koji昨年9月にXboxファンを悲しませた「Xbox360版MGR発売中止の真相」が語られていますのでご紹介。





ゲームかなー : 国内用「メタルギア ライジング リベンジェンス」はPS3版のみに
このたび、2013年2月21日に発売を予定しておりました
「メタルギア ライジング リベンジェンス」のXbox360版用ソフトに関しまして、
諸般の事情により、誠に勝手ながら日本版の発売はPlayStationR3のみとさせて頂くことになりました。
Xbox360での発売を心待ちにして頂いておりましたお客様、並びに関係者の皆様には、
大変ご迷惑をお掛けいたしますことを深くお詫び申し上げます。


小島秀夫の「ヒデラジ」/小島秀夫公式ブログ「HIDEOBLOG」
24分あたりから「ライジングの国内360版が発売中止になった理由」が語られています。
是角P「最初は出すと発表したが、去年あたりから360の売上が伸びないんですよ。」

小島監督「営業に販売計画を聞くと360の数字は芳しく無い。ブランドとしてキツイので会社として出さないという事になった。でもユーザやプラチナゲームズさんも出して欲しいと思っている。再度出そうかなという話になって受注とかを確認してもやはり芳しく無い。仕方ないので海外版に日本語字幕を入れました。リージョンロックもしていないので日本でも遊べます。」

語りをそのままテキストに起こすとニュアンスが伝わらない(関西弁は特にテキストでは伝わりにくいですな)ので、要約しています。是非ともラジオ放送を視聴下さい。小島監督が「メタルギアソリッド5」の構成(グランドゼロズとファントムペインの関係)について語るシーンは面白かったですよ。

さて、ヒデラジでついに「Xbox360版メタルギアライジング発売中止の真相」が語られました。

と言いましても「何を今更」な理由だと感じた人も多いでしょう。確かに「何を今更」ではありますが、その「何を今更」な事が発表出来ないのがゲーム業界です。「諸般の事情」で「後は察しろ」といった投げっぱなしか飛び交う世界なのです。

言いにくいことをラジオでちゃんと喋ってくれる小島監督のポジションが改めて貴重だと再確認しました。



ゲームかなー : 売れていたら…『ANUBIS 2』開発凍結を小島監督がWebラジオで語る