今年もそろそろ終りですので、2008年のPSNに対しての個人的要望を書いておきます。

・インフォメーション機能強化で更なるアピールを
インフォメーションボード機能が新設されましたが、まだまだ控えめすぎます。「ゲーム目的以外」でPS3を購入する人もそれなりにいる中で、彼らに対してゲームの面白さをアピールすることは並大抵ではありません。XMBの使いやすさとスマートさを損なわない上でのゲームソフトのアピールは難しいとは思いますが、「2008年はゲームの面白さを既存ユーザに伝え」なければ今以上の躍進はありえません。

・海外PSNを自由に閲覧、コンテンツ購入が出来るように
北米/欧州アカウントを所有している人は多いと思いますが、日本アカウントから海外PSNが閲覧、コンテンツ購入が出来れば別に問題は無い話です。実際、欧州と北米間では言語の壁も低いことから国外アカウント所有ユーザも多いと予想できます、「あくまでも自己責任」での閲覧やコンテンツ購入ぐらいはユーザに解放して欲しいものです。海外コンテンツを購入する際に手数料が掛かるのなら尚更「判った」ユーザのみが購入するでしょうし。

・PS1タイトル以外のアーカイブスにも着手を
アーカイブスは順調にタイトルが増えています。実質的には大半の「枯れ木」で賑わっている現状ですが、それでも毎回蔵出しコンテンツは配信されています。PS1のソフトウェアは膨大とは言え「欲しい」と思わせるソフトは限られていますし、明らかに特定のソフトハウスは提供してくれないでしょう。
他ハードでも行っているような旧機種ソフトのアーカイブスにも2008年には着手して欲しいものです。確か当初の構想ではメガドライブソフトも登場と聞いてましたが、PS3ならばSSやドリームキャスト、PCエンジンあたりも十分可能なはずです。