psn最近やたらと目が疲れるなぁと感じ、眼精疲労に効く高価な目薬やホットアイマスクを購入してみたが、結局はホワルバ2を毎日相当時間プレイしていたのが原因だったようだ。やはりゲームは1日3時間ぐらいまでやね。







Killzone Shadow Fall - Launch Trailer | PS4


相変わらずカッチョブーなPS4「キルゾーン シャドウフォール」のロンチトレイラー。当作品はシングルプレイ30フレーム、マルチプレイ60フレームとアナウンスされていますが、レポートによるとシングルは30フレーム以上が余裕で出ているようですね。次回作ではこのグラで60フレームを目指して欲しい。




欧米でのサービスを間近に控えた「Warframe」PS4版のローンチトレイラーが公開|Gamer
CuriousFactoryは、Digital Extremesが開発する基本プレイ無料タイトル「Warframe」のPS4ローンチトレイラーを公開した。



日本版のリリースも確定している「Warframe」のPS4版ロンチトレイラー。海外の基本無料ゲームは一歩も二歩も進んでいますなぁ。




Choke Point | 『Octodad』クリエーター「コンソールでゲームを出さないと真剣に受け止めてもらえない」
PCとPS4でのリリースが決定している『Octodad: Dadliest Catch』のクリエーターPhilip Tibitoski氏がインディ・ゲームのコンソール進出に言及し、コンソールでゲームを出さないと真剣に受け止めてもらえないと語っている。

Philip Tibitoski: PS4では普段なら手の届かない客層に手を伸ばすことができる。インディのデベロッパーやインディ・ゲームをプレーする人たちは我々のことを知っているが、コンソールのゲーマーは普通は知らないんだ。『Octodad』をコンソールに移植することで、より多くの客層に届けることができるようになるし、良いチャンスだと感じたんだよ。

コンソール・ゲームを作らないと、真剣に扱ってくれない人が多いと感じている。変な感じだし、知名度の問題だろうね。大人、例えば私の両親とかは「コンピューターでゲームを出しているんだ」という感じだが、私は「ソニーと仕事をしているよ」と返す。ソニーはブランドだし、「何か本物を作っているんだ」と言ってもらえる会社なんだ。奇妙なことだよ。



まぁ全てのゲームがコンソール向きかどうかはともかくとして、「Octodad」はコンソールゲーマーにも受けるでしょう。当作品はSCEの吉田修平氏も推していますしPS4インディータイトルの中でも相当に目立っています。Tibitoski氏の両親に対する返しはちょっと微笑ましいですね。




psna

という事で、「エイブ・ア・ゴーゴー」「エイブ99」「ドラゴンビート」「ネオプラネット」のPSアーカイブス4本が追加されています。その中でも注目したいのが「エイブ・ア・ゴーゴー」です。何故なら当タイトルは「アーカイブス化が絶望的」とされていたからです。

Wikipediaの最後に気になる項目が・・・

エイブ・ア・ゴーゴー - Wikipedia
日本におけるゲームアーカイブスでの配信は絶望的とされる。

wiki

この手の情報には大抵注釈リンクがついているのですが、該当項目はテキストのみで一切の説明無しですから「???」です。結果として本日PSアーカイブスが配信されていますのでそのうち修正されるものと思われますが、「何故絶望的とされたのか?」を知りたいのは私だけではないでしょう。これを書いた人は理由も含めて修正して欲しい(笑)



※楽天予約復活中
【送料無料】【特典付き】PlayStation 4 First Limited Pack with PlayStation Camera

【送料無料】【特典付き】PlayStation 4 First Limited Pack

アクセスランキング