取り上げるのが若干遅れましたが、E3で新型PSP「PSP-2000」が発表されております。改良点は下記の通り。

【改良点】
重量280g⇒189g(33%の軽量化)
厚さ23mm⇒18.6mm(19%のスリム化)
※全体のサイズ170×23×74⇒169.4×18.6×71.4
「video-out port」搭載により映像やゲームがTV出力可能
USBポートから充電可能
メモリ増強によりローディングタイム短縮(可能)

頻繁にシステムソフトウェアVerUPで機能強化されていたので気にならなかったのですが、本体のマイナーチェンジは今回が初めてです。今年の冬で丸3年を迎えるゲーム機としては控えめな強化ですが、元々の基本性能が高かったとも言えます。今でも映像の美しさは目を引きますからねぇ。

気になる部分としては、現時点ではバッテリ持続時間は公表されていないようです。スリム化に伴い標準バッテリも3.6V/1,800mAh⇒3.6V/1,200mAhと33%の容量減となっているわけです。勿論初代に比べて省電力設計はされているでしょうが、初代同様の動作時間が確保されているのかどうか?は携帯ゲーム機として当然気になるところです。

まぁもしかすると今まで純正外品に頼っていた外部バッテリを用意しているのかも知れません。しかし従来のPSPではDCポートの位置が気に入らなかったのですが、PSP-2000でも同じ場所になっているのは残念。USBポートからの充電もアナウンスされてますが、USBモードに設定しておく必要があるというのはどうなんでしょう。USBケーブルを挿せば常時DC-INにしておけば、外出先でもUSB充電機器から電力供給が出来るんですけどね。USBポートは持ち手が邪魔にならない場所なので、ゲーム中も邪魔にならないし。まぁこの辺りは今後のVerUPで期待できる項目かもですが。

メモリ増加によるローディング短縮は「可能」と微妙な表現で報道されています。今後のソフトで対応すれば短縮出来ると言った程度に受け取っておいたほうが良さそうですね。
北米では現行PSPも値下げして販売されるようです。私のPSPはガンバカラーを狙って青色にしていますので、今度はピアノブラックで青黒コラボを目指そうかとも考えております。これで2台のPS3にそれぞれの別々のPSPを連動することが出来る(笑)

http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0707/12/news010.html