gamescom
SCEが毎年8月に開催される欧州最大のゲームショウ「gamescom」への参加を決めかねているとの情報が話題を呼んでいますのでご紹介。





ソニー、欧州ゲームイベントgamescom 2012への参加は現在未定 - Game*Spark


ソニーのドイツコミュニケーションズディレクターGuido Alt氏は、今夏にケルンで開催されるゲームイベント、gamescom 2012への同社の参加は現在未定である事をGamesIndustry Internationalに伝えました。

Alt氏は「私達は毎年gamescomに出展する意義があるのかどうかを判断しなければいけません。まだ交渉は続いていますが、私が言えるのは現在まで契約書にはサインをしていないという事だけです」と話しています。

なおこれまでに任天堂やセガがgamescom 2012への参加を辞退(THQは出展を辞退)しており、ソニーの今後の動向には注目が集まります。

セガは色々と問題を抱えていますし、任天堂は元々E3以外のゲームショウには非協力的です。任天堂の本音はE3ですら参加したくないでしょうね、他陣営と比較される事にメリットを感じていないはずです。

しかし、SCEにとって欧州は最も重要な市場です。MSが強さを見せている北米とは異なり、日本や欧州ではSCEが優位に立っています。それだけに今年のgamescomへの積極的な参加を見送る可能性が仄めかされたことは意外でした。

確かにgamescomで発表する弾が少ない事も予想できます。

PS3の値下げは昨年行っていますのでタイミング的には「今年の番」ではありませんし、やるならば、Wii Uの価格発表後でも遅くはないでしょう。懸念となるPS Vitaについても今年の値下げは否定されています。新しいサービスや新作ゲームソフトのお披露目はE3で一通り済ませてしまっている以上、「既出情報をおさらいする」だけの発表に意味を感じないとドライに考える関係者も少なくないでしょう。

欧州と北米の市場は厳密には異なりますが、日本と比べると似通っているのも事実です。それならばTGSに何らかの情報を残しておいた方が得策でもあります。とはいえ、何も発表しないというのも寂しいので参加して欲しいですけどねぇ、例年MSはgamescomには力を入れていませんし。