先日、パナソニックから3D「VIERA」の新ラインナップが発表されました。







まぁ今回発表されたのは録画+BD内蔵タイプですので検討対象外ではありますが、お目当ての型の価格に影響する可能性もありますからチェックを怠るわけにはいきません。

現在検討中なのは下記の4モデル。

【パナソニック】
3D VIERA TH-P42VT2 23万
3D VIERA TH-P46VT2 26万
3D VIERA TH-P50VT2 25万

【ソニー】
3D BRAVIA KDL-46LX900 28万

3D BRAVIAはデザインも良いし魅力的な性能ですが少し高いのですよね。3Dメガネが二つ付いていたりと豪華仕様だけど一人暮らしだからなぁ。

となるとパナ派としてはVIERAに目が向くわけですが、今の「3D VIERA」は少し状況がヤヤコシイのです。

パナの3機種をみると50型である「TH-P50VT2」が安いことに気がつくでしょう。これは後から発表された42/46型に搭載されている「2D→3D変換」機能が無い為だと思われます。確かに3D変換機能はネイティブな3Dコンテンツが少ない(と言うか殆ど無い)現状では実に魅力的な機能ですが、KUROの技術を取り入れた50型の高品質パネルがこの価格というのも捨てがたい。エコポイントを考慮すると21万程度で購入できる訳です。

また、液晶と違いプラズマは大画面の方が画質性能的にも有利です。3Dメガネを通すことで若干なりとも暗くなる訳ですから、少しでも画面は明るい方が良いですし。更には46型までのモデルと50型以上ではパネルの性能が微妙に違う事もヤヤコシサに拍車をかけています。もしかすると50型の値段が上がる可能性もありますし・・・。

もう少し迷う予定ですが、そろそろ答えを出そうかなと。スカパーHDにも加入しましたし、3D映像コンテンツも楽しんでみようかと。

関連記事
パナソニック、世界初3D対応オールインワン「VIERA」 -AV Watch
【更新】パナソニック、3D液晶テレビ開発や3Dムービー発表会開催を表明 - 「42V型以上はすべて3D対応に」 - Phile-web