ps4oneマイクロソフト幹部がXboxOneとPS4のスペック比較について語っていますのでご紹介。






MS: PS4のスペックは無意味。重要なのはゲームだ|みらいマニアックス !
OXMとのインタビューでAlbert Penello氏(Xboxプロダクト計画リーダ)は、Xbox OneとPS4との技術的な比較を軽視し、「Xbox Oneのゲームと体験が、もし競合コンソールに見られるもの以上に良いものでははなかったとしても、あらゆる点で良いものであるならば」、ハードウエアの分析は「無意味」だと語った。



「私にしてみれば(スペックについては)話をすることさえイヤです。なぜなら(スペックは)どうでもいいものだからです。この箱は素晴らしいものになるでしょうし、そのゲームは素晴らしいものになるでしょう。

このあたりはまぁ、MS側としてはこう答えるのしか無いのでしょう。

私はPenello氏の発言には好感を持ちました。

既にライバルに対してゲーム機としての純粋な性能で劣っている事を認めているようなものですし、「50億トランジスタ」や「無限のクラウド」といったハリボテで虚勢を張るより50億倍マシです。

「ゲーム機はスペック(だけ)」ではありませんし、「ゲームはグラフィック(だけ)」ではありません。これは真実ですが、意図的にカッコ内を外して論理を展開すると頭がおかしい人だと思われるだけの話です。日本のゲームファンによく見かけるパターンですな。

アクセスランキング