reimanそろそろ任天堂関連を控えよう・・・と思っていた頃に爆弾を投下してくるなんて卑怯だと思います(笑)







明日、非常に面白いWii U関連のニュースがあるだろう。楽しみに待っていて欲しい。


『Rayman Legends』がマルチプラットフォーム化決定、全ての機種で2013年9月発売へ - Game*Spark
Wii U専用タイトルとして2013年第1四半期(13月)に発売が予定されていたレイマンシリーズ最新作『Rayman Legends』ですが、パブリッシャーのUbisoftはPS3/Xbox 360版の発売決定を伝えると共に、Wii U版を含む全ての機種で2013年9月上旬にリリースを予定している事をアナウンスしました。



そうです、これが「ニュース」です。色々と憶測はあったでしょうが、これが現実なのです。


批判されるのはUBIではなく任天堂だと思う。サードパーティのためのビジネスシナリオを提供していないからです。


今回の「事件」が際立って面白いのはIGNライターによる一連のツイートによるものでしょう。メディアに所属する人が「面白いニュース」を仄めかせば、大抵の人が「Wii Uにとって良い情報」だと期待するはずです。少なくとも日本人の感覚ならそうですし、結果として「あれ?」と思うような内容でも「悪いニュース」を予想する人はいません。

結果としては「Wii U独占タイトル」として発表されていた『レイマン レジェンズ』がPS3/Xbox360を含めたマルチ化、更にはWii U版も含めて「9月まで延期」されているのです。「レイマン」ファンとしては幅広いプラットフォームで展開されることは朗報でしょうが、Wii Uユーザや任天堂ファンからすると喜べる要素は欠片もありません。

そして元々のtwitter主が「これが現実、サード軽視の任天堂が悪い」と容赦ない追い打ちをかけています。私は「サードの為のビジネスシナリオ」という言葉が現状を表現していると感じました。更に、Wii Uのロンチで最大級の手助けをしたUBIによる仕打ちだけに、当プラットフォームの「性能」「ハードの特殊性」「市場」といった要素全てがサードパーティの望む方向から「ずれている」事を証明したようなものです。

「市場」だけは将来的に持ち直す可能性はありますが、先代「Wii」もインストールベースこそ偉大だったものの、サード-パーティのための市場は残されていませんでした。「性能」や「ハードの特殊性」はこれからも足を引っ張り続ける事でしょう。

このような状況で「Wii U サードパーティダイレクト」がどのような驚きを我々に与えてくれるのか?乗り越えられるとは思えない程にハードルは高くなっているのです。




本体同時発売予定だったWii U『Rayman Legends』が2013年に延期 - Game*Spark
『レイマン レジェンズ』リードデザイナー「Wii Uはパワフルで何の制限も必要ない」 | インサイド
Choke Point | Ubisoft CEOが次世代の展望を語る「独占タイトルは減少するだろう」



モンスターハンターポータブル 3rd HD Ver. PlayStation 3 the Bestモンスターハンターポータブル 3rd HD Ver. PlayStation 3 the Best
PlayStation 3

カプコン 2013-03-14

Amazonで詳しく見る