何となくケーキを食べたくなったので夕食はケーキでした。話題のペプシモンブランも飲んだよ、うん微妙。







さて、10月18日~10月24日の週販ランキング(メディアクリエイト調べ)を紹介します。気になるタイトルの結果は下記の通り。PlayStationMoveの発売週でもありましたね。

03 NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2  (63,675)
04 VANQUISH  (48,318)
06 メダル オブ オナー  (25,365)
08 Beat Sketch!(同梱版含む)  (22,165)
09 FIFA11 ワールドクラスサッカー  (18,995)
12 BIG 3 GUN SHOOTING(同梱版含む)  (12,653)
15 レッド・デッド・リデンプション  (10,454/107,347)
16 PS Move バイオハザード5 AE スペシャルパック  (9,399)
19 スポーツチャンピオン  (6,349)


PS3ソフトが多数ランクインしましたね。

まずは「ナルティメットストーム2」が前作の初週4.3万本から伸ばして6.3万本。ゲームの出来の良さと作品人気を考慮するともっと売れて欲しいタイトルではありますが、ターゲット層とハード所有層に未だ若干のずれがあるようですね。それでもPS3の普及に伴い裾野は広がりつつあります。ここまで高品質な版権ゲームは他にありませんし、正統な続編のハードレベルを下げることは出来ないでしょう、ヴァルキュリアじゃあるまいし。更に進化した続編を楽しみにしています。なお前作は全世界では80万本以上売れていますので、今作ではPS3のみでミリオン突破が目標でしょうか。

続いては「VANQUISH」「メダル オブ オナー」「FIFA11」の3本。んー、3本とも間違いなく面白いソフトなんだけどなぁ。特に「FIFA11」の楽しさはマジでヤバイです。私もGKでちょくちょくオンラインに参戦していますが、最近は決められたゴールが夢に出てうなされるぐらいで(笑)数日前にランパードに決められたロングミドルへの反応が一瞬遅れたのが未だに悔やまれる。「FIFA12」が発売されるであろう1年後までの期間、文字通りスペシャル・ワンなサッカーゲームであり続ける「FIFA11」が日本でもじわ売れする事を期待しています。

最後はPlayStationMove関連です。

Move専用ソフトで一番売れたタイトルは「Beat Sketch!」と個人的には意外な結果になりました。なんだかんだでヒット作のバイオ5か定番のスポーツチャンピオンかなと思っていましたので。スポチャンは同様のモーションゲームが既に出尽くしている事もあって新鮮味が無かったのでしょうか、卓球一つとっても別次元の面白さなんですけどね。

「Beat Sketch!」は確かにPS Eyeを上手に活用したタイトルではありますけど、Wiiには絵を描くソフトって存在しないのでしょうかね?興味がないので調べていませんが。初週の結果を見て、日本におけるMoveの可能性も少し見えてきたかなと思います。私は国内では5000ユニットが売れたら上出来かなと思っていましたが、1万ユニットぐらいは売れていそうですね。おそらく日本での販売本数は発表されないでしょうが、これから地道に売れていけば問題ありません。来年夏~秋頃には値下げの代わりにMove同梱PS3本体が価格据え置きで登場しそうですね。

そういや会社の同僚と話をしていた時にMoveの話題を出したら「絵が描けるんですよね」と言っていたなぁ。素晴らしいオッサンが画面に出てくるだけで「Beat Sketch!」と「Me & My pet」はネーヨと思っていてスイマセン。

関連記事
4Gamer.net ― 「ゲームソフト週間販売ランキング」