ゲーム業界の「ヨゴレ」を考える 1/11


たまには嫌なことでも思い切って書いてみようと思ってたりします。

関西弁と言いますか芸人用語で「ヨゴレ」と言う言葉があります。
説明が難しいのでWikipediaで検索してみると

【Wikipediaより】
局部を晒す、または性的行為を暗示させるような下品なポーズのような行為。
異性に嫌悪されるキャラを持つ。
先輩や芸能界の大物など、自分より上の立場の者に媚びへつらう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%82%B4%E3%83%AC

どちらかと言うと3番目の意味で使われることが多いかなぁと感じます。

ゲームの世界にも「ヨゴレ」は存在します。現在のバンナムは真正の「ヨゴレ」です(笑)カプコンは節操はないけど「ヨゴレ」では無いです、このあたりの差が微妙なところですな。

今回気になったのは下記の記事です。本来はDSのソフト情報には興味はないのですが、「白騎士物語」のレベルファイブとなると話は別です。「白騎士」の出来栄えにも疑問符が付きますし、「ヨゴレ」た手で料理をされても食べるのに躊躇してしまいますので。

本当にすいません、これが「ヨゴレ」です。
http://japan.gamespot.com/ds/news/story/0,3800075348,20364664,00.htm?ref=rss
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080111/ie.htm?ref=rss
光田さんの音楽を使っておきながら・・・。

       
 

PS3 PSN最新情報 1/11


日本に続いて欧州/北米でも定例の配信が開始されています。やっぱり木曜日:日本、金曜日:海外とPSN配信が来ないと1年前あたりの暗黒時代を思い出してしまいますから(笑)

北米PSN
Game
・Crash Bandicoot 2
Demo
・Kane & Lynch demo
・Super Stardust HD demo & upgrade
Add-on
・Folklore "The Alchemist Pack"
・Folklore "The Origin of Belgae"
・Need For Speed ProStreet "Bugatti Veyron 16.4"
・Need For Speed ProStreet "McLaren F1"
・Rock Band song
Movie
・Burnout Paradise "Guns 'N Roses" trailer
・First Sunday movie trailer
・Spiderwick Chronicles movie trailer
Other
・Two PAIN themes

欧州PSN
Game
・N20
・Hardcore 4X4
Add-on
・Motorstorm "Double Track Pack"
・Folklore "Pigly Pack"
Movie
・Devil May Cry 4 "TGS 2007 Trailer 2"
・PixelJunk Monsters trailer
・Bionic Commando trailer
Other
・Devil May Cry 4 wallpapers

       
 

PS3 「メタルギアソリッド4」は殆ど完成 1/11


2月のGDC2008にて具体的なアナウンスが行われると予想されている「メタルギアソリッド4」の現在の状況がプロデューサーのRyan Payton氏によりコメントされています。

「現在はバグチェックの段階、ゲームは最初から最後までプレイできる状態」
CES2008のデモ時にはパートごとのフレームレートについて明言を避けていましたので、今後の作業はバグチェックと最適化に費やされるのでしょう。アサシンクリードのようにリリース直前まで不具合に悩まされていたソフトとは違いますね。勿論オンライン版の調整も残されているでしょうが、余力があれば体験版の事も検討していただければ・・・。

「2008年第2四半期を過ぎることは無い」
7月開催のE3までには間に合いそうです。6月の終わりごろにリリースされれば、コナミもE3の雰囲気はMGS4中心になるでしょうし、PS3の勢いをアピールすことも期待できます。

また、「世界同時リリースの可能性」についても述べていました。大規模なストーリー性を包括した(それだけテキストやイベントが多い)ゲームソフトが世界同時リリースされるのは類が有りませんし、日本産の世界的ゲームソフトの一つの方向性になると期待しています。もしかすると最初からマルチリンガル対応ディスクで発売されるかも知れませんね。

ともあれGDC2008のSCE陣営の目玉の一つであることは間違いないでしょう。情報も増えてくると思いますので注目していきたいですね。

http://www.1up.com/do/newsStory?cId=3165371

       
 

PS3/Xbox360 「ソウルキャリバー4」にゲストキャラクタ 1/10


ナムコお得意のコラボ企画です。ソウルシリーズではおなじみですし、「鉄拳」でも永野護コスチュームとかありましたね。PS3版に「ダース・ベイダー」とXbox360版に「ヨーダ」が登場するようです。私はベイダー卿のファンですのでPS3に登場は嬉しいですね。

実は2007年末ごろから4作目タイトルが数多くPS3に登場しています。「コールオブデューティ4」「タイムクライシス4」「デビルメイクライ4」「メタルギアソリッド4」「スターオーシャン4」、実に4作目だらけです(笑)その中でも「ソウルキャリバー4」は一ランク落ちるなぁとは最初の映像を観たときから感じていたのは別段内緒というわけでもない・・・。

とは言え実はバンナムにとってもSC4は初の同発マルチタイトルになるわけですので、興味はあります。カプコンはDMC4をかなりのレベルに仕上げてきたようです。一応格上の自認もあると思われるバンナムがSC4で醜態を曝すようでは日本のゲームファンとしては少し残念な気持ちになるのも事実だったりします。

しかしアイマスとかを見るとバンナムのマルチ戦略は、カプコンの「無節操さ」、コナミの「不甲斐無さ」、スクエニの「傲慢さ」とは違う「気持ち悪さ」を感じます。何だろうこの商売人体質は(笑)

あ、コーエー忘れてました。何だろうな「無味無臭さ」ですかね?(笑)

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080110/sc4.htm?ref=rss

ちなみにセガ様は勿論「神々しさ」です。

       
 

「東京ゲームショウ2008」会期決定 1/10


TGS2008の日程が決定しました。今年は10/9日(木)~12日(日)までの4日間になり、例年通り一般公開は11日・12日になります。
私個人の状況としては春以降に関東に転勤する可能性があります。勿論、予定通りスローライフに突入する事が最優先ですので、どちらにしても今年のTGS2008はドタバタせずに楽しめそうです。

参考までに海外で開催される世界的ゲームイベントの日程を書いておきます。皆さんも私のようにカレンダーや携帯スケジュールに登録して一人でワクワクしましょう(笑)

「Game Developers Conference 2008(GDC2008)」
 2008年2月18日(月)~2008年2月22日(金)   
開催:米サンフランシスコ
http://japan.gdconf.com/
※メタルギアソリッド4の発売日が2月頃に発表との事ですので、GDC2008の場である可能性があります。「home」も具体的な情報が発表されるとの噂もあります。

「Electronic Entertainment Expo(E3)」
 2008年7月15日(火)~2008年7月17日(木)
開催:米ロサンゼルス
http://www.e3expo.com/
正式名称は「The 2008 E3 Media & Business Summit」
なおE3に関しては大規模なデモ等は控えるとの事です。

「GamesConvention2008(GC2008)」
 2008年8月20日(水)~2008年8月24日(日)
開催:ドイツ
http://www.gc-germany.com/
※昨年はPlayTVで話題になりました、恐らく「FIFA09」「PES2009」もこの時期に合わせてプレゼンしてくるはずです。

ちなみに2007年7月(E3の直後)には日本国内にて「PLAYSTATION PREMIRE 2007」が開催されました。今年も同様のイベントが開催される事を期待したいですね。

       
 

PS3 PSN最新情報 1/10


レギュラー配信は今年最初になります。
密かに期待していた「Go! Sports Skydiving」が早速配信されました。

日本PSN
Game
・Go! Sports Skydiving 800円
Add-on
・MotorStorm トラックパック 500円
・アガレスト戦記 カスタムテーマ 300円
Movie
・ニード・フォー・スピード プロストリート PV
・スタントマン:イグニッション PV
・ロストプラネット PV

「ロストプラネット」PVを観ました。カプコンらしく雰囲気や世界観は魅力的ですが実際のゲーム画面が殆ど無かったのが残念です。

「Go! Sports Skydiving」も購入しました。軽くしかプレイしていませんが、思ったよりもライディング中の操作感が軽かったですね。スカイダイビングの経験は勿論無いのですが、空中であれだけクルクルと動けるものだとは思えません。スタート時の仕草が若干コミカルであったりする割にはゲーム自体は結構淡白な印象です。少し時間を見つけて軽くプレイする感じなら文句は無いでしょうが、やり込むゲームか?と言われると答えに困ります。まぁ800円なら気軽に購入できますし、不満の出るレベルじゃないんですけどね。

ただ、「Dark Mist」の時も同じ事を書いていますがマニュアルのページがPS3上からしか閲覧できません。パッケージソフトのように説明書を片手に操作を少しずつ覚えると言う使い方が出来ないのです。PC上から閲覧できるように設定しても誰も困らないと思うんですけどね。

       
 

「市場の要望」について考える 1/10


既報の通り20GB/60GB版の初代PS3が1月末予定で出荷完了とアナウンスされました。

40GBが発表された際のインタビュー記事においても「PS2互換やSACD機能は市場の要望があれば復活するかも」とのコメントが有りましたが、現実的に「市場の要望」と言う回答が実現の見込みが限りなくゼロに近いニュアンスであることは理解しています。

しかし、敢えて「市場の要望」とはなんだろうか?と言う観点で考えてみると、少なくともPS2互換機能についてはPS2本体が未だに悪くないセールスを記録している事実に他ならないと思います。買い替えなのか新規購入なのかまでは判りませんが、40GB版のプライスにPS2互換機能が付いていれば11月以降のPS2売り上げの何割かはPS3に引き込むことも可能だったはずです。(EE+GSはそれ程コストには影響しないとの事)

残念ではありますが新型PS3からPS2互換機能を削ったからといって、SCEの「思惑」どおりPS3ソフトが劇的に売れている訳ではないのです。私はネガティブな小細工で情況が好転した話を聞いた記憶はありません。

少なくとも秋以降のPS3のゲームラインナップは質・量ともに完全に軌道に乗りました。現時点では確かにジャンルは偏っていますので「自分に合わない」「好みに合わない」「好きなジャンルが少ない」とコメントするならともかく、未だに「PS3は遊べるゲームが少ない」と知った風に掲示板等に書き込みする自称ユーザも数多くいます。はっきり言って情報に弱いと自白しているようなものです(文面を読むとアンチとも思えない人でも同様の発言をする人もいます)。

この辺りはCM量や質に問題があったりと、SCEの責任なのかなぁと思う部分もあるのですが、ユーザもせっかく購入した機器を少しでも楽しめるように情報収集の努力をすれば良いだけの話なんですけどね。とは言ってもGDC2008に今から注目している私達はどうなのか?と言われると返答に困りますが(笑)

       
 

PS3 20GB/60GB版PS3の出荷を1月で終了 1/10


個人的には残念なニュースです。本来であればシュリンクされたCellを搭載して価格・静音化・省電力化に成功した40GB一本で商売したほうが効率が良いのは間違いないのですが、やはりSACDやPS2互換機能についてはユーザに選択肢を用意して欲しかったところです。

まぁ近い将来にはRSXの65nm化やCellの45nm化も待ち受けていますし、PS3のハード自体の採算性が少しでも良くなればPS2互換機能等が復活した「高機能版」も期待できます。

私も初期型20GBの愛用者ですので(HDDは10倍以上に増えてますが)、大切に使っていきたいですね。

更に、PS3の潜在能力を考えると現行の40GB版でも一部のソフトでPS2ソフトエミュレートだって可能性は残されています。

ただPS3はPS/PS2に比べても家電に近いので謎の拡張端子等が存在していないのが少し物足りないんだよなぁ。PS2拡張パックとかがあれば救済にもなるしメガCDのようなゴテゴテした拡張機器にはロマンを感じますしね。

関連ニュース
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080110/sce.htm?ref=rss
http://www.phileweb.com/news/d-av/200801/10/20134.html

       
 

ゲームソフト売り上げ情報 1/10


正月休みボケで私が1週すっ飛ばしてしまったようです(笑)VGchartzは200位までランキングされていますが現在は50位までのPS3ソフトを抽出するようにしています。

【集計期間:2007年12月31日(月)~2008年1月6日(日)】
1  NDS  マリオパーティDS   205,957(1,466,962)
2  Wii  Wii スポーツ   122,969(2,683,441)
3  Wii  初めてのWii   98,779(2,166,313)
4  Wii  Wiiフィット   94,747(973,463)
5  NDS  ファイナルファンタジー 4   73,916(508,838)
6  NDS  ルーンファクトリー2   72,236(72,236)
7  Wii  マリオ&ソニック AT   70,892(441,558)
8  NDS  ドラゴンクエストIV   68,540(1,122,577)
9  NDS  レイトン教授と悪魔の箱   68,204(674,818)
10 Wii  マリオパーティ8   67,196(1,175,190)

33 PS3  グランツーリスモ 5 プロローグ   22,175(185,552)
39 PS3  ウイニングイレブン 2008   16,463(262,937)
46 PS3  真・三國無双 5   13,537(371,443)
48 PS3  コールオブデューティ4   13,268(45,473)
※タイトルの一部は省略しています

【本体売り上げ】
NDS   304,844(21,669,720)
Wii   230,625(4,871,017)
PSP   195,582(7,918,439)
PS3   74,401(1,765,618)
PS2   32,317(22,329,505)
360   12,755(555,993)

年末年始の需要でPSPもPS3も販売台数を増やしましたが、相変わらずソフトはそれ程売れてはいない状況です。GT5Pもジワジワと本数を伸ばしてはいますが、DL販売を含めても現時点で20万本程度の売り上げは本作の位置づけを考えると厳しい限りです。

ハードに関しては年明けからBD陣営の勢いが加速していますし、今後はプロファイル2.0のような「PS3の為」のような規格拡張も予定されています。今以上に「ゲームは興味ないけどPS3を購入した」と言う人も増えてくるでしょうが、彼(女)らを「潜在的PS3ゲーマー」としていつまでも放置していてはSCEのビジネスモデルは成り立ちません。

2月にはGDC2008が開催されますが、SCEの次なる一手に期待したいものです。

http://www.vgchartz.com/japweekly.php

       
 

PS3 ゲーム中XMB操作をサポートへ 1/9


CES2008会場にて「PS3ゲーム中のXMBアクセス」について今年中に実装予定とコメントされたとの事です。

正直なところ、ゲーム中にXMBを操作する事に対するメリットはそれ程感じませんが、フレンドからのメール等が有ってもゲームを終了する必要が無いのは便利かもしれません。
私の場合はアンオフィシャルな利用方法ですが、ゲーム途中で映像をキャプチャするために一時的に映像出力をD端子に変更することが出来たら便利なんですけどね。さすがにその辺りはロックされてそうですが(笑

それよりもPS2ソフトを起動したときに一旦SIXAXISが切れる事や、プレイ中はPSNから遮断される現象を何とか改善して欲しいものです。

http://kotaku.com/342488/in+game-xmb-support-coming-sometime-in-2008

http://www.psu.com/PS3-to-get-in-game-XMB-access-in-2008--a0002359-p0.php

       
 

「BD-Live」等補足 1/9


インプレスにCES2008のBD関連記事が掲載されています。昨日時点の情報では曖昧だった点もたくさん補足されています。

・「BD-Live」について
Profile 2.0の仕様を見ると現存のプレイヤーでは対応不可では?とも思います。1GB以上のメモリーもしくはストレージ領域が必要との事ですので、標準でそのまま対応可能なのはPS3のみでしょう。DIGAもSDメモリスロットは装備されていますが、Profile 2.0の為だけにメモリを増設する人はどれぐらい存在するんだろうか・・・。

・BDのPSP転送機能について
「BD-Live」内の機能だと思っていましたが、実際はBD-ROM内に事前に用意しておいたPSP用の映像データを転送すると言うものでした。てっきりPS3内でBDネイティブの映像データをエンコードしてPSPに転送する機能だと早とちりして小躍りしていただけに少々ガッカリしました。まぁSPEがどれぐらい対応してくるかですかね。

今回は個人的には少し残念な部分も含んだ補足になりますが、こうやってCES2008のBD関連情報を一通り読んでいると「ワーナーショックですら一要素に過ぎないな」と感じました。これだけ各社から魅力的な製品や仕様が一気に発表されているわけですから、ワーナーの件が無かったとしても勢いは明らかだったでしょう。HD DVD陣営も敵前逃亡しなかった訳で、逆に明暗がはっきりしたかも知れません。

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080109/ces14.htm?ref=rss

       
 

「PS3ユーザの87%がBlu-rayを視聴」とSonyが発表 1/9


Sony独自のインターネットアンケートによるとPS3ユーザのうちBlu-rayを視聴する人は全体の87%であると発表されました。

本来であればCES2008にてワンダー藤井氏等による捏造紛いのプレゼンテーションが行われているはずですので、定番の「アタッチレート」に対する反論資料として用意されたものなんでしょうね。でも、HD DVDプロモーショングループの「敵前逃亡」により宙ぶらりんとなってしまった形になってしまいましたが。

正直、セル市場が確立している北米限定と考えても「?」と感じる数字です。日本でもITmediaが期間限定で行っているインターネット投票でXbox360が尋常ではない人気を誇っていたりする事もありましたが、秋以降のハード売り上げを見てもブレイクした気配は全くありません。私はインターネットアンケートは話半分程度ぐらいにしか受け取っていません。

CES2008におけるBDA陣営の数字やグラフはどこぞやとは違い「小細工無しの余裕」を感じさせました。Sonyも「アタッチレート」のような古の呪文を唱え続ける逆行した集団にレベルを合わせる必要は無いでしょう。粛々と「事実」を突きつけて続けていけば崩壊していくだけなのですから。

http://www.psu.com/87--of-owners-watch-Blu-rays-on-PS3--a0002355-p0.php

かと思えばMSも「Xbox360へのBDアドオン」の可能性について「消費者が選択するなら」と完全に否定している訳ではないコメントに変わってきています。MSからの支援無しにHD DVDは存続することは可能とは思えないのですが・・・。

http://kotaku.com/342485/microsoft-will-consider-going-blu+ray-if-consumers-demand
http://www.ps3fanboy.com/2008/01/08/microsoft-may-consider-blu-ray-if-consumers-demand-it/

       
 

PS3 CES2008にて「メタルギアソリッド4」をデモ 1/8


CES2008にて「メタルギアソリッド4」のデモが行われたとの事です。実際にはTGS2007と同じ映像だったようですが、画面にはしっかりと「Exclusive」の文字が(1upの記事を参照)。

1upの記事を読むと「これでXbox360への移植の噂は消えるでしょうか?恐らくそれは無いでしょう」と記載されています。日本でも2chのゲハの荒廃した状況(まぁ私は一回もゲハに行った事が無いので人に聞いたレベルですが)があるわけですし、国を問わずしてゲームマニアの執着心と言うのは同じなんだなぁと感じます。

実際にコメントを読んでいると「アサシンクリードだって当初はPS3専用だったのを思い出せ」と書いている人もいて失笑してしまいました。

それだけ「メタルギアソリッド4」が発売前の段階で北米のXbox360ユーザが悔しがる、まさに「キラーソフト」と呼ぶに相応しいゲームソフトであることを証明しているのです。「そろそろPS3買おうかな、BDも見れるし」と既にXbox360を所有しているユーザに思わせるためにはやはり魅力的な専用ソフトは不可欠です。

先週末からBD関係の景気の良い情報が流れ続けています。勿論BD陣営の中核機であるPS3に取っても追い風では有りますが、本業のゲームソフトの売り上げを延ばす為により一層の努力がSCEには求められています。

関連記事
http://ps3.ign.com/articles/844/844078p1.html?RSSwhen2008-01-07_220200&RSSid=844078

しっかりと「Exclusive」の文字が
http://www.1up.com/do/newsStory?cId=3165279

       
 

続報・米パラマウント 「HD DVD」支持撤回へ? 1/8


記事順番が逆なので間抜けな記事になってますがご容赦を。

英フィナンシャル・タイムズによる「パラマウントのHD DVD単独支持撤回」が報じられ、下記の通りロイターにも日本語で掲載されてしまいました。しかし、最新の情報ではパラマウントの代弁者(spokeswoman)による否定のコメントが掲載されています。今のところは日本語記事は見つからないようですね。

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601101&sid=aQMGgh2LV_bU&refer=japan

「パラマウントの現在の計画はHD DVDフォーマットを支援し続けることである」と有りますが、意地の悪い読み方では「単独支援」とはどこにも記載されていないとも取れます。BD陣営としてはワーナーの単独支持とは規模が違いますし、HD DVDでしか観る事が出来ないHDパッケージが存在する時点で戦いはまだ終っていないのです。

北米を含めて全世界の流れは確実にBDに傾いていますが、今後の動きはパラマウントとユニバーサルのBD参入に向けて全力を注ぐべきでしょう。既に東芝の動向は考慮する段階では無くなりました。

噂されている「HD DVDプレイヤーユーザに対する救済措置」にも期待したいところですが、あくまでもハリウッドスタジオ制覇の次に控えているプランでしょうね。

FT誌の元記事
http://www.ft.com/cms/s/0/dc409afa-bd75-11dc-b7e6-0000779fd2ac,dwp_uuid=e8477cc4-c820-11db-b0dc-000b5df10621.html?nclick_check=1

ロイターにもFT誌の記事が掲載されました。
http://jp.reuters.com/article/globalEquities/idJPnTK807746820080108

       
 

米パラマウント 「HD DVD」支持撤回へ? 1/8


残念ながらCES2008ではユニバーサルのBD対応のニュースは無かったようで、昨年末ごろに流れていたリーク情報も、「ワーナーのBD一本化」がたまたま当っただけのようです。

しかし今度はパラマウントが「HD DVD単独支持を撤回する見込み」だと英紙フィナンシャル・タイムズにて報じられています。記事によると昨年の単独支持契約の際に「ワーナー」の動向を盛り込んでいたとの事です。

ちなみにフィナンシャル・タイムズは経済紙として評価されているらしいですが、日本の場合でしたら日経新聞の位置になるんですかね?一応あそこも経済紙ですし。だとすると「適当な飛ばし記事」の可能性は高いですね、何故か日経と同じく「HD-DVD」とハイフンつけてますし(笑)

まぁ私は来年のCES2009のタイミングでパラマウントとユニバーサルが同時にBD対応を発表して完全終結だと予想しています。パラマウントの18ヶ月契約が終結するタイミングでもありますしね。

個人的な興味は春以降の日本スタジオの動向に移っていたりします。

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=90003009&sid=azkgsNtXnG08&refer=jp_home

       
 

「BD-Live」に期待 1/8


「BD-Live」とはMSっぽい名称ですが、以前からBDAにて策定されている新プロファイル(2.0との事)の目玉機能です。ようやくCES2008にて「BD-Live」関係の情報も出てきており、PS3は既に対応予定と報道されていますので登場も間近と思われます。

下記の記事ではPS3を経由してPSPのメモリースティックにBDの映像をマネージドコピーする機能がアナウンスされています。PSPとPS3は1対1でしかペアリンクできませんので複数のコピーが氾濫する事も阻止することが出来ます。このあたりは据え置き及び携帯機の双方に高いAV性能を備えた機器を揃えたPSファミリーだけのメリットでしょう。(補足:マネージドコピーはBD-LIVEとは別物です)

私も「ネットワーク経由でHD映像がダウンロード視聴できる」程度に考えていたのですが、「BD-Live」はもっと奥深い機能のようです。今後の新情報に注目したいですね。

「BD-Live」等補足 1/9

http://ps3.ign.com/articles/843/843979p1.html?RSSwhen2008-01-07_162900&RSSid=843979
http://www.psu.com/Copy-a-Blu-ray-through-your-PS3--a0002333-p0.php

       
 

小ネタを色々と 1/8


とにかくニュースが多すぎます。先週土曜日からのワーナーショックからシームレスにCES2008に話題が移ってもBlu-rayの勢いだけが目立つ状況には変わりがありません。オマケにPS3は年明けからエンジン全開だったりしますし。

・有機ELテレビを米国で発売
既に6日から販売を開始しているようですが2500ドルと日本に比べると高めです。まぁ例え2000ドルにしても購買層からすると売れ行きに大差は無さそうです。個人的には居住空間が日本よりも広いアメリカの家庭でXEL-1がどのような使われ方をするのかは興味が有ります。まぁ私のようにメインTVに居座ってしまう人はさすがに少ないでしょうね(笑)

・「Xbox360にHD DVD内蔵モデルが登場したらBDを逆転」
私はゲハは全く見ない人なんですが、きのこるスレにもこの辺りの発言を繰り返す人が結構います。「追加ハードが成功した例は無し」と言う歴史の証明する現実を知らないのか、本当に頭がお花畑なのかわかりませんが。

北米では既に結構な台数が販売されたXbox360ですから、今後更に普及させるためには価格を下げていくしかありません。HD DVDドライブを内蔵したとしてもゲームソフトはDVDで発売されるでしょうし、値段が高くなるだけのHD DVD搭載にMSは全くメリットが無いと考えるのは当然でしょう。

PS3が評価されるべきなのはコストアップのリスクを覚悟して最初からBDやHDDを標準にしたことです。

・「龍が如く 見参!」について
早速体験版をプレイしてみましたが、私にはこのソフトを体験版の時点では評価することは難しいと判断しました。過去作品の経験もありませんし、今回の体験版も「シリーズのファン向け」と感じました。製品版の色々な要素全てを体感して初めて「龍が如く」というゲームが評価できるのかなと考えていますので、保留です。

現時点で私がコメントできる事は、主人公・桐生の操作性は軽快で素晴らしく快適だと言うことで、操作に関してストレスを感じることは殆ど無いと思われます。

またカメラ操作が日本準拠?で海外ソフトとは逆です。オプションでリバースにも出来ますが、どのような経緯で日本と海外のカメラ操作が全く逆になってしまったんでしょうねぇ。余談ですがカプコンのDMC4はデフォルトでは海外準拠のカメラ操作でした。さすがは「日本で成功しなくてもいい」会社だけはあります(笑)

       
 

米Funai 北米向けに300ドルを切るBlu-rayプレーヤーを投入 1/7


まぁ「船井電機」です。正直日本ではブランド力が強いとは言えませんが、今回発表された低価格BDプレイヤーの性能を見ていると侮ることは出来ません。と言いますか、現時点のフルスペックが搭載されてますね。デザインも精悍でなかなか格好良いですし。

HD DVDの低価格機は1080iまでの出力だったりと中途半端な性能(尚且つダンピング紛いの廉売で大赤字の代物)ですので、FunaiのNB500が満足できるスペックを維持しつつ300ドルを切る価格で「利益」を出せるとなると、他社からのハード参入も今後期待できます。

「プレイヤーシェア」も昨年末辺りからBDが猛追してますし(既に逆転しているとの話も)、今回のワーナーショックで勢いが加速していく事が予想されます。Funaiの低価格機がプレイヤー市場を牽引していく可能性も高いですね。

でも日本での発売は可能性が低いですかね、大手量販店と提携して独自ブランドとかなら可能性はあるかも。レコーダ市場が強い日本とは言え、ある程度のシェア以上を求めるならば手ごろな価格のプレイヤーが必要になります。SonyはPS3がありますが、松下・シャープ辺りからも3万円前後のプレイヤーの登場が待ち望まれますし、最終的には日本製が1万円前後で入手できるようにならないと更なる普及は厳しいですから。

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080107/funai.htm?ref=rss

       
 

PS3 「バーンアウトパラダイス」体験版 1/7


既に北米版にてグラフィックの良さやゲームとしての爽快感は既に体感済みだったのですが、日本語ローカライズ体験版で再度惚れ直してしまいました。購入決定です。

日本語による音声ガイダンスもプレイヤーに対して親切に説明しつつもゲームの雰囲気を崩さずに盛り上げてくれます。

クルマも日本版は「疾風迅雷」とペインティングされており、明らかに北米をベースとしたパラダイスシティには不似合いな雰囲気を醸し出しています。若干やりすぎかな?とも感じる部分ですが、個人的には好きなノリですのでOKです。街中にも一部日本語のオブジェクトもありますのでマメで小気味の良いローカライズです。

日本版は1月14日までの期間だけオンラインで遊ぶことが出来ます。オンラインといっても通常のレースを対戦するだけではなく、様々なテーマ(どれだけジャンプできるか、とか)で競い合うことも出来ます。

オフラインでも数多くのイベントが楽しめますので、「オンライン重視」のゲームでは無いようです。私は気ままに楽しめるオフラインが充実したゲームが好きですので、この辺りもポイント高いですね。体験版の6倍以上の広大なマップを一日も早く製品版で走行したいです。

http://japan.gamespot.com/ps3/news/story/0,3800075348,20364299,00.htm?ref=rss

       
 

PSP 1月下旬のアップデートでPSPに「Skype」機能追加 1/7


既に多くのサイトで紹介されていますがPSP版「Skype」が正式に発表されました。別途ソフトウェアをインストールするのではなく、標準機能として搭載してしまうので「使ってみようかな?」と言うユーザも増えるかもしれませんね。

既報ですが「Skype」昨日は新型PSPのみの対応となっています。内部メモリの差によるものとされていますが、果たしてどうなんでしょうかねぇ。

また専用マイクロホンも発表されました。1月24日発売との事ですので、アップデートもこの日を目安に行われると思われます。私も一つ注文しました。

関連ニュース
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080107/psp.htm?ref=rss
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080107/sce.htm?ref=rss
http://www.dengekionline.com/data/news/2008/1/7/f78041a5217d3a33939ab823068e1a91.html
http://www.famitsu.com/game/news/1212861_1124.html?ref=rss


       
 

PS3 PSN最新情報 1/7


予告どおり「バーンアウトパラダイス」の日本体験版が配信されましたが、予想外にも「龍が如く 見参!」体験版も本日配信されています。発売日を考えるとDMC4の方が先に来ると思ってたんですけどね。

ただ個人的には「バーンアウトパラダイス」とは配信日をずらして欲しかったなぁとは思います。SCEJもこの辺りの配慮は欲しかったところで、質・量ともにEAにはお世話になっている訳ですから、ワザワザ国内の期待作の体験版と被せる必要は無かったような。

日本PSN
・龍が如く 見参! シナリオ体験版
・龍が如く 見参! モード別体験版
・バーンアウト パラダイス 体験版

現在ダウンロード中ですが、回線がかなり混みあっているようです。3本ともダウンロード完了するのはいつになることやら。

       
 

CES2008 HD DVDを取り巻く状況 1/7


ワーナーの離脱によりCES2008のプレスカンファレンスをキャンセルしたHD DVD プロモーショングループですが、ここまで大きな記事に取り上げられるとは夢にも思わなかったのでは無いでしょうか?ワーナーショックの直後の記事ですのでメディアの扱いは明らかに「敵前逃亡」ですし、尋常ではないイメージダウンでしょう。ワンダー藤井氏も渡米せずとの事ですので、CES2008に対する興味はほぼ半減したと言っても過言ではありません。

関連ニュース:北米HD DVD プロモーショングループ、プレスカンファレンスを中止
http://www.phileweb.com/news/d-av/200801/05/20061.html

とばっちりを受けたのは逃げ場の無いToshiba Americaです。

「プレイヤーマーケットシェアでは勝っている」と最初から説得力が無かった呪文を唱え続けるしか方法が無いのですから。ワンダー藤井氏のように「あることないこと」を放言する訳にもいかないでしょう。

しかし日経は相変わらず「HD-DVD」と間違った表記を続けていますね。よほど勉強不足なのか、わざとなのか・・・?

関連ニュース:HD DVDへの支持と継続をアピール
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080107/ces04.htm?ref=rss
関連ニュース:HD-DVDは死なない
http://it.nikkei.co.jp/digital/news/index.aspx?n=MMIT2h002007012008

しかし、現実は厳しいのです。

CES主催の会長が『率直に言って、来年、2009年のCESでは、次世代DVD戦争は注目に値しない「過去のもの」となっているのではないだろうか。』とコメントされています。

まぁワーナーの決断はそれだけ大きなものだったとも言えますし、それ以上にワーナーが「市場が選択した」と明言した事は東芝にとっては何より厳しい現実でしょう。パラマウントがHD DVDを選択した理由は会社側の都合が優先されたものでした(半ば公然となっている金銭による独占は抜きにしても)が、ワーナーはBD一本で映画スタジオ業界がまとまる時期が来たと正式にコメントしているのです。

少なくとも私は東芝がHD DVDから手を引くまでは東芝の製品は一切購入する予定はありません。

関連ニュース:次世代DVD戦争は今年で終了
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080106/ces02.htm?ref=rss

注)時系列に沿った記事順ではありません。

       
 

ダラゲーのススメ 1/7


PSP版「スターオーシャン1」も終了したので、次はいよいよ「ロストオデッセイ」に突撃しようかと思いましたが、まだまだ中古もオークションも値段が高くて躊躇しています。送料込みで3800円以上は出す気にならないなぁ。コントローラ用の乾電池も買わないといけないし、無駄な経費は抑えないと。

さて、SO1を正月休みにプレイしていて「やっぱりダラゲーは最高やわ」と再認識しました。勿論ダラゲーというのは私にとっては最上級の褒め言葉です。先日も会社の同僚と食事に行った際に話題になったネタですが、最近は「一つのことに集中」する事が「勿体無い」と言う気持ちになってしまうのです。

私も学生から社会人になって相当経ちますが、遊ぶ時間はものすごく貴重です。基本的に多趣味な人間ですので、一つの事を集中しているとどれだけ時間が有っても足りません。気が付けば同時に二つの趣味等を行う癖が付いてしまったのでしょう。「音楽を聴きながらネット閲覧」等は誰でも経験があることだと思います。

「ダラゲー」とはTVを見ながらでもプレイできるゲームのことです。一番判りやすいのはRPGのレベル上げをしながらTVを見るプレイスタイルです。勿論シビアなアクションRPGや戦術を駆使しないと勝てないRPGはダラゲーには適していません。

しかし、DQ1からはじまる和風RPGの長い歴史の中でボタン連打戦闘に対して数多くの対策が施されています。なにやら「ボタン連打」が良くないと言った風潮もありますが、私は「ボタン連打戦闘の何が悪い」と逆に主張したいのです。

大体RPGは何十時間も付き合うゲームです。プレイの大半を占める戦闘を楽しくする為の工夫は勿論大歓迎ですが、「ボタン連打」を否定するための複雑化は少し変な方向性だなぁと思うのです。

HDDレコーダに録り貯めしたTV番組を観ながら、片手間にレベル上げする時の充実感はプレイした人にしか判りません。そして十分に強くなったキャラでダンジョン探索やボス討伐に出向くのです、全くロスが無いプレイスタイルの提供こそが「社会人向け」ゲームの一つの完成形だと確信しています。

       
 

続・書き漏らしたことを色々と 1/6


今回は米ラスベガスで2008年1月7日(米国時間)に開幕される「2008 International CES(Consumer Electronics Show)」関係の記事を書いておきます。

・CES2008に「LittleBigPlanet」が出展
SonyのCES2008専用サイトでも確認できますが、PS3関係としては「LittleBigPlanet」「PLAYSTATION Eye」「Uncharted: Drake's Fortune」が出展されるようです。

家電ショーとして「PLAYSTATION Eye」は納得できるのですが、今年秋リリースが噂されている「LittleBigPlanet」を展示する意図が今のところは掴みきれていません。実は春~夏ごろの早期リリースになるのか、公表できるSCEの期待作がLBPしか残されていないのか?後者ではないことを祈りたいところです。

またショーの方向性としては「home」の方がより訴求できるソフトだとは思うのですが、現時点でも公開できる完成度ではないと受け取るしかないのでしょうか?LBPよりもこちらの方が気になる問題かもしれません。
http://www.sony.com/ces/index.html

・PSP用「Skype」がCES2008にて公開
以前から噂になっていたPSP版Skypeが登場するようです。私もPC用Skypeは以前から利用していますが、PSP版Skypeの使い勝手が良いようなら通話用に切り替えてしまうかも知れません。PC版はチャット用に使えますしね。後は専用ヘッドセットの出来次第ですねぇ。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080104/290430/

さて、明日は日本版「バーンアウトパラダイス」体験版の配信日です。既に北米版を体験している私も楽しみです。

       
 

書き漏らしたことを色々と 1/6


楽しかった正月休みも残念ながら今日で終了です。生活リズムの修正とともに休日期間中にピックアップしつつも書ききれなかったニュースを幾つか取り上げておきます。

・大手サードによるPSN用リメイクタイトル?(噂)
あくまでも「噂」ですが、大手サードパーティからPSN用のリメイクタイトルがリリースされるとの事です。リンク先で候補に挙げられているソフトハウスはコナミ・カプコン・スクエニです。

その中に予想タイトルも幾つか書かれていますが、海外でのクロノトリガー人気は相変わらずやなぁと苦笑いしてしまいました。リメイクするにしても当時の主要スタッフほぼ全員在籍していないんじゃないかな(笑)私も是非ともPS3でリメイクして欲しい作品だと思いますが、同時に「絶対ありえないだろうなぁ」とも確信してますので・・・。

日本は特に顕著ですが、未だにダウンロードビジネスは軌道に乗っていません。PSN専用タイトルもSCEブランドばかりですし、サードで言えば初期に鉄拳5DRがバンナムから配信されたぐらいですね。バンナムとSCEの距離感が当時とは変わってきていると言うこともありますが、その後が無い事からもそれ程売れてはいないのでしょう。(海外ではカプコンからパズルファイターのHDリメイクが販売されていたりします)

私は旧作リメイクのダウンロード販売は近い将来にビジネスとして立ち上がると期待しています。特にPS1以前の作品はHDリメイクしたとしても容量的には2GB以内に収まるでしょう。流通ロスも発生しませんし、中古ロンダリングによる利益損失も無いのでメーカーの利益を確保しつつユーザにはより安価に提供することが出来るわけです。

実はスクエニブランドでタイトー作品のリメイクとの落ちだったりするなら、私は「大・歓・迎」です(笑)是非ともGダライアスやレイストームをHDリメイクして欲しい。

http://www.ps3fanboy.com/2008/01/04/egm-sony-working-with-major-third-party-on-remakes/

・「Wipeout HD」新スクリーンショット
「グランツーリスモ5プロローグ」で実現している1080p+60フレームの世界に、英国の技術屋集団シグノシスも「Wipeout HD」にて参入を果たします。

スクリーンショットを見ていただければ判りますが、GT5Pは「現実」的で、WipeoutHDは「未来」的。映像表現に対するアプローチは180度違いますが、1080p映像の表現力が段違いであることは「Lair」でも証明済みです。更に「silky」と表現されている60フレームの滑らかさが加わると、映像を見ているだけで「快感」を覚える事は間違いないでしょう。

このように、私は去年夏ごろからずっと待ち望んでいるPSNのビッグタイトルですが、当初の2007年末の予定は更に延期され、未だに具体的な日程は姿を見せません。

PSP用タイトルの規模縮小版HDリメイクだとは以前からアナウンスされている訳ですから、予想以上に1080p+60フレームの実現は現時点でも難しいのかもしれません。それを考えるとポリデジの技術力はやっぱり凄いんだな・・・と改めて感じました。

とにかく2007年度末までには配信して欲しいですね。

http://www.gamersyde.com/news_5708_en.html

しかし相変わらず文章が長いな・・・今年はもう少し簡潔に書く努力をしなければ。

       
 

マイケル・ベイ氏またも放言 1/6


7日からは仕事かぁ、と多くの社会人の方が鬱になる時期ですがHD映像を愛するBDラバーの方々はさわやかな週末が過ごせているのではないでしょうか。私も普段なら夜11時には眠たくなるのですが、今日に限っては深夜2時過ぎになっても寝つけていない珍しい状態です。どうやらワーナーのBD単独支持のニュースが余程インパクトを与えたのでしょう。

更に追い討ちになったのはご存知マイケル・ベイ氏が、自身のサイトでやらかした放言記事です。ワーナー単独支持のニュースがリリースされた当日にアップしている訳ですから、「ネタを出す間や空気の読み方」はもはやプロの芸人並と言えるでしょう。

もはや恒例とも言えるベイの放言ですが、彼の監督作品である「Transformers」は2007年秋のHD DVD陣営にとって「唯一」のキラーソフトだった訳です。ベイ氏の立場を踏まえた上で「BDの方が優れている、HD DVDは緩やかに終焉を迎えるだろう」との彼の文面を読むと笑わずに済ますのは不可能でしょう。身の削り方からしても尋常ではない真のエンターティナーやな・・・と。

しかも最後の一文で「Blu-rayでTransformersも出るだろう」との事です。勿論パラマウントやドリームワークスとの契約等を考慮した発言では無いでしょうが、契約が切れるとの噂の2009年なんてケチ臭い事を言わずに、契約の裏を付いて早々に「Transformers」だけでもBlu-rayで発売してくれたら文句は言いません。

また別の機会に書きますが、実は私は終了ハードの収集癖もありますのでユニバとパラがBDに移行して完全に終戦になったら安くなったHD DVDプレイヤーとソフトを幾つか購入しようと考えています。今はまだ終ってないから購入しないし、これからどんどん下がっていく価値を考えるとまだまだ高いですから。

http://www.shootfortheedit.com/forum/showthread.php?p=9716#post9716

       
 

PSP 「スターオーシャン1 First Departure」 1/6


なんとかクリアしました。
10年前の作品ですが、当時としては斬新な部分と今プレイすると少し古く感じる部分が程よくミックスされていてプレイしていて気持ちが良かったです。

私は同じRPGはリメイクされない限りは何度もプレイしない人です。SO1は主役クラスの4名以外にも多数の仲間キャラクタが登場しますが、1回のプレイでは仲間どころか1度も姿を現さないキャラも存在するぐらいで、「全てのシナリオを見るためには何度もやり直す」必要があります。

この辺りはどちらかと言うと今風じゃないなぁと思いました。やりこみ系ならばバッテリ等を気にしない据え置きゲーム機でプレイしたかった所です。まぁ登場キャラ全員を仲間に出来て尚且つ全てのエピソードを1回のプレイで堪能できるようにするには、シナリオ全体を作り直す必要があるでしょうから難しいのは理解していますが。

ゲームは十分に面白かったのですが、積みゲーも大量に残されている現状で同じRPGを最初からプレイしようとは思わないので、「勿体無いなぁ」と若干の消化不良を感じてしまいました。どちらかと言うと、私のような初めてのスターオーシャンと言った人よりはSFC版を十分に楽しんだ人の方が満喫できる作りになっているのかなと感じました。

SO2も期待しています。なるべく早期のリリースをお願いしたいところですね。

       
 

PS3 デビルメイクライ4のPS3版は6軸操作対応 1/5


既に「PS3版の方が出来が良い」と事前評判が高いデビルメイクライ4ですが、更なる追加要素がアナウンスされました。実績機能とSIXAXISの6軸操作にてカメラ操作に対応することが出来るとの事です。

まぁ正直なところ「どーでもいい」機能ですが、少なくともカプコンがデビルメイクライ4に関しては「マルチタイトルとしては」相当に力を入れて開発していることが伝わってきます。

ヘブンリーソードでも6軸でカメラ操作はありましたが、まぁ使いづらかったです。それよりもカメラ操作のリバース設定が出来るかどうかの方が遥かに問題です、1年前のPLAYSTATION.TV用体験版ではカメラ操作が日本標準とは逆でしたのでゲームの出来以前の問題でした。

でも、Xbox360ラバーの人で実績機能を「どうだ羨ましいだろう~」目線でアピールしてくる事がたまにありますが、FPS等のオンライン対戦で他人を撃ち過ぎたらこのような思考回路になっていくのでしょうかね?私がゲームでも他人と競い合うのが趣味ではない性格だけなのかもしれませんが。

http://www.ps3fanboy.com/2008/01/04/devil-may-cry-gets-sixaxis-support-achievements/

       
 

続報 ワーナーがBlu-ray一本化に 1/5


国内メディアにも続々と掲載されました。本来ならば土曜日は更新されないインプレスやPhile-webも速報を掲載しています。まぁこれだけのビッグニュースを月曜日まで放置する手は無いでしょうね。

目新しい情報は特に無いのですが、今回のワーナーの専属化により両フォーマットに対応した大手スタジオは存在しなくなりました。今までのワーナーのHDパッケージはHD DVDの2層30GBに足を引っ張られた低品質タイトルが多かったのですが、春以降の専用タイトルの品質には大いに期待できます。

また関連記事としてCES2008に予定していたHD DVDプロモーショングループのプレスカンファレンスが中止されるとの情報も出ています。まぁ今までのプレゼンでも「どのようにして嘘の優位性をアピールするのか?」と言う捻じ曲がった視点のみで見ると素晴らしく興味深い内容でした。でも、さすがにこの時期にワーナーに離脱発表されたのでは資料も全部作り直しでしょうから間に合わないんでしょうね。

まぁワンダー藤井氏にはCES2008内の別の場で「あること、ないこと」を喋ってもらいましょう。

インプレス
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080105/warner.htm?ref=rss

Phile-web
http://www.phileweb.com/news/d-av/200801/05/20060.html

関連記事
北米HD DVD プロモーショングループ、CESでのプレスカンファレンスを中止
http://www.phileweb.com/news/d-av/200801/05/20061.html

       
 

Blu-ray ワーナーがBlu-ray一本化に 1/5


2007年中で噂に上った回数は数知れず、話が出るたびに「またその話か・・・」と半ばウンザリしかけていた話題ですが、どうやら2008年最初のビッグニュースとしてほぼ決定したようです。来週1月7日よりラスベガスで開催される「2008 International CES(Consumer Electronics Show)」にて正式に発表されると思われます。

また、CES2008の会場レイアウトでユニバーサルのBlu-rayブースが有ったとの情報もありますので、もしかするとワーナー専属、ユニバーサル両対応と言う次世代ディスク市場にとっては2007年のパラマウント事件なんぞ問題にならない分水嶺になる可能性もあります。(実現するとBlu-rayで見れないのはパラのみになります)

CES2008は家電中心ですがハイテクだけではなくゲーム関係も数多く出展されますので実に興味のあるイベントです。ブログでも興味があるネタには色々と取り上げる予定です。

でもまぁ、一番楽しみなのはワンダー藤井氏の泣き言だったりするのですが(笑

http://jp.reuters.com/article/domesticEquities/idJPnJT809867920080104

       
 



【お知らせ】
当サイトはリンクフリーですが、掲示板やブログ等に転載する際は必ずリンクを張って下さい。
RSS登録
ツイッター
相互リンク