当ブログとしては初めての売り上げ関係の記事です。
まぁ正直なところソフトの売り上げや他人のレビューは殆ど興味が無い人だったりします。情報は自分で得なければ面白くないでしょ?
それでもやっぱりPS3が新価格でスタートを切った週のソフト販売は気になります。

集計期間:2007/11/05(月)~11/11(日)
1 DS マリオパーティDS 235,000(235,000)
2 PS3 真・三國無双5 188,000(188,000)
3 Wii スーパーマリオギャラクシー 74,000(325,000)
4 DS FFT A2 封穴のグリモア 23,000(215,000)
5 Xbox360 真・三國無双5 22,000(22,000)
6 PSP 悪魔城ドラキュラ Xクロニクル 19,000(19,000)
7 Wii Wiiスポーツ 15,000(2,197,000)
8 DS 新探偵シリーズ 殺意の罠 13,000(129,000)
9 DS DS眼力トレーニング ETC 13,000(690,000)
10 PS3 ラチェット&クランク FUTURE 12,000(12,000)
※一部タイトルは大幅に省略しています

まずは次世代機ソフトでは「真・三國無双5」PS3版が上々なスタートを切りました。一方で「ラチェット&クランク FUTURE」はゲームのスケールや完成度から考えると寂しい売り上げになっています。無双5の割を食ったのは事実でしょうが、以前も書いたとおり本体に併せてソフトまで11月11日発売にコダワル必要はあったのでしょうか?

通常通り木曜日発売にしておけば週間の売り上げ本数は確実に増えているでしょう。無双5は確実に20万本を超えたでしょうし週間1位の可能性もありました。ラチェットも2.5万本ぐらいに伸びて5位の位置に付ける事が出来れば、パッと見の印象だけでも全然違いますから・・・。

たまに見るとランキングも結構面白いですね、来週のデータも気になってきました。しかしWiiが任天堂ソフト以外のセールスが芳しくないってのは本当だったのね。PS3と違ってWiiではゲームと体調管理以外にする事無いような気もするのですが。

http://japan.gamespot.com/news/story/0,3800076565,20361133,00.htm