本日発売でしたので書店で購入してきました。勿論お目当ては添付のBlu-rayディスクです。

本の方は後ほどじっくり読むとして、早速Blu-rayをPS3にセットしました。こういうときは2分配出力可能なHDMIセレクタは便利ですね、フルHDブラビアとXEL-1との画質比較が同時に出来ます。

今日は時間が無いので「Resolution Pattern1~3」の動画解像度テストを比較しました。勿論XEL-1は解像度が960×540ですので静止状態ではパターンは途中で潰れてしまいますがBRAVIAは一番下まで識別できます。この辺りはパネル解像度の差が出てしまいますね。
しかし、これを動かしてみると結果は大体下記のとおりになります。「Resolution Pattern」は1⇒3の順番にスクロールスピードが速くなっています。より厳しい条件と言う事ですね。

KDL-46V2500(フルHD液晶)
XEL-1(有機EL)

【Resolution Pattern 1】
XEL-1  450本
BRAVIA 300本

【Resolution Pattern 2】
XEL-1  300本
BRAVIA 200本

【Resolution Pattern 3】
XEL-1  250本
BRAVIA 170本

まぁBRAVIAのグレードが低いので、最新のX5000辺りならばもう少し良い数値になると思いますが、それでも解像度が丁度半分のXEL-1に動画解像度では逆転されてしまいました。確かに動きのある映像を見ていると滑らかさは全然違うのですが、このようにベンチマークで比較してしまうと液晶と有機ELの素性の差が露骨に出てしまいますね。将来のフルHD有機ELなら単純に計算すると動画解像度は倍近くになるんだろうか、実に楽しみですね。

時間を見つけて他のベンチマークも比較していきたいと思います。しかしベンチマークだけあってAVCでありながら常時ビットレートが35Mbps以上ですな、さすがに。