インデックス・ホールディングスは2010年8月30日、子会社のアトラスとインデックスを10月1日付けで吸収合併すると発表しました。







元々アトラスはインデックスの100%子会社ではありましたが、今回の吸収合併により社名としてのアトラスとインデックスは無くなるとの事です。

気になる「アトラス」の名称はゲームソフトのブランド名として当面は継続するとのことです。アトラスがパブリッシャとして名を上げたのは1992年発売の「真・女神転生」からですので個人的には老舗という認識ではないのですが、RPG系に強いアトラスブランドは特別な意味を持っています。まぁ若干うっとうしかったり空気だったりする印象の名前にはならなかったという事です(笑)

でも、マスコットのヒーホー君も継続採用されるのでしょうかね。

関連記事
インデックス・ホールディングス、アトラスを吸収合併。当面、ゲームはアトラスブランドでリリース - GAME Watch
インデックスHD、10月1日にアトラスとインデックスを吸収合併 - 電撃オンライン
インデックスHD、アトラスを吸収合併 - ITmedia News