konsyu今週発売のゲームソフトをご紹介





【PS3/Xbox360】
ダークサイダーズ2

【PSP/3DS】
アンチェインブレイズ エクシヴ

【PS3】
スポーツチャンピオン2
第2次スーパーロボット大戦OG

【PSP】
スクールウォーズ
ミッシングパーツ ザ・探偵ストーリーズ コンプリート
仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ
君が主で執事が俺で~お仕え日記~ぽーたぶる
聖闘士星矢Ω アルティメットコスモ
恋は校則(ルール)に縛られない!

【Vita】
トトリのアトリエ Plus アーランドの錬金術士2
フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア]

【3DS】
ラブ☆トレ -Mint-
NARUTO-ナルト-SD パワフル疾風伝
レイトン教授VS逆転裁判

今週は人気タイトルのクロスオーバー作品として話題を呼んでいる「レイトン教授VS逆転裁判」と元祖クロスオーバータイトル「第2次スーパーロボット大戦OG」の対決に注目が集まります。

「レイトン教授」と「逆転裁判」がタッグを組んだ「レイトン教授VS逆転裁判」は全く予想が出来ないタイトルの一つ。「レイトン教授」はDS時代の勢いから考えると初週30万~40万のポテンシャルを持つ人気ブランドで、3DSで発売された「レイトン教授と奇跡の仮面」も累計で36万本を突破しています。対する「逆転裁判」も前作「逆転裁判4」が初週25万本と負けない人気を誇っていますが、あくまでも5年以上前の話です。

今回のコラボレーション効果で双方のオリジナルを合算するような結果を残すことはないと思いますが、来年以降の発売が予定されている「レイトン教授と超文明Aの遺産」や「逆転裁判5」に向けたユーザ層の再開拓という意味では価値があるものになるでしょう。予想は初週25万本。

次はPS3「第2次スーパーロボット大戦OG」です。こちらもPS2時代の人気を考えれば20万本前後を期待したいタイトル。しかし当初の発売予定だった2011年9月末から1年以上発売が延期された事が売上にどれぐらいの影響を及ぼすのやら・・・。予想は初週18万本。

最後はPSVita用の好事家向けタイトル2本「トトリのアトリエ Plus アーランドの錬金術士2」「フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア]」。秋以降のVitaは確かにタイトル数そのものは少ないのですが、なんと言いますか「ターゲットが判りやすいタイトル」が定期的に投入されています。「トトリ」も「フェイト」も既にVitaを所有している人に対して直撃するタイトルですよね。ハードを牽引する気配が微塵も感じられないのが困ったものですが・・・。