実は27日に到着していたのですがRPGは新規スタートからセーブ可能になるまでに時間を取られる恐れがあるので仕事納めまで保留していました。

かなり以前にも書きましたが私はSOシリーズは初プレイです、SO1が発売されたときは既にPS/SSが発売されており、新しいものに傾倒する性格の為にSO1には興味が沸きませんでした。その後のSO2/3に関してもSO1をプレイしていない為という理由で今に至っています。

とりあえず最初のイベントを終了してセーブ可能になってから若干レベル上げを行いました。実質30分弱程度しかプレイしていない状況ですが感想を。

・リメイクの出来は?
オリジナルをプレイしていないのですが、YouTubeでSFC版の映像を幾つか閲覧しました。基本はSFC版をPSP用グラに書き起こしてボイスやムービーでデコレートした感じですね。街中は固定視点マップでフィールドに移ると自由視点ですのでFF7のオリジナルに近いです(SFC版もフィールドは自由視点かどうかは確認できていません)。久々に固定視点マップのゲームをプレイしましたが、全体的に観やすい絵ですのでゴチャゴチャした感じは受けません。

SFC版と比較するとPSP版では「街が広い」と感じました。理由はキャラを小さめにしてパンした視点になっているからで、お陰でPC用RPGのような雰囲気になっています。映像デバイスが固定されている携帯ゲームならではのデザインですね。

・主人公の名前が変更できるが・・・
主人公のデフォルト名は「ラティ」ですがSO1では名前を変更することが出来ます。PS/SS以降のRPGがフルボイスによる演出が主流になるにつれ、名前の変更は最初から不可のRPGが増えてきましたが、過渡期にはFF10のように最後まで主人公を「きみ」呼ばわりだった作品も有ります。ちなみにPSP版SO1は名前を変更してもムービーでは「ラティ」と思いっきり呼ばれています(笑)それやったら変更不可にしても良さそうなんですが、まぁオリジナルの名残でしょうかねぇ。

・気になったところ
ボイス関係でもう一つ。戦闘中も喋りまくりですが、テンポも良いのでそれ程邪魔だとは感じません。しかし戦闘勝利後の勝ち名乗りが複数キャラの台詞が被る場面が見受けられました。この辺りは若干「やっつけ」かな、と感じる部分です。

・現時点の感触
絵柄的には若干私の趣向から逸れてはいますが一応許容範囲です。ムービーもテンポが良くボイスも邪魔にならない程度にゲームを賑やかに彩っています。前述したとおり「やっつけ」な部分も見受けられますが、演出等を豪華にしながらもオリジナルの良さを保ったリメイクには好感触です。SFC版をプレイした人でも楽しめる作品になっているのでは無いでしょうか。

・特典のSO4映像も観てみた
SO1のパッケージにスクエニ公式でSO4映像が閲覧できるシリアルコードが同封されています。まぁ映像自体は非常に短くて「なんじゃこりゃ」程度の内容ですが、現時点では「ハード未定」となっているSO4の映像が旧作のPSPリメイクの特典として閲覧できると言う事に意味があります。「まぁPS3で発売されるんだろうねぇ」と大半のユーザに匂わせる事が出来ますから。後はマルチかどうかだけです。

噂ではSO2のリリースも結構早いとの事ですので、SO4発売前に旧作コンプが出来そうですね。