たまーに残業するとダメージ大きいね・・・という事で若干縮小更新。TGS関連もいわさきさんの事とかも書く予定だったんだけど明日にしよう。







さて、8月31日の読売新聞に「絶体絶命都市」シリーズ最新作が9月2日発売のファミ通にて発表されるとの予告記事が掲載されています。新聞よりもファミ通で情報を掲載する事の方が色々な意味で効果が大きいのでしょうね、改めてファミ通の影響力の大きさを感じました。

さて、「絶体絶命都市」はPS2及びPSPで発売されたサバイバル・アクションアドベンチャーで最新作の「絶体絶命都市3」はPSP用として2009年4月に発売されています。シリーズデザイナーのアイレム・九条氏は以前インタビュー記事にて、同作品をPS3で出したいとコメントされていた事もありましたので、ここは余計なことを考えずに期待しておきましょう。

アイレムのPS3作品といえば「みんなでスペランカー」がありましたが、パッケージ作品は初めてになります。先般もアトラスがHD初参入を発表して話題になりましたし、国内デベロッパもようやく少しずつ動き出しているようです。海外と比較すると取り返しが付かないぐらいに遅いのは事実ですが、それでも動かないよりはマシです。

そして、アイレムの九条さんと言えば「ポンコツ浪漫大活劇バンピートロット2」を忘れてはいけません。スペランカーよりも絶体絶命都市(仮に)よりも先にPS3版が発表されているのですが・・・TGS2010に期待だ。「絶体絶命都市」も「バンピートロット」もゲームとテキストが巧みに練り込まれた和ゲーの良さが発揮された良シリーズです、どちらの作品もPS3で遊びたいものです。

まぁ詳細は本日水曜日の昼頃には判るでしょう。今日の昼食が美味しくなるか不味くなるかはアイレム次第という事ですね(笑)