パナソニック「DIGA DMR-BW830」1週間使ってみた 9/22


恒例の縮小更新時期に入ります・・・。

1年間使用していた「DIGA DMR-BW800」から色々な事情があって「DIGA DMR-BW830」×2台体制に切り替えて1週間。使い勝手を中心に大きな改善が図られたパナソニックの2008年秋モデルですが、どのあたりが変わっているのでしょうか。まぁ色々なサイトで検証されていますが、私なりに使ってみた感想を書いておきます。なお、画質検証等は他のサイト様を参照願います。

【良くなっている点】
・Wオートチャプターは便利
本来であればX90と比較したかったのですが、初搭載にしては優秀だと感じました。勿論CMの切れ目を誤認識事もありますし、その一例としてXbox360関係のCMでは前後でチャプターが打たれる事が多々あったりして少し「不愉快」。
映像/音声による独自アルゴリズムで解析しているので「騙されやすいCM」とパナソニックには要望のメールを送りましたが、「マイクロソフトから誤動作するように依頼されていないならばファームウェア等で早急に修正して欲しい」と要望文に書いてしまうあたりは相変わらず意地が悪いと自分でも思う(笑)

ちなみにSonyが元祖の機能ではありますが、今年のDIGAは同時録画の場合でもオートチャプターを打ってくれます。要するに私はクワトロチャプター機能を手にしているわけです。

・データカット録画に対応
ようやくパナも今年から対応しました。HDD自体の録画時間も増えますし、BD-Rに保存する時に微妙な容量差で面倒なCMカット等を行う羽目になる状況も減ります。番組によって削れるデータ量は差がありますが、平均して1割程度のデータ削減が期待できそうです。BW800と両方所有していた時期に検証した結果を過去記事に書いております。

ゲームかなー: BDレコーダの1T機はもう不要だと思った

・DLNAは今後(PS3が対応)に期待
DLNA機能も今年の機種から実装されています。しかし以前も書いたとおり、現行ファームウェアVer2.43のPS3ではDTCP-IPに対応していない為にデジタル放送録画データをDLNA経由で視聴する事は出来ません。しかし地アナの録画データならばPS3でのDLNA視聴も可能ですし、PSPでのリモート再生にも対応しています。半身浴が好きな人ならジップロックで防水して使用出来ますし、家事をしながら録画データをPSPで視聴したりする便利な使い方も考えられるでしょう。

・若干だけどレスポンスが向上
パナの2008年秋モデルは「もっさりした」と言われることもありますが、実は番組一覧表示以外は若干だけど軽快になっています。EPGもほんの少しだけマシになっています。でも、両方の機種を使わないと感じない程度のレスポンス向上ですし、操作の大半が録画一覧画面だったりするので結局は軽快で無くなったと感じても仕方ないと思いますね。

・「DIGA MANAGER」によりパソコン上からタイトル編集等が可能
元祖の東芝ほど熟成はされていませんが、LANを経由してWebブラウザ上でDIGA内のタイトル編集や削除、レコーダの操作が行えます。BD-Rに保存するときもタイトル名をリモコンで修正するのが面倒だっただけに個人的にはうれしい機能です。今後のバージョンアップにより録画機能等にも対応するのでしょうか、ユーザが作成したツール等にも対応すれば完璧ですね。

・BD-RへのAVC録画放送が「デフォルト」でPS3再生可能に
昨年モデルはデフォルトの音声仕様がパナ独自に設定されていました。おかげでユーザが変更しない限りはPS3で再生が出来なかったのですが、今年はデフォルト設定が修正されています。このあたりはPS3に配慮したとまでは思いませんが、ユーザとしてはうれしい限り。まぁ私はDR録画しか使わないのですが。

・キーワード検索が少し改善
以前はEPGから「サッカー」を選んで検索したい場合はメニューをいくつか選択する必要がありました。BW800のもっさりEPGと相まって使いづらいし、サッカーは確か上から4番目、モータースポーツは一番下の方で順番も並び替えることが出来なかった。2008年秋モデルはこのあたりは若干改善され、まずは特定のキーワードを複数登録しておいて検索することも出来ますし、フリーワード登録も出来ます。私は「インテル」とか「ガンバ」を入れてますね。お気に入りの試合だけをスムースに検索できます。

【悪くなった点】
・録画一覧が改悪された
相変わらず映像サムネイルを止めるオプションが存在しないし、音も流れたままです。これがレスポンス悪化の一因であることは明白なのにオプションでサムネイル止めればいいだけなのにね。
ここまでなら昨年と同じなんですが、録画一覧リスト全てにサムネイル映像が表記されるため、俗に言う「もっさり」操作になっています。

【変わっていない点】
変わっていない点、要するに「改善されていない点」です。

・リモコンは昨年と全く変わらず
型番とかは調べていませんが、見分けが付かないのでたぶん同じなんでしょう。ボタンが大きくて「格好悪い」の一言です。せめてテレビの「消音」ボタンがあれば、テレビのリモコンを片付けることが出来るのですが・・・。そろそろ学習リモコンに手を出す頃なのかな。個人的には10個近いリモコンを並べて使用するのがアホっぽくて好きなのですが。

・イジェクトボタンと電源ボタンがやはり逆
昨年も同じ事を書きましたが、ディスクトレイ(正面左側)の上にあるボタンが電源ボタンで、逆サイドにイジェクトボタンがあります。私はディスクトレイの上にイジェクトボタンがある方が使いやすいと思うのですが・・・。といいますか、未だに間違って電源を切ってしまう(笑)

・10秒バック機能が無い
30秒スキップボタンはあるのに10秒バックボタンが無い。コレも昨年と同じで、リモコンが同じだから当たり前と言えば当たり前。オートチャプター機能により必要度は下がりましたが、見逃したシーンを戻すときに10秒バックは便利なので来年機には採用して欲しいところ。

・EPGは相変わらず
広告を消す方法はあるようですが、手間も掛かるしそこまではしたくない。問題なのはパナのEPGだけが鬱陶しい広告付きで「ユーザは不快に感じている」事を理解して貰う事。来年もEPGに広告が付くようならさすがにマシな機種を出して来るであろうSonyを買うことにする。

・録画一覧から録画番組のデータサイズを確認出来ない?
コレは私がやり方を見つけていないだけなのかもですが、番組のデータサイズを確認する方法は生のBD-R(RE)メディアを入れてダビングモードにする事です。生BD-Rの空き容量はある程度判っているので、CMをカットする必要があるのか、カットしなくてもBD-Rに収まるのか?の判断をするためにはわざわざメディアを入れる必要があります。更にダビングモードから編集モードに直接移る事も出来ない。私はCMカットは趣味じゃないのでなるべくしたくないので、BD-Rに綺麗に収まるならそれで良しな人なのです。

【その他】
その他気づいた点を書いておきます。

・若干だけどHDMI出力信号が素直?になったのかも
実はエバーグリーンの2分配可能なHDMIセレクタ「EG-HDMI402」と先代の「DMR-BW800」との相性は良くありませんでした。といいますかXEL-1と相性が良くなかったのか、同時出力してもVieraには映像が表示されて、XEL-1は表示されないと言うことが結構ありました。幸い、BW830に関しては「EG-HDMI402」とも「XEL-1」とも相性は悪くないようです。

・「DV-DH1000W」からのiLINKムーブ
最初は何度やってもiLINKムーブが出来ませんでした。元々「DV-DH1000W」からのムーブ転送には裏技を使う必要がありますが、何度やってもムーブがスタートしません。「しまった・・・」と最初はBW830の購入を後悔したのですが、「DV-DH1000W」側でiLINK接続機器リストを一度リセットしてからiLINKケーブルを接続すると認証されるようになります。しかしその後も一度リセットし直す必要がありました(ケーブルは短めの品質の良い物を使用しています)ので、何かの問題があるのかも知れません。

・「DMR-BW830」同士のダビング
勿論同じ機種同士の相性はばっちりで、ダビング10対応の番組ならカウントが減るだけです。しかし、現時点では便利で代替え手段がないのは事実としても、iLINKは仕様の割には中途半端に高機能に設計されている為、メーカーが違えば相性問題も当然のように出てくる「古い」規格です。

それに、どちらにしても実時間ダビングは論外でしょう。BD-Rも今や4倍速が安価に入手できるだけにダビング10非対応のDV-DH1000Wはそろそろ手放してiLINKからは完全に卒業した方が良さそうな気もしてきました。

【総括】
本来は「DMR-BW830」と「BDZ-X95(100)」あたりの併用を考えていた訳ですが、リモコンが紛らわしい事以外は「まぁBW830×2でも悪くないのかな」と今では感じています。私は画質にそれ程うるさくない人間ですし、正直なところ「2011年画質」は2011年に発売される新型に期待すればよいと考えている人だったりしますし。

若干の臨時収入も入ったので、DV-DH1000Wを手放して10万円前後クラスのBDレコーダをもう一台購入するのもいいかなーとも考えてますが、1T機も捨てがたい。今のBW830を1台中古で手放して安くなってきたBW930を購入するのも手かな・・・とも考えている時期が一番楽しいですな。

あ、そうそう売りの一つであるAVC録画やAVCREC機能は使用する予定が一切無いので検証すらしておりません。DR録画よりも画質が良くなるなら別なんですが、BD-Rがここまで安くなった現状ではAVCRECもHDRecにも意味をまるで感じない。

最後にAmazonで購入できるBD-Rを紹介しておきます。秋葉原に行けば電車代を考えてももう少し安く購入できる店もあるようですが、私は時間等を考えると通販で十分・・・と考えています。最近はとにかく時間が惜しい。少し高いけど、せっかくだから6倍速メディアも買ってみるかな・・・。

関連記事
DVDレコーダー DIGA(ディーガ) | Panasonic

松下、2層BDに24時間録画可能な新「ブルーレイDIGA」

小寺信良の週刊「Electric Zooma!」


TDK 録画用ブルーレイディスク 25GB BD-R(1回録画用) 4X ホワイトワイドプリンタブル 5mmケース 10枚パック BRV25PWB10S TDK 録画用ブルーレイディスク 25GB BD-R(1回録画用) 4X ホワイトワイドプリンタブル 5mmケース 10枚パック BRV25PWB10S


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
TDK データ用ブルーレイディスク 50GB BD-R(1回録画用) 4X ホワイトワイドプリンタブル 5mmケース 5枚パック BRD50PWB5S TDK データ用ブルーレイディスク 50GB BD-R(1回録画用) 4X ホワイトワイドプリンタブル 5mmケース 5枚パック BRD50PWB5S


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ソニー データ用ブルーレイディスク BD-R 追記型片面1層 6倍速 25GB 5枚パック  ホワイトプリンタブル ワイドプリントエリア 5BNR1DBPS6 ソニー データ用ブルーレイディスク BD-R 追記型片面1層 6倍速 25GB 5枚パック  ホワイトプリンタブル ワイドプリントエリア 5BNR1DBPS6


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

うほ、「トラスティベル」感想・・・書けねぇ 9/22


この記事は「俺」で統一、理由は「なんとなく」

うひょう、久々の純RPG「トラスティベル ショパンの夢‐ルプリーズ‐」Amazonで若干遅れるものの無事にゲットだぜ!来週は仕事が忙しくなるので日曜日にガッツンガッツンプレイしてやるゼイ!

おっとと、ブログに書くときはネタバレには気をつけようぜ、大きなお友達!

と意気込んでいたのは良かったですが、9月21日(日曜日)夜11時の時点ではネタバレ云々以前の話です。結局30分ぐらいしかプレイできていないのです。

正直、俺はもうダメかも知れない。と思った今日の俺の一日。

7:00 起床 朝食を食べる
7:30 スーパーヒーロータイムを観る
8:30 ブログのレイアウトを色々と修正したり、CSSについて少し調べる
10:30 本職の提案資料プロットを軽く作成する
12:00 昼食を食べながら「やりすぎコージー」を観る
12:40 仮眠をする
13:15 RSSリーダーを読みながらブログのネタを回収する
14:30 蓄積しているブログ用ネタの資料集めや情報収集をする
16:00 買い物に出かける
17:00 コードギアスR2を観る
17:30 晩飯、その後「トラスティベル」をプレイする※
18:00 Jリーグ「京都サンガFC×ガンバ大阪」を観戦※
20:00 「DMR-BW830」記事を書く
22:00 セリエA「トリノ×インテル」を観戦※~今に至る

本来の俺の予定では※マークがついた時間に「トラスティベル」をプレイする予定でした。要するにサッカーを観ながら横目でレベル上げを行い、イベントやダンジョンは別の時間にじっくり楽しむというのが俺のスタイルです(ながらプレイが良いか悪いかは別問題)。しかしこのゲーム「ボタン連打」では実に厳しい、ガードの為には画面に注目しないといけないのです。

トライ系のデベロッパは中途半端にアクション性を入れて来るのを忘れていた。

やはり「ながらプレイ」に慣れてしまった俺が悪いのか?まぁ今週中のプレイは事実上不可能なので、来週の連休こそプレイしてやるぜ。

でも「Life with Playstation」でタンパク質の解析は行ったぜ、少しは役に立ったかな・・・俺。


トラスティベル ~ショパンの夢~ ルプリーズ 特典 トラスティベルナビゲーションDISC付きトラスティベル ~ショパンの夢~ ルプリーズ 特典 トラスティベルナビゲーションDISC付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

北米/欧州/香港のPSNアカウント取得ページを若干リニューアル 9/22


2007年6月に配信した記事「北米/欧州/香港アカウント取得方法」をリニューアルしました。現時点はテキストの追加に止まっていますが、近いうちにスキャン画像も取り直した形での更新を予定しています。

また、当時とは各国PSNへの課金を取り巻く状況も大きく変わりつつありますので、簡単に現状を纏めました。

勿論「あくまでも自己責任」前提で紹介しておりますので、そのあたりはご了承願います。

コンテンツの量や最新情報を考えても、北米・欧州・香港アカウントは取得していても損は無いですよねぇ。最近香港PSNも初期のようなオリジナルコンテンツは少なくなりましたが。

ゲームかなー: PS3 北米/欧州/香港アカウント取得方法

       
 

Blu-rayタイトルを色々と紹介


しばらく放置していたので新旧の情報を織り交ぜております。ご了承下さい。

・「世界遺産の癒し」シリーズ最新作

TBS制作「世界遺産」シリーズの映像資産を活用して別の環境系タイトルとしてリリースされている「世界遺産の癒し」シリーズ。変なナレーションも入らず、気に入っているタイトル群ですが、最新タイトルのテーマは「酒」です。

残念ながら私は飲酒の習慣が殆どありませんので、「酒」に対する思い入れは皆無です。個人的にこのタイトルはちょっとスルーかなぁーと思っていますが、興味のある方はどうぞ。

しかしTBSで放送中の「世界遺産」でもTVCMでは流さないのね、このタイトル。(私はBS-i版しか観ていないのですが、その他Sony製品のCMは普通にやってるし)

「世界遺産の癒し 5 酒」公式

世界遺産の癒し 5 酒 (Blu-ray Disc) 世界遺産の癒し 5 酒 (Blu-ray Disc)
趣味


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

・パラマウント、新作タイトルを続々とBD化

話題作を続々と放映しているパラマウントからは新作Blu-rayタイトルが発表されています。

・「クローバーフィールド」
・「ノーカントリー」
・「スパイダーウィックの謎」
・「ゴッドファーザー」 コッポラ・リストレーションブルーレイ BOX
・「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」スペシャル・コレクターズ・エディション

「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」が11月にBD化

パラマウント、「クローバーフィールド」など新作3本をBD化

パラマウント、「ゴッドファーザー」3作品をBlu-ray BOX化

あれ、既に北米で発売されている「Transformers」の日本語版は?まぁ既にWOWOWでも放送されていましたし勿論録画しました。画質的には、まぁまぁですかね。BSデジタルのビットレートを考えると仕方ないのですが、それだけにBDパッケージ版を期待したいところ。それにあの映画は字幕版と吹き替え版両方で別々の楽しみ方もありますので、1枚で収まるならば文句はありません。
ちなみに再放送予定は下記の通り。ブルーレイレコーダをお持ちの方は忘れずに。

吹き替え版:9月27日
字幕版:10月4日

でも、データカット機能搭載の最新DMR-BW830で録画しても144分映画の最初からエンディングロール最終までだとBD-R1層に収まらないんだよなぁ。それも数分だけってのが嫌らしい。仕方ないので最後のスタースクリーム離脱のシーン直後で切ったら収まりました。いや、前半1時間は不要じゃん・・って誰もが思っているかもですが、一応全て含めて作品ですから(笑)

・ユニバーサルも初のBDタイトルを発表

12月19日からようやくユニバーサルのBDタイトルが登場します。ユニバーサルはいわば純血のHD DVD派閥でしたので、Blu-rayの特長を生かしたタイトル制作にも注力して頂けると思います。でも、「ブルーレイプレイヤーではDVDタイトルは再生できない」と嘘を断言していた人ってユニバーサル日本担当の偉いさんじゃなかったけ?調べる気力もないので記憶の範疇で書いていますが。

・「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」
・「ハムナプトラ2/黄金のピラミッド」
・「スコーピオン・キング」
・「ハルク」
・「マイアミ・バイス」
・「キングダム/見えざる敵」
・「ジャーヘッド」
・「カジノ」
・「遊星からの物体X」
・「セレニティー」

ユニバーサル、BDソフト9作品を12月19日に発売 AV&ホームシアターNews

パラマウントに関しては今後の新作に関しては積極的にBD化を推し進めていくようですし、ユニバーサルは旧作中心にBDタイトルを拡充していく方針のようです。これで海外の大手スタジオはBD一本化体制がようやく出そろったと言えるでしょう。東芝は未だに「(自社の利権が失われるから)儲からない」とコメントしているようですのでもはや救いはありませんね。私は乾電池であっても東芝製は避けて購入しています。

・「機動戦士Zガンダム メモリアルボックス」に今だに悩む

まぁ「1年間期間限定生産」との事ですので画質評価を見てからの判断だなぁ、やっぱし私は。初回特典も微妙だし。でも、画質が改善されているならば私は購入すると思う。


機動戦士Zガンダム メモリアルボックス Part.I (Blu-ray Disc) 機動戦士Zガンダム メモリアルボックス Part.I (Blu-ray Disc)
飛田展男, 池田秀一, 松岡ミユキ, 鈴置洋孝, 富野由悠季


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
機動戦士Zガンダム メモリアルボックス Part.II(Blu-ray Disc) 機動戦士Zガンダム メモリアルボックス Part.II(Blu-ray Disc)
飛田展男, 池田秀一, 古谷 徹, 島津冴子, 富野由悠季


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

・「ルパン三世」TVシリーズや映画もBlu-ray化

この時期の作品になると映画はかなり効果があるでしょうが、TV作品になるとBD化はどうなんでしょうね、これも評価待ちかなぁ。とにかく名作「ルパン三世 カリオストロの城」を最初に出してきたのはバンビと違って高評価だし、なんつっても安いよね。定価5000円で、Amazonでも4000円切ってるし。

バップさんの今後のBDコンテンツにも期待ですね。

「ルパン三世 カリオストロの城」が12月3日にBlu-ray化

「ルパン三世」TVシリーズ第1&2期がBlu-ray化


ルパン三世「カリオストロの城」 (Blu-ray) ルパン三世「カリオストロの城」 (Blu-ray)
山田康雄, 増山江威子, 小林清志, 井上真樹夫, 宮崎駿


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最後に、私が購入するのは実はこれだ。
個人的には原作の2部も好きなんですよ。確かに1部の衝撃的な終わり方と比較するとインパクトは薄れますが、2部のラストに向けての展開は「2部構成の作品でここまで穏やかに終わらせた漫画は他にないのでは?」と未だに思っています。

で、この映画は1部を新たに作り直して90分に濃縮させた傑作です。画質を観るまでは不安があるけど、やっぱり見逃すわけにはいかないよなぁ。

劇場版 エースをねらえ!(Blu-ray Disc) 劇場版 エースをねらえ!(Blu-ray Disc)
高坂真琴, 野沢那智, 森 功至, 池田昌子, 出崎統


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「AQUANAUT'S HOLIDAY~隠された記録~」いよいよ発売直前


フルコース料理ならメインディッシュ「白騎士物語」が一番最後かいな!とは思いつつも、まずは「AQUANAUT'S HOLIDAY~隠された記録~」が無事に発売される事を喜びましょう。勿論これは魚料理ね。

そして珍しくファミ通でもゴールド殿堂入りの高評価を獲得しました。正直メジャータイトルの評価に関しては全く参考にならないファミ通クロスレビューですが、「AQUANAUT'S HOLIDAY」のような地味なタイトルに関してはそれなりの信頼性があると考えています。レビュワーのコメントからも映像美だけではなくシナリオやゲーム部分の作りの丁寧さが評価されての高得点であることが伝わります。

実際に私も2回ほど試遊している訳で、だいたいの操作感覚は理解しています。メインである海中の移動については左右スティックの操作に最初は戸惑いますが、全体的にレスポンスや動作が実にスムースです。そのおかげもあってプレイスタート時のストレスを感じることなく馴染むことができました。これが逆にスクロールがカクカクだったりすると私は嫌になっていたかも知れません。

なお、操作方法については若干画像が荒いですが、当ブログの下記記事に写真を掲載していますので参考にしてください。

ゲームかなー: 「体験! プレイステーション」でアクアノーツのトロフィーを確認 9/15

しかし、公式にも雑誌にもトロフィーの情報は出ていないなぁ。私が実際にトロフィーリストを撮影して公開しているだけに、製品版でDisableなんてされたら嘘つき呼ばわりですよ(笑)

そうそう、TVCMも配信されましたので張っておきます。(携帯では視聴不可だと思われます、ご了承ください)

まぁ色々な取り方はあるでしょうが、やはりもう少し実機映像を流して欲しかった。面白い内容だとは思うけど、尺を考えたら映像で押し切るのも手だったと思う。

ジャンルを考えるとAmazonでの順位も悪くありませんし、少しでも売れて欲しいタイトルです。

『せっかくだから、俺はこのエコバックでスーパーに行ってみるぜ』
ポイント貯めてみるのも一興かと。

公式サイト
AQUANAUT'S HOLIDAY~隠された記録~

ソフトウェアカタログ|AQUANAUT'S HOLIDAY 隠された記録

PlayStation.com(Japan)|PS World|インタビュー 山口 洋一さん


B001BWUENO AQUANAUT'S HOLIDAY ~隠された記録~ 特典 オリジナルエコバック付き

ソニー・コンピュータエンタテインメント  2008-09-25
売り上げランキング : 13

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

久々のレイアウト変更 9/20


久々に両サイドバーのレイアウトに変更しました。元々はPS3ブラウザで閲覧が出来なかった為に左サイドバー形式にしていたのですが、最近のバージョンアップで閲覧できるようになったのか?元々リッチテンプレートと相性が良くなかったのかまでは判りませんが、PS3で無事閲覧できるようになっていました。

だったら、ピッチはワイドに使わないとね・・・とジョゼ風に。

まぁ今のところは慣れているココログを使い続けている訳ですが、ユーザサポートは悪い方だと思います。特に電話対応に関しては@NIFTYと共有されているために、ココログ専用ダイヤルは存在しない状況です。前の日曜日なんぞ、10分置きに電話を掛けても結局最後まで繋がらなかった訳ですから、いくら電話料金が掛かったのやら・・・。

@NIFTYとココログは別料金が発生していますので、せめて有料会員に関しては専用ダイヤルを用意して欲しいところですね。メールの対応も遅いし。夜間のレスポンスも悪いし、ドリコム等へのRSSへの引っかかりも悪い。機能追加も結構ですがこのあたりも改善して欲しいところです。

なお、ジョゼって誰?って人は、今コンビニ等でも販売されている「Number」の表紙を飾っている男前の監督です。でも1枚めくった先のアキラ・ニシノも負けてないぜ、男前ぶりは。

       
 

噂:「PAIN」×「LittleBigPlanet」夢のコラボが実現?


「リトルビッグプラネット」世界同時βテスト実施決定!

ああ、どうせ当選するわけがないのに申し込んでしまうこのサガよ・・・。今回は各サイトも各国2万人ずつと明記していますので、Homeのような「公表してない」詐欺は無いと思いますが、SCEにはLBPよりも「Home」にリソースをつぎ込んで欲しいなぁ。

さてさて本題です。2008年ホリデーシーズンの目玉タイトルとして各国でも注目されている「リトルビッグプラネット」。現時点でもクレイトスやナリコ仕様のSackBoy(リビッツ)が公開されていましたが、今度は逆にPSN専用タイトル「PAIN」のボーナスキャラとしてリビッツ君が登場するとの噂が流れています。

Sackboy_2

北米のゲーム雑誌Game Informerによる情報らしく、真偽の程も詳細も不明ではあります。しかし「PAIN」ユーザとしては実に愛らしいリビッツ君がボウガンのように撃ち出されてあんな事やこんな事になってしまう姿は実に・・・楽しみですね(笑)まぁ勿論違う方法での出演の可能性もあります。看板にLBPの宣伝が配信されたりとかかもですし。

コレが実現すれば、今や伝説となってしまった、三谷幸喜の「鼻わさび(ガキ使)」を彷彿させるインパクトがあるかも。やっぱり粘膜はあかんよ・・・。

そういや「Amusement Park」もダウンロードしたっきりで殆どプレイしていないんだよなぁ。レビューはまた別の機会に・・・ということで。

公式サイト
PAIN

リトルビッグプラネット

関連記事
PS3「リトルビッグプラネット」世界同時ベータテスト実施&参加者募集開始! - GameSpot Japan

SCEJ、PS3「リトルビッグプラネット」世界同時βテスト実施決定。参加者募集を開始

『リトルビッグプラネット』で日・欧・米同時βテストが決定 - ファミ通.com


リトルビッグプラネット 特典 実寸大リビッツ人形付き リトルビッグプラネット 特典 実寸大リビッツ人形付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「Life with Playstation」Webブラウザについて 9/20


実に気に入っている大人のサービス「Life with Playstation(LwP)」について色々と触っているうちに気づいてきた点があります。それはLwP内蔵Webブラウザの仕様というか操作方法です。

各地のニュースの詳細をクリックするとニュース系WebサイトがLwP内蔵のWebブラウザがポップアップされて表示されるのですが、PS3標準のブラウザとは違ってズームアップが出来ないのです。

私は有機ELテレビXEL-1をPC席の隣に設置して「Life with Playstation」を流し続けていました。何度か書いているとおり、XEL-1は映像ソフトやゲームソフトを表示する時は何故か「解像度感」を感じさせる不思議な映像デバイスです。しかし実際の解像度は960×540で、PS3のブラウザ等で文字を表示させるといきなり目に厳しくなります。

PS3標準ブラウザはL3/R3ボタン(左右スティック押し込み)によりブラウザ表示の拡大縮小が出来ますが、LwP内蔵のブラウザではそれが出来ません。独自ブラウザなのかな?と思ってグーグル経由で私のブログを表示してみてアクセス解析を行ったところ、サイトに返しているブラウザ情報は全く同じバージョンでしたね。

大画面TVやPCモニタ経由で視聴している人には不要な機能かも知れませんが、SDテレビ利用者やXEL-1愛好家としてはズームがないと実に厳しいのです。

次回のコンテンツ追加の際には改善して頂きたい項目の一つですね。

「プレイステーション 3」向けに「Life with PlayStation」提供開始

       
 

SCEJソフトウェア一覧がようやく最新に


私はWebブラウザの初期ページの一つにSCEJソフトウェア一覧を登録しています。要するに毎朝毎晩見ている訳ですね。で、毎日見ていると判るのですが更新が実に適当で「AQUANAUT'S HOLIDAY~隠された記録~」が発表された後もしばらくは「AQUA(仮)」と一緒に表記されていたり、「MotorStorm 2」の発売日も今回の「白騎士物語 -古の鼓動-」発売日正式発表と一緒に更新されたりとメンテナンス担当者は猛省するべきお粗末さです。

とりあえず現状の情報は一通り表記されているようですので、年内発売予定を下記にリストアップしました。なお、同梱版やDL版で重複しているタイトルは1本に纏めています。

【PLAYSTATION 3用】
・9月25日 AQUANAUT'S HOLIDAY~隠された記録~
・10月16日 THE EYE OF JUDGMENT BIOLITH REBELLION ~機神の叛乱~ SET.3
・10月30日 リトルビッグプラネット
・10月30日 SOCOM: CONFRONTATION
・11月13日 RESISTANCE 2
・11月13日 ダービータイム オンライン
・11月20日 MotorStorm 2
・12月25日 白騎士物語 -古の鼓動-

【PlayStation Portable用】
・10月16日 勇者のくせになまいきだor2
・10月23日 BLEACH~ソウル・カーニバル~
・11月20日 クランク&ラチェットマル秘ミッション☆イグニッション!
・11月27日 パタポン2 ドンチャカ♪

そして下記が現時点では発売日が未定のタイトル一覧です。

【PLAYSTATION 3用】
・未定 Flower
・未定 dress(仮)
・2008年予定 THE EYE OF JUDGMENT?BIOLITH REBELLION ~機神の叛乱~コンプリートディスク
・未定 グランツーリスモ5

【PlayStation Portable用】
・今冬予定 LocoRoco2
・未定 サルゲッチュ ピポサル戦記?
・未定 グランツーリスモ4 モバイル(仮)

「dress(仮)」はHomeと連動した非ゲームタイトルですし、FlowerはE3でも出展されていましたので年内配信と思われます。となると、このままでは今年が終了した時点でPS3に限れば「2009年に出れば奇跡」とも言われている「グランツーリスモ5」だけが残されることになります。

TGS2008ではSCEJがどれだけの来年向けタイトルをアナウンスしてくるのか、そのうち2009年早期に発売されるゲームソフトの本数や期待値、更には国内向けタイトルの比率で「SCEJのやる気」が判るでしょう。

海外では既に2009年向けタイトルも数多くアナウンスされていますので、少なくとも10本は発表して欲しいですね。そのうちジャパンスタジオタイトル(要するに新発表タイトル)も4本はお願いしたいところです。そして1月~8月の間にも均等にソフトを提供しないと今年と大差が無くなってしまいます。

そして、そろそろPS3とPSPは別のページに分けて欲しい。

PlayStation.com | SCEJソフトウェア

       
 

「Life with Playstation」コレはいいねぇ 9/19


結局ダウンロードに2時間近く掛かりました。19日は休日でしたので、ほぼ一日中起動していた(放置していたとも言います)が、私はすごく気に入りましたね。

世界各地の気温や天候を表示しながら主要ニュースが表示されていく「シンプル」なネットサービスに過ぎませんが、映像の美しさと相まって実に演出のセンスが素晴らしい。相互リンク頂いている「大人のPS3」の管理人様も書かれているとおり、大人のアイテムにふさわしいエレガントなサービスです。

勿論、サービス開始段階ですので物足りなさを感じるのも事実です。細かなところではせっかく各地の天候や気温の情報が表示されるならば、私は現地の日時やユーザの基準都市との時差も知りたいなぁと思いましたね。これぐらいはすぐに出来そうな感じなんですが。

あと、偶然ではありますが欧州やアジアではチャンピオンズリーグ開催時期という事もあり、世界各地のニュースもサッカー関係の情報が多かった事も私には好印象。まぁガンバ大阪が海外アウェイで久々に公式戦勝利したってのもありますが(笑)

Folding@HOMEとの統合についても、音楽を流しつつ、inGame-XMBでメッセージをやりとりしてもゲーム中と同様のレスポンスが実現されているので気にはなりません。SCEの思惑通り?今後「Home」の名称で混同する心配は不要になるわけです。

「Life with Playstation」は更なるコンテンツ拡充に期待したくなるサービスです。個人的希望としては対象都市数はもっと増やして欲しいですし、少なくともSCEの拠点がある国(日本、北米、英国、香港、韓国)は独自のニュースを配信したり、PS関係のゲーム情報を配信しても良いと思います。こういうのを上手に使わなくっちゃ。

関連記事
ソニー、PS3で「Life with PlayStation」の提供開始 :ニュース - CNET Japan

PS3で天気やニュースが見られるネットサービス「Life with PlayStation」、SCE - 日経トレンディネット

で、「ぷれいすてーしょんほーむ くろーずどべーた2ドメノてすたーツイカ」って何?それ美味しいの?公式にも記載せずに当たった人だけに案内すればいいのにね、神経を逆なでしているだけって未だに気づかないのかな?もはや都市伝説の領域。


       
 

DQ9発売は「年明け」、気になるPS3用「ラスト レムナント」は? 9/19


9月18日のヤフートップにニュースが配信されていましたね。和田社長のコメントの詳細については今のところソースが見あたりませんが、「年明け」と言うからには1月中の発売が予想されます。このあたりはスクエニ風の考え方だと、2008年度が終了するまでにDQ9関係の売り上げや売上本数を確保しておかないと株主総会に報告できないですからねぇ。

まぁ私はDSを所有していませんし、今後の購入予定も無いでしょう。私の主観ではDSはどこまでもオモチャで、PSPのようなガジェットでもなく所有する喜びが少しもありません。正直、いくら安くても欲しくないモノの筆頭なのです。これは見解の相違ですから、とやかく言われる筋合いはありません。ちなみにWiiに関しても、最低限HD機であれば購入ぐらいはしていたと思います。(前も書きましたが、有機EL版PSPなら10万でも買うと思う、趣味とはそういうモノです)

RPGラバーとしては残念な事ですが、DQ1時代からオリジナルタイトルを発売日にプレイし続けてきた私のドラクエ歴はDSで発売されることが発表された時点で既に終了しているのです。(まぁ6あたりからの出来がゲフンゲフンな状態だったというのも大きいし)


まぁそういう事情もあってDQ9の発売時期自体は私にとってはどうでも良い事なんですが、PS3ラバーとしては「ラスト レムナント」PS3版が2008年度中に発売されるかどうかの方が大きな問題です。また、別の問題としてDQ9の発売前後週には各社ともソフトリリースを避けてくる可能性もあるわけで、迷惑とも言えるわけです。

しかし私にはその為?の「積みゲー」が山脈の如くあるのですが・・・。

UE3との相性の悪さを隠れ蓑にしてXbox360版を優先させたとも勘ぐれる同タイトルですが、本当に「真面目に開発」しているとするならば来年3月までには発売されるはずです。スクウェアエニックスとしてもSCEJとしても我々PS3ラバーとしても理想的なのは、2009年春には発売が予定されているBlu-ray版「ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート」とのシナジー効果です。

周知の通りFF7ACCには「ファイナルファンタジー13」体験版が同梱されますし、PS3との同梱パックの発売もアナウンスされています。そのタイミングに春の真打ちとしてPS3版「ラスト レムナント」、そして「龍が如く 3」「バイオハザード 5」あたりが3月に発売されれば日本国内におけるPS3のアピールとしては上出来になるでしょう。(勿論決定次第大々的にアピールし続けないと意味は無いですが)

まぁ確実にラスレムPS3版の発売日は買い控えを避けるために11月20日以降(下手すると来年)になるでしょうから、こちらとしては来年1月~3月期間の発売予定リストが徐々に埋まっていく楽しみを味わうとしますか。

でも、作品としては既に名作と評価されているDS版「クロノトリガー」を11月末にはプレイ、12月末には「白騎士物語」を、1月にはDQ9をサラリと流して春のPS3版「ラスト レムナント」に期待するのが正しい日本人ゲーマーのあり方だと私は推奨したい。

ドラクエの最新作、年明け発売へ

       
 

「白騎士物語 -古の鼓動-」公式ページ更新 9/19


やはりファミ通の発売日にあわせて公式を更新してきましたね。

さすがに「白騎士物語」の記事がフェイクだとは思っていませんが(逆にあれだけのフェイクが作れたら尊敬)、一応立ち読みで内容を確認してから購入。

無事「白騎士物語 -古の鼓動-」の記事をこの目で確認することが出来ました。スキャン記事も早々に出回ってますので詳しくは書きませんが、やはり気になるのは

「大作のRPGでありながら、最近のゲームの新しい仕組み」の部分です。

詳細については東京ゲームショウ2008での発表になるとの日野氏のコメントもありますので、9月26日に開催される「LEVEL5 VISION 2008」では公表されないのでしょう。

上記のフレーズから予想できる内容としては、個別に作成できるアバターがオンライン上の単体プレイヤーキャラとして「白騎士物語」の世界上でMMORPG(FF11等)やMORPG(モンハン、ファンタシースター等)のように、別ゲームとして遊べるモードでしょうか。

もしくは、基本はストーリー重視のオフラインRPGを進めていく中で、同じ町やダンジョン等の特定エリアを共通している時だけプレイヤー間で共闘したり情報共有したり出来ても面白いですよね。ネタバレシャウトとか怖いですが・・・(笑)

メタルギアオンラインもそれに似た要素とも言えますよね。何かしらオンラインを使った長く遊べるモードになると思われます。期待しましょう。

Kurokisi
黒騎士、声は勿論「速水奨」さんで・・(たぶん違う)

しかし「LEVEL5 VISION 2008」の目玉が「白騎士物語」関係以外となると、どのような発表があるのか・・・。勿論我々としてはPS3用タイトルの新作も続々と期待したいところです・・・が、過度な期待が禁物であることは皆さんもご承知の通り。

プレイステーションで名をあげたフロムソフトウェアは今やマルチすら開発出来ない裏切り者です。MSに傾倒した国内ソフトハウスが例外なく凋落している現状の上に、更なる屍を積み上げるだけになるでしょう。同様にプレイステーション2で躍進したレベルファイブが、今後どのような動きを示すのかに注目したいところです。

公式(とりあえず更新!)
白騎士物語 -古の鼓動-

白騎士物語|株式会社レベルファイブ

LEVEL5 VISION 2008 | 株式会社レベルファイブ

       
 

「WipEout HD」気になるSCEJの回答は?


最初に私信から。
昨日は故郷の友人が研修で東京に来ていましたので、久々に同郷のメンバー数名で飲みに行きました。普段は酒を飲む習慣が全くない私ですが、実に楽しい時間を過ごさせて頂きました。まぁ私がブログの話ばかりしていたような気もしますが、次はもう少しのんびりした時間で色々な話がしたいですね。私信終わり、失礼しました。

まぁ本来はこんな内容はメールで個人宛に送る事なんですが、わざわざ書いたのは一応理由があります。実は昨日SCEJに電子メールにて投げかけていた「WipEout HDの国内配信について」の回答メールが携帯に転送されてきたタイミングこそが、その同郷メンバーで楽しく飲んでいた時間帯だったのです。

お、SCEJから返信来てるや~ん、と思いつつメールをチェックすると・・・

「ワイプアウトHDに関して、現在ご案内できる情報がございません」

とのマニュアル通りの回答に「ふんむ、予想通りか・・・」と、生ビールをぐびり。

まぁ最初から期待してなかっただけにガッカリもしなかった感覚と、酒が入って気分が良くなっていた感覚が入り交じってなんだか訳がわからなくなりました(笑)普段は酔う経験が少ないだけに、「楽しいお酒の時間に残念な事」が発生した時のリアクションに苦しんだことも自分自身の事ながら少し面白い経験ではありました。

ちなみに自宅に帰って過去のメールをチェックしたところ、今年初めにSCEJに「PAIN」「High Velocity Bowling」「tori emaki」等のローカライズ予定は?と質問したときと同じ内容の回答文章でしたね。前回は「要望は担当部署に云々」との定例文書が加えられていたのですが、「WipEout HD」に関してはその記載すらありませんでした。

もしかすると今後のファミ通あたりに掲載するために情報公開出来ないのかも?と好意的な解釈も出来ますが、結局上記3タイトルのうちローカライズされたのはPLAYSTATION Eye単体発売時の同梱タイトル「メモーション」だけです。しかもソフト自体は単体発売されてないし~。

正直なところ、TGS2008までに国内版の情報が出てこないようであれば期待は薄いと考えた方が良さそうな雲行きになりました。私は来週中に香港PSNに配信されなければ北米PSN用を素直にダウンロードする予定です。直後に日本版が配信されたとしても後悔はいたしません。

レース系ゲームに日本語は不要だ!

これだけではアレですので関連情報も。「WipEout HD」のトロフィーリストが公開されています。全コレ条件のプラチナを含む30種類ですね。

Trophies: WipEout HD - PS3 Fanboy

実は同時にもう一つ残念な?いやアホのような回答も頂きましたが、これはまた別の機会に書きます。

       
 

「Life with PlayStation」正式スタート!


この記事を本日中にアップしなければ、私のブログ内では「Life with PlayStation」誤配信の記事だけになってしまいます。それはさすがにマズイ(笑)

ブログ等では「以外とアッサリ」との評価もありましたが、コンテンツの第一弾として「ライブチャンネル」が現時点で配信されているわけで、今後の内容拡充に期待したいところです。

しかし、126MBのダウンロードに光ファイバーでも1時間以上経過しても1/4程度しか進んでおらず、このままでは確実に日付が変更になります。つーことで感想は翌日改めて書きます。

それにしても、このダウンロードの遅さは少し尋常じゃないですねぇ。FF11の大規模アップデートの時に感じたイライラ感に近いものがあります。確かFF11を半引退してから光ファイバーに切り替えたんだよなぁ私は。「Home」の本稼働初日は事前にわかっているなら休日取って張り込んでやろうかと・・・。

関連記事
Life with PlayStation

「プレイステーション 3」向けに「Life with PlayStationR」提供開始 | プレスリリース | ソニー・コンピュータエンタテインメント

PS3向け「Life with PlayStation」提供開始――第1弾は「ライブチャンネル」 - ITmedia +D Games

SCEJ、PS3向けオンラインサービス「Life with PlayStation」第1弾「ライブチャンネル」の提供を開始

PS3向けに「Life with PlayStation」提供開始 - GameSpot Japan

       
 

「Life with PlayStation」サービス開始!と思いきや


システムソフトウェアもさりげなくVer2.43に切り替わってますが、ビデオ配信サービス向けのアップデートとのことで書くことは特になし。

昨日一番の話題である「白騎士物語」に関しては堂々と年内発売が決定した訳ですし、予約が開始されるまでは恒例の情報遮断モードに入ります。

で、SCE関係の発表等が色々と発表があった昨日でしたが、一番楽しみだったのがさりげなく開始されていたらしい「Life with PlayStation」です。早く自宅に帰って体験してみたかったのですが、1時間程度で配信が停止されてしまったようです・・・。

それまでは見事アップデートに成功された下記サイト様の情報を指を加えて見るだけですねぇ。

ポケットニュース: PS3のFolding@homeがアップデート、Life With Playstationに!

まぁなにかトラブルでもあったんでしょうかねぇ?と思いきや、今回の一時的な配信はPS3システムソフトウェアVer2.40の時のような不具合による配信中止ではなく、「運用テスト中に間違って配信されたもの」との情報もあります。

それでも、ソフトウェアが最終調整に入っていることは間違いありません。近日中には改めて配信されることを期待したいものですね。

Life with PlayStation temporarily available News // PS3 /// Eurogamer - Games Reviews, News and More

       
 

ブログのコース変更をしてみる


今まで使っていたココログを「プロ」コースに変更しました。有料になりますが、アクセス解析等の機能が大幅に強化されますし、携帯サイトの広告が消えて閲覧しやすくなっているはずです。

また、PC用のサイトが最近重いとのご指摘も頂きました。確かにゴテゴテとした状況でしたので、少しだけデザインをすっきりとさせ、同時表示件数を50件⇒15件へと大幅に減らしました。読み込み時のストレスは相当に軽減されていると思われます。

しかし、携帯からの閲覧状況を少しだけ解析してみると、予想以上に多いアクセス数に驚きました。実はアクセスカウンターに集計されるアクセスはPC用WEB経由のみです(携帯からのPCサイトブラウザは含まれるはずです)。携帯用サイトからのアクセス数は集計に入っておらず、具体的には書きませんが1日のアクセス数の1/4ぐらいは別途携帯アクセスが発生していたようです。

正直なところ、携帯からじっくりと自分自身のブログを閲覧する機会は少なかったのですが、動画は無理でも画像はきっちりと閲覧できるのね。PC用サイトの右サイドバー一番下に携帯用のQRコードを配置しました。パケット定額の方なら気にせず閲覧できるはずです。今後は携帯閲覧を考慮した構成も考えて作成したいですね。

そして改めて「俺の文書、長くてクドイ」んだなぁ、これは本当に反省。

       
 

「白騎士物語 -古の鼓動-」正式タイトルと発売日決定!


ファミ通フラゲからの情報のようです。さすがに今週のファミ通は買いますよ、何やらアクアノーツも高評価との噂ですしぃ。トロフィー関係の情報も出てくるかな?

9月17日のPS3+関連ニュース 「白騎士物語 -古の鼓動-」 12月25日に発売決定 【PS3 Assistance(アシスタンス)】

さてさて、正式タイトル「白騎士物語 -古の鼓動-」の発売日は12月25日。SCEJはクリスマスタイトルに和風RPGを持ってきました。これで「東京ゲームショウ2008のサプライズが白騎士物語の年内発表だけだった」という最悪の状況だけは免れた訳です。

でも、TGS2008では「白騎士」以降の日本向けタイトル展開を潤沢にしっかりとアピールする事を忘れてもらっては困りますよ。現時点の情報ではいつ発売されるかわからない(開発理由でキャンセルされる可能性すらある)「ラストレムナント」が次のRPGだったりする訳ですし。

それに、SCEJタイトルが今の予定通りに発売されたら、未発売タイトルは4本ぐらいしか残されていない訳です。しかもそのうち2本がGT5とGTモバイルですからね、2010年ですら怪しいタイトルです(笑)まぁ年内に5~6本は発表されるでしょう。

昨年のTGS2007でもプレイアブル出展されていました(相当な行列だった為に私は横目でチラチラ見ていた程度)ので、今年のプレイアブルデモはファイナルビルドに近い状態で遊ぶことが出来るでしょう。もちろん今年は並んででもプレイしますよ。

余談ですが、最近購入したパナソニック「DMR-BW830」の新機能であるオートチャプター機能は実に便利なんですが、某箱CMで最後に流れる「プゥオン(表現が難しい)」と言う効果音とホワイトバックに機械が騙されてチャプターが打たれる事があります。不愉快な音を聞きたくないので、パナソニックにはアルゴリズムの改善要望をメールしていたり(笑)


白騎士物語 -古の鼓動- 白騎士物語 -古の鼓動-


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「100万アクセス企画」の補足 9/17


以前、100万アクセス記念として「あなたのPS3設置テクニック」を画像で募集する企画を案内しました。現時点でも何件かは応募をいただいており、「無かった事」にはならないようで少し安心しています。

100万アクセス企画:「あなたのPS3設置テクニック」教えてください 9/14

ただ、改めて要項を読みなおすと「電子メールによる応募限定」にした事が「敷居が高い」と感じさせる要因なのかなと感じました。まぁ最初から覚悟はしていたことですが。

当初は画像専用の掲示板を作成し、そこに自由に画像を張り付けていただこうとも考えていました。しかし、本目的以外の書き込みに対する対応に忙殺されることは本意ではありませんし、賞金(Amazonギフト券)を出す事は決めていた為に電子メール形式に決定いたしました。

勿論個人情報の悪用は決して行いませんが、応募に関して若干でも相手に拒否感情を与える事は私の意図するところではありません。そして携帯アドレスに関しても検証不足のままでした。

そこで私自身が検証した結果を報告しておきます。

・携帯メールアドレスに受け取ったAmazonギフト券のコードはそのまま使用できます。
・Gmail等の無料アドレスも同様に使用できます。

勿論Amazonに登録しているメールアドレス以外であってもギフト券コードさえ有効であれば使用できることになります。

Amazonギフト券についての詳細はこちらから

あと、追加ルールについても案内いたします。

ブロガー様やサイト運営者様の応募も大歓迎しています。ある程度集まるようでしたら、特別コーナーにて設置写真を公開させていただく事も考えております(入賞とは別枠です)。もちろん、希望されるならばサイトの宣伝やアピール文を記載していただければ助かりますし、拒否されるならばテンプレートにて「公開の拒否」をお願い致します。ただし、入賞された場合は無条件で掲載致しますのでご了承ください。

       
 

北米PSNカード、大手ビデオチェーン店でも販売開始


北米最大手のビデオチェーン店Blockbusterにて北米PSNカードが販売されている映像がPlayStation.Blogに配信されています。

私は北米Amazon経由でボッタクリ価格のPSNカードを買いましたし、現時点ではエントロペイの登録にも成功していません。とにかく、いち早く日本でも適正な価格で購入できるルートを確保したいところですねぇ。とりあえずは北米に遊びに行きそうな友人を捜して・・・そんな人誰もいないや(笑)

それにしても、何となくSCEAも出し惜しみしているようにも感じますが、どうなんでしょうね?こういうサービスは大々的に宣伝して流通させた方がユーザも喜ぶし、ダウンロードタイトルの売り上げにも貢献するとおもうのですが・・・。

日本PSNから各国PSNに「本人の承諾」込みでアクセスさせてしまえば、「責任回避」も出来るのですが、それすら「面倒」なんでしょうか。

私たちは一般のゲームファンで「面白そうな海外タイトルを日本でもプレイしたい」だけなんですが、何か考え方が間違っているのでしょうか?まさかSCEJは棒振りSD機や下品な爆音ドライブのマシンで遊んでくださいと思っているんじゃ無いでしょうね?私は持っていませんよ・・・。

むーん、私は最近イライラしすぎだなぁ。文章に出過ぎですね(笑)
正直、PS3用のタイトル数がどうの、本体展開がどうのではなく、「グループ間やエリア間の連携さえスムースだったら・・・」と思う部分が多すぎて、自分自身のリアルな職場を連想させてしまうのが原因なんだろうなぁ。

とりあえずTGS2008まではSCEJ相手の愚痴は封印することにしました。でも明日から書くことが無くなって連続記録が途絶えたりして(笑)

関連記事
PlayStation.Blog ≫ PSN Cards now available at Blockbuster

PS3 NEWS - PlayStation 3 News - PSN Cards Now Available at Blockbuster

Looking for PSN Cards? Have you tried your local Blockbuster? - PS3 Fanboy

       
 

「WipEout HD」欧州も9月25日配信へ・・・


北米と欧州は同じタイミングで配信されるようです。価格に関してはGBPにしてもユーロにしても北米PSN版が一番安く購入出来ることになるのかな、今のところ。

まぁ香港PSNに関しては突然配信されたりするので微妙なところなんですが、香港コンテンツは基本英語のままで配信されますので、日本版のようなローカライズは不要です。まぁ来週中に香港にも配信されなければ、北米版購入に踏み切ろうと考えています。

相互リンクしていただいているサイト様の多くも日本版を待望されているようですし、新規フランチャイズでもありませんので一定以上の需要は見込めるはずです。近日中に配信予定の有無だけでもSCEJにはお願いしたいところです。

どうせSCEJにメールをしても「現時点では予定がない」との回答しか返ってこない事も判っていますので敢えてここで書きます。

SCEJプレジデントのショーン・レーデン氏は日本国内のPS3オーナーが「WipEout HD」のような革新的なゲームをプレイできない事を不思議には感じていないのでしょうか?だとすればレーデン氏はスクエニ和田社長と同様の「夢を与えない」人種なのでしょう。少しでもゲームに理解がある人ならば「これは日本でも配信するべきだろう?」と判断するはずです。

吉田氏も同様です。ワールドワイドスタジオのプレジデントとして日本国内のユーザに対して目を向けているのでしょうか?正直SCEJはPSP用タイトルを制作する必要はありません、全ての開発リソースをPS3に注ぎ込まなければいけない時期に突入しているはずです。

とまぁいつものノリはここまでにして、Three Speechに掲載されている超美麗なアートワークで心が癒されました。ダウンロードしてみると6000×4000サイズの巨大なイメージにも驚かされましたね。プレイステーション5ぐらいの時代にはこのような映像がスムースに動いてしまうのでしょうか。でも、4K2Kの時代はまだまだ先でしょうね。

ちなみに私の北米PSNの残チャージは25ドル・・・、カツカツの生活ですなぁ。

公式
WipEout HD

関連記事(超美麗なアートワークは必見)
Three Speech: Semi-Official PlayStation Blog ≫ WipEout HD release date confirmed…

ゲームかなー: 「WipEout HD」欧州版の価格が決定

       
 

「WipEout HD」ついに発売日決定、北米だけど


ふんむ、色々と忙しくて予定にあげていた事の1/3ぐらいしか実行できなかったなぁ。買ったばかりのノートPCを2週間も放置なんぞ信じられん・・・(笑)残念ながらブログも限られた時間での更新になってしまいました。本当は書きたいネタは相当数リストアップしていたのですが・・・、まぁ旬を過ぎすぎない程度に少しずつ書いていきます。

それでも寝る時間を削ってでも書きたかったのがタイトル通りの「WipEout HD」の北米PSN配信日決定のニュースが公式のPlayStation.Blogに発表された事です。しかも、9月25日って本当に早い、「いきなり」とも言えるタイミングで驚きました。値段も19.99ドルとは安いですね、日本円では2000円強ですか。

まぁ日本でも結構ソフトラッシュにはなっていますが、北米/欧州では完全にHDゲームに開発がシフトしています。要するに10月以降はどのタイミングで配信しても食い合ってしまい、ビジネスとしては厳しいのが現状でしょう。本来の予定は7月頃の配信だった訳ですし。

「WipEout HD」は1080pと60フレームのレースゲームとして話題を集めましたが、技術的な問題やてんかんテストクリア等の影響によりリリースが大幅に延期され、一時期は「今年(2008年)中にリリースされる保証すら無い・・・」とまで言われる状況に陥りました。それだけに予想外の早期リリースは実に喜ばしいニュースです。

Wohd_20080910_182608

しかし気になるのは日本版の配信予定についてです。少し前にPS3フレンドの方から「日本で配信されるのですかね~」とのメッセージを頂いた時は、「確かTGS2007のパンフに掲載されていたはず」と本棚から引っ張り出してみたのですが・・・「うほ、無い」。完全に私の勘違いだったようです。慌てて調べてみるとPS2になってから据え置きハード用ワイプアウトは日本では発売されていない衝撃的な事実にも気づかされました。

これがパッケージタイトルならば輸入購入するだけなんですが、PSN専用タイトルである事は当初から発表されているだけに大問題です。今では北米PSNにチャージする方法はいくつか存在しますが、若干敷居が高い手段であったり、冷静に考えなくてもボッタクリなPSNカードを購入する方法だったりします。日本のクレカも全て普通に認証できるようにして欲しいですね。

香港PSNに配信されれば、まだ適正に近い価格で購入できるのですが、結局はSCEJが日本版を早期に配信する事さえ今のうちからアナウンスすれば全ては解決します。正直、TGS2008に何らアナウンスが無いようであれば、今回も完全無視である最悪の事態すら考えられます。

世界中のニュースが瞬時に飛び交う現代で、方針の軸が定まらない中途半端な鎖国状態をいつまでSCEJは続けるのでしょうか?「God of War」のローカライズ拒否の件は未だに許せませんし、「FIFA 09」の体験版だって日本のメディアにはXbox360版のみが配信されているような表記でメディアに掲載されています。MSよりメディアの悪意とも考えられますが、わざわざ海外アカウントが必須にしているPSNの方針も良くないのです。

「発売日が延期するかも知れないから、目途が立つまでタイトルすら発表しない」「クレーム対応等が嫌だから英語のままでは体験版やソフトを配信しない」「過激に暴力的なゲームは会社のイメージに影響するからローカライズしない」と考えているのであれば、現代のプラットフォームホルダーとしては失格でしょう。全てSCEJがコントロールし、全ての日本人ユーザが満足できるジャンルのタイトルを潤沢に供給し続けているならまだしも・・・ですが。レーデン氏は何のためにSCEJのトップを張っているのでしょうか?

とにかく「PLAYSTATION 3」という素晴らしいハードを開発したSCEIとしては全世界の地域で「WipEout HD」を迅速にリリースすることはもはや「義務」なのです。

しかし、私ではEnrtopayはどうにも上手くいきませんね。既に「WipEout HD」を購入できるぐらいには課金してしまってるので、何とかして北米PSNにチャージする方法を見つけなければ・・・。

関連記事
PlayStation.Blog ≫ WipEout HD Officially Dated, Priced

WipEout HD Coming Soon ≪ PlayStation LifeStyle

WipEout HD Review - Page 1 // PS3 /// Eurogamer - Games Reviews, News and More

WipEout HD dated for North America :: PlayStation Universe (PSU)

videogaming247 ≫ Blog Archive ≫ WipEout HD releasing in the US on September 25

News: WipEout HD dated, priced for US - ComputerAndVideoGames.com

videogaming247 ≫ Blog Archive ≫ Euro WipEout HD release date announcement expected later today

       
 

「カンフー・パンダ(PS3版)」感想


久々のゲームレビューを書きます。モノフェローズとして『みんぽす』主宰の Willvii 株式会社様よりレンタルしたタイトルは・・・PS3版「カンフー・パンダ」です。


このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「 みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載による ブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽ すやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があっ た場合のみ修正を行います) レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関す る詳細はこちら


まずは前提として、私は映画「カンフー・パンダ」を観ずにプレイし、レビューを書いている現時点でも観ていない事を書いておきます。映画本編の簡単なあらすじ等は把握していますが、核心に触れる部分については知りません。映画としては演出やストーリーも評判が良く、興行成績も好調です。さてさて、はたしてゲーム版の出来は・・・?

まずはゲームトレイラーを張っておきます。

・グラフィック
映画の世界観がHD映像で十分に表現されています。日本版としては唯一のHDタイトルですので、PS3版をHDTVで観た子供達にとっては「映画と変わらない」と感じるのではないでしょうか。実際にはHDタイトルもXbox360とのマルチ制作ですのでハードの上限まで使っているとは感じませんが、そのあたりは大手パブリッシャ・アクティビジョンの力量を感じさせるそつのない作りです。

余談ですが、「カンフー・パンダ」PS3/Xbox360版を開発したデベロッパ・Luxofluxは来年公開の映画「Transformers: Revenge of the Fallen」ゲーム版のデベロッパでもあります(初代「Transformers」ゲーム版は別会社)。

ちなみついでに「カンフー・パンダ」Wii/PS2版、そしてDS版もそれぞれ別のデベロッパです。それでも「Transformers: Revenge of the Fallen」のゲーム版は全プラットフォーム版をLuxofluxが開発するようですね。パブリッシャとデベロッパの関係は調べると結構面白いものです。

・操作性
操作に関しては一般的なTPA系操作です。左スティックで移動、右スティックでカメラ操作、残りのボタンで各種アクションが行えます。

また、PS3版の特徴として随所にモーション操作が導入されています。とは言っても日本語HDバージョンはPS3のみですので表現がややこしいのですが、基本的にマルチタイトルとしての対象はXbox360版のみと認識していただきたい。

導入されているモーション操作も基本は一部のステージで左スティックの代用として活用されているだけですが、肩肘張らずにさりげなく盛り込んでいて操作感覚も悪くない。PS3のSIXAXISモーション操作を特別な操作として変に力を入れ、拒否したりするデベロッパも多い中で柔軟な開発姿勢だと感じました。

・ゲーム性
上記の通りTPA系アクションゲームです。難易度設定も変更可能ですので、お子様でも手軽に爽快なアクションゲームを楽しむことが出来るでしょう。

主人公「ポー」はエリア中に配置されているコインを収集することでパワーアップさせる事ができます。今風のRPG要素が含まれているところも手軽に楽しめる要因ですね。確かにこの映画の雰囲気ではシビアなアクションゲームに仕上げる訳にはいかないでしょう、このあたりもバランス等を含めて上手に纏めていると感じました。

また、戦闘だけではなくコスチュームを取得して違う風貌でアクションを楽しむことも出来ます。MGS4にも同様の各種フェイスがありましたな。

「ポー」以外にもマスターファイブと呼ばれる強力な味方?キャラを操作するイベントが随所に織り込まれます。どちらかというとポーが一番オーソドックスなTPA系操作キャラですが、ポー同様に動物モチーフのマスターファイブ達は実に個性的なキャラクタ揃いです。このあたりの独自アクションのバランスも良いアクセントになっています。

なお、ゲーム本編とは関係のないミニゲームも要所に盛り込まれています。パズルや射撃等で息抜きも出来ますし、協力プレイで遊ぶことも出来ます。

・物語
映画のあらすじを読む限りでは本編をなぞらえた作りになっているようです。プレイアブル化しているエピソードとモノローグのみで語られるエピソードのボリュームが映画本編の比率には沿っていないとは思いますが、このあたりは詳しくは触れません。早ければ今年の冬にはDVD/BD化されると思いますので、それに併せてプレイするのも悪くないでしょう。ようやくドリームワークスも堂々とBlu-rayを出せますしね。

・演出等
主人公の「ポー」についてだけ書きます。実に憎たらしい表情でやる気が感じられない主人公ですが、プレイしていると愛着がわいてきます。このあたりは映画も同様のようで、映画やゲーム自体の演出や物語が魅力的なのでしょう。上質なキャラクターゲームの見本です。

各章の始まりはモノローグにより物語が語られます。しかし若干日本語の翻訳に甘い部分が感じられました。特に、重要な言葉でもある「ドラゴン戦士」が最後まで馴染めませんでした。映画ではどのように翻訳されていたのかは判りませんが、Wikiでは「龍の戦士」と表記されています。英語サイトを観ても「Dragon warrior」になっていますので、「ドラゴンウォリアー」か「龍戦士(龍の戦士)」が響きとしても格好良いと思うのですが・・・。

アクティビジョンは「コールオブデューティ4」でも適当な翻訳が指摘されていましたので、改善を望みたいですね。

・総評
日本語ローカライズが若干適当に感じられる部分やモノローグのアッサリ風味が減点要素ではありますが、それ以外は不満が感じられない優秀なキャラクタアクションゲームです。私のように映画を観ていない人間でも世界観を楽しみながら遊べた訳ですから、映画が好きだった人ならば10倍はゲームを満喫できるでしょう。

映画や漫画やアニメを題材にしたゲームが面白くない時代は既に終了しています。「NARUTO Ultimate Ninja Storm」のように、ゲームがアニメや映画を超越した「最高のメディア」として躍り出る可能性すらあるのです。

ゲーム自体の出来とは関係がないのですが、「カンフー・パンダ」の上映映画館ではゲームのデモ等は行ったのでしょうか?確か同じドリームワークスの「トランスフォーマー」は変形オモチャを展示していました。これは去年のなんばパークスシネマでの話、でも1階の「トイザらス」で買えって感じでしたが(笑)。可能であれば上映期間中に映画館の待機フロア等にてHDTVデモを流したりする事は難しいのでしょうか?いわば購買層が集中している、一番の宣伝効果が手軽に得られる場所なんですけどねぇ。

最後に余談ですが、シーフー老師が一歩間違えれば「暮らしの中に修行あり」と語り出す某ネコ師匠と名前も似ているので被ってしまいそうになりました(笑)モチーフやオマージュを考慮するとゲキレンの声優達と比べるのは、カンフーパンダの非本職声優達には可哀想かな・・・とも。評判は悪くないようですが。

映画公式
カンフー・パンダ

ゲーム公式
アクティビジョン/ACTIVISION カンフー・パンダ


カンフー・パンダ カンフー・パンダ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「体験! プレイステーション」でアクアノーツのトロフィーを確認 9/15


これで3回目の「体験! プレイステーション」、新宿イベントホールでは2回目になります。あれだけ複雑だと思っていた新宿も2回ほど迷ってますので、今回はある程度すんなりとたどり着けました。

今回の展示タイトルは下記の通り

【発売前タイトル】
・「リトルビッグプラネット」
・「AQUANAUT'S HOLIDAY ~隠された記録~」

【発売中タイトル】
・「AFRIKA」
・「グランツーリスモ 5 プロローグ」
・「みんなのGOLF 5」
・「PLAYSTATION Eye」
・「The Last Guy」
・「ラチェット&クランク FUTURE外伝 海賊ダークウォーターの秘宝」

【映像作品】
・「亡念のザムド」(PV出展)
・「紀元前一万年」Blu-ray

私が行った時間帯は比較的年齢層が高い人が多かったですね。祝日の新宿にどのような層が集まるのかは判りませんが、アルタ前には若者も集まっていましたし、エリアによって集まる層は確実に違うのでしょう。(私は東京人ではないので詳しくはない)

予想以上に人気だったのはBlu-ray「紀元前一万年」でした。確かに一番遠くからでも目に入る位置に展示されていますし、比較的購買力のある人たちに「PS3で見るBlu-ray」の実力を少しでも周知していただける良い機会だなと感じました。肝心のSonyさんがPS3を「鬼子」扱いにしていますからねぇ(笑)

後は人気フランチャイズとして「グランツーリスモ 5 プロローグ」「みんなのGOLF 5」あたりは年齢層を問わず、人が集まっていました。

さて、本題にはいります。

・「AQUANAUT'S HOLIDAY ~隠された記録~」
人が切れたタイミングを見計らってプレイしました。小魚が密集しているエリアに入り込んでも処理落ちは感じませんでしたし、中型魚にゆっくりと接近して精細なモデリングを限られた時間で楽しみました。しっかりとした目的があるソフトですが、じっくりと魚を追いかけていくだけでも実に楽しいソフトですね。

でも、ライオンちゃんと目が合ったときの「ドキッ」が感じられないのは少し残念かも・・・と感じました。ハープーンや魚雷は搭載していないとしても潜水艦は堅いし強そうだものねぇ(笑)

そしてトロフィー機能も確認しました。実は8月7日に青山で開催されたイベントでは「トロフィー未実装」と聞かされていたのですが、その時にこっそりGAME内XMBからトロフィーコレクションにアクセスするとフリーズしてしまいました。今回も勇気を出してチャレンジしたら今度は表示されました、やっぱり実装していたのね。

トロフィーの数は全コレが条件のプラチナを含めて50個。大半はオープンにされていませんでしたが、下記が写真です。急いで撮影したのでかなり手ぶれしています・・・。

Aqua1

Aqua2

・「リトルビッグプラネット」
大人数で遊ぶソフトなので今回は遠慮しました。しかし開発中画面のバージョン番号らしき数字は8月7日のイベント時と同じでしたね。展示用のローカライズバージョンはそのままのようです。たぶんTGS2008時が発売前のファイナルビルドもしくはゴールドになるのでしょう。

・「亡念のザムド」
画質に関しては既にスペックは公開されていますので特に興味は無く、可もなく不可もなく。私はまぁ、初回は見ますがその後は内容次第ですね。スタッフが近くに配置されておらず聞けなかったのですが、時限ダウンロードの仕組み、購入映像は従来のXMB上の映像再生インタフェイスが利用できるものなのか?将来のBlu-ray発売予定やBlu-ray版は現状の720pのアプコンではないのか?最終回前に過去の購入者に対しては値引きして再レンタルとかの予定はないのか?全話購入のお得なセットは用意しないのか?とか聞きたいことは山ほどありますが、即答いただけそうなスタッフは存在しないと思ったので最初から捕まえる気にもならず。

・総括
やはり新宿のあのロケーションは良いなぁと再認識しましたが、どうせ開催するならば金土の連日等がベストかも知れませんね。同じ場所でも平日と土曜日では層も変わりますし。

そして「プレイステーション3」ファンの為のSCE主催イベントが開催されていない事も気になりました(PSP関連は結構あるのですが・・・)。結局「PLAYSTATION PREMIRE 2008」は開催されなかった訳ですし、日本国内での正式なPS3ファン向けの大規模な発表イベントはTGS2007以降は一切無かった事になるわけです。それでは本体も売れるわけもありません。

一般層へのアピールは勿論大切で、むしろSCEJはその点に関しては頑張っているのかもですが、我々日本国内ゲームファンへのアピールはどうにも控えめ(広報リソースをPSPに回しすぎ?)に感じます。年内タイトルはほぼ確定しつつありますが、年明け以降も戦いは続きます。このまま来年も「PLAYSTATION PREMIRE」等のイベントを開催せずに好調なPSPだけをアピールする方針ならば、PS3は更に厳しい状況に追い込まれることは確実でしょう。


ちなみに恒例のラーメン探訪は大阪で有名な「神座」に行ってきました。とは言っても私はここ数年大阪難波本店にも行っていない訳なんですが、「こんな感じだっけ?」とは思いつつも美味しくいただきました。好みは人それぞれですが「個性的」な味である事は間違いありません。新宿に行く機会があれば一度行ってみてはいかがでしょうか?

ただし初「神座」の方には注意して欲しい点がいくつかあります。

①とにかくアッサリしているので最初はトッピングが少ない一番安いラーメンをお薦めします。
②最初にトッピングゴテゴテで食べると「味、薄!」で終わってしまうかも。
③慣れてくると色々味を変えて楽しむのもいいでしょう。
④飲んだ後のラーメンとしては適していないでしょう。

で、「神座」は確かに大阪でも人気ラーメン店ですが、大阪ラーメンと呼ぶには抵抗があります。適当な比率で説明すると大阪のラーメン店は豚骨6割、ダブル3割、醤油1割ぐらいの比率で「大阪ラーメン」という定義自体が最初から存在しません。「神座」が変わっているだけなのです。新宿店の場所は通りの角に天下一品、真向かい「なんでんかんでん」と厳しいロケーションですが、興味を持った方は一度足を運んでみてください。

SCEJ、PS3体験イベント「体験! プレイステーション」新宿駅西口広場で9月15日と10月26日に開催

AQUANAUT'S HOLIDAY~隠された記録~

リトルビッグプラネット


AQUANAUT'S HOLIDAY ~隠された記録~ 特典 オリジナルエコバック付き AQUANAUT'S HOLIDAY ~隠された記録~ 特典 オリジナルエコバック付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

リトルビッグプラネット 特典 実寸大リビッツ人形付き リトルビッグプラネット 特典 実寸大リビッツ人形付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「Spore」を巡る一連について 9/15


ゲームソフト「Spore」の内容には最後まで全く触れていませんのでご認識ください。今回も相変わらず長いよ~。

PS3への展開が噂されながらも現時点では何ら発表が無い為、当ブログでは取り上げていなかったEAの意欲作「Spore」。まさか、このような形で最初に記事にする事になるとは思いませんでした。

さて、一連のニュースや騒動については既に様々な海外サイトに取り上げられていました。色々と翻訳の準備は行っていたのですが、今回はGame*Spark様の記事を参照させていただきたいと思います。

Game*Spark - : Amazonのレビューが全削除!?『Spore』の厳しいコピー制限に、発売元のEAが反論 by Miu

私が注目したい点は「インストール回数が制限された」「ネット経由でアクティベーションが必要」である事が「必要以上に」ユーザの反感を買った事です。EAのアピールが下手だったのだろうなぁとは思いますが、今後はコピーコントロール出来ない媒体で提供されるPCタイトルには各社も各種制限を掛けていく方向に向かうでしょうし、そうするべきだと考えています。今回のSpore騒動自体は、ネット群集心理が生み出した「馬鹿騒ぎ」に過ぎません。

私は元々ゲームソフトの中古販売に対しては反対側のスタンスを持っています。ファーストリリースが「旬」の時期で、それが過ぎればワゴンや中古に並ぶ姿はゲームファンとしてもの悲しく感じることすらあります。今は80年代のように「本当にどうしようもない」ゲームが乱造された時代でも無いだけにです。

映画・漫画・アニメ等と連動したタイトルは別として、ゲームソフトに「旬」はありませんし、ハードを新規に購入した人達が安心して過去の作品を「新品」で購入できる環境は推進されるべきなのです。

HDゲーム機の開発には従来タイトルより膨大なコストが必要になったと言われています。しかし日本ではSD機だけが我が物顔で闊歩している「ゲーム後進国」ですから、SD機を推奨する企業に尻尾を振るメディアが喧伝しているだけなのかも知れませんし、どこまで膨大なのかまでは素人の私には判りません(勿論海外ニュースでも同様の情報はあります)。勿論SD機よりも拘って開発出来るだけに、いくらでも「時間や手間が掛けられる事」、要するに人件費やコストを掛ける要因が増えている事だけは素人の私でも理解出来ます。

だからこそゲームソフトはきちんと新品で売れて欲しいですし、開発に関わる企業やクリエイター達が潤う仕組みを業界全体で構築する事は大切な事だと考えています。SCEがゲーム事業参入直後に行った「中古売買禁止」は過激なやり方で反発を買いましたが、今ならばもう少しスマートな方法で「新品購入が得だ」と思わせる方法、「ソフトを所有し続けよう」と思わせる展開に持ち込むことは可能でしょう。現実的に、今年のスクエニ株主総会でも中古売却に関する問題は議案に出てきています。

また、中古売却への対策手段の一つとして「やり込み要素」や「ルート分岐」や「複数主人公」等の「売らせない」為の手法が試行錯誤されてきたとも考えています(和RPG中心で書いています)。勿論ゲームの品質やアイデアが向上することは大歓迎ですが、それにより開発スパンの更なる長期化やそれに伴うコスト問題にも直面します。要するに悪循環に陥る可能性もあるのです。

確かに「クリアしてすぐ売る」事を前提としてプレイする事はユーザの自由です。それでも長期間売れ続ける「ゲームソフト」があまりにも少ない事にはやはり不安を感じます(ゲームソフト以外はロングセールを続けているタイトルも多いだけに)。8月末に発売された「AFRIKA」は私の予想通り発売2週間で5万本超の売り上げを記録しましたが、このソフトが今後も毎週5000本程度は売れ続け、年内に15万本程度までジワジワと売れるような業界になって欲しいと思いますね。現在のソフト品質ならば、どのようなゲームソフトにもそれだけのポテンシャルや市場はあるはずです。

そのためには新品購入ユーザへの特典や利点をプラットフォームホルダーを含めて遂行していく必要があるでしょう(勿論進行中のプロジェクトは複数存在するでしょうし・・・)。今でもMGS4のように時限的に武器パスワードが公開されたりしていますし、PS3を含めたネットワークゲーム機では定期的なダウンロードコンテンツ配信によりユーザの繋ぎ止めに成功しているソフトも多々あります。

しかし業界はもう一歩先に進まなければいけないのでは無いだろうか?とも考えています。新品ソフトの購入者は初回アクティベート時のみにポイントが蓄積され、関連情報や同社タイトル体験版の優先配信、DLCの割引配信等のメリットの提供等々とか。要するに、Best等の価格改訂パッケージとは別の考え方で、旧作であっても「新品で買った方がお得」と思わせる手法が求められているのです。

「少し待てば中古で安く出回るから待とうかな」より「新品は少し高いけど、色々とメリットあるからなぁ」と少しずつでもゲームファン達に理解されるような動きを示さないと日本は「ゲーム後進国」から「ゲーム輸入国」になってしまうでしょう。残念ながらHDゲーム事情に限定するとそうなりつつあるのです。

そうなると残された日本発のソフトは脳年齢や体脂肪を調べて「とにかく長生きだけしたい人達向けのオモチャ」や、皆で仲良くワイワイとするだけのパーティソフトだけになる最悪の事態すらあり得ます。日本発の『ゲームソフト』が存在しないなんて寂しいですよね。でも、多くのクリエイターやソフトハウスが「(日本も一応)含めた世界視野」のタイトル開発に進んでいます、日本人が愛した和ゲーは減少しつつあるのです。

いつも勝手な予想を振りまいていますが、私はスクウェアエニックスのゲームソフトにおいて近々「中古売却」に対する具体的なアイデアを提示してくると予想しています。特に「ファイナルファンタジー13」が発売される2009年末までには色々と試行錯誤してくるのでは?とも考えています。願わくば購入者が喜ぶような方策であることを期待したいものです。強力なブランドイメージを持つスクエニが先鞭を付ける事には大きな意味があります。

少なくともテなんちゃらの経験値販売等は単なるアイマスからの流れに乗った「ファンから搾取する仕組み」の派生ですから、挑戦でもなんでもありません。メディアヴィジョンもSCEとの繋がりは薄くなっているし、日テレからの派生組はほぼ全滅状態ですねぇ。


なお、これは椎名某が代表になって毒悪を振りまいている「権利者」達とは違う考え方です。

私は「良いものを創り上げたクリエイター達には相応の報酬が与えられる」べきであると考えているだけです。中古売買に関しても、クリエイターや企業に新品同様の利益がきちんと還元される仕組みさえ効果的に機能しているならば問題はありません。B-CASも同様で、メディアや機器に均等に課金して吸い上げた利益が適正にコンテンツのクリエイター達に還元される事が「不可能」であり、それが「健全」だとは考えられない皆から反発される事を彼らは思い知らなければいけません。

椎名某達の言葉を借りて極論を言えば、「魅力のないコンテンツしか創れないクリエイターや企業は干上がっても仕方ない」と私は考えているのです。

さて、最後まで読んでいただいた方が何名存在するのやら・・・。書いた私ですら推敲中に10回ほど読んでいて頭が痛くなってきたぐらいだったり(笑)

SPORE | EA エレクトロニック・アーツ


SPORE スポア SPORE スポア


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

SPORE 初回限定版 プレミアムアートブック付き SPORE 初回限定版 プレミアムアートブック付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

今ならPSP-2000もお得!


新型のPSP-3000好調な売れ行きのようですね。Amazonでも通常価格で購入できるのは現状ではミスティックシルバーのバリューパックのみになりました(9/14 21:30時点)

しかし、思ったよりもミスティックシルバー、人気がないなぁ・・・。私は一番気に入って注文したのですが・・・・。


PSP「プレイステーション・ポータブル」 バリュー・パック ミスティック・シルバー(PSP-3000KMS) PSP「プレイステーション・ポータブル」 バリュー・パック ミスティック・シルバー(PSP-3000KMS)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今となっては新機種発売前の現行機種ですが、新品がお安く購入できます。PSP-3000の発売日は10月16日ですので、それまでにプレイしたいソフトがあるならば購入するのも手ですよね。それに3000には存在しないカラーもありますし。


PSP「プレイステーション・ポータブル」 ピアノ・ブラック(PSP-2000PB)PSP「プレイステーション・ポータブル」 ピアノ・ブラック(PSP-2000PB)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
PSP「プレイステーション・ポータブル」 セラミック・ホワイト(PSP-2000CW)PSP「プレイステーション・ポータブル」 セラミック・ホワイト(PSP-2000CW)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
PSP「プレイステーション・ポータブル」 ローズ・ピンク(PSP-2000RP)PSP「プレイステーション・ポータブル」 ローズ・ピンク(PSP-2000RP)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
PSP「プレイステーション・ポータブル」 アイス・シルバー(PSP-2000IS)PSP「プレイステーション・ポータブル」 アイス・シルバー(PSP-2000IS)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
PSP「プレイステーション・ポータブル」 フェリシア・ブルー(PSP-2000FB)PSP「プレイステーション・ポータブル」 フェリシア・ブルー(PSP-2000FB)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
PSP「プレイステーション・ポータブル」 ラベンダー・パープル(PSP-2000LP)PSP「プレイステーション・ポータブル」 ラベンダー・パープル(PSP-2000LP)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

HDMI2系統分配+切替え出力可能HDMIセレクタ「EG-HDMI402」


私が愛用しているエバーグリーンのHDMIセレクタ「EG-HDMI402」が楽天に復活しています。「うひょう」と思ったのですが、よく見ると「保証・サポートなし」との表記が・・・。

楽天のページによると「この商品は、後継機種への移行等に伴う在庫処分特価品です」との事でしたので、本当に「後継機種」が登場するならば別に問題はありません。確かにこの機種、高機能だけに相性問題はいろいろと散見されますからねぇ。たまたま私の環境では無事に動作しているだけとも考えられますし(それでもたまーに認識不良は発生する)

一応、現行商品で「HDMI2系統以上の出力で、分配+切替え出力が可能」なセレクタやAVアンプはあるのかなぁと調べてみました。AVアンプの方は5系統以上の入力に絞りました。

値段の後の記号は下記の通り

○・・・分配+切替え出力が可能
×・・・切り替え出力のみ可能
△・・・分配出力のみ可能

HDMIセレクタ
エバーグリーン「EG-HDMI402」4in/2out 3万円弱 ○
Donya「DN-HDMI4200MT」4in/2out 1万円弱 ×
トリニティ「TR-HDMI-402」4in/2out 2万円弱 △
マランツ 「VS3002-E1-B」6in/2out 3万円弱 ×


AVアンプ

Sony「TA-DA5400ES」6in/2out 25万前後 ×
ヤマハ「DSP-Z11」5in/2out 55万前後 ×
デノン「AVC-A1HD」6in/2out 48万前後 △
パイオニア「SC-LX90」6in/2out 75万前後 ×

参考
デノン「AVC-3808」3in/2out 15万前後 △
パイオニア「SC-LX81」4in/2out 33万前後 △

※デノンはメーカー確認中ですが、恐らく「分配」のみ。

私も少しの時間で調べただけですので確証はありませんが、改めてまとめてみると「分配+切替え出力が可能」なセレクタ/AVアンプは「EG-HDMI402」以外には存在しない事になります。でも、「不具合(クレーム)が発生する可能性が高い機能」を嫌がるメーカーの心理は判らなくもありません。HDMI自体の規格がユルユルなのも大きな原因ですよね、普及してしまったものは仕方ないのですが・・・。

少し面白かったのはパイオニアの「SC-LX90」から「SC-LX81」を開発する際に「切替」から「分配」に切り替えたことです。

とりあえずエバーグリーンには「本当に後継機種ですか?」とは質問しています。「分配+切替え出力が可能」で互換性が強化された機種が発売されるならば実に喜ばしいのですが、切替えもしくは分配のみに特化されたならば何の価値もありませんね。現行機種を確保しようと思います。

EG-HDMI402(公式ページには一応存在してたり)


[送料\399~]HDMI 1.3 準拠 4入力 2出力 HDMIセレクター:[保証・サポートなし] EVERGREEN EG-H...
Donyaダイレクト HDMI 1.3b 対応 4入力 2出力 Matrix HDMIセレクター DN-HDMI4200MTDonyaダイレクト HDMI 1.3b 対応 4入力 2出力 Matrix HDMIセレクター DN-HDMI4200MT


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トリニティ HDMI v1.3対応切替/分配機(4入力2出力)[HDMI Switcher/Splitter 4x2] TR-HDMI-402トリニティ HDMI v1.3対応切替/分配機(4入力2出力)[HDMI Switcher/Splitter 4x2] TR-HDMI-402


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

マランツ HDMIセレクター VS3002-E1-Bマランツ HDMIセレクター VS3002-E1-B


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

100万アクセス企画:「あなたのPS3設置テクニック」教えてください 9/14


ようやく当サイトも100万アクセスを突破しました。開設当初は毎日数10アクセスが関の山だったことを考えると本当に信じられない数字です。毎日垂れ流しているだけの駄文を読んでいただき、本当にありがとうございます。記念にバナーも少しだけ変更していたり(笑)

一応の目標を突破したという事で、以前より告知していた100万アクセス記念企画を案内いたします。いろいろと考えたのですが、若干敷居の高い企画になってしまったような気もしますので、賞金も用意しました。気が向いた方は応募していただければ幸いです。

タイトル通り
「あなたのPS3設置テクニック」を写真で募集します。

私は以前、自室のPS3設置写真を掲載しました。このときは「縦置き、横置きいろいろあるけど、PS3の曲面が一番美しいのは縦置き斜めではないか?」との仮定によるもので、私は結構気に入っています。

ゲームかなー: PS3の置き方を変えてみる

ただ、「もっと素晴らしい置き方や、思いもつかないような設置テクニックがあるはずだ・・・」と思い立ちました。そこで皆さんのアイデアを教えていただきたく、今回の企画に持ち込んだ訳です。夏は終わろうとしていますが、エアフローまでを考えた設置テクニックも考慮したいものです。

あなたの「自慢のPS3設置テクニック」を写真で募集する事が今回の主旨です。もちろん写真だけではなくイメージ図でも結構ですが、そちらの方が難しいと思います。全て文章でも結構ですよ、でももっと難しいと思う(笑)

企画自体は相当前から決まっていたのですが、最後まで悩んだのが募集要項です。もう少しザックリした内容の方が良かったのかもですが、敢えて敷居を高く設定いたしました。

まぁ途中で路線変更する可能性もありますが・・・。

【応募期間】
平成20年9月14日~平成20年9月30日深夜0時まで

【入賞者発表】
10月中には発表予定。
(会社の業務が忙しくなるため・・・)

【投稿方法】
・電子メールによる投稿のみを受け付けます。
・下記「応募フォーマット」に必要事項を入力してください。
・携帯電話やPS3メッセージからの投稿もご遠慮ください。
・投稿先アドレスは「gamekana@gmail.com」までお願いします。

【入賞賞金】
1位 Amazonギフト券 10,000円
2位 Amazonギフト券 4,000円
3位 Amazonギフト券 3,000円
4位 Amazonギフト券 2,000円
5位 Amazonギフト券 1,000円

・ギフト券は応募いただいたメールアドレス宛てに送信致します。
・Amazonギフト券の使い方については各自確認ください。
(ギフト券メールにも記載されています)
・要するに「応募が5名以内なら全員が入賞する・・・かも」ということです(笑)

投稿時の注意点は下記の通りになります。長くなりましたが熟読願います。

※Amazonギフト券やメールアドレスに関する補足及び追加ルールを記載しました。お手数ですが、併せてご確認ください。

ゲームかなー: 「100万アクセス企画」の補足 9/17

【投稿内容について】
・明らかにPS3や周囲の機器が通常使用出来ないと思われる設置画像は不可です。
・写ってはいけない物が画像内に存在しても当方は処理いたしません。
・他ハードが写っていても問題ありませんが、悪意のある配置は遠慮してください。
・解説コメントはなるべく必須でお願いします。
・本体の飾り付けやペイント等の画像でも結構ですが、主旨は「設置方法」です。
・本人は写っていても別に問題ありませんが、黒PS3本体の写り込みにはご注意下さい。当方は処理いたしません。

【画像データについて】
・JPEGファイルにて投稿してください。
・画像サイズや枚数は自由ですが、掲載時には横幅400ピクセル以下に縮小いたします。
 (オリジナルが横幅400ピクセル以下の場合は縮小いたしません)
・なるべく横幅300ピクセル以上でお願いします。
・画像内を加工しないでください(モザイクや明らかな修正等は不可)
・トリミングは自由に行ってください。
・当方ではサイズ縮小以外の加工は行いません。
・不鮮明な写真は再提出を依頼する場合があります
(といっても入賞が保証されたわけではありません)

【その他】
・入賞画像は当ブログに「必ず」掲載いたします。
・メールに本名等の個人情報を記載する必要はありません。
・ブログやサイトの紹介を希望する場合は紹介文やURLを記載してください。
・画像データの返却は行いません。
・入賞者以外の写真を掲載する事もあります(フォーマットにて可否を選択)
・諸事情により掲載画像の取り下げを希望する場合は早急に連絡下さい。
・携帯からの画像および文章の投稿も結構ですが、入賞された場合のチケットは携帯アドレスまで送信します。(そのまま使用できるかどうかまでは検証しておりません)
・ニックネームはPS3ネームである必要はありません。
・なるべく入賞賞金は「PS3に関係する物品購入」に使用してください(笑)

【要注意事項】※必ず守ってください
・原則は投稿者本人の設置画像ですが、家族知人でも結構です。
(ただし、オリジナルであること)
・すでにネット等に投稿されている画像を加工、トリミングして流用しないでください。
・当方は投稿された画像はオリジナルであるとの前提で判断します。
(掲示板等を閲覧していない為です、ご了承ください)
・賞金の送金は入賞作発表後の10日後を目安といたします。
(上記禁止事項に抵触しているかどうかの判断期間とご認識ください)


少し煩雑になりましたが、応募いただいた時点で上記の要項をご理解いただいているものと判断させていただきます。ご不明な点については遠慮なく電子メールもしくはPS3フレンドメッセージにてお願いいたします。

そして最後に大切なことを。
10月中に結果発表を行わなかったり、企画について何も触れなかった場合は・・・まぁそっとしておいて下さい(笑)

【応募フォーマット】

※必須項目
タイトル:
ニックネーム:
コメント(400文字まで):
入賞時以外の画像掲載の可否


※必要に応じて記載
サイトURL:
メールアドレス:

最後に私の設置写真を掲載しておきます。

Ps3lover
タイトル:やっぱ、ダブルでナナメっしょ
ニックネーム:Mandom
コメント:曲線と写り込みが素晴らしい、檜の台は近所のホームセンターで1000個のうちから厳選した「ガタツキが最も少ない」ツーオブサウザント(8割は嘘)
サイトURL:http://mandom.cocolog-nifty.com/
メールアドレス:gamekana@gmail.com

まぁこんな感じです。

追記:入賞者の方には事前に案内を行い、別途コメントをお願いする場合があります。

       
 

PS3ラバーの「Sony Dealer Convention 2008」 9/13


一応「上得意様」待遇(笑)で「Sony Dealer Convention 2008」に参加してきました。実際のところ、SonyStyleでは「XEL-1」しか購入していないので上得意でもなんでもなく、運良く抽選に当選しただけなんですけどね。

イベント会場は品川のグランドプリンスホテル新高輪の「国際館パミール」、1階から3階までの全フロアを使用した立派なイベント会場でした。私は明らかに不似合いな格好だったなぁ(笑)

まぁ詳細な内容は下記のリンク様をご参照ください。私はあくまでもPS3ラバーとしてイベントを見に行きましたので、いろいろと視点は違うと思います。

・「BRAVIA」
一番最初に訪れるフロアです(当イベントはルートが決まっています)。ゆったりとしたフロアに数多くの新作ブラビアが展示されたスペースは新型ブラビアの映像能力の進化を存分にアピールしていましたし、来場者の雰囲気からも好評さが伝わってきました。実際FPDベンチマーク等を行えばどのような結果になるかは気になりますが、液晶の弱点がどこまで改善されているのでしょうか。

噂の「ZX1」シリーズは確かにインパクト十分。近くに寄って見ましたが、本当に薄いしスタイリッシュ。値段はまだまだ高いと感じましたが、来年以降の大型有機ELパネルの動向次第では「壁掛けTV」の候補としてあがってくるかも知れませんね。

そして防水ワンセグテレビ「XDV-W600」。正直、PSPにジップロックしてお風呂に持ち込めばワンセグ視聴もできますし、実はPS3でもデジタルレコーダ(BW830等)のアナログ放送ならば現状でもDLNA経由で再生できます。もちろん、PSPによるリモートプレイにも対応しているのです。SCEも負けずにPSP専用の防水ケース、もしくは防水+ワンセグ内蔵のPSPを発売して欲しいものです。

でも、そういう時だけ「SCEさん、そういうのやめてね」って言われるんですかね?(笑)

・「ブルーレイレコーダ」
最初から判っていた事ですが、ブルーレイレコーダのコーナーではPS3は「存在しないもの」になっています。ディスクアウトしたBD-Rを最新レコーダより相当軽快なXMBで操作し、なおかつ各種ノイズリダクションやI/P変換機能を活用して高画質に再生できるPS3の存在は、「SonyのBDレコーダ開発チーム」からすると「余計な存在」として認識されている事が伝わってきます。

自慢の高画質機能についても、結局は「自宅のTVで映さないと判断できない」と感じた人が大半でしょう。ブラビアは高輝度で見栄えがよい為、どの映像も十分に美しく感じてしまいました。正直なところ「2011年画質」は売りにならず、昨年からの機能不成熟が目立つ製品であると再認識しました。

実際に操作したところ、やはりXMB操作に関しては「我慢できない程ではないが、快適ではない。勿論PS3とは比べられない」レベルです。パナのBW830も再生リスト操作時のレスポンス悪化は「唯一の改悪点ともいえる」部分ですので、そのあたりは低レベルで「同等」「痛み分け」ですね。誰も喜ばないのですが。

唯一気を引いたのはX90/X95/X100/A70で搭載している「お出かけ転送」機能で、専用のスタッフの方が丁寧に説明されていましたし、ウォークマンのフロアでも当機能がアピールされていました。確かに面白いし有用な機能なんですが、昨年から画質等には全く手を加えていない上に今年も上位機種のみの専用機能に止まっています。せめて全機種に搭載するべきでしたね、もしくは録画放送のエンコード転送機能等がほしかったところです。

・「有機EL」
大量のXEL-1が並び、実に圧巻なスペースが異彩を放っていました。様々な環境系映像を流してましたし通行する人々の目を引いていましたね。パネルサイズは同じ11型で、無線タイプ、壁掛け、スタンドアーム仕様に流用できる新型?が参考出展されていました。「今のXEL-1で流用できたりしますか?」と聞いたところ、やはり無理との事で実に残念。

また、27型パネルは未展示でこれまた残念でしたが、今月末に開催されるCEATECにて何かサプライズがあるかもしれませんね。2009年中に20型以上サイズの製品が登場するとかしないとかの噂は絶えず出ていますので期待していますよ。値段次第では・・・もちろん即買いでしょう(笑)

・「α一眼デジタル」
すいません、一眼はキヤノン派ですので触ってもいません。最高でも秒間5コマまでしかラインナップに存在しないのは厳しいですね。私はスポーツ写真が専門ですので最低でもニコンの秒9コマ以上は実現して欲しかった。まぁこのあたりはターゲットが違うということで。

さて、αコーナーでもPS3が設置され「PS3はフォトビューワとしても優秀です」といった感じのポップが張られているのですが、流されている映像はなぜか「ウイイレ2008」でした。本来のフォトアルバム機能のプレゼンを流さない事もアレですが、ウイイレ2008のカクカクした出来の悪いデモを映し出すとは・・・、まさに嫌がらせとしか(笑)同じゲーム映像を流すならば、せっかくαシリーズとタイアップした「AFRIKA」が発売されたばかりだというのに・・・イベント企画担当は本当に何を考えているのでしょうね?

余談ですが、むかーしのカメラマン仲間で唯一ミノルタ機(α-7700i)を愛用していた人がいました。本名も知らない人ですが、皆が勝手に「ミノさん」と呼んでいたのが今でも記憶に残っています。今でもミノルタ機を使っているのだろうか、そして彼は今でも「ミノさん」と呼ばれているのだろうか・・・。余談ついでに、OM350-F2.8を使っていた人だけは「師匠」と呼ばれていたなぁ、彼も本名を知る人がいなかったような(笑)サンゴニッパチなんて今でも後継レンズが出てこないけど、結構サッカー撮影とかでは便利かも。

・総括
PS3ラバー、そしてSONYファンとしては実に残念なイベントでした。個々に魅力的な製品が発表されているとは思うのですが、グループ製品全体を総括したプロデュースと言いますか、もう少し効果的な宣伝やプレゼンテーションができるのでは?と思います。PS3やPSPの件はほんの一例です、素人でも気づくような歪みを納得させるだけの理由が見つからないのです。

結論ですが、私はSCEファンであってSonyファンではなかったのかも知れない・・・と気づいてしまった日。来年にはSonyファンに戻れるようにがんばって貰いたいところです。

・おまけ
唯一ほしいと思ったデザインの商品がこれ。別に新品でも何でもないのだが・・・笑顔にしか見えませぬ。帰宅してから値段を調べたら16万円強とのことで断念しました。2万ぐらいならネタで購入していたかもなのに。結構評判のよい機械のようです。

ソニー リニアPCMレコーダー PCM-D1 ソニー リニアPCMレコーダー PCM-D1


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
ソニーディーラーコンベンション2008:人についてくる“有機ELテレビ”、ソニーの新提案 (1/2) - ITmedia +D LifeStyle

ソニーが基本的に好き。: 今日は、「Sony Dealer Convention 2008」

ソニーが基本的に好き。: 「Sony Dealer Convention 2008」に行って来た雑感。

       
 

購入予定Blu-ray「ウィンターイルミネーション 光の風物詩」


数多くの環境ソフトを発売している「シンフォレスト」から初のブルーレイ作品が登場します。それが今回紹介する「ウィンターイルミネーション 光の風物詩」ブルーレイ版です。発売予定日は10月23日です。同じ内容のDVDビデオ版が1カ月ほど先行して発売され、値段も1000円ほど安くなっています。

しかしこの作品に少しでも興味があるならば「ブルーレイ版」をお勧めします。

DVDビデオは古いSDテレビならば十分に実用的だと考えている人も多いでしょう。確かに条件の良いロケーションの映像ならば納得できる(満足できる、では無い)場合もありますが、夜景とイルミネーションの組み合わせは、DVDの性能で魅力を引き出す事は不可能です。14インチTVに黄色ケーブルで接続してもBDとDVDの差は判るでしょう、物の善し悪しが冷静に判別できる知性と理性をお持ちの方なら。

実際のところDVDの限界は映像解像度だけではありません。転送速度の上限や採用コーデックの限界による映像破綻の方が見る側に不快感を与えます。地デジやBSデジタル放送もそれなりには普及しつつあるでしょうし、導入されていない人でも「デジタル放送は画質が良い」という認識を大半は持っているでしょう。まぁ特に地デジ程度が「高画質」と認識される事は将来的な弊害も多いのですが、SD放送よりマシなのは事実です。

少しずつでもHD放送の魅力が普及しつつある中、DVD作品のメリットは「安くて少しだけ早く入手できる」だけの事です。個人的には500円ぐらいなら納得できる(満足できる、では無い)価格だと思います。

さて、「ウィンターイルミネーション 光の風物詩」の収録内容は下記のとおりです。

・さっぽろホワイトイルミネーション(北海道札幌市)
・2007SENDAI光のページェント(宮城県仙台市)
・東京ドームシティ ハッピークリスマス2007(東京都文京区)
・多摩センターイルミネーション(東京都多摩市)
・横浜ワールドポーターズ Fantastic Christmas(神奈川県横浜市)
・宮ヶ瀬クリスマスみんなのつどい(神奈川県愛甲郡清川村)
・ラグーナ 蒲郡 ウインターイルミネーション(愛知県蒲郡市)
・なばなの里 ウインターイルミネーション 冬華の競演(三重県桑名市)
・OSAKA光のルネサンス(大阪府大阪市)
・神戸ハーバーランド 神戸ガス燈通りのイルミネーション(兵庫県神戸市)
・倉敷チボリ公園 光で紡ぐ冬のチボリ 光の彩典(岡山県倉敷市)
・天神のクリスマスへ行こう2007(福岡県福岡市)
・いとまんピースフルイルミネーション(沖縄県糸満市)

コーデックはMPEG-4 AVC/H.264で収録時間は81分ですので、BD1層でも十分なビットレートが確保できると思われます。理屈上では81分ならば常時35Mbpsでも片面1層で収まるのですからBDの容量恐るべしですね。

まぁ発売前の作品ですし、高精細なスクリーンショットが見つかりませんので実際に視聴しない限りはレビューも出来ませんが、日本各地の美しいイルミネーションが1枚のディスクで楽しめる贅沢な映像作品です。

シンフォレストからは素晴らしく魅力的な環境映像作品が多量に発売されています。近年の作品はHD収録されていると思われますので、過去資産のブルーレイ化にも力を入れていただきたいですね。

公式サイト
シンフォレスト

ウィンターイルミネーション 光の風物詩(Blu-ray Disc)ウィンターイルミネーション 光の風物詩(Blu-ray Disc)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「MotorStorm 2」体験版プレイしました 9/13


ちなみにこの記事が記念すべき1600記事目です。
偶然ですが、私が今年一番楽しみにしているソフトの記事で飾る事ができました、実に喜ばしいことです。

さてさて、待ちに待った「Motorstorm:Pacific Rift(MotorStorm 2)」の体験版が配信されました。現時点で体験版が入手可能なPS3ユーザは北米PSNにて有料配信されている「Qore EP4」の購入者と、欧州アカウントを所有している「ラッキー」な一部の人だけのようです。

体験版に収録されているのは「Rain God Spires」の1コース、ゲームモードはシングルプレイヤーと2画面分割の対戦モードです。使用可能車種はバイク、レーシングトラック、モンスタートラックの3車種で、対戦モードではバギー、ラリーカー、レーシングトラックが選べます。残念ながらオンラインモードは体験版では実装されていません。

下記スクリーンショットを見ていただければ判りますが、言語を日本語に設定していると自動的に日本語表記になります。タイトルロゴだけは「Motorstorm:Pacific Rift」になっていますが。あと、○×ボタンの表記が一部逆になっていますが、北米タイトルでは珍しくありません。正式日本版では修正されているでしょう。

今回は珍しくスクショを多く張ります。勿論全て私のPS3実機からの映像をキャプチャしました。安物のキャプチャカードでこの画質ですから、実機映像はさらに美しいと考えていただいて結構です。画像をクリックするとフルサイズ画像に切り替わります。


Ms2_01

Ms2_02
いきなり日本語、これは助かる
Ms2_02a
マシン選択の軽快さは快適を通り越して笑えるレベル
Ms2_03
さてレースが始まる
Ms2_04
うひょう
Ms2_06
画面分割もあるでよ
Ms2_07
こいつがモンスタートラック
Ms2_09
キャプチャしてたら転倒しちゃいました
Ms2_10
落ちちゃいました
Ms2_11
コース終了後も丁寧に日本語で宣伝してくれる、買わねば・・・


最初に体験版をプレイして「エボリューションスタジオは会社名通り遠慮なく『進化』させちゃったなぁ」とレーデン氏風に感じましたね。逃げずに「正統進化系」続編を作り上げた事は評価したいですし、インタフェイス等の改善にも手を抜いていません。

初代モタストを楽しんだ方なら間違いなくお勧めできますし、レースゲームにそれほど縁がない人にも是非とも手にとって遊んでもらいたい作品です。任天堂とはまた違った若干毒のあるソーシャルなゲームソフトとして受けるかもしれません。

不確定要素はオンラインモードのインタフェイス周りやレスポンス等ぐらいで、オフラインモードでの操作感覚は実に簡潔明瞭で軽快です。初代モタストは車種選びですら苦痛になるほどのロードが発生していた事を考えると当然とも言える改善ですが、まぁ笑ってしまうほどの軽さです。オンライン関係では今度こそ世界中の対戦サーバが共有になる事を期待したいものです。

体験版のコースは全体的に初代モタストに近い雰囲気でした。製品版では更にバラエティ豊かなコース、そしてオンライン対戦、4人対戦まで対応した分割画面モード等々が期待できる訳です。厳密には系統が違うとはいえ、先週体験版が配信された「Pure」とは全てにおいてレベルが違う「上質のエンターテインメント作品」だと確信しました。

体験版の時点で欠点を見つける事は本当に難しいのですが、些細な点を敢えて書くとするならば「オフラインモード時の敵AIが少し賢く(真面目に)なったかな?」という点と、「クラッシュ時のスローモーションが無くなった?」事、「今作もリプレイモードが存在しない事」です。体験版ではオプション設定が出来ませんので、製品版では最初の二つは設定で回避できる可能性があります。

まぁリプレイに関してはやっぱり難しいですかね・・・見えないところで三味線弾いてる訳ですし(笑)

なお、日本では既に11月20日発売が公式ページに表記されていますが、北米では1カ月程早い10月28日発売がPS.BLOGにて発表されました。「Qore EP4」内に「体験版は30日独占」と記載されていますので、北米PSNに通常配信されるタイミングとしては10月2日もしくは10月9日になると思われます(Qore配信は9/4だが、モタスト2体験版は9/11配信の為)

当作品は映像の素晴らしさも確かに人の目を惹きますが、このゲームの本質はやはり「遊んでナンボ」です。より多くの人に「MotorStorm 2」の素晴らしさを感じ取ってもらいたいですね。勿論TGS2008でも体験版以外のコースが走れるかもですので、様子は確認してみます。

私は「MotorStorm 2」体験版を一足早く遊びたい、その為だけにバカ高い北米PSNカードを購入してしまった大バカものです。でもそれだけの価値はあった、購入してよかったと思いましたね。今後はもう少し賢いチャージ方法を考えなければ・・・ですが。

そいやこの3連休の間に北米/欧州/香港アカウントの取得方法ページを作りなおさないとね。暇だと言える人が本気で羨ましくなる程の自由な時間の少なさが恨めしい。

公式ページ
MotorStorm2(モーターストーム2)

関連記事
PlayStation.Blog ≫ MotorStorm Pacific Rift crosses the finish line October 28th

MotorStorm 2 dated for North America :: PlayStation Universe (PSU)

MotorStorm 2 out in North America on October 28 - MotorStorm: Pacific Rift for PS3 News - VideoGamer.com

videogaming247 ≫ Blog Archive ≫ MotorStorm Pacific Rift will release on October 28 in the US

News: Motorstorm 2 demo out today - if you're lucky - ComputerAndVideoGames.com

MotorStorm 2 ploughing into October News // PS3 /// Eurogamer - Games Reviews, News and More

PS3 Attitude: MotorStorm Pacific Rift Gets Release Date, Umbrella in its Drink | PlayStation 3 news with bite

News : MotorStorm Pacific Rift coming to PS3 on October 28 [PS3] - from GamePro.com

IGN: MotorStorm: Pacific Rift Gets Dated


モーターストーム 2 モーターストーム 2


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 
※FANZA サマーセール 2020