日々の記事冒頭でも少しずつ書いていますが、たまにはゲームにあまり関係無い雑記を中心に緩い感じでつらつらと書いていこうかなと。

Amazon2 ・Amazonツインタワーが完成
捨てるのが面倒だったので積み重ねていたAmazonの箱でツインタワーが完成しました。ということで記念に写真を掲載しておきます。元々ニヤリと笑っているようにしか見えないデザインの箱ですが、これだけ積み重なると本当にムカツキますね(笑)ちなみに今年に入ってから積み重ね始めましたので約3ヶ月で到達しています。まぁ食料品とかも買っているからなぁ。そういえばPSP「ダンボール戦記」ってありましたな、具体的な作品詳報が出てくる頃にはクアドラプルタワーぐらいになっているのでしょうか。

・LED電球に切り替えました。
最近とあるきっかけでLED電球に切り替えました。元々蛍光灯電球を使っていましたので省電力効果は少ないと思われますが、交換が面倒で長寿命に魅力を感じて購入しました。私が今回選んだ東芝のLED電球「LEL-AW8N」は810ルーメンで白熱電球ならば150Wに匹敵する明るさです。実際に設置してみると確かに明るい、昼間のようにとは大げさですが本を読んだりするときもスタンドライトの必要を感じません。今はまだまだ高いのですが、今後はどんどん価格も下がってくるのでしょうね。天井一面がLEDになる未来も来るのかも知れませんね。

・どこまで作り込むか
もはや、ここまで読んで頂いている方は少ないかもですな。最後に少しだけゲーム関係の話でも書いてみよう。既報の通り、今週のファミ通にて「Another Century’s Episode:R」の存在が明らかになりました。ロボットアニメと共に成長したと言っても過言ではない私としてはリアルロボット系クロスオーバータイトルがPS3で復活する事を素直に喜んでいます。

そして発表と同じタイミングで公開された開発者のブログによると「A.C.E:R」の参戦原作数は今回発表された11作品のみで増える予定は無く、機体数を絞りグラフィックやアクションに注力すると事前にコメントされています。現時点でDLC等による機体追加については明らかにされていません。

この辺りは人によって受け取り方が変わるでしょう。PS2最終作の「A.C.E3」から比較して大幅なボリュームダウンと考えるか、モデリングを流用できないPS3デビュー作と考えるか。ちなみに初代A.C.Eの参戦原作は9作品です。

作品の性質や規模が全く違いますが、SCEの「グランツーリスモ5」とはまるで正反対ですね。GT5は当初の発売予定だった2010年3月から延期が発表されました。その後も定期的に魅力的なトレイラーや情報は公開されていますが、最近では3DTVやMoveへの対応についても可能性を示唆しています。勿論ネットワーク対応もありますので全ての要素がBDパッケージに詰め込まれるという訳では無いのでしょうし、SCEJを代表するワールドワイドタイトルとしてじっくり作り上げて欲しい気持ちも有りますが、「いつになったら完成するの?」という気分にもなります。

極端な比較になりましたが、ボリュームに拘りすぎてリリースタイミングを逃してしまうのも勿体ないですし、年末や年度末のソフトラッシュよりも今年の夏休みに出した方が商売としてもメリットがあるでしょう。まぁ何事もバランスですな。勿論「A.C.E:R」には単体での完成度も求めていますが、次回作以降にも今から目を向けておきたいものです。モデリングを流用する事で更なる機体増が見込める訳ですし、最初からPS3フランチャイズとして暖かく見守るぐらいの度量は見せたいものですな。

まぁマルチ化等の発表次第ではその度量も怪しくなりますが(笑)


当初はAmazonタワーの写真に合わせて終わるように文書を書いていたのですが、「ブラウザによって見え方違うよね・・・」と気付いてしまったのは内緒。