E3 2010直前に発表されたモタスト最新作「MotorStorm Apocalypse」がモーションコントローラ「PlayStation Move」に対応するのか?についての記事が掲載されています。







Ms3

まず「MotorStorm Apocalypse」で3D立体視が採用されることは既に発表されています。私もコンセプトショップで「MotorStorm 2」の3D立体視対応版を実際に観ているのでモタストと3Dの相性の良さは判っています。最新作は今まで以上にコース環境がダイナミックに変動する事も売りの一つですし、3D立体視での演出効果が今から楽しみなんです。

となると、SCEが3D立体視同様に推している新テクノロジー「PlayStation Move」への対応についても当然のように気になります。

しかし、Evolution StudiosのディレクターMatt Southern氏によると、現時点では「MotorStorm Apocalypse」はSIXAXIS/DHUALSHOCK3の対応に留まっているようです。しかしながらPS Moveが開発スタジオにあること、最新モーションコントローラの可能性や付加価値について乗り気である事もコメントされています。当然研究中でしょうね、ただ納期等を考えた上での最優先事項が3D対応という事で。

ただ、他車への妨害等のアクションについてはMoveの方がビビッドに操作出来ると思いますが、肝心の車両操作についてはノーマルコントローラの方が手に馴染んでいるので早く走れそうなんですよね。あらゆるゲームの操作に対応するノーマルコントローラはやはり偉大だ。個人的には上手くハマれば爆発的に早く走れる(こともある)ネジコンも偉大でした、操作時の脳汁感が半端じゃなかったなぁ。

まぁSCEのファーストタイトルでもありますし、最終的にはMoveにも対応するとは思います。それがパッケージの時点で対応しているか、発売後にオンラインパッチで対応するかだけの話で。


最後に余談ですが、少しだけ迷いましたが結局3Dテレビはパナの50型にしました。基本性能の高さを考えると相当なお買い得価格で販売されていますし、私にとって3Dコンテンツの本命はあくまでもゲーム。「2D→3D変換」機能は確かに面白いのですが、最初の内おもしろがって使うだけだろうという事も私の性格から考えると間違いありません。画面サイズも42型から50型にグレードアップしますし、KUROの技術を取り入れた最新パネルも楽しみです。後は3D対応ゲームや3Dの映画やライブ映像BDがバンバンと発売されたら実に楽しい3Dライフが満喫できそうです。

関連記事
Live Chat With Evolution Studios – PlayStation.Blog.Europe
News: No Move for Motorstorm Apocalypse explained - ComputerAndVideoGames.com