100afasdfaaa今週発売の電撃PS誌にSCEJAブース内の配置が公開されていますのでご紹介。






sceb

これは電撃PS誌を見ながら作成したものです。詳細は本誌をご確認いただきたいと思いますが、まぁ大体こんな感じです。

この図を見て最初に「PS4エリア狭くね?」と感じました。中央ステージを挟む形で一番目立つ位置に配置されていますが、1箇所にまとめたPS3エリアの方が動きやすそうですし、PS4試遊の為に並ぶにしても、遊びたいソフトによって2分されます。据置機用に最低でも40型クラスのブラビアを設置するでしょうし、出展されるPS4本体台数が不安になってきました。これは相当に並びそうだな・・・

そして、何気にPSVitaTVのエリアが大きいですな(笑)個人的には新型Vitaよりも遙かに注目度が高いデバイスですし、大画面テレビに映し出したときの画質も気になります。入り浸る気にはなりませんが、是非ともPSVitaTVも触っておきたいところです。SCEJAはPSVitaTVに本気ですな。

しかし「PS4/PS3/PSVita」の3機種運用は色々とシンドイという認識がありましたが、これにPSVitaTVのエリアまで用意していると「SCEJAは何を推したいのかが伝わってこない」という印象です。日本ではPS4が海外より3ヶ月遅れる事が発表されていますし、代わりに?今秋にはPSVitaTVが発売されます。「PS4一色のSCEブース」にするつもりは最初から無いようです。

そしてこちらが試遊出展タイトル

電撃 - 東京ゲームショウ2013でのSCEブースの出展タイトル一覧が公開――PS4ゾーンに試遊出展されるタイトルは現時点で15タイトル
『Contrast』/Compulsion Games
『Octodad: Dadliest Catch』/Young Horses
『Blacklight: Retribution』/Zombie Studios
『FIFA 14 ワールドクラス サッカー』/エレクトロニック・アーツ
『deep down』/カプコン
『ストライダー飛竜』/カプコン
『真・三國無双7 with 猛将伝』/コーエーテクモゲームス
『DRIVECLUB』/SCE
『Hohokum』/SCE
『KILLZONE SHADOW FALL』/SCE
『KNACK』/SCE
『プレイルーム』/SCE
『RESOGUN』/SCE
『ウルフェンシュタイン: ザ ニューオーダー』/ベセスダ・ソフトワークス
『アサシン クリード4 ブラック フラッグ』/ユービーアイソフト

無双7やKZ、ディープダウンは注目ですな。可能な限り試遊したいものです。

なお、TGS2013全体のブースマップも公開されています。

「東京ゲームショウ2013」会場マップ、イベントステージ・プログラム、整理券配布情報を公開! - GAME Watch

http://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2013/src/img/visitor/map/map.pdf

tgs2013↑クリックで拡大

今年もSCEブースの隣はグリーで確定。温度差が激しいことになりそうですな・・・そしてバンナムも隣接しています。カプコンが昨年のスクエニみたいなポジションですな。


アクセスランキング