私もtorne難民が確定したようでテンション下がりっぱなしです。「鋼 -HAGANE-」の時よりも売り切れ早かったんじゃないのかな、まぁ値段が違うってのもありますが・・・。4月からの新番組に間に合わないとなると購入意欲は更に激減しますし、3月中に欲しい人に出回るぐらいにして欲しいんだけどなぁ。


さて本題。
北米では2008年10月28日に、国内では2008年11月20日に発売された「Motorstorm:Pacific Rift(邦題:モーターストーム 2)の続編が近々発表されるかもとの噂が出ています。理由としましてはSCEEが「www.motorstorm3.com」のドメインを今年初めに取得していることが明らかになった為です。

確かに前作が発売されてから既に1年半近くが経過していますし、その後開発のEvolution Studiosの動向も明らかにされていない(※)だけに、そろそろ新作の発表があっても不思議ではありません。ちなみにモタスト2の存在が明らかにされたのは2008年初頭ですので、タイミングを考えるとモタスト3が2010年ホリデーシーズン中に発売される可能性もあります。(※PSP版「MotorStorm: Arctic Edge」は別スタジオによる開発)

Motorstormpacificrift20080820101409

「モーターストーム 2」ではステージバリエーションを広げ、更には画面分割対戦を実装して遊び方の幅を広げてきました。はたして「モーターストーム3」ではどのようなアプローチを図るのでしょうか。Sony及びSCEの戦略的に考えるならば「3D&Arc」対応に期待したいところです。

銀座や梅田で視聴出来るSony3Dテレビのデモ映像では既に「モーターストーム 2」の3D映像が映し出されていました。マシンが画面上で派手に暴れる「モーターストーム」シリーズと3D映像の相性は良いと感じましたし、売りである格闘要素をブラッシュアップする意味でもArc対応は実に興味深い。「3D&Arc」対応のロンチタイトルとして「モーターストーム3」は適任だと思う訳です。

勿論、ハード拡張に依らない既存ユーザに対する追加要素も必要でしょう。個人的には「モーターストーム 2」は少し真面目に作りすぎたかな?と感じる部分もありましたので、もっと馬鹿馬鹿しい味付けにした続編に期待したい部分もあります。

残念ながらモタスト2は前評判に匹敵するようなヒット作品にはなり得ませんでしたが、レーシングアクションゲーム自体の人気を考えると仕方ない部分もあります。「モーターストーム」は「アンチャーテッド」「レジスタンス」と並ぶPS3から産まれたフランチャイズですし、PS3ロンチ時には相当に遊ばせて貰いました。勿論モタスト最新作にも大いに期待しています。

順調にいけばGDC2010前後に正式に発表され、そして6月のE3 2010で映像等が公開されるかも知れません。「MotorStorm 3」が正式に発表される日を楽しみにしましょう。

関連記事
News: Motorstorm 3 website registered by Sony - ComputerAndVideoGames.com
Sony buys MotorStorm 3 domain News | PS3 | Eurogamer
VG247 » Blog Archive » SCEE registers Motorstorm3.com domain