タイトルで全て説明してしまいました(笑)
欧州でXbox360が値下げされたのが3/13で、さすがに暫くはXbox360の販売台数が優勢に立つだろうなぁと思っていたのですが、僅差ではありながらも意外にもPS3の方が売れている結果になりました。Xbox360関係の数字は若干補正されていると評判のVGですから、信憑性のある数字です。

【3/15~3/22のEuropean/Others】

  • DSL: 140,935 (136,763)
  • Wii: 113,921 (84,022)
  • PS3: 74,638 (71,023)
  • 360: 68,542 (54,281)
  • PSP: 52,664 (49,084)
  • PS2: 41,779 (39,832)

欧州のパターンを見ていても、日本国内にてPS3を再活性化させるには「値下げ」だけでは一時的なカンフル剤程度にしか効果がないと言うことが判ってきます。勿論、値下げを否定する訳ではありませんが、4万円のハードが1万円値下げしたとしても本体の魅力がアピールできていなければ爆発的に売れる訳がありません。

下記リンクにてSCEJのソフト予定リストが閲覧出来ますが、「THE EYE OF JUDGMENT」関係以外のPS3タイトルは発売時期が「未定」になっている事に気づくでしょう。残念ながらこれがSCEJの現状です。

ソース
http://www.vgchartz.com/ehweekly.php?date=39530

SCEJソフト予定表
http://www.jp.playstation.com/scej/title/list/list_pre.html