bio6Wii U版『バイオハザード6』の噂を否定している・・・と思われる発言を米カプコン社長がしていますのでご紹介。





Capcom avoiding late Wii U ports | GamesIndustry International
米カプコンのChristian Svensson氏はWii Uについてこう語っています。「Wii Uに関しては前を見ています。遅れてはいない作品の移植はテーブルにありません。」

元々はカプコンのフォーラム内で「バイオ6」のような有力マルチタイトルがWii Uにも登場するのか?という質問に対するものです。これがWii Uのハード性能によるものなのか?それとも市場規模を考慮したものなのかは分かりませんが、『バイオハザード6』『ロストプラネット3』『DmC デビルメイクライ』といった、直近で発売されたカプコンの有力タイトルのWii U版が登場する可能性は低いと考えても良さそうです。

現時点で未発表のプロジェクトにWii Uが含まれている事に期待したいですね。Wii Uの特性から考えると『ゾンビU』のような独占タイトルがベストだとは思いますが、そのあたりは市場を鑑みながら・・・というところでしょうか。

ちなみに『ゾンビU』は直近の累計で33万本と『コールオブデューティ ブラックオプス2』の15万本よりも売れています。いかにユーザが「Wii Uならでは」のゲームタイトルを切望してるかどうかが伺えます。正直なところ、『モンスターハンター3(トライ)G HD Ver』はカプコンが「Wii Uで作りたかったタイトル」だとは思っていませんので、本気のカプコンが発表される日を楽しみにしています。

そろそろ新年最初の「ニンテンドーダイレクト」も実施される頃でしょう。「様子見」の我々の度肝を抜いて欲しいものです。