先週は日曜日も含めて仕事漬けでしたのでまとまった時間がありませんでした。エンチャントアームもVP回復ポイント付近でひたすらレベル上げだけを1時間程度プレイする日々が続くのですが、レベルが上がったときの喜びがあまり感じられません。強くなった感じが伝わってこないのです。

久々の休日だったので1週間以上ぶりに話を進めました。シナリオを進めると中ボスとの戦いがあるのですが、今までよりも遥かに強い敵に結構時間を取られました。こっちは1週間も毎日レベル上げしてたんですが、戦い方も効率的じゃ無かったんでしょうなぁ。このゲーム、レベルやスキルを上げていてもボスだけじゃなく雑魚敵にも簡単に苦戦をします。しかし難易度が高いと言う感じでも、戦略的要素が強いと言う感じでもなく、もどかしい状態で何となく苦戦してしまうのです。戦闘演出は結構派手ですが爽快感がゼロに近いRPGです。

中ボス戦を終えると舞台はロンドンシティに戻ります。PTメンバーであるカリンとライガはレジスタンスの一員という設定ですので、アジトを中心に物語は展開していきます。シナリオを進めていくとPTメンバーが疑いをかけられ投獄されます。アツマ達は疑いを晴らすためにレジスタンスメンバーに聞き込みをしていくのですが、その時に画面右下に「捜査進行度:0%」と言う表示が出てきます。
「うへ何人に聞き込みせなアカンのやら・・・」と思ってたのですが、捜査に関係する人と話をすると「捜査進行度:25%」となり、次の関係者から話を聞き出すと「捜査進行度:50%」になりました。まさか・・・とは思ってたのですが、やはり4名から関係する情報を聞き出すとシナリオは進んでしまいました。しかし何なんやろうね、この大掴みでザックリしすぎた感覚は。%表記ではなくプログレスバーの方が良かったような。

さて、現時点ではヨコハマシティとロンドンシティしか街がありません。もしやこの二つの街で話は終ってしまうのか?と思ってたのですが、ようやく会話の中に「キョウトシティ」と言う街が出てきます。しかしヨコハマCとロンドンCがあの距離ですので、キョウトCはどの辺りの位置になるのでしょうか?何となく話に出ただけで実際にいくことは無いような予感もしますが・・・。

ふと思えばこの「エンチャントアーム」世界マップがありません。街やダンジョン間を広域マップ上で移動するRPGは結構有りますが、世界/広域マップが全く存在しないゲームと言うのも結構珍しいかも。説明書にも世界の説明は全く無かったりしますし。

ちなみにセーブデータに現在の進行度「34%」と表示されています。1/3は終了したって事でしょうな。