日本でも発売されるとは思いますが、600ドルとはまだまだ記録ドライブは高いですねぇ。それでも安くなってきた1層BD-Rで25GBの保存が出来るのは魅力があります。

しかしCEATECのワンダー講演でも「国内のHD DVDはPCで勝負をかける」とコメントしていましたが、実質的にHD DVDのみを指示するPCメーカは東芝のみで、尚且つノートしか発売していません。ノートPCのスペックや液晶ではHD映像を満喫できるレベルにはまだまだ厳しい状況です。パートナーのNECもBlu-ray搭載PCを発売していますので、もはやPC市場でも孤立無援です。

とは言え廉価なPC用HD DVDドライブが存在するのに対し、Blu-rayドライブはまだまだ高いのが現状です。USB2インタフェイスでDVD書き込み対応のBDドライブが2万円を軽く切る程度になればPCでの普及も見込めます。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/1010/sony.htm