PS3のロンチソフトとして世界で200万枚の売り上げを記録した「Resistance: Fall of Man」の続編が開発されているというのはほぼ既知ですが、ようやく具体的な情報が姿を現してきました。

オンライン対戦は最大40名から60名に強化され、8人によるオンライン協力プレイにも対応との事で前作よりもオンライン機能がさらに強化されているとの事です。しかし最大オンライン人数が20名増えたと言うのは凄いですね、専用サーバが強化されたのか、通信周りの最適化の成果なのかまでは今のところ判らないですが。

オフモードに関する情報は少ないですが、オンラインに力を入れすぎるとオフラインが疎かになるゲームソフトも見受けられますので、Insomniac Gamesには是非とも力を入れて欲しいところです。

2008年も始まったばかりですが、北米ホリデーシーズンの目玉は「KILLZONE 2」「Resistance 2」「LittleBigPlanet」の3本が既にノミネートされたと考えて良さそうです。確かに2007年秋以降の作品群も素晴らしかったですが、北米のNo1人気ジャンルであるFPSがSCEから一本も発売されなかったのが響いたと思います。

とは言いながら私もレジは購入したもののFPS自体に馴染めずに売却した経験があります。最近「FragFX Controller」を購入した際に改めてレジ体験版をプレイしてみると「結構良く出来ているかも」と評価が変わりました。今年の抱負は「FPSアレルギーの解消」ですので、なるべく早く成就して「Resistance 2」に備えたいものです。

http://ps3.ign.com/articles/845/845049p1.html?RSSwhen2008-01-11_113800&RSSid=845049
http://www.1up.com/do/newsStory?cId=3165393