「東京ゲームショウ2009」最終日9月27日に参加してきましたので、少しずつレポートを書いていきます。


今年の「東京ゲームショウ」は新設された「TGSサポーターズクラブ」チケットで入場しました。

私が夜行バスに乗って幕張メッセに到着したのが7時40分頃、「一般よりも早く入場できる」ことだけが売りである「TGSサポーターズクラブ」チケット所有者は一般チケットの方とは全く違う場所に並ぶことになりました。

チケットを受け付ける際にスタンプされた番号は400番台でした。開場前に周囲を見回すと私の位置がちょうど行列の中間ぐらいでしたので、サポーターズクラブチケットの1日分は1000枚前後が発売されたと予想されます。

入場したのは9:35頃で、もちろん速攻でFFXIIIの試遊台の整理券を貰い、その後SCEブースで「ゴッド・オブ・ウォーIII」の試遊に並びました。FFXIIIの整理券には「10時までにスクエニブースに来るように」との指定がありましたので少し焦りましたが、なんとかギリギリでGOW3の試遊を完遂してからFFXIII試遊ブースにたどり着くことができました。

結果として午前11時までに目標だったGOW3とFFXIIIの試遊が完了できたのもサポーターズクラブチケットの恩恵であることは間違いありません。来年はどのような運営になるのかは判りませんが、サポーターズクラブチケットの効果は絶大でしたし、是非とも継続して欲しいところです。ただし、価格の上昇はともかく、販売枚数が増えてくるようだとメリットは薄れてきますけどね。

来年は9月末のタイミングは避けて欲しいなぁ、「体育の日」週に開催していただければ秋葉原突撃とかも出来るのですが・・・。