8月14日に予定されていた北米版「Lair(日本版タイトルはRISE from LAIR)」の発売日が更に延期され、9月4日になったようです。北米の公式PSブログにSCEAプロデューサーRyan Hamlyn氏よりポストされている内容ですので残念ながら確定だと思われます。ちなみに日本国内版の発売日も10月11日に決定したようですが、これは現時点では噂レベルですので果たしてどうやら。日本版も更に順延されなければ、結果的には北米版からのローカライズ遅れは1ヶ月程度になりましたね。

文面は英語ですので機械翻訳したに過ぎませんが「コミュニティ機能の追加」「スコアボードとメダルシステムへの対応」等が発売延期の理由に挙げられてます。「Home」との連動に向けた仕様変更と読み取れますが、噂では「6軸操作の改善」が本当の理由ではないかと言われています。

確かに一部の海外レビューで6軸操作に対する不満がコメントされており、評価点を下げる結果にもなっています。単なる改善ならば良いのですが、安易にアナログ操作を追加するのは止めて欲しいなぁと思います。メイキングトレイラーでも6軸操作に対する並々ならぬ自信が伝わってきます、「6軸操作あってのLAIR」と私は思ってますので。中途半端にアナログ操作を追加してしまって逆に世間の評価を下げる事すら考えられます。

まぁ現実的には3週間の延期程度では新規にアナログ操作を追加するのは無理ですから杞憂に終わるとは思うんですけどね、Factor5の開発意欲は尋常じゃないモノを感じるので余計な心配をしてしまいます(笑)

http://blog.us.playstation.com/2007/08/01/lair-update/