arp
SCEJはPS Vita用のARゲームを2012年6月28日から配信開始することを発表しましたのでご紹介。





ARプレイカードでPlayStationRVitaの遊びが変わる! | プレイステーションR オフィシャルサイト

SCEJ、PS Vita「ARプレイ」を6月28日より開始。ARプレイカードで楽しめる3タイトルを無料配信 - GAME Watch


ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)は、6月28日より、PlayStation Vita「ARプレイ」の展開を開始する。「ARプレイ」とは、PS Vitaのカメラ機能を使用し専用の「ARプレイカード」(マルチマーカーが記載された全6種類のカード)を読み取ることで、拡張現実を活かしたゲームが楽しめる「ARプレイカード」対応タイトル群の総称となる。

 SCEJは「ARプレイ」展開の開始に合わせ、6月28日より、オフィシャルサイトにて「ARプレイカード」データのダウンロード配信を開始。「ARプレイカード」データをパソコンでダウンロード後、プリントアウトすれば「ARプレイカード」として使用できる。


ARサッカーのデモ映像を張っておきます。

日本では今ひとつ認知度が低い「ARゲーム」ですが、実演デモ映像を見ていると「凄い」と思うのに、実際に自分でやろうとすると面倒くさくなるのですよね。まぁ3D立体視と同様で、ARも最初にビジュアルで驚くだけに留まり、その要素がゲーム性に繋がっていないから広がりを見せないって事は何となく判るのですけど。

Vitaは画面も高画質ですし、内蔵カメラも高性能で「ARに最適なゲーム機」です。8月に発売される「初音ミク」にもARカードが用意されるとの事ですし、日本でもARブームが到来する・・・かも知れませんね。