last
E3 2012で公開された「The Last of Us」最新ムービーを観てつらつらと。





4Gamer.net ― [E3 2012]「The Last of Us」の最新ムービーが公開に。2人の主人公が息の合ったところを見せる戦闘シーンが見どころ



とまぁ、小島監督やらプラチナ稲葉氏も感嘆のコメントを自身のTwitterで残しています。彼らクリエイターにとって感じる部分も多いのでしょうが、我々もゲームファンやゲームブロガーとして、拙い文章でも「何かを書きたい」と感じさせる映像でした。だからつらつらと書いてみる。

まずはグラフィック。「Uncharted」シリーズのフォトリアルなゲーム映像で高い評価を獲得しているNaughty Dogらしく、本作でもリアルさや自然さを追求したグラフィックやモーションには思わず息をのんでしまいます。このレベルになると「開発技術」というよりは美術センスやバジェットが品質の差になりそうですが、そのあたりも含めての「開発力」なのでしょう。
 
image_the_last_of_us-19394-2408_0006

余談ですが、E3 2012のカンファレンスでトレイラーが公開されたPS3最新作「BEYOND TWO SOULS」「God of War: Ascension」、そして「The Last of Us」から共通して感じるのは「リッチだけど無駄遣いだとは感じない」というところです。

さて、手放しで褒め称えたい「The Last of Us」のグラフィックですが、ぶっちゃけ雰囲気は「Uncharted」と似ています。最新作「Uncharted 3」を更なる高みに押し上げたライティング技術が本作でも威力を発揮している事、主人公のJoelが中年という事、第三者視点のカメラワークという事もあって、彼の後ろ姿にNathan Drakeを感じる人も少なくないでしょう。
 
_

しかし、このあたりの印象だけで「Naughty Dog template」と判断してしまうのは早計だと私は考えています。同じスタジオがフォトリアルなグラフィックを追求すれば似たような映像になりますし、モーションも同様です。変える必要はありませんし、それこそ「不自然」です。

どうやら「Uncharted」との差別化はゲームシステムで計られているようです。

詳細なゲームシステムが公表されていない為、あくまでも現時点の映像から推測するしかありませんが、当作品はTPSのカテゴリとは異なります。体力ゲージがあることや、アクションシューターと呼びたくなる程に潤沢な銃弾に恵まれる「Uncharted」とは異なり、本作品の銃弾は貴重品のようで、ゲームデモでは早々に弾を切らせた後はステルス&格闘で敵を倒すシーンが繰り広げられます。

そこでJoelと行動を共にするEllieがゲームシステムに割り込んできます。

「Uncharted」において、Nathanとゲームプレイの多くを共にしたSullyは主人公に近い戦闘能力を備えたタフなオールドボーイで頼りになる存在です。「The Last of Us」におけるEllieは「保護すべき少女」という一面と、戦闘時は後ろから殴りつける程度の逞しさを備えた「相棒」という一面を併せ持っています。
 
aaa

事前情報によると二人は家族でも、勿論恋人でもありません。その二人の微妙な関係性が、本作品のゲームシステムに組み込まれているはずです。そして、物語が進行すると共に変わっていく関係性がゲーム性にどのような影響を与えるのか?

あくまでも筆者の妄想に過ぎませんが、最終ステージではEllieが圧倒的な戦闘能力で道を切り開き、Joelがサポート役に回っている可能性だってゼロでは無いのです。

「The Last of Us」は、Naughty Dog自慢の映像技術を土台とした上で、意欲的なゲームシステムやシナリオ、演出を絡めた「挑戦作」であって欲しいと思わせる作品です。ありふれたゾンビシューターやサバイバルゲームに飽き飽きしているゲームファンへのプレゼントになる事を期待しています。