朝起きると手や肩が痛い「ああ、やっちまったか・・・」と。Wiiを買って最初の頃、調子に乗ってプレイしていた人はこんな感じなんだろうなぁと思います。まぁ私の場合はLAIRでしたが。

普段は激しくコントローラを振る事は無いのですが、「引き裂き攻撃」のときはコントローラを上下に素早く振る必要があります。場面によってはこれを使わないと進めない場面にも遭遇します。

最初に挑戦したときは気軽に振っていたのですが、ドラゴンちゃんがボコボコにダメージを受けて撃沈。あれよと言う間に残ドラゴンが尽きてミッションを失敗してしまいました。悔しいので次は思いっきりコントローラをブンブンと振り続けるとなんとかミッションをクリアすることが出来ました。疲れたので昨日はそこで終了したのですが、体の痛みは翌日に・・・とオッサンらしさ全開ですね(笑)

これだけで終了するのもアレなんで、LAIRの楽しい付録について書いておきます。といってもフィギュアやステッカーとかじゃないですよ、Blu-rayの大容量を活かしたおまけコンテンツが「エクストラ」としてゲームソフト内に含まれているのです。

【エクストラ】
・メイキング
・コンセプトアート
・制作現場
・BGM
・予告編
・クレジット
・隠しコマンド

「メイキング」「製作現場」「予告編」「クレジット」とかは映画ソフトと同じノリですね。PSNでもLAIR関係のメイキング動画は相当数配信されてますが、やっぱりこのゲームのスケールは凄いです。

私のお気に入りは「BGM」です。本編で採用されているBGMが聞けるわけですが、サラウンド対応ですのでCDで聞くよりも臨場感があります。クリアしたステージまでしか聞けませんので、頑張って先に進もうかと言う気になります。

しかし「隠しコマンド」って何でしょうね(笑)ネットで情報を見ていないので詳しくは判りませんが、戦いが有利になるようなコマンドとかもあるんでしょうか。

さて、LAIRの映像美については幾度と無く書いていますが、建物や建造物の表現が特に素晴らしいです。イベントシーンでアシリア帝国宮殿内部の映像が映し出されますが、とにかく緻密でありながらダイナミックに描かれています。実はこのゲーム、ミッションを失敗するとやり直しになる訳ですが、最初のイベントシーン等がスキップできません。普通なら相当にイラつくのですが、このゲームの場合は許してしまいます(笑)何度見ても宮殿のシーンはため息をついてしまいます。

FF13もフルHDにて開発されているとの事です。傾向は全然違うとは判っていながらもLAIRの緻密な映像美を超えることが出来るのかどうか?心配になってきます。