※今後はタイトル以外の記事内は「LAIR」で統一して表記します。

昨日は「ラチェット」デモを楽しんでいたためにLAIRをプレイする時間がありませんでした。今日はミッションを二つほど進めたのですが、このゲームはじっくりプレイするほど楽しくなってきます。フルHD用にしっかりと描き込まれた映像や音楽は一度味わうだけでは実に勿体無い出来栄えですし、イベントシーンだけではなくプレイ画面も本当に美麗の一言で素晴らしい。しかし今までPS3に振動機能は不要だと思ってましたが、LAIRをプレイしていると「振動があったらなぁ」と感じるようになりました。確かDUALSHOCK3の対応ゲームに入ってなかったと思うので、パッチ希望ですね。

さて、ここからは「LAIR」の操作性について少し書きたいと思います。

北米版「LAIR」が発売されてからは公式情報以外は完全に遮断してたのですが、操作性に対する不満がサイトレビューを賑わしているということぐらいは知っていました。
LAIRの操作の中核はSIXAXISの6軸センサーを活用したフライト操作です。評価の中心となったのは6軸操作についてですが、実際に違和感を感じるのは「×ボタン」が鞭になっている事ではないのかなと思うわけです。

乗っているのは「ドラゴン(生き物)」ですから、飛行機のようなスロットルがある訳ではありません。前方向へ進行する為には「鞭(×ボタン)」連打が必要になります。鞭を振るわなければドラゴンはホバリング状態になり、何も命令しなければその場で羽ばたいている訳です。

上記のことを頭に入れて操作すると、少なくとも戦闘機等をスティックで動かすよりも直感的に意のままに操作出来ることに気付くはずです。左右の操作はSIXAXISを傾けるだけですし、上昇・下降・旋廻に関しても違和感のある設定はされていません。

では、何故レビューで「レスポンスが悪い」という評価が下されがちになるのでしょうか?私は原因は三つあると考えています。

①プレイヤー自身のレスポンスが悪いか、最初から覚える気が無い。

②鞭による前進力が若干遅い為に「思うように前に進まない」と感じやすい。
前に進まない状態で上下左右に傾けてしまうとドラゴンが思わぬ方向に向いてしまいます。レースゲームでカウンターの当てすぎで蛇行するようなイメージです。

③コントローラによって「急旋回」が意のままに出せない。
SIXAXISを勢い良く上に持ち上げるだけなんですが、どうもコントローラによっては思うように作動しない事があります。私はSIXAXISを2個持っていますが、片方のコントローラは急旋回が思うように決まりません。両方ともほぼ満充電状態で試しましたので、バッテリとも無関係のようです。△ボタン暴発とかも無いんですけどねぇ。

③に関してはあくまでも私の話ですので、殆どの人には当てはまらないかも知れません。②に関しても6軸操作とは関係の無い話です、アナログスティックにしても同じ不満は出るでしょう。

勿論自分自身に合わないと思った時点でプレイを止める事は購入者の自由ですが、私は勿体無いと思うわけです。別の機会で書きますが、開発者の拘りが産み出した欠点も現時点で散見されますし、決して優等生なゲームではありません。それでも私は演出の素晴らしさに目を見張り、これからロンを待ち受ける過酷な物語に期待している訳です。それだけの魅力は確実にあるゲームだと思います。