drpg
2012年10月11日の発売が予定されていたPSP「円卓の生徒 ザ・エターナル・レジェンド」の発売日が10月4日へと1週間前倒しされる事が発表されましたのでご紹介。





『円卓の生徒 ザ・エターナル・レジェンド』の発売日が10月4日に変更、最強のKATANA“神村正”の実装も決定 - ファミ通.com


千頭氏によると、発売日が早まったのは、本作を含む角川ゲームスとエクスペリエンスのプロジェクト“DRPG PROGRESS”を進めていくにあたり、できるだけ早く遊んで欲しかったからとのこと。


恒例?の同週発売タイトルをつらつらと。

2012年10月4日
  • F1 2012
  • バイオハザード6
  • ワールドサッカー ウイニングイレブン 2013
  • この部室は帰宅しない部が占拠しました。ぽーたぶる 学園ドッグ・イヤー編
  • サモンナイト3
  • ソールトリガー
  • 円卓の生徒 ザ・エターナル・レジェンド

2012年10月11日
  • Dishonored
  • ロックスミス
  • 時と永遠~トキとトワ~
  • ディアボリック ラヴァーズ
  • PROJECT X ZONE
  • ハローキティといっしょ! ブロッククラッシュZ
  • ブレイブリーデフォルト

んー、勿論「前倒しの理由」を額面通りに受け取る人はいないとして、同週発売されるRPGタイトルとの競合回避でしょうかね・・・。11日には確かに「ブレイブリーデフォルト」「PROJECT X ZONE」といった売れそうなタイトルと競合しますが、変更後の4日は「サモンナイト3」や「ソールトリガー」があります。

それ以前に4日は「バイオハザード6」や「ウイニングイレブン2013」という数十万本確定のビッグタイトルが激突する週です。いくら直接競合しないタイトルとはいえ、「バイオはやっておこうか」「ウイイレはやっておこうか」というDRPGファンだって存在するはずです。

個人的に、秋~冬商戦のゲーム発売タイミングの推移を見ていると、シューマッハ全盛時代のF1予選を思い出します。あの頃は、いかにタイミング良く入って、クリアラップを取れるかどうかが好タイムのポイントだったりするのですよね。

「円卓の生徒 ザ・エターナル・レジェンド」の発売日変更がクリアラップを取る為の戦術だとするならば、目指すはポールポジションですよね。