一通り映像を見ました。印象に残ったのは下記のソフトですが、まぁ今までに私が取り上げてきたソフトばかりですので目新しさは感じません。まぁ今回は他陣営もE3では目新しい発表は無かったようですね。ゲームから逸脱した部分を誇らしげに発表しているところもありましたし。

「Lair」
発売直前ですので目新しい情報は特に無いのですが、巨大エイが爆発するシーンあたりは今更ながらに驚かされます。多分実際にプレイしながらも「おおぅ、凄ぇ」と頻繁に声を出してしまう事になるでしょう。体験版配信も来週あたりに期待出来るかも知れません。

「Warhawk」
4画面分割プレイやキャラ選択画面等々、実際のプレイ画面中心の映像です。日本語がそれ程重要ではないソフトですので、北米版の購入を検討しています。日本国内のカードでも北米版がダウンロードが出来れば嬉しいのですが。まぁパッケージ版の輸入購入になりますかね。

「Uncharted:Drake's Fortune」
既に公開されている映像に新カットを追加。「映画の主人公を操作」すると言うある意味一番ベタな題材ではありますが、PS3の表現能力によって初めて到達したレベルの作品とも言えます。今後はこういう作品も増えてくるんだろうなぁ。

「LittleBigPlanet」
今回はステージエディット機能を中心に映像が構成されています。ステージエディット自体はファミコン黎明期から有った珍しくも無い機能ですが、プレイヤー自身が自由に作成したオブジェクトがゲーム上に表現され、それが命を吹き込まれたかのようにゲーム世界の一員として動くのです。これもPS3のCellの処理能力によって初めて実現した新鮮なゲーム体験で、非常に大きなインパクトを見るものに与えてくれます。

「MetalGearSolid4」
世界中で期待されているソフトですが、私はそれ程注目していたわけではありません。初代「MetalGearSolid」のエンディングが気に入らないからです(笑)それ以降プレイしていないので話とか全く判らないのですが、このトレイラーは実に驚異です。マーベラスな感じ。
特に後半のバトルシーンはとにかく「痛そう」で、ゲーム映像を見ながら「痛たたたた」と声を出してしまいそうになる経験はそれ程ありません。実に必見です。東京ゲームショーではプレイアブル出展も小島監督が明言していました、私の中でも期待作になってきました。

「Killzone2」
E3で一番の期待作だそうです。FPSですので全然興味も無かったのですが、ネット掲示板等でも大騒ぎになっていますのでトレイラーを見てみました。確かにこりゃ凄ぇわ。細部にリアルに表現された映像には目を奪われます。でもこの手のゲームって実際にプレイ中は細かなところに目が行くわけも無く、傍から見てる方が凄く見えるんですよねぇ(笑)
ゲームタイトルではありませんが、E3クロージングムービーが面白かったなぁ、お腹いっぱいです(笑)