日本一ソフトウェアから2009年中に発売が予定されている「ラストリベリオン」公式サイトが正式オープンされました。公式にはトレイラーも公開されています。

実は何気に期待していたタイトルではあるのですが、TOVとはまた違う次世代を感じさせない映像には衝撃を受けてしまいました。そして前述したとおり発売時期は「2009 Winter」が予定されています。

は・・・発売時期ずらした方が良いんじゃないかな。

とは言いましても2010年も1/21の「戦場のヴァルキュリア2」、2/4の「スターオーシャン4インターナショナル」と年初のRPG系タイトルもスケジュールが埋まりつつあります。発売日が決まっていない「エンド オブ エタニティ」とかもありますしね。

ゲームソフトを「商品」として考えるならば、品質は勿論最重要としても「発売時期」に戦略を感じないパブリッシャが散見されます。今は「更なる品質向上のため」と言う便利な言葉もある事ですし、年度を跨ぐのは企業として問題ならば2010年3月枠も残されています。

逆に、強力なブランド力を持つソフトハウス(スクエニ等)は約束を守ることを優先して欲しいですね。DQ9の延期は業界全体に大迷惑を掛けているわけだし。

公式サイト
Last Rebellion

関連記事
不死者を倒すには剣と術の協力が必要不可欠! RPG『ラストリベリオン』第2報
4Gamer.net ― 日本一ソフトウェアの“王道的RPG”「ラストリベリオン」,戦闘の“キモ”となるシステム「刻印」「封魂」の概要を公開(ラストリベリオン)
『ラストリベリオン』“封魂”で敵を完全撃破する!戦闘の詳細が判明/ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム