私は世間様の連休なんぞ関係なしでぶっ通しで仕事だったりします。せっかく購入した「MotorStorm 2」も封を開けただけで起動はしていません。まぁこのゲームはプレイしてしまうと止まらないので時間が出来てから・・・と言う愛の形ですな(笑)

と言うことで1日遅れではありますが、大規模クローズドベータが開始された「PlayStation Home」Ver1.00を少しだけ体験しました。お、「Home」のアイコンがXMB上の「Playstation Network」の枠に移動していますね、これはアクセスしやすくて助かります。

さて、Ver0.98からどこまで進化しているのでしょうか。色々なサイト様でも取り上げられているとおり「バーチャルPSP」の廃止が一番目立つ変更点でしょうか。このあたりはデザイン的なこだわりと実利を求めた機能性の線引きが難しいところですね(XMB自体はは十分機能的ですが)。個人的にはVer0.98までのバーチャルPSPも、もう少し軽快に操作できれば問題は無かったのですが。

Ver0.98まで使用していたアバターが消えていましたので、再度作り直してからホームスクエアに出てみました。

お、いるいる。スクエアには大勢のアバター達で賑わっています。中央部では何故か10人近くが同じダンスを踊っていたりと、文字通りお祭り騒ぎと言える盛況です。

私も鋼PS3用アカウントのサブアバターを引き連れて踊ってみました。同席していたフレンドの方も一緒に踊ってくれました。

Home20081122
綺麗にシンクロしてくれました。

うーん、このマッタリ感が実にたまらん。

さすがに人がいきなり増えた事もありアバターが表示されるまでに時間が掛かるようになりました。しかし、人が密集しているエリアでも極端なラグは感じず、ネットワーク周りの改善の跡が感じられます。11月27日~12月2日まで実施されるマーケットプレイスのストレステストにより更に最適化が進むと良いですね。

なお、ファミ通ブースには多くのゲームファンが集まり、各々がゲームトークで盛り上がっていました。その場に佇んでいるだけでも楽しいですな。

「Home」はPS3という統一された高性能ハードだからこそ実現できた、最もリッチで快適な仮想コミュニティ空間です。これから全ての面でブラッシュアップを続けていく必要がありますが、一度体験すれば「Home」の持つ大きな可能性を感じる事ができるはずです。

来月には開始されるであろうオープンベータにも期待しています。