北米サンディエゴで開催された「Comic-Con International 2010」のカプコンセッションにおいて「ストリートファイター×鉄拳」が発表されました。







デビュートレイラー映像も公開されています。

なお、カプコンからは2D作品である「ストリートファイター×鉄拳」が、バンダイナムコゲームスからは3D作品である「鉄拳×ストリートファイター」がそれぞれ発売されるとの事です。

ゲームにおける企業の垣根を越えたコラボ企画は数多くありますが、ここまでのビッグタイトル、ジャンルを代表するトップフランチャイズ間のコラボは珍しい。格闘ゲームをそれ程プレイしていない私でも興味が出てくる企画です。発売はまだまだ先(2012頃?)のようですが、続報に期待したいですね。


余談ですが、対戦格闘と言えば最近プレイした「ゴッド・オブ・ウォーIII」で終盤のとあるシーンを思い出します。GOWは固定視点のTPSですが、その時だけはサイドビューの対戦格闘風に画面が切り替わるのです。操作ボタン等のシステムは全くそのままで2D操作に自然に切り替わるアイデアは面白かったし実に燃えました。あのシステムを使って新しいゲームを作って欲しいなぁ。

関連記事
【画像追加】『ストリートファイター×鉄拳』が衝撃発表! 格闘ゲームの最高峰どうしによる究極のコラボが実現 - ファミ通.com