2009年に入ってからPS3の勢いが少しずつ感じられるようになりましたね。ロンチ時からPS3を観察してきた私としては「まだまだこんなもんじゃない」と思う部分もありますが、ハード売り上げが好調に推移して定期的に新作タイトルが発表される好循環を今後も継続してもらいたいところです。


・がんばれプレイステーション2
最近注目しているのがPS2の販売台数です。今のところは劣勢ですが毎週据え置きのライバルハードと1000~2000台近い販売台数でデッドヒートを繰り広げています。

PS3ラバーとしてはPS2互換性復活で乗り換え需要に期待したいところではあります。しかし、後継機の敵に対して引退間近の先輩機が奮闘するというのもヒーロー物としては熱い展開だなぁと思ったり。最後は敵と差し違えたと思わせて、しばらくしてから「危ないところを久夛良木さんに助けられた」と何事もなかったかのように復活するギャレン橘さんのような展開を希望。

日本国内でもPS2の値下げが行われれば更に互角以上の勝負が出来るでしょう、がんばれプレイステーション2。

・戦場のヴァルキュリア
PS3ゲーム「戦場のヴァルキュリア」が海外ではゲーム性が評価され、日本ではアニメ化&ベスト版効果もあって好調な売り上げを維持しています。いよいよ日本国内の累計20万本が目前となりましたので、メディアミックス戦略だけではなくゲーム版の新しい展開もそろそろ期待したいところです。

さて、第6話を見終わった訳ですが・・・今回ってゲーム未プレイの方は付いていけるのでしょうかね?やっと喋ったイーディや、やたらと存在感のあるマリーナ、本編だけでなく予告でも野菜推しのラルゴあたりでクスリと出来るのは原作ファンだけのような。

余談ですが、GW中に挑戦した「キルゾーン2」でも頻繁に「博愛主義者」や「パニック」のポテンシャルが発動していたのは内緒です。


戦場のヴァルキュリア PLATSTATION 3 the Best 戦場のヴァルキュリア PLATSTATION 3 the Best


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
戦場のヴァルキュリア コンプリートガイド 戦場のヴァルキュリア コンプリートガイド
ファミ通書籍編集部


Amazonで詳しく見る
by G-Tools