBOY」がサービス開始から275日目の2009年11月21日に「木星」に到達しました。2009年5月23日の「火星」に続く3つめの惑星到達になります。

Nobinobi

まぁ私も火星到達直後に遊んだっきり、何ヶ月もプレイしてなかったのですけどね(笑)だからメディアに報道されるまで全然知らなかった・・・というよりは「木星に到達するとは思ってもいなかった」のが本音でしょうか。

前回の火星到達の際にはGirlちゃんの765倍モードというカラクリがありましたが、今回も同様のキャンペーン?があったのでしょうかね。どうせなら事前に告知があれば祭りに参加出来たのですが。

という事で久々に木星ステージで「のびのび」してみました。うん、相変わらず良い感じで気持ち悪い。改めて来年発売のモーションコントローラに対応して欲しいと思ったり。
余談ですが私のようなガンダム世代にとって木星は特別な星です。BOY達が向かった木星にあるのはGNドライブ製造工場でしょうか、木星帝国でしょうか、はたまた木星船団ジュピトリスでしょうか。

0034
しかし残念ながらシロッコもジュドーもいないセカイ

次なる目標は「土星」になります。10年前ならサターンを目指すなんて無理だったかもですな(笑)高橋さんのインタビューによると感動的なエンディングが用意されているようですので、私も時折は思い出したかのようにプレイしてみようかと。

公式サイト
WEB WEB BOY

関連記事
GIRLが初めて木星に着いたよ――『のびのびBOY』木星オープン
こんにちわジュピター――「のびのびBOY」のGIRLが木星に到達のお知らせ - ITmedia Gamez
4Gamer.net ― 「のびのびBOY」,GIRLが木星に到達。新ステージがオープン(のびのびBOY)
4Gamer.net ― 「のびのびBOY」の高橋慶太氏と「PixelJunk Eden」のBaiyon氏による対談を掲載(のびのびBOY)

       
 

Cellプロセッサの行方:2009/11/25


タイトルや文面中の日付に西暦を表記するようにしました。過去記事を読んだときに「何年の話だ?」と判らなくなることが多々あったからです(笑)


数日前から話題になっていた「IBMがCell開発を中止?」について現時点での結論が出たようですので取り上げてみます。

発端はIBMが「PowerXCell 8i」というプロセッサ開発を中止すると発表したことから始まります。

Fudzilla - IBM kills off Cell processor development

今回開発中止が発表されたプロセッサは「PPE×2+SPE×32」で構成されたハイエンドプロセッサ(PS3に採用されているのは「PPE×1+SPE×8」)の後継タイプになります。この報が「IBMがCellプロセッサ開発を全面中止」と尾ひれがついて広まり、各サイトを賑わせた結果になった訳です。

しかしその後、IBMのスポークスマンから開発中止されたのはあくまでも「PowerXCell 8i」後継モデルのみであり、それ以外のCell開発は継続されることが明らかにされました。

IBM have not stopped Cell processor development - DriverHeaven.net

勿論SCEからPS4についての正式な発表は一切行われていませんし、次世代Cellプロセッサの採用が確定されている訳でもありません。ただ、次世代PS4がPS1~PS3までの互換性を確保するためには強化されたCellプロセッサが必要になります。

更には蓄積されたCell開発ノウハウを今後も有効に活用する為にもCellを手放すことは現実的ではありません。

「PS1~PS2互換(PS3非互換)」のPS4なんて美しくない。

関連記事
日本IBM、Cellの倍精度浮動小数点演算を5倍に強化した「PowerXCell 8i」


B002LZTX0U PlayStation 3(120GB) チャコール・ブラック(CECH-2000A)
ソニー・コンピュータエンタテインメント  2009-09-03

by G-Tools
B002LZTX14 PlayStation 3(CECH-2000シリーズ)専用 縦置きスタンド(CECH-ZS1)
ソニー・コンピュータエンタテインメント  2009-09-03

by G-Tools
       
 

年内400万台突破は目前ぽい:2009/11/24


久々に販売台数の話でも書いてみようかと。
なお、今回の数字はVGChartzを基にしていますので、信憑性については各自の判断にお任せします。


2009年9月3日に新型PS3が発売されてから現在(11/15集計)まで約55万台が販売されています。これは初週の15万台を除いたとしても毎週4万台のペースになり、年末に向けて人気ソフトが数多く発売され続けている事と本体の値下げ効果が相乗効果を生み出していると考えても良いでしょう。

さて、2009年11月15日時点の集計でPS3の累計台数は3,888,564台になります。翌週以降も毎週3万台ペースを維持する事が出来れば、4週後の12月13日週には400万台を突破することになります。これは丁度「ファイナルファンタジーXIII」の発売前に達成することになる訳です。

累計300万台突破がメディアで発表されたのは2009年3月31日で、VGで累計300万台を突破した翌週のアナウンスになります。今回はFFXIII発売のタイミングと併せてメディアに取り上げられそうですね、景気の良い話ですし。

ちなみに2001年7月19日に発売されたPS2初のFFナンバリング「ファイナルファンタジーX」は初週で約190万本を記録していますが、FFX発売週のPS2国内累計台数は約500万台でした。この係数を「ファイナルファンタジーXIII」に当てはめると、予想売り上げ本数は約150万本前後になりますがはたして・・・。


まぁ12月17日から年内一杯まで休みはないし、私がFFXIIIをプレイするのは12月30日からになりそうですけどね。それにガンバ大阪が天皇杯決勝に進出したり、とある入手困難なチケットが確保出来たりするとプレイ開始が更に遅れそうですが。


B002LZTX0U PlayStation 3(120GB) チャコール・ブラック(CECH-2000A)
ソニー・コンピュータエンタテインメント  2009-09-03

by G-Tools
B002LZTX14 PlayStation 3(CECH-2000シリーズ)専用 縦置きスタンド(CECH-ZS1)
ソニー・コンピュータエンタテインメント  2009-09-03

by G-Tools
       
 

「龍が如く4 伝説を継ぐもの」発売日発表はそろそろ?


2010年春に発売が予定されている「龍が如く4 伝説を継ぐもの」の情報も色々と揃ってきました。相変わらず龍チームは情報を提供するペースや話題作りが上手ですな。まぁカレーの試食会レポートは果たしてどうなのかと思いましたが(笑)

最新作「龍が如く4」は今までのシリーズ作品と違い「主人公を4人」に変更したことが最大の注目点になるでしょう。シリーズを通して物語の中心であり絶対的な主人公として活躍した「桐生一馬」の立ち位置が変わる事で、ゲームとしての「龍が如く4」は確実に広がりを見せるでしょうが、今まで熱心にプレイしてきたファンに対するハレーションも小さくありません。私は「龍が如く」シリーズの新たな挑戦としてフラットに受け止めて楽しんでみようかと。

0131
龍4では出番が少なそうな真島のアニキ

さて、PS3の過去シリーズ「龍が如く 見参!」や「龍が如く3」の発売日が明らかにされたのは11月下旬になります。同じパターンならば「龍が如く4」の発売日発表も今週2009年11月26日(木)になりそうですがどうでしょうね。発売日についても龍4の物語は、ある事件が2010年3月2日に勃発する事から始まる設定になっていますので、発売時期は事件勃発日の直前週2010年2月25日(木)が最有力になるでしょう。

その日はPS3「ノーモアヒーローズ」の発売日で、他ハードでも有力ソフトが発売される「激戦週」になる可能性が高いタイミングですが、もう逃げ場はどこにも無いってのも事実です。前作「龍が如く3」は50万近いヒット作品になりましたし、続編であり集大成になる「龍が如く4 伝説を継ぐもの」にも更なるヒットを記録していただきたいですね。

0691
当サイトでは龍4でも真島のアニキをゴリ推しする予定

公式サイト
龍が如く4 伝説を継ぐもの | セガ公式サイト


B002R59HHI 龍が如く3 PlayStation3 the Best
セガ  2009-12-03


by G-Tools
       
 

「ファイナルファンタジーXIII」のあれやこれや:2009/11/22


2009年12月17日の発売まで1ヶ月を切ってしまった「ファイナルファンタジーXIII」関連の情報を物語本編に触れない範囲で取り上げます。


・Amazonで在庫復活
11月20日あたりからAmazonでFFXIIIの在庫が復活しています。一時期は業者販売で1万円以上の価格が設定されていた事もあり、SFC版「ファイナルファンタジーVI」の11,400円という法外な定価を思い出してしまいましたね(笑)

9月上旬の注文開始からたった1ヶ月弱で注文がストップされてからも時折在庫が復活していましたが、その時はキャンセル分が在庫に回されただけのようで少し経てば注文不可に戻っていました。今回の復活は3日ほど経過しても元気よく在庫が残っていることからもAmazonも発売1ヶ月前に在庫を拡充したものと思われます。

ゲーム業界やメディア的には発売日当日に開店前から並ぶゲームファンという絵面を未だに有り難がっている風潮があります。確かに発売日に通販で購入されたら盛り上がり方を取り上げる事は難しいけど、通販へのシフトは加速する一方だからなぁ。古い慣習に拘って、このまま通販に回さずに実店舗に人を集めようという戦略なのかな?と不安に感じていただけに少し安心しました。

ただ、現在もランキング絶賛1位で売れ続けていますので、興味がある方はお早めの確保をオススメします。(追記:11/22 19:00時点でまたもや在庫切れのようです・・・)

・成長システムはスキル制
レベル制が廃止されたことは既報でしたが、今回は成長システム「クリスタリウム」の情報が公開されています。戦闘により取得出来る「CP(クリスタルポイント)」によってロール(ジョブ)やステータスのアビリティを成長させるシステムです。

経験値・レベル制の排除やポイントによるスキル取得による成長は「ファイナルファンタジーX」のスフィア盤と似ていますが、成長ルートを分岐させることにより終盤の金太郎飴化や全員勇者化を避けるシステムのようです。

FFXIIIの戦闘バランスは難易度が高めとの話もありますし、先を見据えて成長させないとどうにも使えないキャラクタが取り残されてしまう可能性もあります。

「ファイナルファンタジーVIII」も個性的すぎるシステムの影響か周囲でも挫折したという人の話は結構聞きました。ゲームの基軸として物語が重要な要素であるJ-RPGの場合、購入したプレイヤーになるべく「最後まで遊んでいただく」工夫や措置は必要です。特に普段からゲームをプレイしないライトユーザも数多くプレイするFFシリーズは尚更のことで、「白騎士物語」のように条件をクリアすると能力全リセットでCP値割り戻し等の救済措置があれば嬉しいんですけどねぇ。最初からやり直すのは大変だし。

・発売直前特番が放送されるとか
12月13日(日)にはBS11にてFFXIIIの発売直前特番が放送されるとの事です。単体のゲームソフトで発売記念特番ってあまり例がないですよね。一般層へのアピールを考えるならば地上波がベストだった訳ですがさすがに贅沢すぎるか・・・。

12月に入る頃にはTVCMも放映されるでしょう。CM映像の出来映えにも大注目です。

・今週はFFXIII試遊出展ウィーク
以前の当ブログでも取り上げたとおり、東京(11/23)・大阪(11/28)・名古屋(11/29)で開催される「体験!プレイステーション」でFFXIIIが試遊出展されます。TGS2009バージョンなら試遊時間は一人あたり15分~20分になり、出展台数にもよりますが結構な待ち時間になる可能性がありますのでご注意を。

公式サイト
FINAL FANTASY XIII

関連記事
4Gamer.net ― ついに成長システムが明らかに。発売まで1か月を切った「ファイナルファンタジーXIII」の最新情報をお届け(ファイナルファンタジーXIII)
スクエニ、PS3「ファイナルファンタジーXIII」。成長システム「クリスタリウム」などの情報を公開 - GAME Watch


B000FNQXEO ファイナルファンタジーXIII
スクウェア・エニックス  2009-12-17


by G-Tools
       
 

3Dゲームには期待してしまう


2009年11月19日に開催されたソニーの「報道関係者向け説明会」にてPS3の3D対応はオンラインアップデートのみで実現されることが発表されました。どうやらソニーが2010年に導入を予定している「3Dテレビ」のコンテンツ展開においてPS3が重要な役割を担う事になりそうです。

昨日は「モーションコントローラ(仮)」を紹介しましたが、正直なところ「3Dテレビ」の方が何倍も興味があります。確かにHDTVですら普及しきっていない現状を考えると、「専用メガネ」が必要な3Dテレビが独り立ちして一般層に普及する可能性は限りなく低いと思いますが、将来的には普通のテレビに「包括される」機能になる事を期待したいところです。

海外ならともかく日本の住宅事情では4K2K規格のテレビはさすがにオーバースペックである事を考えてもテレビの3D化は自然な流れです。それにPS3ユーザの多くはHDゲームの素晴らしさを体感している訳ですし、最先端のゲーム機として更なる映像表現の可能性はどこまでも追求して欲しいですね。

私自身、1万円弱のモーションコントローラ(仮)の購入はどちらかというと渋々ですが、3Dテレビには購入範囲であれば飛びつく予定です。勿論PS3の3D対応アップデートと3D対応ゲームのリリースタイミング次第ですが。

L_yog_display01

とは言え、私は元々プラズマ派ですし3D化において液晶よりプラズマの方が原理的に有利な部分もありますのでパナソニックの3D対応テレビを購入するんだろうなぁ(笑)やはり俺はソニーファンには成りきれないようです、残念。

関連記事
プレイステーション3はオンラインアップデートだけで3Dゲームに対応 - ファミ通.com

       
 

Amazon新着情報 11/20


Amazonの新着情報です。


B002R8KRAGバイオハザード5 オルタナティブエディション
カプコン 2010-02-18

by G-Tools

       
 

PS3「モーションコントローラ(仮)」の発売日は?


カプコンのPS3用「バイオハザード5 オルタナティブ エディション」発売日が2010年2月18日に決定しました。これは2009年3月5日に発売された「バイオハザード 5」のグレードアップ版となり、追加コンテンツや新要素が追加されています。

さて、本題はこれからです。「バイオハザード5 オルタナティブ エディション」の最大の売りはPS3用「モーションコントローラ(仮)」に対応していることです。

Ko3_1157
どうみても打神鞭だよな

しかし、モーションコントローラ自体は2010年春の発売予定のままで、11月19日に開催されたソニーの報道関係者向け説明会でも発売日や価格等の発表はありませんでした。前述のバイオ5AEの発売日には意味があると考えたいところではありますが・・・。

実は当ブログでは、6月開催のE3 2009にて初お披露目された「モーションコントローラ(仮)」について取り上げたことはありませんでした。正直に書くとモーション操作には興味が無かったからで、今でも「めっちゃ楽しみです」と抵抗なく書けるほどの関心はありません。

とは言え「DUALSHOCK 3」以来のPS3用新コントロールデバイスをスルーする気にもなれないので入手する予定です。既にPS Eye持ってますしね。
でもバイオ5を今更プレイする気にはなれないなぁ。

とりあえず、改めてPS3用「モーションコントローラ(仮)」でどのようなソフトが遊びたいかを考えてみました・・・が何も思いつかないのですよね(笑)PS3が誇るSCEタイトル「グランツーリスモ」「ゴッド・オブ・ウォー」「アンチャーテッド」がモーション操作に対応しても面白そうだとはピクリとも思わないですし、やっぱりパーティゲーム止まりのデバイスなのかなぁ。

でも、HD映像のキャラクタがビビッドに反応するなら印象も変わるのかも知れません。今の段階ではSDグラフィックとのセットで「しょぼい」イメージしか沸きませんので。まぁ我々PS3ラバーを驚かせるような今後のソフトウェア展開に一応の期待だけはしておきます。

現在アナウンスされているモーションコントローラ対応ソフトは下記の通り。

・サルゲッチュ (仮称)
・真説 無限回廊 (仮称)
・街スベリ (仮称)
・Sing and Draw (仮称)
・Champions of Time (仮称)
・Motion Party (仮称)
・The Shoot (仮称)
・Tower (仮称)
・Mr. Pain
・Flowery
・ハスラーキング
・High Velocity Bowling
・EyePet

「Flowery」はモーション操作との相性が良さそう。やはり本命は「サルゲッチュ」か・・・。「ライズフロムレア」のデベロッパが健在ならなぁ。


余談ですが、某パントマイムコントローラについては未だに映像すら見たことがありません。興味が無い事に関しては完全無視できちゃう淡泊さは自分自身の数少ない長所だと思う。

公式サイト
高精細センサーを搭載した PlayStation®3専用モーションコントローラ(仮称)2010年春発売 ~プレイヤーの動きを忠実にゲームに反映、新しいゲーム体験を提案~
CAPCOM:バイオハザード5 オルタナティブ エディション 公式サイト

関連記事
『バイオハザード5 オルタナティブ エディション』の発売日が決定 - ファミ通.com
カプコン、PS3「バイオハザード5 オルタナティブ エディション」2010年2月18日発売決定 -GAME Watch
『バイオ5 オルタナティブ エディション』の発売日は2月18日
プレイステーション3はオンラインアップデートだけで3Dゲームに対応 - ファミ通.com


B002R8KRAGバイオハザード5 オルタナティブエディション
カプコン 2010-02-18

by G-Tools
       
 

フラゲ情報より:「NO MORE HEROES」がPS3他にリメイク 11/19


フラゲ情報につき、真偽の程は実際に購入してお確かめ下さい。


グラスホッパー・マニファクチュアが開発したWii「NO MORE HEROES」がHDリメイクされる事が明らかになりました。タイトルは「NO MORE HEROES (ノーモア★ヒーローズ)英雄たちの楽園」で発売時期は2010年2月25日になります。

「NO MORE HEROES」はWii用サードタイトルの宿命か、国内での売り上げは芳しくありませんでしたが、高い評価を得ているゲームです。HD化だけではなく幾つかの新規要素も盛り込まれているとの事ですので、既にWii版をプレイした方でも楽しめる作品になりそうです。

さて、世界でも有名な日本人ゲームクリエイター(及び国内デベロッパ)が手がけるマルチタイトルと言えば、最近ではプラチナゲームズの「ベヨネッタ」を思い出す方も多いでしょう。しかし、ベヨに関してはマルチ開発を最初から放棄していたプラチナゲームズの開発姿勢に疑問を抱く結果となりました。これはゲーム内容やPS3版の出来云々とは別の次元の話です。

幸い?マーベラスに移植作業を求めることは最初から無理でしょうから、「NO MORE HEROES 英雄たちの楽園」についてはグラスホッパーが手がけるマルチタイトルになるでしょう。他社ではありますが、ここは是非「NO MORE PlatinumGames」の精神で開発していただきたいところです。

「NO MORE HEROES」は以前から興味のあるゲームでしたし、HDリメイクされた本作には大いに関心がありますので、PS3版がベヨらない限りは購入決定です。既に発表されている続編「NO MORE HEROES 2 DESPERATE STRUGGLE」のHD版が並行リリースされるぐらいの勢いがつけば・・・嬉しいのですけどねぇ。

しかし何となく「龍が如く4」や「ヘビーレイン」が前後に来そうな予感。結局どこにも逃げ場所なんて無いのかもと思いつつある昨今だったり。

公式サイト
NO MORE HEROES : HOME


B002XISAKYノーモア★ヒーローズ 英雄たちの楽園
マーベラスエンターテイメント 2010-02-25

by G-Tools
       
 

「inFamous」ミリオン突破、そして続編のウワサ


PS3用オープンワールドアクション「inFamous」がワールドワイドで100万本を突破したとのことです(VG調べ)。この数字は欧米からおよそ半年遅れで発売された日本版の売り上げ本数(約1.6万本)を加算することで達成した結果になり、販売比率を見てしまうとなんだか申し訳ない気分になったのは私だけでしょうかね(笑)ともあれ、新規IPタイトルでミリオン突破はめでたい事です。ミリオンを突破したSCEブランドのPS3タイトルはこれで11本目、新規IPとしては6本目になります。

・Resistance: Fall of Man(3,636,631)
・MotorStorm(3,480,771)
・Gran Turismo 5 Prologue(3,235,937)
・Uncharted: Drake's Fortune(2,686,232)
・LittleBigPlanet(2,537,121)
・Killzone 2(2,045,799)
・Resistance 2(1,687,453)
・Ratchet & Clank Future(1,638,021)
・Uncharted 2: Among Thieves(1,491,907)
・Heavenly Sword(1,380,640)

Infamous20090508022719301
ビリビリ~

さて、人気タイトルの仲間入りをした「inFamous」には早くも続編の噂が出ています。つい1ヶ月ほど前にも声優オーディションを受けた俳優がTwitterに呟いてしまった事がウワサの発端になっています。この手のポロリは日本では殆ど無くなってしまいましたが、最近でも人気RPGの移植情報が出演声優さんのブログから広まってしまった事は記憶に新しいですね(結局は勘違いだったようですが)

そして今度は開発のSucker Punchがオンラインプログラマーを募集していることから「inFamous」続編にはオンライン要素が組み込まれるのでは?とウワサされています。勿論更なる新規IP作品である可能性は残されています、「inFamous」で高い開発力を認めさせたSucker Punchの最新作なら期待大です。でも、私はやはり「inFamous 2」でコール君の更にパワーアップされた電撃アクションを堪能したいですなぁ。ゲーセンのコインを指で弾き出す技が追加されてもOK。

Infamous20090428112027608
びりびり~

そういえば「ゴッド・オブ・ウォーIII」体験版の配信は今週でしたな。こちらも楽しみだったり。

公式サイト
INFAMOUS~悪名高き男~

関連記事
PS3center.net - Story: inFAMOUS 2 to feature online play?
VG247 » Blog Archive » Rumour – inFamous 2 to feature online multiplayer
Sucker Punch Adding Online Multiplayer To InFamous Sequel? - PS3 News
News: InFamous 2 to have "online component" - ComputerAndVideoGames.com


B002NKLXWY INFAMOUS ~悪名高き男~【CEROレーティング「Z」】
ソニー・コンピュータエンタテインメント  2009-11-05


by G-Tools
       
 

バンナムの「あのRPG」とはなんぞや 11/17


バンダイナムコが新作RPGのカウントダウンサイトをオープンしました。

新作RPG

プラットフォームは全くの不明です。カウントダウンサイトに「あのRPGが帰ってくる」と表示されている事からも過去作品の続編、もしくは外伝やリメイクになることが予想されます。ぶっちゃけHDタイトルの可能性は限りなく低いのですが、今のタイミングでしか書けない事ですので取り上げてみます。

Newrpg

バンナムのRPG作品と言えば「テイルズ」が有名です。最近でもPS3版でようやく完成したテイルズオブヴェスペリア続編の可能性が示唆されていますが、今回の煽り文とは少し印象が違うような気がするのですよね。それにテイルズ新作の場合はもっと派手な発表が行われるでしょうし。

そうなると・・・「ゼノサーガ」ぐらいしか私の記憶にはありません。少し調べてみてもナムコやバンダイのRPGは思っていたよりも少ないですね。

・「ワルキューレの冒険」シリーズ
・「デジタル・デビル物語 女神転生 I/II」
・「貝獣物語」
・「じゅうべえくえすと」
・「ゼノサーガ」シリーズ
・「.hack」シリーズ
・「サモンナイト」シリーズ
・「トラスティベル ~ショパンの夢~」

幾つか見落としていると思いますが、バンダイレーベル作品は今でも新作やリメイク作品が登場していますし、「帰ってくる」との表現がピッタリ来る作品が見つかりません。

個人的には、やはり「ゼノサーガ」3部作のPS3完全リメイクを熱望したいところで、美麗なHDの映像でもう一度プレイしてみたい作品です。でも、モノリスソフトには期待出来ないしなぁ。

タイトルが明らかになるのは5日後の21日(土)。久々に雑誌と連動しないカウントダウンでしょうかね?例の如く発表されたタイトルがPS3ハード以外ならば何事もなかったかのように私はスルーしてしまいますので、もう一度記事を書く事が出来れば良いなぁ。

そろそろバンナムさんもPS3用「新RPG」のカードを切っても良い頃かと(笑)

       
 

海外は2010年3月が修羅場っぽい


「FFXIII」海外版の発売日が2010年3月9日に決定したようですね。計画通り?2009年度中にワールドワイドでのリリースまでこぎ着けたようです。しかしそうなるとスクエニの2010年度はアギトXIIIとヴェルサスXIII以外に何か弾はあるのでしょうかね?アギトはともかくヴェルサスは2011年度にずれ込みそうだし。

さて、2010年3月と言えばSCEが誇るビッグタイトル「God of War III」と「Gran Turismo 5」が予定されています。FFXIIIはディスク枚数も含めてPS3版が仕様的に優位ですので欧州は勿論、北米でも普及台数比率以上の売り上げが期待出来ます。しかし、これらのPS3専用ビッグタイトルが同じ月に発売されるとなると、ジャンルが全く違うとは言え影響が皆無では無いでしょう。

まぁGT5は普通に延期されそうですけど(笑)

Finalfantasyxiii20091112054733870
Godofwariii20091021011630814
Granturismo5screens2009102009051049
この3本が同じ月に発売されたらアカンと思うわけですよ

そして、当ブログも含めた色々なサイトでも取り上げられているように日本では2010年1月28日が修羅場になります。更にPS系以外でもDQ6リメイクが同日に発売されることもあって、セガ・バンナム・スクエニのJ-RPGが同日に発売される前代未聞の異常事態に陥っています。

例え「ジャンルが違う」「ハードが違う」とは言っても一人のゲームファンに与えられた時間や予算は限られています。PS3のみを所有しているユーザであっても同日にJ-RPGが3本発売される訳ですから、本当に「誰が得をするのだろうか?」と首を傾げたくなります。

最近、音楽CDのデイリー売り上げを毎日チェックしていた期間がありましたが、フォーマットが統一されているとは言え音楽業界はゲーム業界のような消費者側から見ても首を傾げたくなるような競合は殆どありません。ぶっちゃけB'zとKinKi KidsのCDが同じ日に発売される事は無いのです。

ボクシングのパッキャオみたいに「強い相手と闘って勝利する」事はスポーツならば大いに価値がある事ですが、ビジネスでは話が別です。業界全体で「win-win」を目指さないと全ての企業が「lose-lose」なんて事になりかねません。

まだ2010年1月28日までは期間がありますし、今のうちに発売日をずらしても誰も困りません。でも「更なるクォリティアップの為」を理由に掲げるのは禁句ですけどね(笑)

関連記事
FINAL FANTASY XIII – The Time Has Come – PlayStation.Blog.Europe

       
 

「エンド オブ エタニティ」最新PV、そして試遊の感想でも 11/15


2010年1月28日発売予定のセガ「エンド オブ エタニティ」の最新PVが公開されています。

実は大阪ATCホールで開催中(11/14-15)の「Games Japan Festa 2009」にてEoEを体験プレイしてきました。試遊バージョンはTGS2009に出展されたものと同じとの事でしたが、試遊終了後の告知画面には発売日が明記されていましたね。(EoEの発売日が発表されたのはTGS2009開催後)

既に「t・A・B(トライ・アタック・バトル)」がフィーチャーされたTGS2009バージョンのレポートは下記の通り幾つか上がっていますので詳細は割愛します。

【TGS2009】銃撃RPG『エンド オブ エタニティ』の戦闘システムを体験/ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム
“銃撃多重奏RPG”の名は伊達じゃない! 『エンド オブ エタニティ』体験レポ
[TGS] “銃撃多重奏RPG”の名は伊達じゃない! 『エンド オブ エタニティ』体験レポ - livedoor ニュース

さて、30分弱の短い間でしたが実際に試遊した率直な感想を書きます。

・「爽快感」は感じられない
・パーティキャラ3名の個性が感じられない
・アクロバティックアクションはかなりクドイ

うぁ率直に箇条書きしたら身も蓋もない内容だった(笑)

・「爽快感」について。
一桁の数字が連鎖するダメージ表記と銃攻撃がどうにもミスマッチなんですよね。戦闘システムもパーティキャラの配置を考えて移動させる等のテクニックも必要になり、若干の戦略性が求められます。その上で少しずつダメージを与えて削っていく戦闘システムから「爽快感」を感じる事は困難じゃないかな。雑魚敵も最初から固いし。

・「パーティキャラ」の個性について。
例えるならばディナメスとケルディムとサバーニャのパーティって判る人が限られるか・・・ではイクサとギャレンとゾルダのパーティという事で(笑)要するに銃攻撃のメンバーだけで構成されたパーティなんですよ。その状態で各々のパラメータのみで戦闘キャラとして個性を確立するのは難しく、結局は「強弱だけの違い」に陥ってしまうのではないかと。属性攻撃や銃以外の格闘攻撃もありますが、戦闘システムの基本軸が「銃」である事は間違い無いですしねぇ。この辺りは体験版や製品版をじっくりとプレイすれば各々の個性は見えてくるように作られているはずですが、少し伝わりにくい要素です。

それでもエクシアとダブルオーライザーとクアンタのパーティなら俺は大丈夫だけどね(だからその例えは判りにくいと)

・「アクロバティックアクション」について。
通常戦闘では「インビンシブル・アクション」での攻撃がメインになると思います。そのインビンシブル・アクションの移動中にタイミング良く□ボタンを押すことで操作キャラがジャンプをします。ジャンプによって障害物を飛び越えたり上空から攻撃をすることが出来るのですが、派手なアクロバティックアクションは最初の数回で「飽きます」。テイルズオブヴェスペリアの戦闘終了後の掛け合いやモーションは色々と工夫されていましたし、戦闘のテンポとは関係ない要素でしたからねぇ。それに比べるとどうにもテンポが悪くなり、またもや「爽快感」から少し外れた印象を与えてしまいます。

Resonanceoffatejump
格好良くジャンプしているんですが・・・

まぁ色々と書いてしまいましたが、実際のプレイ感はそれ程悪いとは感じなかったのも事実だったりします。要するにシステムのアクの強い部分が取っ掛かりで気になっているだけで、この辺りが気にならなくなる(慣れて楽しめるようになる)と評価は逆転するのかも知れません。

あと気になったところとしてはデフォルトのカメラ操作が私標準と逆で、スタッフの方にリバース設定があるかどうかを聞いたのですが「判らない」との事で少し困りました。まぁアクションゲームでもないので致命的な問題ではないのですが、毎回のように思った方向と逆にカメラが動くのも気分が良くありません。製品版では「当然」のようにリバース設定出来るとは思ってますけどね。エンチャントアームじゃないんだから。


ちなみに「Games Japan Festa 2009」で出展されたEoE試遊台はPS3と他機種の合計2台のみでした。一人あたりのプレイ時間は大体25分~30分で、並んでから試遊開始まで軽く2時間待つことになりました。「Games Japan Festa 2009」については別に書く予定ですが、待ち時間だけで合計4時間以上費やしてたりするんですよね。

そして、スタッフの方に聞いたところ12月中にEoE体験版の配信が予定されているとのことです。今回の試遊ではコツを掴みかけた頃にプレイが終了してしまいましたので、今度は自宅で「t・A・B」をもう一度じっくりと遊んでみたいと思います。

Games Japan Festa 2009

公式サイト
End of Eternity|エンド オブ エタニティ OFFICIAL SITE

関連記事
『エンド オブ エタニティ』レベルアップシステムの概要を紹介 - ファミ通.com


B00266QNZC End of Eternity (エンド オブ エタニティ) 特典 スペシャルサウンドトラック「RESONANCE OF SOUNDS」付き
セガ  2010-01-28


by G-Tools
       
 

「Games Japan Festa 2009」は今週開催 11/14


毎年大阪で開催されているゲームイベント「Games Japan Festa 2009」が本日11月14日から大阪ATCホールにて開催されます。開催時間は10:00~17:00になります。

直前の段階で明らかにされている出展タイトルは下記の通り。

【PS3出展タイトル】
・FIFA10 ワールドクラスサッカー
・ニード・フォー・スピード シフト
・ロスト プラネット2
・アバター THE GAME
・バットマン アーカム・アサイラム
・アサシンクリードII
・侍道3plus
・End of Eternity
・アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団
・グランツーリスモ5
・ラチェット&クランクFUTURE2
・QUANTUM THEORY

【PSP出展タイトル】
・R-TYPE TACTICSⅡ
・ダライアスバースト
・喧嘩番長ポータブル
・ファンタシースターポータブル2
・戦場のヴァルキュリア2 ガリア王立士官学校
・GOD EATER
・メタルスラッグXX
・アンデッドナイツ

最初に紹介したときよりかなり増えましたね。最初は「エンド オブ エタニティ」だけの予定だったのですが、「アサシンクリードII」「グランツーリスモ5」「QUANTUM THEORY」「ダライアスバースト」は是非とも試遊してみたいものです。

東京以外で開催されるゲームイベントとしては比較的規模が大きいですし、TGSで出展された試遊タイトルがこのように関西でもプレイ(しかも無料)出来る事は実に素晴らしい事です。今後の継続のためにも盛り上がって欲しいですねぇ。

公式サイト
Games Japan Festa 2009│開催案内
Games Japan Festa 2009│出展・ソフト

       
 

「FFXIII」初回版封入キャンペーンコードの内容が明らかに


いよいよ12月17日に発売される「フィナルファンタジーXIII」の初回特典として「ファイナルファンタジーXIV」のキャンペーンコードが封入されることは既に発表されていますが、その内容が少しだけ明らかになりました。

FFXIII初回版に封入されるキャンペーンコードは「FFXIV」正式サービスイン後に使用可能になるもので、ゲーム内シークレットアイテムが入手出来るとの事です。アイテムの内容については現時点では秘密にされており、明らかにされるのは相当先になりそうです。

個人的には「初回生産分パッケージ」にPS3同梱の「FINAL FANTASY XIII LIGHTNING EDITION」が含まれていた事に安心しました。今回のキャンペーンが明らかになった直後にスクエニにメールで問い合わせたときには回答を頂けなかったので少し不安だったんですよね(笑)別途初回パッケージを確保する必要があるのかと・・・。

しかしまぁ発売時期は勿論、ベータテストのタイミングすら明らかにされていない「FFXIV」が正式サービスインしてからのアイテムコードとは気の長い話です。先代のFFXIも半年近くのβ期間がありましたし、2010年春頃からベータテストが開始されたとしても正式サービスインは秋あたりになるのではないでしょうか。FFXIの時みたいに夏休み前のサービスインはさすがに難しいでしょうね、マルチプラットフォームだし。

そう言えばFFXIVがサービスインされる前に「ヴェルサスXIII」と「アギトXIII」はリリースされるのでしょうかね?FFX-2はFFXIの翌年に発売されていますが、ヴェルサスやアギトは続編という訳では無いしなぁ。

Finalfantasyxivonline20090821002751

公式サイト
FINAL FANTASY XIII
FINAL FANTASY XIV

関連記事
『ファイナルファンタジーXIII』と『XIV』が連動 - ファミ通.com
4Gamer.net ― 「FINAL FANTASY XIV」,新たに2クラスの概要が公開に&「FF XIII」初回生産分にはFF XIVのゲーム内シークレットアイテムコードが同梱!(FINAL FANTASY XIV)
スクエニ、「ファイナルファンタジー XIV」の最新情報を公開 - GAME Watch

       
 

「体験!プレイステーション」にFFXIIIが出展 11/12


そういえば11月11日はPS3の発売記念日でしたね。トロステの週刊化とかありましたが、今のSCEは記念日には拘らないっぽい。


さて、11月下旬に東京・大阪・名古屋の3都市で「体験!プレイステーション」が下記の要項にて開催されます。

【東京会場】
開催日時:2009年11月23日(11:00~18:00)
会場:サンシャインシティ アルパB1噴水広場

【大阪会場】
開催日時:2009年11月28日(11:00~18:00)
会場:BREEZE BREEZEメディアコート

【名古屋会場】
開催日時:2009年11月29日(11:00~18:00)
会場:ラシック パサージュ

【PS3 出展タイトル】
・ワールドサッカーウイニングイレブン2010
・ドラゴンボール レイジングブラスト
・ラチェット&クランク FUTURE 2
・ファイナルファンタジーXIII

【PSP 出展タイトル】
・グランツーリスモ
・機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT PLUS
・ファンタシースターポータブル2
・NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットアクセル3
・真・三國無双5 Empires
・キングダム ハーツ バース バイ スリープ


今回の目玉はなんと言っても「ファイナルファンタジーXIII」と「キングダム ハーツ バース バイ スリープ」でしょう。スクエニが目玉タイトルを試遊会に出展してくるとは予想していなかったので少し驚いています。

ただ、大阪会場に関しては少し状況が違い、自然と人が集まるようなロケーションではありません。TGS2009でのFFXIII試遊版のプレイ時間は15分~20分程度でしたので、人の並び等を考えた結果なのかも知れませんが、一般層にPS3をアピールする場として考えると少し物足りないとも感じます。名古屋は判りませんが、東京会場の人通りは問題無さそうです。

残念ながら私は仕事の関係で参加する事は出来ません。やはり無理してでもTGS2009でFFXIIIを試遊しておいて良かったと思います。

関連記事
『FF XIII』も出展! PS3/PSP新作体験イベントが11月下旬開催
4Gamer.net ― SCE,全国3会場でPlayStation 3/PSP体験イベント開催
東京、大阪、名古屋で“体験!プレイステーション”が開催決定 - ファミ通.com
SCEJ、PS3/PSP体験イベント「体験!プレイステーション」、11月23日より東京、大阪、名古屋で開催。「ファイナルファンタジーXIII」の試遊台も出展 - GAME Watch
『FF XIII』も出展!「体験!プレイステーション」11月は3都市で開催/ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム

       
 

「MASSIVE ACTION GAME(MAG)」βテストにちょこっと参加してみる


久々にアクセス増えてるなぁ、しかもMAGの記事って何故?と思って解析してみたら某匿名掲示板からのアクセスでした(笑)しかし、この記事のどこに引っかかる要素があったんでしょうかね?

その「MASSIVE ACTION GAME(MAG)」のベータテストが11月10日から開始されています。早速私も参加してみましたが、さすがに初日だけあって3GB程度のダウンロードでも相当に時間が掛かりましたね。

やっとの事でインストールが終了し、早速テストに参加してみました。

私がプレイした時は32人vs32人の「妨害作戦」のみでしたが、GAME Watchの記事によると日や時間帯によって遊べるゲームモードが制限されているようです。お目当て?の256人対戦が体験できる「制圧作戦」も時間帯によってはオープンされているようですのでタイムテーブル等の情報が欲しいところですね。

取りあえずマッチングされた「妨害作戦」にゲームインしましたが、フィールドに出て1分後には「パスッパスッパスッ」と撃たれてしまいました。最初はこんなものよ・・・と思いながら華麗に復活し、今度は障害物に隠れながら慎重に進んでいたつもりが、またもや思わぬ方向から「パスッパスッパスッパスッ」。この繰り返しでしたな(笑)予想通りすぎる展開です。


さて「MASSIVE ACTION GAME(MAG)」βテストにちょこっとだけ参加した感想を書きます。

グラフィックやフレームレートについては、私がプレイしたモードが一番負荷が少ない(32vs32)と言うこともあるのでしょうが良好でした。人数が増えても基本は分散しているはずなので大きく落ち込むことは無いでしょう。

ローカライズに手抜きは感じられませんでした。この辺りは最近のSCEタイトルと同様でマルチリンガル開発の恩恵と言えそうです。欧米とほぼ同じタイミングで発売出来る事は勿論、スクリプトやメニュー等の日本語に全く違和感がありません。

メニュー等の操作レスポンスも快適です。ゲームモードとメニューを頻繁に行き来するオンライン専用ゲームはメニュー操作等のレスポンスが作品自体の評価にも影響しますし、基本的な部分の使いやすさは重要です。

ゲームプレイに関しては「普通のFPS」で、際立った要素は特に感じませんでした。大人数でのオンラインプレイを前提とするFPSとして「なるべく無難」に仕上げたとも受け取れます。フィールドの違いによる舞台演出がどの程度工夫されているかには興味がありますね。

と言う事で、やはり人数が集まらないとこのゲームは盛り上がりません。MAGの最大の売りである「256人対戦」を気軽に楽しむための工夫やシステムの構築が今後の課題になりそうです。Homeからのオートマッチング等も製品版までには実装されるのかな。

あと、公式サイトではパブリックβ版マニュアルがPDF形式でダウンロード出来ます。この配慮は実に助かりますね、PSP/PS3のDLタイトルもマニュアルがPDF形式なら購入意欲も少しは高くなるのですが、色々と問題あるのでしょうかね。

今回のMAGベータテストの期間は2009年11月10日~20日になりますので、今週末が一番盛り上がりそうですね。私も蜂の巣なりの戦い方を貫き通したいと思います。

公式サイト
MASSIVE ACTION GAME (MAG) ™

関連記事
PS3ゲームβテストレポート「MASSIVE ACTION GAME(MAG)」(前編)-GAME Watch


B002T068BE マッシブ アクション ゲーム(MAG)(オンライン専用)
ソニー・コンピュータエンタテインメント  2010-01-28

by G-Tools
       
 

「アサシン クリード II」のレビュー疑惑が海外で発覚 11/10


海外では来週の11月17日、国内では12月3日の発売が予定されている「アサシン クリードII」の良くない噂が飛び込んできました。なんでもドイツのゲーム誌によるとアサクリ2のレビューに関してUBIから「A評価」を要求されたとの事です。

確かに前作は新規IPでありながら全世界で800万本以上を売り上げた大ヒット作品で、続編であるアサクリ2も発売前から大いに期待されているタイトルです。とは言え体験版の配信は予定が無く、尚かつ雑誌等レビューを操作しようとする動きが見え隠れするようではイメージダウンも免れません。この噂が本当ならばUBIの完全な自爆でしょう。

さて、そろそろ本題(余談?)に入りますが(笑)私はこのニュースを最初に知ったときに「で?」と思いました。この辺りは日頃からファミ通レビューで訓練している我々ならではでしょうかね、そもそもビッグタイトルは当然のように補正されていると思っているあたり何かが間違っているような気もしますが。

私は雑誌レビューの得点制を無くせば良いのになぁと常々感じています。複数のレビュワーが一つのソフトの「良いポイント」「悪いポイント」を多数列記し、後は読んだ人が購入を判断する方が健全じゃないかなと。それに文字が多いと立ち読みも減らせるし(笑)

後、ソフトハウスはなるべく体験版を出す努力をして欲しい。実際にプレイして初めて判る部分も多々ありますし、自分自身の判断が一番信頼できますからね。「体験版出さないなんて出来が悪いんじゃね?」と勘ぐられるぐらいになれば、状況は好転していくと思います。

まぁ「アサシン クリードII」については来週開催のGames Japan Festaで実際にプレイして判断する予定です。そいやスクエニの未発表タイトルって何だろうね。

公式サイト
Ubisoft - アサシン クリードⅡ

関連記事
Ubisoft、ドイツのゲーム雑誌に『Assassins Creed 2』の高得点レビューを要求? - Game*Spark
「『FIFA 10』が日本で好評で嬉しい」-EA SPORTSのドンが喜びの声 | インサイド


B002C1ARGM アサシン クリードII【CEROレーティング「Z」】 特典 初回限定リファレンスガイド(A5判96ページ)付き
ユービーアイ ソフト  2009-12-03

by G-Tools
       
 

「inFAMOUS」と「Uncharted 2」を序盤1時間ずつプレイしてみた


TOV終了直後の休日と言うことで、順番では「アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団(Uncharted 2)」になりますが、良い機会だなと思い発売されたばかりの「inFAMOUS」と同じタイミングで序盤1時間ずつプレイして比較することにしました。こういうときにPS3が複数台あるとディスクの交換が不要で便利ですな。

さて、SCEブランドのサードパーソンアクション(シューティング)ということで似たゲームとの印象を持つ方もいらっしゃるかも知れませんが、両作品は全く違うジャンルのゲームです。

・inFAMOUS
開発:Sucker Punch
ジャンル:オープンワールドアクション
CEROレーティング:Z(18歳以上対象)
オンライン:未対応
ローカライズ:字幕
インストール:必須

・アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団
開発:Naughty Dog
ジャンル:アクションアドベンチャー
CEROレーティング:C(15歳以上対象)
オンライン:対応
ローカライズ:吹き替え・字幕
インストール:無し


まず、「Uncharted 2」は典型的な1本道のアクションアドベンチャーで、本編プレイ中の自由な行動は極端に制限されています。対する「inFAMOUS」は任意にミッションを受けることによって物語を進行させる形式で、何も受けなければ町中で自由に走り回ったり善悪に準じた様々な行動を行うことが出来ます。GTAシリーズや龍が如くに似ていますね。流血表現等は「Uncharted 2」の方がエグイのですが、「inFAMOUS」は一般市民を攻撃できたりしますのでその辺りがレーティングの差になるようです。

次に主人公の対比。「Uncharted」のネイトさんは超人的なタフさとぶらさがり能力を保持していますが一応人間です。対する「inFAMOUS」のコール君はチェルノブかエレクトロマスターLV6に匹敵する「ホンモノの超人」で、高いところから飛び降りても平気ですし、ビル登りも三平三平の岩飛び程度の軽快さなんです。まぁ銃撃に対する抵抗力はネイトさんもコール君も同じ程度で、コール君の能力ならGNフィールドぐらい張れそうな勢いなんですけどねぇ。

演出について。「Uncharted 2」は思わず声を上げてしまうド派手な演出が序盤1時間でも相当盛り込まれています。カットシーンとゲームプレイが同等の品質で展開されますし、ゲームプレイ中にもダイナミックな舞台演出がこれでもかとゲームを盛り上げます。これらの一連がロード無しで再現されるあたりNaughty Dogの開発技術には今更ながら舌を巻くわけですが、カットシーンとゲームプレイが実にテンポ良く切り替わる事にも感心してしまいます。まさに技術力と演出力が上手く噛み合っているからこそ実現できた「ゲームのための演出」であり「演出のためのゲーム」なのです。

対する「inFAMOUS」の冒頭もなかなかに派手な状況からスタートします。崩れ落ちる天井の演出も実にハイレベルで、このシーンだけでもSucker Punchの安定した開発力が伺えました。ただ個人的にはコール君をゲーム内で超人として表現するにしては「地に足が付きすぎ」な演出かなと感じました。もっと外連味を出しても良かったんじゃないかな。

最後にゲームプレイ。「Uncharted 2」は前作から比べるとゲームプレイ自体は殆ど変わっていません。銃を撃つ感覚も、壁や色々なところにぶら下がる感覚もほぼ同じで「正統な続編」と呼ぶに相応しい安心感です。

「inFAMOUS」も新規IPながら従来のTPS操作を継承しているために違和感はありません(要するにアンチャ2とも基本部分は同じ)。ただ「inFAMOUS」の操作感の特徴は超人ならでは?の軽快さで、前述の通りビルをホイホイとよじ登って電撃で敵を倒し、直後に隣のビルに飛び移って範囲攻撃で一網打尽にすると言った「超人アクション」が気軽に実行できます。まぁそもそもジャンルも違いますし、ゲームプレイについて両作品は全くの別モノなんですが、どちらも「ストレスのない操作感」を実現しています。

あと、気になったところとしては「inFAMOUS」はミッション中にセーブしても、ロード再開時にはミッション開始前に戻ります。獲得した経験値は記録されますが、中断セーブ機能が欲しかったところです。


今回の同時インプレを実施するにあたり「inFAMOUS」→「Uncharted 2」の順番でプレイしました。先にアンチャ2をプレイするとそのまま進めてしまう可能性もありましたしね(笑)

確かに一緒に比較してしまうと、どうしても「Uncharted 2」の評価が高くなってしまいますが、「inFAMOUS」の良さも十分に感じ取れた1時間でした。行動による善悪のパラメータ推移も判りやすく明示されますし、良い意味でデジタルに判断してプレイ出来るゲームです。個人的には隠しパラメータや、ウルティマ4のようなシーソーパラメータとか好きじゃないんですよね。

そして両作品とも流石はPS3専用開発と感じさせるプログラムの安定感が光ります。SCEは今後もファーストタイトルの開発に力を入れていくようですし、新規IPへの取り組みについても積極的ですので不安はありません。

一方サードについて、確かにワールドワイドタイトルでマルチ化は仕方ない部分もありますが、完全な日本国内向けタイトルについては話は別です。そろそろPS3専用開発の方が利益を出せる段階に到達したのでは無いでしょうか。ウイイレとかも国内他機種版は今話題のtrue tears方式で、ある一定以上の本数ラインを引いた完全受注方式にすれば皆喜ぶと思います。

現時点ではFFXIIIまで新作タイトルを購入する予定はありませんし、年内は「Uncharted 2」「inFAMOUS」「FIFA 10」の良作3本をじっくりと楽しもうかと。

Infamous20090508022708489

Uncharted2amongthieves2009081800565
なんとなく似たシーンを選んでみたり


B002NKLXWY INFAMOUS ~悪名高き男~【CEROレーティング「Z」】
ソニー・コンピュータエンタテインメント  2009-11-05


by G-Tools
B001N2LWCE アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団
ソニー・コンピュータエンタテインメント  2009-10-15


by G-Tools
       
 

「FFXIII」の初回特典に「FFXIV」のキャンペーンコードだと


久々のFFXIIIの話題、この記事を書いている頃は一応まだフラゲ状態ですので真偽の程は実際に購入してご確認願います。コラの可能性もあるかな?と思って少しの期間静観していましたので少し遅めの記事になりました。


タイトルの通り、ジャンプフラゲ情報より「ファイナルファンタジーXIII」の初回封入特典として「ファイナルファンタジーXIV」のキャンペーンコードが添付される事が明らかになりました。

なお、「キャンペーンコード」が何なのか?については明らかにされていません。まぁ普通に考えればベータ権かなと思うのですが、PS3版FFXIVのベータ開始はPC版よりも遅れる可能性も示唆されていますし、ベータテスト自体は全世界で実施される予定です。日本国内のPS3限定先行ベータならば実に面白いのですが、可能性は低いでしょう。

勿論、以前田中氏がインタビューでコメントされていたデベロップ版のダウンロード権になる可能性も有ります。とにかく詳細が早く知りたいですね。

今回の初回封入特典はFFXIIIというよりはFFXIVの宣伝が大きな目的でしょうね、FFXIIIにFFXIVのコードを付けたからと言って本数が上乗せされるとは思いませんし。あと、PS3版ベータ(デベロップ版)をプレイする際にはFFXIIIのゲームディスクが必要になるとかの措置も考えられます。わずかながらでも中古対策にはなるでしょう。


FFXIII発売まであと40日を切りました。色々な販促活動や関連商品も明らかになりつつありますが、TVCMの出来とかも気になります。個人的にはもうゲーム内容に関する情報収集も打ち切っていますし、後は発売を待つだけです。

ん、そいや私はPS3本体同梱版を購入予定ですが、FFXIVキャンペーンコードは添付されるんでしょうかね?なんだか不安になってきた。

公式サイト
FINAL FANTASY XIII


B000FNQXEO ファイナルファンタジーXIII
スクウェア・エニックス  2009-12-17

by G-Tools
       
 

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン


Amazonチャージ 2回目以降も最大2.5ポイント

【お知らせ】
当サイトはリンクフリーですが、掲示板やブログ等に転載する際は必ずリンクを張って下さい。
RSS登録
ツイッター
相互リンク