wiiuaWii Uゲームパッドについての海外インタビュー記事が話題になっていますのでご紹介。(一部、内容に明らかな誤りがありましたので修正しました)







Interview: Nintendo Talks eShop Disparity, Miiverse, and Wii U's Online Focus At Launch

※機械翻訳

1UP:あなたが追加のいずれかを購入したい場合、私は今朝日本の記者会見で、思うに、彼らはゲームパッドの価格を発表していた。その方法はここでは言及されなかった。

BT:そうだね、それは言及されなかった、と我々はそれについては言及しなかった理由は、それらのどれもデュアルゲームパッドをサポートする予定はありません、起動ウィンドウのタイトルに、ということです。打ち上げウィンドウはすべてのシングルゲームパッドになるだろう。デュアルゲームパッド機能を、我々は、来年のゲームでそれを見始めることを期待しています。私たちの感覚は、我々はあなたがそれを使用するために何かを持っていない場合は、別のゲームパッドを販売するつもりはないされています。それをサポートするコンテンツがあるとき、我々は追加の付属品としてそれが利用できるようにします。

1UP:日本のゲームはそれを支持している?

BT:私は知りません。私は、彼らがしているものがあれば発表してきたことはないと思う。私は、彼らはちょうどそれが最終的に売り出されるとき、価格になるだろうと発表していると思います。私は、彼らはそれが利用可能になるときのための日付を発表したことを知りません。

1UP:いいえ、私はただ、彼らはそれのための価格を与えたと聞きました。うん。あなたはシステムからゲームパッドを奪うことができる距離に制限はありますか?

BT:あります。そしてそれはね... もちろん、我々は一般的にそのようなことに制限を与えている、と私は考えるとき、同じことがニンテンドー3DSのバッテリ寿命のために言うことができます... 我々は、パフォーマンスの観点から見ているので、より保守的になる傾向があります。本当に、あなたがそののうち、最高のパフォーマンスを得ようとしている範囲とは何ですか?そして、あなたが程度の範囲内で最高のパフォーマンスを得ようとしている... 彼らは一点で、非常に正確な数を持っていた。メートルでは、8メートルのようなものだ。フィートでは、約24フィートです。それが最高のパフォーマンスを得るためだ。

珍しくGoogleの一発翻訳で意味が通る文章が出てきました。ライターさんの英語が翻訳しやすいのでしょうかね?他のインタビューも興味深いのでどうぞ。

さて、日本では単体価格も発表された「Wii Uゲームパッド」。海外では今のところ別売についてアナウンスはされていないようです。理由はデュアルパッドに対応するコンテンツが明確ではないからとの事ですが、故障や何らかのトラブルがあった時に別売されていた方が便利だと思うのですけどね。まぁ価格を発表してしまったことで、かなりの逆ざやである事が伺える結果になっていますが。

デュアルパッド対応も昨年のE3で批判されたから無理矢理対応したって感じですし、一応「来年のいつかは」デュアルパッド対応コンテンツが登場するようですが、負担の少ないミニゲーム集等で対応されるだけでしょう。リッチなコンテンツでの対応は期待していません。

そしてゲームパッドが快適に利用できる通信距離はおおよそ8mとの事。日本住宅のリビングや自室内なら自由に持ち歩ける距離になりそうです。海外はどうかな?というところですが、映像の無線通信機器でも大抵が10m以内に留まっていますので、それ以上を求めるのは酷でしょう。それに、距離によって反応速度やパフォーマンスに影響が出るはずです。